詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 【駄&バカ】地球の自転スピードは変えられる?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    【駄&バカ】地球の自転スピードは変えられる?

    お気に入り追加
    レス43
    (トピ主11
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ぽこ
    話題
    物理と天文関係が全く判らないまま、社会人になってしまった40代女性です。
    バカげた質問ですが、勢いで投稿させて頂きます。

    地球上の全ての地域(海も山も含む)に、等間隔に深い支柱を立て、
    そこにジェットエンジンレベルのものを設置して、
    地球の自転方向に沿って、もしくは反して、一斉に噴射したら、
    地球の自転スピードは変わりますでしょうか。

    はい、本当に恥ずかしいです。すみません。
    恥を承知で続けさせていただきますと、
    それだけのジェットエンジンを動かすエネルギーをどこから調達するのかや、費用、
    国境問題、地盤の固さ、支柱が耐えられないなどの要素は含めずに考えて頂けますでしょうか。
    地球では無理があると思われるのでしたら、架空で地球と同レベルの惑星(大きさや大気の状況が同じ)を想定して頂けると助かります。

    私の考えだと、「自転のスピードは変わらない気がする」のですが、何の根拠もありません。
    反作用、抵抗などの言葉は浮かんでも、説明はできません。
    自転が遅くなるなんて(もしくは加速するなんて)ありえないとは思うのですが、
    「ありえない」でバッサリ切り捨てるのもどうかと思いまして、投稿させて頂きました。

    丁寧に説明していただいても、理解できるかは心もとないのですが、どなたか教えて頂けないでしょうか。

    トピ内ID:5345554935

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数43

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (11)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  43
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    確か・・・

    しおりをつける
    blank
    ねこ
    スーパーマンは地球の周りを逆向きにぐるぐる飛んで時間を戻しましたよねぇ。

    というわけで、「地球が逆回転して時間が戻る」と思いたいです。

    も少し頑張って自分で考えてみるに、飛んでいる飛行機が逆噴射するようなものなので、自転は遅くなるんじゃないでしょうか。だって地球ってピューンと飛んでいたところを太陽の重力に捉えられて絶妙のバランスで公転する羽目になったんじゃありませんでしたっけ?自転はその時の勢いで回ってるだけかと思ってたんですが。それに確か自転は徐々に遅くなってきていると聞いたことがあります。遠い将来、遅くなりすぎて太陽に引き込まれてしまうんですよね?

    トピ内ID:8257451678

    閉じる× 閉じる×

    噴射したガスはその後も地球の一部ですか?

    しおりをつける
    blank
    物理が専門
    角運動量保存則というのがありまして、それがどういう理屈で成り立つかは置いておきますが、それを感覚的に捉えた結果「変わらないのでは」と思うのかも知れません。

    この法則が成り立つための条件があって、この場合には地球本体と噴射したガスの両方を含めた全体で角運動量が保存します。けれどもガスを宇宙空間に放出してしまって、もはや地球の一部ではないと言う状況にすれば、地球本体の重量はその分軽くなってしまいますが、地球本体の角運動量を変えることができます。地球の自転を早めるためには、西向きに噴射すればよろしい。
    その他に角運動量と角速度の違いに着目した方法もあります。角速度の方が通常考える自転の速度でしょう。つまり「一日に一回転」と表現するのは角速度です。回転軸から遠いと同じ角速度でも角運動量は大きくなるので、ガスが大気圏内に戻らずに人工衛星の静止軌道に止まるようにすると、自転軸からの距離が増えた分、回転の角速度が小さくなります。
    大地震でわずかに自転が速くなるというのは、地球の形が変形して自転軸に近づいたため、角速度が大きくなったと言う仕組みです。その前後で角運動量の方は変化していません。

    トピ内ID:8634088706

    閉じる× 閉じる×

    正解!

