詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    異なる文化と接するとき・・・

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    すー
    話題
    子供に異なる文化を持つ人とコミュニケーションする能力をつけさせるために大切なことはなんだと思いますか? どのようなことでも結構ですので考えることや感じたことを書いていただけるとありがたいです。 尚、小中学生のお子さんをお持ちの方が回答していただけるとさらにありがたいです…。

    トピ内ID:0679855869

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    他者を学ぼうとしない人にコミュニケーションは無理

    しおりをつける
    blank
    ひいろん2
     相手のことを勉強することです。相手のことを好きになろうというよりも、その相手が身をおいている環境や言語、風習・慣習を理解する。この場合、むしろ嫌いな相手のことを知ろうとすることのほうが有効だったりします。真剣になりますから。  そうして相手の環境について基本を理解していくと、自分から疑問が出るようになります。そうすれば、相手のことを考えて相手にモノを聞くという「コミュニケーションの基本」を練習できるようになります。それが喧嘩という形でもいいのです。

    トピ内ID:8867444424

    閉じる× 閉じる×

    隣の人との違いを受け入れる能力

    しおりをつける
    blank
    トロワ
    外国人でなくても、自分の隣に座った人との間にも様々な違いがあります。それらの差異を相手の立場に立って理解し、受け入れる能力だと思います。 他人が大切に思っているもの・ことに関心と敬意を払い、興味を持って耳を傾けること。無知からくる偏見を避けること。 同じ日本人との間にそういう訓練を積んでいけば、世界のどのような地域の人であっても、ある程度オープンに分かり合えるのではないかと思います。

    トピ内ID:8444653033

    閉じる× 閉じる×

    親が偏見を持たない事、人は違っていて当たり前。

    しおりをつける
    blank
    Keyココ
    国際結婚30年でNY在住。公立小学校勤務です。子供は成人しています。 土地柄子供達は、多人種、多宗教、多国籍、多文化の構成です。 長年住んでみて感じた事は、思った程お互いの文化を理解している訳でなく、問題を起こさない様にしているだけだと。 そして強い偏見を持った親の子供達は偏見が強い傾向にあります。 子供達が仲良く出来るのは、お互い自分の文化(人種宗教国籍等)を誇るのは良いが、相手のを否定したり、見下したり、悪口は言わない場合です。 自分とは違う世界がある事さえ理解していれば良いのではないですか。 本当に理解し合える事は簡単でないというより殆ど無理です。長年文化の違う国に住んでも理解する事に限界があります。 ただあからさまに否定をしないで、相手の違いを受け入れる。特に宗教がらみの事柄はいくら説明されても理解の範囲を越えてしまいます。 その中で育たないと無理です。 でもそれは、決して自分を無くす事ではないと思います。自分の文化を持っていて当たり前、それを誇りに感じて当たり前。 でも違う人も居る事を受け入れる努力が出来る人は異文化コミュニケーションも可能な筈です。

    トピ内ID:6114950328

    閉じる× 閉じる×

    異なる文化の中に、共通点を見つけること。

    しおりをつける
    blank
    大企業の人事担当者
    他と異なることは良いことだ、と心の底から、あなたが理解することではないでしょうか。 ひとつには、異なっている理由を知ること。 そして、我々とは異なっているように見える文化も、多くの価値観を共有しているということに 気づくことです。 ・ 自分、家族、隣人を幸せにしたい ・ 自分の能力を活かして社会に貢献したい ・ 自分がしてもらったように、若い世代を守り育みたい ・ 社会から不正や暴力、破壊、怠惰、差別を排除したい ・ 世界をより良くしようと努力している人を応援したい など。 もうひとつには、子供に自信を持たせることです。 それは他人との競争に勝って得られる自信ではなく、自分との競争に勝つことで得る自信です。 自分の甘さや弱さを克服でき、他者への敬意にも繋がります。 衝突が起きても、自信があれば暴力に訴えずに建設的に解決できます。自尊心も出てきます。 どんなことでもいいので、子供が昨日より少しでも向上したのであれば、褒めてあげて下さい。 逆に不当な暴力や破壊、理不尽な差別、怠惰があった場合には全力で叱って下さい。 一番大事なのは、親が自分の子供を他の子供と比較しないことです。

    トピ内ID:1976656187

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]