詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    自己防衛ってイケナイ事なんですか

    お気に入り追加
    レス16
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    リク
    ヘルス
    僕は14歳の現在不登校状態の男子生徒です、幼い頃は活発で母が言うには「人の前に立って、ハキハキと言葉を言い、とても心配性な子供」らしいんです。
    僕が13歳の頃、祖母が不登校の私と鬱の母を心配して会いに来てくれました。

    祖母と母は世で言うD5夫と結婚していたらしく、二人とも酷い鬱状態で…その頃の僕は「寂しかった」です。

    会いに来てくれた祖母は独り暮らしで、80代なのに体力気力ともに成人男性の様に元気な明るいお婆ちゃんです。
    家でやる仕事をしていて、余り地域の人と逢わずたった一人で家に住んでいる状態なんです。
    母と祖母と同じく、僕も軽いアスペルガーにかかっていたらしくて…あの時も今もうまく感情をコントロール出来ませんでした。

    会いに来てくれた祖母は自分の畑で採れた野菜をニコニコして、「これはうまかよ~♪」と言いながら冷蔵庫に詰め終わった後
    ソファーに座ってもらい、くつろいでもらいました。


    その時、祖母に言われた言葉が今でもトラウマで…思い出してしまった夜は独りで涙が止まりません。

    「昔はこんな感じじゃなかった」「昔はもっと明るい子だった」
    僕はその言葉を聞いた瞬間、何故か涙が溢れてしまい…一生懸命止めようとしたけれど止まりませんでした。
    でも母と祖母の話を邪魔しちゃいけないと思って、黙っていました。

    「どうしてこんなに変わってしまった」「あの子は誰だ」

    母は祖母にこうこうこうしてこうなってしまった、と言っていました。
    でも、我慢しきれなかった僕は

    「好きにこうなりたかった訳じゃない」「無表情で無言になって感情を抑えているのは、虐められて出来るだけ衝突が起こらないようにした自己防衛だ」


    母と祖母と僕はそれからぎこちないです…どうしたら仲が良くなりますか?

    トピ内ID:4764343056

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数16

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    いやいやいや・・・

    しおりをつける
    blank
    maru
    この中で、私が『悪い』と感じたのは1点だけ。

    >「昔はこんな感じじゃなかった」「昔はもっと明るい子だった」

    あなたの前でこんな発言をしたおばあ様だけだと思います。

    でも、あまり気になさいませんように。
    お年寄りによくあることです。
    「昔は良かった」「私は若い頃は…」

    トピ内ID:2300623335

    閉じる× 閉じる×

    立派な14歳だと思います。

    しおりをつける
    🐧
    絹子
    その年齢で、自分をそのように表現できることは、凄いと思います。
    変わったのでなく、成長しているのでしょう。

    大人は、子供だと思っていた子が、大人に近づいたときに、ショックを受けるものです。
    親ならば、なおさらで、おばあ様はもっとびっくりだったのでしょう。

    田舎で、活き活き伸び伸び生活されているおばあ様は、子供時代の孫が懐かしいで、そういう言い方だったのだと思います。

    ですが、もう14歳なのだから、自己防衛による無表情な態度の男の子でいても、不思議はありません。
    それを理解しない大人が悪いわけでもありません。

    何も気にしないでいいと思います。
    無理に自分を変えようとか思わずに、正常に成長しているのですから、
    そのままでいいと思います。
    今を自分らしく生きてください。

    トピ内ID:2731457843

    閉じる× 閉じる×

    あなたが気にすることではない

    しおりをつける
    いかが
    あなたはお母様がお婆様にしていた説明に納得がいかず、自分のありのままの気持ちを知ってほしかったのでしょう。お母様はそれを聞いて、自分の解釈が間違っていたことに気づき、あなたの前で思ったままを話すことができなくなったのでしょう。本当は、お母様が自分からあなたの本当の気持ちを知ろうと話しかけるべきなのでしょうが、そうはなさらないのですね。

    向こうがそのような姿勢なら、むしろあなたは、自分の本当の気持ちを知ってもらうようにした方がいいでしょう。そして、あなたの今の気持ちは、気まずい雰囲気をなくしたいということなのでしょから、自分が気にしていないということが伝わるように、何もなかったように積極的に話しかける方がいいのではないでしょうか。

    トピ内ID:4186087003

    閉じる× 閉じる×

    大丈夫

    しおりをつける
    🐧
    すみれ
    他にあなたの話を聞いてくれる大人の人はいますか?

