詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    妻と義母の心配がとまらない

    お気に入り追加
    レス35
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    tamao
    話題
    男の子3人の父親です。
    (小学校4年、3年、1年)

    良くある光景

    取っ組み合いのけんか
    泥だらけで帰宅
    セミの抜けがら等がポケットから大量に

    といった感じです。
    私は地方郊外(自然たくさんあり)で男兄弟育ちなので驚かないのですが妻と義母(どちらも街の中で姉妹だけの家庭で育った)はそのたび青くなったりおろおろしたりしています。

    殴り合い蹴り合いの喧嘩が始まると(きっかけは大抵どうでもいいようなことです)。
    私は道具を持ち出したり、限度を超えない限りはやらせておくのですが、そこに妻や義母がくると大慌てで止めます。
    私は
    「これくらいは通過点だし、喧嘩の痛みを知ることも経験。限度を超えない限り放置すべき」
    なのですが、二人は心配しておろおろするばかり。
    見守っていれば、大抵どっちかが泣いたらおしまい(年下だって常に負けているわけじゃないし)で、限度を超えないように子供たちもある程度喧嘩のルール(?)を分かってやっているから大丈夫だと私は思うんですが。

    外でちょっと危険な遊び(自転車で土手下り。ターザンごっこ、木登り等)を初めても、危ないとあわてて止めようとします。

    私にとっては、昔自分のやってきたことでもあり、確かに絶対安全ではないがそれをやらせないで育てるより、いろいろ体で経験をして覚えることが大事だと思っているのですが・・・・・

    最近は、休みの日に私が子供と遊ぼうとすると妻が必ず付いてきます。
    そして、子供たちがちょっと派手な遊びをしだすとあわてて妻が止めようとして、やらせてあげようとする私といつもケンカになっています。

    私がおおらか過ぎ?それとも妻が心配し過ぎ?

    皆さんの意見をお願いします。

    トピ内ID:2208902648

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数35

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  35
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    私が幼少時代もやってた

    しおりをつける
    blank
    40子持ち主婦
    当時、地名的にはそう田舎ではない場所だが、その頃まだあまり開けていない場所に住んでました。

    ですから、当方女性ですが、急な坂道を自転車で、ノーブレーキでどこまで行けるかとか、そう高くはないが、ガケみたいな所(落ちたら危ない感じ笑)をドロドロになりながら、はい上がっていくとかしてました。

    虫も平気で捕まえ、今なら、虫さんが可哀相だからダメと言われるんでしょうが…カナブンを大量に捕まえ、糸をつけて飛ばしたり、アリを大量に捕まえ瓶の中で飼おうとしたり、カマキリの卵を突いて壊し中から大量のカマキリが出てくるのを見たり…等々、現代っ子はやらないかな?って事を色々やってましたね。

    今住んでる所もそう田舎ではないが、家の近くでザリガニが沢山捕れるから、息子は低学年までは友達とザリガニ捕りしてましたね。上手です(笑)
    夏休みは毎日友達と遊びに行っちゃいますが、ザリガニ捕りは、高学年の今はやらなくなりましたね~。

    母親からしたら、木登りはちょっと心配。落ちたら大怪我するかもしれないし。…って私が言うか?笑
    でもやっぱり時代が違うから主の奥様が心配するのは分かります。

    トピ内ID:3896925544

    閉じる× 閉じる×

    どれが正解なのか

    しおりをつける
    blank
    マリ
    男の子って女親が止めに入ったところで、止めない時は絶対止めないですからね。そこでどうしても言うこと聞かせたい時は父親に叱ってもらうのがいいかな、と思ってます。

    何が正解とは分かりませんが母親側から見た父親の育児をあげると。

    ・ちょっとした隙を見てない。雑で危なっかしく見える。
    ・子供の予想不能な動きを予想してない。
    ・肝心なとこ見てないから泣いてる原因を勘違いしてる。ポイントがずれてる。・遊ばせるだけ遊ばせてケガしたらオロオロして母親に丸投げする気。

