詳細検索

    • ホーム
    • ヘルス
    • 全力で取り組まなかった事を後悔することってありますか?
    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    全力で取り組まなかった事を後悔することってありますか?

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    カクタス
    ヘルス
    現在大学4年生女です。4月から社会人です。 今までの人生を振り返ると後悔ばかりしてきました 高校では部活と受験勉強をもっと頑張ればよかったと思いました。 大学では卒業研究でもっともっとやれることがあったのに、と後悔しています。就活も全然頑張ってなかったなと思ってしまいます。 いつも何をやっても、自分は最後まで踏ん張り切れていないんです。 取り組んでいる事に時間を割いていないわけでないんです。夜遅くまで研究をしました。部活も休んだことはありませんでした。でも無駄な時間もたくさんありました。 皆さんは何かに取り組んだ後もっとできることがあったのにって思うことはありますか?それってどんな時でしょうか? こんなダメなやつが社会人になることがとてもこわいです。中途半端な仕事しかできないんじゃないかと不安です。 こんな気持ちになってしまう人は、どこがいけないのでしょうか? 意見を頂けると嬉しいです。

    トピ内ID:9749961429

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    過ぎてから思うこと

    しおりをつける
    blank
    職人
    もっとああすればよかった、こうすればもっとうまくいった。過ぎてしまった今だから気がつく事もたくさんあります。 でも、その時にはそれが精一杯だったんだと思いませんか? 怠けていたわけでもなく、ただ、もっと効率のいいやり方を思い付かなかっただけ。 人生は長いです。自分の努力だけではどうにもならないことも、たくさん出てきます。学生の時に経験したことが、足りなかったことも含めて、トピ主さんの糧になります。 ひとつ忠告するなら、自分の限界を見極められるようになること。常にトップスピードで人生80年を走りきる事はできません。気分転換や、時には上手に問題から逃げることも必要です。

    トピ内ID:1381484413

    閉じる× 閉じる×

    そういう人

    しおりをつける
    blank
    こっこ
    努力も一種の能力です。 サボリ体質の人はもともとコツコツ努力することができないんです。 たとえ過去に戻れたとしても同じことを繰り返すでしょう。 私も同じです。 なまじそれなりに器用にこなせてしまうため、努力せずのそこそこの結果に 満足して暮らしています。 トピ主さんは就職を控えてナーバスになっているだけだと思います。 過去は取り戻せないので、就職先で全力投球するぞ、と思っていれば それでいいんじゃないですか。

    トピ内ID:4042412403

    閉じる× 閉じる×

    まずは

    しおりをつける
    blank
    maki
    卒業(予定)おめでとうございます。 就職も決まってよかったですね。 トピ主さん、部活も休まず研究も夜遅くまでされて、ご立派ですよ。十分・十分。 その若さで「自分はまだまだ。。」と思える気持ちがあるあなたなら、この先まだまだ頑張れます。  どうか毎日に流されず、その気持ちを忘れないでね。 でもあんまり思いに縛られず、少しは気楽に、楽しい人生を歩んで行ってください。 私はやっぱり「もっと勉強を死ぬ気で頑張ればよかった。。。」と、思います。 そして女性でも士の付く仕事を目指すべきだった、と。 人生長いですから、やはり仕事は持っていたほうがいいです。

    トピ内ID:9601622499

    閉じる× 閉じる×

    どこもいけなくないよ~

    しおりをつける
    blank
    ピザまん
    就職先は決まったのかな。おめでとうございます。社会人になれるのなら、万々歳じゃないですか~。どこもいけなくないよ~。 ひとつ言えるのは、後から後悔するタイプの人って、自分で自分を評価して、自分で勝手に満足しちゃうんですよね。 「ある程度がんばったから、この辺りでいいか」と、自分で決めちゃう。 結果を出すタイプの人は、わき目をふらないんですよね。周りが何を言おうとひるまないし、自分で自分に限界のラインを引かない。だから、努力し続けることが出来るのかもしれませんね。 結果を最終目標にすると、ぬるい努力しか出来ないのは、全世界、人間なら誰でも同じだと思いますよ。 結果は後からついてくるもの。無心でやり続けることが大事。そう思えば良いのかもしれませんね。

    トピ内ID:3170134159

    閉じる× 閉じる×

    貴女のような人が向上するんだと思います。

    しおりをつける
    🐤
    ぴよまる
    大学院の研究、もっともっとやれることはあったはず。 でも私は後悔していない。 だって、それでも博士がとれたから。 私のように後悔しない人間は向上しないんだと思う(笑

