詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    あの時、離婚しなくて良かった・・・

    お気に入り追加
    レス20
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    りんこ
    恋愛
    というエピソードお持ちの方、教えてください。 ちょっと些細な事で夫婦喧嘩中でして…苛々を沈めるべく、暖かいエピソードや、忍耐力を高める気力をわけてください。 因みに私の母は、30~40代、短気ですぐキレる、子育ても全く協力せず、毎晩酔っ払って帰宅の夫だったけど、50代になってから、驚く程人間がまるくなり、健康に気を配り始め、禁煙・お酒も控えめ、家事も手伝うようになり、とても穏やかな日々だそうです。 「あの頃、離婚してたらどうなってたかなぁ。今こんなに幸せなのはあの時期があったからかも。あの時忍耐する努力もせずに安易に離婚しなくて良かった。今では新婚時より夫の事が好き」なんて言ってます。

    トピ内ID:7383124639

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 8 面白い
    • 5 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 8 エール
    • 15 なるほど

    レス

    レス数20

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    若輩者

    しおりをつける
    さくら
    私はまだ結婚5年目です。 私より両親の話のほうがこのトピ向きです。 父母はとってもケンカの絶えない 夫婦でした。 父は浮気もして母を泣かせた事もありました。 浮気というかかなり深みにはまり 10年余り相手女性に悩まされた末(依存気味な女性だったようです。) 、結局母に戻ってきました。 未だに母は愚痴をいいますが、やっぱり心底好きな 男性は特別なのでしょう。 今は落ち着いた父と一緒にいるのが嬉しい様です。 父も母が大好きな様子。やはり結婚するって、 色々あっても特別な縁があるのだな、と両親を見ると思います。 まあ、浮気は最低ですけど。 大好きな人と結婚したのだから、その縁を大切にして下さい。 今のいさかいも、何年もたてばいい思い出になる、 いい思い出に出来る。それが夫婦だと思います。

    トピ内ID:7999020892

    閉じる× 閉じる×

    今は別れさせる助言ばかりの中良い話ですね

    しおりをつける
    blank
    トテチテター
    アメリカでは夫の携帯を見て浮気を発見し、もめた場合は、実は妻の方が分が悪いのです。浮気よりプライバシー侵害で夫から離婚訴訟されても負けると思います。

    トピ内ID:4026975888

    閉じる× 閉じる×

    歳をとって丸くなった

    しおりをつける
    blank
    ちびまるこ
    主さんの 父上は おそらく 歳をとって丸くなった 或いは 健康が気になる 健康診断か何かで 数値にビックリマークが たくさん ついていたとかで ご自分の将来を案じたのでは? 言われてみて 思えば 家の主人も 30代の頃に比べ 丸くなったかどうかは別として 変なこだわりは なくなったかも。 たぶん 自分のこれから先が見えたのでは? それは 年齢によるものだと思いますよ。 お互い 若いときは 我侭だし元気もあるから 勢いで 離婚!なんて 平気で言いますが ある程度の年齢になると どうなんでしょうね? 熟年離婚なんて 流行ったりしましたが 結構 大変だと思いますよ。 誰かいればいいってもんでもないけれど まあ 長年 連れ添った相棒と 平凡に 老後を送るのも まんざらでもないでしょうね。 おそらく みんな あの時 離婚しなくてよかったと一度は 思ったことがあると思います。 もちろん 私も。

    トピ内ID:1282882476

    閉じる× 閉じる×

    その「忍耐力」、本当に必要ですか。

    しおりをつける
    フキ
    他人の「離婚しなくても良かったエピソード」を聞いても意味無いように思うのですが。 今トピ主さんが我慢することが良いことなのか悪いことなのか、誰にも分かりませんし。 ケンカの勢いで感情的に離婚云々っていうのは、大人の思考ではないように思います。 ケンカはケンカで大いに結構なのですが、そのときの状況や、仲直りの仕方、そのときに発見した自分や相手の一面、などなど、冷静なときにじっくり考えて、今後の人生を熟考するという姿勢のほうが、後悔は少ないのではないかなと思います。 などと言う私は、夫が早まらなかったおかげで命拾いをしたクチですが…。 育児ノイローゼでいっぱいいっぱいだったとき、最大限協力してくれていた夫も、我慢の限界に。 しかし離婚を言い出す勇気もなく、ずるずると先延ばしにしてくれているうちに、ノイローゼも回復し、子どもも徐々に手が掛からなくなり、今では休みの日に仲良くデート三昧です。 相手に不満がある時は、「して欲しいことを自分からする」が鉄則かな~と今は思います。 大体似たような不満を相手も感じてる場合がほとんどです。夫婦は合わせ鏡ですから