    私ものびのびさせたいトピ主さんの気持ちも分かりますが、口うるさく言ってしまう母親の気持ちも分かります。

    トピ内ID:7737727053

    閉じる× 閉じる×

    あはははっ

    しおりをつける
    blank
    おっっっと
    あなたが正しい
    度を越さなければどんどんやったらいい。

    トピ内ID:6645215127

    閉じる× 閉じる×

    私はトピ主さん寄りかな

    しおりをつける
    blank
    にじ色
    息子も娘もいる母親です。
    私はトピ主さん派ですね~
    私自身は3姉妹で、男の子の世界って息子を持って初の経験なんですが。

    ケンカも成長においては大事な糧になると思っています。
    特に男の子はそれで力加減を学んだり、身体・心の痛みともに身につけたりするのだと思います。
    なので、ウチは取っ組み合いのケンカも基本放っておきます。
    何も持ってないか、周りに危ないものがないか確認したら、あとはこっそり時々見るだけ。
    息子ふたりで30分以上がんばったこともありますよ(笑)
    「あ~疲れた~。もう辞めようか」とふたりで納得して終わりました。

    ただ、それが兄弟ケンカじゃなく友達とのケンカならちょっと考えますね。
    「相手の親はどう思うかな」と。
    なので、あまり遊んだことのない子とのケンカなら、ごく短時間で止めると思います。
    今はいろんな考えの親御さんがいらっしゃいますから。

    奥さまもそういうことを考えておられるかもしれませんよ?

    トピ内ID:0359918869

    閉じる× 閉じる×

    男の子だから多少は派手に

    しおりをつける
    🐱
    りぼん
    すぐ目の前の危険を止めようとするのが女性ですから、当然でしょうね。
    色々、体験させるのが大切とはわかっているのです。
    でも大事な我が子ですから頭をちょっとぶつけた位でも心配なんですよ。


    「俺にとっても大事な子供達だ。命に関わることは絶対させない」
    「一緒にいる時は子供達からは絶対目を離さない」
    「万が一の時は俺の命にかえても子供達を守る」

    まあ、足の1本くらい骨折されるかもしれませんが・・・。
    夫に、ここまで言われたら、諦めて任せますね。

    トピ内ID:6563668403

    閉じる× 閉じる×

    ぜひやらせてあげてください。1

    しおりをつける
    blank
    ひよぺん
    私は47歳、
    兄中2、娘小2の二人を育てている母です。

    男の子はとにかく冒険させてあげたいですね。
    お父さんがいて、見守ってくれているところで、
    ぎりぎりまで
    喧嘩、危険なこと、兄弟三人で体験できるお子さんたちは
    本当に幸せです。

    そうやって兄弟同士で発散できていて
    なおかつ力の加減、どこまでがケガをしない限界なのかを学んでいるので
    他所でトラブルを起こさずにすんでいるのかも知れません。

    よく母親同士で「男の子は死ななきゃOK」「骨折まではOK」など
    言い合って笑ったり、お互いの心配を共有しています。

    普段何でもやらせてくれるお父さんが本気で叱ることで
    本当に危険なんことは何か、を学ぶことが出来、
    命をなくす様な危険を回避することもできるかも知れません。

    あんまりついて回ってあれもこれも危ない、と言い募ると
    本当の危険は何か判断できなくなり、
    かえって恐ろしい結果を招くような気もします。
    (続きます)

    トピ内ID:2884410420

    閉じる× 閉じる×

    ぜひやらせてあげてください。2

    しおりをつける
    blank
    ひよぺん
    (続きです)
    奥様の育った環境から考えると
    心配される気持ちはわかりますが
    男の子には物足りないでしょう。
    ご主人が豪快(良い意味で)に子供たちを扱うことで
    良いバランスが取れているのだと思います。

    優しく、心配性なお母さん。
    冒険させてくれる、おおらかなお父さん。
    理想的なご両親ではないでしょうか?