    しおりをつける
    blank
    ないしょ
    そのやり方では変わりません。昔大学で航空学を専攻していました。今は違う分野で理系の研究者をしています。

    ぱっと考えただけですが、支柱の長さがわからないと答えられないはずの問いなのですが、「ジェットエンジン」という事からして、空気を前方から取り入れて後方に噴き出すものと考えました(支柱は宇宙へ届くほど長くは無い)。すると地球はジェットエンジンの押す方向へ、地球の周りの大気がその反対へ動きますが、宇宙に浮かんでいる「地球+大気」の球自体が宇宙に対して何もしていない事がわかります。したがって「地球+大気」の球合計の自転には影響がありません。地球と大気は摩擦でそのうち最初の状態に釣り合うので最終的には地球の自転は変わらないと言えます。逆に、一時的になら、大気が凄い暴風のように地球の周りを回転し、その分だけ地球の自転が変動するという事も言えます。

    ジェットエンジンではなく、ロケットエンジンで、噴射したガスが地球+大気の球から永久に離れていく状態では「地球+大気」の球合計の自転に影響がありますので、理論的には自転は変化するはずです。

    トピ内ID:2353495012

    閉じる× 閉じる×

    自転スピードは変ると思います

    しおりをつける
    🐶
    走る犬
    私は、自転スピードは変わると思います。
    この際、気になるのは大気ですか?

    ジェット機は、大気中にジェット噴射をしながら前に進みます。
    多分、地球に大量に付けたジェットエンジンは、大気など関係ないでしょう。

    トピ内ID:2751617999

    閉じる× 閉じる×

    理屈では

    しおりをつける
    🙂
    ボンゴレ
    理屈ではわかりすが!実際に実現化したら地球に異変が起きて、全ての生物が死滅します。でも面白い発想力をお持ちで。私は貴方みたいな人、大好きです。私も時々、非現実的な事をかんがえます。夢があっていいですね。

    トピ内ID:4247373838

    閉じる× 閉じる×

    やり方次第では変えられます

    しおりをつける
    blank
    科学者Y
    地球の内部だけで力を及ぼし合っている場合は(角運動量保存則により)自転速度は変わりませんが、ジェットエンジンで噴射した物質を宇宙に放出できるくらい支柱を高くしたりエンジンの推力を大きくすれば、地球の自転速度を変えることはできます
    ただ、実際に供給できるエネルギーからすると、微々たるものです

    一方で、他の天体(月とか)との間の摂動などによるエネルギー損失により、何もしなくても自転のスピードは遅くなっていくそうです(太陽系終焉時には、一日が約40時間くらい)

    トピ内ID:1063441998

    閉じる× 閉じる×

    そういう映画がありました

    しおりをつける
    blank
    raizoi
    昔(1960年代?)そういう映画(妖星ゴラス・邦画)がありました。地球に小惑星が衝突することが判明し、トピ主さんがおっしゃっているような方法で地球の軌道を変え、衝突を回避しようというお話しです。

    天体物理学の知識がないので、真偽は分かりませんが、映画の中でその方面の権威が黒板にたくさん式を書いて、理論的な説明をするシーンがあります。その内容は天体物理学にかなっているそうです。

    公転軌道を変えるので、自転も変わると思われます。そのため、映画の中では南極の氷が溶け出したり、とんでもない高潮が発生するシーンがあります。

    施設はどこの国でもない南極大陸に、世界中がカネを出し合って作るので、トピ主さんのおっしゃる問題は解決済です。荒唐無稽なようで案外、よく考えられているのかもしれませんね!

    トピ内ID:2003510801

    閉じる× 閉じる×

    まあ

    しおりをつける
    🙂
    ささ
    厳密に言えば変化するでしょうね。
    その単位を何処まで下げて、遅くなったとするかによりますが。

    地球の質量的に考えれば体感出来るほどには簡単に下がらないと思います。

    ただ12月31日のうるう秒が有るとおり、地球の自転は現在進行形で黙ってても遅くなってるので不変でない事は間違いないです。
    力が作用すれば変化する事は地球も平等です。

    トピ内ID:8655468114

    閉じる× 閉じる×

    止められる!

    しおりをつける
    blank
    妖星ゴラス
    止まると思います。

    但し、莫大なエネルギーが必要なのはトピ主さんも薄々お気づきのとおりです。
    必要エネルギー=1/2×地球質量×回転速度^2 (でいいのかな?汗)

    実際問題、地球の自転自体が大気の摩擦抵抗によって
    何億年もかけて遅くなっているそうですから、
    回転に抵抗力をかければ止まるはずです。
    飛行機は着陸時にエンジンを逆噴射するそうですが、それと同じかも。

    それにしてもトピ主さん、この命題に関しての諸問題を的確に把握するなど、
    とても物理に疎いとは思えませんね(笑)

