詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    働くお母さんに育てられた人

    お気に入り追加
    レス76
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    芝桜
    ひと
    早い時期からの保育園生活、働くお母さんに育てられた人、子供の時どうでしたか?寂しかった、至福だった、などいろいろ思い出にあると思います。そして今の自分など・・・

    トピ内ID:4051321218

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数76

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    0歳から保育所

    しおりをつける
    blank
    このみ
    母が産後一ヶ月から働いていたので0歳児から保育所に預けられていました。
    母は社会的に地位のある職業だったので、仕事に代わりがききませんでした。
    もちろんさみしかったです。一時はチック症状も出ていたみたいです。
    でも少し上に姉がいましたし、母の友達も協力してくれたのでなんとかなりました。
    でも小学校のころは友達の家に毎日母親がいるのが羨ましくてしょうがなかったです。
    でも母を尊敬していましたし、それが自分の家のあり方なんだと小さいながらに納得しようとしていました。それに母は短い時間でも十分に愛情を注いでくれましたから。
    母といつも一緒にいられなかったので、うちの兄弟は人一倍母親が好きです。

    大人になった今仕事と両立しながら私と姉を育ててくれた母に感謝していますし、尊敬しています。
    さみしくても必ず理解してくれる時が来ると思います。

    トピ内ID:5642264467

    閉じる× 閉じる×

    寂しかったより

    しおりをつける
    blank
    さら
    寂しかったより嬉しかった記憶が残っていますよ。
    早く終わってお迎えに来てくれた日、平日休みにお出かけしてから保育園に行った日。

    トピ内ID:0684673161

    閉じる× 閉じる×

    両親共働きでしでした。

    しおりをつける
    blank
    もふもふ
    20代後半独身女です。
    保育園には夜19時~20時まで、もっと遅い時は80代後半の曾祖母がタクシーで迎え。
    小学生の時は鍵っこ、家に帰っても19時20時まで一人。
    正直、当時は何にも考えていませんでした(笑)
    只たまに父の仕事が夕方終わり、園児の誰よりも先に帰れる時は嬉しかった記憶があります。

    今思えば寂しい時もあったのでしょうが、大して記憶に残っていません。
    その分、保育園の先生方が可愛がってくれましたし、小学生の時は19時頃まで田んぼで走り回ってました。(相当な田舎でしたのでそれが当たり前でした、都会じゃ怖いですけど)

    母がもっといてくれたら一緒に夕飯を作ったり、もっと遊べたのに…と思うことは大人になりありました。
    ただ中学高校の頃、ふがいない父のおかげで(笑)母はもっと働かなくてはいけなくなったので、
    家計、家庭を支えてくれた母には今でも本当に感謝しています。

    それを自分の子供にもと思うと、今はまだわかりません。ただフルタイムで働くことになっても子供との時間は大切にできる母親になりたいとは思います。

    トピ内ID:4571936065

    閉じる× 閉じる×

    働く母は誇り

    しおりをつける
    blank
    yuu
    ちょうど今年母が42年勤務した職を退職しました。
    フルタイムで働き続ける母の背中をみて育ったので、自分もずっとそうするものだと思って育ち実際そうなってます。
    母は家事(特に料理)は手を抜かずに惣菜などにいっさい頼らない人だったので(その方が安くて美味しいからというだけですが)、私も同様にどんなに疲れて帰ってきても食事だけは絶対に手を抜きません。
    寂しいと思った記憶はあまりないですが、3人兄妹で育ったおかげかもしれません。職場でも家でもみんなから頼られていた母は、私ども子の誇りです。

    トピ内ID:1574032211

    閉じる× 閉じる×

    ただ大好きだっただけ

    しおりをつける
    🐱
    けいご
    働くお母さんどころか、母子家庭で母親はフリーランス。24時間営業でした。
    颯爽と車でどこへでも取材に出かけ、深夜まで資料が積まれた部屋でワープロを打つ母…
    ひたすら「憧れ」でした。
    母は大変だったんだなって今ならわかりますけど…
    寂しいなんて思ったこと一度もありませんね。
    一緒にいるときは思いっきり可愛がってくれましたし、
    母がいてくれるだけで幸せでした。
    一緒にいる時間が長い短いは関係ないです。

    トピ内ID:6529388283

    閉じる× 閉じる×

    はーい

    しおりをつける
    🙂
    るな
    両親共働きだった為、私は生後半年で保育園に入ったそうです。
    お迎えも時間外が多かったですが、同じ時間外の友達も多かったので覚えている記憶の中でも寂しいとか悲しかったとかあまり感じた事はなかったですね。

    小学生の低学年の頃は学校の帰りに祖母宅へ遊びに行っていましたし、習い事もやっていたのでやはり寂しい思いをした記憶はないです。
    小学高学年の頃に毎日弟の保育園のお迎えに行くのがすごく嫌だった記憶は残っています…

    子供の頃、母親が仕事をしていて寂しかった記憶はほとんどありません。
    4兄弟だったせいか、家族が揃っている時の騒がしさは半端なかったので、とても逞しく育ちました!!(笑)
    でも、年が離れている兄2人に自分の面倒を見てもらった記憶はあまりありません。

    学校の行事には交代勤務だった父親が多く来ていた記憶がありますが、母親じゃなくてがっかりするという事もなく、むしろ父親が来てくれて嬉しかったです♪

    ・・・そんな働く母の背中を見てきたので、私は共働きが当たり前で専業主婦をしたいという考えはほとんどないですね~(現在、アラサーの独身です)

    トピ内ID:2948423772

    閉じる× 閉じる×

    寂しかったですよ

    しおりをつける
    blank
    rika
    生後5ヶ月から、保育園でした。
    保育園の頃はそんなに寂しく感じませんでしたね。

    小学校に上がってからの方が寂しかったです。
    今みたく学童がなかったので、鍵っ子でした。

    暗い部屋に誰もいないのに、「ただいま」と言って部屋に入る寂しさは今も覚えてます。

    帰ってからは、近所の叔母の家に行ってました。(母がお金を払って託児してもらってた)

    母の職場には、同じ小学校に通う母子が多く、責任ある立場の母は、休みがかぶってしまうので、授業参観には殆ど来れませんでした。

    小さい頃から、保険証とお金を持たされ「自分で歯医者に行って来なさい」。
    怖いし、痛いのに。

    中高と制服を買う時や、学校見学も母が連れ添ってくれた事はないです。


    共働きのお陰で何不自由なく生活をさせてもらいました。

    母が好きだし尊敬してるけど、母の様な母にはなりたくないです。

    私は自己完結する人間になりました。
    辛い事があっても、人に相談しません。
    母には相談した事はありません。

    今でも赤の他人様の「お帰り~。」と子供を迎える場に出会すと、胸が痛くなります。
    でも、そんな事、母は知りません。

    トピ内ID:5368872691

    閉じる× 閉じる×

    私は未成熟な大人です。

    しおりをつける
    blank
    色々ある
    私の母は、朝から夜中まで働きずくめでした。そのため、疲れていた母は私を相手にできず、私は土日祝日などはおばあちゃんち(祖父、祖母、おばさんが住む家)で過ごしました。おばさんには色々してもらい、私にはおばさん=母親でした。6歳まではほとんどおばあちゃんちにいたため、母親=たまにあうおばさんってイメージ。おばさんには色々相談できたり話せても、母親とはよそよそしくまるで他人って感じでした。
    忙しい母とはあまり会話できませんでした。会話できたとしても、怒られるのです(母の疲れから八つ当たり)。何を言ってもダメなど私のしたいことをするなと言う、お願いは聞いてもらえない、普通の会話も叱られる感じ、で母と会話はあきらめました。で何でも自分勝手にすることを決め、結果学校で問題をおこし、担任から内申書を悪く書くと言われ本当に悪く書かれました。(高校受験失敗)
    私が夜中に病気の発作を起こし泣きついても、母は疲れから、発作うるさい、そんなこと(辛さの訴え)言われてもしらん、泣くなうるさいなど言い、持病の治療が適切に出来ず、完治していません。
    私は幼い時分は、母の愛情を感じることができませんでした。

    トピ内ID:8818703794

    閉じる× 閉じる×

    恨みもないが、感謝もあまりない。

    しおりをつける
    🛳
    ゆらゆら
    40代主婦子供なしです。
    幼少時、保育園には節約のため入れられず、一人で家で留守番していた記憶があります。
    幼稚園ですでに鍵っ子、朝は母と行って帰りは一人で帰宅していました。
    その後も小学校~社会人になるまでずっと鍵っ子でした。

    主人と結婚後も主人が異常に忙しく休みも少ない会社に勤務しているため
    殆ど一人ですが、生まれてから殆ど一人だったので孤独を通り越して何も感じません。
    ただ両親との絆・縁は人よりかなり浅いと思います。
    里帰りも全くしませんし、こちらにも呼びません。