    奥様がご主人とお子さんたちが共有している
    「男の世界」について
    もう少し理解してくださるといいですね。

    トピ内ID:2884410420

    閉じる× 閉じる×

    奥さんが心配しすぎ

    しおりをつける
    blank
    ぶっこ
    私の実母がそんなタイプですが、私も弟も結果どうなったかと言うと、常に親を安心させる事が出来るかが行動の基準です。進学も就職も結婚も。
    普段のちょっとした外出や旅行などもです。本当にねっとりと うっとうしくて…でも親は自分を愛しているからなのだと考えて、受け入れてました。
    私は自分が子を持って、親は愛情ではなく、自分の心配で子どもを支配していたのだと気が付きました。弟は未だに、母の心配による支配から逃れられません。
    男の子は特に、よき自信を持たせてやる事が、何よりの親の愛情であり努めだと思います。トピ主が説得して下さい。
    個人的に、女性の心配性は、自分が満たされてないからだと思います。夫として妻が十分満たされ幸せである様、研究や努力される事も良いと思います。お父さん、ファイトです!

    トピ内ID:5797883259

    閉じる× 閉じる×

    通訳としてがんばって

    しおりをつける
    blank
    さく
    お子さん達とても健やかに伸び伸びと育っていらっしゃいますね。

    ただ、奥様の気持ちもわかります。

    元気に育って欲しいけれどびっくりすることの連発なのです。

    泥だらけで帰宅した後、お子さんが通った後の掃除は誰がしていますか?

    取っ組み合いのけんかはご近所に迷惑が掛からない時間、場所ですか?

    お子さんのすること自体は子供らしくて素晴らしいのですが、

    上のお子さんはもう4年生。

    だったらトピ主さんが「腕白道の先輩として」
    少し知恵をつけてあげてはいかがでしょう?

    ・外に遊びに行くときには予め玄関にバケツに絞った雑巾を用意して
    足をふいてからはいるようにする

    ・セミの抜け殻はポケットに入れるとつぶれたりそのまま洗濯機にいれたり すると悲惨なことになるので自分で箱にいれること

    などを教えて実践させるだけで奥様の「びっくり」も多少は減ると思います。
    そして、「男の子には男の子の育ち方があるんだ。自分もきちんとフォローはするから
    わかってやってくれ」と奥様に理解を求めましょう。

    男子文化と大人文化の通訳としてご健闘を祈ります

    トピ内ID:6755082919

    閉じる× 閉じる×

    私は主様よりです

    しおりをつける
    🐤
    ひよ
    女でしたが田舎で育ち木登りや山の中にある穴を秘密基地にして遊んだりしていたので、
    公園でゲームばっかりやって俯いてる子供を見る方が違和感で嫌です。
    木登りもターザンごっこも私なら止めずに見守る派なので参考にならないかも知れませんが、
    奥様があまりに心配されるようであれば、アスレチックのある公園へ出掛けてみるのはいかがでしょうか?
    ターザンごっこが出来るロープとか、網の上を上がっていく物とかありますよね?
    そういうのを自分たちの子だけでなく他の子もやっているのをみれば止めないと思いますし、
    それを繰り返している内にあれくらいなら大丈夫なんだな、と奥様が感じて下さるのでは無いでしょうか?

    まぁ最近の母親はやたら過保護な人もいますし、奥様と一度どこまでなら良くてどこからが嫌と思うのか話し合うのも良いと思います。
    その中で外で遊ぶ事のメリットも奥様にお伝えしてみてはどうでしょうか?