    トピ内ID:7577736756

    閉じる× 閉じる×

    それは結果論

    しおりをつける
    blank
    Fortunate1
    逆に言えば、あなたのご両親は、人生・家庭のもっとも充実しているべき二十年近くを夫婦喧嘩・家庭不和で過ごしてきたんですよね?  もしご両親が離婚していたら、もう少しマシな人生だったとは考えられませんか(あの時、離婚して良かった・・・)? 私は自分の限りある人生で、自分のメモリーバンクに、そのような長く辛く忍耐の記憶が残るのはいやです。  いくら結果オーライで今が良くても。

    トピ内ID:8610458819

    閉じる× 閉じる×

    なぜか愛されて無いと思い込んでいた

    しおりをつける
    🐤
    maomao
    一人で傷つき、傷ついた分相手を攻撃して、 本当に不毛な年月を過ごしたと思っています。 ハッキリ言ってトンデモな妻でしたが、 年月たってみれば、むしろ案外いい妻に落ち着いたんじゃないかな、と。 自分でも言うのも図々しいですけど笑。 りんこさんのお父さんはきっと、黙って耐えてくれたお母様の愛に打たれて変わったのでしょうね。 お父様のエピソードにシンパシーを感じて、久しぶりに書き込ませていただきました。

    トピ内ID:9913283356

    閉じる× 閉じる×

    夫の失業中に

    しおりをつける
    🐱
    家猫
    夫が事業に失敗、失業。 私はフリーランス年収700万なのでずっと資金を貸してあげたり家計を支えてきましたが、7年間仕事せずにずっときていたあげくの失敗には我慢しきれず毎日ケンカ。 私にも好きかもしれないと思える人が現れ、離婚する決意をして別居を切り出しました。 新居を決めてさあ引っ越しとなった時....私は信じられないような病気にかかりました。 突然の体調不良で起きることもできず、家事もまったくできませんでした。仕事も無理。そんな時この夫は支えてくれました。朝晩ご飯づくりに子供の世話、病院の送り迎えに車いすを押して薬を取りに行って...。最後には「最後の最後まで一緒にいたい」と。おまけに好きだと思った人は遠距離であてにならず。 結果体調は回復、完全には治りきってませんがなんとか生きてます。あの時無理に離婚しなくてよかったです。今ではこのサポートに心から感謝しています。お互い支え合ってこそ夫婦です。夫の失業中や仕事のない時私は支えました。私が動けなくなった時、彼は支えてくれました。おあいこですね。もうしばらくは一緒にいると思います。

    トピ内ID:4032895345

    閉じる× 閉じる×

    理由によるのではと思います

    しおりをつける
    💡
    味噌らーめん
    どんなに好きで一緒になっても5年10年と夫婦生活をしているとどの家庭でも1度ぐらいは離婚の二文字が浮かぶ出来事があるのではないでしょうか。主さんのお母さんの場合も程度問題ですが、毎晩酔って子育てに協力しないという理由だから我慢できたのでしょう。これが毎晩酔って暴力とかなら離婚せざるを得ないでしょうし。酒飲みの場合は年を取って弱くなったりして飲めなくなるケースは多いと思います。ただし浮気くせやギャンブル体質は中々直らないのではないでしょうか。うちの場合はちょっとした性格の不一致や価値観の違いからよく喧嘩した時期がありました。離婚して新しいパートナーをみつける事もちらっと考えましたが、やはりこういう掲示板の悩みを見ても自分が恵まれた環境にあり離婚しない方が良いという結論になり現在に至ります。やはりその理由によりますよね。

    トピ内ID:5722572740

    閉じる× 閉じる×

    まあ

    しおりをつける
    🙂
    ささ
    お母さんの言う事は正しい。 人間、自分の置かれている状況を幸せだと感じる努力をすれば幸せですし、驕り、ありがたみを感じる事を放置すれば不幸せに感じるでしょう。 なので、お母さんの人生を客観視して「でも、30代からちゃんとした旦那さんの方が良かったよね」とか言っても意味の無いことなんです。 何と比較するかは自由ですが、あれよりはマシとか思いながら耐える事は一つの幸せへの手段である事は間違いない。 まずいもの食えば美味しい物食べたいと思えるし、毎日忙しいから休みが嬉しいわけで、喧嘩するから仲良くしてる時が新鮮で心地よく感じられるとも言えるわけです。

    トピ内ID:8593453279

    閉じる× 閉じる×

    冬来たりなば春遠からじ

    しおりをつける
    blank
    谷風(こくふう)
    こんにちは りんこさん 多くの夫婦の形を見てきました。 仲の良い夫婦、確執のある夫婦が殆どですが、あなたのように「あのとき離婚しなくて良かった」というタイトルは珍しいですね。 私は70代の男性ですが、妻とは半世紀の長きに渡って確執を続けてきました。離婚騒ぎも2.3度ありましたが、今は仲良くなれました。

