詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    何歳まで筋トレ

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    還暦
    ヘルス
    私は62歳の男性
    若いころから運動らしい運動をしたことがありません。老年期を前に今後の体力の衰えが心配になりウォーキング・ジョギング・筋トレを初めて4年になります。
    運動を思い立ったのは、私と妻の両親を介護してみて、つくづく筋力・体力がないと座ったきり・寝たきりの老後生活をしなくてはならなくなるとの危機感を持ったからです。
    この歳で運動を始めて進歩があるだろうかと思っておりましたが、10Km以上走れるようになりましたし、下半身も筋肉で太くなり、上半身も逆三角形でそれなりに見れる姿になってきました。(ウォーキング90分・ジョギング40分・筋トレ40分を週に5日、大凡月に20000カロリー)
     
    現在は年齢からすると少しハードな運動をしていますが、漠然と70歳くらいになったらウォーキングくらいにしたほうが健康にはベストかなと思っています。

    現在運動をしておられる皆さん、ご自分の今後の運動人生設計はどのように考えておられますか? ご意見をお聞かせ願えれば幸いです。

    トピ内ID:0161826103

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    そうですね~

    しおりをつける
    🙂
    ささ
    主さんは先輩ですが、70未経験という意味では同じというスタンスで言わせていただくと、私も運動強度は落とすだろうなと思っています。

    ただ、ウォーキングだけにするつもりはありません。

    ひとつひとつ解説すると、
    運動強度落とす理由は、体を動かす際に必要な物が筋肉だけでなく、関節や骨などもあるからです。
    走る事などの負荷は筋刺激がある一方で筋肉で補えない衝撃を骨や関節が受けます。ある程度の刺激は骨の密度を増やしたりするのに良いのですが、運動が過度になるとカルシウムを骨から使い始めるので逆にもろくなります。
    只でさえ衰える年齢なので、合わせて強度を落とすつもりです。

    次にウォーキングだけにしない理由は、
    運動の負荷がかかる部分が限定される為です。
    歩くにしても、たまにプールでのウォーキングや体温調節刺激、ストックを利用した上半身使ったウォーキングも併用します。

    筋トレがアレイ等使っているなら、軽くしたりペットボトルに変えたりでもいいかもしれません。

    止める事はしないつもりです。

    トピ内ID:8918183014

    ...本文を表示

    筋トレは続けるべき

    しおりをつける
    blank
    ひろひろ
    逆三角形を維持する必要はありませんが、
    筋力を維持する、または衰えを遅らせるという意味で、
    負荷を軽くしながら筋トレは続けるべきだと考えます。
    筋トレは、方法論的にも現在も発展途上にあり、
    高齢者の筋トレの必要性も、まさに今取り上げられ始めたところです。
    今後、高齢者向けの無理のない筋トレのメニューが開発されていくことでしょう。
    そのへんの情報収集もおこたりなく、今後も運動をなさっていくのがいいと思います。

    あと、当然なっているとは思いますが、ウオーキング等と平行して、ストレッチは非常に重要かつ有効だと思います。
    準備運動としてでなく、ある程度時間をとって「運動として」ストレッチをなさるのも、全身の筋肉が刺激されますので、
    いいのではないでしょうか。

    お元気でお過ごしくださいー。

    トピ内ID:3983066919

    ...本文を表示

    トピ主 レスありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    還暦
    レス、ありがとうございます。

    衝撃による関節の痛みも経験しましたので、シュ-ズを柔らかいものにしたり、距離を短くしたりして、現在は全く関節の痛みはなくなりました。今後も関節への負荷は気を付けながら続けていきたいと思います。

    運動前後のストレッチは運動を始めたころから続けています。これも継続は力で、肩の稼働範囲は広くなりましたし、屈伸範囲も若い頃と同じくらいになりました。50肩もこれで克服することができました。今後も続けていきたいと思います。

    レスを拝見させていただいてみて、70歳で切ったようにウォーキングにするのではなく、もっと高齢をターゲットに運動量を漸減させていくべきかな思いました。
    どちらにしても、すべての機能が年齢ともに落ちていくわけですから、できるだけ高い到達点にいればそれだけ長い時間その遺産を使い続けることができると思っていますので、引き続いて頑張ってみようと思っています。

    皆さん、運動についてよく勉強されているのですね。
    私も皆さんにならってもう少し勉強しようと思いました。

    トピ内ID:0161826103

    ...本文を表示

    1キロの水泳と急な坂道歩き

    しおりをつける
    blank
    もうじき80歳の女性
    40歳代でまだ働いていた頃から30年間、ウイークデーは毎日泳いでいます。働いていた頃は時間が無いので、少しだけ泳ぐこともありましたが、リタイアした今は若い人が働いている時間に毎日1キロ泳いでいます。週末はプールが混むので、家の近くのつま先上がりの急な坂道を、一時間弱歩いています。

    若い頃から続けて居ますので、運動の効果と言っても良くわかりませんが、80歳に手が届くこの頃になって、昔からの友人がバタバタと老人性の病気で倒れました。私や夫(昔からテニスを毎日やっています)は今のところ健康です。これは運動の成果なのか、ラッキーな遺伝なのか知る由もありませんが、今の生活を出来るだけ続けて行きたいと思っています。

    水泳や歩くことに比べて、ジョギングは足の関節に負担が多くかかるそうです。膝の関節が悪くなって、ウオーキングに替えた人を何人か知っています。トピ主さんも、もし下半身の関節が悪くなりそうだったら、水泳かウオーキングに替えたら良い様に思います。

    トピ内ID:2903161039

    ...本文を表示

    筋トレに年齢制限はありません

    しおりをつける
    🐱
    オリンピア
    筋トレには年齢関係なく効果があるそうです。ただ、他の方も書かれているように体を動かすのは筋肉だけでなく、骨や関節もありますので、そちらとのバランスも考えなければなりませんね。
    そういったことを考えると以下がオススメです。
    1高負荷週数回ではなく軽度の負荷で回数を増やす⇒これについては40分を週5回という現状維持で良いと思います。
    2他の方も書かれておりますが、アスファルト上のランニングは膝を痛めるリスクが大きいので早歩き程度にする。
    3食事に気を遣い、タンパク質・カルシウムをしっかりと摂取する。

    筋トレと食事は身体管理の両輪(ダイエットで失敗する方はほとんど食事制限のみで痩せようとするからでしょう)ですので、運動のみならず食事にも気を付けられると良いかと思います。

    トピ内ID:1478311949

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0