    トピ内ID:9034835158

    閉じる× 閉じる×

    お子さま達は・・・

    しおりをつける
    🙂
    おはりこちゃん
    40代後半、22歳、14歳2人の女子の母です。
    私自身、姉妹で街中で育ちました。

    私もトピ主様と同じ考えです。
    今の年齢(4.3.1年生)なら男女関係なく取っ組み合い喧嘩をしても止めません。
    ひっかかたり、叩かたりしてどれ位痛いか身を持って覚え、手加減したりして相手の事を思いやります。


    木登りなど「どうやったらあの枝までいけるか」など考え、恐怖心と戦い登れた時の達成感は嬉しいことです。
    以前鍵を忘れて家に入れない時、開いていた二階の窓から入ったことがあり、木登りしてた事が役に立ったなあと思いました。

    家族で話し合いはしているのでしょうか?
    虫を虫カゴに入れないで家の中に入れない、ポケットに蝉の抜け殻入れたまま家に入らないなどルールを決めたらいかがでしょう?
    喧嘩も奥様とお子さま達とここまではO.Kというふうに確認し合えませんか?

    無理やり辞めさせられて、お子さま達ストレスがたまっているような気がします。

    トピ内ID:0257716617

    閉じる× 閉じる×

    そうでないひともいるだろうけれど、

    しおりをつける
    blank
    篠木マリ
    トピ主さん派です!

    うちは二人とも女の子だったので、そういう機会はなかったのですが、子どもの頃に冒険をしたり、少々痛い目にあっておくのは大事な経験だと思っています。そういう触れ合いがないと、ちょっとした感情のいきちがいで暴走してしまう子・大人が出来てしまうと思います。

    トピ内ID:2598703949

    閉じる× 閉じる×

    自転車

    しおりをつける
    blank
    まい
    おおらかに育てるのはいいことです。

    自転車については、自転車保険に入るなり人様にけがをさせないように今から注意していったほうがいいと思います。

    昔と違って、おおらかさもほどほどにしないと訴えられていく世の中です。

    トピ内ID:8568090495

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さん派

    しおりをつける
    blank
    河童
    危険な遊びをするならまだ親の目や手の届く所でやって、「節度、程度、限度」を身につけて欲しい。

    ダメの一点張りの親の目を掠めて危険なことをやって、慣れないが故に最悪の事態になるのは避けたい。

    トピ内ID:2522050511

    閉じる× 閉じる×

    一度、奥さんと

    しおりをつける
    🎶
    愛の手
    取っ組み合いのけんかをしてみたらいかがでしょうか? その素晴らしさが実体験できる!

    トピ内ID:7468057588

    閉じる× 閉じる×

    親は

    しおりをつける
    🐶
    ぷりしら
    親と言う字をよ~くみましょうよって奥様にいいたいな。少しずつでも免疫をつけておかないと、反抗期は大変だぁ~。

    トピ内ID:5657073477

    閉じる× 閉じる×

    我が家にも男の子がいますが

    しおりをつける
    🙂
    ぽぽろん
    奥さん、心配しすぎです。
    息子さん達、とても元気で健全だと思います。

    私は姉妹で、男の子が周りに居ませんでしたが
    息子が激しく元気いっぱいに遊ぶのはとめません。

    男の子にだめだめ、と言っていると、運動神経は悪くなるし
    積極性がなくなってきて、元気も覇気も自信もない子になります。
    私は、本当に危ない時以外見守ります。
    正直、止めずに見守る方が辛いですね。

    はらはらどきどき、心配ですし、危なくなった時に、
    注意や止めるタイミングみのがさまいと、目が離せません。
    親はどきどきを我慢しないと、と思います。

    また、性格によっては今抑えるのは逆効果。
    今のうちにこうやって、危ないことの限度を覚えないと、
    もうちょっと大きくなってから、昔やれなかったからと、
    もっと危ないことを親に隠れてしたり、
    親のいうことを聞かない反抗期になって危ないことをしたり
    それで大怪我して取り返しがつかなくなったら後悔します。

