詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    一生続けたい仕事の見つけ方

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😭
    るる
    仕事
    20代後半です。クリエイティブ系です。1回目の就職がイマイチ続けたい仕事ではありませんでした。それでも残業が多くても数年間がんばりました。
    いくつかやってみたい職種がありますが、また辞めたくなったら怖いなとも思っています。もう安定していく年齢ですし、職種を変えるのもあまり良いことではないと思っているからです。

    クリエイティブ系だとは言ってもいろいろな職種があります。その中からたった一つ自分が頑張り続けて一生続けたいと思える仕事を見つけたいですが、どう1つに絞ればいいか分かりません。天職はどうやって見つければ良いのでしょうか?

    トピ内ID:4005009570

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    そんな方法あるわけないじゃないですか!

    しおりをつける
    💰
    vocation
    天職を見つける方法があれば、私はそれを天職として、稼ぎまくったことと思いますよ。

    私の場合、大学(院)で応用数学と制御工学を専攻し、それを生かすために民間の研究所に就職しました。定年まで勤務しましたので、世間から見れば天職だったのです。私自身天職だと考えたことはありませんが、そうかどうかは最後に分かることです。

    人はパンを得るために金を稼がなければなりません。人よりも美味いパンを食べたければ、努力しなければなりません。天職探しは自分探しと同じで、社会からの逃避だと思います。

    多くの金を稼げる職が"るる"さんの天職です。天職探しのため、転職を繰り返していけません。るるさんは若いです。未来があります。ガンバレ!

    トピ内ID:8640002235

    閉じる× 閉じる×

    視点を変えてみては?

    しおりをつける
    blank
    moko
    天職なんて結果論なんですよ。
    その分野でどんな過酷な状況でも苦にならないほど続けられて
    成功した人が天職を見つけられた人となるだけです。

    クリエイティブ系の仕事はどこでも残業多いですよ。
    トピ主さんの場合、条件や環境で選んだ方がいいと思います。
    下請けだったり、規模が小さい会社になればなるほど、
    「こんなはずじゃなかった」「やりたい仕事じゃない」となる確立は高いですから。

    トピ内ID:9850838495

    閉じる× 閉じる×

    今の仕事にもご縁があって就いている

    しおりをつける
    🐷
    とんとん
    今の仕事の関連で、深めたい分野はありませんか?。それをやってみたらどうでしょうか。若いですから、別に経験はなくてもいいんですが、今の仕事と関連がある方がいいですね。職人系なら、次は企画営業してみるとか、Webだったら紙ものに移ってみるとか。とりあえず、数年がんばってみる。イヤになればまた考えればいいし、もしくは、何か突破口が見つかるかも知れない。

    20代後半で「安定していく年令」なんて早すぎます。ずっとチャレンジャーでないと、生き残っていけませんよ。

    クリエイティブ系とか技術系の人は「一つのことを深めて安定したい」という志向が強いように思いますが、気持ちは分かりますが、あまりよろしくないと思います。いろんな事に手を出して飲み込んでいくくらいのパワーがある人とは、10年したら大きく差が付いていると思いますよ。

    トピ内ID:0190012655

    閉じる× 閉じる×

    難しいことを簡単に聞くのね。一生続ける見つけ方。

    しおりをつける
    💍
    40代後半
    ないでしょ。

    一生続けるつもりに自分が調整することのほうが楽しいということをまずわかることですよ。

    もし一生続けたい仕事なら見つける前に自分の中でイメージが出来ているものです。

    だって一生続けたいくらい好きで好きでとことん好きなものがイメージできないはずがないですよね。

    ある仕事を一生続けたいと思うようになれるよう自分を磨くほうがだいじでしょうね。
    それで初めて見つけ方がわかるのではないでしょうか。私はそう思います。

    一生続けたい仕事の見つけ方は、日常の生活(三度の料理・掃除・洗濯など)を毎日飽きることなくこなしてまずは足元のことから鍛錬しておくべきですかね。
    トピ主様好きな仕事でも仕事と名がつくものはそんなに甘くはないですよ。

