詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 親が亡くなった時のあなたの状況、教えてください。
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    親が亡くなった時のあなたの状況、教えてください。

    お気に入り追加
    レス42
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    リリー
    話題
    不謹慎なトピでごめんなさい。

    皆さんはどんな状況でしたか?
    私は5年前に最愛の父親を亡くし、今は母親のみ健在です。
    当時は離れてたのもあってただただ泣くしかありませんでした。
    ただ覚えてるのが翌朝普通に外が晴れてて
    「パパが死んでも朝は来るんだ、世界は変わらないんだな・・・」
    とつぶやいた事です。あとの数日間はあまり記憶がありません。

    万が一母親が亡くなる事を想像すると、悲しくて胸がはりさけそうで
    自分がどうなるかわからないのが怖いです。

    トピ内ID:0764773365

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 5 びっくり
    • 23 涙ぽろり
    • 17 エール
    • 18 なるほど

    レス

    レス数42

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    幸せな人だね…

    しおりをつける
    blank
    Hanako
    介護した?私は母をアナタが想像出来ない位、介護したよ。不謹慎だけど、これで終わったって思ったよ。でも一年間泣いたな~だって身内いなくなったから。介護してみてわかるから

    トピ内ID:5019154622

    閉じる× 閉じる×

    意味が分かってませんでした

    しおりをつける
    blank
    かな
    父が亡くなったとき私は小1、妹は年少。

    若くしての急逝でしたし…小学校で急に呼び出されたような記憶が少し
    あるくらいでよく覚えてないですが。

    お葬式(お通夜かな?)黒白の垂れ幕の前に座っていたら、学校の担任
    の先生とか来てくれて「わ~なんかいっぱい人がきてる」ってちょっと
    面白く思っちゃってたくらいでした。

    「亡くなった」「お葬式」って意味が全く分かってなかったです。
    初めての身近な人の死が父だったので。

    なのであまり父を亡くして悲しい思いはしてないんですが、女手一つで
    一生懸命きょうだいを育ててくれた母に何かあったらどうなるだろう。
    と私もそれは思います…。
    まだ60歳を少し過ぎただけなので、まだまだ先のことだと思いたいこと
    ですが…。

    トピ内ID:3895105842

    閉じる× 閉じる×

    リリーさんと同じ

    しおりをつける
    blank
    美樹
    私も最愛の父を10年前に亡くしました。ガンで入院していた父の付き添いで病院に泊まった翌朝急変し亡くなりました。…なので死に目にあったのは5人家族の中で私だけ。キレイに晴れた冬の朝でした。
    いずれ母も…と思うとゾッとしますが、父の分まで長生きして大往生してくれるかなと前向きに考えてます。

    トピ内ID:2579960626

    閉じる× 閉じる×

    数年前、母を亡くしました

    しおりをつける
    🛳
    こてつ丸
    悲しみに暮れる余裕はなかったです。

    父は半狂乱に陥り、兄は遠方のうえ諸手続には一切ノータッチだったため、病院の退院手続き、お世話になった看護師さんや担当医への挨拶、親戚や友人知人への連絡、葬儀の手配など、すべて私が取り仕切らざるを得ませんでした。

    母は2週間入院したのですが、その間もフルタイムの仕事と夜間の母の付き添いをこなしほぼ不眠不休だったのですが、不思議と疲れなどは感じなかったです。

    とにかく、ぬかりなく立派な葬儀で母を送ることだけを考えていました。

    何しろ親戚に母をいじめ抜いた人がいますので、その人に少しの手抜かりも見せたくない一心でした。
    全部完璧に済ませた後、その親戚が何一つケチをつけられないのをみて「ざまあみろ」と内心自分に喝采を送りましたね。

    そして初七日を終え、父の精神状態が落ち着いてから初めて号泣し、過労で倒れました。

    今は父と暮らしていますが、父が亡くなっても同じだろうなと思います。
    ただ、父の時は短時間でもいいので、悲しむ時間がほしいと願っています。

    トピ内ID:6401627175

    閉じる× 閉じる×

    私の事かと

    しおりをつける
    blank
    momo
    私も5年前に父を亡くし、今は母だけ。

    先日、母の携帯がずっと繋がらなくて、自宅の電話もずっと話し中というちょっとした事件がありました。
    携帯は、車の中に忘れたまま、自宅電話は猫のいたずらで親機の受話器が外れていただけでしたが、心臓がバクバクして何かあったのではないか?
    と、短い時間でしたがとても長く感じ、ものすごく心配しました。

