詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    食料自給率って

    お気に入り追加
    レス118
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    独憂人
    話題
    食料自給率って下がると何が問題なんですか?
    ニュースや政治家が問題だと言うけれど具体的に説明していないんですけど?
    海外産は健康に良くないとか感情論はよく聞きますが
    論理的に納得のいく説明はあまり聞きません。

    みんな国産が第一と言いながら安い海外産の原料を使ったスーパーのPBの安い商品ばかり買っていて矛盾してませんか?

    食品となるとなぜか感情論が先行する傾向が強いですが
    論理的な議論はできないものでしょうか?

    ご意見を聞かせてください。

    トピ内ID:1705022302

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数118

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 30  /  118
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    食料供給を止められたら

    しおりをつける
    blank
    りく
    日本の人口はどんどん減っていくと予想されていますが、世界ベースだと人口は増加傾向です。
    食料供給が不足した場合、価格は高騰し食料そのものが外交カードになってきます。
    原油という資源を持っている国が世界に与える影響を想像すると理解しやすいのかなと思います。

    食糧不足は人口増加だけでなく風水害や放射能被害や近隣諸国との紛争による海上輸送ルートの減少等でも起こり得るので、リスクヘッジの意味から見ても一定の食料生産能力を維持し続けることは大事だと思います。

    トピ内ID:6446492744

    閉じる× 閉じる×

    不安要素があるからです

    しおりをつける
    blank
    エム
    食料を輸入に頼り過ぎていると、輸入元(生産国)と紛争が起きたり輸入元で問題が生じた場合に食料の安定的な確保が出来なくなるからです。
    現在の食料自給率のまま日本が世界から孤立したら、間違いなく大多数の国民が飢餓状態に陥りますよ。

    トピ内ID:7143446624

    閉じる× 閉じる×

    食料の自国生産は国家の大事。

    しおりをつける
    blank
    ヤマト発進
    40代既婚男性です。

    食料自給率。
    低ければ問題なのはわかるけど、
    重要性や程度はちょっとわかりにくいですね。

    私自身の理解としては、要点は3つ。

    1つ目。産業問題。
    労働職種として見れば、国内生産が下がれば
    担い手が減る。職業の受け皿が減る。
    また、一旦止めると、再開が非常に難しい。
    一度宅地化された土地を農地になんて戻せません。
    農地は目下減る一方なのです。

    2つ目。環境問題。
    田畑や牧草地等が失われれば、国内の環境問題に
    発展する。保水力含めた自然環境維持に農地は欠かせない。
    手を入れない荒れ野原は、維持できる自然ではありません。

    3つ目。安全保障問題。
    輸出先がいつでも安定的に日本に輸出してくれるとは限らない。
    質・量・価格ともいつも安定しているはずもない。
    麦や大豆などは、既にその危険に晒されています。

    海外産は健康によくない?
    残留農薬云々の問題でしょうが、正直枝葉の問題に過ぎません。
    感情論に見えるとすれば、それはメディアの報道姿勢の問題です。

    農業はどの国においても国家の一大事です。
    常日頃とはいいませんが、時折考えてみるのもいいと思います。

    トピ内ID:8556073370

    閉じる× 閉じる×

    知らない人がいることが驚き

    しおりをつける
    blank
    匿名
    食糧自給率低下の何が問題なのかは、既出のレスで既にご理解いただけたことと思います。

    それよりも私は、トピ主さんの仰っていることが一部よく分かりません。

    >海外産は健康に良くないとか感情論はよく聞きますが

    「海外産が健康に良くない」というのは感情論ではないでしょう。残留農薬や添加物、遺伝子組み換えなど具体的な問題点があるから危険視されています。

    >食品となるとなぜか感情論が先行する傾向が強い

    「感情論」とは、「国産の方が輸入品より安全といわれる一般論」が根拠無く気分だけで語られている、という意味ですか?
    それとも「食糧自給率を上げなければならない」という意見が感情的だという意味ですか?
    この2点についても、既出のレス及びこのレスで説明になっていると思います。

    なぜ食糧自給率を上げなければいけないのか、常識だと思っていました。そもそも「食料」ではなく「食糧」です。トピではご自分こそ論理的に議論できるかのような書きぶりですが、言っていることが滅茶苦茶です。

