詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    難易度の高いピアノ曲を弾く子供【駄】

    お気に入り追加
    レス19
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🎶
    話題
    こんにちは。 なんとなく興味がある程度の話なので、気軽に答えて頂けたらと思います。 たまに、十歳に満たない子供が難易度の高い曲(目安として全音ピアノピースのE以上)を弾いているのをみかけます。 才能ありきだと思いますが、やはり日頃の努力も並ではないと思います。 あの若さで、難易度の高い曲が弾ける技術を身につけるには、どんな環境が必要なのでしょうか?

    トピ内ID:2330505045

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 5 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 8 なるほど

    レス

    レス数19

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    スパルタあるのみ

    しおりをつける
    🐶
    ぽちぽち
    4歳からピアノを始め、毎日2時間の練習。 週に1度は聴音(ソルフェージュや、旋律を聴いて五線紙に書き取る)のレッスン。 他に週に1度のピアノレッスン。指の力を鍛えるレッスンに通った時季もありました。 どの先生も芸大か桐朋を出た先生ばかりでした。武蔵野、国立、どこそれ?という世界でした。どれも姉と一緒だから乗り越えました。 姉はプロのピアニストになりましたが私は医療職です(笑)。 高2で進路を考え、ピアノやめました。 でも今でも弾きたいなと思って買ってきた楽譜は瞬時に両手で弾けるので、楽しんでいます。バンドのキーボードを頼まれ、「この曲はキーボードのスコアないんだけど…」と言われても、渡されたCDを聞けば一発でスコアを作って演奏に参加できます。 まあ、特技ではありますね。 あと1つ。「弾ける」のと「演奏できる」のは違います。 情感、間、色気…そういうものが醸し出せる年齢ってやっぱりあると思います。 参考になれば幸いです。

    トピ内ID:6782222446

    閉じる× 閉じる×

    知人の娘さん

    しおりをつける
    blank
    reireimama
    幼稚園の年長でピアノを始め、小学校入学と共にソナチネに入り、小4の時には 既にショパンのエチュードを結構な演奏で弾いていましたね。 才能が一番大きいのだと思いますよ。 その子供さんなんて、習い初めは安い卓上のキーボードで練習していましたし その後も中古のアップライトで、近くの個人教室の先生にレッスンをつけて貰って いたようですよ。 母親である知人曰く「本人が好きなので、練習は熱心に行っていた。後、手が大きい のが得しているのかもね」との事でしたよ。

    トピ内ID:2439452949

    閉じる× 閉じる×

    親と努力

    しおりをつける
    blank
    ・親がある程度ピアノをかじっている(いた)。 ・よい先生につく。 ・一日一時間以上、年360日以上必ず練習する。 こんな感じでしょうか。 親がピアノを少しでもわかってないと、日々の練習をきちんとするのがちょっと難しいかと思います。毎日決められた量、ピアノに向かわせるのがまず大事ですが、ただ弾くだけじゃなく+αのアドバイスがあるなしで差が出るかと。 よい先生は、別に有名で高い先生じゃなくても、基礎をしっかりやらせる人であることと、先生本人が難しい曲をみることができる人であることが大事だと思います。時折難しい曲なんてさっぱり弾けない(弾いたことない)先生も居ますので。 あとは練習量。一時間以上と書いたのは、時間の問題ではなく基礎練をしっかりした上で課題の曲の練習をしたら、軽く一時間を超えるのは当たり前だからです。そして毎日やるのも当たり前。休めば休んだだけ手は鈍っていきますから、なるべく休まないで少しでも動かすのが望ましいです。 というわけで、スポーツと同じようなものです。「弾けるようになる」というレベルまでは。

    トピ内ID:9969929071

    閉じる× 閉じる×

    環境より素質だよー

    しおりをつける
    blank
    ぽめ
    生まれた時からピアノ音が好きなくらい(辻伸行さんのようにね)、分かりやすい才能の持ち主が (弾くのが好きだからこそ)何時間も練習して初めて、 テレビに取り上げられるような「天才」になるんじゃないでしょうか。 どれだけコンサートに連れて行っても腕のいい先生に習わせても、 その道で一流になるには才能が必要です。 99パーセントは努力かもしれません。でも、残り1パーセントが、凡人とモーツァルトの違いなんですよ。

    トピ内ID:8480778615

    閉じる× 閉じる×

    同感です

    しおりをつける
    blank
    mvm
    素人なので気楽にコメントさせて頂きますが 大事なのはまずレベルの高い先生につくことは大前提だと思います あとは本人の集中力の高さではないでしょうか? コンクールに多くの生徒さんを出してる教室のレッスンを受けてても 全員が全員素晴らしく上手なわけではないのですが 大幅に下手な生徒さんもやはり見かけません。 それなりの教室ならそれなりの意識を持った親子が来ていると思います 親御さんもお子さんのレッスン中に必死で先生の指摘された事を教本にチェック入れてますし 子供だけの問題でもないですよね 家庭環境も凄く大事ですよね プロの演奏会にも行く必要もありますし そこまで親子でクラシックに興味があるという素質も関係してると思います