    それからというもの母が理由なく亡くなって死んでしまい私だけが泣いているという夢を見るようになり、毎日不安で悲しい思いをしています。

    母は、あっけらかんとしていて全く気にしてない様子。
    私も母が亡くなったら、どうなってしまうか心配です。

    トピ内ID:0423777264

    閉じる× 閉じる×

    悲しいのは幸せなことです。

    しおりをつける
    blank
    モコモコ
    誰かが亡くなって、そのことが悲しければ悲しいほど、あなたにとって大切であり、あなたを大切にしてくださった方だということだから、それは実は幸せなことだと思うんです。
    実の親でありながら、愛情もろくに与えられず、虐げられて、追い詰められて、命をたちそうになった境遇から言わせてもらえば、亡くなって、悲しくてたまらない、そんな人がほしいです。以前私を大切に思い接してくださった先輩が亡くなった時は、とにかく毎日涙を流し、先輩の書いた手紙を絵を取り出すことができたのは、亡くなって10年を要しました。反対に両親が他界した時は、「やっと自分自身の人生を歩むことができるんだ!」と同時に既に人生の殆どが過ぎて残り少なく体も老いてしまった年月が悔しくたまりません。次に生まれるとしたら、普通ぐらいでいいから、私という子供を愛し大切にしてくれる両親のもとに生まれたいです。あなたにはまたご存命のお母様の他界後を考えるより、後悔のないように接することが大事ではないですか?

    トピ内ID:5438074250

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    ぱうぱうさん
    両親とも亡くなってます。母親は今から8年前、私が産後1ヵ月半で亡くなりました。半年前に余命宣告をされてたのですが、奇跡が起きるかもと信じていました。もうまさに胸が張り裂ける思いですよね・・・。私の場合、あまり主人が心通う性格じゃなかったので、母に心情的な部分は頼ってました。

    記憶もあまりありません。ただ、小さな子供が二人居たので日々忙しくて、なんとか一日を終わらせることで精一杯でしたね・・・。子供が居なかったら、どうしていたでしょう。

    父は今から5年前に他界。突然だったので、あっけなく・・・です。いい父親とは言えなかったのですが、やはり悲しみは大きいです。もう自分には両親が居ないんだって。周りの友達がうらやましかったです。

    今となってはもうこんな悲しい思いはしなくて良いので、気持ちは軽やかです。

    トピ内ID:2091149241

    閉じる× 閉じる×

    私の父が逝った朝

    しおりをつける
    blank
    ねむの木
    父は3年前の真冬の深夜にこの世を去りました。父を抱きかかえて送りました。今でもその時の姿が目に焼き付いています。父に最後の支度を施した後、いったん帰宅すべく外に出ました。月は出てなかったと思います。夜が朝に変わったように感じた時、父を失ったとの思いが堰を切ったようにあふれ出しました。

    自分が寄って立つところを無くしてしまったような空虚感で呆然として車のハンドルを握り、家に帰りつきました。あの時のことは、一生忘れません。親の介護や死と真剣に向き合ったことで、自分を徐々に変えることができるようになったと思っています。

    トピ内ID:8802023949

    閉じる× 閉じる×

    母が亡くなった時

    しおりをつける
    blank
    みみ
    母をなくしたのは私が大学生の冬の朝。

    布団でゴロゴロしていたところ、突然、妹の叫び声が。
    母が起き抜けに倒れ、そのまま逝ってしまいました。

    それまで、家の手伝いなんてしたこともない、お気楽娘だった私。
    葬儀の終わった夜、ご飯を炊き、漬物を刻んで
    「あ、何とか夕食作れた」とポツンと思ったこと。
    白熱灯の下の沢庵の黄色い色を今でもよく覚えています。

    あれから25年。
    今は、余命長くないだろうと思われる父のがん闘病を看ています。

    トピ内ID:5118754713

    閉じる× 閉じる×

    それでも人は生きていけます。

    しおりをつける
    🐤
    匿名
    私は病気の両親を抱え、中学の時に母を、高校の時に父を亡くしました。
    3人で頑張って生きたと思います。
    その後、自分が生きるために必死で、悲しみがやって来たのはそれから20年くらい後でした。
    やっと悲しんでいいんだ、と思えました。

    今感情にふけることができるということは、貴方は恵まれた環境なのだと思います。
    そのことを誇りつつ、思い出を大事にされたらよいとおもいます。

    トピ内ID:0278833273

    閉じる× 閉じる×

    ホッとした

    しおりをつける
    blank
    あがっぴ
    父親がなくなったと聞かされたとき、私はホッとしました。
    色々とトラブルメーカーな父親でしたから、生きていたら親戚中に
    迷惑をかけ続けていただろうと思います。
    もちろん、色々な想いもあり、涙も出ましたけどね。