    トピ内ID:0054379424

    閉じる× 閉じる×

    労働人口と安全保障

    しおりをつける
    🐶
    kazz
    農作物に限らず、安い労働者賃金を求めて、海外に生産拠点を移せば、
    農業でも工業でも日本国内の生産者の需要が少なくあり、労働者人口が
    少なくなり、失業が増えます。
    農業でも工業でも労働者が少なくなれば、蓄積されたその業界の知恵の
    継承が疎かになり、また、新しいモノを作り出す力も減少します。
    中国に生産拠点があり、日本で格安衣料を提供してる経営者を
    経営の神様のような扱いをしていることは、如何なモノかと思いますね。

    海外からの食料は、物流のコストの変化や国と国に政治状況により、
    食料の供給がストップする可能性があります。
    国と国との争いに関係なく、食料を供給できるのは、国内生産だけ
    です。
    しかしながら、今の農業でも漁業でも、石油等のエネルギ-源の供給が
    絶対条件です。極論すれば、米も魚も、石油から作り出していると
    言ってもいいでしょう。

    安いほうが良い。。誰でもそう思います。しかし、安いモノだけを
    求めていると、周り回って、自分の生活も苦しくなって来てます。
    安い=善、 インフレ=悪という考え方は、自分のクビも閉める
    ことにもなります。

    トピ内ID:9018384202

    閉じる× 閉じる×

    カロリーベースと生産額ベース

    しおりをつける
    blank
    myu
    食料自給率の計算の仕方には、カロリーベースと生産額ベースという2種類の計算の仕方があります。
    食料自給率が40%以下ってよく耳にしているのが、カロリーベースの自給率。カロリーベースの自給率を採用しているのは、日本・韓国位でほとんどない状況。カロリーベースの計算方法は調べてもらえばわかると思いますが、カロリーベースで自給率を上げるには輸入を減らすか廃棄を減らすになるんですが。。。。
    生産額ベースだと、2012年で68%じゃなかったでしたっけ?

    カロリーベースというほとんど使われていない方法で自給率を計算して、自給率を上げようって言うのはどうなんでしょう?
    農業機械だとか農産物の運搬、ハウスなど原油が必要となるのに、エネルギー自給率自体が低い状況でカロリーベースの自給率を上げようってのはどうなんでしょう?

    食料が高騰した場合、外国産の方が安くて成り立たなかった国産も経営が成り立つようになるだろうし。。。

    食料自給率って言った場合、よく考えたほうがいいですよ。

    トピ内ID:1497271897

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    blank
    ミスターますりん
    食料を国内で生産して賄えないと問題が多いからです。輸入頼りでは、いつ供給が止まるかわかりませんし、価格の安定が続くかどうかもわかりません。
    しかし、すでにレスがあるように農業機械を動かすのは化石燃料で、これはほとんどが輸入品となれば、食糧だけ自給することはほとんど不可能だとわかります。

    スーパーへ行くと、売っている野菜等たいていのものは国産です。生産額としては8割くらい国産品なのです。カロリーベースという世界ではまれな方法で自給率を計算して40%割ったとか騒いでいるのです。
    安いものを買おうというのは収入の伸びがない状況では当然だと思います。

    トピ内ID:2232574424

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    🐧
    窓口
    トピ主の
    論理的
    感情論
    が理解できない。
    農家の高齢者問題、貿易摩擦、TPPについてのときなどに新聞に書いてある。
    社説はもっと丁寧だ。
    既出のレスはネットのまとめや論文誌からのものではない。
    このぐらいは家族の健康を管理する主婦は知っているものだ。
    不買運動でのシュプレヒコールは感情論が混ざることもある。
    しかし食料自給率においてはTPPを語る上でも感情論だけで議論されたことはなかった。
    トピ主の論理的と感情論の定義付けが違うのではないか再考して頂きたい。

