詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    短い人生、上京したかったなぁ…

    お気に入り追加
    レス40
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐷
    智子
    話題
    ボヤキになりますが、何となく夫には話し辛くて、どなたかに聞いて頂きたくてトピさせていただきました。

    来春、一人っ子の娘が東京近辺の学校へ進学することになりました。4月からとても寂しくなります。(娘の前では全く寂しくないような素振をしてます)
    娘が都会に出ていけば、こちらは就職先もないので、おそらくもう家には帰らないでしょう。
    就職も結婚も県外になるだろうと思っています。
    ・・・ふと自分が18歳だった頃、なぜ都会に行かなかったのかと、一度きりの短い人生なのに、なぜもっと広い世界を見なかったのか…と今更後悔にも似た気持ちが続いています。
    同時に、もう人生の方向転換ができない年齢なのだと思うと、娘がいなくなる寂しさとゴチャゴチャになって涙がでます。

    私の父は私が小学生の頃事故で亡くなり、実母は朝から晩まで働いでいました。
    高校卒業後は行きたい学校がありましたが、母には言い出せず就職しました。私は結婚したのち、実家近くに家を建て義母と同居しています。
    実母は墓参りを欠かさず、自分がいなくなった後は私に面倒をみるよう言ってきます。そんな毎日でなんとなく実母一人の実家近くから離れることができませんでした。

    「長男とは結婚しない、同居なんて嫌だ!田舎は出ていく(笑)」って思っていたはずなのに、義母と同居して、地元で仕事している私がいます。主人や仕事や周りの人に何の不満もないし幸せですが、ふと18歳でもし東京へ行っていたら違う人生だっただろうと、中学生のように最近毎日夢見てしまいます。

    何なんですかね、この子供じみた感情は?
    今までそんなこと思わなかったのに。やっぱり娘がいなくなるから?娘に嫉妬しているにかな?更年期の始まり?

    同じような事を考えられたことがある方、この気持ちを理解してくださる方…お返事ください。

    トピ内ID:3644910940

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 6 涙ぽろり
    • 10 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数40

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  40
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    レス

    しおりをつける
    blank
    りんご
    あなたの気持ちはとてもわかります。
    私は、20代後半のときに、40になったときの自分の気持ちを
    想像して、きっと、いま、ここで無理してでも東京に行かないと、
    将来とんでもなく後悔することになるだろうという
    焦りを感じました。
    そして、30代前半で転職という形で上京を実行しました。
    現在40になったところですが、
    本当に、あのとき決断してよかったと、心から思っています。
    上京後、地方にいたときとは比べ物にならないほど、
    いろいろな経験、広い世界を見ることができました。
    自分の人生に満足しています。
    トピ主さんの、お気持ちは、ものすごくよくわかります。
    きっと、あのまま、地元で暮らして、平凡な結婚をした
    場合の自分の気持ちだろうからです。

    トピ内ID:7155069858

    閉じる× 閉じる×

    同じです

    しおりをつける
    blank
    まだまだ
    高校の同級生が「どうせ女の子は学校を卒業したら結婚するだけだから、大学くらいは東京に行く」と言って、生まれ育った街を出ていきました。

    が、結局、東京で就職し、結婚し、海外まで言ってしまいました。

    私の学生時代は、女性は地元で進学して、就職はあまりなかったから、結婚して、終わり・・・みたいな感じでしたね。
    地元に残った私は、では旅行くらいしなくちゃ、と、時間があれば、東京、大阪・・・海外と出かけていました。

    今、50代になって、関西に住むようになったら、どこにも行きません。
    東京にも行きません。

    地方にいるほうが、都会へのあこがれがあるのかもしれません。
    ただ、仕事は探せばあるし、交通の便はいいですね。
    これから、ちょっと取り戻そうかな。

    トピ主の気持ちわかります。

    お子さんの手が離れたら、旅行されたらいかが?