    子供を持って思う事は、一番の親孝行は親より長生きする、これは本当ですよ。
    順当にいって親が先に亡くなるのは当然ですし、受け止められない事ではないのでは?と思います。

    トピ内ID:7317725902

    閉じる× 閉じる×

    あまりに突然で急だったから、悪夢としか思えませんでした

    しおりをつける
    二次元の空間
    いまだに現実とは受け入れがたい程、実感がなくて..というか
    とにかく、倒れて救急車で運ばれ入院~翌日急変して他界だったので
    延命処置中も葬儀も納骨も、視覚に残っているものの、すべて
    周囲の大人達があれやこれや動いてアッという間に進められ、気付いたら終わってました

    当時まだ高校生だった私も、現在だいぶいい歳になりましたが
    あれは、あの時の悪夢がずーっと今でも続いてるような感覚で
    なんだろう、、二次元の空間で起った事のよう..としか実感出来ないんですよ

    母が先に亡くなったので、祖母の介護は未熟なりにも私がしました
    父は再婚もせず、私達子供には倒れるまで一切世話を掛けず
    父は、踏み切りで信号鳴り始め遮断機降りてる所へ自転車で転んだおじいさんを助ける為
    自分が後期高齢者なのを省みず飛び込んで行ける勇敢な人でした
    さすがに父が亡くなった時は堪えましたね、それこそ見える世界が変るほどでした
    そして、時間と共に変って行くのを実感しながら、現在に至ります

    親の背中は今、私にとって指針であり目標です
    現実には喪ったけど、永遠に記憶の中で存在し消えることはありません

    トピ内ID:8709129437

    閉じる× 閉じる×

    悲しくて当たり前

    しおりをつける
    blank
    ゆゆ
    母を16年ほど介護して看取りました。
    もう数年経ちますが、今でも母を思い出すと涙が出ます。
    100まで生きるわーと言う母に「じゃあ私もそこまで介護するからね!」と
    言い返していたので、60半ばでの別れは早すぎて呆然としました。
    当時はばたばたと忙しくしていたはずなのにあまり記憶にありませんが
    その日の夜、もう目覚めることのない母の顔を眺め、泣き、話しかけながら
    朝まで過ごしたことを覚えています。

    父は元気なので「親より先に死なないでね」という母の生前の言葉通り、
    いつか父をきちんと母の元へ送り出したいなあ、と思っています。

    トピ内ID:3583946290

    閉じる× 閉じる×

    独身なら 何倍もつらいですよ

    しおりをつける
    おばはん
    結婚して家族がいたら 悲しみは違います。それは頼る人がいるからです。 独身なら結婚できるように頑張りなさいね、

    トピ内ID:4712415272

    閉じる× 閉じる×

    独身の時に両親を相次いで亡くしました

    しおりをつける
    😨
    青虫でたよ♪
    母が先に、3年後に父が亡くなりました。
    母が亡くなったとき、世界は変わらないのだ、と、主さんと全く同じ感想を持ちました。

    母は2年ほど闘病をしており、「自分が死んでも悲しまないで。病気からやっと楽になれたと思ってくれたらいい」と言ってましたので、悲しいながらも、「もう痛くないね、よかったね」と安堵もしました。

    父は頼りなく、子どもから見ても手のかかる人でしたから、母が死んで父が残ったとき、まだ父がいてくれる安心感は感じず、むしろこのお荷物(ひどいですが)をどうしようか、という感じでした。

    亡くなったときは悲しいながらも、母を亡くしたほどの衝撃はありませんでした。
    二度目なので葬儀にも慣れてますし。
    私は当時独身でしたので、これで本当に一人になってしまった、と孤独をひしひしと感じました。

    その後私も結婚しました。
    独身で親を亡くし、天涯孤独になるのと、すでに自分の家族があるのとでは、全然違うと思います。
    子どもがいれば、その子を育てて生きていくことが、最優先になっています。

    親は先に逝くものです。逆でないだけ、自然の摂理にかなってます。

    トピ内ID:3852979743

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      4年前に64歳の母、2年前に64歳の父を亡くしました。

      しおりをつける
      blank
      つち
      北海道に住む母は5年間ガンの治療をしていて、
      夏は超えられないだろう…と言われていた矢先に急変し、
      病院に急変を告げられてからまる1日でなくなりました。
      そこからは母一人子一人だったのに親戚はたくさんいたので、
      葬儀で大変で大変で。泣く暇がないままでしたね。
      母は生前自分でお墓を買っていたのですぐ納骨して、
      北海道の実家を処分して、2週間で東京の自分の家に帰りました。
      今でも、「会いたいなー」と思いますが、いないんだなとさびしくなります。

