詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    妊娠中の夫の対応に関して

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐱
    ねこ
    子供
    精神的に落ち込んでしまって、今後どうすれば、どのように気持ちを持っていけばいいかわからず途方に暮れています。

    現在、私は妊娠4か月です。初産で現在フルタイムで仕事をしています。主人は去年から海外駐在をしています。日本に出張で1週間帰国した際に妊娠しました。

    悪阻がひどく、一人暮らしで仕事を続けながらの生活がきついです。途中風邪をひき、2週間位治らない事もありました。体調管理が出来ず、出勤出来ない、出勤しても仕事を満足にできない自分にとてもへこんでいます。産休・育児休職をもらうまで仕事を続けると決めたのは自分で、悪阻で体調のコントロールが出来ない事は仕方がないと頭では十分わかっていますが、そんな自分に情けなく落ち込んでしまいます…

    こんな中上記の内容に関して主人に愚痴を言いました。メールで現状が辛いと。すると今は風邪を治す事に集中して!と返信が来ました。
    正直、風邪を治すことにだいぶ前から集中しています。そんな事わかっています。主人の返信内容にイラついてしまって、そんなことわかってる。それが出来ないから辛いんだと。適当な返信をしないでほしいと返信しました。するとそれ以上の返信はなく、電話で話してもその話題をしてきません。

    私は愚痴を無視された事に傷つきました。そのことについて詳しく聞いてみると、愚痴の内容に関しては仕方がない(解決手段がない)事だから、これ以上言う事が無かったそうです。私は今の状況に関して理解してほしい、話を聞いてくれて共感して安心させてもらいたかったのですが…。ショックで悪阻もさらにひどくなりました。私のこのような思いを伝えても、主人は理解できないようです。今後主人にどう接していけばいいかわかりません。もう諦めるしかないのでしょうか?このような状態の中、主人の駐在先で出産する予定なので、さらに不安が募っています。

    トピ内ID:1678697610

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    典型的な

    しおりをつける
    blank
    かのん
    男と女のスレ違いですねぇ…。

    男性は愚痴・相談を持ちかけられると「解決法」を提示しようとする。
    女性はただ話を聞いて共感して慰めてほしいと思っている。

    って聞いたことありません?

    旦那さんには悪気ないんですから、共感はご自分のお母さまや女友達
    などに話して、具体的な相談だけをもちかければいいと思います。

    トピ内ID:2450358070

    ...本文を表示

    愚痴るな!

    しおりをつける
    🐷
    さより
    トピ主さん辛いのは分かります。私も今ツワリでフルタイムです。昨日の月曜日はあまりの辛さに休んでしまいました。夫は長期出張で、トピ主さん家庭と似ているので出てきました。

    トピ主さん愚痴ったらダメですよ。もう貴女のお腹の中には貴女とご主人の大切な子どもがいるんです。母にならなきゃ。夫に甘えることを止めましょうよ、強くなってください。

    これから出産、子育てで一番の味方につけておかなきゃならない夫を責めて敵に回してはいけません。
    そうなれば一番しんどい思いをするのは他の誰でもなく貴女なんですから。
    賢くなってください。

    ツワリでしんどい、フルタイムがキツイ、そんなの当然です。その頑張りは自分自身で認めて誉めてあげましょう。
    夫には頑張ってるよ私と報告だけでいいじゃないですか。
    私これだけ頑張ってるのにキー!なんて格好の悪いことは止めましょうよ。
    返信が無くなるのも当たり前ですよ。


    エールを込めてあえて厳しく言いますね。

    愚痴るな!強くなれ!母になれ!

    トピ内ID:1633152718

    ...本文を表示

    心細いでしょうね・・・

    しおりをつける
    🐷
    mmm
    同じくらいの妊婦です。
    うちは同じ家に住んでいますが、夫が激務のため、ほとんど顔を合わせません。

    だからか、やっぱりあまり実感がわかないというか、
    父性が育つのはまだまだかな、と思いますよ。
    (もちろんそういう状況でもちゃんと出来ているだんな様はいると思いますが。)

    私はちょっとおなかがぷっくりしてきて夫も「おっ!」ってなりました。
    たまにお腹に話しかけたりとか。

    だからなかなか距離もあれば難しいかもしれません。
    ご実家のお母様などに応援を頼むことは出来ないでしょうか。
    もしくはお近くに住む子供を持つお友達に話を聞いてもらうとか。

    私は母や友達に色々聞いてますよ。
    あとはバランスよく食事して、お風呂で温まって、しっかり寝ることですね。
    つわりが酷いと食べるのも難しいかもしれませんが、そんな時は食べたいと思うものを食べてればいいですよ。

    不安になる気持ちはわかるけど、大事なのはあかちゃんです。
    そっとお腹に手を当ててみてください。
    そこに確かに新しい命があるのですよ。

    愚痴りたくなったらここに書き込めばいいですよ。
    ファイトー

    トピ内ID:7391144758

    ...本文を表示

    不安だらけだからしんどいのでは?

    しおりをつける
    blank
    koko
    初めての妊娠、その中でのフルタイムでの生活。一人暮らし。
    今まで経験したことのない悪阻という体調不良。
    プラス風邪。

    しかも、出産は慣れない外国で…。

    これで不安やストレスがないほうが不思議ですよ。
    妊婦としては、かなり過酷な状況の中、日々暮らしていらっしゃるようですね。

    本当に、今、フルタイムで働かなければいけないのでしょうか。
    ゆっくり自分の体調と相談して 自分の体と赤ちゃんに
    一番いい方法を選んだほうがいいと思います。

    数か月後 ご主人のもとにいくのなら、今年 ゆっくり国内の
    自分の親元で過ごすのもありなんじゃないかともおもいますが。

    トピ内ID:6528402862

    ...本文を表示

    自分の苦痛は 自分のモノだ

    しおりをつける
    🎶
    まっち
    「愚痴なんだから黙って聞けばいいのよ」って事ですよね。

    同じ境遇の人同志で愚痴ってみてはいかが?(周囲の人も安泰)

    トピ内ID:6076406706

    ...本文を表示

    具体策をだしてもらいましょう

    しおりをつける
    もり
    私も夫が出張中に酷い悪阻になったので気持ちは分かります。

    悪阻と体調不良で自分自身の体調が管理出来なくて自信を無くしますよね。
    そのうえ風邪で胎児への影響も気になって不安が募る。不安がまた悪阻を重くするの悪循環なんですよね。
    悪阻が落ち着いたら、嘘のように不安感も薄くなります。

    それでも不安なことは海外での出産。
    夫がどの程度フォローしてくれるつもりでいるのか、現地の産院やヘルパーなど下調べしてくれるのか。
    具体的に頼んで出産の不安を無くしておきましょう。もし夫が非協力的で頼りにならないと感じたら、国内での出産を取るべきです。

    国内で産むと思っただけで、大分、気持ちは落ち着きませんか?
    出産を国内外にするかの決定は、悪阻が落ち着いてから話し合って決めましょう。

    トピ内ID:8916598198

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0