    トピ内ID:1537791007

    閉じる× 閉じる×

    共感できるけど、実行するかどうかはトピ主さん次第です

    しおりをつける
    🙂
    mika
    決して子どもじみた感情ではないと思います。
    たぶんトピ主さんはこれまでの人生に、多少後悔をしているのではありませんか?
    だから「上京していたら・・・」と考えるわけだし、横だけど更年期障害などと軽く言わないでほしいと思います(何かブルーな事を考えると、更年期障害かしらという人が多い)

    私はトピ主さんと逆で、強い意志を持って20歳の時上京しました。
    過干渉気味の親から離れるには家を出るしかありませんでした。
    そして憧れだったCAになる為死ぬほど勉強しました(35年前の話です)
    CAとして働き結婚後も横浜で暮らしていますが、自分で人生を切り開いたと自負しています。

    トピ主さんの現在は、あなたの判断によってあるものです。
    違う人生があったかもしれないというお気持はとてもよくわかります。
    たぶん人生の折り返し地点にいると思うけど、これからだって例えば海外ホームステイを経験するとかも出来ます(私は47歳で行きました)
    習い事や色々機会はあると思うけど、それを実行するかどうかはトピ主さん次第だと思います。

    トピ内ID:3430251695

    閉じる× 閉じる×

    私なら…

    しおりをつける
    🙂
    真鴨
    働いていらっしゃるとのこと、私ならお金を貯めて娘を訪ねる口実で東京に遊びに行きます。

    これなら、同居していても出やすいですし、返って夫をひとりにしないですみますから同居ならでは…と考えられませんか?

    デパートを巡るのも楽しいですし、美味しいレストランやお洒落なカフェもあります。

    年に1~2回、これまで郷里で頑張ってきた自分へのご褒美でもリフレッシュでもいいです。
    何か楽しい方向に考えませんか?

    うちも娘が18歳です。東京なのでごく身近で進学を決めてくれました。
    うちは逆に遠くへ出すほど経済力がないんです。
    ですから、これまでご養育されて都会に進学で旅立たせるなんてご立派だと思います。

    私は東京に住んでいますが、娘はいつか離れて行くと思っています。
    そのときはそのときで、娘の小さかった頃のことを思い出しつつ何か小さな楽しみを見つけます。

    同世代か私の方が若干年上かとお見受けいたします。
    お互いまだこれからですよ。

    トピ内ID:2803614383

    閉じる× 閉じる×

    何かのサインだと思いますよ

    しおりをつける
    🎶
    サラスバーティ
    同年代の母親です。お気持ちとても良くわかります。

    私も先日、結婚以来始めてひとりぼっちのクリスマスを迎えました。
    娘は部活の合宿。夫は春から単身赴任中。
    好きな食べ物とお酒を準備して、お風呂にのんびり入って・・・なんて
    それなりに楽しみだったはずなのに、涙が出てきて仕方が無かったです。
    一人で寂しいのもありましたが、トピ主さんのように
    「親も自分も老いていくんだな」
    「子どもに夢中で過ごした時代が終わっていくんだな」と
    身にしみて判ったんだと思います。

    でも、一方で
    「これからは何をしようかな」「何ができるかな」とも
    思いました。ピチピチと若くなくても、
    隠居を決め込むには早すぎる。
    時間と体力に限りがあるからこそ。
    仕事も家族のことも、いっそう真剣に考えようとと思いました。

    私の今後の目標のひとつに「車の免許を取る」というのがあります。
    自由な足を手に入れたら、有名店のコーヒーを飲むため、
    ちょっと峠のドライブ、な~んてしてみたい。
    トピ主さんも、そんな「何かやってみたい」の気持ちを
    昔の記憶が揺り動かしているのではないですか?
    今後の人生のヒントが見つかるかもしれません。

    トピ内ID:4464081856

    閉じる× 閉じる×

    分かります

    しおりをつける
    🎶
    えび団子
    私は東京生まれですが、海外で暮らしたいという夢をもっていました。
    結婚したとき、夫は科学者だから当然留学するだろう、そうしたら一緒に行こうと思っていたのですが、一向に気配なし。聞いたら、理論屋なので留学の必要はないとのことでした。

    仕方ないので、私が一人でニューヨークに大学院留学しちゃいました。
    46歳のときだったので、体力的にたいへんでしたが、充実の2年間でした。
    その間、夫は東京で独身暮らしをしてましたが、結構大変らしかったです。
    でも、私の留学のおかげで外国に友人が多くできたり、旅行のチャンスも広がったりしたので、夫も今では喜んでいます。

    主様、「短い人生」っておっしゃいますが、女の人生は長いですよ。
    周囲に流されて「なんとなく」生きていくのはもったいないと思いませんか?
    可能性は、求める人には、開かれるものだと思いますが。

    トピ内ID:8624293445

    閉じる× 閉じる×

    私はトピ主様とは逆のことを考えています

    しおりをつける
    blank
    ゆい
    同世代です。私は、18歳で東京の大学に進学するために故郷を離れました。そして卒業後は海外生活を経験して、その地の4大を卒業して帰国しました。

