詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    嫌いなものを食べれるようになるには?

    お気に入り追加
    レス18
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😝
    偏食
    話題
    30代女性です。 お恥ずかしいことに、この歳になっても食べものの好き嫌いが激しいです。 昔は嫌いだった食べ物が今は食べれるようになったという方、どうやって克服したか教えてください。

    トピ内ID:7554162828

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 1 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 6 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数18

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    20代半ば~ですべて克服しました

    しおりをつける
    🙂
    オナジク
    大切なことは ・食材が新鮮で良い状態であること ・美味しく調理されてること ・焦ること(これを食べられないと~な条件を勝手に決める) でした。 子供の頃から好き嫌いが激しかったのですが、 料理上手の主人と出会い、 新鮮で良い状態の食材を美味しく調理して、 私の好き嫌いを直す… 「え~これってこんなに美味しかったの!すごい!美味しい!」 って私がなっていくのが喜びだったそうで、すっかり直りました。 ただ、納豆だけは…どうしてもダメだったのですが、 子供を妊娠し、「納豆からじゃないと摂れない栄養素がある」と、 何気に見ていたテレビで言ってたのを聞いて、 食べなきゃ!と焦り、 子供の前で好き嫌いなんか言えない!と焦り… 大好きなキムチと混ぜることで少しずつ食べれるようになり、 今では大好物になりました。 納豆キムチぶっかけ白ご飯、が無いと朝食食べた気がしません。 好き嫌いがなくなると色々と楽しいです。 キライで結構!と開き直る方はそれはそれでいいと思うし、 好き嫌いを直して、どこ行っても何でも食べれる、食べるの楽しみ!ってのもいいと思います。

    トピ内ID:1588182924

    閉じる× 閉じる×

    まずは濃いめの味でカムフラージュから

    しおりをつける
    🎶
    あらあら
    多少の好き嫌いは大丈夫ですよ。 それに替わる食品で栄養が摂れていればOK もしかすると離乳食時代に豊富な食材を使わなかった結果かもしれません。 つまり食わず嫌い。 他には うに・とろろなど食感嫌い。 ザーサイ・ピーマンなど匂い嫌い。 なまこなど見た目嫌い。 姿を想像する豚足・うなぎ嫌い ただひとりごはんはかまいませんが みんなと食べる時気を使わせますからね。 好き嫌いのない人は付き合いよいです。 でも ステーキ嫌いだったら私となりに座りますのでよろしくね。 というメリットもあったりします。 さてご質問の件 好きな人と オシャレな店で プロの調理で 少しづつ 食べてみましょうか? 無理しないで・・・ 無理だと思ったら 相手の皿の好きなものをほんの少し「これだーいすき、少し頂戴ね」と ぶんどって 「お礼にこれいかが?」と自分のお皿から消す! 自宅でこっそり克服するなら 小さめでカレー味など濃い目の味でカムフラージュし 目を瞑り・・・かまずに食べる。 ご褒美に好きな物をすぐに飲む食べる! 健闘を祈ります。

    トピ内ID:0202743789

    閉じる× 閉じる×

    ほぼ克服しました

    しおりをつける
    blank
    ちぼり
    40代女性です。 幼い頃は小食で、食べられる物を数えた方が早いような子供でした。 でも今は、ゲテモノ料理以外は、何でも美味しく食べられます。 克服方法ですが、まずは自分に対して、 「食べられないものがあるなんて許せない」 という考えを持って下さい。 それから、苦手な食材に少しずつ慣れていってください。 たとえばニンジンが嫌いなら、少量だけ好きな食べ物(カレー等)に混ぜる、といった方法です。 それでも嫌いだと、口をつける気がしなかったり、ニンジンの味を無意識に探してしまいますよね。 ここで、「食べれないものがあるなんて許せない」という、さっきの覚悟が生きるのです。 いわば痩せ我慢(笑) でも、ガッツがあれば、本当に克服できますよ。 私の最後の砦は豆乳でした。どうしても美味しいと思えなくて。 でも、コーヒーに少し混ぜることから始め、今は豆乳だけを美味しく飲めるようになりました。 個人的には、好き嫌いがあってもいいと思います。 周りにそういう人がいても、味覚が鋭敏なのかと思っています。 食わず嫌いと、嫌いな食べ物の蘊蓄語り屋は嫌ですけど。