    あなたは聡明な方だと思いますよ。

    一度、住んでる市の役所に相談にいってみて下さい。

    必ずね!

    トピ内ID:0712745762

    閉じる× 閉じる×

    おばあちゃんの畑です

    しおりをつける
    blank
    ほっと一息
    自己防衛というのは、良い悪いではなく、自己を防衛するという、人間の基本的な機能ですから、「そういうものだ」ぐらいに思ってください。

    それで、何を防衛しているのかというと、それはあなたの本来の心、精神です。おばあちゃんが言う「昔はこんな感じじゃなかった」その頃の、人の前に立って、ハキハキと言葉を言い、とても心配性な、その純粋な心、精神です。

    それが破壊されないように、DVとか、虐めとかから、一生懸命防衛してくれています。そのことを忘れないで下さい。

    あなたには、恐らく「受け入れられている」という感覚が必要なのです。あなたの心が受け入れられている、という感覚です。リク君自身や、リク君を取り囲む環境から、です。それは、防衛しなくてもよく、精神が気楽に表に出てくることができる、ということです。

    おばあちゃんにお願いして、一緒におばあちゃんの畑で野菜を育てて下さい。できれば半年とか、冬になるくらいまで。おばあちゃんと一緒に早起きして、畑を耕したり、種まきから収穫まで。最初はお手伝いでも、やがて「自分が育てる」という心をもって。自然はリク君の全てを受け入れ、答えてくれます。

    トピ内ID:8550466754

    閉じる× 閉じる×

    リク君へ

    しおりをつける
    🐤
    ぽんぽこ
    リク君、こんにちは。とても悲しくて辛い気持ちをこんなに素直な文章で書いてくれて、君はとっても素敵なひとですね。
    無理に仲良くしようとするよりも、今は自分の柔らかな心を自分で守ってあげることの方が大事だと思うよ。 それを他人(自分以外のひと)が自己防衛と呼ぶなら言わせておけ。だってその人が守ってくれないんだから。わたしはリク君の味方だからね。そして世界最強のリク君の味方はリク君自身だから!!!

    トピ内ID:0269575251

    閉じる× 閉じる×

    リクさんは優しいんですね

    しおりをつける
    こけもも
    「どうしたら仲が良くなりますか?」というリクさんの言葉に胸が苦しくなる思いです。

    リクさんのような13~14歳というのは、心身ともに変化が激しく通常でも不安定になりがちな時期です。
    そういう時に家庭が安らげる場でなくなってしまう事は、子供にとっては大きな影響があります。

    リクさんの現在の状況は、リクさんだけの問題ではありません。
    リクさんがおっしゃる通り、「自己防衛」だと思います。それに対してのおばあ様の発言は、配慮に欠ける発言だったと私も思います。

    けれど…そうやって人の心に配慮して発言出来ない大人はこの世には沢山います。でもその大人を責めても…何もかわらないかもしれません。

    私の家族もそういう家族でした。結局…仲良くなれないまま私は大人になってしまいました。
    でも大人になってみて家族の事を考えた時、家族にもそれぞれの事情があり、その家族も好きでそうなったんじゃないかもなぁ…と思いました。

    今すぐ、仲良くなれるかどうかはわかりませんが…お母さんには優しくしてあげてください…
    そしてリクさんは自分の未来を考えて、必要な事をやるよう心がけてください。

    トピ内ID:5470494264

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうです

    しおりをつける
    😢
    リク
    maruさん

    祖母も80代ですから、忘れっぽいし過去が少しだけ美化されててもおかしくないですよね…
    祖母もちょっとだけ爆発してしまったかもしれないだけなので、悪いとは言わないでください。
    でも、レスしてくれてありがとうです。


    絹子さん

    祖母はビックリしちゃっただけなんですね、ちょっと安心しました。
    成長…していると良いです、自分ではぐるぐるしてるだけですから……
    『自分らしく』って初めて言われちゃいました、何かくすぐったいですね…
    レス、ありがとうです。