      離婚した父は脳梗塞で四肢マヒとなり、6年間寝たきりでした。
      はじめは母が「あいつが先に死ぬんだ」と笑っていましたが、
      母が先に亡くなり、父が「俺よりあいつが先に死んだのか…」と急に小さくなったのを覚えています。
      父もやはり、あと半年はないかもしれないと言われていて、
      急変の電話を受け取り、カバンに荷物を詰め始めた30分後に、もう息を引き取ったと連絡がありました。

      これで終わったんだなあ。ひとりになったなあ。と実感して、
      優しかった父のいいところだけ思いだしてちょっと泣けました。
      骨は一人で焼きに行って、その足で散骨業者に渡し、東京に帰りました。

      トピ内ID:0487909970

      閉じる× 閉じる×

      とにかく前にと

      しおりをつける
      blank
      ミッツ
      43歳女性です。

      母を亡くしたのが高校入学してすぐの15歳の時でした。
      具合が悪いので病院に行く・・・と言って入院、その一ヵ月後に亡くなりました。

      母一人子一人でしたので急に一人ぼっちになり悲しみより不安しかありませんでした。
      無くなった時にも葬儀の最中にも泣いた記憶がありません。

      高校を辞めて近所の人がお世話してくれた仕事について
      とにかく慌しく生きて行くため前へ前へと。


      今、43歳になって、周りの友人達が年を取った親を連れて
      旅行などをしているのを見聞きすると
      とてつもなく寂しくなりますねえ。

      母のなくなった歳になり、悲しみが湧きあがってきました。
      会いたいですね。
      私は幼稚園も小学校も母と別れるのがイヤで毎朝泣いてグズっていたほど
      母の事が好きでした。

      トピ内ID:8174195509

      閉じる× 閉じる×

      Hanakoさん・・・

      しおりをつける
      💍
      真由美
      人それぞれ、身内の方との別れの仕方があると思えませんか?
      誰もがその家族なりの別れの仕方をせざるをえなくて、それは選んでできるものではないとわかったら、あなたのような言い方をトピ主さんにはできないのではないでしょうか?あなたのレス、悲しいです。
      それはさておき。
      私は、海外在住中に、母が倒れたと連絡をもらって日本へ飛んで帰りました。病状によっては手遅れという状況だったにもかかわらず「母は私が帰国するまで絶対死なない」と強く思っており(根拠なく)、実際、母には無事会えました。が、その時点で余命半年と医師に言われ、結局、自宅で最期をという母の希望に沿って退院させ、父・姉・私で自宅で看取りました。
      私と母は非常に強いつながりだったために、母が亡くなるということは私には考えられないことでした。
      母を看取ったあの朝でさえ、まったく実感できませんでした。母のためにお線香を上げに来てくれる親戚のおばさんや父・姉にさえ「どうしてお線香上げるの」とすら感じていたほどです・・・・。母のことを普通に話せるようになったのは、3年以上たってからです。
      母はいつも私のなかに生きています。

      トピ内ID:3856009350

      閉じる× 閉じる×

      夢を見ているようでした

      しおりをつける
      🐤
      みー
      末期がんで入院して約2か月で逝きました。
      末期がんだと分かった当初はあれこれ手を尽くしてみたり。
      入院中は母と交代で付き添いました。

      でも父の精神状態は変わらず、見た目も元気そうだったので
      どこか信じられずにいました。
      臨終のときでさえ、これはドラマ?とどこかで信じがたかったのを
      覚えています。

      でも数か月経って、ふと父に報告したいなぁと思った時
      初めて、父が亡くなったことを実感して号泣しました。

      トピ内ID:1868494045

      閉じる× 閉じる×

      Hanakoさんへ

      しおりをつける
      blank
      さおりん
      お母様の介護生活、大変でしたね。お疲れ様でした。そのご苦労はHanakoさん以外の誰も感じることができるものではありません。なのでトピ主さんの『お母さんが亡くなるときを想像すると胸が張りさけそう』という気持ちも本当は誰もわかってあげられないのですよ。それを『幸せ者だねぇ』と言ってしまうHanakoさんの心理がわかりません。

      トピ内ID:4556631194

      閉じる× 閉じる×

      悲しめるのはある意味幸せ

      しおりをつける
      blank
      さんり
      父親のとき、私は一粒の涙も悲しみもありませんでした

      毒親というんでしょうか
      愛情も感じられない、辛い虐待された育ち方をしました

      父親が亡くなったとき、これで開放されると思いました
      いまでも思い出すだけで腹立たしく苦しいです
      (そういうと、私が冷酷な人間か思われるでしょうが、そうじゃないと思います
      世話になったり、良くしてくれた人のときは号泣するしとても悲しいです)