    トピ内ID:0637730238

    閉じる× 閉じる×

    スピードは変えられる

    しおりをつける
    blank
    Bender
    面白い設問だと思います。
    地球は自分自身がジェット噴射か何かで回転しているわけではなく、誰かが回したコマのように勢いで回っているだけです。そこに、回転方向に沿う、あるいは反する巨大な力を加えれば、スピードは変わるはずです。しかし、地球の質量はとてつもないものです。この質量で回転している物体のスピードを変えようと思うと、相当な力が必要でしょう。けどその力(エネルギー)さえ調達出来れば可能だと思います。
    ただ、地球はコマのように勢いで回っているだけだと思いますが、ひょっとして、回転するよう絶えず何らかの力(磁力や、他の未知の力)が加えられているとすると、そう簡単な話にはならないでしょうけど。
    結論。SF的にはスピードは変えられると思います。

    トピ内ID:0995759591

    閉じる× 閉じる×

    あのアルキメデスでさえ

    しおりをつける
    🐱
    匿名
    自分の体重と地球を釣り合わせて
    公転の軌道を変えると論文書いたような気がします

    ただ、自分が4兆光年の距離で地球が1センチだったかもう2ケタかかったような

    それに東日本大震災でも万分の1秒自転スピードが遅くなったと発表されたと思いますよ

    トピ内ID:2436009183

    閉じる× 閉じる×

    そもそも地球の自転は一定ではありません

    しおりをつける
    blank
    そのスジの者
    非常に面白い問いかけですね。きちんと見積もる必要はありますが、トピ主さんが書かれた条件であれば自転速度を変化させることは可能と考えます。

    少し補足します。そもそも地球の自転速度は一定ではありません。一番大きな変動は、日本が夏、つまり北半球が夏の時期は地球の自転は速くなり、逆に冬には遅くなるという季節変動です。もっとも、この季節による変動の幅は、わずか1000分の4秒程度で、日常生活で感じることはありません。この変動を引き起こす最大の要因は強い西風(偏西風)です。この風が強い北半球の冬は自転が遅く、逆に弱い夏は自転が速くなります。一見すると、風が強い方が自転が速くなると感じますが、実は逆で、風の運動量と地球の運動量の足し算が全体で常に一定となるため、このような変動になります。

    この変動はほぼ1日おきに、世界各国の大きなパラボラアンテナを使って観測されています。日本では、つくばにある国土地理院の直径32mのアンテナが参加しています。観測を行う理由の一つは、人工衛星の軌道を正確に決めるためです。特にカーナビで知られるGPS衛星の軌道が決まらないと、自分の位置を知ることは出来なくなります。

    トピ内ID:3318238421

    閉じる× 閉じる×

    風が吹けば→・・・→潮汐が変わる?

    しおりをつける
    blank
    海が好き
    これは面白い!
    地球の自転に大きな影響を与えている地球表面の流体は海です(月による潮汐です)。月が無ければ自転周期はかなり短くなります。
    ジェットエンジンなので空気を吸い込んで吐き出す、ことになります。排出した空気の温度が上がらず(大気の鉛直循環は無視)、ジェットエンジンを長時間動かし続けると仮定します。つまり各山頂で一定方向に風を駆動し続けるということです。
    地球は球体ですから山頂のエンジンから排出される風による応力とコリオリ力の合力を地軸を中心に回転する水平面上で働く力に座標変換しなければなりません。そうすると同じ風を起こしても赤道では強く、極では弱くなります。
    また、地球表面の7割は海であり、陸地の大部分は北半球にありますので、北米・ユーラシア大陸上で集中して風を起こすとかなり不均一な力をかけることになります。
    と考えると自転そのものへの影響というより歳差運動に影響を与え、月による潮汐の摩擦のかかり具合が今まで以上に変動するようになり、自転速度に影響が出るのかなと思います。
    起こした風の収束・発散やエンジンを通過した空気が暖められていると考えたら、複雑すぎてなんともわかりません。

    トピ内ID:3769346112

    閉じる× 閉じる×

    地球の質量と大気の質量

    しおりをつける
    🐴
    kazz
    ジェットエンジンは、前方から空気を吸い込み、後方に高速でその空気と燃焼ガスを
    放出することの反作用で、前方に進みます。