    トピ内ID:7145490646

    閉じる× 閉じる×

    食料自給率が50%を切った国は

    しおりをつける
    blank
    ひつじ
    食料自給率50%を切った国は例外なく滅びるんだそうですよ。

    食料自給率を真剣に憂いている人は、安いからといって外国産のものばかり買わずに国産の食品や野菜や調味料を買ってますよ。

    トピ内ID:2925967941

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    blank
    独憂人
    みさなんレスありがとうございます。
    マスコミで報道されているカロリーベースの数字は勿論のこと、食料自給率の言葉自体が無意味だと思うのです。
    海外からの食料の供給が全面的に止まる事態というのはどういう想定ですか?
    勿論、供給国のリスクヘッジは必要ですが、国産に拘る必要はないのではないか?
    そもそも食料の供給が止まる前に原油、エネルギーの供給が止まります。
    日本のエネルギー自給率は4%ですよ?
    しかも食料供給国に比べ原油は中東を中心に限られた国からしか輸入できません。
    国全体としてのリスクはこちらの方がずっと高いのです。
    ガソリンが無くなるとたとえ国内で作った食品も流通できなくなります。
    その前に、もはや原油無しに農業もできません。
    肥料、農薬無しでもできません。仮にできても国民すべてを養う量は供給できないのです。
    食料だけを論じてもナンセンスです。
    中国産の食料品が多くてリスクが高いのでアフリカからももっと買おうというのなら分かりますが
    国産、海外産だけで一括りにするのは無意味だと思います。
    食料自給率は国民の4%の一次産業従事者を守るための方便だと思います。
    いかがでしょう?

    トピ内ID:4533113488

    閉じる× 閉じる×

    例えばです

    しおりをつける
    blank
    Mr.4649
    自給率を上げるなら、以下の方法があると思います。

    主食を国産米にする。
    肉食を減らす。
    ハンバーガーなどファストフードを食べない。
    野菜は国産を買う。
    学校給食からパンを削減して行く。

    まだあるとは思いますが、個人でできること、国や自治体がすること、企業がすることに分かれます。
    ただし、外食産業や食料輸入を職業にしている国民が多いので、賛同が得られるかわかりません。最大の問題は、わが国の最大の友好国アメリカの利益に反することが多くなる点です。
    でも、皆で考えたら自給率は上がるかもしれません。

    トピ内ID:2232574424

    閉じる× 閉じる×

    まあまあ

    しおりをつける
    😑
    あれら
    ご立派まこと並べてますけど…
    自分が貢献するっ人はどれだけいるのでしょうね?

    トピ内ID:4987522720

    閉じる× 閉じる×

    簡単に説明します

    しおりをつける
    blank
    通行人Z
    極端に例えれば
    自分の家で食べる分の食糧をすべて作っている農家を
    「自給率100%」とします。
    農家以外の家庭で食糧をスーパーで買うしか入手する方法がない家を
    「自給率0%」としましょう。
    自給率100%の家はスーパーに何かあっても餓死することがありませんが、
    自給率0%の家はスーパーが閉店したり、何らかの事情で食品の入荷が
    ストップした場合、食べるものがなくなって餓死してしまいます。

    大問題ですよね?

    トピ内ID:5822210352

    閉じる× 閉じる×

    食料は最後の砦

    しおりをつける
    辛口
    何らかの国際紛争があった場合、
    戦争に至らないまでも国交の断絶などがあった場合に
    食糧自給率が低いと
    国内で国民の食糧がまかなえず飢え死にするからです。

    今の平和の状況を考えると、そんな状況はあり得ないという人もいるでしょうが、
    いざという時に、食べ物がない。
    そういう事に危機感は感じませんか?

    全人類のうち、朝から肉を食べるような豊かな暮らしをしているのは
    日本を含めてわずかな国です。
    今、貧しい暮らしをしている国の人たちも、どんどん暮らしが変わって、我々日本人と同じような豊かな暮らしをしたいと思っています。
    全人類が、そのような暮らしをするためには食料が足りません。
    本来食糧に使われていたものがバイオ燃料などに使われることも食糧不足に拍車を掛けます。
    そうなった時に、食料のほとんどを他の国に依存していて本当に大丈夫でしょうか?

    トピ内ID:1870583812

    閉じる× 閉じる×

    「食料自給率」の罠で検索

    しおりをつける
    blank
    中年サラリーマン
    私もトピ主さんと同じ疑問を常々持ってます。
    “「食料自給率」の罠”に明快な説明が書いてありました。

    外交カードにされるのを恐れるなら、エネルギーなどもっと深刻な輸入品が沢山ありますが食糧ほど問題にされてません。
    食料自給率にこだわるより、輸入元の多角化や強固な外交関係を築いてもいいのに、なぜか議論にならない。
    産業問題って、日本の農業従事者の平均年齢はすでに70歳近いですよ。この方々の雇用を守るために高い国産農産物に固執したり他の産業の成長を阻害するんですかね。農業市場を開放する代わりに日本の成長分野の輸出を増やすほうがよっぽど合理的だと思うのですが。
    日本の農業について、冷静に論理的な議論はできないんですかね。

    トピ内ID:6676153696

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    🐶
    無知な犬
    >食品となるとなぜか感情論が先行する傾向が強いですが論理的な議論はできないものでしょうか?

