詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 映画感想文スレッド Part7 (ネタばれあり注意!)
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    映画感想文スレッド Part7 (ネタばれあり注意!)

    お気に入り追加
    レス120
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    DECCA
    話題
    「映画感想文スレッド」のパート7を立ち上げます(パート6が書き込み不可になっているようなので。

    文字通り、映画館やビデオで観た映画の感想を、ジャンル・製作年度関係なく、気ままに書いていこうというトピックです。もちろん各個人がどんな感想を持とうが自由なので、もしも他の人と意見が違っても気にせずにまいりましょう。なお、原則として「(結末や重要プロットを明かす等の)ネタバレ」はご遠慮下さい。どうしても書きたい場合は前もって「ネタバレありますよ!」という感じで、「お断り」「念押し」をしていただくようお願い申し上げます。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数120

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 30  /  120
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    「真珠の耳飾りの少女」

    しおりをつける
    blank
    DECCA
    17世紀のオランダを舞台に、フェルメールの名画「真珠の耳飾りの少女」が描かれた背景を、モデルとなった少女と作者との関係から描こうとした作品。

    監督ピーター・ウェーバーがテレビ界出身(これがデビュー作)であるためか、ドラマ自体に深みがない。画家のカリスマ的な存在感も、モデルとの間に流れるはずの匂い立つ官能も、そして作者が持つ“芸術の真髄”についての見解も、まったく描かれていない。単に“作者が史実だと思っている筋書き”が漫然と流れてゆくだけだ。1時間40分程度の作品であるが、非常に長く感じられた。

    しかし、撮影監督エドゥアルド・セラと美術担当ベン・ヴァン・オズの仕事ぶりだけは見ものである。フェルメールの筆致をそのままスクリーン上に再現したかのような柔らかい光と影のコラボレーション。ひとつひとつのカットが絵画として通用するほど映像の密度は濃い。どちらかといえば、映画館で観るよりはDLP搭載の高級AVシステムのチェック用にDVDを家庭で楽しむべき作品かもしれない。フェルメール役のコリン・ファースは可もなく不可も無しだが、ヒロインに扮するスカーレット・ヨハンソンの頑張りが印象的。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    『花と蛇』

    しおりをつける
    blank
    うさチン
    石井監督の久々の作品、期待してました。

    ラストが幾通りにも解釈できる、観客に任せたという
    感じは賛否が分かれるでしょう。

    自身の感覚としては、仏映画っぽくていいですね。

    話題の描写は制約のなかでよく健闘しています。

    配役も適役で、監督はセンスいい映像作ってます。

    ただラストが結末を観る側にゆだねるためか、冗長で
    間延び感が残ります。

    はらわたシリーズもそうですがいつも最期がややくどい
    ですね。

    でも昨今のマイナー系としてはなかなかの出来です。
    よかった。
    (映像と音しかないキャシャーンには失望しました。)

    ではまたDECCCAさま、今後もよろしく。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「CASSHERN」 1

    しおりをつける
    blank
    DECCA
    テレビ版の「新造人間キャシャーン」はほとんど見たことがないので“元ネタに比べてどうのこうの”というマニアックな評は御免被りたいが(笑)、とにかく紀里谷和明とかいう新人監督の古臭くて幼稚なメンタリティに辟易した。

    当作品で彼が言いたいのは“皆が互いに存在を認め合えば戦争は起こらない”ということらしいが、そんなのは“子供の意見”でしかなく、そのテーマを御子様向けのアニメで扱うのならまだしも、いちおう幅広い客層を想定した実写劇映画で声高に叫ぶとは、まさに赤面ものだ。(この項つづく)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「CASSHERN」 2

    しおりをつける
    blank
    DECCA
    終始眉間にしわを寄せて悲劇のヒーローを気取る主人公や自己陶酔的なラストの処理など、気分は“汗くさい70年代劇画”そのもの。気負いばかりが先走って全く練られていない穴だらけのストーリーを、リドリー・スコットや押井守の二番煎じのような薄汚い“特撮映像”をバックに漫然と流している様子は、観ていて気分が悪くなってしまう。