    数多くのジェットエンジンを全て東方向に向けて、始動しますと、全世界が、台風の
    ような強風になるだけです。それは、大気が持っている質量と地球が持っている
    質量の差が、莫大ですから、大気がどれだけ高速で地球の周りを回ろうとも、
    地球本体が持っている、回転の慣性モ-メントを変化させるほどの力はないです。
    地球の慣性モ-メントが変化させるのは、地球内部のマグマの移動、もしくは、
    直径100km以上の隕石が地球に衝突すれば、変化がおきるでしょう。

    トピ内ID:0509518883

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんの提示した仮定を間違えましたです

    しおりをつける
    blank
    海が好き
    富士山のことを考えながら読んだので、
    >地球上の全ての地域(海も山も含む)に、等間隔に深い支柱を立て、
    >そこにジェットエンジンレベルのものを設置して、
    という過程がなぜか「世界中の山頂に」に脳内変換され、面白さに興奮したのも影響してかなり見当違いなレスをしてしまいました。お恥ずかしい。

    球体表面に均一に並べた点でジェットエンジンを動かすことは各点で風を駆動することになります。
    各緯度でのエンジンによる力を地軸を中心として回転する円の円周上での座標(つまり赤道面の円に平行な円の円周上)に変換すると力は赤道で最大となり、高緯度ほど小さくなります。
    端折って考えると赤道帯をぐるぐる回る暴風帯を作ることになります。地球と同様の海があれば赤道帯に高速海流ができますが十分に深い海なら流れは海底までは及ばないでしょう(海底摩擦は無し)。地球と同様の陸があれば陸域に対しては摩擦力が働きますので自転速度への影響はあると思います。ただし、赤道付近は陸域が少ないので微々たるものだと思います。

    トピ内ID:3769346112

    閉じる× 閉じる×

    仮に変える事ができるとして

    しおりをつける
    🐧
    我的上天
    面白い話題提起ですね。

    実際には、ないしょさんが書かれた、単に地球上の空気をジェットエンジンでかき回しているだけで、地球の自転には宇宙的には何の効果ももたらさないという説に納得します。
    しかし、それだけでは面白く無いので、自転を止める事が可能だと仮定して、ものすごく単純化して計算を。

    地球の質量は6x10^24 Kg。赤道上の速度が1700Km/h とすると、これを止める為には、ブレーキをかける様なマイナスの加速度が必要となります。
    1時間で止めるとすると、必要な力は、6x10^24 x 1.7x10^3 = 10.2 x 10^27 Kg。
    例えばB747(ジャンボ)の1台のエンジンの推力は2.6 x 10^4 Kg ですから、必要な力をエンジン推力で割ると、約4x10^23台のエンジンが必要となります。
    B747には4台のエンジンがありますから、丁度、10^23機のジャンボが必要となります。
    この単位は、億から兆、京の次の垓(がい)という単位になり、まさに天文学的な数字のジャンボが必要となります。
    地球の表面積を見ると、この数のジャンボを置くだけの余裕が無いのが現状です。

    トピ内ID:1951151196

    閉じる× 閉じる×

    この話題、面白いので追加のコメント

    しおりをつける
    blank
    そのスジの者
    「ないしょ」さんのコメントで気がついたのですが、「地球+大気」で考えると確かにご指摘の通りですね。本来は固体の地球と大気、全部ひっくるめて「地球」という理解です。また、確かにジェットエンジンではなく、ロケットでないとダメです。ただ、既出のように、実際には固体の地球と大気とはお互いにエネルギー交換するので、各々で自転速度が異なる現象も存在します。

    既に指摘ありますが、長期では地球の自転速度は徐々に遅くなっています。地球では月の影響で潮汐変化が起きますが、海水が動くたびに海底との摩擦で自転が遅くなると考えられています。その割合は100年間で0.01秒程度で、この影響で月は地球から徐々に遠ざかっています。また、エルニーニョ現象や海水面上昇でも自転速度は変化します。地震の影響もありますが、残念ながらシミュレーションだけで観測での検出はまだです。地震や海水準変動で自転速度が変化するのは、地球の形が変わるためです。フィギュアスケーターが腕を伸ばすと回転が遅くなり、腕を体に引き寄せると回転が速くなる仕組みと同じです。

    自転はともかく、「妖星ゴラス」のように公転軌道を変えるのはかなり大変そうです。

    トピ内ID:7715968003

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。ありがとうございます!(1)

    しおりをつける
    blank
    ぽこ
    5/2 20:39の「我的上天」様まで頂きました。
    ありがとうございます!