    トピ内ID:0247841830

    閉じる× 閉じる×

    食べられなくても料理する。

    しおりをつける
    🐱
    しろねこ
    もともと好き嫌いは少ないアラフィフ女性ですが、20代前半頃は酢の物と辛い料理が苦手でした。 当時の彼氏がどちらも好きで食べたがったので、「食べたかったら自分で作れ」と思いながらも作っていました。 美味しく作るには味見が必須。 仕方なしに味見をしていたら次第に慣れて、ついには美味しいと感じるようになりました。 今でも激辛料理は好みませんが、辛いといわれる韓国料理や四川料理も美味しくいただけるようになっています。 最近では豆乳が苦手でいろいろなブランドを試しました。 豆乳そのままでは飲み辛かったので、大好きなコーヒーと混ぜてみたらいいかも?とスタバのソイラテを試したら、これが大正解。 今では自宅でもソイラテを入れて飲むほど、豆乳好きになりました。 アレルギーでなければ、なるべく苦手を克服した方がいいですよね。 本人の味の世界が広がるだけでなく、仕事関係の宴席や友人との食事などでも「あれ苦手」という制約がなくなることで、ぐんと楽しくなると思います。

    トピ内ID:7720645560

    閉じる× 閉じる×

    まずいと思っても

    しおりをつける
    blank
    ぶらんこ
    とりあえず一度口に入れてみる事じゃないでしょうか 嫌いなものって避けてしまいがちですが 味覚はだんだんと変わって来ますから 思っていたよりも結構イケルじゃん、なんて事もあると思います それに昔と今では食材が同じでも育て方によって味が違ったり する事もあります 私は逆に野菜や果物などは甘くなってしまって それが嫌だったりしますが... まずくてやっぱり食べられないと思ってもいいんです でも毎回一口だけ食べてみるんです そうすると案外そのまずさがクセになったりするんですよね(笑 慣れる事が重要なんじゃないかと思います まぁ絶対に無理なものはやっぱり無理なんですけど ある程度は改善されるんじゃないかと思います クセのある食材は良い物とそうでない物で味に 雲泥の差があったりしますから(例えば雲丹とか) 食材選びも重要ですね

    トピ内ID:3146379721

    閉じる× 閉じる×

    2パターン

    しおりをつける
    blank
    食いしん坊
    魚介系は、漁港や島などで新鮮なものを食べると全く抵抗なく食べられて克服というパターン、よく聞きますね。私は刺身がそうでした。刺身全般食べられるようになって本当に良かったです。 それでも克服できなかったイカやエビはただただ努力。10年ほどかかりましたが、イカは克服。でも生のエビはダメです。お茶で飲み込みますが、料理屋のお高いエビをそんな風にして食べるのはもったいないので同席者に譲ってます。 セロリも努力して10年ほどかけてほぼ克服。納豆も努力です。ただし挑戦は3年に1度くらい。それでも、ついに最近お茶でごまかさなくて食べられました。また近いうち食べてみようと思えました。 私の場合、長期戦で努力するが一番あってるようです。でも、どうしても、ひとくちも嫌!なのがひとつだけ残っています。それと生のエビはほとんど諦めています。

    トピ内ID:1194425918

    閉じる× 閉じる×

    ネギとセロリを克服しました

    しおりをつける
    blank
    sarara
    昔からどうしても食べられなかったこの二つを、大人になってから食べられるようになりました。 どちらもクセの強い味ですが、それをやわらげることで少しづつ慣れていき、今ではそのクセが美味しいと思えるようになっています。 セロリは、海外旅行先で炒め物として食べたのがきっかけです。 独特のセロリ臭さがかなり弱まっていて、美味しく食べられました。 その後セロリの浅漬けに激ハマリし、今では生のままでももりもりいきます。 ネギは、臭みの弱いものから慣らしていきました。 私の場合は九条ネギです。 以前京都のとあるお店でお好きなだけお使いくださいと置かれていた刻んだ九条ネギが美味しく、それ以降九条ネギなら食べられるようになりました。 私は納豆が好きなので、納豆に混ぜたりしているうちに九条ネギだけでなく青ネギ、わけぎと広げていき、最近ついに長ネギを購入。 スープや炒め物にもじゃんじゃん使っています。 セロリとネギだったら、こんな方法はいかがでしょうか。 私は、あと残るはグリンピースとシャンツァイです……。

    トピ内ID:3798662928

    閉じる× 閉じる×

    結構偏食でした。

    しおりをつける
    blank
    パンツ
    いろいろ食べられない物がありました、揚げ物もあんまり好きではありませんでしたし魚も好んで食べなかったり。 それが高校卒業するまでの話です。 進学で独り暮らしを始めてやりくりしながら自分の数少ない料理のレパートリーからなんとか食事をして生活しているうちにたまに実家に帰って食べる料理がなんでも美味しく感じられて… 今では食べない物はありませんね。 一応一つの例として。

