詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    プリンス・エドワード島に行きたい。

    お気に入り追加
    レス23
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ゆう
    話題
    学生の頃読んだ、赤毛のアンシリーズを読み返して、いつか行ってみたいと思うようになりました。実際に行かれた事のある方のお話、なんでも良いのでお聞かせ願いますでしょうか。よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:7882554013

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数23

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    昔の話ですが

    しおりをつける
    🐧
    Phill
    ゆう様こんにちは、 私はPEIの近くの州に住んだことがありましてグリーン・ゲイブルズを含むいくつかのアンのゆかりの地を訪ねる機会に恵まれました。 私が印象に残ったのは、海岸に立つ赤い屋根の白い灯台(アンの映画にも出てきますね)やお土産屋さんにならんだアンのグッズなどです。 私はこれだけでもうかなりテンションが上がってしまいました。 お勧めしたいのは赤毛のアンの本をぜひ持って行ってみてください。 ああ、ここがあの~なのかと実際にアンの世界にいる気分になれていいですよ。 アンのミュージカルも必見です!! 食べものはロブスターはぜひ召し上がってください。その他クラムチャウダーなどのシーフードもおいしかったですよ。 一つだけ注意することは場所を移動する交通がとても不便だということ。 多分現地ツアーなどに参加されたほうが効率よく周れますよ。 季節はやはり夏がいいですね、正直時期10月以降は寒すぎます。 どうか楽しいご旅行を!!

    トピ内ID:6621677314

    閉じる× 閉じる×

    とても素晴らしかったです

    しおりをつける
    🐧
    はるみ
    3年ほど前に母と「ターシャ・テューダーの庭と赤毛のアンを巡る旅」というツアーで行ってきました。 赤毛のアンも愛読書だしアニメも見ていましたが、実は私たちはターシャさんのファンでお庭の見学がメインの目的でした。 PEI(プリンスエドワード島の略)は申し訳ない言い方をすればせっかく北米まで行くしカナダにもついでに寄るかな、といった感じでした。 しかし、行ってみると、カナダそしてPEIの自然の美しいこと!作者のモンゴメリの生家や働いていた郵便局などをめぐるうちにすっかり魅了されました!お墓にもお参りしてきました。 特に物語に出てくるアンの家は思いっきりそのまんまです。アンのお部屋やキッチンなどなど!小説の世界に入り込んだようでした。 湖や恋人たちの道・・・でしたっけ?ほんとに物語の通りに実在します。湖の美しさは今でも思い出しますよ。 全く期待を裏切りません。アンのファンなら絶対に行くべきです。 追記:私たちが行った時はちょうどお休みだったのですが、普段はシャーロットタウンで赤毛のアンミュージカルを上演しているそうです。ガイドさんもオススメだと言っていました。

    トピ内ID:6759591240

    閉じる× 閉じる×

    1週間ホームステイしました

    しおりをつける
    blank
    ゆみ
    私も赤毛のアンが好きで、13年前に行きました。 現地の語学学校でホームステイ付きのプランでした。 がっちり勉強と言うことはなく、半日授業、半日アクティビティ(観光、アンミュージカルの観劇、カヌー等)とお楽しみ盛りだくさんのプランでした。 ホームステイは私の会話力、コミュニケーション力が未熟なため、アン気分が味わえるまで交流は出来ませんでしたが、でも日曜は教会にご一緒させて頂いたり、貴重な体験ができましたよ。 もちろん普通の旅行でも良いと思います。 今は道路は舗装され、馬車ではなく車が走ってますが、島の美しくのどかな風景は今も当時も変わりません。 本当に土が赤いのも行かなければ見られません。 お土産をたくさん買ってしまいました。 このトピを読んで、ゴグとマゴグの塩、胡椒入れを仕舞ってたのを思い出しました。後で探さないと。 とても素敵な所です。3人の幼児の世話に追われる今は無理ですが、またぜひ行きたいです。

    トピ内ID:3230735527

    閉じる× 閉じる×

    行きたいですね~。

    しおりをつける
    😀
    ririko
    わたしも行きたいです。 かつて少女時代には、赤毛のアンの世界観に憧れてカナダのプリンスエドワード島に行きたい。と思っていました。 今もですが、まだ行けてません。 行ったこと無いのに、思わずコメントしてしまいました・・・。

