詳細検索

    • ホーム
    • 恋愛
    • あの時ああしていれば人生かわってたのに・・・
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    あの時ああしていれば人生かわってたのに・・・

    お気に入り追加
    レス44
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    さや
    恋愛
    どうでしょうか、皆様はタイトルのような悔恨はないでしょうか?

    私の場合、いくつかの恋愛で楽しい20代を過ごし、その勢いもある女盛りの30ちょい過ぎに、年下の真面目な人から真剣に結婚したいと言われました。ただ彼が収入も地位も仕事も地味だったので、お断りしてしまいました。おごりから来る大失敗でした。

    もし彼と家庭を持てたなら、温かみのある人生になっていただろうに。悔やんでも悔やみきれません。

    そして今40代なかば・・・、彼との事も、追憶の彼方にしかありません。

    誰にでも人生の節目・ターニングポイントがあると思います。あの時ああしていたら、こうしていれば、今の人生おおきく変わっていたのになぁ、そんなテーマであなた自身のストーリーを語っていただけますか?

    ただし私のように後悔を伴うものもあるでしょうし、逆の場合もあるかもしれませんね。

    よろしくお願いします。

    トピ内ID:0874752915

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数44

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  44
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    やっぱり結婚相手かな ~?

    しおりをつける
    blank
    ノコ
    私は21の時に当時国家公務員の人にかなり片思いされていました(笑)。ですがなんだか地味でパッとしない彼に魅力を感じる事なく一方的に別れを告げました。その後ももてはやされていい気になってなんとなく彼を呼び出したらあっさりまた会いにきました。後から聞いた話ですが別れた後かなり苦しんでいたらしくそれを聞きまた私は有頂天な気分だけでした。そしてその後なんとなく結婚した相手が今の旦那ですが後悔のみの相手です。あの彼と結婚していたらかかあ天下になれてお金にもこまらなかったかな…と思うこの頃です。(泣)

    トピ内ID:6685228058

    ...本文を表示

    そこまで

    しおりをつける
    blank
    FIRE
    大きなものではありませんが、「あの時・・・」と後悔する事はあります。
    貴女よりも年上ながら未だに女性に声を掛ける事の出来ない意気地なしです。

    昔大好きだったシンガーが居て、そのシンガーのコンサートに彼女と行く事を願っていたのに、自ら潰してしまいました。
    ある女性とそのシンガーを観に行く約束でしたが相手は現れず独りで観ました。
    端の3席の右に自分で真ん中が空席で左に女性。閉幕して皆出て行く中で彼女は座ったまま立とうとしません。目が合って声を掛けたい想いで溢れていたのに駄目でした。
    その後は好きな人が出来ても相手にされず、コンサートは男友達や独りで。
    それから8年後に初めて彼女が出来ましたが、遠距離で直ぐに終わりました。

    あの時声を掛けても相手にされなかったかも知れませんが、
    帰らなかった、何度も目が合った事を考えれば馬鹿だったと後悔しきり。
    人生を変えられたかは別として、少なくても同じシンガーを好きでコンサートを満喫できたのは間違いないでしょう。
    もし許されるのならあの瞬間に戻って「宜しかったらお食事しながら今夜のライヴを語りませんか?」と誘います。

    さやさんも悔やまれますね。

    トピ内ID:5236086977

    ...本文を表示

    もちろん、ありますよ。過去の後悔。

    しおりをつける
    🐴
    みーな
    でもね、未来のあなたが後悔しないために人生で一番若い、”今”何をすべきかを考えよう。50代のあなたが”今日の自分”を振り返って後悔しないために。

    トピ内ID:2474985278

    ...本文を表示

    共感できるけど喝いれます

    しおりをつける
    🎶
    40代熟女
    人間誰しも後悔の一つや二つあります。私にも少なくとも二つの節目があり、違う選択をしていたら人生変わっていたかもと思います。一つは、元カレのひとりと別れた事。もう一つは、キャリアを変更した事です。でもね、過去って美化されるんですよねー。そうするとそこに執着してしまう。実際、違う方の選択をしていたら、今より幸せになっていたかなんて保証はないですよ。過去は戻りません。ですから、後悔する気持ちもわかるけど、あまりそれに時間を費やさない方がいいです。それよりも、今をいかに有意義に楽しく過ごせるか、明日をもっといいものにするかという風に考えた方がよっぽど建設的です。まあ、常にそう言う風にしているのもつかれますが、過去を後悔しながら生きる今を、将来また後悔したくないではないですか。後悔したら、本当にきりがないですよ。

    トピ内ID:3852141485

    ...本文を表示

    私はトピ主さんと丸っきり真逆です

    しおりをつける
    🙂
    まりあ
    トピ主さんがフッた彼って、うちの主人か…?と思ってしまいました…(笑)