    トピ内ID:6871329585

    閉じる× 閉じる×

    やりたいことの中から何かを選びやってみて

    しおりをつける
    みかん
    少しでも得意な方向に絞っていく

    ・・しかないと思います。
    やってるうちに板についてくるってこともあります。
    まあ、やってみないとなんともって感じですね。

    トピ内ID:1795106551

    閉じる× 閉じる×

    言い方が悪いだけ

    しおりをつける
    🐤
    Creative
    『天職』という言葉にみんなカチンときてるみたいね。
    みんな一生続けられる仕事をしたい。でも深めれば深めるほど周りや自分がわかってきて不安になるのです。仕事ってそういうもの。ほとんど禅の境地。そんななかで門前の小僧が『俺、なんか悟りとか開きたいんスよぉ。なんかいい方法ないッスかね?』とかいってたらぶん殴りたくなるワケです。
    クリエイティブって創るって意味?わしのようなおっさんにはわからんけども最近の子はクリエイティブとかモチベーションとか横文字で濁すくせに天職とか難しい言葉を放ちおる 仕事が天からあたえられるわけないあなたが創るのです。
    あなたにはまだたくさんの時間と可能性がある。一つに絞っていかずにいっぱいいろんなことしてそんなかで最後まであなたが情熱を持って取り組んでいたことが『天職』だと思いますよ。

    トピ内ID:8706969766

    閉じる× 閉じる×

    天職ってなんだ

    しおりをつける
    blank
    つち
    クリエイティブ系(笑)の学校を出たためか、
    就職氷河期に、別の職種に就きたかったのにクリエイティブ系職でしか
    内定が出ませんでした。

    残業だらけ。会社も不景気で変わった、うんざり。
    でも15年働いてます。
    明日会社がつぶれてもいいと思ってるよ。
    でも15年続けて、雑誌やテレビに映って、お金ももらえて、
    これってはたから見たら「天職だった」って思われてるのかな?

    会社でもみんな、いろんな文句ばっかりですよ。
    でも仕事の内容がよくて、評判が立ち、お金が儲かるので、
    プロジェクトが終わったら機嫌よくニコニコしています。
    だから離職率は低いです。
    これって天職?

    トピ主さん、前職が、年収5千万だったら、辞めてないんじゃない?
    一生続けてなかった?天職ってなんなんでしょうね、
    というのはそこに鍵がありますよ。

    トピ内ID:1356882336

    閉じる× 閉じる×

    見つけるものではない

    しおりをつける
    blank
    ゆうこ
    天職は、天から与えられるものではありません。
    転職して得られるものでもありません。


    とにかく今自分に出来ることを、頑張り続けて長年続けた結果
    「苦しい事も多いけれど、それ以上に面白みが分かってきた」
    と思えればそれが天職だったということ。
    或いは「これを天職にするのだ」と「思い定めて」突き進むこと。


    つまり、天職とは「つくる」ものです。


    どこかに天職があって「見つけ」さえすれば
    日々の仕事がウキウキワクワクの連続になって頑張る気にもなるし
    才能もグイグイ開花して、皆にも認められて・・・
    などと考えているなら勘違いもいいところ。


    フワフワと青い鳥を探していないで
    まずは目の前の仕事を最高のクオリティで作り上げたらどうですか?