    いかがさん

    確かに納得できずに叫ぶように言ってしまいました。
    母は心配性で、僕に有った事を『この後こうなってしまったかも』と思い込んでしまう母です。
    でも、そんなお母さんだから『母』と呼んでいるんですよね…
    話しかけるんですか…祖母とは会う機会少ないけど、昔の様に話してみたいです。
    レス、ありがとう


    すみれさん

    話を聞いてくれる大人の人は居るんですが…
    小4の頃ぐらいから無言だったので口下手になってしまって、上手く伝えられないんです。
    レス、有難う

    トピ内ID:4764343056

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    ありがとうです

    しおりをつける
    😢
    リク
    ほっと一息さん

    『そういうものだ』…ですか、
    防衛してたら少し安心できていたのは『精神』を守っていたからなんですね…
    受け入れられているというのは、少し難しいです。

    虐められて少しだけいじめっ子に仕返ししたことが有りました。
    頭をグーでゴスッ、と。

    先生たちに注意させられて、僕はやってはいけない事をしてしまった。…そう思いました。
    帰ってきた母がこの事を聞き、『なんでそんな事をしたのっ!!』としかられて…
    それでちょっと…母が苦手というか…、今は兄弟や親友みたいに話したりできるんですけど…

    ちょっと…ね……少し落ち着いてからにします。レス、ありがとう


    ぽんぽこさん

    素敵な人とは褒めすぎです、皆を安心させてあげられず…ネットでしか本性を語れない。
    でも、そう言ってくれると嬉しいです…初めて言われたのでちょっと恥ずかしいですが。

    味方になってくれる人は『虐めている人を助けたら自分が虐められる』
    と恐怖して顔を見てくれないので、とっても嬉しいです。
    世界ではもっと強い人が居ますよ、レスして助言をくれる人達が…です。
    レス、有難う

    トピ内ID:4764343056

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    ありがとう、です

    しおりをつける
    😢
    リク
    こけももさん

    僕は優しくなんかないですよ…、と言いたいところなんですが
    嬉しいんで、正直に受け取らせてもらいます……

    そうですね…安らげる所は自分の部屋ですかね、
    ドア側に安心して背中を向けられるようになりたい所です。

    祖母も母も僕も一つにまとめれば鬱なので、祖母がキツく言っても傷つかない…
    と、強気になりたいんですが…今の所皆さんのレスで画面が歪んで見えます何ででしょうか…

    僕は他人の事ばかり先回しで、自分の事は後にしてました。
    皆さんの助言で気づけました…ありがとうです♪

    ちょっとチャレンジですよね。

    トピ内ID:4764343056

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    嬉しいお返事、ありがとう

    しおりをつける
    blank
    ほっと一息
    どうもありがとう。
    とても素直で健全な感受性だなと、嬉しくなりました。それは命ぐらい大切なもので、多くの人は、成長するにつれて忘れてしまうものなのです。大切にして下さい。

    > 帰ってきた母がこの事を聞き、『なんでそんな事をしたのっ!!』としかられて…
    母親って過剰に反応してしまうものなんです。親は家にいる時のリク君しか見ていないし、「お宅のお子さんが友達を殴りました」って、言葉で聞くとすごい暴力事件のようで「頭をグーでゴスッと」とはまた違う衝撃でしょ。それで「あの優しいリク君=暴力?!?!」ぐらいに気が動転して、その動転の勢いで怒っちゃうんです。


    リク君がここに書いた表現には、リク君自身が現れています。
    そして、他の人からのレスは、リク君に対するチャレンジなんです。リク君の問いかけやお返事は、私に対するチャレンジです。
    目が覚めてから眠るまで、目にするもの、耳にするもの、触れるもの、全てが「自分」に対するチャレンジです。
    そのチャレンジに対する自分の反応を見つめていると、「なんだ、自分って、そういうものか」「ヒトってそういうものか」と分かってきたり、します。

    トピ内ID:8550466754

    閉じる× 閉じる×

    自分のペースで良いんだよ。

    しおりをつける
    blank
    志鶴
    ゆっくりね。
    苛められて、反撃したら怒られたのは辛かったですね。どうして殴ったのか、話を聞いてくれていたら、トピ主さんもそんなに落ち込まずにすんだのに。
    大人に余裕が無い時代で、辛い思いをさせてしまっているんですね。