    トピ内ID:7887539251

    閉じる× 閉じる×

    慣れでした

    しおりをつける
    blank
    くも
    私の場合は、キノコ類だったんですが、慣れれば平気になって、今はおいしいと思うようになりました。 一人暮らしを始めたときに、栄養を気にしていたら、「キノコ類は食物繊維が豊富で、一人暮らしで偏りがちな食生活には必須」みたいなことを書いてあるのを見つけてしまい…。 イヤイヤ口に押し込んでたら、何回かで嫌いだった味が気にならなくなり、普通に食べられるようになりました。 あと、新鮮さとか物の良さも、あったほうがいいように思います。 これは私はカキ(貝のほう)だったのですが、もう全く食べられなかったのに、ある日料亭で、けっこう大ぶりでツヤのあるのが出て、これはチャレンジしてみようかな?という気になりました。 そしたら、苦みとかが全くなく食べやすくて、おいしいおいしい!ってバクバク食べちゃいました。 カキは今でも、あんまり食べたくないものではありますが、おかげで出てきても平気で食べられるようになりました。 年齢とともに、だんだん舌が敏感じゃなくなって、逆に味のコンビネーションとかは理解できるようになってくるので、トピ主さんの場合も、そろそろ大丈夫じゃないかな?と思いますよ。 がんばって♪

    トピ内ID:2323065968

    閉じる× 閉じる×

    29才から克服

    しおりをつける
    🐷
    ゲテモノも平気よ
    「不味いのは一瞬で終わるけど、美味いのは一生楽しめる」 夫と初デートの時に、酷い偏食(食べず嫌いが多かったかも)を告げた私に言ってくれた言葉です。 「前に食べて不味かったのは、良い食材が使われてなかったり、味付けや調理法が好みじゃなかったのかも。でも、今日のは美味しいかもしれないよ」とも。 美味しいと感じられる物が、ドンドン増えていくと楽しいので、次々と挑戦したくなります。 「ギャーッ、不味い!」って時もありますが、それも楽しんでます。 イクラだけは、どうしても食感がダメなので、諦めましたが。 アレルギーが無ければ、果敢にチャレンジしてみてください♪ 世界が広がりますよ。

    トピ内ID:2140833125

    閉じる× 閉じる×

    まずは原因究明から

    しおりをつける
    blank
    ぴゃー
    深く考えたわけではないですが、嫌いになったのにもたいてい原因があるので、その原因からアプローチしました。 臭いが嫌い→臭いがきついものと合わせてごまかす 子どもの頃に食べて具合が悪くなったトラウマ→「私はもう大人だ。負けるもんか」と自分に言い聞かせる 親の味付けが合わなくて嫌いになった→美味しそうな料理法を調べて自作 納豆、ピーマン、セロリはこれで克服できました。 結構、「嫌いだと思い込んでる」だけのこともあり、勇気を出してつまんだら食べられたことも多かったです。子供の頃と味覚も変わってるんでしょうね。

    トピ内ID:3930179426

    閉じる× 閉じる×

    私もですよ

    しおりをつける
    blank
    moa
    1.嫌いな食べ物を美味しく調理したものを食べる (美味しいお店で食べてみる) 2.鮮度の良いものを食べる 3.久々に食べたら意外と美味しい 克服というよりも、子供の頃の方が味覚が敏感なので、 たとえば苦み、エグさで嫌になるケースが多いですよ。 何が好きなのか、嫌いなのか?教えて頂けると、 「○○で食べられるようになりました」とか 「△△にすると美味しくなりますよ」など もっと具体的な案が集まると思いますよ。 ちなみに私は納豆と10年くらい格闘しましたが、、、、 駄目でした。

    トピ内ID:1913605550

    閉じる× 閉じる×

    大人になったら

    しおりをつける
    blank
    ダンカン
    子供の時は偏食で怒られてばかりいました。 大人になったらだんだん何でも食べられるようになりました。 味覚が変わったのかどうかはわかりません。 一説によると子供は舌が鋭敏だが、大人はそうでなくなるからと。 だから今食べてみれば案外食べられるのではないでしょうか。 でもそれでも駄目なら無理して食べなくても良いと思います。 納豆が嫌いだけど無理して食べるって人が良くいますけど、会食とかには出ないから食べられなくても恥ずかしくないし、他にも栄養価が高いものはあるし、なんでそうまでして食べたいのか分かりません。