    トピ内ID:0851738155

    閉じる× 閉じる×

    冬来たりなば春遠からじ 続き

    しおりをつける
    blank
    谷風(こくふう)
    なぜ、そうなれたのでしょうか。 ある時、一人の女性と話をしていて心が通い合った一瞬がありました。そのときの嬉しさ、温かさは忘れることができませんでした。 私はそのときの気持ちを「絆の感覚」と名づけました。 後に妻にも同じ感覚を感じるときがありました。もちろん、シュチュエ-ションは同じではありませんが感覚は同じものでした。これならやってゆけると思いました。 感覚とは文字どうり、頭で考えることではありません。そう感じてしまう、つまり境地のことです。 絆の感覚が分かってしまったのです。 そうして半世紀も妻がそのための縁になってくれたと心から思ったとき、妻も変わってきました。 つまり、結婚、夫婦は互いの修行のために一緒に暮らし、関わっているのです。 離婚が良いとか、悪いとかは一概に言えません。 ただ、離婚しなければ相手が変わる日がきっと来ます。それも真実です。修行が成就するときが来るのです。人間にとって何よりの喜びです。

    トピ内ID:0851738155

    閉じる× 閉じる×

    Fortunate1さんにまるっと同意

    しおりをつける
    blank
    ゆうぞうちゃん
    >あなたのご両親は、人生・家庭のもっとも充実しているべき二十年近くを夫婦喧嘩・家庭不和で過ごしてきたんですよね? もしご両親が離婚していたら、もう少しマシな人生だったとは考えられませんか 全く同意ですね。 私の両親も同じことを言っていますが、子供を産む前に別れていた方がお互いの為に、そしてなにより子供の情操教育の為にもよかったでしょう。 自分たちはいいでしょうが、家庭を選べない子供たちの身にもなってほしいものです。 付けくわえて何年もの鬱屈した不和は少なからず人の精神を蝕んでゆくものです。 私の母自身は気が付いていませんが、寝言で苦しみや罵詈雑言をつぶやいていたものです。一体その言葉は誰に向けたものか?そしてわれ知らずそんな言葉を漏らしてしまうほどの精神的苦しみは、人生において何の意味があったのかと問いたいです。 私の母も現在還暦を迎え、とても穏やかな余生を過ごしています。 しかしその裏側には底の見えない暗い影が広がっているのです。 果たしてそれが幸せだといえるのか?人それぞれでしょうが、私は「いらぬ我慢」などする必要はないと思います。

    トピ内ID:4594455326

    閉じる× 閉じる×

    人によると思います。

    しおりをつける
    blank
    marika
    離婚して新たなパートナーと巡り合い、幸せになった人も沢山います。 私の場合、夫との生活に我慢をし過ぎて身体を壊しました。 原因不明の自己免疫不全で、両手両足に激しい炎症が起き、まともに歩けなかったほどです。 原因が分からず病院をタライ回しにされ、 朝起きると同時に既に身体が疲れていて、毎日が非常にしんどかったです。 それが夫と離婚した途端、ウソのように症状が消え健康の有り難さを噛みしめています。 あのまま我慢して結婚生活を続けていたら、癌か心筋梗塞にでもなっていたでしょう。 今は夫とは正反対のタイプの男性と再婚し、穏やかに暮らしています。 とても幸せです。 夫婦はいろんなパターンがありますし、夫婦になったから=縁がある、などと思いこまないで自分なりの幸せを模索して下さい。

    トピ内ID:4151122729

    閉じる× 閉じる×

    そもそもアルバイトみたいに軽く見てるのが間違い。

    しおりをつける
    💍
    40代後半
    紙切れひとつといえばそれまで、ですが、その紙切れひとつすら大切に扱えないのだから始末に負えませんよね。何をやってもうまくいかないというとオーバーだけど。 うまくいかなければ離婚すればいいっていう考えだから、うまくいかない。一生を添い遂げたいと望むことを願う。自分が起こしたことは大切に扱うべきなんですよね。それでもよくよくなら離婚というのも仕方あるまい。 結構難しいけど。嫌いな人と一緒になったわけではないから、できないこともないはず。 現代人は我儘になっています。(勿論男女とも)我儘をとって離婚するか、我儘をしないで結婚生活を喜びの場として築いていけるかは女の人の人間性にかかってると思います。 女が賢いかどうか。

