詳細検索

    • ホーム
    • 恋愛
    • 昔の日本女性のような夫の操縦法を教えてください
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    昔の日本女性のような夫の操縦法を教えてください

    お気に入り追加
    レス23
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐶
    クッキー
    恋愛
    昔の日本の女性は夫をたてて、一家の長としての面目を保ち、男性のプライドを上手に扱いながら、実は自分の思い通りに動かすのが上手でしたよね。
    夫は実は陰であやつられているとは気づかないほど、それは凄ワザの操縦法を知っていたような、、、。
    私は母親もそれとは正反対の性格だったし、私自身もそういうのがものすごく苦手なのですが、実際にそういうことを上手にされている方、ぜひ具体的にどうしているのか教えて頂けませんか?

    トピ内ID:2587659224

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数23

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    いいところ取り

    しおりをつける
    blank
    briar
    それはご自分が書いていらっしゃるように、夫の言うことに原則として従い、
    歩くときも夫の三歩後ろを歩いて影を踏まないという振る舞いが前提となりますよ。
    現代女性にはそれはムリじゃないですかね。

    なんとなく、トピ主は夫に従うつもりはないけれど思うとおりに操縦したいという考えが透けて見えます。
    それはさすがにいいところ取りがすぎるでしょう。

    男女逆で、家事はしないくせに共働きで女性に経済力を望む男性が増えていますが、
    そういう昔と今のいいところ取りの態度は好ましいとは思えません。

    トピ内ID:8636852426

    閉じる× 閉じる×

    昔の男は「飲む・打つ・買う」だった

    しおりをつける
    🐧
    おばはん学生
    うちの祖父は明治の男でした。
    金は一生懸命稼ぎましたが、遊びも激しかったです。
    いわゆる「飲む・打つ・買う」で、酒も博奕も芸者遊びも祖母は全て認めてました。

    芸者遊びも「浮気」ではなくて「遊び」なのです。
    きっと昔の男は、外の遊びと家庭をしっかり区別していたのでしょう。
    昔の女房はそれが区別できる男は放し飼いにし、区別できない男はしっかり尻の下に敷いていたのだと思います。

    しかし、それが昔の女房の操縦法だとしても、貴女には上記のことは真似出来ないでしょう?

    >実は自分の思い通りに動かすのが上手でしたよね

    ――そりゃそうでしょう!
    昔は洗濯機も冷蔵庫もコンビニも保育園も何も無かったんですよ?
    昔の男は家事育児能力も親の介護も親戚関係の調整能力もまったくゼロなんですから――、仕事のこと以外何も出来ないんですから。
    家庭を持とうとしたらすべてのことを妻に頼るしかないでしょう。

    今から思うと祖母は確かに家事全般、飛び抜けて優れてましたね。
    私にはとても真似できません。

    トピ内ID:0323946909

    閉じる× 閉じる×

    なんか

    しおりをつける
    blank
    ます
    情けないですね。
    ただ自分が優先権を握りたいだけじゃないですか。
    それに昔の人が全員旦那を上手く操縦してたとは限りません。
    男尊女卑があり我慢に我慢を重ねていた女性もいるでしょう。

    そんな知識を勉強しても相手は同じ生身の人間だから思い通りにはいきませんよ。
    そんなに操縦して自分の言う事を聞かせたいなら、何があってもお前を離したく無いと思われるほどに魅力的になるしかないですね。
    今の時代、自己中はすぐに別れがまっていますよ。

    トピ内ID:2035464240

    閉じる× 閉じる×

    旦那の問題

    しおりをつける
    blank
    ネコたん
    旦那が「様」を貰う権利があるかどうかに限られると思います
    昔と言っても、思いではいい部分でしか残らないものです
    昔も今と変わらず
    甲斐性無しな旦那がいて、夫人はおだてる暇もなく、ただただ働く日々
    そんなご家庭も沢山いました