    10年の不在の後、帰郷して気楽な独身生活を続けて、ふと気づくと、周りは皆堅実に家庭を築いていて、今更ながら今後の人生に思いをいたしております。

    そこで考えるのが、地元の短大に進学して、栄養士とか保育士さんとか介護士の資格を取って、この田舎を一歩も出ずに故郷で就職して結婚していたらどうなっていたか・・ということです。

    確かに広い世界に触れてきました。様々な人々と付き合い、異国の文化を学んできました。でも、私は今まで家庭を築いてこなかったのです。

    トピ主様、人間は2つの道を行くことはできません。私は18歳で上京した時に、運命が決まっていたのです。故郷を離れずに地元で進学という選択肢は、あの時の私にはありえませんでした。

    その時その時の小さな決断・選択が積み重なって、大きな運命の流れを作っていきます。私はあの時上京しなかったら・・と思うことはあっても、あの時の自分の決断に後悔をしたことは一度もありません。

    トピ内ID:2897901416

    閉じる× 閉じる×

    いい子だったのでは?

    しおりをつける
    🙂
    友美
    子供のころ、いい子だったのではないかなと思いました。

    親から見ても、先生から見ても。

    きっと、ずっと我慢してきたのでしょう。

    本当は、東京へ行きたい、同居は嫌だという気持ちがあったのに、お母さんを一人にできないなどと考え、我慢してきたのではありませんか?

    確かに、お父さんを亡くされて、お母さんはとても苦労したと思いますし、その我慢は、あなたの優しさだったと思います。

    でも、お母さんを置いて、あなたは一人で東京へ行くこともできたはずです。

    だけど、行かなかった。

    それは、我慢したことかもしれないけど、強制されたことではなく、あなたがご自分で決めたことです。

    我慢すると、あなたが決めたのです。

    東京へ行ったら、行ったで、母親と会えないさみしさ、地元の友達と会えない孤独さなど、別の苦労があったはずです。

    娘さんが遠くへ行ってしまうさみしさと過去の夢とが重なり、辛い状況だと思いますが、どうか娘さんの力になってあげてください。

    おそらく、娘さんはもう二度と帰ってこないと思いますが「辛いことがあったら帰ってきてもいいんだよ。」と言葉をかけてあげてください。

    トピ内ID:6886694864

    閉じる× 閉じる×

    第二の人生

    しおりをつける
    🙂
    みちゃこ
    私はまだ24歳なので、同じ気持ちなのかは分かりませんが…23歳で子供を産んでから、自分の今までの人生に後悔していました。もっと自分の人生を大切に過ごせば良かったと。もっと沢山人生の経験をするべきだったと思います。でも、全て終わってしまったんですよね。自分の人生を自由に選択できる期間なんて、本当は少ししかなかったことに気づくべきでした。今は子供が小さく、まだこれから出産、育児が続きます。でも子供が巣立ったら、私は半年ほど海外に行こうと思ってます。第二の人生ってやつですよね。主様は今、その位置にいらっしゃるのではないですか?過去は悔やんでも戻りません。今を大切にしてください。また先々後悔しない為にも。どうしても18の頃の後悔が抜けないのなら、極端ですが、あの時上京していたら、どこかで大事故に巻き込まれていたかもしれない。今、元気に過ごせているのなら、私の選択は間違っていなかった!と考えられてはどうでしょうか?

    トピ内ID:1591347311

    閉じる× 閉じる×

    私も

    しおりをつける
    🐶
    ねね
    今は首都園で仕事をしていますが、大学は地方。

    女子大生がはじけているのを見ると、勉強とバイトに追われていた私がなんだか青春をのがしてしまったような。

    トピ内ID:2603557069

    閉じる× 閉じる×

    自然な感情だと思う

    しおりをつける
    blank
    yuki
    私も似たような生活環境です。姑と同居はしてませんが、実母が重い…、○○○デラックスなみです。

    ずーっと同じ環境だと退屈してくるんですよ。自然な感情です。私も一緒。くさくさしてた時期もありました。あんまりクサクサしすぎて昨年東京旅行に行っちゃいました!子どもは夫と姑にお願いして実母と妹と三人で!

