詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    どちらを選ぶか…正社員とパート

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    PINO
    話題
    結婚したばかりの35歳女性です。
    4月からの働き方で迷っており、
    色々とご意見を伺えたらと思い投稿いたしました。

    一応資格の必要な専門職ではあるものの、
    報酬は医師や弁護士のように高いわけではなく、
    正規雇用も少ない仕事をしております。
    幸い運や縁にも恵まれ、ここまで正社員で働いてまいりましたが、
    休日出勤や出張も多いため、
    結婚を機にパートへの転職を検討しております。

    額面報酬としては、パートかけ持ちの方が割が良いです。
    正雇用の場合は週5日+月2回程度の休日出勤で450万程度
    パートかけ持ちの場合は週4日でも500万程度
    ただし、パートは週に1回~2回をかけ持ちとなるため、
    社会保険には入れません。

    これまで正社員であったため、色々調べてみたものの、
    社会保険に入れなくなったときのデメリットに実感がわきません。
    ただ子どもを運よくさずかったとしたら、
    正社員なら育休までは無理でも、せめて産休は取れるのかな…
    パートじゃやめるしかないんだろうな…と考えたりはするのですが、
    年齢的に子どもが授かるとも限らないので、
    それだけを理由にも考えられずにいます。

    ちなみに夫の年収は500万前後です。
    雇用体系については私の好きにしたらと言っていますが、
    専業主婦という選択肢はありません。
    家事は分担しています。

    ご意見よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:8098412107

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    だめだめ、頑張って♪

    しおりをつける
    🐧
    のんのん
    だめだめ。退職してはだめです。

    仕事と家庭の両立・子育てとの両立、確かに大変です。
    しかし、子育ては長い人生から見ればほんのひと時です。
    資格があっても不安定雇用で副業では今の収入はアップが予測できても
    長い目で見ると大きな違いが出てきますよ。
    収入があるのでご主人の健康保険には入れず
    健康保険は高収入なら同じく高額になり事業主負担がないのです。
    国民年金もかけなければなりません。

    私は、「資格があるからいつでも仕事はできる」と思い安易に退職して
    子育てを楽しみました。
    確かに育児中から仕事の話はたくさん頂き、再就職しましたが
    社会保険はあっても身分と待遇と収入の低さで、
    今、本当に後悔しています。

    働く女性が大切にされる時代がやっと始まりました。
    産休・育休たっぷり利用して、是非子育ても楽しんでください。
    家事や育児が大変なときは上手にメイドさんや
    ベビーシッターを雇えばいいのです。
    それもいっ時、短時間です。
    生涯収入からみたらプラスでしょう。

    出来る所まで頑張って下さい。応援しています。

    トピ内ID:8921316574

    閉じる× 閉じる×

    収入よりも大切なこと

    しおりをつける
    blank
    こひめ
    私はトピ主と同年代です。
    基本的には、現在の仕事を選択します。
    ただし、民間保険などで、じゅうぶんな備えがあるなら、勤務日数や勤務時間の少ない方を選びます。

    まず、社会保険の待遇として、出産手当はどうでも良いですが、労災や傷病手当は万一の時に大きな救いになりますし、厚生年金保険を途絶えさせたくありません。年金をあてにできるご時世ではありませんが、敢えて少額の国民年金保険に変えることは不安です。
    そして、年間50万円の増収が見込めるそうですが、肉体疲労が増えることはありませんか?年齢を考えると、とても心配です。私には、パートのかけもちをする体力がありません。この先もっと体は老いますし。
    上記の理由で現状維持が無難かと思います。

    ただ、休日出勤や出張が多いということは、妻として大きな弊害のように思います。家事を分担なさるとしても、ご主人と過ごす時間が減れば、すれ違いは増える懸念があります。宿泊を伴う出張が多ければ、なおさら、その懸念は高まります。
    私が、パートタイマーに切り替えるとしたら、これが唯一の理由です。

    ご自身の体、ご主人との時間を考慮し、慎重に選んでください。

    トピ内ID:3610831130

    閉じる× 閉じる×

    正社員とパートの間にある溝に耐えられるか

    しおりをつける
    blank
    れもん
    両方を経験した感想ですが、パートは思うよりずっと、冷遇されます。
    色々頭ではお分かりになってるようですが、社員からの無意識の差別等を実感して感じるのは、おそらく正社員でなくなった時だと思います。