    トピ内ID:0921238873

    閉じる× 閉じる×

    練習好き

    しおりをつける
    blank
    元音大生
    たまにそういうお子さんを見かけますね。 まあ、所詮子供なので表現力はまだまだで、 とりあえずテクニックだけってケースのほうが多いですけどね。 でも、演奏できるってだけでも凄いです。 たいていそういうお子さんは、 本人がピアノが好きで毎日長時間練習する、 先生や親が本人のやる気をうまく引き出す、 親が音楽に理解がある(ピアノが弾けるとか)、 手が大きい、 そのあたりですかね。 でも、うまく誘導してあげないと、 「私はこんなにうまいのよ!!」 「うちの娘は天才よ!!」 って調子に乗ってしまい、 難曲をただ弾き散らかすだけ、ってタイプになってしまうので、 そのあたりの加減は必要ですよね。

    トピ内ID:1291476435

    閉じる× 閉じる×

    本当に?

    しおりをつける
    💍
    玉虫
    難易度E クラスだと オクターブを超える和音が多用されてますが 10歳以下の小さなお子さんの手で そんなのが 可能なんでしょうか。 大人の私でも ショパンあたりだと 手足りません。 技術はともかく 物理的に無理な気がするんですが。

    トピ内ID:4490072055

    閉じる× 閉じる×

    うーん

    しおりをつける
    blank
    熊猫
    私の場合ですが… 自分から母に習いたいと話し、4歳から個人の教室に通ってました。 楽しくてたまらず、小学校に入学後も帰宅後ずっと練習してました。 暗譜で弾けるようになった時の喜びが大きくて、更に練習していました。 教本は全部で5冊だったのですが、基礎も発声練習もどれも楽しかったです。 技術以前に、一番は本人のやる気とピアノが好き、て気持ちだと私は思います。

    トピ内ID:4858841235

    閉じる× 閉じる×

    毎日地道に練習、練習

    しおりをつける
    blank
    結局は・・・
    そのお子さんが10歳として、7年~5年間毎日毎日練習をしてきた結果です。 今ちょっと検索してみたらベートーベンの月光ソナタも難易度Eでしたので、そこそこに頭の良いお子さんなら、弾くことはできるでしょうね。音楽として『演奏』、となるとまた話しは別ですが。 才能云々もありますが、この段階ではひたすら毎日一定時間、『どうしたら弾けるようになるのだろうか」と自分で頭をつかっての練習を何年も何年も積み上げてゆく、そしてそのようにする躾ができる親がいる、ことだと思います。『弾く』だけならば才能はあまり関係ありません。頭の良さは関係しますが。 ちなみに全音ピアノピースの難易度は幅がある、というか曲によってはテクニックより表現の難しさを基準としたのか?と思われる分類もあります。それから個人で得意不得意がありますし。 そして『演奏』ということになれば、難易度Aの曲の方がEの曲より聞かせるのによほど難しいこともしばしばですから、あまり拘らない方がよいのではないでしょうか。

    トピ内ID:3818868888

    閉じる× 閉じる×

    絶対音感等

    しおりをつける
    blank
    えんぴつnz
    ピアノ自体の練習だけでなく、体でリズム感を覚えるリトミックなどで絶対音感、楽典の基礎を身につけている事、譜面を見たら写真記憶ができる事、または一度聞いたら演奏できてしまう事でしょうか。 それには、胎教の頃から親が弾いて聞かせたり、赤ちゃんの時からクラシックを聴かせたりして、クラシック=リラックスさせる物とインプットする事です。

    トピ内ID:2013947216

    閉じる× 閉じる×

    生まれ持った素質に環境

    しおりをつける
    🐱
    yann
    これに尽きます。 両親が音楽家で音楽一色の環境下で育ったとか。 そう言う子供が練習すれば上達も早いものです。 凡人はいくら練習をしても一定レベル以上に伸びる ことはないでしょう。 見方を変えればどんな子供でも 練習さえしっかりすれば一定レベルまで上達はします。 頑張ってください。

    トピ内ID:5228743963

    閉じる× 閉じる×

    センスによるところが大きいです

    しおりをつける
    blank
    ちゅら
    センスがあると、どの楽器も上達がとても早く、放っておいてもそこいらじゅうの楽譜をめくって難しい曲も躊躇せずに弾きます(趣味レベルで満足な場合)。 そこに地道な努力が加わると、演奏の完成度がぐっと高くなります(目指せプロというコース)。 音楽のセンスの個人差はとても大きいと思います。 最低限、リズム感と耳の良さと器用な身体能力でしょうか。 音楽のセンスのある人はカラオケも上手です。 向いていないな、この人、という人をオーケストラで沢山見かけましたが、趣味は好きなことをやるのが一番なのでどうぞどうぞと思います。