    トピ内ID:7901980498

    閉じる× 閉じる×

    希望

    しおりをつける
    blank
    sayaka
    親友の両親がとっても仲が悪くて(彼女が小学生の時からずっと)、お父さんには愛人がいたようで家に帰ってきてなかったし、お母さんも一人で家にいるのが嫌みたいで、女友達と海外旅行三昧していて、機能不全家族みたいになっていました。 親友やその妹は家に帰っても誰もいないないので、彼氏の家に入り浸りになってしまってたし、豪邸なのに誰も帰りたがらない家のようでした。 何度も離婚の話し合いもあったそうだけど、家庭内別居みたいな形でかろうじて続いていたみたい。 ところが、60過ぎて今はすっかり仲良し夫婦です。 友達は両親が一緒の部屋で寝ていてびっくりしたと言ってたし、一緒に旅行に行ったりスポーツジムに通ったりもしているようです。 かくいう私も夫とは険悪な夫婦なので、うちもそうならないかな~と長い目で見てます。とほほ・・

    トピ内ID:5931908742

    閉じる× 閉じる×

    嘘つきだけは、忍耐の甲斐はないと思います

    しおりをつける
    blank
    50主婦
    今どんな問題があっても、将来もそのままということはないでしょう。 良くなることもあれば、いっそう悪くなることもありますが、 悪くなってしまったら「ああ、ちきしょう、あんとき離婚してれば良かったー」地団駄!ですね。 良くなってくれれば、お母様のように「離婚しなくてよかった」と、忍耐の過去をそのように肯定的に振り返ることができるのでしょう。 しかし客観的に良くなってくれても、「我慢して良かった」とは実感できない相手がいます。 それが「嘘つき」 「ギャンブル辞めたよ」「浮気なんてしてない」「どこにも借金ない」たとえそれが真実でも、嘘つきの言動って信じられますか。 常に「ギャンブルしたんじゃ」「浮気してるんじゃ」「明日、督促がくるんじゃ」こんな疑心暗鬼にとらわれて、「離婚しなくて良かった」の安堵は死ぬまで得られないですよ。 嘘つきだけは別れることでしか救われないと思います。

    トピ内ID:4014770562

    閉じる× 閉じる×

    私も離婚しかないと思っていました。

    しおりをつける
    😒
    ごまごま
    価値観の違いから、夫のことがいやになり、喧嘩も絶えず、離婚しか道はないと思っていました。 ただ、一人娘のことが気がかりで・・・ そんなある日、なんとなーく見ていたテレビで、「男と女の脳は違う」と。 価値観の違いは当たり前、それをうまく操縦するのが結婚プロデューサーの妻の力量、ということを教えてくれました。 その後、夫に自分の価値観を押し付けて不満を持っていた自分を変えようといろんな本を読んだりして、努力した結果、今の幸せがあります。 あの時離婚を選択しないでよかった。 縁あって結婚し、子供も授かったのだから、もう少し努力することを選んでよかったと、今思っています。

    トピ内ID:7224883318

    閉じる× 閉じる×

    うーん

    しおりをつける
    blank
    ショッパー
    結果の言葉は同じですが、たぶんトピ主さんの望むような展開ではないというか。 父は地位も高く稼ぎも悪く、悪いひとではなかったのですが なんというかまあ、ワガママでした(笑) 父の実家は旧家で、住み込みのお手伝いさんが何人もいて 昔の男なので父には自分で何かをするという感覚がなかった。 それをなんと! 80で死ぬまで貫きました(笑) 母は苦労したみたいです。 元来お嬢様育ちで働いた経験がないので、我慢して我慢して 家族に愚痴を言いながら耐えて耐えて耐えて 父がちょっとした月給に匹敵するほど沢山の遺族年金を 残してくれたので、父が亡くなって 「離婚しなくてよかった(笑)」と母は言いました。ちゃんちゃん。 でも父亡きあと、母の悠々自適な日々は2年だけでした。 今、父の遺影を見てもそれが誰なのか母にはわかりません。 アルツハイマーになってしまったんです。 何十年の辛抱の末が数年の自由・・切ないですよね。 それを思えば耐えたことが正解だったのか、私にはちょっとわかりません。 父と結婚して良かった、という言葉はとうとう一度も聞かなかったので。

    トピ内ID:6390352200

    閉じる× 閉じる×

    一言だけ

    しおりをつける
    blank
    らっきょ兄弟
    子供は親は選べない

    トピ内ID:3065124513

    閉じる× 閉じる×

    自分も一言

    しおりをつける
    blank
    のほほ
    離婚という選択に反対ではありませんが 「離婚して、母子手当・生活保護で暮らせるから」 ってのだけは勘弁して下さい。身も蓋もない言い方をすれば 「離婚しても他人に迷惑はかけない、という覚悟が無ければ我慢して下さい」 これが善良な納税者の気持ちです。

    トピ内ID:7497100796

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]