    結論として母への恨みもありませんが、感謝もあまりないと言ったところでしょうか。

    トピ内ID:1616679688

    閉じる× 閉じる×

    私も共働き

    しおりをつける
    blank
    maru
    うちは両親共働き、私が1歳になるまえから保育園に預けられていました。
    物心ついた時から両親が働いているのが普通だったので、
    寂しいという思いは感じていなかったと思います。
    それが当たり前というか、それが普通だと思っていました。
    小学生くらいの時に、少し母が体調を崩し専業主婦になった期間がありましたが、
    学校から帰ってきて母がいるってなんか変な感じでした。
    特にうれしいって事もかったかな。
    いつもの一人の自由時間がなくなり、自分の生活のペースを崩された気がしました。
    でもそれは育つ家庭環境によりだし、個々の性格にもよりますよね。
    私は一人っ子だったし、結構ドライな性格なので、そんな感じだったのかもしれませんし。

    両親共働きが普通という家庭で育った私も今は結婚し一人子供がいて、
    自分も共働きです。

    トピ内ID:7281514754

    閉じる× 閉じる×

    母子家庭でした

    しおりをつける
    🙂
    みんみん
    母子家庭で育ちました。母はひとり働きながら私と妹弟を育ててくれました。寂しかったかと聞かれたらそうかもしれないけれど自然と家事能力がつき、大人になって一人暮らしをした時も全く困りませんでした。高校生の頃にはお弁当作りや夕飯の支度(部活帰りにスーパーで買い物して)、服にアイロンをかける、ボタンをつける、弟の体育祭の応援団の衣装作り(型紙で布を裁断し、ミシンで製作)までやっていましたから。家族の結束も固く、妹弟も家事が得意です。そう悪い面ばかりではないですよ。

    トピ内ID:4818561353

    閉じる× 閉じる×

    私は

    しおりをつける
    🐶
    ぽう
    保育園に1年だけ通い2年保育の公立幼稚園に行き、小学校へ入学しました。

    母は三交替のある看護師でした。
    父は県内で一番大きな中央郵便局員で夜勤があり、私が産まれる前に夜勤のない地元局に異動させてもらったそうです。しかし小2の時急死しました。

    それと父方の祖父母が同居で農家をしており、はっきり言って私と妹はほとんど祖父母がお世話してくれたと言っても過言ではありません。祖父母との思い出はたくさんあります。

    しかし母との記憶はあまりないし、いても夜勤明けで寝てる事が多かった気がします。私は妹が産まれた2才の時から祖父母と寝ていたので母と寝た記憶もないです。食事も祖母が作ってくれた物は思い出せるけど、母は何が得意だったかなぁ?

    でも遠足や運動会の前の日は一緒におかずを買いに行った事は覚えています。学校行事や子供会は、休みを変わってもらって必ず来てくれました。

    それが私には当たり前で寂しくなかったです。今は私も子供がいて義父母と同居しており、保育園は行かせていませんが行かせたいです。

    特に今の時代祖父母と触れ合ったり、たくさんの経験をさすのも大事だと思います。

    トピ内ID:8519447172

    閉じる× 閉じる×

    寂しかった

    しおりをつける
    🙂
    takeko
    私が生まれる前からフルタイムで母は働いており、私と兄はお手伝さんに育てられたようなものです。
    外では立派な働く母かもしれませんが、親子遠足にこられない時は私が後ろめたい気がしたし、急な雨の日に友達のママがお迎えに来ているのをうらやましく見ていたりしていました。
    私が小3になるとお手伝いさんもいなくなり、鍵っ子になりました。
    その頃は寂しいという感情は無くなりましたが、いま思うと寂しいと思ってはいけない、口に出せないような感覚だったと思います。
    悩みや心配ごとも母に話す雰囲気ではなかったです。大人になった今もです。
    家事はどうしてもおろそかになり、疲れの為かいつもイライラしていた印象しかありません。
    今私には子どもがいますが、ゆっくり子どもと向き合いたいと思い、仕事をするにしても子どもが学校に言っている間のみと決めています。
    どちらが正解、とは決められないと思いますが。。。

    トピ内ID:1377870592

    閉じる× 閉じる×

    感謝

    しおりをつける
    🙂
    ソラカラ
    私の両親は、特殊な商売で家に帰ってこられない事もあった為幼少時より度々祖母宅に預けられました。寂しかったし、学校から帰るとお母さんが待ってる人が羨ましかったです。祖母にはお世話になりましたが悲しい思いもしたし、幼いながらにいつも遠慮していました。私が中学二年、弟が小学五年の頃から、祖母の事情で両親の不在時、子供二人だけで生活。当時はコンビニも惣菜を売っている所もほか弁もなし。勿論携帯電話もない時代。その頃は、寂しさに随分慣れていたような気がします。
    私は専業主婦が夢でしたが、夫がギャンブル、暴力、浮気…と散々で離婚。離婚前も働いていましたが養育費なんて一円もなかった為、離婚後は更にがむしゃらに働きました。現在、娘は社会人5年目。就職してから、誕生日、母の日以外にも、お母さんに似合うと思ったとか言ってはプレゼントをくれます。何もいらないと言うと…どれだけ贈り物をしても足らないと言ってくれます。つらい思いばかりさせたのに申し訳ない位ありがたいです。私は娘ほど、母に親孝行できていませんが、幼少時寂しい思いをした事を恨んだりしていません。私や弟の為に必死で働いてくれた事に感謝するのみです。

    トピ内ID:8594712512

    閉じる× 閉じる×

    寂しかったと思います

    しおりをつける
    blank
    ハル
    母親はパートでしたが、
    仕事が終わる午後5時ごろになると、
    働くスーパーまで迎えに行ってました。
    たぶんさびしかったのでしょうね。
    でも、近所の子供もお母さんが働いている子が多くて、
    同じような境遇でしたから鍵っ子も普通で、
    みんなで勝手に集まって遊んでました。
    昭和のベッドタウンの良さですね。

    でも、もし鍵っこが自分一人ぼっちだったら、
    孤独でつらかったと思います。
    子どもの周りの環境にもよるのかなと思います。

    トピ内ID:5754344670

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      個人的には…

      しおりをつける
      blank
      魚屋
      学校から帰宅~母親が帰ってくるまで祖父母の家に預けられていました。
      夕飯も祖母が作ってくれたものを食べていました。

      祖父母には見てもらって感謝していますし、自他ともに認めるおじいちゃん子になりました。大人になって両親の大変さもこれでもかと痛感しました。

      ただ、当時はやはり母親のご飯が食べたかったし、母親が迎えに来てくれるのが毎日待ち遠しかったように思います。
      専業主婦の母親を持つ友人が羨ましいと思ったこともあったので、寂しさはあったのかもしれません。

      生活スタイルや家庭の事情は様々ですし、共働きや子供を預けて働く女性にどう思うこともありません。
      専業主婦も良いとか悪いとか思いません。

      ただ、私個人で考えていることは子供との時間をもてる母親になりたいと思っています。

      まぁ、現実はそう簡単にいかないと覚悟はしています…私の母親のように。

      トピ内ID:7924882189

      閉じる× 閉じる×

      辛かったことは

      しおりをつける
      🐤
      小中学生母
      ・仕事中は決して話しかけてはいけない
      (自営で母1人で仕事、父が他社サラリーマンで保育園にはいれなかった)

      ・熱があっても1人でお留守番
      トイレに行くのも作り置きの食事をとるのも、1人朦朧としながらでした。

      ・運動会、参観日は親は来ない。委員も仕事を理由に高飛車な態度で引き受けず、
      周囲の保護者からは同情と憐みと母に対する怒りのまなざしを私が受けることに。
      あからさまに母の悪口を言う人もいて、嫌でした。(地域的に専業9割)

      学校から帰ったらオヤツを母が準備して、「お母さん、今日こんなことがあったよ」と言える
      雰囲気にあこがれていました。母は仕事の後は家事に追われピリピリしていて、話しかける
      タイミングを間違えると怒るので、家ではいつも緊張していて嫌でした。母の代わりに家事を
      一通り自分でするようになっていたので、1人暮らし以降も困ることはありませんでした。

      母は仕事第一です。お金に困らない今も仕事をしています。
      私は母のようにはなれず、専業主婦として子どもの世話中心の生活です。
      フルタイムの仕事を持つと母のようになりそうで、パート止まりです。

      トピ内ID:1698769147

      閉じる× 閉じる×

      おばあちゃんがいました。

      しおりをつける
      ティーカップ
      三十路すぎた今 思い返すと、
      友達の家にはお母さんがいて羨ましかったけど、
      働いているお母さんは大好きでしたね。
      家にはおばあちゃんがいましたので寂しくなかったです。
      ただ、仕事のストレスがつのると怖かったですね。イライラしてて。

      今となっては尊敬です。

      トピ内ID:7723310245

      閉じる× 閉じる×

      まだ専業主婦の母親がスタンダードな時代でした

      しおりをつける
      blank
      akireta
      生活のために母は正職員で働いていました。
      同居の祖母が居たので、幼児期は不自由はありませんでしたが、私の就学後に急死しました。
      放課後の預かりクラスに入れればいいのに鍵っ子でした。
      大人になってから「なぜ?」と母に聞くと「知らなかったし、誰も教えてくれなかった」と馬鹿な言葉が返ってきました。費用を惜しんだだけかも。