      親が亡くなって悲しめるのは生前いい思い出があるからでしょう
      ある意味幸せですよ

      トピ内ID:8634300029

      閉じる× 閉じる×

      あなたが幸せならば、お母様もしあわせ

      しおりをつける
      🙂
      順番に逝けるのなら
      私もそうでした

      もう何十年も前ですが
      子供の頃父が亡くなりました

      突然の出来事に
      父の代わりに私が死んであげたい
      だから神様。。とずっと祈りましたが
      当然思いは届かず・・・

      友人が来てくれましたが
      その子のお父さんは
      今日は家でゲームをやっているときき

      自分は失意のどん底でも
      みんなはその悲しみすら知らず
      当たり前の日々を送っているんだなぁと
      子供ながらにその様なことを感じました

      それからは母もいつ逝くかわからない
      結婚するまでは
      ずっと実家にいようとべったりでした

      ですが当の母は、長生きしたくない
      子供の負担になるなどまっぴら
      延命治療も必要ない

      今では孫の顔もみられ
      順番に逝けるのならしあわせな事 と・・


      私も子をもち
      母のその様な気持ちがわかる様になりました


      別れは悲しいものです

      その悲しみを少しでも軽減させるには
      あなたの幸せな姿をみせ
      お母様を安心させてあげることではないでしょうか

      あなたがそうでなければ心配したまま
      亡くなることになります

      後悔のない様
      親孝行を沢山してあげてください

      良い人生だったと感じてもらえたら
      私は娘として幸せです

      トピ内ID:4884417758

      閉じる× 閉じる×

      さおりんさんへ…

      しおりをつける
      blank
      Hanako
      私も悲しみはわかります!でも一人で父母抱えて老後でもないような年齢。親は60代前半でしたが、私に全ぶら下がりですから。やってみない介護には、分からない事沢山あるよ。金銭ではなく、時間労力、苦しみ数々あるから私だって遠くにいたかったけど…親は近くにいる人ほど頼るからね…私は2人自分で葬式出したね。遠くで泣くのは、楽です。私だって泣いてます。手をかけた分悲しみは深い。回りの人に聞いて見たら介護は先の見えないトンネルだよ…

      トピ内ID:5019154622

      閉じる× 閉じる×

      真由美様へ

      しおりをつける
      blank
      Hanako
      半年間お疲れ様でした。お母様とのお別れの時間あって良かったですね。私は高校1年から母の介護していました。誰よりも手を尽くし、時間、労力全て捧げて25年間介護して来ました。子供背中におぶり病院にいた事もあります。長いトンネルみたいな介護は人を悲しみから遠ざけます。その上父も私に全部ぶら下がりです。あなた方が考えている以上に近くの人は重苦しいんです。悲しみは同じですが、心の痛手は計り知れないでしょう。

      トピ内ID:5019154622

      閉じる× 閉じる×

      リリーさんへ

      しおりをつける
      blank
      Hanako
      ご迷惑かけてごめんなさいです。お母様の死なんか考えてないで、良い時間を送ってください。私は親とのよい時間持てなかったのです。

      トピ内ID:5019154622

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        予期しない別れでした

        しおりをつける
        blank
        ある日突然父が外出先で倒れたという連絡をもらい
        駆け付けたときはもう霊安室。
        81歳の高齢で心臓に持病があったのに
        いつも家族思いで優しく明るい人でした。
        自分のことはいつもいつも二の次。
        そんな父の見た目に騙されて家族一同依存し切っていました。
        かなり弱っていたのに気付いてもあげなかったバカな家族。
        申し訳なくて情けなくて自分を呪いました。
        別れの言葉も今までのお礼も伝えられないまま別れてしまうなんて
        神様の罰があたったんだと思いました。
        にっこり微笑んでいるような安らかな顔だったのがよけいつらかったです。
        せめてもの恩返しに、お金が許す限り豪華で盛大なお葬式にしようと無我夢中で
        泣いている暇もなかったことだけ覚えています。
        何もかも片付いた後ゆっくり悲しみと後悔が押し寄せてきましたっけ。