    娘さんを口実にして時々遊びに行ってください、東京。住むわけではないけど二泊三日くらいの旅行でも楽しめますよ♪べたに『はとバス』乗っちゃってください。一人はとバスの人も結構いましたよ。

    トピ内ID:6774135772

    閉じる× 閉じる×

    私は、その逆を思うアラフォーです

    しおりをつける
    😉
    裏表
    トピ主さんと逆のことをふと思うことがあります。
    「もし大学進学で東京に出ずに、地元で就職して結婚していたら。」
    と・・・。

    今の人生も勿論親に、主人に感謝していますが・・・

    仕送りのある大学時代は確かに恵まれたものだったと思いますが、
    東京で女1人の生活は、大変でした。

    就職活動は、地方出身の女子学生にとても不利でしたし、
    20代前半のいちばん人生で綺麗だったはずの時期の
    財政難が思い出されます。

    給料は家賃に消えて、通勤用の服は1万円のスーツが3着だけ。
    化粧品もろくに買えなかった。
    遠くに遊びに行くこともできなかった。
    自分で選んだ人生だから、不平を言うのはおかしいですがね。

    その後結婚、育児に追われてあっという間に30代後半になっていました。

    幸い主人は優しい人で、時折美容院や洋服の買い物に行かせてくれます。
    感謝しながらも「これが若い時だったら、どんなに楽しかっただろう。」と鏡の中の老けた自分を見て、思います(笑)。

    地元の友人とも今は疎遠ですし・・・私は主さんがうらやましいですよ。

    トピ内ID:7397381231

    閉じる× 閉じる×

    反対の立場から

    しおりをつける
    blank
    pea
    お嬢さんの進学おめでとうございます。

    私は大阪で育ちましたので進学も就職も実家から通える恵まれた環境でした。
    結婚する前に海外に住みたいと思い、条件のよい大企業を辞め日本を飛び出しました。

    若い頃はとても楽しく、エキサイティングでした。言葉の壁も気になりませんでした。
    優しい夫に出会い、二人の男児に恵まれ子育てに追われながらも幸せに暮らしています。それでも年齢を重ねるととともに日本が恋しいです。

    ここでの生活の基盤がしっかりすればするほど、日本が遠のきます。

    親も年をとり弱ってきていますが、実家にマメに顔を出すこともできません。

    今の私は私が家を飛び出した20数年前の母の年齢と同じです。当時大反対だった母の気持ちもわかるようになり、親不孝娘だった自分が恥ずかしいです。

    日本にいる旧友から見ると私は海外でがんばっている人に映るようですが、大してがんばることなく望郷の念を重ねつつ日々を過ごしています。

    不幸というわけではないんですけど、人生振り返ってやった事やらなかった事に思いを馳せる年齢なのかもしれませんね。

    トピ内ID:8852297597

    閉じる× 閉じる×

    娘さんの成長に、重ねてしまうんでしょうね。

    しおりをつける
    blank
    うっかり
    私も最近、ふと同じような事を考えます。子育てに追われている時には、忘れていて考えもしなかったのに。

    私は自分で「娘の成長や進路の岐路を見て、あの頃の自分に重ねているんだな」と思っています。

    娘はまだ中学生です。進路を決めるにあたり、大学やその先の夢も視野に入れて考えるよう、先生方から指導されました。
    娘の夢を聞き、まだまだたくさんの可能性や選択肢がある娘を見て、色んな思いがわいてきました。
    「大きくなったなぁ」「そんな夢を持ったのかぁ」「どんな未来であれ、幸せになって欲しいなぁ」って。
    その中の一つが、「あの頃の自分と重ね合わせてみる」でした。
    私がしてきた選択をいくつか話したら、「私ならそっちは選ばないのに」なんて言われて苦笑い。

    「でもね、あの時のママにはそれが最善だと思ったの。確かにあっちを選んでいたら、全然違う人生を歩んだだろうね。」
    「でもね、ママは全く後悔はしてないんだよ。あの時にこっちを選んだから、(娘)に会えたじゃない。今のママ、結構幸せなんだよ。」って言いました。

    違う人生を選んでいたら…案外誰もが思う事なのかもしれませんね。

    トピ内ID:3487416714

    閉じる× 閉じる×

    だめですよ

    しおりをつける
    🙂
    ラディカ~
    違う人生があったかもしれないって人間だれでも思う事ですよね。私も時々妄想をしては楽しんでいます。飽くまで楽しみ。