      病気のときはよほどでなければ、病院にも連れて行ってもらえず市販薬を飲まされて、母は困ったような不機嫌そうな顔で「寝ててね」と言い捨て出勤していきました。見かねた隣宅の小母さんが様子を見に来てくれました。
      なんだか、親の足手まといになっているような気持ちになりました。

      その場にいる大人に可愛がってもらおうと媚びる子になってしまいました。
      今でもその片鱗は残っています。

      育てたように子は育つといいますが、どこか私には素養がないと思います。手をかけずに育てられた結果でしょうか。

      私は「共働き必須」という昨今の男が厭わしい。妻子を養えないなら、子をつくるな、そもそも女を欲するなとさえ思う。(気)甲斐性なしの父とリンクするからでしょうかね。

      トピ内ID:1544770444

      閉じる× 閉じる×

      小学入学から経験

      しおりをつける
      🐱
      そら
      小学入学と同時に鍵っ子でした。私が学校行くと21時~22時まで親は帰宅できないサービス業でした。

      母子家庭でしたので、授業参観など一度も都合つかず来れず、とても寂しくなり母親の働く職場へ電車とバス乗り継ぎ、学校サボって行ったこともあります。

      母親が働く姿は、とても眩しく、幼少ながら「凄いな、お母さん頑張ってるな」と考えてました。

      そんな急に職場に現れる娘を叱ることもなく、一緒に過ごさせてくれました。

      当時の母親が勤める職場には迷惑かけたと思いますが、理解を示して下さり優しい方々でした。

      究極に寂しい時は、ストーカーのように母の職場へ向かう私は、今となっては恥ずかしいですが(笑)

      大好きでしたから。

      中学に上がると母親のお弁当を作り(家庭内アルバイト)2000円もらってました。


      早くから包丁にぎり料理が出来たりしたので、成人後の独り暮らしは楽でしたよ!

      トピ内ID:4466102592

      閉じる× 閉じる×

      普通ですけど・・

      しおりをつける
      blank
      空路
      私の両親は公務員でした。
      ずっと働く両親に育てられましたが、別に寂しいとか思いません。
      お子さんの性格にもよると思いますが、
      私は自由に出来て良かったかな(笑)。
      父も母も私を放っていたのでは無いですからね。
      それに、公務員でもお給料の良い職種でしたから、
      何と言うか、何も不自由せずに、大学も行きたい所に、
      と言う経済状態で育ててくれました。とても感謝しています。

      現在私も働く母で、子供達は0歳から保育園です。
      現在子供は高校生ですが、「働くママが一番好きだな~」と言ってくれます。
      寂しくない?と聞いた事もありますが、
      「何が、どう寂しいの?」と逆に質問されました。
      うちの家族は働くDNAがあるみたいで、
      子供達も家族の一員と言う意識が強いです。
      私がいなければ夫と子供で家事を全部してくれるし、
      夫が無理なら私が300キロだって運転して、子供を遊びに連れて行きます。

      私は両親が働くのを見ていたので、働く苦しさも楽しさもよく分ります。
      そして自立する事を学びましたよ。

      トピ内ID:1837162723

      閉じる× 閉じる×

      淋しいとはあまり思わなかったかな

      しおりをつける
      blank
      さえ
      保育園も楽しかったし特にお迎えが遅かったわけでもなかったし。
      小学校に上がってからは学校から帰る頃には母は仕事を終えて家にいました。
      なので逆に鍵っ子の友達をいいなと思ったり(笑)
      完全にないものねだりでしたね。

      ただ、小学校に上がると持病が発生し頻繁に発作を起こしては学校を休んでいました。
      その時に母が傍にいてくれず仕事にでかけてしまってたのが辛かったですね。
      大人になった今ではその事情も察することができますが、当時は何で休んでくれないの?と思ってました。

      トピ内ID:6796176906

      閉じる× 閉じる×

      至福などはありません

      しおりをつける
      blank
      ぴるる
      保育所時代は当たり前であった。
      小学校時代は学童にはいかず1人帰って遊んでいた。
      いろいろ問題が起こってもすぐに言える人がいなかった。
      後はハンカチなど、当たり前の用意がなかった。勉強も見て貰えなかった。
      両親共に教育者ですが、その辺りは時間が忙しいせいで手はかけて貰っていません。

      今は、経済的にも豊かな両親は尊敬に値します。それは母も働いていたからでしょう。豊かな老後は私の理想でもあります。
      しかしながら、自分の娘にはしっかり幼児期からの教育をし、それなりの学校に入って欲しいと願い親心はあります。働いてると時間がありません。
      幼児期に教育出来る時間のゆとりは難しいと思います。寂しさなどは何とでもなるかも知れませんが。

      トピ内ID:4632206960

      閉じる× 閉じる×

      悲しい思い出

      しおりをつける
      blank
      まこ
      私の場合は、ただただ寂しかった。
      結局、親次第なのかな。
      楽しかったと思えた人は、親はその人の事をいちばんに考えて、努力してくれたんでしょうね。
      親の力量が問われるところです。

      大人になった今困っているのは、子どもの頃構ってあげられなかったからと定年してから、一緒に出かけようとか言ってくる事。大人になってから穴埋めはできません。

      トピ内ID:6880657532

      閉じる× 閉じる×

      寂しかった→一人が好きに

      しおりをつける
      blank
      さびしんぼう
      物心つく前より母は働いており、小学生ぐらいまでは寂しく感じる事が多かったです。
      毎日カギを開けて家に入る事、病気でも一人で寝ていなくてはならなかった事。

      短い時間でも、母が私に深く向き合う事をしてくれればまた違ったと思いますが、そういう母ではありませんでした。

      中学生頃からは一人でいるのが好きになりました。

      私は息子が一人おりますが、息子が家にいてほしいと願っている間は一緒にいました。
      6年生になった頃から、私も働きに出ましたが、息子の話を聞く事だけは欠かしませんでした。

      息子は大学生になりましたが、友人も多く、親離れ子離れもうまく出来つつあるかなと思っています。

      トピ内ID:3195539657

      閉じる× 閉じる×

      家族・友人・人間関係ランキング

        その他も見る その他も見る

        働く母に育てられました

        しおりをつける
        blank
        よめやん
        優しく母をとても愛する父でしたが甲斐性がなく(苦笑)
        幼い頃から母は働きづめでした。
        弟は1歳から保育園、私は同じ保育園に空きがなく親戚縁者いろんな人に
        預かってもらいながら5歳で編入。お迎えはいつも最後組でした。
        小学校からはずっと鍵っ子。

        寂しくなかったといえば嘘になります。専業主婦のお母さんがいるお友達の
        家に遊びにいくと手作りのおやつが出てきて羨ましかった。
        手作りでなくてもいいから、お母さんがお菓子を袋からお皿に出して
        「はい、どうぞ」と言ってくれたらな、と思ってました。

        が、母は私達を育てるのに必死でした。
        子供心にもそれは伝わってきていたので、不満はあっても不幸だとは思いませんでした。

        トピ内ID:6015616469

        閉じる× 閉じる×

        レスします

        しおりをつける
        🐧
        ゆきん
        両親ともに公務員で、母は7時過ぎには家を出ていました。
        母方の祖母が私が産まれる前から同居していて、おばあちゃん子でした。自分でいうのも何ですが、高齢者や弱者に対する優しさや他者の気持ちを汲むことには、優れている方だと思います。
        ですが、小さい頃から引っ込み思案で内気でしたが、中学生の頃からはじけ楽しいこと大好きになりました。
        母が忙しかったのと、母も祖母も教育熱心でなかったことなどから、成績はいつも下の方。勉強は、根気もなく、諦めることが大好きでした(笑)。
        今は主婦してますが、結婚前は教育業界で働いていました。やはり自らの愛情不足が原因か、子供の教育や心理学に興味が出て大学ではそれを学びました。
        今思うと、やはり小さい頃は、一緒にいる時間を大事にしてあげたい。母との愛着関係がしっかりした子は、自立心旺盛で勉強にも前向きになれます。
        さらに、私が高校生の頃、母と祖母、それぞれ違う時間で夕食が2回に分けて出たため、拒食症になりました。
        特殊かも知れませんが。

        トピ内ID:7389779993

        閉じる× 閉じる×

        使命感にもえてました

        しおりをつける
        blank
        tokumei
        母が大変だったのが理解していたので(させられていたので?)
        自分もがんばらなくちゃ!という思いが強かったです。
        自立心の強い子どもでした。
        クラスでも常にリーダー的存在でした。

        で、今は、残念ながら独身ですが(40代女性です)、
        先生と呼ばれる職業に就かせていただき、同年代男性平均よりは
        お給料をいただいています。
        社交性もがっつりあるので、独身でも友人関係は広く深くでさみしくなく、ますます縁遠くなっています。

        トピ内ID:9593336740

        閉じる× 閉じる×

        寂しさの感じ具合は、人それぞれ

        しおりをつける
        blank
        いいじゃない
        どう答えてほしいんだか、状況がわかりませんが。

        これから子供を預けたら、子供がどう思うかってこと?