    場違いに豪華なキャストもお気の毒と言うしかなく、三橋達也に至ってはこんなのが遺作になるとはさぞかし不本意だったろう。この体たらくでは紀里谷監督も当分は“映画作家・紀里谷和明”ではなく“宇多田ヒカルの夫”という肩書きで呼ばれるのも仕方がないかも。(この項おわり)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    きゃしゃーん

    しおりをつける
    blank
    kou
    見ました。予告の映像がよさげだったので。
    見てがっくり。頭の中をハテナマークが飛び交っていた。

    なんでこうなるの?????って。

    だからなに?????って。

    もしかしたら私の見方が悪いのかもしれないので、レンタルでもう一度確認してから最終的な評価を出すべきなんでしょうね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    このトピ待ってました!

    しおりをつける
    blank
    映画おばさん。
    トロイを観て来ました。
    肉体改造した筋肉モリモリのブラピ、目から入る映像と頭の中のイメージとがずれて、どうにも落ち着かない感じでした。

    私の勝手なイメージとしてのブラピはなんていっても「チンピラ」とか「憎まれ小僧」なんで。。。

    十分楽しめる娯楽系の映画としてはオススメです。
    みなさんはいかがでしした?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トロイ

    しおりをつける
    blank
    花子
    昨日観て来ました。

    大意としては 女がらみで戦争になって
    これまた対抗するプラピも捕虜の女にイロボケして
    殺され人生を狂わせてしまったなんとも
    野性的でオ粗末な内容でわたし的には???な映画でした。

    色というか景色にあまり変化がなく飽きてくる感じで
    中盤は中だるみ感で時間的にはとっても長く感じました。

    プラピ(アキレスという役名)の
    アキレス腱に矢が刺さった時はもしかして
    今のギャグ???・・とさえ思いました。

    最後が最後だけに
    あまりブラピのヒーロー感は感じられなく
    なんか無念としか言いようがなかったです。
    それとあのおんぶに抱っこの情けない王子だけが
    生き残ったのは釈然としない終わり方だと思いました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「リトル・ダンサー」

    しおりをつける
    blank
    わんだ
    最近観た映画で良かった映画は「リトル・ダンサー」だなー。前からずっと観たかったんだけど、やっと観れた。
    個人的な感想だけどすごく良かった。
    観る前、少し期待してたんだけど、それを上回るほど裏切らない期待だった。
    内容は、父親から無理矢理ボクシングを習わされる少年があるきっかけでバレエに興味を持つんだけど、父親に反対されてしまう。でもどうしてもやりたいっていう少年の気持ちに動かされた父親は少年の為に応援する。
    だいだいこんな感じです。説明が下手でごめんなさい・・・。
    主人公を演じた少年が印象的だった。特にバレエ!バレエシーンは必見。気持ちがすごく伝わってくる。
    主人公の怒りとか一生懸命さとか。
    主人公はもちろん、他のキャスト達も最高。
    このストーリーは家族愛がテーマじゃないかと思う。
    私がこの映画で一番好きなシーンは最初と最後。
    ダンスシーンも最高!だけど、
    最初と最後がああいう感じじゃなかったら印象に残らなかったと思う。久しぶりに味わう、とても気持ちのいい始め方と終わり方だった。

    ↑かなり私情的な感想でごめんなさい。
    トピ主の意見も聞かせて頂きたいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    School Of Rock

