詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    この本の題名教えてください

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    星の砂
    話題
    どうしても読みたい本があります。
    1975年~1980年の間に出版された本です。
    著者は割と著名な男性作家だと思います。
    あらすじはこうです。(当時の文芸誌の宣伝文で読んだきりなのでうろ覚えですが……)

    全体が手紙形式です。
    主人公の男性は若い日に一人の女性と付き合っていました。女性は筆まめでよく男性に手紙をくれました。男性は女性のやさしさに惹かれながらも、病院長のお嬢さんと結婚します。女性は悲しみのあまり修道院に入ります。
    月日は流れ、男性は人伝手に女性が死んだことを知ります。女性の遺品の中にはかつてやりとりした手紙がたくさんあり、男性は悲しみに暮れる。
    そんな内容だった記憶しています。

    大手新聞社の「読書室」にも手紙で問い合わせて見たのですが、今現在わからないようです。

    皆さまの中で、御存知の方がいらしたらぜひ本の題名をおしえてください。

    当時、お金がなくて買えずに(公立図書館を利用する手段を思いつかなかった)いました。

    どうかよろしくお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    似た骨組の本

    しおりをつける
    blank
    グレーテル
    それは、遠藤周作さん著の「わたしが・棄てた・女」です。

    似ているのは書かれたストーリーの骨組だけなのですが。

    「わたしが・棄てた・女」も、

    男性と女性が知り合う、
    男性はその女性を軽く見ていて、何の心もなく彼女を棄てる、
    男性は別の相手と結婚し、月日は流れ、
    男性はその女性が亡くなっていた事を女性が入っていた修道院の人からの手紙で知る、というストーリーなのです。

    記憶は不確かなのですが、文庫本で買ったのは…75年から80年ぐらいだったと思います。

    しかし、詳細を覚えていないながらも、細部が星の砂さんのご記憶のものと、少し違うような気がします。ドンピシャのレスがあるとよいですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    グレーテルさま、ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    星の砂
     さっそくのご返事、ありがとうございます。

     遠藤周作さんの「わたしが・棄てた・女」、私も読みました。今では私の愛蔵書です。
     
     記憶の中の「修道院」という言葉をたどり、カトリック作家の遠藤周作さんが、もしや書かれているのでは? と思ったのです。本当にストーリーは驚くほど似ていますよね! 私も同感です。

     当事の記憶があいまいなのですが、確か評論家の方が「この小説を読んで、つくづく手紙っていいなと改めて思った。手紙文学として、また恋愛小説としても最高の作品」という内容のコメントをされていました。

     どうも、「手紙」がキイ・ワードらしいです。

     グレーテルさんのやさしいおこころ遣いに感謝しております。

     グレーテルさんも本がお好きなのでしょうか。
     とても嬉しかったです。

     ありがとうございました!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    多分違うと思うんですが。

    しおりをつける
    blank
    夢色
    本が書簡形式になっていると言う点から、最初宮本輝さんの『錦繍ーきんしゅうー』かなって思ったのですが、年代や細部を見ると、多分違ってるかな?

    トピ主さんは文面から察すると、とても本好きの方のようにお見受けしました(私もです(笑))

    『錦繍ーきんしゅうー』も、読んだ後の余韻がとても心地よく、素敵な本なのですが、もしよろしかったら御一読して見て下さいね(もしかしたら、もうご存じかも知れませんが)

    全然レスになっていなくて、ごめんなさい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    夢色さま、ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    星の砂
     丁寧なレス、ありがとうございます!

     宮本輝さん、私も大好きなんですよ! 嬉しいです。
     『錦繍』、私も読みました。こころに残る大切な一冊で、今でも私の本棚にあります。

     涙、涙の連続で、読み終えた時は胸の中がせつなさでいっぱいになりました……。深く胸に染み入る小説ですよね。
     
     宮本輝さんのポリシー、「小説とは自分の庭で丹精込めて美しく咲かせた花を、道行く人々にそっと差し出すこと」がそのまま現された作品だと思います。

     この小説を読んで、手紙の持つ深さを改めて思い知らされました。その思いはメール時代になった今でも変わりません。
     
     夢色さんも読書がお好きなのですね!
     同じ本を読んでこんな風に語り合えるなんて、とてもとても嬉しいです。
     同じ思いの方がいらして、今日は幸せな気持ちで眠れます。
     
     本当にありがとうございました!
     

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    丸善

    しおりをつける
    blank
    冴子
    丸善にお問い合わせになってみましたか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    冴子さま、ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    星の砂
     レス、ありがとうございます。
     さっそく「丸善」のホーム・ページを検索して開き、事業部宛にメールを送りました。
     「丸善」に問い合わせるなんて、全然思いつきもしませんでした。ありがとうございます!

     冴子さんも、探している書籍がある時は「丸善」に問い合わせていらっしゃるのでしょうか。
     とても本がお好きな方なのですね!
     嬉しいです。

     「丸善」から返答が来るといいな……。

     待つのもまた楽しみですよね。

     情報がいただけて、本当にありがたいです。

     ありがとうございました!

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0