    えぇ~?トピ主さんこそ

    >みんな国産が第一と言いながら安い海外産の原料を使ったスーパーのPBの安い商品ばかり買っていて矛盾してませんか?

    とは、感情論でしょ。
    論理的な議論は山ほどされてるのに知らないってんだから呆れるわ。

    ちなみにね、食料自給率を高めても、それだけでは問題は解決しないのです。

    日本の食糧問題のかげには、生産/流通に必要なもの(農機具/肥料薬剤/燃料)の多くが、輸入した石油などに依存しているという根源的な問題が存在するのです。
    石油の自給率は限りなくゼロに近い。
    実質的に、食料は輸入石油に依存していて、名目自給率に一喜一憂しても大きな意味はありません。

    しかし、それぞれの分野(産業)ごとにと、総合的(国家的視野から)にと、両面からそういうリスクを減らす努力はしなければならないのです。

    トピ主さん、少し勉強なさったら如何ですか?

    トピ内ID:0458848290

    閉じる× 閉じる×

    エネルギーが止まったら

    しおりをつける
    🐴
    momotaro
    国民は死にます。
    なのでリスク分散のために「ベストミックス」を目指してきたわけです。
    原発事故で火力一辺倒になったので、エネルギーリスクはいま非常に高まっている状態ですね。

    食べ物の供給がとまっても国民は死にます。

    1993年に米の大凶作が起きたのは知っていますか?
    あのときに供給される米の量が足りなくなり、タイからタイ米が緊急輸入されることになりました。
    これをきっかけに、1995年から備蓄米の制度ができました。
    毎年150万t程度を備蓄し、翌年に新しいお米と交換しています。
    ちなみに、わが国の米の生産量は800万t程度です。

    おそらく今一番危惧されているのは、気候変動による全世界的な飢饉です。
    世界的な飢饉の場合、足りないから輸入する、ということができません。どんな外交努力をしても、どんな種類の協定を結んでいても、飢える自国民を差し置いて輸出を優先する国はないでしょう。
    そんなことが起きたらわが国でも犠牲者は出ますね。
    でも、その犠牲者を減らすために自給率を高める必要があるのです。

    もう一点、産業構造の多様化という側面もありますが、そこは文字数が足りないので割愛します。

    トピ内ID:6293973500

    閉じる× 閉じる×

    自給と輸入のバランス

    しおりをつける
    blank
    Wisteria
    江戸時代の日本は鎖国をしていたので食料自給率はほぼ100%だったはずです。しかし当時は飢饉が起こると
    多くの人が餓死しました。それは食料を外国から調達するシステムがなかったからです。

    私も日本の食料自給率は上げる必要があると思いますし、外国からの食料輸入が途絶えることを心配する意見も
    理解できますが、日本国内の農作物が不作になることも十分考えられます。そのことを想定して、ある程度の
    食料輸入レベルは維持すべきだと思います。国内の天候不順などによって緊急に食料を輸入しなければならなく
    なった時、食料自給率が向上したという理由で輸入ルートを絞ってしまっていたら、「日本はこれまで我々が
    作る農産物を買ってくれなかったくせに、自分が困った時だけ売ってくれというのは身勝手だ」とか、「我が国の
    農産物は既に輸出先が決まっている。急に売ってくれと言われても日本に売る分はない」とかいう反応が返って
    くるのではないでしょうか。