    私の頭の中はこんな疑問ばかりで、いつもは早めに忘れるようにしているのですが、
    どうしたことか今回は頭から離れず、ジェットエンジンに埋め尽くされている町の夢を見るほどでした。
    あまりに何度も見るので、最近は夢も慣れてきてしまって、支柱の間を通って(ジェットエンジンは停止中)、
    買い物に行ったり、犬の散歩をするほど日常になってしまいました。

    そこで投稿させて頂いたのですが、実際に掲載された自分のトピを見た時は、恥ずかしくて汗が出ました。
    お叱りと揶揄で埋め尽くされると思っていましたが、そんなこともなく、
    真面目なレスを頂いて、涙が出るほど嬉しいです。
    本当にありがとうございました。

    トピ内ID:5345554935

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    トピ主です。ありがとうございます!(2)

    しおりをつける
    blank
    ぽこ
    皆様から頂いたレスを拝見しても、正直難しくて、とても理解したとは申せません。
    でも、私の考えでは、エンジンの力は大地に作用すると思っていたのですが、
    皆様から頂いたレスを拝見し、大気に作用するということが判りました。
    これが判っただけでも感動です。
    (レベルが低くてすみません)

    レス中の判らなかった言葉等を、これから少しずつ調べてみます。
    きっと理解できないと思うのですが、それでも少しでも学びたいと思っています。

    物理・天文・高2以降の数学が全く理解できず、学生の頃は追試を免れたことのない私ですが、
    それでもとても魅力的な世界だと思います。
    ありがとうございました。


    簡単ではございますが、以下、個別にお返事を。

    >ねこ様

    「地球が逆回転して時間が戻る」
    ええっ。スーパーマンは、そこまで凄い方だったのですね。
    知りませんでした。
    マッチョなメガネ男子が、電話ボックスで変身して戦うだけの映画かと。
    それでも十分すごいですよね。

    トピ内ID:5345554935

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    トピ主です。ありがとうございます!(3)

    しおりをつける
    blank
    ぽこ
    >ないしょ様

    航空学、すごいですね。尊敬します。
    こんな質問に、高度な知識をお借りできたことを、心から感謝いたします。
    ロケットエンジンだと、公転にも影響が出そうですよね。
    公転の力は、そんなものでは変わらないのでしょうか。
    一時的に影響が出ても、重力にとらわれている限りは、また同じ位置に戻るのでしょうか。
    新たな謎が出来ました。

    >走る犬様

    抵抗を考えると、大気は必須条件だと思いました。
    それとも、抵抗は関係しないのでしょうか。
    判っておらず、本当にすみません。
    走る犬様を、イライラさせてしまっていなければ良いのですが。

    >ボンゴレ様

    ありがとうございます!
    私は、いつもこんな事ばかり考えている自分が嫌なので、好きと言って頂けて嬉しいです。

    >科学者Y様

    支柱を宇宙まで伸ばさないと、地球に影響を与えられないのですね。
    私のイメージでは、ジェット機が飛行可能な地域まででした。
    (ジェットエンジンを使用するため)
    角運動量保存則、おそらく理解できないでしょうが、それでも調べて、言葉だけでも覚えたいです。

    トピ内ID:5345554935

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    トピ主です。ありがとうございます!(4)

    しおりをつける
    blank
    ぽこ
    >raizoi様

    妖星ゴラスという映画、初めて知りました。
    HNにお使いの方もいらっしゃったので、きっと魅力的な映画なのでしょうね。
    黒板の映像、見て見たいです。
    南極大陸だけで動かせるのでしょうか。
    でも、町中に支柱を立てるよりはずっといいですね。

    >ささ様

    うるう秒の存在を忘れていました。
    「不変ではない」、とても納得しました。
    遅くするのを、宇宙の摂理ではなく、人間の手で行えるのか興味が出てきました。


    >妖星ゴラス様

    はい、莫大なエネルギーは必要だと思いました。
    でも、計算によって求められるとは思いませんでした!
    物理学(数学?)はすごいですね。理解したかったです。
    努力はしましたが、なぜか全く理解できなくて、宇宙人の会話を聞いているようでした。

