詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    機関車4台使うブルトレ何でしたっけ?

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    独眼鉄
    話題
    独眼鉄と申します。

    最近気になることがあり、検索しても
    出てこないので教えてください。

    昔のブルートレインで、東京から下関までがEF65、関門トンネルがEF81(銀色)、門司からどこかまでが赤い
    電気機関車、そのどこかから西鹿児島までが四角いディーゼル機関車だった列車があったやに記憶しています。

    が、九州以降の機関車の型番とか、列車の名前(「さ
    くら」?「はやぶさ」?)が思い出せません。

    赤い型番と聞いて「MSー06S」ぐらいしか頭に浮かばない私に上記ブルートレインについて教えて下さい。
    よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:6956418254

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    同じ答えが続くと思いますが『富士』

    しおりをつける
    🙂
    E26
    お若い方なら、判らなくても仕方がないように思われます。

    東海道本線経由ブルトレとして最後まで運転されていた『富士』の在りし日の運行が、そのような形態だったので。

    寝台特急『富士』は昭和54(1979)年までは東京発日豊本線経由西鹿児島行きで、日本で唯一の24時間以上走る列車でした。東京始発時には同じ名前の列車が経路上に3本は存在する計算でした。

    また、仰るとおり、ディーゼル機関車のDF50に牽引された区間は
    宮崎~西鹿児島(現在の鹿児島中央)間でした。

    DF50がMS-06Sのイメージかどうかは、人によって違うかも知れませんが、まあ、そう見立てる人がいても不思議ではない塗色だとは思います。

    トピ内ID:5296085326

    ...本文を表示

    寝台特急「富士」西鹿児島行

    しおりをつける
    カレチ
    ご質問の列車は東京発日豊線宮崎経由西鹿児島行寝台特急「富士」号です。
    ご存知と思いますが、東京発ブルートレインは年々縮小し、最後は熊本行
    「はやぶさ」と大分行「富士」が門司まで併結で運転されていましたが、
    近年廃止となりました。
    「富士」は当時(昭和53年頃まで)宮崎以南が未電化出あった為、宮崎、
    西鹿児島間がディーゼル機関車「DF50」けん引となっていました。
    この為、東京からだと関門トンネル区間も含めて、4種の機関車がリレー
    していました。
    東京→下関(EF65)下関→門司(EF30orEF81)門司→宮崎
    (ED76)宮崎→西鹿児島(DF50)
    その後、同区間が電化となり、宮崎以南もEF76けん引となったか、
    運転区間の短縮で南宮崎止まりとなったのが、どちらが先が覚えていません
    が、いずれかの理由でディーゼル機関車のけん引はなくなりました。
    もっとも「DF50」は当時でも大変珍しく、廃車が進んでいた時期
    でした。

    トピ内ID:0218412419

    ...本文を表示

    寝台特急富士

    しおりをつける
    💡
    昔の鉄っちゃん
    1970年代の特急富士ではありませんか?東京⇔下関はEF65、下関⇔門司はEF81、門司⇔宮崎ED75?、宮崎⇔西鹿児島DF51だったかな。

    トピ内ID:9616457262

    ...本文を表示

    「富士」号

    しおりをつける
    blank
    げげっせん
    一時期の「富士」号が、そんな感じでした。
    宮崎から先がDF50という四角いディーゼル機関車で。

    トピ内ID:6122060400

    ...本文を表示

    列車名がわかればいいのでしょうか?

    しおりをつける
    blank
    asdf
    EF65だと昭和40年代~昭和50年代でしょうか。

    東京対九州だと
     
     さくら/はやぶさ/みずほ/富士/あさかぜ

    あたりですね。このうち西鹿児島まで行っていた時期があるのは

     はやぶさ/富士

    ですね。両者の違いは

     はやぶさ…鹿児島本線経由(九州の西側博多・熊本等を通る)
     富士  …日豊本線経由(九州の東側別府・大分・宮崎等を通る)

    です。4つの機関車ということは4番目の機関車が
    >>四角いディーゼル機関車だった
    ということでしょうかね。
    未電化の区間をディーゼル機関車が牽引したと考えると全線電化が9年ほど日豊本線の方が遅いので「富士」の可能性が高そうですね。
    FE65が1000番代(貫通扉があるタイプ)なら製造開始が昭和44年ですから可能性としては「富士」がさらに高まりますね。
    (昭和30年代後半の生まれですが「富士」のDF50によるディーゼル牽引は印象にあるのですが「はやぶさ」のディーゼル牽引は印象にないんですよね)

    自分の記憶とちらっと調べた範囲ではこんな感じです。

    トピ内ID:6753892514

    ...本文を表示

    皆さん早速のレスありがとうございます。

    しおりをつける
    🙂
    独眼鉄
    皆さん早速のレスありがとうございます。おかげさまで「富士」とわかりすっきりしました。

    E26様
    恥ずかしながら若くなく、白内障を患うような年です。それゆえの「独眼鉄」なんです。MSー06S云々は
    鉄ちゃんとガノタがどのくらいかぶるかしら、との思いからの余談です。
    お付き合い頂きありがとうございました。
    カレチ様
    あのディーゼル機関車も廃止前だとは全く知りませんでした。思えば気動車も
    段々見なくなっていきましたね。
    クリーンなことはいいのですが、いささか寂しいような気もします。
    昔の鉄ちゃん様
    七十年代と言うと大分前のような気になります。

    ああいった長距離列車は、航空運賃が安くなってますから今後は余りないでしょうね。

    トピ内ID:6956418254

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    🙂
    独眼鉄
    引き続きのレスありがとうございます。

    けげっせん様
    ありがとうございます。

    asdf様
    ありがとうございます。

    列車名は富士、三台目の機関車はED76とも確認がとれました。皆さんのおかげですっきりしました。

    長距離走は苦手ですが、長距離列車にはロマンを感じます。余談ですが、競馬でもステイヤーが好きです。

    近鉄特急がいつの日か、阪神線に乗り入れたりしないものですかねえ。

    トピ内ID:6956418254

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    若干のコメント

    しおりをつける
    blank
    幼少より鉄道命
     「富士」は1980年9月まで日豊本線経由で東京―西鹿児島間を運転していました.このうち1979年10月の同線全線電化まで,宮崎―西鹿児島間をDF50型ディーゼル機関車が牽引していた事になります.1980年10月のダイヤ改正で宮崎発着に変更され,1990年3月に宮崎―南宮崎間が延長されました.
     あと,門司―宮崎間は,ED76型以前にはED74型が牽引していたという時代もありました.尚,ED75型は,基本的に東北用(50Hz用)の機関車で,これを60Hz用とした車両が九州にもいましたが,「富士」を牽引する機会はなかったと考えられます.

    トピ内ID:9915943586

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0