    だからせめて今は、ゆっくり休んで下さいね。

    こんなことしか言えなくてごめんなさい。

    トピ内ID:5391431269

    閉じる× 閉じる×

    そうですよね

    しおりをつける
    blank
    リク
    志○さん←すみません、志の次の字が読めません…すみません。

    今思えば話を聞いてくれる大人、僕は身勝手に求めてたんですよね…
    先生や近所の親達は自分の家庭を守るのに必死なのに、僕は怯えてただけでした。
    学校で『虐め』が有ることに気付いたPTAの人達は
    それを無くそうと走り回っていたというのに…

    自分のペースで良いんだよ、
    この言葉5歳の時着物を着たお姉さんに言われたことが有ります。

    今も昔もこの言葉を失礼ながら忘れてしまっていて、
    焦って焦って自分の首を絞めていたんですね…
    今は中学生になりましたし少なからずこの言葉の意味が分かるような気がします。

    こんなことではないです、貴方はただの中学生のトピに助言をくれた人じゃないですか。
    貴方が謝ることではないんです、僕は貴方を含め…いろんな皆様に助言を頂いています。
    皆様の助言で

    あぁ、そうか…と納得する自分が居るんです。
    貴方達の助言で救われている人が居る事、絶対に忘れないでください。
    助言された人は心が軽くなるんです、だから…謝るのはやめてくださいね。

    子供のくせに申し訳ありません。

    トピ内ID:4764343056

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    こんにちは

    しおりをつける
    🐱
    こあにゃん
    リクくん、

    こんにちは。皆さんとのやり取りを拝見して、とても聡明な人だと感じています。ご家族にとっては、リク君はまだまだ赤ちゃんと変わらないような自分が諭すべき存在なのだと思います。だから自分たちのコントロールできない状況が許せなくて、どうしてこんなことに!などと思うのじゃないでしょうか?どこの家でも似たようなもんだと思いますよ。

    子供は親子関係においては永遠に子供ですが、年が小さいなりに子供の社会で人間関係を築いて社会生活を送っているのは親と同じです。違うのは親が生活を支えてくれて、子供が想像のつかない程の大変さや理不尽を飲み込みながら生きている点くらいです。自己防衛していない大人なんて存在しないというか、生きて行かれないので、イケナイことではないと思います。

    ママには殴ったことより叱る前にその気持ちを理解してほしかったと伝えたら?おばあちゃんには僕はおばあちゃんが大好きって伝えたら?たぶん何も悪いことは起きないよ。

    トピ内ID:4135549533

    閉じる× 閉じる×

    「鶴」は「つる」、と読むんですよ。

    しおりをつける
    blank
    志鶴
    鳥のつる。「志鶴」は「しづる」と読みます。

    それからリクさん、ありがとう。あなたの言葉で、私の方こそ救われました。

    お祖母様とお母様のことですが、あなたを傷つけてしまったと、ご自分を責めていらっしゃるのかもしれません。私の父がそうでした。
    昔、父が精神を病んでいた時期がありました。その頃、父はよく私や母に八つ当たりをしたのですが、八つ当たりをした翌日は、私の目を見ないんです。八つ当たりでしたから、私の目を見るのが怖かったんだろうと思います。子供が親に愛されたいように、親も子供に嫌われたり軽蔑されたりするのはきっと辛い。

    お互いがお互いを大事に思っているから、今はギクシャクしているのだと思いますよ。

    トピ内ID:5391431269

    閉じる× 閉じる×

    チャイルドラインに電話してみては?

    しおりをつける
    🎶
    いかが
    「チャイルドライン」は、18歳までの子どもがかける子ども専用電話です。

    チャイルドラインの発祥は1970年代の北ヨーロッパです。たとえばイギリスではその電話番号を知らない子どもはいません。お説教ぬき、押し付けぬき、子どもたちの声にただただ耳を傾けます。
    日本では1998年から始まりました。

    子どもは、本気で自分の話を聴いてもらえた、受けとめてもらえたと感じることが出来れば、自分自身で、その課題と向き合い、乗りこえていく力を持っています。

    そう信じ、子どもの「ことば」の奥にある「こころ」を受けとめることに全力を傾ける、「電話でつながるこころの居場所」それが、チャイルドラインです。

    2012年10月15日現在、全国46都道府県78の実施団体がチャイルドラインの活動を行っています(ほか、3都県3団体が開設準備中です)。

    トピ内ID:4186087003

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]