    トピ内ID:8342515530

    閉じる× 閉じる×

    徐々に慣れました

    しおりをつける
    🐱
    とも
    私も、小さい頃は好き嫌いが激しかったです。 カレーすら、ダメでした。 でも、中学生になって部活で身体を動かすようになったら、たちまち大好きになってしまいました。 ピーマンも大の苦手でしたが、これは高校の時に、母が毎日お弁当に入れてくれたおかげで、いつの間にか好きになってました。 ケーキは、バタークリームのケーキが小さい頃大嫌いだったのですが、生クリームのケーキを食べて、ケーキの美味しさに目覚めました。 調理方法を変えてみるとか、味付けを変えてみるとかして、 とにかく場数を踏んでいけば、慣れると思いますよ。 それと、余り気構えずに楽な気持ちになるのも、いいと思います。 無理なら無理でも、いつの間にか食べられるようになるかも。 楽な気持ちで、頑張ってみて下さいね。

    トピ内ID:5223102017

    閉じる× 閉じる×

    食べられる日がくると思う

    しおりをつける
    🐤
    ぴよひよこ
    嗜好が昔と変わってきて、段々、自分の味覚にあってくるものもあったり。 こっちの味覚が鈍ってるのかもしれませんが、食べられるようになったものがあります。しかも今は好物だったりして。 私の代表的なものは、ねぎです。 昔はねぎなんて、薬味なんて、いらないって思ってたけど、 嗜好がかわったのか、大人になったのか、今はなくてはならないものに。 特にねぎをただ焼いて塩をふりかけて食べるなんてものを、今は好んでたべます。 親が好き嫌いはあかん。と言って自ら何でも食べてました。 ただし、素材が良いものじゃないと美味しくないといってました。 魚とか、肉とかだと、とにかく美味しい素材のものを食べるしかない。 野菜は、嫌いな野菜を自分で育てるとたべられるようになるそうですよ。 『私はこれ嫌いだから』って言って一切口にしない人にはならないでくださいね。 アレルギーじゃない限り、例えば人からすすめられた物は、一口くらいは食べてみてください。 もしかしたら、あれ?美味しい・・・っていう出会いがあるかもよ。

    トピ内ID:3401980104

    閉じる× 閉じる×

    私の場合は

    しおりをつける
    🐱
    猫だるま
    他人が大げさに「美味しい」と本当に美味しそうに食べているのをみて、洗脳された感じです(笑) 影響受けやすいんですよね… ただ、味や臭いが直結で「具合悪い」とか「気持ち悪い」「マズイ」に繋がったものは今でも克服するどころか視界に入るだけでも具合悪くなります。

    トピ内ID:4682330537

    閉じる× 閉じる×

    嫌いな食べ物は食べない方がいい。

    しおりをつける
    blank
    lemon
    反対の事言うので申し訳ないですが。 人は子供の頃は自然と、自分の身体に合わない物を知っていてそれで好き嫌いというものができます。 それを無理に食べさせると体調が悪くなったり身体能力が下がったりするんです。 なので食べない方がいいですよ。 好きな食べ物を食べ、また毎日食べた物を記録に取っておくといいです。 それを食べた時に頭の働きがよくなったり、身体が軽い時があったらそれも書いておくといい。 自分が調子がよくなる食べ物を摂る、それがいい食事習慣です。 ちなみに私は野菜が合わない。 それでも肌がカサカサする事はないし便秘知らずです。 人がいう「これがいい」なんて物を食べて却って身体を壊していたら本末転倒ですよ。

    トピ内ID:9092491433

    閉じる× 閉じる×

    創作料理でたべるとおいしかったり

    しおりをつける
    blank
    まぐまぐ
    わたしも偏食です。 以前、バイト先の忘年会でカニが食べられないことを告げたら 「親の教育が悪い」といわれ、偏食であることは恥ずかしいことなんだなと思ったことがあります。 (アレルギーではなくて、単に嫌いなだけだったので) なので、吐くほど嫌いなものでない限りは、外食では口に入れるようにしています。 どうしても無理なものは、こっそりよけて残しますが…。 嫌いな食材でも、口に入れた時吐き気を催すなど、体が受け付けないものでなければ 調理次第で食べれるようになることが多いです。 創作料理のお店などでは、いろいろアレンジしてありますよね。 私は、和食より洋食になっていたほうが、子供の頃食べようとして食べれなかった食材と イメージが違う味になっており、おいしく食べれることが多いです。

    トピ内ID:7226682606

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]