詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    アルツハイマー型認知症の寿命 発症から12年

    お気に入り追加
    レス14
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    アミノさん
    ヘルス
    家族が落ち込んでいるので詳しい方どうか教えてください。

    父72歳は60歳の時に認知症と診断され薬を飲んで生活しています。
    発症から12年ですが、早期発見で薬を飲んでいる為に
    進行が遅く、いまだに自分のことは自分でできます。

    最近、少しばかり認知症が進んだかな、と思えることが多々あり
    定期健診の際に担当医に聞いてみたところ予想外の答えが返ってきました。

    ・認知症の患者は10~15年で亡くなるケースが多い
    ・今は生活ができても発症から10年経過すると急に認知症が進む
    ・自宅介護はできないと思いますので準備をすすめます

    要約するとこの3点です

    要介護1、デイサービスに週3回通っています

    発症から15年以上たつと寝たきりになるのは理解できますが
    他にはどのような症状で亡くなるケースが多いのでしょうか
    徘徊などで誤って川などで溺れる、孤独死などしか思いつきません

    認知症発症から12年、これから先のことを教えてください

    トピ内ID:5880319995

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 22 面白い
    • 28 びっくり
    • 26 涙ぽろり
    • 28 エール
    • 20 なるほど

    レス

    レス数14

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  14
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    うーん

    しおりをつける
    blank
    そらまめ
    実際の現場を見ていないので、ずれているかもしれません。
    認知症といっても様々なケースが考えられます。

    徐々に機能が低下すると考えられるので…

    まずは
    自分の身の回りのことができなくなってくると思います。
    日常生活を支援する介護が必要になってくるかと思います。

    転倒し頭を強打
    転倒し骨折
    物をのどに詰まらせ窒息

    感染症

    ほかの持病が悪化

    などをきっかけに弱っていく方が多いかと思います。
    主治医にご相談を。

    トピ内ID:3637141033

    ...本文を表示

    何度もすみません

    しおりをつける
    blank
    そらまめ
    「誤嚥性肺炎」も多いです。

    飲み込む力が弱り、食べ物を食道に送ることができず
    肺に食べ物が入ってしまい
    肺炎になってしまうことです。

    高齢者には多いです。

    高齢者には肺炎は命取りになります。

    詳しくは検索お願いします。

    トピ内ID:3637141033

    ...本文を表示

    主治医に聞くのが一番です

    しおりをつける
    blank
    ちゃわん
    現在歩かれて、要介護1のようですが、転ばないように注意が必要です。
    大腿骨骨折しますと、寝たきりに移行しやすいので、認知症も進行してしまうでしょう。そして食べる事さえ出来なくなります。
    食べ方を忘れてしまうのです。
    そしゃく機能の低下から、やがて誤嚥し、肺炎に陥りやすくなります。

    トピ内ID:2817101822

    ...本文を表示

    終の棲家の準備を

    しおりをつける
    みやび
    仕事で認知症の方にかかわっています。

    アルツハイマー型認知症は進行により脳の委縮場所が広がっていくことで症状が増えていきます。
    大きくは記憶力の低下→認識力の低下(家がわからなくなる、暴言などの性格の変化)→生活力の低下(食事、排泄などが自分でできなくなり寝たきりが進む)という流れで進行しますが、最終的には呼吸をすることもわからなくなり死に至ると病気です。
    (その前に、前の方が言われる、他疾患の悪化や寝たきり→誤嚥性肺炎のケースも多いようですが…)
    お父様が現在どの段階にあるかは、主治医と相談されるとよいと思います。

    今までご本人、ご家族が協力して治療、介護をされてきたのでしょね。
    終の棲家を準備しておくのは、認知症の方だけでなくすべての人にとって必要なことです。ケアマネジャーと相談しながら、お父様にとって、そしてご家族にとって、お父様が最後をどこで・どのように生活するのがよいかを考え準備することも、大切な介護の1つであると思います。

    お大事にしてください。

    トピ内ID:3428139342

    ...本文を表示

    骨折、肺炎、感染症など

    しおりをつける
    blank
    要介護5
    筋力低下、関節硬縮により転倒し易くなる
    →骨折によるショック状態、持病悪化、入院寝たきりでの身体機能低下
    咀嚼力低下、嚥下障害の進行
    →口内不衛生や飲食物や唾液などの誤嚥で肺炎を繰り返す(誤嚥性肺炎は代表的な死因)
    嚥下障害や食べる意欲の減退
    →食細りによる衰弱、脱水症
    失禁、オムツによる不衛生
    →膀胱炎や尿路感染症などのリスク
    体力、免疫力低下
    →病気や感染症の重症化
    家出、深夜徘徊
    →目の届かない場所での事故、怪我
    歩行障害による運動不足
    →血栓や内臓機能低下
    私の知ってる事例です。
    私はアルツ歴7年、要介護5の介護をしています。
    確かにある時期から急速に悪化し、歩行障害と嚥下障害が進行しました。
    転倒骨折もしましたし、食事はペースト食です。
    参考までに、