    しおりをつける
    blank
    はっきりいって、ストーリーに対して見るべきモノはない、B級アメリカ映画にありがちなハッピーエンド。終わりよければすべて良し的な映画。
    しかし!そこのロックが好きなあなた。あなたなら絶対に一発で好きになります。なぜなら、主演のジャック・ブラックの役を離れて、あくまでも一個人としてのロックへの偏愛ぶりが、これでもかというぐらいに伝わってくるからです。ジャック・ブラックの台詞、挙動、使われる小道具、すべてがロックへの愛情、ロックのキープ・オン精神に満ちあふれています。
    ただ、劇中、バンドの練習でちょろちょろ流れる断片的なリフ、曲のタイトルや歌詞、ロック史に残る事件に引っかけた台詞回し、ローディーやグルーピーのロック界での位置づけなど、これらがすべて分からないと、何がおもしろいのか分からないこともありえます。
    ロックが好きで、月に5枚以上CDを買う人間は、絶対に見るべきです。
    爆笑はないですが、ロック好きなら、全編に渡ってニヤリとさせられます。「スクール・オブ・ロック」と「あの頃ペニーレインと」「スパイナル・タップ」は、ロック好きは必見です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ドーン オブ ザ デッド

    しおりをつける
    blank
    ミドリコ
    面白かったです。ラストまでノンストップで飽きなかった。
    話しの展開もスピーディーなんだけど、この現代版ゾンビ、走るの早い早い。昔のゾンビはもっと動きが緩慢だったのにね。

    でも半分コメディータッチというか、追われる人間達にいまひとつ緊張感が欠けてて、閉じ込められたショッピングモールの中のレストランでみんなで仲良くディナーしてたり、エッチしてたり、淡いロマンスあったりとか、あの究極の状況で結構お気楽・・・。
    あと、ゾンビに追われる人間達、昨日までごく普通の一般人だったのが、突然銃をばんばん打ちまくり、溶接工やって武器を作ったりとか、急に007か特殊部隊なみに活躍するのが、何か笑えた。

    でも理屈ぬきで楽しめる超B級パニックものです。おすすめよん。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    まだ見てませんが

    しおりをつける
    blank
    え?
    >花子さん
    >プラピ(アキレスという役名)の
    >アキレス腱に矢が刺さった時はもしかして
    >今のギャグ???・・とさえ思いました。

    史実(といわれているもの)に沿っているだけでは?
    英雄アキレスがそこに負った傷がもとで死んだことによって、「アキレス腱」という名前がついたんですから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    花子さんトピはマナー違反です

    しおりをつける
    blank
    ネタバレやめて
    トロイを観た私から言わせて頂きますと、花子さん、アナタのトピはネタバレです。

    誰が死に、生き残る云々はストーリー上、「どーなる?どーなる??」と先が見えない展開の大オチでもありますので言語道断、マナー違反極まりないです。

    ちょっとした監督の悪戯ちっくな「シャレ」のシーンまでもバラしているとは・・。

    ただのアイドル映画で目の保養になればイイや、と出掛けたのですが各シーンの引張りがウマく、意外に面白かったので花子さんに意見せずにはいられませんでした。
    まだ観ぬ人の為に、出来れば削除願いたい位です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    レスします。

    しおりをつける
    blank
    DECCA
    うさチンさん、こんにちは。「花と蛇」は残念ながら観るのを断念いたしました。ずいぶん迷ったんですが、どうも主演が杉本彩ってのは・・・・なんか違うような気がして(笑)。団鬼六の小説ではヒロインは山本富士子を想定して書かれたそうで、以前の映画化での谷ナオミだってまあ納得できないことはなかったのですが、杉本彩は絶対「イジメられる側」ではなく「イジメる側」ですよ(「愛の新世界」での彼女は活き活きしてました・・・・笑)。

    そういえばこの原作は文庫本で全十巻にもなる長編ですよね。私は3巻の途中まで読んで、あまり同じことの繰り返しが続くものだから飽きて放り出してしまいましたが、ああいう「趣味」を持った人たちにはウケがいいのでしょうね(爆)。今までの何回かの映画化は部分部分の映像化に過ぎませんでしたが、誰か「完全映画化」をもくろむプロデューサーはいないのでしょうか。そうなると三部作や四部作になって「ロード・オブ・ザ・リング」と並ぶ大河ドラマの金字塔になることでしょう(←なるわけねーじゃん・・・・笑)。それでは、今後ともよろしく。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    またレスします。

