詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    古布について

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    いくら
    話題
    オークションで古布(着物)を買っています

    解いて洗いアイロンを掛けて、小物など作ります

    着物によっては、洗うと固くなる生地がありますが

    どうしてなのか判りません、着物などを洗い張りして

    再度着る着物は固くならないように、どうしているのかと思います

    生地が固くなると、スカートなどのリメイクが出来ないので困っています

    詳しいかたよろしく、御指導くださいませ

    トピ内ID:0851939233

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    平織り以外の絹地

    しおりをつける
    blank
    水泳好きな高齢者
    戦前の話です。明治生まれの母が、お出かけには必ず絹の着物を着て居ました。

    袷の着物は、雨で裾が濡れると表地が縮んで「フキが笑う」からと言って、雨が降りそうな日には、長いコートを傘と一緒に必ず持って出ました。「フキが笑う」とは、袷の裾に細く出した裏地が、だらし無くたるんで出て来ることです。

    理由を聞くと、夏物などの平織り以外の絹地は、糸にヨリを掛けて織ってあるので、濡れると糸がヨリを戻そうとして螺旋形に膨れる結果、布地が縮むからだそうです。縮んだ着物地を直すためには、ほどいて洗い張りに出さなければなりません。洗い張り業者は昔は、洗った布に糊を付けて、干す時に細い竹の棒を布地の裏に張って布地が縮むのを防ぎました。今はどうやって乾燥させるのか知りません。

    トピ主さんも、洗い張り業者の様に、引っ張りならが乾燥させる方法を考えれば良いと思います。小さな布だったら、枠の中に入れて糸で枠にかがり付けるとかどうでしょうか?

    トピ内ID:1770277133

    閉じる× 閉じる×

    詳しくないのですが…

    しおりをつける
    blank
    昔の子
    昭和30年頃のこと、お隣の方が洗い張りをしていたのを、子供だった私は覚えています。
    専用の長い板を立てかけ、そこに着物をほどいて洗った布(おそらくは薄く糊をして)をぴったりと貼って乾かしていました。それをまた着物に縫い直すということでした。
    しかし、どんな布でも洗えるかというと、疑問です。
    もう使わないようなスカーフで試してみると、水洗いに適しない絹があるのが解ります。
    また、売られている昔の着物が、絹100%だとは限りません。縦糸と横糸が違う素材ということも考えられます。化繊の中にも、水洗いで風合いが台無しになる繊維もあります。
    小物を作るならともかく、スカートやワンピースにリフォームするなら、ほどいてから
    ドリクリーニングに出したほうが良いと思います。

    トピ内ID:4614923383

    閉じる× 閉じる×

    とりあえずアイロン

    しおりをつける
    🙂
    ブルースター
    アイロンはかけてみました?
    それで柔らかさが戻るもの、多いですよ?

    トピ内ID:6344205073

    閉じる× 閉じる×

    詳しくないのですが… 2

    しおりをつける
    blank
    昔の子
    訂正いたします。

    前のレスで、ドリクリーニングとなっているのに気がつかず投稿しましたが、
    「ドライクリーニング」です。

    トピ内ID:4614923383

    閉じる× 閉じる×

    ちりめんは張り板ではダメです

    しおりをつける
    blank
    水泳好きな高齢者
    2度目です。

    張り板に貼って乾燥させるのは、生地に弾力のない銘仙などです。私の母も、普段着の銘仙は、自分で解いて洗濯して、生地を張り板で乾燥させて、縫い直していました。ですから、絹地でもしっかりした折り方の物(洋裁で云うタフタのような布)は、張り板か、乾かしてアイロン仕上げでも良いかと思います。

    よそ行きの着物に使うちりめん類(洋裁で云うクレープデシン類)は、張り板ではなく、濡れた状態から乾燥するまで、何時間もコンスタントに引っ張りながら乾燥させなければなりません。ですから昔の業者は、爪楊枝ほどに細くそいだ竹をそらせて、竹の元に戻ろうとする弾力を使って、絹地を常に引っ張りながら乾燥させたんです。子供だった私は通学路に有った業者の仕事を、いつも立ち止まって見ていました。

    ですからちりめん類は、コンスタントに引っ張りながら、何時間も掛けて乾燥させる方法がないかと考えたのです。私だった横に吊るして、錘りを下に付けるとか、いろいろ試してみますけどね。

    トピ内ID:8402248791

    閉じる× 閉じる×

    伸子(しんし)は存じていますが…

    しおりをつける
    blank
    昔の子
    一反の絹地を乾かすのに、竹製の伸子は600本ほど必要なようです。場所も必要です。
    それに代わる方法を考えてみても、均等に伸ばして干すのは至難の技ではないでしょうか。
    ですから、自分の力で洗えるものと、プロに任せるものを見極めて、せっかくの絹地を台無しにしないように…と私はおせっかいながら思っています。

    トピ内ID:4614923383

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    いくら
    皆様アドバイスありがとうございます
    なにせ古く臭いもある着物を洗いますので、洗剤と漂白剤を使うこともあります
    数日、洗剤につけて置いたり、、
    横幅がちじむのは生地の織り方でしょうね?
    アイロンをかけても、横に伸び方が違ってガタガタになったりと難しいですね
    昔の色の綺麗な着物を洗剤につけすぎて、色落ちして他の着物に色移りしたりと
    失敗を重ねています(汗)
    生地が固くなるのは、銘仙も時々あります
    柔らかくする方法は難しいでしょうか?

