詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    雪道運転のコツをご伝授ください。

    お気に入り追加
    レス19
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    えみこ
    話題
    生まれも育ちも関東地方の30代パート主婦です。

    北陸地方へ引っ越してきて3年目になりますが、いまだに雪道の運転に慣れません。

    朝パートへ出勤する時は、凍ったガタガタ道でハンドルが取られてしまい、本当に怖いです。

    今年もまた道が凍る季節がきます。
    寒い地方にお住まいの皆様、どうか雪道&凍結道での運転のコツを教えてください。
    よろしくお願いします。

    トピ内ID:5364529996

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 2 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 6 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数19

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    なれますよ

    しおりをつける
    blank
    koro

    岩手の内陸部に住む25歳です。

    スピードさえ出さなければ事故りません。

    「怖い怖い」と思っている内は運転に慎重なので大丈夫。

    ムリに慣れない事が事故らない秘訣です。

    トピ内ID:6489617326

    閉じる× 閉じる×

    余裕をもって運転することです

    しおりをつける
    blank
    スッピン
    最も大切なことは「急」がつくことをしないことです。
    1急ブレーキ
    2急加速
    3急ハンドル

    を絶対にしないよう車間距離を保ち余裕をもって運転することです。
    できるだけ、わだち(タイヤの跡)の上を走ることです。

    田舎道だとタイヤの跡が3本しかないときがあります。(真ん中のタイヤ跡は行く車と来る車が共有です。すれ違う時衝突しないよう気をつけてください)

    トピ内ID:4181362832

    閉じる× 閉じる×

    絶対に急がない

    しおりをつける
    🐶
    出掛けると大雪
    時間には余裕を持って運転しましょう。
    また、急発進、急ブレーキ、急ハンドル全て厳禁です。
    万一に備え、スコップと長靴は忘れずに!

    ハンドルはゆるめに持ちます。当然、ハンドルは雪でガタガタ揺られますが、前進の場合、車は自動的に直進する設定になっているので、ゆっくり進めば意外に大丈夫です。

    あと、停止線付近はツルツルに踏み固められて滑りやすいですよね。
    車線の中心から左右どちらかに少し外れて止まれば、ツルツルを避ける事ができます。

    とは言え、過去には走行中にスピンしたり、ホイールカバーを飛ばしたり、追突した事もあります(泣)

    急がず、慌てず、安全運転頑張りましょう!!

    トピ内ID:7323782897

    閉じる× 閉じる×

    慣れるしかない

    しおりをつける
    blank
    キタキツネ
    コツはブレーキングでしょうね。説明が難しいけど私の感覚としては、踏み込まない感じ。ゆっくり少しずつ効かせていく感じでしょうか。

    それでもやはり怖いですよね。というかこの恐怖心を持ち続けることも安全運転のコツかな、と思ってます。

    トピ内ID:5003927911

    閉じる× 閉じる×

    早く、遅く

    しおりをつける
    blank
    よね
    家を出る時はいつもより早く、そしてスピードはいつもより遅く、これしかありません。雪道の状況は日によって、また、時間によっても変化します。お互い、事故のないようにこの冬も乗り切りましょうね。

    トピ内ID:3532311340

    閉じる× 閉じる×

    基本ですが

    しおりをつける
    blank
    つかさ
    余裕ある運転をする。
    車間距離や速度。これらに余裕を持つことで
    よく言われる急のつく操作を避けられると思います。

    ハンドルが取られるのはハンドルをしっかり押さえれば
    ある程度回避できます。両手でしっかり握ってください。

    あと雪道は滑るものです。
    滑らないように運転するのも大事ですが、
    もし滑っても大丈夫な運転をすることがもっと大事です。

    トピ内ID:9954157445

    閉じる× 閉じる×

    やはり

    しおりをつける
    みちのく
    一段シフトダウンして、エンジンブレーキを利かすようにすることでしょうか。
    マニュアルでもオートマでも同じです。

    特に滑りやすい個所では、常時シフトダウンして運転しています。

    いずれにせよ、通常と同じ運転では危なすぎます。

    気をつける場所は、凍結しやすい橋の上とか、吹きっさらしになっているような道路、特に曲がり角ですね。十分減速して運転します。
    可能な限り早く停止したいときは、ポンピングブレーキが有効です。
    ABS搭載ならその限りではないですが・・・