        幼い頃は、同居の祖母が健在でした。
        具合悪くなって入院したりで、小三年から私は鍵っ子でした。学童保育がない小学校で、4年生の時に祖母は亡くなりました。

        鍵を持って自分で開けて入るのがちょっと自慢でした。
        今でなら、携帯持ってるってかんじかなぁ。
        そのときランドセルに鍵と一緒に付けてた鈴は、今の家の鍵で使用中。

        小さい頃から「しっかりしている」って言われてましたが、自分では普通です。
        今友達が、息子が小学校6年でも心配だから一人にしたことがない、っていうのを聞いて、「私なんか一人でバスにも電車も乗り換えてたし鍵だって持ってたよ。」と言います。すごいことだったんだって今なら思います。

        でも冬、こたつにもぐりこんでテレビ見ながら母親の帰りを待つのはお腹がすいたな。外も真っ暗だし。

        もっと小さい頃の思い出はひとつだけ。
        出掛けようとする母にしがみついて行かないでって泣いた覚えがあります。

        「寂しい」思いは憶えてないけど、潜在意識にはあるのかも。
        甘え足りなかったのか?性格ですかね?

        トピ内ID:9594895610

        閉じる× 閉じる×

        かおり

        しおりをつける
        🙂
        まちこ
        寂しいとは思いませんでした。
        途中から働き始めたら寂しかったかもしれないけど、
        産まれたときからなら「そういうもん」と思ってるわけで。

        むしろ、高2のとき、母が55歳で早期退職して家に居るようになったら、
        違和感アリアリだった(笑)。
        ヒマになったせいか、いらん世話を焼きたがったり、
        父への不平不満・小言など口うるさくなり、
        家の中が息苦しくなった。
        サクサクしてた人が、「かまってちゃん」に堕ちた感じ。

        良かった点は、
        女が働くことを「フツー」と思って育ったことかなぁ。
        就職面接で、「結婚しても続けますか?」と聞かれ、
        「ハイ」と答えたら「その理由は」と聞かれ、戸惑った。
        (え?理由がいるの?)と思った。

        あとは、
        家事育児の手抜き加減とか、知っている、イメージできる。
        「スーパーウーマン幻想」がなく、
        こっちやったら、あっちは簡単にせざるをえない、
        そんなの当たり前~という、現実的なバランス感覚がある。

        あと、母は金融系で働いていたので、
        おカネの知識と経済感覚は自然と磨かれました(笑)。
        学校では教えてくれないことだし、
        実際かなり役立ちました。

        トピ内ID:0169618885

        閉じる× 閉じる×

        いつも、イライラしていた。

        しおりをつける
        blank
        ガッツママ
        母は、8時から5時まで、重労働作業、特に働かなくても
        いいくらいなのですが、お金が欲しくて、長年働いてました。
        仕事は、大変だけど、男女仲間が、楽しいと言って
        いました。でも、残された、私は、学校から帰って来たら
        お膳の上に、100円と飲み物が置いてあって、風呂水張り、洗濯
        洗濯物をたたむ、朝の皿を洗う、おかずをひと品作る、部屋
        掃除、疲れこんだ母が帰って来る前に、それらを、全てやってないと
        ひどく叱られました。 今私が家庭を持って、母は、仕事ばかり
        行った事を後悔してます。日曜日の夜なんて、物凄く機嫌が悪かった
        ですし、いつも、母の顔色ばかり伺っていたような。
        母みたいには、なりたくないので、私は、専業主婦で、ゆったり家事をし
        子供の、おやつ作ったり、話しをじっくりしてあげたりしてあげてます。
        私は、母みたいに、イラつく事もないし、今は、幸せです。

        トピ内ID:2301167609

        閉じる× 閉じる×

        寂しい…

        しおりをつける
        blank
        カエルの仔
        おばあちゃんがいたけど、たまたまお母さんが休みでいた時は、格段に嬉しさが違いました。両親が共に働いていたから、お金には不自由はしてないですが…母からの愛情は全く充たされてません。現在、三十路を越えてますが、未だに母の愛情を求め続けています。

        トピ内ID:9198395518

        閉じる× 閉じる×

        全然寂しくなかった

        しおりをつける
        blank
        すいか
        帰宅後は友達の家に遊びにいったり、近所の子供が集まって公園で遊んだりして
        気がつくと夕方になっていた・・・みたいな生活だったので、あまり寂しいと思った記憶がありません。
        また、我が家では簡単な家事(飼い犬の散歩とか風呂掃除など)は姉妹で当番制となっていたので
        そういった仕事をしたり一人遊びしてたりするとあっという間に時間がたっていました。

        困った事は、お腹がすいてもおやつがないと母の帰宅まで我慢しないといけなかったり、
        姉妹で喧嘩したときに仲裁に入ってくれる人がいなくて姉に泣かされたり・・・みたいなことでしたかね(笑)

        仕事をしつつ家事もしっかりしていた母には本当に感謝していますし、尊敬しています。

        トピ内ID:5036492169

        閉じる× 閉じる×

        そうだなー

        しおりをつける
        🐶
        kakao
        私の母は小学校の低学年の頃から働き始めたような気がします.
        昔はおおらかだったからか,母のパートが長引くと弟を幼稚園にお迎えにいってました.
        風邪を引いても母は休めないので,一人で病院へ30分かけて歩いて行ってました.その後も一人で家に帰って,もらった薬を飲んで寝ました.こんな話をすると主人は驚きますが,私はなぜか寂しくはありませんでした.やっぱり母が一生懸命働いていたからでしょうね.父も殆ど家にいませんでしたが,私も弟もとても幸せでした.もう40代ですが,弟と実家で『あんなことして遊んでたねー』と話していたら,母はぽつんと『そんなことしてたんだーお母さん全然知らなかった』と寂しそうに言っていました.一番寂しい思いをしていたのは母だったかも知れません.

        トピ内ID:9435225728

        閉じる× 閉じる×

        八つ当たりされてた友人

        しおりをつける
        blank
        まな
        彼女の母は夜遅くまで働いていたけどいつも八つ当たりされていたと友人は思ったそうです。 そのイライラを いつもおとなしい私にぶつけていました。
        彼女の言うことにしたがっていたけどつらかったです。
        なんでもさせられました。本当につらかったです。 彼女はいい学校にいき私は彼女に意地悪され鬱になり学校に半年いけなかったです。
        極端な例 ですが 書かずにはいれなかったです。

        トピ内ID:3361726621

        閉じる× 閉じる×

        1960年代70年代のシングルマザー

        しおりをつける
        blank
        お局さま
        小学低学年の時に父が事故死。専業主婦の母だけでなくお手伝いさんのいた家庭から急に働くシングルマザーの家庭になりました。数年で管理職になった母は忙しいことが多かったですが、それで愛情が少なくなるということではありません。そういうことって、拗ねたりはしても子供ってわかるものです。だから、寂しい思い出はホントに記憶にないです。
        父母参観に休暇をとってきてくれた時の喜び、会社にいく母と一緒の電車で途中まで一緒に通学した時の、弟にナイショの会話・・・母の愛情の記憶しかないですね。
        私が大学卒業して社会人になった時に(職場が近かったので)会社での失敗を励ますためにランチに誘い出してくれたりデパ地下でお買い物して一緒に帰宅したり。
        反面、家事がもともと苦手な母でしたし、ワタシも同様でしたから、制服のブラウスなんてけっこうだらしなくアイロンかかってなかったりしてちょっとハズカシかった記憶もありますね。でもだからってつらくはなかったなあ。他のお母様方よりちょっとだけ高いハイヒールを履いてお化粧も垢抜けていた母がこっそり自慢でした。

        トピ内ID:1602421877

        閉じる× 閉じる×

        別に寂しくなかったです

        しおりをつける
        blank
        はな
        私の幼少期~高校に上がるまで、母はフルタイムで働いていました。父は子煩悩でしたが、深夜帰宅や出張が多く、祖父母も遠方だったので子育てはほとんど母が一人で担っていました。

        厳しい母でしたが、参観日には必ず来てくれ、運動会や遠足のお弁当は朝早く起きてご馳走を作ってくれました。

        また、子供が家事を手伝うのは当然という雰囲気だったので、小学校も高学年になると一通りの家事がこなせるようになり、一人暮らしをしてからも全く困りませんでした(良い意味で手を抜くポイントがわかる)。