    今とは違って、女子は女学校に行けたら、金持ちの方
    独学で読み書きを覚える女の子が多かったと思います
    家事に勉強は入りませんからね。子供を叱るのも、あの頃は父親の役目だったと思います
    ろくな仕事にもつけず、文学もなかったら、
    頭の「いい」、収入のある旦那様に食わせてもらえないと生きていけない
    でも買いたいもの、やりたいものがあるから、悪知恵を使っていうことを聞かせる

    とてもいいご家庭とは思えません

    男は稼いで、女は家を守る

    キレイごとにしか聞こえませんよ
    文部科学省の力不足を風習に裏付けていたとしか…
    どっちにもストレスや負担の掛かった生き方だと思います

    トピ主はその正反対で良いんじゃないんですか?

    トピ内ID:4912896096

    閉じる× 閉じる×

    全て先回りしてお膳立て

    しおりをつける
    blank
    にこごり
    政治家と官僚の関係ですね。

    華は政治家(夫)に持たせて、実務は官僚(妻)がこなす。
    実務的なお膳立ての中で、方針決定(どんな家を建てるか、
    子供をどこの学校に入れるか等)を誘導する。

    家事や育児の実務的分担を夫に求めている、現代の妻には無理でしょう。
    実務を夫に分担させたら、妻の影響力が相対的に減りますから。

    トピ内ID:6793275443

    閉じる× 閉じる×

    祭祀権を持つことで可能になるのでは?

    しおりをつける
    blank
    浮生
    トピ主さんが目標とする、夫の操縦法を獲得するためには、夫の弱みを握るしかありません。そのためには、夫に、プライドがあるも、それに見合う実行力が伴っていないことを確認し、妻がその実行力を行使することによって、夫を実効支配する(操縦する)ことが可能になります。

    その実行力は、「祭祀権」を持って行使することで、妻の手中に収めることが出来ます。家制度の名残りがあった頃、女性は夫の家に嫁ぎ、ある時期になると、姑から「祭祀権」を譲り受けます。祭祀権とは、その家の仏壇・位牌・神棚・お墓などを管理して、先祖の祭祀を営む責任と権限のことです。広い意味では、その家の財産をも手中に収めてしまうことになります。

    一般的に、夫がその家の先祖を祭っていくべき責任を負うことを自覚しています。しかし、面倒がって妻に任せることが多いです。妻がそれを引き受けた時に、夫の家の親戚筋に対して影響力を持つことになるのです。結果として、夫を実行支配できるようになるのです。

    ここまで来ると、あとはトピ主さんの狙い通りに、夫のプライドを立てながら、夫を自分の思い通りに動かせるようになるのでしょう。そうなるように祈っております。

    トピ内ID:9767673299

    閉じる× 閉じる×

    操縦してるつもりはないが結果的にそうなってるかも

    しおりをつける
    かみさん2
    夫は私にはもったいない程の人
    だから常に私は養ってもらっているという想いでいる。
    夫の為になる事ばかり日々考えて行動している。
    夫が好きそうな物、事柄の事を選び喜ぶだろうなと思ってやる。
    しておいてほしそうな事は常にきちんとしておく。

    だって捨てられたら生きていけないから…自分が生きていく為の作業です

    そしたらいつの間にか人生全般が私の操縦で動いている様になってました
    私がやらないと作動しなくなっちゃって…

    夫はお仕事を全力でこなしてるだけでいいんです
    あとは私が全てやりくりしてますから

    でも、おばさんまでの期間に培った知恵で夫が正しい選択をする様にアドバイスできる様になります
    だから夫は「妻に聞かないと…」という風な状態になる。

    これが普通の夫婦像じゃないでしょうか?