    トピ内ID:1969689815

    閉じる× 閉じる×

    私もいつか

    しおりをつける
    blank
    あんこ
    いつかは行ってみようと思いながら実現できずにいます。私は子どもの頃見たアニメで憧れるようになり、ミーガンフォローズの映画でさらにそれが強くなりました。 Phillさんの住んでいらしたのはノヴァスコシア州でしょうか。以前そちらの出身の先生に英会話を習っていました。レストラン「レッドロブスター」はその近海で獲れたロブスターを空輸していると聞きました。そして今ではプリンスエドワード島は橋でつながり陸路で行きやすくなったらしいです。 それでもやはり遠いところなので少しでも若いうちにたずねてみたいです。一人旅で泊まりはB&Bで時期は7月くらいが理想的でですがまだ妄想段階です。 お互いにいつか行けるといいですね。

    トピ内ID:0322383278

    閉じる× 閉じる×

    シーズンオフは注意!

    しおりをつける
    🎶
    ルビー
    私も赤毛のアンシリーズが好きで、5年くらい前に行きました。 6月に行ったのですが、シーズンオフでミュージカルが見られませんでした。シーズンオフは地元の人の暮らしを知るのにはいい季節かもしれませんが、アンの世界に浸りたいならやはりシーズン(7~9月くらいかな?)に行った方がいいかもしれません。シーズンのみかもしれませんが、日本人夫婦の経営するB&Bもできたようです。 本土に繋がる橋の近くのお土産屋さんでアンのコスプレ(小説の冒頭、アンが駅でお迎えを待ってるシーンを再現)をさせてくれるサービスがありました。三つ編みのついた帽子と洋服を借りて自分のカメラで写真を撮ります。5年前は2ドルくらいでした。値段も安いしいい記念になり、オススメです。

    トピ内ID:2626707026

    閉じる× 閉じる×

    早速のお返事ありがとうございます。

    しおりをつける
    🙂
    ゆう
    Phill様 色々と情報ありがとうございます。行くときは、本を持って行って、アンの世界に浸りたいと思います。中学生の時に友人が、アンの島が実際にあるといったのが、知ったきっかけです。

    トピ内ID:7882554013

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    ツアーでしたが

    しおりをつける
    🎂
    バター
    母と行きました。16,7年前です。私は興味が無かったのですが、母がアンが大好きでしたので、親孝行のつもりで。 当時は個人で行くには情報があまりなかったので、たまたま相談した旅行会社で紹介していただいたツアーに参加しました。 ナイアガラのおまけにくっついていたような日程だったのですが、おかげで参加者は私達だけで至れり尽くせりでした。 作者のお墓や、アンの家を訪れました。当時はアンの家も素朴で、観光客もまばらでした。 すっかり感激した母が次は紅葉の時期にと(私達が訪れたのは5がつでした) 2ー3年後の秋に一人参加でまたツアーで行ったところ(その時は プリンスエドワード島へ行くツアーが普通に見つかったそうです)アンの家と周りがすっかり整備され、お土産物屋さんまで出来ていたそうです。 私が行った時は、アンのお土産が欲しくても何も無かったので、ファンの方には嬉しいかと。 島の方達も素朴で、食べ物(ロブスターが特に)美味しかったです。

    トピ内ID:5839444026

    閉じる× 閉じる×

    すみません。

    しおりをつける
    🐱
    エマ
    何かの参考になることではありませんが。 10年程前、自分の意志ではなかったのですがPEIに行く機会に恵まれました。 ヨーロッパ、アフリカ、アジア、色々旅行の経験はありましたが、 PEIはそれまで行ったどこよりも素晴らしく感じました。 それから数年間は私的PEIフィーバーという感じ。 学生でしたので、留学する術はないかと考えたり、 PEIが舞台のアボンリーへの道というドラマの録画を繰り返し見たり。もちろんアンも! ただ、PEIの何にそこまで心を動かされたのか、それは謎なんです。 それが説明できないので、何の参考にもならなくて申し訳ありません。 でもとにかく感動的な場所だったことだけは確かです。

    トピ内ID:8316893311

    閉じる× 閉じる×

    私も聞かせてください!