    主人は優しくて穏やかで明るくて一緒にいて本当に楽しい自然体な人です

    そんな主人も付き合い当初は収入が少なく、とてもじゃないけど結婚しても子供は望まず生涯夫婦共働きで暮らしていかないと結婚生活が成立しないような状態でした

    でも親友同士のように気楽に常に笑って一緒に過ごす時間が本当に楽しくて穏やかで幸せで…
    安心していられる居心地の良さに『別れる』とか『結婚しない』といった選択肢は存在する隙さえありませんでした

    今では独立して新築のマイホームを建て子供も2人

    主人は、まさか自分が結婚し子を持つ親となり会社を経営して家を建てるなんてこと夢にも思わなかったと言います

    私と付き合い始めた直後から引き抜き転職や独立などにより収入や預金が上昇しはじめて当時では想像もつかなかった桁の額にまで達したと本人も周囲も驚いています

    ただ単に主人の頑張りが当たり前に結果として表れているだけなのに…

    あの時『結婚』を前に打算を交えず自分の心に素直に従えたことが今の幸せへと繋がる道しるべだったのかな…と思います

    トピ内ID:7872730526

    ...本文を表示

    私が自分の転機を感じたのは25歳の時でした。

    しおりをつける
    🐧
    こおり
    私は大学も自分の好きな大学に行く事が出来ず(両親の傍から離れる事が許されず)その後は自分の好きな仕事に就き頑張っていたのですが、心の病気により休養をしようと25歳で全てを投げて、海外に行きました。

    海外での生活はそれは大変なものでしたが、全てが新鮮でしたし、周りの方々にも恵まれて様々な仕事に就く事が出来ました。『苦労は買ってでもしろ』まさしく、そう思いました。


    日本に戻り自分のやりたい仕事をしようと思っていた矢先、今の主人と偶然に出会いました。英国人ですが、初めて『一緒に居てこんなに落ち着けるなんて』と思ったものです。
    両親の反対には遭いましたが、2年後結婚する事が出来ました。
    その後はドイツに在住ですが、人生日々是修行。子供2人にも恵まれ、主人には本当に大事にされ、幸多き日々を過ごしています。


    25歳まではなんとなく行き当たりバッタリのような生活を送っていたのですが、海外への修行が全てを変えてくれたような気がします。
    あの時の苦労が、本当に今も教訓となっています。


    主さまには、コレから先、きっとまた幸せな転機が訪れるのではないでしょうか。
    心からそう願っています。

    トピ内ID:3161658058

    ...本文を表示

    後の後悔先に立たず!

    しおりをつける
    blank
    まゆ
    が私のモットーなので過去を振り返って後悔する事はありません。必ず過去の出来事から学ぶ事があるからです。
    自分が換える事は現在と将来だけです。過去の教訓を心して将来をみつめて前進しかしません。ですから後悔する事自体何もないです。
    こうしなかった事が今の自分になっているわけですから。

    過去の事を振り返り後悔する時間もくだらない時間だと思うしそういった苦い思いでであればあなたは現在の時間も無駄な時間につかっているとしか言いようがないです。
    後ろを振り返る人生は実際前を向いて歩いてないので足を踏み外す人生以外のものではないですよ。しっかり自分の行きたい道をふんばって行きて行きましょう。その時点から貴方の人生が
    満たされた物になると思います。

    トピ内ID:6229924897

    ...本文を表示

    逆です

    しおりをつける
    blank
    まめ
    20代は恋をしたり勉強をしたり仕事も熱心にしたりで楽しく過ごしました。
    30歳の頃に駄目な男にのめりこみ、自分を見失いそうになりました。
    しかし非常に苦しい思いをしながらも、その男性とは決別し、仕事も生活もシンプルな場所まで戻って自分を見つめ直しつつ0からスタート。
    いえ、むしろマイナスでした。
    本当に身も心もボロボロな時期でした。
    しかし間もなく年下の誠実な男性と知り合い、そこからはトントン拍子に話が進んで、現在結婚10年目です。
    可愛い子供にも恵まれて、本当に幸せな毎日を送っています。

    主人と知り合った時に思ったこと。
    「あぁ、あのときにくだらない男に見切りをつけてよかった!30過ぎまで独身でいてよかった!」と心の底から思いました。

    トピ内ID:5153359776

    ...本文を表示

    過去は過去。

    しおりをつける
    blank
    仕方ない。
    誰にでもその気持ちはあるでしょう。

    でも自分で判断した結果が今あるのです。

    過去ばかり気にしていても変わるわけではないので、仕方ないと思いませんか?

    貴女の場合はその男性と結婚していてもあの時に断っていたら…と過去を後悔するタイプでしょうね。

    結局は相手の立場で物事を考えられずいつも自分中心の考えしかできない人だから。

    トピ内ID:6068767193

    ...本文を表示

    典型的な

    しおりをつける
    🐧
    梅ちゃん
    バブル世代ですか。
    私はちょっと後の世代ですが、あの時代に派手な生活をしていた人たちには当時からものすごい違和感がありました。
    今は世の中が低調ですが、かと言ってバブル時代に戻りたいとは全く思わないです。
    たくさん失敗もありましたが自分の過去に後悔はないですね。

    トピ内ID:6827530187

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  44
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0