    トピ内ID:0754520489

    閉じる× 閉じる×

    前提条件の確認

    しおりをつける
    😉
    40男
    >昔の日本の女性は夫をたてて、一家の長としての面目を保ち、
    >男性のプライドを上手に扱いながら、実は自分の思い通りに動かす
    >のが上手でしたよね。

    これには重要な前提条件があります。
    それは、男性自身が『女性に立てられ、一家の長としてプライドを保つ
    ことを望んでいる』という前提です。
    もっといえば、『女性に立てられる』ことを受け入れるということは
    『一家の長としての責任を果たす』気概があることが大前提なんです。

    長い時間の経過と共に女性同様、男性の気質も大きく変化しました。

    今それ望む男性は大きく減ったのではないですか?むしろ立てられなく
    てもいいから責任も分担したい男性が多くなった気がします。

    もしトピ主さんが『何も考えていない男性を女性が手の平の上で操る』
    イメージを持たれているならそれは大きな錯覚です。

    女性が夫を立てながら裏で思うように操縦する為には、男性側にも
    それを是とする暗黙の了解と価値観が必要だということです。

    単なるテクニック論では済まないと思います。

    トピ内ID:2032847881

    閉じる× 閉じる×

    新・良妻賢母のすすめ

    しおりをつける
    🙂
    peko
    っていう本に書いてありますよ。
    外国人の著者ですけど内容は夫の操縦方法です。
    実践してますけどかなり効果ありますよ。
    是非読んでみてください。

    トピ内ID:4873062492

    閉じる× 閉じる×

    母も私も一応 そういう風です。

    しおりをつける
    blank
    心音
    が 完全に自分の思い通りです。

    それは お伺いを立てる、です。
    後だしは無し。何でも訊きます。 そして チョロッと希望を口にします。
    後は可愛く存在してます。

    そうすると 思い通りになってます。

    強い口調だったり 勝手に決めたり買ったりすると カチンとしてしまうんでしょうねぇ 男って。

    父も一見威張ってますが 母の事が大好きで なんだかんだ言っても母を喜ばす事ばかり考えて実行してます。

    ただ 必ず知識と教養は役に立ちます。要は 夫に外で恥をかかせない事です。
    トピ主さんは お母様が そういうタイプじゃなかった上に ご自分もお父様に そうして甘えたりもしなかったのでは?そうなると・・・・難しいかも。

    トピ内ID:3630535429

    閉じる× 閉じる×

    男のプライドを上手く利用する

    しおりをつける
    blank
    セイウチ
    トピ主さんの望む答えかどうかわかりませんが・・・


    男の沽券という言葉があります。
    あるいは男らしい振る舞いとか、武士に二言はないという言葉で表される行動があります。

    これらを上手く使っていたのではないでしょうか?


    基本的に、男性は理屈を重視します。

    たとえ自分に不利なことでも、筋道立てて論理的に攻めてこられたら
    それを理不尽な方法(感情的になるとか)でそれを拒否することを良しとしません。

    従って、相手の矛盾を突いて攻めるとか、何か弱みを握ってそれを上手に使うとかが
    操縦法なのではないかと思います。
    (上手に使うというのはとことん責め立てることではありません、
    逃げ道を用意してあげて決して追い詰めず、かつ恩を売ることです)

    トピ内ID:3236718742

    閉じる× 閉じる×

    男性側次第では?

    しおりをつける
    blank
    おやおや
    私は男性ですが。

    結婚するとき、父から、「大人しく操縦される方法」のレクチャーを受けました。

    私が上手く実行できているかどうかは家内に聞かないとわかりませんが、子供の視線で見て、父は上手く「操縦されて」いたと思います。

    つまり、夫婦の阿吽の呼吸というやつだったようで、夫婦の奥の深さに感心したのを覚えています。

    ご参考まで。

    トピ内ID:5114292923

    閉じる× 閉じる×

    これに尽きる

    しおりをつける
    🙂
    raizoi
    >日本の女性は夫をたて

    そこまですれば、夫もあなたに尽くしてくれると思います。操縦法という言い方にご自分だけ楽して得したいという根性が透けて見えます。操縦法ではなく、Give & Take。あなたもお母様も楽して得したかったんじゃないですか。