    しおりをつける
    blank
    うさ
    今ちょうど赤毛のアンシリーズを読み返していて、いつかプリンスエドワード島に行きたい!と思っていたところだったので、思わずレスをしてしまいました。 (情報提供ではなくてすみません。) 私もぜひお話を聞かせて欲しいです。 よろしくお願いします! 赤毛のアン、何度読んでもいいですよね。 独身の頃は「アンの愛情」が大好きだったのですが、結婚して子供ができてからは「アンの友達」や「アンの幸福」、「アンの娘リラ」もそれまで以上に好きになりました。 読み返すたびに新しい発見があってわくわくしますね。 次回は旅行(いつ行けるかわかりませんが・・・)の予習がてら読んでみようかな。

    トピ内ID:9106984417

    閉じる× 閉じる×

    う~~んと昔に

    しおりをつける
    blank
    わんわん
    20年以上前ですが、カナダ周遊旅行中に立ち寄りました。 バンクーバーまでの往復チケットと8枚つづりの周遊券を利用で、その前の立ち寄り先はハリファックスでした。 当時はインターネットなんてなかったので、旅程は地球の歩き方と航空会社から取り寄せたタイムテーブルで組み立てましたが、ホテルまで手が回らず宿はどこも現地調達(笑)です。 P.E.I.は空港でレンタカーを借りて島を一周したのですが、ちょうど良い感じのレストランがあったので、そこまで歩いて行けるモーテルの「空き」の看板を見つけ、宿決定♪ シーズン直前の6月でしたが、とにかく寒くて思わずヒーターのスイッチを入れたのを覚えています。 部屋には「室内でロブスターを食べないで!」の張り紙がありましたっけ。 もちろんディナーはレストランでロブスター♪ 青い空と赤い土、まるで絵にかいたような景色の中のドライブは最高で、 途中見つけたジャムのお店や牛の絵が可愛いシャツのお店(ソフトクリームも)など、、、 赤毛のアンというより普通に観光でしたが、また行きたいです。

    トピ内ID:0073141001

    閉じる× 閉じる×

    素敵です。

    しおりをつける
    blank
    コハル
     アンは世界で一番美しい島と言っていましたが、誇張ではなく本当に美しいところでした。畑も家も道も物語から抜け出てきたようです。  私は「赤毛のアンの島へ」という文庫を持っています。写真がたくさんあって、ホテルやレストランの情報も載っていてガイドブックとしても使えました。ずいぶん前の本なので情報は古いし、本自体まだ売っているか分かりませんが、写真を見るだけでもうっとりなのでお勧めです。

    トピ内ID:1758877754

    閉じる× 閉じる×

    25年以上前

    しおりをつける
    blank
    おばさん
    25年以上前に行きました ちょうど、カナダのテレビ局の4時間ドラマとして放送されたものが日本では映画としてが公開される前後だったとおもいます プリンスエドワード島に、橋がかかる前です。 フェリーでPEIに渡るとそこからシャーロットタウンまではバスなのですが、シャーロットタウンの到着場所は、元駅でした。 その頃は今のように簡単にホテルなどの予約も出来ないころでしたが、バスの到着時間を見計らって、B&Bの人が客引きをしていたので、とまるばしょもすぐにみつかりましたね。 B&Bのご主人は「日本人は礼儀正しいし、信用できるから、 お客さんだけ残してちょっと出かけて用事を済ますことも可能、 いつも日本人に声をかける」といっていました。 今でも日本人はそう思ってもらえるのでしょうか。 アンのミュージカルも見て、 アン、モンゴメリーの由来の地を回るツアーにも行きました ツアーのお客は20代の日本人女性ばかり、会ったばかりなのに、共通の話で盛り上がれる楽しさ、中学生か高校生かというのりだったとおもいます。 アンはファンを一瞬のうちに友達にしてしまう不思議な魔力があるんだなぁと思いました

    トピ内ID:7982606830

    閉じる× 閉じる×

    ゆう様、あんこ様

    しおりをつける
    🐧
    Phill
    ゆう様お返事ありがとうございます。 このトピのおかげでPEIを思い出すことができました。 あんこ様、私が住んでいたのはNew Brunswick 州です。 今ではPEIへ橋がかかっていますが私がいた頃はフェリーで渡りました。 N.Bにもまさに赤毛のアンの世界が垣間見られるような所でして、私がいた20年ほど前は近所のおばあちゃんたちが集まってパッチワーク(いわゆるアンの嫌いなツギモノ)なんかしていました。 クリスマスにいただいたキルトの掛布団は今でも宝物です。 土曜日の朝には市場がでて手作りのジャムやアップルパイ、アップルサイダー、手芸品などが農家の人たちによって売られていました。 リンゴ畑の近くに住んでいたのでアンを気取ってリンゴを取らせていただいたこともあります。 もぎたてのリンゴのおいしかったこと。思わずアンがダイアナをお茶に招いて酔わせてしまったシーンを思い出してしまいました。 春には日本の桜のように白いリンゴの花が一面に咲くんですよ。 思い切ってPEIへ行くことをお勧めします。ぜひ楽しんでほしいです。