    >もう安定していく年齢ですし
    夢見る時期はとっくに過ぎている年齢です。

    トピ内ID:7216740304

    閉じる× 閉じる×

    はじからやってみれば

    しおりをつける
    kira
    と言いたいところですが、20代後半ではリスクが高いかな。

    世の中で働いている人の何人が
    「私は天職についています」なんて胸はって言えるでしょうか。

    みんな迷いながら働いている人が、ほとんどだと思いますよ。
    年齢と共に背負う物が重くなるので
    仕事に違和感があったとしても
    その重圧から逃れることすら出来ない。

    8億円宝くじが当たっても、今の仕事をそのまま続けると言える人が
    ごく恵まれた、仕事に生き甲斐を感じている人。

    どうやったらそうなれるのか、それは色々な道があると思いますが
    気が付いたら好きでいつもやっている、という事を仕事に出来れば
    長続きするかも知れませんね。
    まあ逆に、本当に好きな事は仕事にしない方が良いという考え方もありますが。

    どちらにせよ、簡単に見つかるなら誰も苦労しません。
    それはごく恵まれた一部の人だけなのかも知れません。

    求めることは良いと思いますが
    答えが出るのは遠い先のことだと思います。

    トピ内ID:1898679205

    閉じる× 閉じる×

    私も同じことを思っていました

    しおりをつける
    Yulia
    それで、現在30代後半、一生続けたいことに出会いました。

    仕事というか・・・報酬は大変わずかですので、それを続けるためには
    他の仕事で稼ぐしかありません。

    でも、たとえ報酬がなくなってもやるでしょう、
    いえ、自分の貯金をつぎ込んでもこの仕事をやりたいと思います。
    自分は、まだそこまで行ってませんが、一緒にやっている方は私生活も
    時間も金もすべて費やしてやっています。なんて幸せな人なんだと思います。

    自分で稼いだ金をつぎ込んでもやりたいことが天職なのかもしれませんね。

    私は幸い、フリーで独身、貧乏生活にも慣れているので何とか大丈夫、頑張ります。

    見つけ方ですが、興味のあることには即トライしてみて、だめだったら迷惑を
    かけないように順番にやめる、そしてまたトライの繰り返しです。

    転々としている、根気がない、金を稼がない、いい年してフラフラしている、
    このような意見には一切耳を貸さないことです。

    私の場合はどうしても天職だとは思えなかったので、避けていたのですが
    不思議なご縁でどうしても引き寄せられることが重なり、今は自分で納得の
    いく形でやらせて頂いています。

    トピ内ID:9728588656

    閉じる× 閉じる×

    うーん

    しおりをつける
    🐱
    猫だるま
    天職って最初からわかるものではなくて、結果じゃないかと思います。

    定年退職直前になって、自分の会社人生を振り返って初めて

    「ああ、この仕事は天職だったなぁ」

    って実感するものだと思ってました。

    最初から天職を見つけるとしたら、起業するしかないような気がします。

    トピ内ID:8275808190

    閉じる× 閉じる×

    好きなこと×得意なこと

    しおりをつける
    blank
    ボーダー
    40代前半女性です。

    世の多くの人は「好きなこと」を仕事にしたいという切り口から仕事を選ぼうとします。「好きこそものの上手なれ」とも言いますし、好きなことだから多少の苦労も出来る、と。
    何に適正があるかがまだわかってない若いうちならなおさらそうですよね。

    一方、仕事で成功した人達は得意なことを仕事にしている人が多いことだとどこかで読んだことがあります。
    必ずしも好きなことを仕事にして成功してるわけじゃないんですね(もちろん、そういう方々もいらっしゃいますが)。

    ある程度経験を積むと、「好きなこと」と「得意なこと」が必ずしも一致しないことがわかってきます。
    好きなことを仕事にしたい気持ちをぐっと押さえて、「得意なこと」に舵をぐっと切ると
    それほど苦労なく続けられ、周囲からも評価を得られ、評価が収入にも結びつけばだんだん楽しくなってきます。
    実際、私はそうでした。
    今の仕事を「天職」と呼べるかどうかはわかりません。でも身体が動く限りは続けたいと思える仕事ですし、実際20年後にもこの仕事をしているイメージは出来ます。