    輸入に偏るのも、自給に偏るのも避けるべきだと私は思います。

    トピ内ID:6118490952

    閉じる× 閉じる×

    レス その2

    しおりをつける
    blank
    独憂人
    予想外にたくさんのレスを頂きありがとうございます。

    自給率100%の方がよっぽどリスクが高いと感じませんか?
    1995年の米騒動の例でもあるように、一国の天候不順は十分にありえます。
    そのためにいろんな国から輸入ルートは確保しておくべきなのです。
    1995年でもありましたが急に欲しいと言っても求める品質の物は急には確保できないのです。
    1軒のスーパーが潰れても困らないように何軒ものスーパーと取引しておくのです。
    米の備蓄は緊急避難目的であって、解決策ではありえません。
    いくら日本人でも米だけでは生きていけません。野菜も備蓄しますか?
    全世界的な同時飢饉は0%とは言いませんが、彗星でもぶつからない限り可能性は低いでしょう。
    そんな低い可能性を議論するより現実的な対応をすべきです。
    借金まみれの家庭が1万年に1回の可能性のために借金を重ねて準備しているのが今の日本の現状です。
    お金が無限ではない以上もっと優先順位が高いものがあるでしょう。
    人は食べ物がないと生きていけませんが、食べ物だけでも生きてはいけないのです。
    国土も狭く資源も持たない日本が生きていくには貿易しかないのです。

    トピ内ID:4533113488

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    るんるん
    主様が仰る一次産業従事者を守るため?というのは、
    ちょと違う気がします。

    外国産の農産物の勉強をしています。

    国内の農業の役割は、生産はもちろんですが、
    農業には多面的機能がはたす役割があります。

    洪水防止・土壌侵食予防・河川流安定・生物多様性の保存・
    伝統文化の保存・体験学習と教育等です。

    日本の食品表示義務(JAS規格)は偽装表示がなければ、
    世界一厳しいものだと感じています。

    TPPでも盛んに議論されていますが、
    参加が決まれば、米国は日本の食品表示義務の撤廃を
    求めてくるそうです。

    自国の遺伝子操作農産物や日本国内では認められていない、
    農薬を使って栽培した農産物や、BSEで揺れた牛肉の月齢引き上げなど。

    近いところで生産した農産物を食べることは、
    究極のエコですし、私は国産が良いと思っています。
    果物は一部は外国産もありです(アボカド等)。

    エネルギーの乏しい日本国では、農業がいかに元気に発展
    していけるかが、一番の問題です。

    因みに私はJA関係の人間ではありません(笑)
    ただの野菜ソムリエです。

    トピ内ID:9492108453

    閉じる× 閉じる×

    多分本当の問題は、、、

    しおりをつける
    🐱
    猫の森には帰れない
    食料自給率が叫ばれてるのは、それを問題にすることによって
    日本の農家を保護するため、もっと簡単に言ってしまえば、
    政治家が農家からの票が欲しいためだと思ってます。

    日本が今だかつて食料を売ってやらないと言われて困ったことが
    あったでしょうか。一度もありません。毎度毎度買ってくれとの
    圧力に押されているではありませんか。

    自給率が0%になったところで食料が滞ることなどないでしょうし、
    それを理由にどこかの国から脅されることなどないでしょう。

    それに現実問題として食料は世界中で余っています。

    これを言うと世界には飢えている人が~という話になりますが、
    世界の各地に食糧難が発生するのは、自然災害によって実際に
    食料が無くなることよりも、戦争、紛争、または独裁政権に
    よる援助の受け入れが上手くいないことが引き金になって
    生産手段と流通手段が滞るからです。決して食料が足りていない
    わけではありません。

    トピ内ID:5526723838

    閉じる× 閉じる×

    1993年のタイ米騒動

    しおりをつける
    🐱
    猫の森には帰れない
    本当の問題は焦った日本政府が古古古米に相当するような
    タイ米を大量につかまされて、廃棄せざるを得ないような状況に
    陥ったからでしょう?

    それよりは最初からカリフォルニア、中国、タイ、その他
    稲作が可能な地域に日本人が食べられるようなコメの輸入元を
    分散確保することも食料戦略ってもんじゃないのかしら?