    トピ内ID:0359009684

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    🙂
    ゆう
    皆さん、たくさんのレス感謝いたします。まとめての返信となりますことをお許しください。 実際に行かれた方、本当に本にあるように素敵な所なんですね。島関連の本なども購入して、勉強します。ありがとうございます。引き続き、情報教えて頂けましたら嬉しいです。

    トピ内ID:7882554013

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    出遅れましたが・・・

    しおりをつける
    🐶
    はぴー
    20年近く前、ツアーを探しあてて行きました、 6月末日出発でした。 気候のよさと、 サマータイムの恩恵をまるまる楽しめる、 とてもよい時期です。 日の出が3時頃で、夜の10時を過ぎがまだ夕方感覚です。 現地に2泊したように記憶しておりますが、 まるまる一日のフリータイムが「日曜日」にあたり、 クリスチャン社会では安息日。どこもかしこも「休業」でしたが、  (今はもう変ってるかもしれません) ツーリストの現地係員さんに頼んで 日曜日でも営業している牧場を探してもらい、 乗馬を楽しみました。 ホテルからタクシーで片道1時間近くかかりましたが 乗馬賃はなんと6ドル。 しかも(隊列をなしてですが)利口な馬は初心者をのせて カポカポ散歩してくれたんです、森の中を、たぶんこれも 1時間くらい。 こういう遊びは日本では出来ないんですよね~。 PEIに限らずカナダでは、 手軽なお値段の乗馬体験が可能ですので、ぜひ。 あ、たぶん、今でも、日曜日以外のほうが、 営業してる牧場は見つかりやすいと思います。

    トピ内ID:0489902257

    閉じる× 閉じる×

    4年前に行ってきました

    しおりをつける
    blank
    旅行好き
    2009年のGWに夫婦でPEIへ行ってきました。 個人手配で現地ではレンタカーで回りました。赤土の海岸線は印象的でした。 季節的にはGWの頃はまだまだシーズン前で、ミュージカルの公演などもやっていませんでしたが、アン関連の博物館等はやっていて回ることができました。でも、PIE訪れるなら7月以降がお勧めだと思います。 ロブスターは5/1が解禁で、ちょうど解禁直後のロブスターを堪能することができました。ロブスターもお勧めです。ロブスター目当てでやってくる人々も多いようで、帰りのトロント行きの飛行機はライブロブスターの箱を荷物で積み込んで持ち帰る人も結構いました。 日本からだと遠いのが難点ではありますが素朴でとてもステキな島だと思います。

    トピ内ID:7410678028

    閉じる× 閉じる×

    田舎に帰ったようなところ

    しおりをつける
    🐱
    アンドレ
     一昨年の秋に2度目のPEIに行きました。最初は妻の希望でしたが、すっかり気に入ってしまいました。  2度目なので来たーというより帰ってきたーという感じの場所で、海外旅行中独特の緊張感がなくなってしまいます。  今回は、4日間、キャベンディシュのコテージ、レンタカーを借りて島中をめぐりました。アンゆかりの場所以外にも、灯台や海岸など綺麗なところがたくさんですので、レンタカーがお勧めです。  あと、ロブスターは1人1匹がお勧め、一緒に出るムール貝は食べ放題なのではあまり食べすぎないことですかね。  COWSのアイスとチョコチップスは絶品です。

    トピ内ID:7470058231

    閉じる× 閉じる×

    15年ほど前に行きました。

    しおりをつける
    🐤
    ちっちプー
    以前アメリカの大学に留学中に知り合った彼氏がたまたまPEI出身で、夏休みを利用して遊びに行きました。 PEIは本当に素晴らしいところです!人は優しく、自然が美しく、何と言ってもあの赤茶色の土の道が素敵で印象に残っています。赤毛のアンの家にも行きました。家の中には田舎の雰囲気が漂っていて暖かく感じました。 余談 たまたま彼と一緒に閉店前に入ったレストランは、既にお客さんはいなく、でもまだろうそくが各テーブルについていて、とてもロマンチックでした。そんな静かで落ち着くお店で味わった雰囲気とロブスター料理は生涯で最も美しいディナーとしていつまでも忘れられません。 私のPEI体験のオチは、帰り際に彼とうまくいかずに別れてしまい、ぼうっとしながらPEIをドライブしていたら、先方の曲がり道が見えず、やっと見えたときには曲がりきれずにに土手に逆さまに落ちたことです。夜だったのに近所の方々が集まってきてくださり、警察が来てレッカー車を呼んでくれて、事故現場の角の家に一晩泊めてもらいました。そこの家がまた可愛く、アンティークなティーカップに紅茶をいただいておしゃべりをしたのも良く覚えています。