        トピ内ID:6405901680

        閉じる× 閉じる×

        8年前に母を亡くしました

        しおりをつける
        blank
        sarara
        8年前母を亡くしました。
        脳にガンが転移したのですが、周りに恵まれて在宅での介護ができ、自宅で看取ることが出来ました。
        最後の一ヶ月は転げるように状態が悪化していき、それについていくのに必死でした。
        また余命宣告も受けていたため、先のことが考えられなくなりました。
        1月頭に余命1ヶ月と言われたのですが、例えば桜を楽しみに思ってもそのときにはもう母はいない、先のことを楽しみに思うことは母の死を願っているのと同じのような気がして、どんどん先のことが考えられなくなりました。
        今にして思えば、ものすごい勢いである地点の時間の壁が迫ってきているような感じでした。
        母が亡くなってから葬儀までは、目の前が真っ白な空間のようでした。

        私もトピ主さんの気持ちわかりますよ。
        母が亡くなって悲しいけど、でもおなかは空くし眠くもなる。
        昨日まで一緒に流れていたはずの母の時間はもう止まって、二度と一緒に過ごせないんだということを実感したとき、わんわん泣きました。


        いつか、父とも別れなければいけない日が来ますが、なるべく後悔の少ないように時間を過ごしたいと思っています。
        どうしたって後悔はしますから。

        トピ内ID:2630718737

        閉じる× 閉じる×

        珍しいケース

        しおりをつける
        blank
        びるま
        事情があり母親と別居しほぼ交流はありませんでした
        そんな母親が亡くなったことは私は知りませんでした
        私が就職したころだそうです
        5年ほど経ってから知りました
        祖母が口止めしていたようです

        とても複雑な気分です
        私の文章力ではこの感情は説明できません


        大変失礼な話かもしれませんが
        私はトピ主様やトピ主様のお父様が羨ましいです
        いい親子関係だったんだろうなと想像します

        お母様と仲良くして、楽しく過ごしてくださいね
        いい思い出いっぱい作ってください
        たくさんおしゃべりしてくださいね
        今を大切にしてください

        トピ内ID:9661917614

        閉じる× 閉じる×

        17歳でした。

        しおりをつける
        🐧
        いちごせんせい
        母が亡くなったとき、17歳高校3年の夏でした。

        翌朝、仏壇のなかった家に線香のにおいがして、不思議な気持ちでした。
        それから、こんなに悲しくてもお腹が空くのね・・・とも思いました。

        母は、高校生の私に、大好き、愛してるとたくさん言ってくれたのに、私は、照れくさくて、大好きっていえなかったのが、一番の後悔です。

        トピ内ID:3596250794

        閉じる× 閉じる×

        忙しくて泣く暇もない

        しおりをつける
        blank
        なな
        今春に、独居の父を突然亡くしました。
        喪主だったので、悲しむ暇もなく怒濤の3日間を過ごしました。
        葬儀後も、役所への手続きや相続に関する事、法要の準備や手配に忙しくしています。
        四十九日を過ぎると落ち着くと聞いていましたが、全く落ち着きません。
        他の兄弟や親戚が落ち込み、嘆き悲しむのをフォローしたりで、悲しみに浸る暇もありません。
        ゆっくり父との思い出に浸りたいなと思いますが、浸ったら挫けそうで怖くて…
        私には、そんな私をガッシリ支えてくれる夫がいます。
        その夫が父のように、ある日突然前兆もなく旅立ったら…と思うと怖くて仕方がありません。

        トピ内ID:3908591603

        閉じる× 閉じる×

        母の年齢を超えました。

        しおりをつける
        😡
        ひまわり
        第一子妊娠中に母を亡くしました。以前から心臓が悪く、手術したものの植物状態になって半年でしたので、ある程度覚悟は出来ていましたが、それでもとても悲しく主人の胸にしがみついてオイオイ泣きました。新しい家族が出来たのでなんとか乗り切れました。結婚の背中を押してくれたのは母です。
        孫を見せてあげたかった!
        母は天国で見守ってくれていると信じています。

        トピ内ID:1849739125

        閉じる× 閉じる×

        見守ってくれてますよ

        しおりをつける
        😀
        エリゴ13
        私も両親を亡くした後、後悔ばかりでした。
        もっとできることがあったんじゃないかと。
        何度かこの掲示板に書いてることですが、もう一度書かせてくださいね。

        悲しむだけ悲しんだら、両親がいつも「お前自身は大したことないけど、有り難いことお前の周りには自然と人が集まってきて、いつもみんなで笑っている。そこが良いところだ」と言ってたのを思い出し、悲しむのを辞めました。

        恩を返せなかったぶんは、これから世の中に返していこう。
        そうしながら、心の底から泣いたり悩んだり、笑ったり、感動したりして、生きてることをめいっぱい楽しむのが一番、両親は喜んでくれるんじゃないかと。

        昨日、大事な捜し物がどうしても見つからなくて、困っていたんです。
        その時、子供が「おじいちゃんの写真が歪んでるよ」といったのがとても気になったので、ゆがみを直して、両親の写真やその近辺を掃除したら、なぜかすぐに見つかりました。