    あとはほかの方も言っておいでのように、急ハンドル急加速急ブレーキは厳禁。

    トピ内ID:4754608568

    閉じる× 閉じる×

    別の視点から

    しおりをつける
    blank
    匿名希望
    運転上の注意はすでにレスされていますので省略します。ここでは別の視点からの注意です。

    1. 4綸駆動を過信しない。4綸駆動車は加速時にスリップしにくいので雪道に強いですが、止まる力は2輪も4輪も大差ありません。正確にはパートタイム4輪駆動は止まるときも有利ですが。4綸駆動車もかなり事故を起こすのはそれが原因です。

    2.滑ってからの技術を経験すると、いざという時に焦りません。広い駐車場などで、滑って止まれない状況。カーブで滑って曲がらない状況を練習すると、いざという時に役立ちます。特に、カーブで滑ったらカウンターステアリングが当てられないと悲惨です。

    3. いざという時のチェーンです。ちょっとした不注意で切ることがありますので、2組持っていると安心です。慣れると亀甲型チェーンが一番素早くつけられます。

    トピ内ID:6295566732

    閉じる× 閉じる×

    慣れです

    しおりをつける
    blank
    ひまじん
    ほかの方が言っている通りなのですが
    さらにいえば慣れです
    どのくらいスピードを出せばすべるかの感覚を覚えるしかありません。
    広いところ(駐車場の端など)、滑ってもぶつからない場所で
    急ブレーキのためしをするといいでしょう。
    また雪国の人だって最初の雪は戸惑います。
    最初の雪は慎重にまたテストするよい機会にしてください

    トピ内ID:2855368700

    閉じる× 閉じる×

    気をつけてくださいね。

    しおりをつける
    blank
    まる
    北陸人です。上の方のように、急ブレーキ・急アクセル・急ハンドルは不可ですが。
    その他に、雪の残っているバイパスや高速など比較的スピードの出るところでの車線変更は、ものすごく丁寧にしてください。夏ののりでスイっと車線変更すると簡単にスピンしますよ。ゆーーっくり、300mくらいかけて車線変更してください。(緊張しますよー)
    もし車を買い換えるならば、4WD,ABS(アンチロックブレーキシステム:これは標準装備が多い),ESC(横滑り防止装置),スタッドレスはブリジストンのブリザックレボ(高いんだが定評ある。)これだけそろえればかなり安心。といっても、4WDを過信して、パジェロでさえ転んだりつっこんだりしてる場合もあるから、油断しないでくださいね。止まるのは4WDは関係ないです。
    スバルもアイサイト(クルーズコントロール)の凍結路での使用は勧めていません。

    トピ内ID:5355398137

    閉じる× 閉じる×

    それはもう

    しおりをつける
    😨
    masame
    4WDの車に乗るのが一番です。
    それから、ゆっくり一定の速度で走ること。上り坂ではつねにトルクをきかせておくこと。カーブの手前で十分減速し、ハンドルを切りながらブレーキを踏まないこと。

    トピ内ID:9427005076

    閉じる× 閉じる×

    「急」を避ける

    しおりをつける
    🙂
    てん
    心と運転両方ですね。余裕を持つというのも同じ意味でしょう。

    運転技術の基本なんてどこでも同じですよ。雪道は誤魔化しが
    効かないだけです。逆にいえば雪国以外の人はかなり適当に
    走っている人が多いともいえますね。

    じゃあ「急」を避けるにはどうすればいいか? それがわからない
    とすれば前述どおり「適当に走っていた」からなんです。

    細かい技術的な話も出るとは思いますが、運転への意識を変える
    だけでも充分結果として出ると思いますよ。

    あとは私も広くて安全な場所で滑ったときの動きに慣れておくのは
    大事だと思います。

    トピ内ID:3108365288

    閉じる× 閉じる×

    逆に

    しおりをつける
    blank
    tetu
    今の状態で良いと思います。

    慣れたと油断する頃が一番事故を起こしやすい時です。
    慣れない内は気を引き締めているので慎重な運転をしますよね。

    12月中はまだそんなに気温が低くはないですが、1月中頃から2月は凍結にも注意しましょう。

    トピ内ID:9449847122

    閉じる× 閉じる×

    関東在住ですが

    しおりをつける
    blank
    たろすけ
    昨シーズン、こちらでも急な降雪で道路が凍結しました。
    園バスのバス停へ行くと、かなりの急な坂道なのですが信号が目の前です。
    既に、上りきれなくて、車を寄せて、ロックして車を置いていったらしい…2台ありました。

    バスが来るまで、信号を見いていた所…まあ、皆さん信号だから「赤」なら停車するんですが、1台だけかなりの車間距離を取って、停車せず、じりじりと動き続けている車を見ました。ドライバーは、うちのおむかいさん。北陸出身です。
    信号が青になって、アクセル踏んでも、スリップするんですよね。

    ちなみに、食材宅配の車はチェーンつけていても登りきらずスリップ。たまたま近所総出で雪かき中で、車輪の前を除雪したり協力しましたが、既に一度スリップした路面は固く…ドライバーは荷室から発泡スチロールのケースの蓋を何枚かおろして、後輪の前に敷き、発進しました。
    「坂道で止まるなよ~」と見送りました。

    新聞だと後が大変なので、段ボールなどを積んでおくといいかも。
    お気を付け下さいませ。

    トピ内ID:3563123653

    閉じる× 閉じる×

    このトピが「くるま小町」で取り上げられました!