    でもトリガーには気をつけないと。トピ主さんの場合娘さん。娘さんへの嫉妬をきれいに感傷的に、人生を振り返る風に書いたに過ぎない。

    嫉妬で喚起された感情は削除しないとだめです。特に母親の娘に対する嫉妬は恐ろしいものです。自分を甘やかして正当化を行ってはいけませんよ。私の母はちびちび出していた私たち姉妹への嫉妬を、妹の結婚をトリガーに暴走させました。その正当化たるやすさまじいもので、母親の寂しさ、娘の幸せを願う母とあらゆるバージョンが出現しました。周りの人間は皆気づいているのに。

    どうせ「違う人生だったら」と考えるなら、自分の人生を貶めたりするような真似はやめて誇りを持って楽しい妄想を。

    トピ内ID:5051232367

    閉じる× 閉じる×

    要するに暇になったのだと思います

    しおりをつける
    🐱
    にゃんこ
    振り返る余裕ができたというか。

    そういう時期はあると思いますよ。
    空の巣症候群とか燃え尽き症候群とか呼ばれるものに近いものなのでしょうけど、今が幸せで、捨てたいわけではないことを自覚してらっしゃるのなら大丈夫です。

    トピ内ID:3900740006

    閉じる× 閉じる×

    地元から出ないことも「選択」

    しおりをつける
    blank
    さむげたん
    どんな理由があれど、
    出ていく人は出ていきます。

    私も40歳独身、実家住まいです。
    いろいろ理由はありますが、結局は
    「自分が」選択しました。
    拉致監禁されたわけじゃないしね。
    後悔していないわけじゃないけれど
    そう決めて、それ以外の行動を起こさなかったことには
    責任を持つつもりです。

    周囲の目もかなり厳しくなってきてはいますが(笑)
    それでも、実家から出なかったのは
    「自分」が決めたこと、というか、行動を起こさなかった
    ことの結果だから、文句は言えません。

    ひとり立ちして都会に住み、ひとりの楽しみを満喫する
    よりも、今になっては、それなりの貯蓄と、生涯住むことの
    できる住まいが確実にある安心感のほうが、上回っています。
    それは人によりますが。

    拉致・監禁された以外は、すべて自分の選択です。
    人のせいにしちゃだめでしょう。
    今の土地での生活は、「あなた」が選んだ結果ですよ。
    ちなみに、うちの兄は長男ですが地元を離れ東京暮らし。
    家は継がないと宣言しています。
    両親とは揉めましたが、それも兄の選択です。

    トピ内ID:2622968900

    閉じる× 閉じる×

    身に沁みる

    しおりをつける
    🐶
    mimi
    あのときこうしていればどうなっていただろう
    ・・・って思うことが私も本当に多くなってきました。
    後悔ではありません。
    「自分が選んだ道なんだから」とはよく聞くセリフですが
    その時は、未来に形が見えていないのだから賭けのようなものです。

    お嬢さんの旅立ちがきっかけで、「物思う」こと、共感できます。
    言ってみれば、上京だけじゃなくて道は数多(あまた)にありましたよね。

    もっとお歳が上の方からは、私たちもきっと同じように思われているのではないでしょうか。

    トピ内ID:2036018019

    閉じる× 閉じる×

    無い物ねだり

    しおりをつける
    😡
    toku
    私は高校は街は嫌だ田舎に行く!っと言い田舎に通いましたが地元を出てみたくて短大は岐阜に行きました。そこから今の主人と付き合い、結局卒業したら帰って来てねって言う約束を守らず。

    今はひたすら後悔。義妹達が気軽に嫁いでも帰省する度に後悔です。
    やっぱり地元にいる方が気持ちは楽なんです。都会に行きたかったら旅行すれば良いんだもの。地元で過ごした時間をとうに超えましたが、やっぱり地元が自分には1番合ってたなって思い知らされます。

    娘さんも若いうちは楽しけど、離れた所に嫁いだら後悔するのかも。私も親に、そういう事言われたハズなのに経験しないと分かんないんですよね

    結局、何事も無い物ねだり。なんだなぁっと自分に良い聞かせて頑張ってます

    トピ内ID:5619599796

    閉じる× 閉じる×

    私は40歳過ぎて実現しました

    しおりをつける
    🐧
    NZの羊
    短大卒が主流で、4年生を出ると就職が難しいと言われた世代ですが4年生を卒業しました。そのお陰で長く会社に勤務し管理職にもなれました。海外出張もするようになり、仕事で海外へ行くのではなく学びに行きたいと思い、40歳過ぎてから1年間留学をしました。
    幸い夫は単身赴任中。子供も留学をしたので自宅には私ひとりだったので、自分の貯金から費用を工面しました。