        ちゃんと、見守ってくれてるんだなあと感じています。

        トピ内ID:9314724834

        閉じる× 閉じる×

        祖父ですが・・・

        しおりをつける
        blank
        割り箸
        10歳のときに交通事故で祖父を亡くしました。

        本当に一夜明けたら祖父はいなくなってました。

        あれから32年が経ちますが、まだ思いだすと号泣です。

        でも泣きながら笑えるようになりました。

        三好達治の詩のように、悲しいことを忘れたり、乗り越える必要はなくて、

        悲しい気持ちはそのままにして、毎日を暮らせばいいのです。

        不思議と自分の感情の容量が増えて、悲しいで一杯の気持ちに余裕が出てくると、

        そこで笑ったり、楽しんだりできます。

        今は悲しいより他の感情の方が大きくなりました。

        でも悲しいの大きさは変わらないし、そのまま持っていきます。

        トピ内ID:5431766031

        閉じる× 閉じる×

        心配させたまま旅立ってしまいました

        しおりをつける
        blank
        トルーパー
         4年前に父を亡くしました。

         当時、家庭内で問題があり、離婚協議に入ったと同時に父が入院。離婚成立から3ヶ月ほど経ってから、父は旅立ってしまいました。

         離婚のショックよりも、父が亡くなったことのショックの方が大きかったような気がします。「最後まで心配かけてしまった。至らない息子でごめんなさい」という思いが強くありました。
         今でもショックからは立ち直り切れおらず、メンタルクリニックに通っています。

         喪主でしたので、通夜、葬儀まではしっかりしていたつもりですが、実家に帰り、缶チューハイを飲みながら、母に向かって大泣きしました。

         今は、母が抗がん剤治療を受けています。
         病状は一進一退ですが、必要以上の落ち込むことのないようにしなくちゃと思っていますが、冷静な心を保てるかどうか、自信がないところです。

        トピ内ID:0492262169

        閉じる× 閉じる×

        父が亡くなった時

        しおりをつける
        blank
        しずな
        私は20代前半でした。
        当時私は実家に家族と一緒に住んでいました。
        父が出かけてから一晩たっても帰らず家族で心配していたところ、電話が入り事故で亡くなったことを知らされました。

        今私は30代ですが、あの時の電話の音は今も忘れられません。

        トピ内ID:8018905235

        閉じる× 閉じる×

        うまく言えませんが・・・

        しおりをつける
        blank
        朝顔
        21で母を突然亡くし、31で父を癌でなくしました。父は告知されて数年間の猶予はありましたので、介護もしました。書けば長くなるので、一言でトピ主さんの疑問にお答えします。2人目の親を亡くすのは、悲しいを通り越して怖かったです。31は大人ですし、高校を出てから親と離れて生活をし、両親の仲は最悪の中で育ち、親に依存もしていませんでしたが、それでも不安でいっぱいになりました。どうやって生きていったらいいのか分からない感じでした。

        トピ内ID:7935623036

        閉じる× 閉じる×

        私の場合

        しおりをつける
        blank
        順子
        33歳の時に、母が半年間の入院の末、亡くなりました。
        その8ヵ月後に、父が3ヶ月入院の末、亡くなりました。
        二人とも、癌でした。
        その頃、子供は年少と年長で、私は30代前半でした。
        毎日、車で40分かけて通いましたが、若かったからできたのかも
        しれません。
        とにかく、後悔しないようにと看病したつもりでしたが、
        亡くなった後、いろいろ考えました。
        今でもですが、私も姉も、母の通夜・葬儀の記憶があまりありません。
        私たち姉妹の会話の中には、両親の通夜・葬儀の事が話題には決してでてきません。
        でも、時が癒してくれます。
        そして、いつも自分に言い聞かせていることは、親を送れることはある意味幸せなのだと。

        リリーさまがおいくつかわかりませんが、
        ご健在のお母様に、たくさん親孝行をしてください。
        笑顔も、親孝行ですよ!