    トピ内ID:1453862558

    ...本文を表示

    ケースバイケース

    しおりをつける
    blank
    ナース
    >どのような症状で亡くなるケースが多いのでしょうか


    認知症による死亡原因は、大きくは4つです。

    1.徘徊による事故
    警察庁が公表したデータでは、高齢者の徘徊による死亡者と行方不明者数は、年間合計で約900人にものぼります。
     徘徊中の脱水症、川や溝に落ちての水死、電車の踏切事故、交通事故、凍死などです。

    2.寝たきり後の死亡
    誤嚥性肺炎が契機となることが多いです。

    3.高齢者特有の事故
    「転倒事故による骨折、頭部外傷」「入浴中の溺死」です。認知症だとより危険性が高くなります。

    4.全く別の病気によるもの
    たとえば、癌、脳梗塞、心筋梗塞など、自覚症状の訴えができにくいので、早期対処ができず手遅れになりがちです。

    >担当医に聞いてみたところ予想外の答えが返ってきました。


    担当医の説明は、認知症ではごくごく基本的なことです。
    今まで、ずっと軽度で安定していたため、病気について勉強されなかったのでしょうか。
    今は、ネット検索で有効な情報を得られますので、ぜひお調べください。
    どうぞ、お大事になさってください。

    トピ内ID:6193826729

    ...本文を表示

    私の祖父母の場合

    しおりをつける
    祖父→入院先の病院で夜中歩き回って転倒し脳挫傷。
    それがもとでいろいろ併発し亡くなりました。
    祖母→認知症で徘徊が酷く、警察のお世話になること一回。
    玄関に複数鍵をつけ、鈴など音の出るものをドアにつけておいても器用に外してしまい、ぬけだすことは数えきれず…。
    やっと預かってくれる施設に入ったが、脳出血で死亡。


    母と私で介護してましたが、地獄の五年間でした。

    トピ内ID:2030042042

    ...本文を表示

    なんとなく

    しおりをつける
    blank
    介護職員
    医師ではなく介護職員なので経験でしか語れないのですが、認知症の症状は本当に多種多様で、どのような経過をたどるのかは個人ごとに違うと感じています。

    特にトピ主のお父様は薬を早期に飲まれているとのことで、その効果が十分出ているのだと思います。新しい薬だけにまだまだ未知数の部分も多く、良くも悪くも、従来のケースに当てはまらないことも出てくるのではないでしょうか。

    アルツハイマー型の方は特に、「食べる」という行為が出来なくなることをきっかけに弱ることが多いです。スプーンを口に運んでも、飲み込み方が分からなくなります。体力が落ちて転倒されたり、あやまって気管に食べ物が入り肺炎になられて亡くなる方が多いです。

    今まで穏やかに暮らしていたのに急に悪化する方もいれば、ある程度の進行で落ち着く方もいます。今まで欝だったのに、認知症になって性格があけっぴろげになり、デイサービスで楽しく過ごせるようになった方もいました。

    自宅介護以外の道を備えつつ、あまり悲観的にならずに今の生活を楽しむことが大事なのかなと思いました。

    トピ内ID:9172897039

    ...本文を表示

    知人は

    しおりをつける
    blank
    大変です
    肺炎もしくは感染症だったような・・・。
    徘徊がひどくその後入院、数年後そのまま入院中に亡くなりました。

    トピ内ID:2357286142

    ...本文を表示

    いろいろなパターンが想定できる

    しおりをつける
    blank
    えっと
    1.誤嚥が進んで、誤嚥性肺炎(誤って気管に入った食べ物によって起きる)でなくなる

    2.運動機能が落ちて転倒・骨折により寝たきり→誤嚥性肺炎

    3.食欲低下、食べられなくなりそのまま老衰。

    が、多いですかね。

     自力で食べられなくなった際、IVH・経管栄養・胃ろう等の決断を迫られると思います。これらをやれば多少の延命が可能だからです。ただ、生活の質という点においてはどうなんだろうという方法ではあると思います。うちの身内2名を看取った際はどれもやらないで自然に任せました。


     多分、栄養摂取にさいし、大きな決断を迫られると思います。まだ時間はあるので、じっくり考えてみてくださいね。

    トピ内ID:4467911483

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  14
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0