    しおりをつける
    blank
    大手小町編集部
    東京都内や千葉県など、関東の平野部でも今年は積雪しましたね!

    雪道運転のコツについて、モータージャーナリスト・竹岡圭さんがアドバイスをまとめてくれました。
    詳しくは「くるま小町」Q&Aをご覧ください。


    トピ内ID:2090196131

    閉じる× 閉じる×

    こわいですよね

    しおりをつける
    blank
    関東出身のペーパードライバーから雪道通勤者になったので、ひとごとと思えません。
    私が気をつけているのは以下で、なんとか無事故で7冬目です。

    1 スピード出さない+車間をあける+車間を詰められても前に集中
    2 路面の状態を必死で見ながら、エンジンブレーキが効きやすいセカンド愛用
    3 ブレーキを踏みながらハンドルは切らない
    4 凍結ですごくガタガタの路面が続く時はハンドルを小さく左右に振りながら(安定する)
    5 ハンドルとられる、ちょっと滑るは、必ずあるので、あっても事故に至らない位置と速度で
    6 視界が本格的に悪そうなときは車は諦める

    トピ内ID:3536192643

    閉じる× 閉じる×

    急ブレーキ急ハンドルをしない

    しおりをつける
    ゆきむしスフレ
    やはり基本は急ブレーキ・急ハンドル・急加速をしないだと思います。

    ガタガタ道ならハンドルをしっかり握り、ガタガタによって自分が飛び出したり相手が飛び出してくることを予測しながらゆっくり進むですかね。

    もしブレーキを踏んでABSが作動するような状況になってもあせらず踏み続けましょう。

    また信号が赤でも「赤だから止まるだろう」と安心しきらないことです。
    止まり切れず滑って出てくることもありますので、止まるのを確認しつつ「だろう」を減らすのも自衛だと思います。
    坂道の下の一時停止も似た感じです。

    道路状況(凍っているのか濡れているのか、轍になっていないか等)も気にしながら走って経験を積みましょう。
    ガチガチに凍っているのも滑りますが、凍っている上にサラッと新雪が積もっている時や気温が高くなって氷の表面だけが溶けている時、日中濡れていた路面が夕方に気温が下がり凍る時間帯も危ないです。

    後は冬タイヤのコンディションもあるかもしれません。
    命を預けるものですから、長期使いすぎない(ゴムが劣化したり溝が減る)・夏場の保管場所等に気をつけましょう。

    トピ内ID:0921377579

    閉じる× 閉じる×

    小技ですが

    しおりをつける
    blank
    smoky
    北陸運転歴20年です。
    ボロい物でいいですので、段ボール箱(を開いたもの)などの「タイヤで踏んで構わないもの」を邪魔にならない所(トランクやシートの下など)に積んでおくと、轍や路肩でスタックした時脱出が楽ですよ。
    駆動輪の前に敷けば出られますから。

    段ボール箱を挙げたのは、スーパーなどでタダで貰える+使い古したらゴミの日に出せるといいう横着な理由です(笑)

    トピ内ID:1983417177

    閉じる× 閉じる×

    油断しない

    しおりをつける
    blank
    きじばと
    1)路面を常に見て(アイスバーンなのか圧雪路なのかドライなのか),ミューの状況を判断すること。
    2)ハンドルはとられるもの,と船の操縦の当て舵くらい余裕を持つ。
    3)スピードはエネルギーに直結するのだと銘記すること。
    4)君子危うきに近寄らず。

    東北の太平洋側のあまり降らないけれども凍結する場所で事故を起こした新潟県出身の5人の団体がいました。タイヤはもちろんスタッドレスでしたが,スリップして止まれず欄干に激突で車外に投げ出された2人が胸部大動脈切断と脳挫傷で即死,他にも重症者がいました。雪道には慣れていたはずなのに雪が無いと思ってスピードを出していたらしいです。

    トピ内ID:3491547437

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]