        働く母を見て育ったので、自立心は早くから身に付いていたと思います。

        働き始めてからは、母の努力が改めてわかりましたし、感謝しています。

        働くお母さんには今でも批判的な意見が多いですが、きちんと愛情表現をした上で子供を自立に導けるかどうか、そこにかかっているのではないでしょうか。

        トピ内ID:3350836553

        閉じる× 閉じる×

        頭では感謝、尊敬しています

        しおりをつける
        🐱
        サリ
        私も鍵っ子でした。寂しかったですよ。
        夕方遊んで帰ってきたら家の中が真っ暗で、怖くて入れず玄関先で固まってたこと。
        専業主婦のお母さんがいる友人の家に遊びに行ったら、手作りのケーキを出してくれたこと。
        仕事から帰ってきた母はいつも疲れていて、よく仕事の愚痴など言っていたこと。

        当時は「寂しい」なんて思わなかったけど、大人になった今、母との思い出が少ないことが残念で、同時に、
        やっぱり私寂しかったんだなあって思います。
        母に何かを相談した覚えがありません。離れて暮らす今、関係はますます希薄です。
        私がもっと素直に甘えられる性格だったり、母がストレートに愛情を表現してくれる人だったら違っていたと思います。
        母が稼いでくれたから不自由なく生活できた、私大にも行かせてもらえたと頭では感謝しています。どうしても心が追いつかないというか…。

        ただ私の場合、父が割と早く帰宅できる仕事をしていた為、平日の家事育児は父が担当していました。
        だからなのか、私はファザコンぎみです。父が大好きです。

        子どもができた時、躊躇なく仕事を辞めました。後悔はありません。

        トピ内ID:1952174860

        閉じる× 閉じる×

        帰りが遅くなかったので

        しおりをつける
        blank
        YH
        別に寂しいと思うようなことはありませんでした。学童で友だちと一杯遊んで帰ってくる頃には父も母も帰ってきていました。それから皆で夕食の支度やら洗濯やら、ワイワイ言いながら家事をして、揃って食事。楽しかったです。そして自分も家の中で役割を果たしている事が嬉しかったです。

        私も今、そういう働き方のできる職(父と同業)に就き、同業の男性と結婚し、同じように子どもと一緒に家事をして、楽しくやっています。

        働き方とか、職場からの距離とか、子どもの性格とか、限られた時間の親の接し方とか、いろいろありますよね。寂しく思わせない働き方とケアができたらいいですよね。

        トピ内ID:7796062953

        閉じる× 閉じる×

        できれば3歳くらいまでは育てて欲しかったです

        しおりをつける
        blank
        桃子
        3歳児神話がどうとかでなく、経済的に余裕があったのだから数年くらいは私に時間をかけて欲しかったかな。

        保育園は生後半年から行ってました。自分が子供が生まれて思ったけど、生後半年の子供を保育園に預けられる人って勇気あるなって思いますね。わたしには無理です。何を人生の優先順位にするかだと思う。「子供が優先」って皆言うけど、実際は「仕事」優先なんでしょうね。男女平等って子供の為には全くなってないって思いますね。

        親は何も失わないけど(仕事、収入、子供)、子供は目一杯の愛情を特定の人からもらいたい時期に、集団の中の単なる一人として一日の多くを過ごすんだもの。。。正直昔の自分を思うと可哀想だなって思っちゃいます。

        生後半年で保育園に入っていれば、それが当たり前の毎日になるんだから、嫌でも保育園に行かざるを得ません。お友達にいじめられることだってあるし、それで強くなる場合もあれば、それで卑屈な人間になることもある。愛情の基盤がしっかり築けていない子を集団生活に入れるのはどうかな?って思います。

        母との関係は、別に悪くはないけどすごく感謝ってこともないですね。

        トピ内ID:6269243179

        閉じる× 閉じる×

        共働きでも寂しくなかったです。

        しおりをつける
        🙂
        皐月
        保育園は1歳未満で入園。
        お迎えが毎日遅くても友達とずっと遊んでいられる事が楽しくて、寂しいという不安はなかったです。

        小学生時代も学校帰りはいつも友人と遊んでいて、遅くまで帰らずに怒られる事が多かったな。
        毎日色んな友達の家に遊びに行っていました。
        遊ぶ友達も共働きが多かったので、それが当たり前の環境だと思っていました。
        友達と遊んだり習い事もやったり弟の面倒も見たりして、、、
        自分も毎日忙しかったので寂しさなんてこれっぽっちも思わなかったな。

        平日は仕事や趣味で多忙だった母も、休みの日は何するもどこ行くにも一緒でしたね。
        料理も必ず手作りだったし、お弁当も高校~社会人になっても実家を出るまで毎日作ってくれました。
        兄弟も多くて騒がしかったし、朝ご飯は必ず家族揃って食べるという習慣もありました。

        子供の頃から多くの友達に恵まれていたお陰で、思春期時代の悩み相談は専ら友人に聞いてもらっていたので、
        今でも母より親友に全てを相談する癖がついています。そして、事後報告で親に報告しています(笑)

        働く母は私の尊敬する人、そして誇りですね★

        トピ内ID:2526864427

        閉じる× 閉じる×

        寂しかった

        しおりをつける
        😀
        みどり
        でもコレは周囲の環境にもよりますね。

        私の周辺では、母が働くのは当たり前でしたが
        義父義母同居が当然で、核家族は家だけ、かぎっ子は家だけでした。

        なので「どうして家だけ違うんだろう」
        という考えに苛まれました。

        母も忙しかったんでしょうが、お弁当や着る服などは
        愛情をかけてくれたと思い出せます。

        ただこれは相性もあるでしょうが
        一言多い性格の母なので、そんなに仲良くないです。

        でも好きですよ。大人になった今だから言えますが。

        トピ内ID:7346284862

        閉じる× 閉じる×

        縁を感じない

        しおりをつける
        😉
        ジュビ
        母は生活のために働いていました。疲れていていつもいらいらしていました。

        大人になってどう歩み寄りたくても縁を感じません。

        最後に会ったのは父の葬儀でもう20年以上前です。年賀状もしません。

        死亡して役所から連絡がきたら面倒だなと思っています。

        親が子どもを育てないで誰が育てるの?です。

        子どもの時に楽しいことがなかったので子供を持ちませんでした。

        世代を続く不幸になると思います。

        トピ内ID:5424946055

        閉じる× 閉じる×

        お母さんはすごい!

        しおりをつける
        🐴
        さち
        私の母親は保育園の先生で
        子供の頃は「他人の子供は面倒みてるのに、私の事はかまってくれてない」なんて一時期、ばかな考えをしていましたが、
        今では「お母さんはすごい!」の感謝しかありません。

        トピ内ID:1874457707

        閉じる× 閉じる×

        母親が何のために働いていたか。

        しおりをつける
        🛳
        ゆらゆら
        私もトピ主さんがどういう状況で何を聞かれたいのかわかりませんが
        皆さんのレスをお読みし、言葉足らずだと思い再レスします。

        両親はいわゆる高級住宅地に分不相応な戸建を購入し、ローン支払いのため必死で働いていました。
        周囲は本当のお嬢様が多く、鍵っ子は私だけでした。
        高台なのにうちだけ車の所有もなく、近所の子は女性でも当たり前に大学に進学したのに
        私は公立高校卒業後、就職させられました。

        ですから母親が「何のために働いていたか」ということが私には納得できないのです。
        月~金はパート、土・日も別のアルバイトをしており、一日も家に居ませんでした。
        私が20代で母は身体を壊して入院しましたが、当然だと思います。

        思い返しても両親は「私より家が大事だった」と感じます。
        しかし産んでくれて食事も作ってくれ、高校までの学費を出してくれたことには感謝します。

        でも幼稚園から自宅まで20分の距離を一人でトボトボ歩いて帰った記憶は消えません。
        みんなお母さんと一緒でした(でも周囲のお母様方が私をそれとなく見守って下さっていたと思います)。

        トピ内ID:1616679688

        閉じる× 閉じる×

        母親の性格次第

        しおりをつける
        😢
        kanna
        周りの友達の母親は専業主婦が多かったです。誕生日会に手作りケーキとか、うらやましかったです。母は小さいころいつも怖い顔をしていて、愛されているという実感なかったです。

        母親が働いていても、子供が愛されていると感じるように子育てできればそれでいいと思います。ようは母親の性格次第。うちの母は仮に専業主婦だったとしても子供をちゃんと愛せなかったと思うので。

        私は母を反面教師にして子育てしました。仕事と両立は無理だと判断して専業主婦でいます。縁の下の力持ちで夫と子供をささえ、それなりに幸せです。

        トピ内ID:6458015023

        閉じる× 閉じる×

        今とても幸せですよ

        しおりをつける
        🐤
        トトロ
        公務員の父と会社員の母でした。
        祖父母もいました。(北陸です)
        なので、寂しいとかあまり感じませんでした。
        母の帰宅を道路や庭に出てまってました。
        そのおかげで、兄妹みなを私立大学へ下宿で進学させてくれました。
        なので、今とても幸せな暮らしをしています。40代主婦です。

        トピ内ID:1173982649

        閉じる× 閉じる×

        寂しかった→専業主婦してます。

        しおりをつける
        🐧
        ルルロロ
        二児のアラサー主婦です。

        両親が共働きで、本当に寂しかった。
        祖母が同居でしたので、面倒をみてくれました。

        保育園ではなく、幼稚園でしたのでお迎えや行事の付き添いなどほとんど祖母で嫌でした。
        お母さんがきてる友達が羨ましかった。今思うと、共働きが多い保育園の方がよかったかも...
        鍵っ子ではありませんでしたが、母の代わりは誰もいません。