    >Bender様

    もしもですが、この宇宙が箱庭のようなものだとして、「巨大な誰か」が指で摘んだら、自転は簡単に止まりますよね。
    (地上は滅茶苦茶でしょうが)
    外からの力なら可能だとしても、人間の力で出来ることなのだろうか。
    と考えたのが、このトピの元になっています。
    スペースオペラのような事ばかり考えています。

    トピ内ID:5345554935

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    トピ主です。ありがとうございます!(5)

    しおりをつける
    blank
    ぽこ
    >匿名様

    アルキメデス、すごいですね!
    今の学者さんもすごいですが、昔の学者さんは、本当に偉大だと思います。
    東日本大震災のエネルギーは、自転スピードをも変えたのですね。
    私も被災した一人ですが、改めて大変な災害だったと判りました。

    >そのスジの者様

    季節変動を初めて知り、驚きました。
    地球上では、そんなことが起こっているのですね。
    偏西風が自転に影響するのは判りましたが、実際どのように、という部分は理解できていません。
    少しでも理解したいです。調べてみます。

    >海が好き様

    すみません、難しくて、ほぼ理解出来ていません(汗)
    でも矛盾しているようですが、頂いた2つのレスを面白く拝見いたしました。
    山頂限定でお考えになった方が、すごいと思います。
    場所により風の力も変わるのですね。
    自転スピードを変えることを目的と考えるなら、月を破壊する方法もありそうですね。

    >kazz様

    私はエンジンの力は、大地に影響すると思っていました。でも、大気なのですね。
    根本から間違っていました。
    大気の層がもっと厚ければ影響ありそうですが、そうすると星の質量も大きくなりますよね。無理か…。

    トピ内ID:5345554935

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    トピ主です。ありがとうございます!(6)

    しおりをつける
    blank
    ぽこ
    >我的上天様

    計算でエネルギーが求められるのですね。
    大変なエネルギーが必要だとは思っていましたが、想像を遥かに超えていました。
    確かにそれだけのジャンボ機は、とても置けませんよね。
    でも、1本の支柱に、縦に取り付けても難しいでしょうか。
    飛行機が飛べる(ジェットエンジンが使える)高度20km位まで、支柱にたくさん飛行機(かエンジン)をくくりつけて……。
    (それだけの強度の支柱が作れないとは思うのですが)


    長々すみません、ありがとうございました。

    トピ内ID:5345554935

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    たとえ話

    しおりをつける
    blank
    お母さんが自転車の荷台に子どもを載せて走っているとします。
    子どもがお母さんの背を押したら、自転車のスピードは上がるでしょうか?

    ……上がりませんよね。

    ひとかたまりの運動の単位を「系」といいます。
    系の中で力を及ぼしあっても、系全体には影響しません。

    トピ内ID:2346507829

    閉じる× 閉じる×

    「惰性」と「ジオイド」を無視した仮定なので、計算は不可

    しおりをつける
    ハワイコナ
    だと思う。

    地球の形状は「球体」ではなく、回転楕円体で、ジオイド。
    「表面にデコボコがある」のと、
    極地付近と赤道上とでは、回転のスピードも違う・・と思った。

    ジェットの力でブレーキングするとして、最初からそこにある【惰性】の力を減速は・・無理なんじゃない??
    地殻表面にくっつけたジェットなんて、「所詮その程度の力」のように思うなー。

    トピ内ID:7642289101

    閉じる× 閉じる×

    ジェットエンジンすら必要なし

    しおりをつける
    blank
    電気技術者
    地球の自転速度は、大地震が起きたりすると変わるという話を先日知って、ああそうか、地球の慣性モーメントが変わるからなのねと思った次第です。

    ということで、ものすごく厳密に言えば、ジェットエンジンを吹かすまでも無く、低い位置にあるものを高い位置に移動させれば、角運動量保存の法則により、それだけで自転速度は変わります。もちろん、地球の質量に比べてあまり小さい質量を移動させても、それによる自転速度の変化は検出できないでしょうけれど。

    この低い位置にあるものを高い位置に移動させるだけで自転速度が変わるという現象を身近なもので体験するためには、

    1.支える足を中心に良く回転する椅子を用意
    2.鉄アレイなど、ちょっと重いものを用意
    3.鉄アレイを持った状態で、1.の椅子の上に座って勢いよく回転する
    4.鉄アレイを身体に近づけたり遠ざけたりする