    トピ内ID:9334141395

    閉じる× 閉じる×

    経験で思うこと

    しおりをつける
    blank
    ゆうさくパパ
    50半ばのおっさんです。 私の経験でいうと若い自分に 全力で取組んだ仕事はその結果もですが(ときについて こないこともあります)、なんとなく仕事人生の大切な 基礎も一緒に作ってくれているような気がしています。 年をとるとなりのポジションになって、若いときほど集 中的にある仕事に取組むということもできなくなって きます。 この若い時にどのぐらい土台を作ったかと いうのがあとで結構効いてくるように思います。 今は昔と違って変化が早いです。 よって器用に物事 をこなすというのも大切ですが、基礎を作ってそこから 派生する応用力をつけることがより大切ではと思って います。 私は適当にやってしまった仕事はなぜか後から考えると つまらない失敗が多いです。 がんばってください。

    トピ内ID:2489954071

    閉じる× 閉じる×

    どちらかというと

    しおりをつける
    blank
    ゆうこ
    文面を見ていると、トピ主さんは 傍からはむしろ「完璧主義な努力家」と見られるタイプ なんじゃないかなあという感じがします。 最後まで踏ん張るって、どんなですか? 一昔前の根性アニメのように血を吐くまで頑張らないと駄目? 人生は長距離走ですから、それでは燃え尽きてしまうし 何より人生楽しめません。 また、仕事は勉強と違って 「手を抜く・手を引く」ことも必要になりますし、 ガリガリと書類を詰めるより飲みながら社内外の人脈を作っていく人の方が 長い目で見れば上手く仕事を回せるようになったりもします。 >こんな気持ちになってしまう人は、どこがいけないのでしょうか? 社会に出る前に不安になるのは普通の心境ですよ。 どこもいけなくありません。 いけない点があるとしたら「休んでいる自分」「いつもいつもは頑張れない自分」 「完璧ではない自分」 を受け入れられない点かもしれませんよ?

    トピ内ID:0397924653

    閉じる× 閉じる×

    いえいえこれからですよ

    しおりをつける
    🐱
    アン
    就職が決まっているのですよね、素晴らしいではありませんか。 私は20代の新人時代に苦労しなかった事を後悔しています。 最初の配属先が、もちろん希望した訳ではありませんが、いわゆる閑職といわれる部署で、仕事を教えてくれる先輩に恵まれませんでした。 3年後に転属した時には同期はもちろん後輩にも抜かれていた上、結婚出産育児休業とロクに仕事を覚えないまま30歳を過ぎてしまいました。 もう私に一から仕事を教えてくれる人はいません。使えない駄目社員のまま「育児と仕事を両立させたい」と理由をつけ、仕事が楽そうな部署を希望し、結果脈絡のない転属を経て40代に突入。 勤続20年にして築き上げたキャリアが全くありません。 もちろん配属先では真面目に仕事に取り組んできました。が、それだけでは駄目なのです。今の私には「この仕事なら絶対の自信がある」と言い切れるものが何もないのです。 トピ主さんがどのような職に就かれるのかわかりませんが、若いうちは困難から逃げずに、自分の一生の武器となる知識や技術を身につける事をお勧めします。

    トピ内ID:5489441009

    閉じる× 閉じる×

    人生、バランスよくできています

    しおりをつける
    blank
    紫野
    私は大学受験でバーンアウトして、大学生活は悲惨なものでした。 その後、勉強がしたくて語学留学し、日本の大学生活の埋め合わせをしました。 しかしその後、努力とは無縁の楽な生活を送りましたが、アラフィフとなり、最近また 努力しています。 他の方のレスにもありましたが、人間は人生のすべてを全力疾走で生きることはできません。 がんばりどころと楽に生きることとのバランスが大切なのではないでしょうか。

    トピ内ID:3622612317

    閉じる× 閉じる×

    自分を認めてあげよう

    しおりをつける
    blank
    晩成
     過去を振り返って、あれこれ考えるより、その時には最善を尽くした と自分を認めてあげた方が、楽ですよ。覆水盆に返らずですから!  それよりも、今を後悔しないように全力を出すことを考えましょう。

    トピ内ID:1770195096

    閉じる× 閉じる×

    今 気付けてよかった

    しおりをつける
    blank
    うさ
    トピ主さんにはまだまだ時間があります。 私がそれに気付いたのは 60歳近くなってから。 もう 人生の大半は終わってしまいました。

    トピ内ID:4290517470

    閉じる× 閉じる×

    後悔はしません

    しおりをつける
    blank
    エム
    全力で頑張らなかった理由が有ったから。 単純に「面倒臭い」とか「ダルい」という怠惰さも立派な理由です。その時に困らなければ何の問題もありません。 但し、理由如何では次の頑張る必要がある局面の為に学習はします。 頑張らない理由を排除するためにはどうしたら良いか考え、行動すれば良いのです。

    トピ内ID:6899341255

    閉じる× 閉じる×

    後悔よりも反省を

    しおりをつける
    🙂
    かえる
    本当に心から反省したことありますか? チャレンジして失敗して後悔して反省すると、 失敗は次の成功の糧になります。 後悔だけでは、前にすすみません。

    トピ内ID:4816843888

    閉じる× 閉じる×

    そんな覚悟なの?