        なので、トラウマで今専業主婦してます。

        トピ内ID:7481743789

        閉じる× 閉じる×

        寂しくなかったです

        しおりをつける
        blank
        らら
        0才から保育所でしたが、寂しかった記憶は無いです。ただ一人っ子なのでそれはさびしいなと今は思います。
        一人っ子のわりに全然我が儘じゃないよねと言われた事があります。
        それを言われた時、共働きの両親にやはり何か遠慮して我慢していたのかなぁ…
        とか考えた事はあります。

        トピ内ID:4364939153

        閉じる× 閉じる×

        働いてるか働いていないか

        しおりをつける
        🐷
        とんこ
        というよりも、しっかり愛情を注いでもらったかどうかじゃないかな
        と思います。
        私の母も働いていたけれど、愛されていたし今も愛されてる(もう30超えてますが)と感じます。カギっ子でしたけど寂しかった記憶ってあまりないです。
        専業主婦のお母さんでも、愛情をあまり感じられずに非行に走ってた友達もいました。

        トピ内ID:0175515849

        閉じる× 閉じる×

        働く母がみなエライわけじゃない

        しおりをつける
        😨
        だから専業主婦
        子どもの頃は母親には家にいて欲しかったですね~。

        でも寂しいとか家にいて欲しいとかは母には言ってはいけないとなんとなく思っていましたね。

        母はわたしが特に問題も起こさず弱音も言わず育てやすい子だった、と今でもよく言っています。

        だから自分の育て方や選択は間違いなかったと、当時のわたしの気持ちも知らず満足しています…。


        あと、母親は仕事を理由に子ども会や学校関係などに一切ノータッチで、関わらないように必死でした。

        自分が母親になって、その当時の母の態度はどうなのか…とモヤモヤします。


        働くお母さんって、子どもの気持ちを良い方に都合よく思い込む人もいますよ、わたしの母のように。

        トピ内ID:1157628579

        閉じる× 閉じる×

        その時代や地域で大きく変わる

        しおりをつける
        blank
        31男です

        保育園時代は、さみしいとも思わず楽しく過ごせてました。
        が、共働きか否かで色々あったのは小学校時代でした。

        保育園は学区外だったので保育園の友達が殆ど居ない小学校に通いましたが、学童保育に預けなきゃいけないレベルの生徒は全校の1~2パーセント前後。
        その為、放課後の話題や遊びについて行けなくなり、卒業まで孤立した生活を送ってました。
        学校の先生も共働きというのに否定的だった為、目に見えるいじめにならない限りは孤立してもフォローはないというのも、要因の一つだったかも。
        まあ、ある意味では精神が鍛えられて社会人になっても図太い精神で生き延びれるようになり、良かったのかもしれませんが。

        ただ、小学生の時に味わった、平均から外れてたら弾き者にされるっていうのは、未だに心に残っています。
        いつか子供ができた時、その記憶に負けて悪影響を与えないかが正直不安です。

        トピ内ID:6506948352

        閉じる× 閉じる×

        kannna様に同意します。

        しおりをつける
        blank
        パン粉
        私も親の性格や、働く理由が大きいと思います。すべての親が
        子供に対して母親だから、と同じ愛情を持つとは考えられない。

        私は寂しいどころか、いつも綺麗で会社に乗る母が自慢でしたし、
        近所に祖父母も従妹もいて、習い事もたくさん行きましたし
        休みの日は二人で手芸をしたり出かけたりしていました。

        私も働く母でしたが、土日の休みのどちらかは子供と過ごしました。
        しかしそれも中学生までだったな。手が離れるのは早いです。
        子離れは必ずやってきます。親がいなくてせいせいする日が。
        だからそれまでの数年間で親がいない寂しさでトラウマになるなんて
        どんだけ子供に鈍感なんだと思いますし、お子さんが可哀そうです。
        それって父親の存在も薄かったってことですよね。寂しさを埋めるのは
        母親だけじゃないですからね
        ただ、そんな親なら働いていなくても一緒じゃないかと思うんですよね。

        トピ内ID:8545129002

        閉じる× 閉じる×

        自分の持って生まれた資質もあると思います

        しおりをつける
        blank
        はつね
        親にそれぞれの性分があるように子も夫々だと思うのですが

        育てられた環境のみが
        さも悪かったかのようなレスが多く見受けられますが
         

        大人に成りきれない自分を顧みず
        働く親のせいにしてしまう鈍った思考回路が
        とても安易で
        かつ、貧しい心情だと思いませんか

        トピ内ID:6752197487

        閉じる× 閉じる×

        いろいろと思いだしました…

        しおりをつける
        blank
        カタつムリ
        私の家は、自営業でした。小さな商店。
        昼間はお店が空いていて、祖母か母が店番をしていたので、学童を利用せずに育ちました。
        けれど、専業主婦の家庭とは明らかに違いました、当然ですけれど。

        私が店番ができるような年齢(小学校4年生ですでに…)になると、遊びに行くことを極端に制限されました。
        学校が終わったら寄り道せずに早く帰ってくるように。帰ったら遊びには行かずに店番をしながら宿題するように。
        遊びに行くと帰ってくるのを待たないといけないのが面倒だからと家に閉じ込められました。
        お小遣いも小学校6年生で週100円だったので、遊びたくても遊べません。
        もちろんファミコンは買ってもらえず、テレビもニュースしか見せてもらえませんでした。
        遊ぶのを制限されたものだから、お友達なんてできません。
        流行の話題についていけず、学校でも常にポツンでした。

        今の私は母になり、働いています。
        が、娘には私のような思いはさせまいと思い、頑張っています。
        毎日が楽しいと笑ってくれる娘を見て、生きていて良かったと思います。

        トピ内ID:6526941114

        閉じる× 閉じる×

        母は兼業主婦、私は専業主婦

        しおりをつける
        🐤
        ひより
        私の母は働いていました。
        ずーっと寂しいわけじゃないけど、とても寂しかったり心細かった時の記憶が強く残っています。
        だから、私は専業主婦しています。
        私は寂しいと口に出したことはなかったし、朗らかでしっかりした子供だったと思います。
        そうしないと母が困ると感じていたのだと思います。

        母はたまに、近所の母親達が外で立ち話ばかりして、と見下したようにいっていました。
        でも私は、子供達が遊ぶのを近くで見ている母親達がとても羨ましかった。
        実際に、私が転んだ時などに世話してくれたのもその方達でしたし。
        母のその見下し発言がなければ、もっと働く母を尊敬できたのになぁ。

        トピ内ID:0895819151

        閉じる× 閉じる×

        はつね様へ

        しおりをつける
        blank
        ゆう
        >大人に成りきれない自分を顧みず
        働く親のせいにしてしまう鈍った思考回路が
        とても安易で
        かつ、貧しい心情だと思いませんか

        私はそうは思いません。
        別に母親にその感情をぶつけているわけでもないでしょう。
        ただ正直な気持ちを書いているだけであって
        自分なりに昇華している人のほうが多いでしょう。

        こういう話になると、必ずあなたのようなことを書く人があわられます。

        働く親にとっては耳の痛い言葉も多いでしょうし
        否定もしたくなるでしょう。
        しかし、しかし耳を傾けないといけないのは そういう子供達の声だと思います。

        トピ内ID:7870645582

        閉じる× 閉じる×

        愛情を感じていましたよ

        しおりをつける
        🐤
        あい
        夕方に帰りを待っている間は寂しかったですが、
        帰って来たときの嬉しさはその分いっぱい感じました。

        考えてみると、専業主婦のうちの友達が羨ましいとは特に思わなかったです。

        兄弟がいるので、協力してお手伝いをしたり、支えあえたことも一因かな。
        今でも兄弟全員、お母さん大好きです。

        トピ内ID:6362195280

        閉じる× 閉じる×

        困りました

        しおりをつける
        blank
        ばるす
        おやつがない時は空腹でした。
        友達が遊びに来た時、おやつは?と聞かれて必死に探してありつけたのは、湿気たかりんとうでした…
        友達は何も言わずに、私の家で遊ぼうと言ってくれたのが余計みじめでした。
        いきなり友達の誕生パーティーに誘われてもプレゼントが用意できなくて困りました。
        この時はたまたま早く帰った父のおかげでプレゼントを買いに行けました。
        雷が苦手だったので雷が酷い時は震えながら弟と抱き合ってました。
        今、弟の奥さんも私も専業主婦です。
        家におばあちゃんがいたら違っていたかな?と思います。
        お友達の家で毎日おやつをもらっていました…
        おばちゃん、あの時は毎日ありがとうございました、すみませんとお礼を言いたいです。
        子供の友達(お母さんが忙しい)が遊びに来るようになったら、友達のおばちゃんみたいに気持ちよくお菓子を振る舞ってあげたいと思ってます。
        共稼ぎのお母さん、
        お菓子と少しのお金はいざという時のために置いといてあげて下さい。