    トピ内ID:0851939233

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    自分用だけですが古布好きです

    しおりをつける
    blank
    しじら
    私も母の着物を 粗末にしたくない 其処から古布大好きになってしまいました

    自己流ですが 判る範囲で

    多分横幅が2/3位に縮んだのは お召です ゴジゴジになるので 私は諦めて買いません

    主さん お近くで骨董市やってませんか? それか中古の着物扱うお店もいいです

    お店の人に 生地の事 時代 色々教えて頂けます 楽しいですよ

    昔の生地は 化学染料じゃないので 長い時間漬け置きは色柄 抜けちゃいます

    よじれたり絞った跡は消えなくなるので 洗濯ネットに身頃半身分位づつ平らに入れて

    たっぷりのぬるま湯で泳がすように洗い 最後に柔軟剤か リンスを入れて脱水は1分

    陰干しで生乾きで取りこみ アイロン掛けしますが ワイシャツみたいに力を入れず

    生地の1ミリ上を 蒸す感じで掛けます(大変だけど何だか生地が甦ります)

    銘仙 ホントにステキな色と柄 私も大好きです

    でも 撚りが甘いから 摩擦に弱くて難しい

    薄い芯を貼ったり ゴースを載せたり そんな工夫も 古布の良さ楽しさですかね

    トピ内ID:2962423895

    閉じる× 閉じる×

    私も格闘中

    しおりをつける
    🐤
    てんとう虫
    トピ主さん 数日に渡るつけ置きに漂白剤! 強者ですね。勇気ある!

    縮むのは、やはり強く撚られている糸で織ったもの、お召しやちぢみなどですね。伸子張りしながら干せればいいですが、そうもいかないので、生乾き状態で何度か手で横に引っ張るくらいしか出来ませんね。でも、それも生地の元気度合いに気を付けないと、ビリッと裂ける事もあります。ご注意。

    霧吹きでたくさん水分を与えながらアイロン出来れば、幅が戻る物もあるのですが、今度は、水染みというか、表面に染みが出来てしまうのもあるので、これまた注意です。

    で、本題、固くなる生地ですが、これは、まだ糊が取れきっていないのだと思います。しかし、着物は何度も何度も糊がけされているので、糊を落とすのも容易ではありません。で、糊が残っている状態で半乾きでアイロンを掛けると特に固くなりますね。乾ききるまでアイロンを待つのもいいです。でも、そうすると今度はシワが気になる・・・と。

    70%乾き位で、1度、伸ばし気味にアイロンを掛け、また干し竿に戻して完全に乾くまでという感じで試してみては?割りといい様に思います。

    私も試行錯誤中です。

    トピ内ID:1871553118

    閉じる× 閉じる×

    横ですが

    しおりをつける
    blank
    すい
    古布なんですよね。
    漂白剤に浸して、布の強度落ちませんか?
    わたし古布でお手玉作ったんですけど、
    使用に耐えませんでした。布が裂けてきちゃって。

    トピ内ID:8587851967

    閉じる× 閉じる×

    詳しくないですが

    しおりをつける
    blank
    だいこんの煮物
    数日漬け置きと漂白剤は乱暴だと思います。

    古い着物は木綿か絹、新しい物だと化繊です。

    区別するには糸を抜いて燃やします。
    絹ならば髪の毛を燃やしたようなにおいがします。
    化繊は溶けます。

    絹はおしゃれ着洗いでやさしく洗います。

    天然染料の場合色落ちが激しいですから水につけるのはできるだけ短くします。
    特に赤系は色落ちしやすいです。

    ゴシゴシこするのはダメです。

    トピ主さんは布を乱暴に扱って繊維が縮んだ可能性があると思います。
    洗濯機で洗ったりしてないですよね?

    トピ内ID:1283714542

    閉じる× 閉じる×

    臭いとりです

    しおりをつける
    blank
    いくら
    沢山の参考になるアドバイスを頂き嬉しいです
    ありがとうございます!!

    洗剤と漂白剤に漬け置くのは、なるべく避けたいのですが
    オークションで購入した着物は、保存方法や年数経過の事情でしょうか
    洗っても臭いが強くて使用できない状態の物も多いです、、
    よっぽどの着物はカビなどの臭いもついています
    そういう着物は、ダメになってもしょうがないと思い
    2日程、濃い洗剤と洗濯用の漂白剤に漬け置きます
    結構カビの臭いも取れます
    最近の洗濯用の漂白剤は繊維を傷める事も少ないようです
    最初から弱くなって、薄くなっている着物は手で解いている段階で裂けてしまいますね

    皆様も古布・着物で手つくりされていらっしゃるのを知り
    どんな作品を作られているのか知りたいです
    手作りは楽しいですよね!

    トピ内ID:0851939233

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]