    トピ内ID:6896599779

    閉じる× 閉じる×

    極意があるとすれば

    しおりをつける
    🐤
    おばさん
    トピ主さんが書かれている通り「夫をたて、一家の長としての面目を保ち、
    男のプライドを上手に扱う」ことです。夫に「尽くす」のです。
    具体的には、常に夫が上、夫優先。夫親族、人間関係の中では腰を低く。
    夫の親族イベントでは黙々と下働き。夫の身の回りのことは全て妻の仕事。
    私がこうして幸せに暮らせしていけるのもひとえにあなた(=夫)のお蔭という感謝の意を
    態度でも言葉でも表す、といったところでしょうか。

    ただ、夫側にも「家族は俺が食わせてやる」「男の甲斐性」といった所謂「男気」があることが大前提です。
    そういう男気があるこらこそ、妻が自分に従い、文句も言わず黙々と仕事をこなし、しかも自分を慕う
    「健気な姿」に「可愛いヤツ」という感情を抱き、自分がイニシアチブを取っていると思い込んで
    実は妻の手の上で転がされることになるのです。

    「専業主婦なんて夫に依存している」とか「共働きが当たり前」「それぞれの親のことはそれぞれが」といった
    対等、同等の価値観の中で、妻側だけがこれをやろうとしても無理があります。

    トピ内ID:6380280831

    閉じる× 閉じる×

    妻だけの努力では無理。相手があってこそ。

    しおりをつける
    blank
    pyon
    妻が細やかな気配りをしても「これくらいできて当然」と思うような相手では妻が疲弊するだけですので、お互いに愛情深く、思いやりのある夫婦にしか出来ないように思います。
    妻の自分への気遣いは他の誰にも真似出来ないと夫に思ってもらえるほどの信頼関係が必要かと思います。

    相手を操縦したいとの事ですが、トピ主さんだって相手に支配されるような雰囲気を感じたら、信頼関係どころではなく不快に思いますよね。
    男性だって同じだと思いますので、操縦だなんて言葉は一切忘れ、ただ愛される事だけを望んではいかがでしょう。

    トピ内ID:0435739965

    閉じる× 閉じる×

    実は影の黒幕だったりする

    しおりをつける
    blank
    私は嫌だな
    祖母がそういう女性でした。気の強いお嬢様で同じような奥様との確固たる人脈を築きながらも夫を立て夫の仕事をバックアップ。夫の浮気にも動ぜず家を守っていたそうです。でも忍従するタイプではなく怒らせたなら怖いフィクサー。三歩下がって歩いていたのも家の外だけだったとか。祖父はお気楽ボンボンタイプだったので祖母の手のひらで転がされていたみたいです。
    今も昔も夫を思いのままに操縦するためにはそれなりの後ろ盾が必要ではないでしょうか。

    トピ内ID:8962112159

    閉じる× 閉じる×

    思い通り?

    しおりをつける
    blank
    黄鉄鉱
    思い通りに動かすのがうまかった?
    どこ情報ですか?

    家長というハリボテを表に立てておかなければ
    経済的に回らなかっただけじゃないですか。
    妻は妻だけでやっていけなかったから我慢してただけでしょ。
    実家との関わりで離縁できなかったり。

    人間だと思わずに犬を飼ってるつもりで接していたら、近いんじゃないですかね。

    トピ内ID:6499342262

    閉じる× 閉じる×

    的外れかもしれませんが

    しおりをつける
    🐱
    みけ
    私は、サザエさんの「フネ」さんが頭に浮かびました。

    ヒントになる部分もあるのでは、と思います。

    トピ内ID:6264247758

    閉じる× 閉じる×

    モラハラでは?