    親の言うことを素直に聞くうち、目が届くうちに
    ちょっと危ないこと、喧嘩をして自分の力量をしったり、
    引き際を知ることが大事だと思います。

    トピ内ID:0030297948

    閉じる× 閉じる×

    見なければいいんだけれど

    しおりをつける
    blank
    姉妹育ちの男子母
    奥さんはトピ主さんを信用していないのかも。
    他の方のレスにもありますが、自転車に関しては他人を巻き込む危険性が高いので、
    もう少し配慮なさったほうがよろしいのではないかと感じました。

    トピ内ID:8676112292

    閉じる× 閉じる×

    自転車は人を傷つける道具にもなる

    しおりをつける
    💄
    ですから保険に入っておくことをお勧めします。
    あと正しい乗り方も。

    それ以外はそれほど悪いとは思いません。
    ただ他の方も書かれていたようにおおらかすぎると訴えられる世の中なのは自覚された方がいいと思います。

    トピ内ID:8118770318

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんに賛成

    しおりをつける
    blank
    Will
    最近の行きすぎた「安全過敏症」には残念だと思っているので、トピ主さんに賛成します。
    子供を、汚いもの・怖いもの・危険なもの、それらすべてから隔離し、遠ざけているのが現代ですが、それには疑問を感じてます。
    大けがしない程度に衝突したり経験したりして、自分以外のほとんどのものは自分より固いもので出来ているのだ、と言うことを子供のうちに身体で覚えて欲しい。
    そういう経験が大人になった時にも役立つと考えます。

    トピ内ID:5639291674

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さん寄りですが…

    しおりをつける
    blank
    たろすけ
    3姉妹の長女で、中学の時に次女と取っ組み合いのけんかをしていたら、見ていた母は(体格は母を大きく上回っておりました)「やれやれ!本気でやってんのか?脇が甘い!足も使え!」…馬鹿馬鹿しくなってやめました。

    うちには姉弟の兄弟がいます。まあまあ、いい加減までは、静観してます。

    が、ですね。
    対甥っ子はダメです。甥は、ちょっとお友達とぶつかったことがきっかけで、網膜剥離を起こしました。手術しましたが、再手術が必要になり、激しいスポーツは禁止に。どうやら、その下の甥も、同じ傾向にあるらしく、じゃれあう姿もヒヤヒヤします。

    こういう例もありますので、塩梅良く子育てなさってくださいませ。

    トピ内ID:0086219103

    閉じる× 閉じる×

    監視は辛いですね

    しおりをつける
    blank
    かねこママ
    パパといる時にはパパの流儀で、ママといっしょの時にはママの流儀でいくのが一番だと思いますが、一緒についてきて監視するのは夫婦間でのルール違反かなと思います。夫婦できちんと相談する必要がありますよ。

    兄弟同士での喧嘩のみならいいですけれど、いつも負ける年下の子は勝ちたい気持ちを満たすために外で喧嘩を始めるかもしれません。もちろん相手は自分が勝てそうな相手ですから、そこから他の親子を巻き込んだトラブルに発展する可能性はありますね。

    ちなみに私は都会育ち(東京ど真ん中です)の女ですが、子供の頃にはトピ主さんと同じような事してました。母親にこれもするなあれもするなと言われながら育ったら性格ひねくれたかもしれません。

    トピ内ID:2755933812

    閉じる× 閉じる×

    心配性は止まらない

    しおりをつける
    blank
    スラップスティック
    私は住宅地の中で女ばっかりの家庭(父は単身赴任が長かった)で育った姉妹の片割れですが、トピ主さん寄りです。
    ケンカも遊びも、大怪我しそうな時だけ大人が阻止する主義。
    虫取り・冒険、なんでもいいよ、いざという時には助けるから、って感じ。

    夫は、松林を越えたらすぐ海って環境で、男だけの兄弟で育ったのに、奥さん寄り、いや、それ以上の過保護です。
    ちょっとでも危ないと思ったら、すぐ制止する。

    虫? 刺されたらどうする!
    押入れの上段から飛び降りるな! 骨折するぞ!
    木登り? トゲが刺さるだろう!
    海? 離岸流の怖さを知らんのか!

