詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    • ホーム
    • 話題
    • ガーベラのくにゃっ!を直すには?+花全般の事
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ガーベラのくにゃっ!を直すには?+花全般の事

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    花屋
    話題
    トピを開いていただきありがとうございます。 ガーベラを買って花瓶に生けようとすると、その時点で既にガーベラが、くにゃっとなっていて下を向いてしまっている事が多いです。当然、先にというか既に?枯れてしまいます。ガ-ベラがメインのブーケはその後はとても味気なくなってしまいます。 バラも、開く前の花のすぐ下の所の茎だけが極度に乾燥して黒くなって、へにょっとなったら花も開かずにそのまま終わってしまう事が何度もありました。 バラのブーケは開く時は全部が開いて、開かない時は全体で開きません。何故なんでしょう? 切れるナイフで水切りし、添付剤を入れて、水に氷を入れ、日中は窓辺の日の当たるところに置いて夜は窓から遠ざけます。水が減れば氷を追加します。 ブーケに添付時は一袋しか付いてこないので水は替えませんが、花が長持ちすると水も濁ったり臭ってきたりして、その度にどうしようか?と思います。 あの添付剤の材料は何なんでしょう?自分で手作りできますか? 質問がたくさんになってしまいましたが、 これらの花の対処法を知ってる方がいましたらぜひ教えていただきたいです。よろしくお願いします。

    トピ内ID:5698041137

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    茎が腐ってますね、それ

    しおりをつける
    🐶
    うめこ
    他にも同じようなレスが付くと思いますが、ガーベラは茎がストロー状の筒型になっていますよね。この穴の中に水が入り過ぎると腐ってしまうのです。 添付剤のことですが、水が濁りにくくなること以外あまりメリットはないかと・・・。花瓶ならお水はこまめに替えましょう。夏ではないのでそんなに水が濁らない季節かと思いますが、暖かいお部屋だとやはり濁るのでしょうか。夏などは本当に少量砂糖を加えたお水が濁らずいいです。あとは本当に薄めて薄めた漂白剤。 ガーベラは茶色の根の部分はちゃんと切って(斜めには切らない)花瓶に半分位の水量にするといいです。ちなみにオアシスに挿すと腐らないですよ。

    トピ内ID:5289416949

    閉じる× 閉じる×

    切り花活性剤

    しおりをつける
    blank
    maru
    「花王 PAT」で検索してみてください。 ガーベラの花が2週間くらいピーンとまっすぐ天井を向いてます。 水を変える必要もないし、ちょっと感動ものですわよ。

    トピ内ID:2910696675

    閉じる× 閉じる×

    水の作り方ではありませんが。

    しおりをつける
    blank
    はなこ
    私は、透明なストローに茎をさして、茎が真っ直ぐになるようにしています。 枯れにくくなった気がしていますが比べてないのでわかりません。 針金等を使うより、簡単なのでやってみてください。

    トピ内ID:9473308080

    閉じる× 閉じる×

    ストローか針金

    しおりをつける
    blank
    花講師
    元アレンジメントの講師です。 ガーベラについては、草なのでどうしようもありません。 アレンジするときの裏技は、太めのストローに縦に切り込みを入れ、曲線に開くようにして茎を中に入れ込みストローでガードします。 茎が曲がらなければ水が上がるので花は長持ちします。 あとブーケの時にやりがちなのですが、草と木は水の適正水深が違います。 茎の柔らかいガーベラ、キク、かすみ草やカーネーションなどは水にいれた部分から茎が腐ってしまいますので水は3cmも有れば十分です。 逆に、バラや枝物は水揚げが悪いのである程度水をたくさん入れて水圧を掛けてやらないと水が上がらずにダメになってしまいます。 一つの方法としては、水深が異なる物を一緒に使っているブーケを避けることも有効ですし、茎を腐らせないように毎日水を換え、茎もそっと洗ってやると対策にはなります。漂白剤も延命効果が有りますが花が白くなる場合もあります。 今度はお花が持つといいですね。

    トピ内ID:7230677721

    閉じる× 閉じる×

    ガーベラに関して

    しおりをつける
    blank
    裏技
    ガーベラの茎の太さよりも太いストローの筒の中に茎を入れてしまいます。真っ直ぐになり水揚げもよくなり、長持ちしますょ。