    40歳過ぎでジーンズに大きなバッグを持ってキャンパスへ行くのは勇気がいりましたが、海外には様々な年齢の人がいて友人にも恵まれて何とか卒業を出来ました。
    帰国後事ある毎にその時を思い出しています。

    思い切って1か月くらい東京のウィークリーマンションへ行って東京ライフを楽しんでいは如何ですか?映画、美術館、コンサート、観光、経験として朝の通勤電車に乗って観たりして、たまにはお子さんと食事を楽しんで、主婦の休暇を過ごしては如何でしょうか?人生の良い思い出になると思います。

    旅行でなくて滞在するのはお薦めですよ。

    トピ内ID:3103552866

    閉じる× 閉じる×

    今からいけば?

    しおりをつける
    😀
    すまほ
    タイトルを見て、余命宣告されてしまったのかと思いましたよ。なんだ、病気でも年でもなく、更年期くらいの健康な中年ですか。読んでがっかりしました。なのにレスをしている私(笑)。

    ちょうどよかったじゃないですか! これで東京にいつでも行けますね。毎週というのは無理にしても、一月に一度くらい行けば?

    お買い物をしてもいいし、講演会みたいのに参加してみてもいいし。

    娘さんと一緒に、青春気分を味わいましょう!きっと楽しいよー。

    トピ内ID:3624004879

    閉じる× 閉じる×

    お気持ち分かります

    しおりをつける
    blank
    黒猫
    お気持ちよく分かります。
    私も「もしあの時外国に残っていれば」と思うことがあるからです。

    子供の頃、親の仕事の関係で外国に住んでいました。
    現地の学校に通い、日本語はあまり話せませんでした。
    帰国が決まった時、まだ子供だったのに「養女になってこっちに残らないか」と
    誘って下さった現地のご家庭が2~3ありました。
    実際に同級生の中では日本に帰らずにずっとその国に留まった友達もいます。

    私は両親と帰国しましたが、心の中で「もしあの国に残っていたら」と思ってしまいます。
    その後、20代になって1年間その国に戻ったこともありました。
    でも、結局人生は一通りの生き方しか出来ないのです。
    私はやはり故郷が一番自分らしく生きられる場所だと思います。
    きっと現地に残っても「日本に帰ればよかった」とずっと思っていたでしょう。

    トピ主さんは子育てが終わられて、心が空白になっているのかもしれませんね。
    何かを始められたらいかがですか?
    何歳になってからでも遅いということはありません。
    お幸せ祈っています。

    トピ内ID:7915650350

    閉じる× 閉じる×

    自分が選ばなかった「もう一つの人生」

    しおりをつける
    blank
    すいっちぽん
    よく小説の題材にもなりますね。

    女性は生きていく上での選択肢が非常に多いから、「もしあの時、別の選択をしていたら…」と、後悔ではないけれど、ほろ苦く「選ばなかったもう一つの人生」を考えてしまうのでしょう。

    上京する、しない。
    結婚する、しない。
    仕事を辞める、続ける。
    子どもを産む、産まない。

    どちらを選んでも、ほんの少し、もう一つの人生に対して、後ろ髪をひかれる思いを持つのでしょう。

    それはごく自然な感情だと思います。

    トピ内ID:1737952877

    閉じる× 閉じる×

    そんなもの

    しおりをつける
    blank
    私は関東育ちなので、東京の大学に進学するのが普通でした(自宅から通えるし)

    ただ、40過ぎて、地方の大学に進学すれば良かったと後悔してます。
    トピ主さんと逆の考えです。

    都会で過ごすことしか選択肢にない私にとって(関東にしか身内がいないし、一生東京で仕事だし)地方の暮らしは夢のようです。

    つまり、互いに無い物ねだりなんですよ。

    私はトピ主さんが羨ましいですよ。
    都会暮らしの私と交換して欲しいぐらいです。

    トピ内ID:4724209787

    閉じる× 閉じる×

    結局、同じ人生です。

    しおりをつける
    blank
    ポコ
    例え上京してたとしても「あの時上京してなかったら」と考えていたに違いないです。
    どっちに進んでいても、トピ主さんの人生は同じなんですよ。

    たぶん、暇だからそんなことばかり考えてしまうんですよ!
    パートをするとか、没頭できるような趣味を見つけてみては?
    忙しくなれば、そんなこと考えていられなくなるので自然に問題が解決されますよ!