    トピ内ID:5526723838

    閉じる× 閉じる×

    バランス

    しおりをつける
    blank
    ss
    > 食料自給率って下がると何が問題なんですか?
    0%になると貿易交渉で弱点となりますから「豆売るから一緒に車買ってよね、とかね」問題でしょう。要はバランスです。日本は工業国だから、金持ち国だから問題ないでしょう。

    食糧農産物だって儲かるかを考えて作ってますから、カロリー自給率は基本考慮する意味はないでしょう。

    石油だって価格が上がると埋蔵量が増えますが、それとおんなじで価格が上がると自給率は増えますよ(国内生産でペイするか)。基本的に儲かるかどうか。

    世界の食糧生産量は年々増加して20%程度在庫があります。飢餓は単に手に入らないのが原因、戦争とか災害とかでね。

    >日本のエネルギー自給率は4%ですよ?
    これも食料自給率と同じ「方便」ですよ。食糧より実質的には対応されていると思います。
    エネルギー消費量は90年ぐらいからほぼ同じでしょう。種類は多くなっていますよね。

    貿易は必須ですから、自給率だけではしょうがなく、要はバランスです。
    人はパンのみにて生きるにあらずで、自動車も薬も水も服も電話も必要ですからね。

    温暖化問題の本質は国境だし

    トピ内ID:4897093306

    閉じる× 閉じる×

    ベンガル飢饉

    しおりをつける
    🙂
    間違いさん
    有名なベンガル飢饉の研究で、食料を供給している農村部と供給を受けている都心部でどちらが飢えたか調べていますが、飢えたのは食料を供給している農村の方です。ぼんやりしか考えられない人には意外でしょうが、「食料の供給を止められたら」、なんてのは幻想です。お金さえ払えばどんな危険な国にでも武器が輸出されるように、食料もお金さえあれば危険を払ってでも供給する人がいるというのが事実です。

    ですので、食料自給率を高めたいという人は食料自給率を高めて利益がある人であって、食料自給率で利益を得ないのにそんなことを言っている人は、そんな人に騙される程度の人ということです。

    トピ内ID:2913503354

    閉じる× 閉じる×

    トピ主 その3

    しおりをつける
    blank
    独憂人
    米騒動は1993年でしたね?失礼しました。
    何も私は4%の農家の人に死ねと言っている訳ではありません。
    農業が大変な仕事で立派であると思います。米作は残さなければいけない日本人の文化でもあるとも思います。
    ただ4%になった事実は自分たちが選択した結果で、それに対して責任もあるということを自覚すべきじゃないですか?
    海外の安さに押されて嫌々ながら止めた事実もあるでしょう。肉体的に厳しいからという自発的な理由もあるでしょう。
    ただそれは無理矢理減らされた訳ではなく、結局は私たちが高い国産品を買わなかった結果でもあると思いませんか?
    国産品が良いと思う人は高い金で国産品を買えば良いだけです。安い物が良い人は海外産を買うだけのことです。
    自給率が低いから問題だと大騒ぎする必要は無いと思うのです。
    また国産の安全神話も幻想であると理解すべきです。国内基準が一概に厳しいとは言えないのです。
    勿論厳しい項目はありますが同じように海外より緩い基準も多数あるのです。
    火山国の日本では土壌のカドミウム含有量が海外より高いことを知っている人はどれほどいますか?
    当然ながら国内基準は世界標準より高めです。

    トピ内ID:4533113488

    閉じる× 閉じる×

    生活・身近な話題ランキング

      その他も見る その他も見る

      実は日本は農業大国だそうです

      しおりをつける
      🐴
      おぢさん
      >食料自給率は国民の4%の一次産業従事者を守るための方便だと思います。

      本音が出ましたね。
      人口構成比率が不要論に結びつくのでしたら、日本には不要な層、援助を打ち切られても仕方ない人たちが山ほどいます。
      トピ主のその考えは、社会の有りようを本気で考えたことのない人が
      一部のアジテーターにより扇動された、思考を置いてけぼりにしたように思います。

      日本農業の環境について500文字以下で語れるはずもありませんから
      「日本は世界第5位の農業大国」という文庫本が本屋にありますのでご一読をお勧めします。
      現在問題にされている食料自給率というカラクリについて綺麗に説明してあります。

      トピ内ID:8701632092

      閉じる× 閉じる×

      世界の情勢は変わります

      しおりをつける
      🙂
      ベッテル
      今現在、そして近い将来

      ・日本は「金持ち国」ではなくなる
      ・水や食料は足りなくなる
      ・石油がそうであるように日本が買わなくても買ってくれる国は沢山ある
      ・食料に関しては食糧危機の場合に国家が「輸出禁止」にできる。