    固定の月給ではなく、稼動実績のみで支払われる方式の厳しさ。
    有給休暇はじめ、福利厚生の有り難さ。
    実際に経験して、頭で思うより精神的ダメージを被る人もいます。
    パートの気軽さよりも、デメリットを多く感じる世の中です。

    おそらく、仕事の質や量は、正社員とパートでは、そこまで明確に分けられないでしょう。
    いいように使われる割に扱いが悪い、それがパートです。
    有給休暇等の普段忘れがちなメリットも、よく考えて。
    責任の重さと同時に、自分で判断できる範囲も広い正社員を長くやっておられたら、パートになると歯がゆく悔しい思いをする場面も多くなると思います。

    私なら正社員でいられる状況(環境・能力)なら、ギリギリまでいます。
    勿論、少しでも現金収入を増やしたいだけなら、止めませんが…
    人員削減の必要があった場合、一般的に考えて、社員とパート…会社はどちらを最後まで守るか?と言う事も考えて下さい。

    トピ内ID:1206845103

    閉じる× 閉じる×

    社会保険に加入できるところが良いですよ

    しおりをつける
    blank
    うめこ
    残業・休日出勤・出張ありの職場で働くシングルマザーです。

    社会保険料と厚生年金保険料は事業所と折半なので、実際は自分のお財布から出る額の倍額を納めていることになります。

    年収500万円なら国民健康保険料は月額3万円を超えるはず(自治体に問い合わせると教えてくれます)、国民年金保険料は約15000円なので、現在の給与明細と比較してみてください。

    それから、社会保険にあって国民健康保険にないのが休業補償制度です。
    病休4日目から標準報酬月額の3分の2×最長18カ月、産休は標準報酬月額の3分の2×産休期間。

    子育てしながら働くとしても、ご主人に協力してもらえば休日出勤・出張は可能でしょう。
    縁起でもないことですが、ご主人が早世する、離婚する、トピ主さんが病気になる、そういうことが起きないとも限りません。

    週休3日はとても魅力的ですが、トピ主さんが私の妹または友人なら、今の職場で働き続けることをすすめます。

    トピ内ID:8697970659

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    blank
    tetu
    >労災
    労災は会社が掛けるもので個人負担はありません。
    社会保険を掛けていない人でも労災事故にあう可能性があるから。
    正社員だから労災になる、パートだから労災に出来ないなんて事はありません。

    今の会社で正社員のままかパートに変わるかとの事ですが、今の会社は勤務して1年以上経っていますか?正社員でも就業規則に「1年未満の者の育休は拒む事が出来る」となっている場合が多いですから。

    1パートとは言え年間130万以上の収入があるので、国保・国民年金に加入しなければならなくなりますよね。

    今の所は正社員のままで、妊娠したら考える、で急がなくてもいいのでは?
    子供がどうしても欲しいのであれば、そのように考えないといけないでしょうが。

    トピ内ID:9011773639

    閉じる× 閉じる×

    社会保険制度のありがたさ

    しおりをつける
    blank
    はるこ
    社会保険のありがたさは、「保険」ですから、
    働けなくなった時、病気になった時にしみじみとわかるものです。
    健康な時にはあまり想像が出来ないかもしれません。わたしもそうでした。

    わたしはトピ主様のお歳の10年後に、病気になり休職し、その後退職せざると
    得なくなりました。
    その時、傷病手当制度で給料の6割を1年6ヶ月いただきました。すごく助かりました。
    政管健保ではこれが出ません。計算してみても、収めてきた保険料よりすごく多い。

    さらに、病気の場合会社都合でやめたことにしてくれたので(うちの会社の場合)
    雇用保険も手厚く。

    障害年金も国保分以外に厚生年金からも出、老齢年金も試算してみるとかなり。
    退職金も整っていて、20年勤めて1200万。

    勤めていたときは社会身分もあり、住宅ローンもなんなく組めました。
    それに、万が一「夫が病気になったとき」自分の扶養にも出来るのです。
    もちろん、パートで稼ぐお金がとんでもなく多かったら、たぶん保険も
    年金も要らないと思いますが、いくらなら得かは病気になるかならないかで
    変わってくるので一概に言えませんが。

    トピ内ID:9619177505

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]