    一事が万事、こんな感じ。
    自分の子どものころは、塀の上から飛び降りて、暑いと思えば海に飛び込んでたくせに~。

    昔自分がやってきたことだけに、危険度を知ってるから過保護になるんですかねえ???

    結局、過保護な親はどんな育ち方してても過保護なんですよね~。
    ケンカにこそなりませんが、「アンタは心配しなさすぎ」といつも言われてます。

    トピ内ID:6431359548

    閉じる× 閉じる×

    両方あるから、偏らなくていいんですよ

    しおりをつける
    blank
    子供に求むなら自分も
    トピ主さんだけとか、奥さんだけとかじゃなく、
    お二人の意見が違うのも、子供達にはいい刺激じゃないですか?

    同じ家庭内でさえ、様々な価値観がある事が解ったほうが、社会に出ても楽そう。

    どっちかに統一せず、バランスを取るのも大事。

    >子供たちもある程度喧嘩のルール
    子供達にそれを体感させるつもりなら、ご自身も
    夫婦喧嘩を体感し、お互いのルールを少しずつ作ればいい事です。

    トピ内ID:1026374203

    閉じる× 閉じる×

    私もやってた

    しおりをつける
    blank
    るー
    子供の頃は危ない遊びとかやってましたよ。
    自然公園のような場所に遊びに行って枝の多い結構大きな木に登って実を取って食べてみたり(降りる時は擦り傷だらけ、公園のゾウさんの滑り台で、無理やり後ろの方からよじ登って上部の手すり沿いに宙ぶらりん状態で一周(もちろん想定されていない遊び方)してみたり、円型の向かい合わせに座るブランコで、上部のパイプにぶち当たるまで立ち漕ぎしてみたり。
    いずれもちょっと手を滑らせれば落下して、運が悪ければ頭を打つか骨折もあり得るような遊びです。でもそのスリルが楽しくて。
    きっと親が近くに居たら危ないからやめなさい!と言われたはず。

    主さんが仰っていることは至極もっともな事です。
    喧嘩や痛さを身をもって体験できるのは子供のうちだけです。見ていて本当に危険な事をやっているのでなければ、放置はしないけれど注意深く見守るのが良いと思います。

    トピ内ID:1598241276

    閉じる× 閉じる×

    生活・身近な話題ランキング

      その他も見る その他も見る

      トピ主さんに賛成

      しおりをつける
      blank
      息子2人の母
      息子2人は高校生。
      子どもが小学校低学年のころ、舅と同居しました。

      舅は子どもの頃、生活のために家の手伝いをしながら、長男である兄にずいぶんいじめられ
      それが嫌で、子どもたちにけんかをさせませんでした。
      私からすると、トピ主さんのように痛みを覚えながら、どこまでやっていいかを覚えていくのに
      必要だと、夫にも舅にも話をしましたが、「この家ではけんかさせない」と言い切り、
      それ以降、子どもたちはけんかをすることがなくなりました。

      結局、小さな口げんかもいけなくなり、小学校中学年で話すこともなくなりました。
      けんかをしない兄弟=仲のいい兄弟でないことに舅は気づいていません。

      夫はこのほかの躾に関しても、舅の言うことがいつも一番正しいと思っていて、
      私の考えが間違っているかのような発言をしてきました。
      子どもが成長し、問題が起きて、夫は私が正しかったことに気づき始めました。
      舅はもちろんですが、今さら、夫に謝られても許せません。


