詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    年賀欠礼に対する返事(喪中)

    お気に入り追加
    レス2
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    mochu
    話題
    年明け早々に実父と義母が相次いで永眠しました。 今年の年賀状は、ふたりとも療養中の為、私自身が心身ともに落ち着かず書きませんでした。 先日ふたりともに四十九日を迎え、一つの区切りがついた為、頂いた年賀状に対し返礼を書いております。 時季的に寒中お見舞いではなく余寒お見舞いとして。 例:余寒お見舞い申し上げます   このたびは年頭のご挨拶をお送り頂きましてありがとうございました   ○月○日に ○○○○ 享年○歳   ○月○日に ○○○○ 享年○歳 にて永眠いたしました   ご通知が遅れましたことお詫びいたします   本年も変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます    平成二十五年二月 というものです。 そこで、昨年末に年賀欠礼を頂いた方へはどのような文章で出せばよいか悩んでおります。 通常、年賀欠礼を頂いた場合は気遣いの文章で寒中お見舞いを出すなどすると思います。。。 今回の私の件では、年賀欠礼を頂いて初めて御不幸があったことを知ったのでその内容で書けばよいのでしょうが、 前半に気遣い文を書き、後半は上記文面と同じ年賀状を出せなかったことを書けばよいのでしょうか? スマートで、具体的な文章例を教えていただけませんか?

    トピ内ID:2424685123

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数2

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    私だったら

    しおりをつける
    blank
    mai
    まずは、ご両親のご逝去、お悔やみ申し上げます。 私だったら、こちらの事情には触れず、普通の通りお悔やみの言葉と返信が送れたお詫びを書き入れて出し、事情は後日改めます。 1度で済ませたいというのであれば、 余寒お見舞い申し上げます。 平素ご無沙汰をしておりますばかりに、△△様のご不幸を存じ上げませず、誠に驚いております。 謹んで△△様のご冥福をお祈り申し上げます。 私事ではございますが。 ○月○日に ○○○○ 享年○歳 ○月○日に ○○○○ 享年○歳 にて永眠いたしました。 諸事に追われ、お悔やみを申し上げるのが遅くなりまして、誠に申し訳ございません。 時節柄、どうぞ御身お大切になさいますよう祈っております。 平成二十五年二月 私事では~永眠致しました。は、他の文字より小さい文字で、行の下段のほうに書き入れます。(縦書きの場合) また、年賀状欠礼に亡くなった方のお名前や続柄が書いてない場合は、『平素ご無沙汰をしておりますばかりに、喪中でいらっしゃる事を存じ上げませんでした。 謹んでお悔やみ申し上げます。』 とします。 これで正しいかどうかわかりませんが。

    トピ内ID:8123199639

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    mochu
    早速にありがとうございます。 先方を気遣っているのに、気遣いをさせることになるようなお知らせをどうすべきか、 どういう言い回しがよいのか考えていたらわからなくなり相談させて頂きました。 なるほど!です! いろいろと言葉を並べ立てるからややこしくなっていました。 解決です!!ありがとうございました。

    トピ内ID:2424685123

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]