    ということをやると分かります。鉄アレイを身体に近づけると回転は速くなり、遠ざけると遅くなります。

    フィギュアスケートの選手のスピン速度がポーズで変わるのも、同じ理屈です。

    トピ内ID:4430468445

    閉じる× 閉じる×

    面白質問ですね

    しおりをつける
    blank
    一応専門家
    地球の質量はおよそ 6 ×10の21乗トンです。いいかえると、10垓(がい)トン、すなわち6兆トンの1000万倍重いです。

    最大のジェットエンジンの一つであるボーイング777のエンジンはおよそ50トンの推力です。

    測ってわかるほど自転速度が変わるためには、地球質量の100万分の1くらいの推力が必要でしょう。つまり、最大のジェットエンジンを1兆個くらい集めれば、精密測定でわかる程度に自転速度が変わります。もっとも、必要な石油が地球にはないですね。

    地球の表面積は約5億平方キロメートルです。この配置は海を含めて1平方キロメートルに2000個、つまり40m四方に1個の割合です。これは、やれば出来ますね。

    トピ内ID:3199275185

    閉じる× 閉じる×

    変えられます

    しおりをつける
    blank
    科学者Z
    排出ガスが第一宇宙速度以上の場合は、もう地球には戻ってこないので地球の角運動量は排出ガスの運動量の分失われ地球の自転速度が変化することは自明です。

    第一宇宙速度未満の場合は、排出ガスの全質量がいずれ地表に落下すれば角運動量は保存されるので自転速度は変わりませんが、問題は戻って来た排出ガスが地表に固定されないで大気のように地表と接しながら浮遊する場合です。もし宇宙に地球しかなければ固定されようが浮遊しようが変わりませんが、現実には月と太陽(厳密には全宇宙のあらゆる天体)との潮汐力のため、浮遊している排出ガスと地表との間に摩擦が起き、自転速度は変化します。

    ただし、現在の潮汐力の大部分を占める海水の質量が約1.35x10^21kg、大気の総質量が約5x10^18kgあって、潮汐力に起因すると考えられる自転速度の変化は1年あたり約1/1000秒程度と計測されていますから、現在の地球大気の総質量と比較できるぐらい質量のガスを浮遊させても年間百万分の一秒程度です。

    排出ガスの摩擦に期待する場合は、ジェットエンジンの推力や向きは関係ありません。大質量の排出物を地表から浮かせてやればよろしい。

    トピ内ID:4428837659

    閉じる× 閉じる×

    セカンドインパクト

    しおりをつける
    blank
    鴨南蛮大好き
    月がいかに誕生したかについての学説の一つに、「ジャイアントインパクト説」があります。
    出来て間もない頃の地球に火星ぐらいの惑星が衝突し、衝突によって宇宙に飛び散った地球と惑星の破片、それが集まってできたのが「月」という説です。
    で、その説によれば、地球の自転速度は衝突の結果遅くなり、現在の約24時間となったのだとか。
    なので、惑星級の大きさの天体を適切な速度と角度でもう一度地球にぶつければ、自転速度を変えられると思います。

    トピ内ID:9982311260

    閉じる× 閉じる×

    作用反作用の法則を知らない人が多い

    しおりをつける
    😉
    玉乗り芸人
    >ジェットエンジンではなく、ロケットエンジンで、噴射したガスが地球+大気の球から永久に離れていく状態では「地球+大気」の球合計の自転に影響がありますので、理論的には自転は変化するはずです。

    そんなことしなくても簡単に同様のことができます。

    同じことを、私たち「玉乗り芸人」がやってるの知りませんか。
    たまたま、乗っている人間と玉の大きさ(重さ)がかけ離れていないので、変化が目立つわけです。
    なので、地球の上で玉乗りしている皆さんが走り出せば、地球の回転は変化しますよ、検出するのが不可能な微小な変化ですけどね。

    ジェット機だって同じです。
    ジェット機が加速すると、その力ぶんだけ空気が後方に加速されます。
    その空気は周囲の大気を摩擦で引きずって動き、最終的には地球表面に摩擦力として伝わり、地球の回転に影響します。
    もちろん微小過ぎて検出は困難です(他の要因、たとえば気象現象としての風に隠れてしまう)。

    トピ内ID:5587488617

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  43
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (11)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]