    トピ内ID:3915232290

    閉じる× 閉じる×

    こんなに転職しても天職は…見つかっていないです。

    しおりをつける
    😀
    転職カメレオン
    人間関係が悪くて転職・仕事が合わなくて転職・主人が転勤族なので転勤になり仕方なく転職・短期間の仕事だった・勤め先が倒産…などなど色々理由はありますが、転職の数なら周囲には負けたことがありません。30社以上・20種類以上の職種になりますので恥ずかしくて自慢できませんが。

    結果から言うと、私は今まで色々な仕事を経験しましたが、これが私の天職だ!!と思った仕事はありません。

    自分の好みとか好きな職種の傾向は、さすがにわかりましたけど、天職と思えるものはないです。もしかしたら、まだ出会っていないだけかもしれませんが、出会えるとは思っていません。私の周囲の人達も「これが天職だ!」と思って仕事をしている人はほとんどいません。

    トピ主さんの天職というものを求める気持ちは、私はわかりますよ。そう考えた時期がありましたから。

    仕事は仕事お金を稼ぐためのもの。って考えられると、自分が得意な分野で多少人間関係で嫌な事があっても続けられるような仕事と出会う事があれば、天職に近い感じと思えるのではないでしょうか?

    楽しい事は、趣味などで見つけてみてはどうでしょう。そこから天職につながる事もあります。

    トピ内ID:2340175332

    閉じる× 閉じる×

    クリエイティブに考えなよ

    しおりをつける
    blank
    クリニカル
    「クリエイティブ系」なのに、発想が全くクリエイティブじゃないですね…。

    そもそも、「一生続けたい」なんて、「初めから“これになりたい!”と夢をもって挑み、その仕事に就けた人」じゃなければ、数年、下手したら10年以上も苦しみや喜びを味わいつつ試行錯誤を続けた結果、その仕事の醍醐味を感じるようになって初めて思えるようなものじゃないでしょうか。

    まだ20代なのに、「クリエイティブ系」なのに…そんな凝り固まって考えないで、何にでもチャレンジしてみればいいのに。
    とりあえず、トピ主様は何をやりたいんですか?

    トピ内ID:8475384509

    閉じる× 閉じる×

    簡単です

    しおりをつける
    blank
    my
    今、目の前にある仕事が天職だと信じること。
    他の仕事は自分にはないと思うこと。
    これだけです。

    他に何か良い仕事があるかも。
    辞めたくなったらどうしよう
    そう思っている限りは見つかりません。

    今の仕事は転職すると決めているのなら
    次の転職で、独立以外の理由で辞めないと決めて転職することです。

    がんばってください。

    トピ内ID:0898289906

    閉じる× 閉じる×

    天職の意味をご存知ですか?

    しおりをつける
    blank
    あのにます
    天職って英語ではCallingといいます。そもそも神様に呼ばれて自分の意思とは無関係に就く仕事です。自分の好き嫌いや、やりがいは二の次三の次、その仕事が嫌いだろうが、つまらなかろうが、神様が命じたのでやらなくてはならない仕事です。

    ということですから、ご縁があって就いた今の仕事がまさに神が定めた天職なのではないでしょうか。「置かれた場所で咲きなさい」ってそういうことだと思いますよ。この言葉を表題にした本の著者はカトリックの信者ですから、こういう言い方をしているのだと思いますけど。

    トピ内ID:3162026082

    閉じる× 閉じる×

    そんなのわからないよ

    しおりをつける
    blank
    匿名
    働いていると
    いろいろ不安に思う時期もあるでしょう。

    でもそんなの結果として長く続けられたかどうかです。

    仕事なんて自分だけで決められない。
    いくら『天職』と思える事があっても
    必要とされなければ仕事にならない。

    自分の状況(年齢、体力、家庭の事情等々)と
    時代の変化にも影響受けるでしょう。

    目の前の仕事に集中するしかないです。

    トピ内ID:8187921136

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]