    トピ内ID:7034159736

    閉じる× 閉じる×

    水揚げと殺菌と栄養

    しおりをつける
    blank
    お花大好き
    ガーベラは、クビが曲がってきそうになったら、1本ずつ花が痛まない程度にきっちりと新聞紙に巻いて、茎をバケツの中に入れ、茎を斜めにスパっと切ります。そのまま1時間くらい放置してください。 バラも花と葉を痛めない程度に新聞紙できっちり巻いて、新聞紙の根元を水で濡らし、茎の先端を2、3センチ、黒くなるまで焼きます。その後冷水に入れ一気に冷やし、そのまま1時間くらい放置してみてください。 もし焼くのが大変だったら、上の方を新聞紙でくるんでから、沸騰したお湯に15秒ほど入れて、冷水で冷やし、そのまま1時間くらい放置してください。 いずれの場合も、花びらに水分がつかないようにしてくださいね。 バラが咲くには糖分が必要なんだそうです。花瓶の水にほんの少しフロストシュガーを溶かしてみてください。 花瓶を日当りの良いところ、暖かいところに置いたり砂糖を入れると、バクテリアが繁殖しやすくなります。こまめに水替えをしてください。気になるようでしたら、少量のごく薄く薄めた漂白剤、酢、アルコールのいずれかを入れておくと、バクテリアの繁殖が抑えられます。 お花のお世話、上手にしてあげて下さい。

    トピ内ID:9686080238

    閉じる× 閉じる×

    湯上げ

    しおりをつける
    blank
    湯上げすると元気になりますよ。チューリップや百合は元気になるけれど、今度は早く全部開きって見頃が短くなるので除外して。 湯上げの温度は50度~80度の間で意見はまちまちですが、60度~70度派が多いようですよ。

    トピ内ID:6492909732

    閉じる× 閉じる×

    簡単にできることであれば

    しおりをつける
    🐶
    ハナコ
    ガーベラに限らず、花全般を長持ちさせるには水の腐敗をさせないことです。 水に延命剤を入れたからといって、何日も水を替えないのはやはりよろしくないです。 延命剤をわざわざ買わなくても、台所漂白剤をちびっとだけ水にいれたり、10円玉を入れると銅の殺菌効果で真水よりもバクテリアは発生しません。 他、ヘアピンを3本ほど花瓶の中に入れておくと、長持ちすると以前テレビで見たことがあります。

    トピ内ID:1728086541

    閉じる× 閉じる×

    昔、花好きの母から教わりました

    しおりをつける
    🐤
    チェリー
    ガーベラは、お花の首の部分を持ってはダメらしいです。 確かにそうするとクニャっておじぎをしてしまったので私は気をつけてます。(他のお花は問題なし)

    トピ内ID:4883440631

    閉じる× 閉じる×

    とても参考になります。トピ主です。

    しおりをつける
    🐤
    花屋
    たくさんレスいただいて、ありがとうございます。とても参考になりました。 ストロー!!ですね。針金は何となく頭に浮かんではいたんですが。 添付剤がそれほど役に立たないとは・・・神の様に崇めて(笑)、濁っても水を替えませんでしたが、馬鹿だったんですね。 枝物と花の適正水深、確かにそうですよね。今まで何度もカーネーションの茎が先に茶色くなってぬるぬるしてたのが頭にパッと浮かびました。 茎を洗うのも時々はしてはいたんですが・・・やはり、コマメさがなにより大事ですね・・・。 今ちょうどガーベラ2本がくにゃっなので皆さんのお知恵をそれぞれ試してみようと思います。

    トピ内ID:8697481376

    閉じる× 閉じる×

    花によって手入れはいろいろ

    しおりをつける
    いちりんの花
    ガーベラは湯あげをするといいですよ。 包装紙で包んでから、茎の先5センチほどを熱いお湯に5~10秒浸けます。 そのまま冷水に移して、1時間ほどおいてから花瓶に活けます。 バラは、茎の先を焼きます。 やはり包装紙で包んでから、茎の先5センチ程をガスの火などで真っ黒になるまで焼きます。 包んだまま冷水に移してしばらく置き、活けます。 どちらも、花や葉に熱が伝わらないように気をつけます。 それから、体験的に思うのですが、活けたお花は陽のあたるところに置かない方が良いですよ。花が疲れて傷みが早いですし、花瓶の中のバクテリアも増え方が早くなります。 小菊やトルコキキョウなどは、手で折るのが適していますし、水揚げもお花によってさまざまですね。 水は花瓶にあまりタップリとは入れないで毎日新しい水に替え、その時、花によっては茎の先を少し切るとなお長持ちします。

    トピ内ID:2510800532

    閉じる× 閉じる×

    すぐにまっすぐにピンと立つ方法

    しおりをつける
    blank
    ヨクデル
    ピンと立ちすぎることもあるくらいですが(笑)。 三本の矢がマークのサイダーを買ってきます。 炭酸が抜けるようにコップに注ぎます。 炭酸が抜けきったら、それを花のお水に足して下さい。 そもそもの水の量にもよりますが、だいたいおちょこ1~2杯くらいを目安に。 「まっすぐになりすぎ・・・」 というくらいにまっすぐに元気になりますよ。

    トピ内ID:5331246101

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]