    トピ内ID:0272817658

    閉じる× 閉じる×

    今年行きました。

    しおりをつける
    blank
    コア
    友達には内緒にしていますが、実は「赤毛のアン」のコアなファンです。今年の5月、急にどうしても行きたくなって調べたところ、島はゴルフ天国だとわかったので、ゴルフ好きの夫と二人で6月に行ってきました。 行って、本当に良かったです。本当に本当に、どこよりもきれいな所でした。誰もいない海岸、農場、道路、住宅、すべてが美しかったです。普通なら、農家や牧場も、裏には農機具が雑然と置かれていたりしますが、PEIでは、そういう家が文字通り一軒もありませんでした。 事前に慌ててダウンロードした「赤毛のアン」を飛ばし飛ばしに読んでいろいろ思い出し、行く道すがら夫に話し続けたので、思いがけず、夫も一緒に楽しんでくれました。レストラン選びでは運悪くハズレばかりでしたが、それを補って余りある楽しい観光(とゴルフ)ができました。 Halifax空港まで飛行機で、そこからレンタカーで行ったのですが、最後にHalifaxで訪れたお寿司屋さんが美味しくて安くて感激しました。 ご参考まで。

    トピ内ID:1252837716

    閉じる× 閉じる×

    私も行くのが夢です。

    しおりをつける
    💤
    アラ還
    すみません。行きたいのでレスします。 私は、アンとターシャの庭を巡るツァーに参加したいと思っています。 無謀ではありますが、私もアンの姿で写真を撮りたいです。勿論、後ろ姿でいいんです。 テーブルの上には、赤毛のアンの手作り絵本・誰も知らない赤毛のアン・赤毛のアンの生活辞典を置いています。 まだ行ったことのない皆さん、いつか夢を叶えましょう!

    トピ内ID:7670171992

    閉じる× 閉じる×

    アラ還様へ

    しおりをつける
    🐤
    みい
    >無謀ではありますが、私もアンの姿で写真を撮りたいです。勿論、後ろ姿でいいんです。・・是非、写真撮って下さい!!後ろ姿なんて言わないで。 私もとても憧れて、4回行ったうち、2回撮りましたよ。ツアーで行くのでしたら、その中にキャベンディッシュ・フィギュリンに立ち寄りがあれば、間違えなく無料で撮れます。店内には老若男女の沢山アンの恰好した人達の写真が飾られてます。70歳近い男性のアンの恰好の写真も。皆さん、自分のカメラで撮るので、プリントしたのを飾ってほしいとお店に送ってくるそうです。 そしてトぴ主様 どんな事でも良いとの事でしたので少しでもお役に経てば・・・。 すみません。

    トピ内ID:3552521022

    閉じる× 閉じる×

    みいです。続きです。

    しおりをつける
    🐤
    みい
    プリンスエドワード島は意外と広いです。3日もあれば十分という人もいますが、もし時間に余裕があればもう少し滞在期間を長くした方が良いと思います。 ここから下は、トぴ主さんも御存じだったらすみません。 島には、2つの日本人専用の旅行会社があります。楽しいオプショナルツアーも沢山あります。もちろんアンツアーも両社にあります。ただ、絶対つまらないパターンは、シャーロットタウンに連泊してアンツアーに参加する事です。ツアー事態はガイドさんの説明も聞けて参加するのは良いのですが、必ず、キャベンディッシュで最後は降ろしてもらって、そこへ泊まれば、翌日は朝からゆっくり、個人でグリーンゲイブルズやお化けの森・恋人の小怪を散策できます。ツアーのみのグリーンゲイブルズや森の散策はちょとキツイです。 あと、確か7月8月以外のグリーンゲイブルズは曜日によっては空いていない場合がありますので注意を。 私はいつも「セレクトツアーズ」さんにお世話になっているのですが、こちらへ問い合わせれば、どんな些細な事でもメールで答えてくれますよ。 きっと夢がかないますよ。

    トピ内ID:3552521022

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]