    しおりをつける
    blank
    DECCA
    kouさん、こんにちは。「CASSHERN」についての私の感想は上にアップした通りですが、けっこうヒットを重ねているそうで、私も「なんでこうなるの?????」って感じです。

    あの作品で評価すべき点があるとすれば、ああいう凝りまくった(でもウザい)映像がたったの一年間で完成したということでしょうな。技術の進歩はスゴいものがあります。当初、紀里谷監督は低予算のプライベート・フィルムとして撮る予定だったらしいのですが、彼が大物歌手と結婚したことも手伝ったせいか、いつの間にかなぜか「製作費ウン十億・全国拡大ロードショー」にまで格上げされてしまったそうです。駆け出し監督にはあまり大作を任せない方がいいですね。それでは、これからもよろしく。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    またまたレス。

    しおりをつける
    blank
    DECCA
    「映画おばさん。」さん&花子さん、こんにちは。私もたった今「トロイ」を観て来ました。出来の方は、うーむ・・・・(笑)。感想は後日アップいたします。

    筋肉モリモリのブラピ、私も違和感ありましたねー。これは彼じゃなくっても出来る役ですね。私は子供の頃にテレビの洋画劇場で1955年製作の「トロイのヘレン」を見ていますが、あっちの方がインパクトあったような気がします。ブラピが演じたアキレスは「アキレス腱」の語源になってますね。パリスに足首を射抜かれたことから来ています。そういえばパリスもフランスの首都パリの語源じゃなかったかなー(違ったらゴメン)。古代ギリシアの伝説に由来する言葉って多いですね。ホメロスの原作では主人公はショーン・ビーンが演じたユリシーズになってますが、なるほど、映画でも狂言回しの役どころでしたな。それでは、これからもよろしく。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    おばか映画

    しおりをつける
    blank
    ai
    キャメロン・ディアスの「The Sweetest Thing」
    が好きです。

    ストーリもエンディングも何てことないですがとにかくおばかで楽しいし、なにより私にとってはアメリカで過ごした学生時代(おばかやってました・・・)を思い出させてくれるので、懐かしい気持ちにさせてくれます。

    同じくキャメロン・ディアスの「チャーリーズ・エンジェル」も同じ理由で好きです。それにスカッとしますね!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    素敵なトピックをありがとう・・・

    しおりをつける
    blank
    ル・マン
    えぇと、自分が今ハマっているスペイン映画について・レンタルで観ました。

    「マルティナは海」はロマンティックな気分に浸りたい方とか、恋愛感情を盛り上げたい方向き。

    ツッコミどころが多すぎるし、非現実的な面もあるけれど、とにかくスペイン映画は「映画」としてのあらゆる点においてのバランスが非常に均衡の取れたものとなっているのが特徴のように思う。

    とにかく、監督の比喩の使い方が非常に上手い。ただ・・・自分はストーリーの終え方がイマイチ好きではない。ムリヤリ綺麗にまとめようとしたナルシステックなものを感じてしまった。(まぁ、あるギリシャ神話をモチーフとしてるとのことなので、仕方ないのだろうけど・・・)でも、それらを差し引いてもとても素晴らしい映画と思います。

    押し付けがましくないのに、しみじみと外国の空気が漂ってくるような美しい映像も良かったです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    素敵なトピックをありがとう・・・2

    しおりをつける
    blank
    ル・マン
    とあとは、「トーク・トゥ・ハー」。個人的に、「ストーカー的ロミオとジュリエット?」と思ってしまった。監督の言わんとしてることは伝わるのだけど・・・。
    やっぱり、どうしてもそんなに簡単に主人公を××さないで・・・と思ってしまう。これって、文化の違いなのかなぁ、可哀そうだから、××ないで、というより、もっと現実の中で、ドロドロさせても、という気がしたので。
    批評家の人にはすごく評価が高い映画のようですが、自分としては「独りよがりじゃなく、目を見開き、成長することで、見るものに力を与えるということが本当の抱擁」
    だと、思う。(生意気なこと言ってすいません。)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    スクールオブロック観たよ。