      楽観視の方の前提となる条件はかなりなくなります。

      それからトピ主さん他、どれだけの方が地方や農村の状況を理解されてるでしょうか?
      もっと言えば生活したり、見たのでしょうか、
      ただ安いから、農家を保護してるからなどの視点でみると大きな間違いを起こしますよ

      トピ内ID:4778404477

      閉じる× 閉じる×

      事実は一つではない

      しおりをつける
      😝
      戦直後派
      >有名なベンガル飢饉の研究で、食料を供給している農村部と供給を受けている都心部でどちらが飢えたか調べていますが、飢えたのは食料を供給している農村の方です。



      それは一つの例に過ぎません。

      食料が少なかったというモデルの一つに、第二次大戦後の日本があります。
      その頃、都会の人間は、田舎へ買い出しに行きました。満員をはるかに超える列車に乗って。物々交換もたくさん行われたそうです。

      モノが絶対的に足りなくなったとき、お金は大きな意味を持ちません。

      >ぼんやりしか考えられない人には意外でしょうが、「食料の供給を止められたら」、なんてのは幻想です。

      「止められたら」はわかりませんが、「止まったら」はあり得ます。

      「石油危機」を憶えていませんか?

      「レアメタル」の危機もありましたよね。

      「リーマンショックやサブプライム」は通貨の危機でした。

      「食料」だけが例外ではありません。

      世界には、戦争が増えています。旱魃と豪雨うという問題も増加しています。
      いつかその一つが元で、貿易の混乱が起きるのではと、私は心配です。

      トピ内ID:9571783347

      閉じる× 閉じる×

      自給率と輸出入の関係をもう少し分析

      しおりをつける
      blank
      田んぼの案山子
      私は個人的にはTPP賛成で、食料関係の関税撤廃して自由貿易すればいいと思っていますが、それでも日本の農業は全滅はしませんし、食料自給率もゼロにはならないでしょうね。

      野菜については、備蓄できない生野菜は長距離輸送にも適しませんから、国内で作り続けるはずですよ。
      米だけに限っても、国産のブランド米のいくつかは経営上、採算が取れて存続すると思います。
      高品質・高価格商品に的を絞って経営努力を惜しまない農家・農業法人は生き残りますよ。
      輸入する側でなく、輸出する側に回るんですから。

      エネルギーもメタンハイドレートなどにシフトしていけば、輸入側から輸出側に回る可能性もあるのでは?

      >自給率100%の方がよっぽどリスクが高い

      自給率100%って海外製品をまったく輸入しないことだと思っていませんか?
      自給率が100%超えても、貿易がゼロになるわけじゃないですよ。
      輸入量を輸出量が上回るだけで。
      日本は自動車はほぼ自給率100%かそれ以上だと思いますが、だからって多大なリスク背負ってるわけじゃないでしょう?

      農業保護の是非はともかく、鎖国状態と混同しないようにしましょう。

      トピ内ID:7874419945

      閉じる× 閉じる×

      4%の人達を、どう考えるか?

      しおりをつける
      🐴
      そうじゃ脳
      <<<4%の人達の生活の問題だから、あまり、日本全体に関係ない。自給率なんて騒ぐな。


      この4%を今後、どう捉えてゆけばいいでしょうか?

      トピ主さんの言うように、安いモノはどんどん輸入して、他の産業と同じように考えて
      その4%の人達が、20年後のは、2%になり、自給率が減少しても仕方ないと思うか、、

      それとも、4%の就労人口を、6%に引き上げるように努力して、自給率も上げるほうが
      良いと思うか、、

      産業の活性化という面では、農業、漁業も産業の一分野であるから、伸びる可能性が
      あれば、農業、漁業も、国策として、産業の活性化はしたほうが良い。

      カドニウムに言及されていますが、ト-タルでは国民の志向として、食に関しては、
      少なくとも、外国よりも日本の国や生産者をしていると思います。
      値段が同じであれば、積極的に海外産を購入したいという人は、少数でしょう。
      安ければ良い、、というよりも、安心できる国産の食物を食べたいという人が
      増えてくると思います。
      日本の農業、漁業、、がんばってほしいです。

      トピ内ID:5583185927

      閉じる× 閉じる×
      • 1
      • 2
      • 3
      • 4
      先頭へ 前へ
      1 30  /  118
      次へ 最後尾へ
      並び順:古い順
      全て表示
      • レス一覧
      • トピ主のみ (3)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る