      トピ主さんは信念を持って、がんばってください。

      トピ内ID:4001511312

      閉じる× 閉じる×

      家の子も元気いっぱいです。

      しおりをつける
      🐤
      ひよこナース
      私は母親の立場ですが、トピ主さん寄りな意見です。
      虫が嫌いなので、セミの抜け殻がポケットに入っていたら泣いちゃいますけど(笑)
      でも、息子が虫が触れるのを心から喜びます。
      泥だらけで帰宅したら「楽しかった?お風呂に直行!!」と迎えます。

      でも、そんな母親ばかりではないみたいで・・・
      先日、担任の先生から電話がありまして、「次男君(小学2年生)が6年生と喧嘩しました。」
      と電話がありました。??本人は家でご飯を食べてるけど?だから??相手が怪我しました?
      よくよく、話を聞いてみると、相手の親がズボンに靴跡が付いていたので学校に通報したとか・・・
      家の子はそんなのいつもの事ですので何とも思いませんでした(これもいい加減かな?)。
      相手は怪我したのですか?と聞くとそうではないとのこと。どうしたいのでしょうか?
      家の次男が6年生で相手が2年生ならこちらが謝りに行くも有かなと思いましたが、
      次男は「俺は小さな子とは喧嘩しないよ!」と言うし、
      本当にどうすればいいの?私の考えがおかしい?と思った瞬間でした。

      トピ内ID:8834867981

      閉じる× 閉じる×

      100%

      しおりをつける
      blank
      heaven
      あなたに賛同します。
      お義母さまは女しか育てたことがない、という偏りが大きいと見えます。奥さんも姉妹の環境しか知らないわけだし。

      平井信義さんの本で読みましたが、いたずらができる環境がないと、自主性が育たないと。
      いたずらをいちいち禁じられると自主性が萎えるそうです。
      水掛け論に終わらないよう、ご参考になさっては?

      トピ内ID:8943452869

      閉じる× 閉じる×

      どちらも極端にならないよう心がけて下さい

      しおりをつける
      blank
      どちらも
      こういう夫婦でありがちな問題は、お互いにお互いを刺激して
      片方は極端に制御し片方は極端に放任するようになっても
      気づきにくくなる事なんですよね。

      例えば、泥だらけの帰宅やポッケのセミの抜け殻。
      ハッキリ言って、子供ならそれくらいやるでしょう。
      神経質になりすぎるのも驚きすぎるのもおかしいです。

      でも、それを注意するのは正しいという意識はありますか?
      誰がそのポケットから中身を出したり、手間をかけて
      洗濯するんでしょう?本人じゃありませんよね。
      それは、教えないといけない事ですよね?

      一見、片方が神経質で、片方が理解ある良き親に見えても
      後者は後者で、結果的には息子を「後はよきにはからえ」の
      王子様扱い、単なる甘やかし漬けを主張しているだけの事も
      あるんですよ。でも気づかない。危険に関しても同じです。

      子供らしく色々と体験していく事と、大人が推奨して
      いい事は違います。いたずらも成長の一貫であり
      いたずらを叱らないのも教育ではありません。

      基本的にはトピ主さんが正しい筈です。
      しかし、そこにはノスタルジーへの耽溺や、妻の手前
      己の判断力を過信する罠も多々ある事もお忘れなく。

      トピ内ID:6313177981

      閉じる× 閉じる×

      どっちもどっち

      しおりをつける
      blank
      残暑
      多少のけんかや泥んこになるまでの遊びは奥様が少々心配しすぎ。
      蝉の抜け殻は心配と言うより怖かったのでは?(笑)

      危険な遊びについてはトピ主さんが大らかすぎ。
      そのような遊びをしても良い経験として無事に大人になる子供も多いかもしれないけど、そうではない子供も少なからずいます。
      一生残るケガや障害を負ったり命を落とす子もいるわけです。
      ご自分が無事だったからといって同じに考えてはいけません。

      トピ内ID:1177971303

      閉じる× 閉じる×
      • 1
      • 2
      先頭へ 前へ
      1 30  /  35
      次へ 最後尾へ
      並び順:古い順
      全て表示
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る