    しおりをつける
    blank
    映画おばさん
    スクールオブロックはB級映画としてはまあまあのできでした。12歳のムスメはいたく感激して、『私もこういう学校に入りたい』と夢まで見る始末。。。。

    暇な時間、ムスメとふらっと入った映画館で、期待以上に楽しめた映画です。

    ただお金を払ってもみたいかというとそうではなくて、機中のフリー映画か、テレビで放映されるのを待つか、ってとこかな。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ハルク!

    しおりをつける
    blank
    モゲモゲ
    展開遅っ!
    最初はひきつけられたんだけど
    途中で観るのやめようかと思った、、、
    でも映像(CG)は、すごい!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    横ですが、花子さんへ。

    しおりをつける
    blank
    A
    >プラピ(アキレスという役名)の
    >アキレス腱に矢が刺さった時はもしかして
    >今のギャグ???・・とさえ思いました。


    "アキレス腱"の由来をご存知ですか?
    花子さんの感想には同意できる部分が多いのですが、ここだけは思わず笑ってしまいました。

    だってギャグかと思ったんです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    下妻物語

    しおりをつける
    blank
    ちゅうりっぷ
    レイトショーで観てきました。
    思っていた以上に面白かったです。
    『こういう人も出てたんだぁ。』という意外性もあったりして。
    こんだけ笑ったのは久し振りだったかもしれないです。
    私は深田恭子演じる『桃子』のキャラが気に入りました。
    思いっきり笑いたい人におススメです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ディ アフター トモロー

    しおりをつける
    blank
    映画おばさん。
    今晩は夫とディ アフター トモローを観にいってきました。

    題名が陳腐すぎる。っていうか007のタイトルみたい。

    であんまり期待していなかったのですが、映画そのものはよかったです。異常気象とか科学的なことは疎いのでうのみにしてしまうのですが、ありえる話なんでしょうかねぇ。

    そう思えてしまうのは、配役がみんなお利巧そうな顔立ちを揃えていて、とくにイアンホルム、デニスクエイド、新人のエミーロッサムあたりがよかったです。

    特殊撮影も違和感なかったのですがみなさんの感想をお聞きしたいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    横:トロイ

    しおりをつける
    blank
    オデュッセイの勝ち
    そうですか、最近の方はホメロスもイリアスもご存知ないのですね...原作があるので、それに沿った結末になったのは仕方ないですね。というより、ハリウッドご都合主義で、好き勝手な結末にしなかっただけでも良かったです。ちなみに、アキレス腱は、アキレ(ウ)スの唯一の弱点だったことから、そう呼ばれています。洒落じゃないんですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    シュレック2

    しおりをつける
    blank
    オルガ
    今日見てきました。
    子供の映画ながら、大人の急所をくすぐるギャグもいっぱいあって、笑いどうしでした。サイドキックの猫の声がアントニオ バンデラス。声のしぶさと、行動の紳士的なのに対して、猫ゆえの可愛いしぐさがなんとも笑えました。あんまり笑ってばかりなので、隣の娘に肘でつつかれるしまつ。
    私的には、シュレック2の方が最初の映画よりおもしろかったです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    パッション(メル・ギブソン監督)

    しおりをつける
    blank
    アッサム
    ストーリーとしては聖書の通りですが
    イエスが捕らえられ鞭打たれるシーンは
    リアルです、正視できなかったです。

    マリアの回想(思い出)のシーンが何箇所か
    入っていて、マリアとイエスごく普通の母子の
    感情がよく表現されていたと思います。

    イエスが十字架を背負いゴルゴダの丘に向かう
    途中で母であるマリアと一瞬接触するシーンは
    思わず泣いてしまいました。

    ストーリーテラー?として悪魔が登場しますが
    これはちょっと演出しすぎ?かと思いました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    花子さんのいじわる(涙