        トピ内ID:2659495310

        閉じる× 閉じる×

        私の両親の場合。

        しおりをつける
        blank
        ミィ
        ある夜中、父は自宅で倒れました。2ヶ月ぶりに再会した父は病院のERのストレッチャーの上に横たわっていました。眠れぬまま夜が明けました。よく晴れていて日差しが眩しかったのを覚えています。

        母の時。長期入院を終えてから母宅に戻り、私は施設が見つかるまではと家族を置いて泊まり込みで介護をしました。当時はいつ抜け出せるかも知れぬトンネルの中にいるよう。ベッドの陰に隠れて泣いたこともあります。気配を感じた母が一所懸命柵に顔を近づけて、私の顔を覗き込もうとしていました。

        容体が急変して逝ったのは退院してから1ヶ月と少しが過ぎた頃。父の時と同じく、よく晴れた日でした。まさかこんなに早く逝くとは思っていませんでしたが、不思議と父の時のように四六時中涙を流すことはなかったです。でも両親共いなくなった寂しさといったら。

        このような経緯から、私はほんの少しかもしれませんが、Hanakoさんの気持ちが解るような気がします。トピ主さんのお悲しみも。まだお若いのでしょうか。信頼できるパートナーはいらっしゃいますか。まずはトピ主さんがしっかりと生きることが亡きお父様と遺されたお母様への孝行になると思いますよ。

        トピ内ID:5342002263

        閉じる× 閉じる×

        霊安室で対面

        しおりをつける
        🍴
        バニラ
        母とは縁が薄く、一緒に暮らした記憶もありません。
        心が通う事もなく、危篤の連絡が来て慌てて上京。

        到着した時は霊安室での対面(それも10年ぶりでした)
        母の顔を見ても、何か他人事で・・・

        お母さん、私が求めていた温もりは貰えなかったけど
        あなたから命を戴きました。ありがとうございました。

        淡々と心の中で手を合わせるだけでした。

        翌日、白装束を着せたり死に化粧を叔母と済ませ、
        そう言えば母はどんな指をしてたんだろう?と布団をめくり
        合掌した手を見た瞬間、意味不明に取り乱してしまいました。

        「お母さん!なんでこの手で私を一度も抱きしめてくれなかっ
        たの!お母さんの馬鹿!お母さんの意地悪!」
        そう叫びながらしばらく号泣。

        叔母も、バニラは何も悪くない、悪いのはお母さんだよと
        慰めてくれましたけど、やはり一緒に泣いていました。

        母との想い出は淡々としたものしかありません。
        でも何か縁があって、あなたと親子になったのでしょうね。
        もし今度生まれ変わったら、今度は私が母親かもしれない。
        その時はいっぱい抱きしめてあげるよ。

        トピ内ID:6346433649

        閉じる× 閉じる×

        虚無感

        しおりをつける
        blank
        宿蟹
        64歳の父が他界した15年後に77歳の母も見送りました。
        私は一人暮らしも早く、病気だろうが怪我だろうが
        実家に泣きつくこともなく気丈にやってきたのでイザ何が起きても平気と思っていたのですが。。
        「これで両親共にこの世からいなくなった」という虚無感。精神的羽休めの場が親⇒自分の家に完全に切り替わったような、無償の後ろ盾がなくなったと申しましょうか。少しずつ気持ちに整理がつきましたけどね。今はすっかり元気です。
        母親依存症でなくてヨカッたと心から思います。

        トピ内ID:1228112938

        閉じる× 閉じる×

        驚く程冷静

        しおりをつける
        栗ようかん
        母を4年前、父は来月一周忌を迎えます。

        母は脳疾患で突然倒れ、十日間後旅立ちました。

        父の危篤の方が地理的にも身近に頼る人がいなくて、心身共にダメージが強く一時は引きこもりに近い状態でした。

        でも旅立った時、20数年間左半身の障害から解放されて父も楽になったんじゃないかと思っていました。

        だから自分でもびっくりする位冷静で、告別式でも涙一つこぼさない。もしかして薄情なんじゃ…とも思いました。

        両親には結局お婿さんになる人紹介できないまま現在に至るのが悪かったなと思ってます。

        トピ内ID:6016021279

        閉じる× 閉じる×

        全くまだ実感がありません。

        しおりをつける
        blank
        30歳で母を35歳で父を、事故と急病で亡くしました。今年40歳になります。

        転勤で実家を出て、一ヶ月後に母の事故でした。
        父は職場で倒れてそのまま。

        未だに実感がありません。看病も最期の立ち会いもなかったからでしょうか。

        葬儀も他人事みたいで。
        キビキビ仕切っていたそうです。

        ただ、時々たまらない時はあります。
        旅行先で「あ、このカニ、お母さんに送ろう!・・・て、死んだんだった」というのがあります。
        忙しい時バタバタしている時に電話がなって「あー忙しい時に!どうせお父さんくだらない用でしょ!・・・なわけないか」って。

        帰省したら、「お帰り!お土産は?」ってリビングから出て来そうなんです。
        だから父の葬儀から実家、というか故郷の町に帰っていません、一度も。

        いつか癒えるんですかね、この気持ち。

        答えになってなくてすみません。

        トピ内ID:0032182702

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0