    トピ内ID:0003796062

    閉じる× 閉じる×

    今と昔

    しおりをつける
    🐤
    harumi
    私は30歳なので、共感は出来ないかもですが・・・。

    トピ主様はお優しい方なんですね。
    結局、お母様の言いつけを守り、地元に残るなんて。
    それとも、昔の慣わしなのでしょうか。

    今と昔では、状況が全く違うと思います。
    今は何でも自由だし、やりたいことは比較的なんでも出来ます。
    何もかもが便利だし、娘さんは楽しい日々が待っていると思います。

    せっかくの娘さんの上京です。
    定期的に遊びに行ってはいかがですか?
    まだやれることはたくさんあります。
    昔、やりたいと思ったことは出来ないかもしれませんが
    今から楽しめることは山ほどありますよ、きっと

    まだまだ今からじゃないですか。
    めいっぱい楽しんでください!

    トピ内ID:3316515119

    閉じる× 閉じる×

    娘さんと一緒に東京に住めば?

    しおりをつける
    🙂
    おまんじゅう
    私は独身でトピ主様とは立場が違うのですが
    親の介護を40から46までしていました。

    今48歳です。来年、49歳。
    子供もいません。結婚したこともありません。

    現在実家の田舎の一軒家に一人暮らしです。
    ただ、私の場合は今はもう介護をする人もいませんので、
    東京へ行って働きたいなと思っています。

    若い時に、東京とアメリカに住んでいたことがあるのですが
    やっぱりまた戻りたいなと思います。


    別に、いまからだって、行けばいいじゃないですか。
    お金があれば、どこにでも住めます。

    先立つものは、お金です。とりあえず貯金が少しあります。

    ないものねだりとか言いますが、私は、手に入れないと嫌ですね。

    結婚はしませんでしたし、今はボーイフレンドもいませんが
    男友達はたくさんいます。もちろんプラトニックです。

    東京は学歴社会なので、女子大生になればいいんじゃなでしょうか?
    娘さんと二人で暮らせばいいのに。
    実のお母様や旦那さんが元気なうちに、娘さんが東京にいるなら引っ越せば?

    トピ内ID:6477875011

    閉じる× 閉じる×

    連続投稿、ごめんなさい

    しおりをつける
    🙂
    おまんじゅう
    私の提案ですが、
    通信制の大学に入るというのはどうですか?

    学費も、ものすごく安いし、スクーリングは東京でたくさんあるし。
    通信制だったら、御家族も許してくれるだろうし
    日本全国に学生会もあります。
    学生会に入れば、勉強仲間ができますし。
    ネットで授業の配信もしてますよ。

    私の知ってる人がけっこう通信制大学に通ってますよ。
    それでスクーリングで東京に夏休み合宿みたいな形ででかけています。

    友達もできるし、一石二鳥だと思いますが。

    大学のゼミなんかも入れたり、大学の授業を聴講したりすることも
    できるみたいですよ。

    通信制の大学なら、旦那さんもオッケーしてくれると思いますよ。
    高校卒業してれば、誰でも入学できます。

    トピ内ID:6477875011

    閉じる× 閉じる×

    計画性と幸運

    しおりをつける
    🐴
    奈緒
    私は18歳の時に、東京の大学へ行くための引っ越し費用、入学金、生活費の目処が立たず、計画を凍結しましたが、ずっとあきらめずにいたら運がひらけて実現しました。
    親の援助はなかったと同時に干渉も受けずにすみました。
    すべて自力というわけではありません。
    執念です。

    トピ内ID:2933208527

    閉じる× 閉じる×

    後悔する性格

    しおりをつける
    🎁
    リモーネ
    自分もそうだからわかるけど、トピ主さんはどのみち後悔する性格なんだと思います。

    早くにお父様を亡くした事は辛かったと思いますが、これと言って波乱万丈な半生だったとも言えません。

    トピの文章の限りでは、表現はソフトですが、根底では全て人のせいにしている節があります。

    18で上京していても、
    『短い人生、地元に残れば良かった』というトピを立てていた事でしょう。

    確かな事は、どんなに恵まれて選択肢の多い人でも、人生は一度きりしかないという事です。

    トピ内ID:1828822358

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  40
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]