        トピ内ID:3354337843

        閉じる× 閉じる×

        働く母大好きでしたが…

        しおりをつける
        🐷
        幼稚園ハハ
        私が生後六ヶ月から、仕事復帰した母。私は同居の祖父母に面倒をみて貰いました。
        働く母…その当時はまだ少なく(私は40歳です)小さい頃から自慢の母でした。
        今思えば、母と私…幼少期にお互いの信頼関係しかっり築けていなかったのか、、私は常に母に嫌われないように必死だった気がします。
        思春期ももちろん反抗期は無く、母に好かれようとしていました。
        母は自称サバサバ女です(実際は凄く根に持つタイプ…)サバサバ=放置と考えていたみたいで、よく「うちの子はほったらかしに育てたから、自立が早いのよ~」などと外で自慢してました(本当はそんな親の期待に応えて格好つけてただけ、、)常に母親に甘えたかったのに、見捨てられる恐怖で母の<都合の>良い子になりきる(自覚無し)
        そんな私が母嫌いを自覚したのは、出産後。2人の育児をしている中で数々の母の育児放棄が思い出され、、
        しかも、母に育児相談しても、あまりの育児スキルの低さにイライラ…
        長くなりましたが、働くのが悪いことでは無いですが、幼少期に信頼関係築けないと、その後トラブルになりやすいですよ。遅れてきた反抗期か、未だに母に会うのが憂鬱です。。

        トピ内ID:8959516188

        閉じる× 閉じる×

        寂しくなかったです

        しおりをつける
        🙂
        あやか
        寂しかった記憶は無いですね。

        年少さんから保育所に行ってお迎えも18時くらいだったかな??
        保育所は寂しくなかったです!
        他にもお迎え待ってる友達が居て遊んでたし。

        小学校に入学してからは鍵っ子でしたが、低学年の時はどうだったんだろう??
        弟が保育所に居たから寄ってたのかな??記憶が無い…
        母の職場に居た記憶もありますが、その時も誰かが声掛けてくれたりして楽しかったな。おもちゃくれたり。

        3年からは友達と遊ぶ事に一生懸命で、
        ちょっと帰りが遅くなる事があってお母さんが帰ってくる前に帰り着かなきゃ!!怒られちゃう!って焦った記憶はあります。
        中学生になれば部活もあるし、益々寂しいと思った記憶はないですね。

        確かに家に帰った時に、お母さんが居るのいいな~と思った事はたまーにありますが。
        学校行事等は必ず参加してくれてたし、仕事で来れないって事が無かったので
        あまり寂しい、悲しいと思った事は無いのかも!

        今は、もっと母のお手伝いすれば良かったなと反省してます。
        仕事、家事、育児をこなしていた母親には、本当に尊敬、感謝しています。

        トピ内ID:5758990280

        閉じる× 閉じる×

        姉妹で違いました。。

        しおりをつける
        blank
        メイ
        正社員で働く母に育てられました。
        私は、姉妹で、妹です。
        小1から鍵っ子でした。。
        姉は活発な性格で、帰宅後すぐに色々な友達と夕方ギリギリまで遊んでいました。

        私は大人しい性格で、数少ない友達の家は 皆、専業主婦のお母さんがいました。
        放課後に遊ぶといっても週1~2日だけ。4時半には皆、帰ってしまい
        友達と別れる時はいつも物寂しさを感じていました。

        母は優しい人でしたが、仕事が忙しいので
        私が熱が出て学校を休む時も
        昼食用にオニギリを置いて、仕事に行ってしまいました。
        そのオニギリを泣きながら頬張ったのが、今でも記憶に残っています。。

        2学年差の姉妹でしたが、全然寂しさを感じない姉
        寂しさを感じる妹の私。
        この違いは性格の違いだと思います。

        姉と留守番している時は、姉は留守番自体 楽しんで、やりたい放題でした
        (自由人な姉は、親が居ないことをいいことに、よからぬ事も時々やらかしてました
        コーラにどっさりバニラアイス入れたり、イタ電したり)

        だから、性格にもよると思いますよ。

        トピ内ID:1642907555

        閉じる× 閉じる×

        ゆらゆらさんに同じ何の為に働くかが大事

        しおりをつける
        blank
        とも
        「楽」だと感じていました。
        「楽しい」じゃなくて「ラク」。

        専業主婦より兼業主婦のほうがエラいと思ってましたね。

        でも、

        自分が母親になり色々見えてきて、親に対する評価が変わりました。

        広い土地に広い家を建てたのは「見栄」
        そのローンの為に手放さなかった「仕事」
        子供は「自慢」の道具。

        やっと手の届く「広い土地」の為、交通の便は最悪で「自慢」の学校へ入った私の通学は片道2時間かかり、通学だけでヘトヘトになりました。
        親は子供と向き合うことはなく。なんでこんな人たちが子供を2人も持ったのか…答は「それが一般的だから」でした。

        今の私は専業主婦です。
        転勤族で転居が多いのですが、その度に「通学」「通勤」を第一に考え住居を決めています。

        子供が手を離れたら働くと思いますし、家も買うかもしれませんが、生活を第一に考えて選びます。家には縛られません。

        トピ内ID:1187328703

        閉じる× 閉じる×

        子育ての失敗は母親だけの責任じゃないのに

        しおりをつける
        🎶
        みりー
        私の母はスーパーウーマンでした。料理はすべて手作り、お誕生日のケーキもありました。専業主婦並みの家事をやって、仕事は専門職でした。

        母の帰宅時間は遅くなく、休日はずっと一緒にいてくれたので、寂しいと思ったことはありませんが、女は損だなあと思って育ちました。父は仕事オンリーで楽していると感じました。

        私の友人は、両親ともエリート、お手伝いさんに育てられたそうです。経済的には豊かでも寂しい子供時代だったそうで、今でも「母親に」恨みをもっています。父親のことは恨んでいません。

        私もその友人も既婚ですが、子供をもつことにポジティブなイメージはありません。私は不器用なので、仕事だけでいいかなと思っています。

        経済的な理由以外で母親が働くと、我がままだと言われ、家事育児と仕事の両立で苦労するのは女ばかり、子の恨みを買うのも母親ばかり。間違っていると思うけど、日本の世の中一般がそういう思考回路なんだから、溜息しか出ません。

        大学卒業後に留学したとき、そんな思考パターンは日本独自のものと気付かされ、ますますがっかりしました。

        トピ内ID:6591841313

        閉じる× 閉じる×

        寂しかったです

        しおりをつける
        blank
        りの
        生後間もなくから祖母に預けられて育ちました。
        両親共働きで朝7時から夜7時まで高齢の祖母と暮らしました。

        母の記憶をどんなに思い出してもイライラしながら家事に追われる後姿しか思い出せないんです。
        話しかけてもうるさいと叱られ悩みも他愛無い話もできない孤独。

        参観にも来られなくて当然で、食卓には一週間刺身だけが並んだり毎週末外食で手作り料理に飢えていました。

        夜食を作ってくれたこともないです。

        インフルエンザになってもメニエールの症状が出たときも突発性難聴といわれた時も「仕事は休めない」と1人で留守番して心細い中1人でレトルトを温めて食べて頑張りました。

        母は何のために結婚して子供を産んだんだろうといつも思っていました。
        私は今主婦をしていますが、子供の頃共働きの両親の元で育った友達が誰一人として兼業主婦を選んでいないことに気付きます。

        母と話すと恵まれた暮らしが出来たのは私のお陰、料理もちゃんと作って子供のこともちゃんとして立派に仕事と子育てと家事を両立させたと言い切るのです。
        母親として何もしてくれなかったなぁって思います。

        トピ内ID:2122869523

        閉じる× 閉じる×

        私も働く母親のせいばかりにするのはおかしいと思います。

        しおりをつける
        blank
        ナンくみ
        耳の痛い言葉にも耳を傾けろとの意見もありますが

        そんなことはいちいち言われなくてもとっくに
        母親の方は分かっていると思いますよ。

        私は専業の親に育てられましたが
        友達のお母さんが大変な思いで仕事をしているのを
        子供ながらに、すごいお母さんもいるんだなあと
        思った記憶があります。

        つらい思いは決して子供だけの感情でないと思いますが。

        トピ内ID:8645964699

        閉じる× 閉じる×

        楽しかった

        しおりをつける
        blank
        パンダ
        共働きで、カギっ子でした。火が危ないから暖房は真冬もコタツのみ、家の中でもオーバー着てました。
        遅くなる日は兄弟で電気コンロで、ハンバーグやホットケーキ作ってたべてました。ガスコンロも火なので。
        兄も私も自己中で、マイペースなので自由で気楽でした。
        友達とも、我が家でも、外でも、友達の家でも普通に遊んでいました。これが小学校低学年まで、その後は、塾や習いごとに行くので、あんまり気にしてませんでした。
        おかげで、兄弟そろって自立できてると思うし人並み以上かせげるし、同世代より行動力や精神的な面で早く大人になった気がします。