    しおりをつける
    blank
    77
    横ですが、思いっきりネタバレ....
    あぁ!!読んで後悔

    楽しみにしてたけどテンションが下がりまくりました見に行くのもうやめます。
    いじわる~だ~

    この手のトピに初めてひっかかりました。今までネタバレとかかいてあるのはスルーしてましたがう~ん
    何ともいえない複雑な気分でがっかり。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    TOROYかっこいい男がカッコ悪くなる映画。

    しおりをつける
    blank
    MUHYOUJOU
    花子さま、がははは。。。大爆笑してしましました。
    昨日TROYを見ました。人が多いの!!
    かっこいい男がカッコ悪く
    なる映画じゃないか?なんなのだらしない!!!
    女たらし?ブラピに、情けないオーランド。。
    アキレスにちなんで「アキレス撃ち」も参った!
    花子さん、ありがとう!笑えて嬉しいです、

    あと、王子もかっこわるけりゃ、最後王のおじいちゃん
    も「だまされちゃった!」「記念に木馬うへへへ~」
    後にパカーっと木馬があいて、、めためた。
    兵士に刺されて死亡、、うーん、
    確かに壮大で、スケールがでかい、。でも寒気も
    何もない。また始まった、下がったり、引いたり、。
    向かったり、。戦いの場面も派手さも少なく、
    恋愛部門も「捕虜に」なった女性とあっさりブラッド
    ピっトに抵抗もなく、あらら、、、。
    オーランドは切られてお兄ちゃんの足にすがりつき。
    海賊映画のパイレーツオブ、、であれほどかっこよかったのに幻滅!!!

    みんな目にコインおかれてさようなら。。
    うーんわからん、、、、、、!!!!!
    戦いのシーンは女性の声で「あ~あ~あーあー~」
    と歌が入ります。むなしく、聞いてました。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「エレファント」 1

    しおりをつける
    blank
    DECCA
    ガス・ヴァン・サント監督がコロンバイン高校銃乱射事件にヒントを得て作り上げた2003年のカンヌ大賞受賞作だが、同じ少年犯罪を扱った「リリイ・シュシュのすべて」と比べるとまるで物足りない出来だ。なぜなら、この作品はテーマに全然迫っていないからである。

    オレゴン州ポートランドの普通高校を舞台にカメラはここで過ごす学生達の姿を追う。35ミリスタンダードサイズの中に切り取られた画面は実にストイック。清澄な映像をバックに生徒一人一人のプロフィールを先入観なしに捉えようとしているが、逆に言えばドキュメンタリー手法に徹することにより、素材を“遠くから眺めた”ような作者の不遜な態度が鼻についてくるのだ。(この項つづく)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「エレファント」 2

    しおりをつける
    blank
    DECCA
    「エレファント」という題名は“群盲、象を撫でる”の格言のように物事の枝葉末節にとらわれて全体像をつかんでいない状況を指しているらしい。だが、その全体像を把握することに及び腰なのは作者自身なのだと思う。

    そのことを典型的に示しているのが、犯人達が凶行に至る前にパソコンでシューティング・ゲームに興じ、なおかつ通販で手に入れた銃器類を自慢気に扱う場面である。これは“少年犯罪は過激なテレビゲームと銃社会が原因だ”という表面的なスローガンの発露にしかなっていない。犯人の少年に対するイジメ場面も申し訳程度に挿入されるのみだ。そんな語るに落ちるような“状況論”を並べてみても、かえって作為性が目立つだけである。作者の切迫した主張をもっとあざとくスクリーン上に活写しなければ、観ている側の心は動かない。それをドキュメンタリー・タッチの採用という“形から入った”撮り方をした時点で、この作品の限界が見えてしまった。

    とはいえ、最近のアメリカ映画の中にあっては個性的な作品であるのは確か。そのへんの物珍しさも受賞に繋がったのかもしれない。(この項おわり)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 30  /  120
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]