    トピ内ID:7477140926

    閉じる× 閉じる×

    三位一体

    しおりをつける
    🎶
    ムズィカシィ
    周りにそういうお子さんが多い環境に居ます。 必要なのは親と子と先生の歯車、方向性が合致する事、でしょうか。 時間を決めているという訳ではないにしろ 低学年でも毎日最低でも2時間は弾いているのだと思います。 課題を終わるまでに少なくともそれくらいはかかってしまう事が多いと思うので。 指を怪我する授業は見学するなど徹底している人も居ます。 (個人的にはこういう考えは嫌い) 感心するお子さんはよく見かけますが、感動する演奏をするお子さんは希有かな~。

    トピ内ID:3801349972

    閉じる× 閉じる×

    妹の場合

    しおりをつける
    blank
    好きこそものの
    10才以下の話ではないので、ちょっとズレるのかもしれませんが・・・ 小学校低学年の頃は、このまま続けて大丈夫かと思うレベルで 泣きながら、母に怒られ練習をしていた妹でしたが 10才頃から弾く楽しさを覚えたようで、 Eレベルの内容も1人で練習していますし その頃から13才になった今まで 学校内でのピアノ演奏は全て任されるようになりました ただ、日頃から猛練習しているかというと 部活に塾に忙しいため、息抜きにやる程度で 毎日練習している様子もありません その代わり、クラシック音楽を勉強時間に掛けるし ネットやテレビで積極的にピアノの演奏を聴いたり、 部活も吹奏楽部ですし音楽そのものが好きです 本人が好きだからこそかな、と端から見ると感じています。

    トピ内ID:9680916434

    閉じる× 閉じる×

    手が回るだけなら

    しおりをつける
    静の十字星
    才能がある、子供が自発的、子供の能力等の回答がありますが、凡庸な子供の場合を書きます。 先生は合う合わないはあると思いますが、初級レベルの楽器の習得に当たっては持っている知識はあまり差が無いと思います。 手が回るようになることだけなら、練習あるのみです。 個人教授で(学校の部活やクラブは除く)習った母親が家事も雑用もせずに付きっ切りで3歳か4歳から一日に3時間以上、徹底的に稽古をつけます。 それを、一年のうちお休みは数日だけにして何年も続ける事です。 お母さんの頭の中も、子供の音楽教育の事が第一でしょう。 7年続けると7500時間の練習になり、3歳から年に300日1日一時間練習してきた子は10歳で2100時間の練習ですから、3倍近く練習しているので早く難曲を弾くようになります。 持って生まれた才能は解かりませんが、普通の三倍の速さで上達するのですから、15年掛けて弾けるようになる曲を5年で弾いてしまうんですよ。 母親の音楽教育の経験と知識があれば、次のステップがわかりますし無駄なく練習させられます。 つまり、母親の経験と知識、忍耐力に掛かっていると言えます。

    トピ内ID:6334938637

    閉じる× 閉じる×

    素質ですと本人の情熱ですね~

    しおりをつける
    blank
    40代
    幼少期から私も習っていました。 ピアノだけではなく、ソルフェージュや聴音なんかもしてました。 音大への進学希望者が主体のピアノ教室で、かなりのスパルタでした。 私も学生コンクールへの出場を勧められる程度には練習していました。 でも、どうやっても私の進むべき道ではないと自覚していました。 もっとも大きな理由は情熱が足りない。 やっぱり本人が好きで練習が苦にならないことが必要ですね。 友だちの多くが音大へ進学しましたが、私より技術が下であったとしても、 とにかく本当に本当にピアノが好きな人たちばかりでした。 音大でも1日の練習時間が8時間なんていうのはザラだったそうですから、 いくら素質があっても、素質だけでは越えられない壁があるかと思います。 逆に素質や能力(手の大きさも含めて)で苦労することもあるでしょうが、 まずは好きこそものの上手なれということだと私は思っています。

    トピ内ID:4020864507

    閉じる× 閉じる×

    才能と努力できるか

    しおりをつける
    blank
    るる
    結局のところ、生まれつきの要素が大きいです。  いくら早期教育やスパルタをしようと思っても、本人に好きな気持ちと才能がなければ、そこまで上達しません。 ここでいう才能とは、練習を苦にならずに長時間できるということや集中力、理解力などです。 どんなよい先生についても誰もが同じように上達するわけではないですから。 とある音楽家の姉妹が、小さい頃から楽器の英才教育を受けました。 上の子は全くできるようにならずすぐ嫌になって辞めてしまったどそうです。 下の子はメキメキ上達してプロになりました。 こういう例があるので、環境だけではどうにもならないものがあります。

    トピ内ID:0781370433

    閉じる× 閉じる×

    才能だった

    しおりをつける
    blank
    ラッシュアワー
    ピアノは楽譜みればひけちゃうから、とバイオリンに替わった方がいます。練習もありますが生まれもった才能ありきだと思います。

    トピ内ID:7148816553

    閉じる× 閉じる×

    ぶっちゃけ

    しおりをつける
    blank
    バナナスペシャル
    本人の才能、努力は勿論ですけど…才能を開花させる為の投資が出来る財力でしょうね。夢の無い話で申し訳ないですけど…。

    トピ内ID:8569888145

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]