        トピ内ID:2941931504

        閉じる× 閉じる×

        さびしくなかった

        しおりをつける
        blank
        ももたろ
        働く母関連の思い出といえば
        保育園の時に運動会に母が来られないときがあって
        親子競技に先生と参加しました。

        これがすごく
        「うれしかった」
        です。

        トピ内ID:7333375792

        閉じる× 閉じる×

        でもこれからは働くしかない

        しおりをつける
        blank
        木蓮
        トピの問いには、ケースバイケースでいろいろな答えが出てくるでしょう。

        でも、これからの時代は母親も働くのが当たり前、働くしかない、と思います。子供のことを思うなら。
        大学を出ただけでは使い物にならないと言っても、大学を出なければ就ける職業が限られてしまいます。母親が専業主婦にこだわるあまり、子供に奨学金を背負わせたら、子供が社会人になっても貯蓄が思うようにできず、結婚するときにも「借金がある」ことが障害になり、結婚生活においても奨学金という借金返済が生活費を圧迫し、子供世帯はなおさら「専業主婦なんて選択はありえない」というスパイラルになります。

        自分が働かない稼がないツケが子供にまわってしまうと考えたら、これからの時代は母親も働くしかないのです。今、自分が専業でも兼業でも、子供たちの世代は「働かないという選択肢はないに等しい」のですから、母親が働くことを否定的にあげつらうだけでは意味がありません。それより、子供たちが将来家庭を築くにあたって「どうしたら母親が働きながらよりよい家庭を築けるか」ということを考えていくべきだと思います。

        トピ内ID:5674610713

        閉じる× 閉じる×

        楽しかった

        しおりをつける
        blank
        しろごま
        寂しいかった事を思い出そうとしても何も出てきませんでした
        誰も居ない家は大きな秘密基地な感覚でワクワクだったし
        言い換えれば楽しかったって事かな

        トピ内ID:9124757334

        閉じる× 閉じる×

        反面教師

        しおりをつける
        blank
        さらさら
        私が生まれる前から正社員で働いていた母。
        私が4歳、妹が3歳の時に保育園に入り、復職。

        私の記憶に残ってるのは、保育園のお迎えで一度だけ、一番最後まで姉妹二人で残ってしまった時の恐怖感。このままお母さんは迎えに来てくれないのかな…と。

        小学校の時の夏休み、朝仕事に行く母を見送った途端、毎日姉妹でゲーム三昧(笑)
        そして、宿題をしてなくてもなにも言われないので、当然やらない=長期休みの最後の週に怒られながらやるという始末(笑)

        一緒にいる時間が少ないので、お母さんとおしゃべりしたくて、いろいろ聞いて欲しくて…私…すっごいおしゃべりになりました。
        とにかく「聞いて聞いて」と、少ない時間にいっぱいしゃべりたいのでマシンガントーク。
        落ち着いて人の話を聞くと言う行為を習得するのに苦労しました。

        そんなこんなで、現在専業主婦で、5歳の子供がいます。

        トピ内ID:0504241398

        閉じる× 閉じる×

        専業主婦の母でしたが淋しかったです

        しおりをつける
        🐴
        まったりさん
        炊事、洗濯、掃除、家族の世話・・・。専業主婦でもちゃんと「働くお母さん」してませんか?

        私の母は、今でいう「ママ友」付き合いに精を出し、PTAや町内会にいそしみ、空いた時間は趣味を楽しむ。そんな母でした。
        専業主婦なのに、食卓にはパックのままお惣菜が出てました。ママ友親子が我が家に来る日はもの凄い料理するんですよ。美味しかったけど、ママ友親子は親同士が友達なだけで子ども同士はそうでもない。それなりに遊んでましたがビミョーな空気が流れてました。
        このトピに出会って、母とした親子の会話を思い出そうとしましたが出て来ませんでした。何か話を振ろうとするたび「また今度聞くわ」「今じゃなきゃダメなの?」ばかり。
        そんな母は今、あっちこっちでドヤ顔で子育てを語っています。
        私の反面教師です。

        トピ内ID:7311786230

        閉じる× 閉じる×

        2年生から鍵っ子でした

        しおりをつける
        blank
        とーます
        兄がいたので基本的にはさびしくなかったと思います。
        一緒に上級生と遊んだりもしました。今ではそのことも感謝しています。
        男と女なので、女の子としての得はありましたが、親がいなくて不安になることもありました。
        とっさのときの対応ができないんですよね、子供だからということもありますが。

        基本的な、火は使っちゃだめ、とかそういう言いつけは守っていましたが、
        大人になってからでもそのあたりが甘かったな~と感じることがいくつかありました。
        あと、相談したいことが本当に言えなかったりすることもありました。

        それでも働きながら育ててくれた親はすごいなと感謝することが多いです。
        今働いていて、かえってからご飯作るのも面倒ですから・・・。
        さみしいかさみしくないかは、トピ主さんが帰宅されてから、もしくは休日に、どんなことをお子様にされたかでかわってくるかとおもいます。

        ちなみに思春期まっさかりの中学時代は、土曜日親が出かける(夜いなくなる)のが楽しくて仕方ありませんでした。
        怒る人がいませんからね、夜通し徹夜で漫画よんだりゲームしたり、録画したアニメをずーっとみていたり…そのときが一番至福でした(略

        トピ内ID:3339331106

        閉じる× 閉じる×

        私は極楽タイムだった

        しおりをつける
        🙂
        色々だったね
        私が寂しかったのは、母が働いていたことより、一人っ子だったことです。
        夕方からは遊び相手が居ないし、大人の中に子供が一人って、
        平日でも休日でも、本当~につまらなかったです。

        親が居ない時間はおやつ食べ放題(そんなにたくさん無いけど)。
        テレビ見放題(当時17時~18時はアニメタイム)。
        漫画読み放題(何度も読んで全部読み飽きてたけど)。
        散らかし放題。ごろごろ、だらだらし放題。
        極楽~~~でした。

        たまに親が休みで平日に家に居ると、窮屈で窮屈で。
        鍵っ子は別に苦になりませんでしたが、退屈が一番つらかった。
        親が居ると、だらだらできなくて、口うるさくて嫌でした。
        兄弟が居たら退屈しないし、親の目も口も半分しか来ないから
        もっと楽しかっただろうな~。

        母が忙しい分、お手伝いさせられて面倒で嫌でしたが、
        大学で一人暮らしするときに何も困りませんでした。
        お母さんが専業主婦だった人(男女とも)の方が、
        洗濯も料理もアイロンがけもしたことがなくて
        一人暮らしで困っているように思えました。

        今の私は働いてます。子供は二人で、楽しそうです。

        トピ内ID:3816696328

        閉じる× 閉じる×

        反面教師で専業主婦

        しおりをつける
        blank
        はかせ
        母は近くの自営業で働いてました。小学生になって、保育園育ち&学童は私と男の子1人。初めて、普通みんなはお母さんが家でオヤツを用意して待ってる!って事に気付きました。羨ましかったですよ。

        帰ってきてからも、母は仕事で疲れているからタバコ吸ってコーヒー飲んで1人で本を読んでました。話し掛けると『あっちで遊んでなさい』と怒られます。いつもイライラしてました。幸い、兄弟がいたので逃げ場がありましたけど。
        でも母が働いてくれたお陰で、したい習い事、塾、三人とも中学~大学まで私立で通わせてもらえました。私は女の子なのに一番高い医療系の大学にも行かせてもらえて資格をとり、今は幸せな日々を送ってます。感謝しています。

        子供の頃の寂しさ(家でオヤツを作って、毎日一緒に公園に行く)を、子供達にしてあげる事で埋めています。母には『専業主婦で暇でいいね』と言われる度にカチンときますけど。
        子供達にも『ママはオウチで待ってて』と言われるので、小学生になったら働いて、学費をバリバリ稼ぎたいと思ってます。

        トピ内ID:7904284999

        閉じる× 閉じる×

        小学生になってから働く?

        しおりをつける
        blank
        シーサー
        >小学生になって、保育園育ち&学童は私と男の子1人。初めて、普通みんなはお母さんが家でオヤツを用意して待ってる!って事に気付きました。羨ましかったですよ。

        要するに、お母さんに家にいてほしかったのは小学生時代なんですよね?
        だったら、


        >子供達にも『ママはオウチで待ってて』と言われるので、小学生になったら働いて、学費をバリバリ稼ぎたいと思ってます

        お子さんが小学生になったら働く、っておかしくないですか?
        物心つく前からずっとお母さんが働いていれば子どもにとってもそれが当たり前でしょうけど、さんざん「ずっと家にいるお母さんに慣れさせておいて」一番側にいてほしい小学生時代に急に放り出すのってかえって残酷じゃないですか?
        バリバリ稼ぐフルで働く気なら、最初からそうするのがお子さんのためでしょ。

        トピ内ID:2656056657

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

          注目トピはありません。

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0