    しおりをつける
    🐧
    muu
    >実は自分の思い通りに動かす

    その発想はモラハラに繋がるものではないでしょうか?
    夫を操縦(笑)スゴイ表現ですね。
    他人を自分の思い通りに動かすのは不可能ですよ。
    昔は上手く夫を操縦できずに、酷い生活をしていた女性も大勢いたのではないですか?
    今は女性も働くことが可能ですし、男性も家事・育児参加が当然となっています。
    自分に都合の良いところだけ古い価値観を採用するのは狡いと思います。

    トピ内ID:0808567484

    閉じる× 閉じる×

    現代で失われたもの

    しおりをつける
    blank
    本音
    昔の日本女性は現在では失われた存在です。良妻賢母や大和撫子が失われたことと軌を一にします。その理由は、夫、舅姑に絶対服従という昔の結婚生活の基本が失われているためでしょう。また、それを実現するため、娘を甘やかして育ててはいけないという所もポイントです。

    夫を自在に操縦したとされる昔の日本女性の基本は、貝原益軒がオリジナルであるといわれる「女大学」の教えに見ることができます。この中で、子なきは去れというところは、現代的な考え方と相いれませんが、それ以外は夫を自在に操縦するための前提でしょう。もし、夫を操縦したいならば、これを実践されては如何でしょうか?

    トピ内ID:4859998201

    閉じる× 閉じる×

    2つのレールのどちらかをまず選ぶ

    しおりをつける
    😀
    カリスマ離乳児
    それは女性の資質ではなく、男性の資質次第です。

    夫に妻が従っているようにみせておいて実は妻が夫を操縦している、というケースは裏があって、夫が妻に限定的に権限委譲して「操縦してる気分にさせてあげている」だけです。
    夫にとってどうでも良い領域、大して苦にならない範囲だけ妻に裁量権を渡して満足して貰えるなら安いもの、といった判断が働いています。
    それに気づかずに図に乗って夫の不可侵領域に踏み込んだ妻が「突如として豹変した」夫にばっさりと捨てられるケースもよくある話ですが、豹変したのではなくて元々そういう人なのです。

    もちろん中には本当に操縦されている夫もいますが、そういう人は大抵意志薄弱な人で、仕事も上手く行かず家計も転覆したりしています。
    勝手を知らない妻に経営する会社の中を引っ掻き回されて会社が傾くとか、重要なミーティングをすっぽかすことを強要されて出世の道を閉ざされたり。

    トピ主さんはまずどちらかを選ぶ必要があります。
    操縦ゴッコ権で満足するのか本当に操縦したいのか。
    前者なら分を弁えることです。
    後者なら仕事も人間関係もパッとしない男性を選びましょう。

    トピ内ID:5104140772

    閉じる× 閉じる×

    それは、妻ではなく、夫次第?

    しおりをつける
    blank
    子なし主婦
    一般的に言って、夫も馬鹿ではないので、妻が操ろうとすれば、それに気づくと思います。

    ただ、『その意図に気づかないふりをしながら、妻の希望を優先する』という、余裕や愛情を持ち合わせているだけかも。

    また、妻の手のひらで転がることで、夫自身へのメリットが生まれるのなら、転がってくれる夫は多いと思います。

    うちの夫が、たぶんそうです。
    わが家で夫の受けるメリットと言えば、私の機嫌の良さ...、これに尽きるような気がします。
    私が毎日ニコニコしていることが、自分(夫)の幸せだと、そう言われますから。

    私は50代の専業主婦ですが、自分の意見ははっきり言うし、夫が間違っていると思えば、それもきちんと指摘します。
    夫を操っているわけではなく、毅然としているというか、女性でも主婦でも、プライドはありますからね。
    だから、この女になら、操られているふりをしてもいいと思ってくれているんでしょう。

    他の方もおっしゃっていますが、この種ののことは、女性よりも、男性の資質で決まるかもしれませんね。

    トピ内ID:3903570429

    閉じる× 閉じる×

    どこの話?

    しおりをつける
    blank
    辛口
    >昔の日本の女性は夫をたてて、一家の長としての面目を保ち、男性のプライドを上手に扱いながら、実は自分の思い通りに動かすのが上手でしたよね。

    いったいどこの話でしょうか?
    昔の日本女性のほとんどは、耐えに耐えて、人権すら与えられない人が多かったのです。(選挙権すら戦後です)

    いつの時代でも、人の扱いのうまい人と下手な人がいます。

    あ~昔はよかった。的な誤解だと思います。

    トピ内ID:2972111685

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る