    しおりをつける
    blank
    えとせとら
    まあ人生の中で後悔しなかったことなんてありませんよ。やり直しは利かないのですから、後になってなんであの時ああしておかなかったのだろうと考えることはよくあります。 ですが、トピ主さんはこれから先のことですよね? これからのことなのに最初から全力で取り組む気は無しなんですか? 過去は変えられないけど未来は自分のやり方次第で何とでもなります。中途半端なことをしたくないなら社会人になってから全力で取り組めばいいじゃないですか。 そりゃあ全力で取り組んでも後で後悔することはありますよ。でも、全力を尽くせばどういう結果であれ、自分の中では納得できると思いますよ。 トピ主さんはやる前から諦めているんです。とりあえずやるだけのことはやってから考えましょうよ。

    トピ内ID:8853455552

    閉じる× 閉じる×

    それが実力、と認めることです。

    しおりをつける
    🐧
    のりぽん
    真面目にやったつもりだけど、 振り返ればもっとやれたはず もっとやればできたはず、ってことですよね? それを掘り下げると、 もしかしたら「自分と同じくらい」や「自分より下」と思っている人が よい成績を挙げていたりいいところに就職していたり... っていう現実があったりするのでしょうか? だとしたらまずは「それが実力」と認めるところからスタートですね。 トピ主さんがやりきった感を持っていようがいまいが これからはますます結果で評価されるようになります。 結婚したり出産したりすれば家族のことが原因で 仕事に全力投球出来ないことは増えるでしょうし、 結婚も出産もしなくても「親の病気」などで 仕事に全力投球出来なくなることはあるでしょう。 トピ主さんがどんなコンディションにあっても 結果だけで評価されるわけですから、 それで社会人たちは日々理不尽な思いをしたり 悔しがったり努力したりしているわけです。 がんばったらいい結果につながる、という発想を辞め、 手に入れたい結果を明確に定めましょう。 そして、それを手に入れるにはどうしたらいいかを考えるのが 社会人のやり方と思います。

    トピ内ID:2384388596

    閉じる× 閉じる×

    少しずつ改めていけばいいのでは?

    しおりをつける
    blank
    りんご
    今まで全力投球しなかった→今後もしないでは成長がありません これからはもっと頑張ろうと思えばいいのでは? 今から駄目な社会人になるのではなんて心配しているなんておかしいですよ 駄目な社会人にならなければいいのですから 働きだせば責任も出てきてそんな悠長なことも言えなくなるとは思いますが・・・・ 無駄な時間もいつか必要な時間と年齢とともに思えてきますよ 社会人になれば時間がたつのは早く学生の頃のように 無駄な時間を作ることが大変な場合だってあります 確かに過去を振り返りもっとできればと思うことも多々あります でも、そのときの能力ではそれだけしかできなかったそれだけのです 年齢とともに時間は加速するといいますが、本当にそれを実感しております 今は今日できること、この1週間以内にできることなどと 必然的に無駄な時間を惜しむようにはなってきます 無駄な時間を全てない生活も窮屈そのもので無駄な時間も必要な時間です 一番大事なことは積み重ねる時間なのでは? それができれば無駄な時間も大切な時間です 全て全力投球すればいいというわけでもないと思いますよ 必要な時だけで十分です

    トピ内ID:8841012841

    閉じる× 閉じる×

    やらない後悔よりやる後悔のほうがいい

    しおりをつける
    真理
    やらずに後悔は後悔でもなんでもない。そもそも何もしていないんですから「やらない自分」に後悔するだけ。なんにも変わっていません。 ですが、やって後悔は「ああすればよかった」「こうしなければよかった」の後悔。それは次はこうするべきだと学んだ証拠。確実にスキルアップしています。 何も変わらない自分と何か変わった自分。 その違いです。 がんばることはこれからでもいくらでも出てきます。 後悔先に立たず。 できなかったことはなかったことにはなりません。後悔するなら「やらない自分」に後悔をしてちょっとでも「やる自分」に変えて生きましょう!

    トピ内ID:5687094621

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]