詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 転勤で海外在住の方、会社の待遇はどうですか?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    転勤で海外在住の方、会社の待遇はどうですか?

    お気に入り追加
    レス18
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    さよ
    話題
    夫の転勤で初めて海外(米国)に住んでいます。
    今まで海外転勤というと手当も厚く給料も高く家も広いというイメージでした。
    アジア方面ならお手伝いさんも付くイメージです。

    しかし実際は手当など無いに等しく、お給料も良くなく
    なまじ海外にいて親企業の目が届かないせいかサビ残が横行しており
    残業代無し休日サービス出勤有り。
    家もなぜか単身者用アパートに夫婦で入り、
    あげく先に来ていた単身者の部屋の半分の広さ。(1LDK)
    子供がいれば一軒家を買い与えてもらっているそうですが
    皆一律同じ家賃が天引きされています・・。
    車も自費購入、保険も自費支払。
    英語の教室も待遇の良いところは会社が費用を負担すると聞きましたが
    夫の会社はもちろん負担してくれません。
    収入は日本にいた時よりマイナスに・・・。
    貯金もできないとは盲点でした。

    海外転勤ってこんなものなのでしょうか?
    みなさんの会社は待遇はどうですか?

    他の奥様方に毎日お茶会に誘われますが生活がカツカツでほぼお断りしています。
    オーガニックスーパーじゃないと嫌だとか、
    日本食スーパーに通い詰めてるとかそんな事はないのですが
    どうして毎日お茶会できるほど余裕があるのか不思議でなりません。

    トピ内ID:0879105467

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数18

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    差はあるかも知れない

    しおりをつける
    blank
    ぽんしゅう
    海外駐在経験有りです。

    海外給については会社の制度なので差はないと思います。
    時間外給が付かないのは、一律手当になっているか、ベース給与が残業代込みで
    計算されていたからではないかと思います。
    ちなみに海外給以外にも国内給は支給されませんか?

    住居については現地で手配するので差はあるかも知れません。私が赴任した時も
    創立メンバーと第2陣以降の赴任者で差がありました。正直ずるいと思いました。
    考え方としては『日本と同レベルの生活を保証する』だったので豪邸でメイド何て
    有り得ませんでしたが。

    給与待遇住居についてはさほど不満はありませんでしたが、海外勤務までしながら
    昇格昇給で配慮されなかったのが残念でした。『今や海外展開は当たり前』ってのが
    言い分なんでしょうけど、やっぱり仕事はきつかったですからね。

    トピ内ID:8983672738

    閉じる× 閉じる×

    世の中何でもピンキリです

    しおりをつける
    😉
    腐っても鯛
    >残業代無し休日サービス出勤有り。

    それはブラック会社ですね

    >家もなぜか単身者用アパートに夫婦で入り、

    それはひどい

    >子供がいれば一軒家を買い与えてもらっているそうです

    それは贅沢すぎ

    >皆一律同じ家賃が天引きされています

    いかにもブラックですね
    私のケースでは、家賃会社負担(賃貸料の高い土地なので上限ありですが、ほぼ自腹ナシで済んだ)で自分で探して借りる

    >車も自費購入、保険も自費支払。

    普通ですね。私も自費でした。

    >英語の教室も待遇の良いところは会社が費用を負担すると聞きましたが
    >夫の会社はもちろん負担してくれません。

    普通です。私のケースでは、英語は既にできるのが前提(実際はできないので、妻子は自腹で通った)。

    >収入は日本にいた時よりマイナスに

    それは可哀相。私は家賃負担込みで3割増しくらいでしたので、実質は若干のプラスかな。生活費は安かった(コスコで買い物、電気代激安など)ので、それなりに楽しめました。

    トピ内ID:4424963680

    閉じる× 閉じる×

    会社の待遇も全然違うけれど、元々違う環境の人もいる。

    しおりをつける
    blank
    匿名
    会社の待遇だけではないと思いますよ。周りのことは気にされない方が賢明に思います。

    確かに会社の待遇は、ピンキリです。日本と給与が全く変わらない会社もあれば、日本の給与はそのままで、現地の生活費を+されてもらっているという会社もあるし。トピ主さんのいうように語学学校代、本人だけでなく、奥様の分も負担してくれる会社もあるし。一時帰国費用さえ2年に1回という会社もあれば、年2回支給される会社もあるし。子供がいれば尚更で、日本人学校までの学費しか出ない所もあれば、インター校(3倍近い)でも全額でる所もあったり。

    でもね、本当に『毎日お茶会』だとしたら、元々住む世界の違う方々の可能性が大きいですよ。会社の待遇だけではなく。よく、すぐに『勘違い』『エセセレブ』的な愚痴をネット上で見かけますが。でも、元々庶民じゃない人もいるんです。私も後々驚いたのですが、ハワイに別荘があったり、国内に別荘があったり、お金持ちが通うことで有名な私立小中高校の出身だったり・・・。海外にいると、同じ日本人というだけで、日本で高級住宅地にお住いの方々とも接点ができてしまいやすいようです。

    続きます。

    トピ内ID:0938604232

    閉じる× 閉じる×

    駐在妻は口が軽くて駄目だ

    しおりをつける
    💡
    アーチボルト
    給与や手当は会社によって異なります。
    それ以上に、旦那の資格や役職で大きく変動します。
    最近は社内カンパニやら、事業部毎に賞与や手当を変えるので、更に格差は大きくなります。

    誰に幾ら支払っているなんてのは、会社の大事な機密事項なんですが、駐在妻は自慢げにペラペラとしゃべってしまいます。

    多くの会社で、「奥さんには口外禁止を徹底してくれ」と頼んでいるのですが、多ければ自慢し、少なければ文句を言う、駐在妻を黙らせるのは至難の業です。

    最近は「奥さんには内緒にしてくれ」と秘かにお願いする会社もあります。

    まったく・・・

    トピ内ID:0775035805

    閉じる× 閉じる×

    続きます。

    しおりをつける
    blank
    匿名
    どちらにしても、他人の生活と比較するのはやめた方が良いと思います。
    不思議に思うトピ主さんが不思議です。

    ・夫の会社の待遇に不平不満愚痴を言っている奥様
    ・優雅に暮らしている人をみて『セレブぶって』『エセセレブ』と悪口を言う奥様

    個人的には一番見苦しく感じてしまいます。

    厚待遇の会社があるのは事実ですが、そこには、夫は就職できなかった訳だし。自分は、その妻な訳だし。カツカツといったって、いくらなんでも衣食住に困るレベルじゃないはずだしさ、

    また、今現在、同じ海外暮らしだからといって、日本でも同じ生活をされていた方とは限らないし。親の資産力、不労所得等々もあるかも知れないし。どうして勝手な思い込みで、相手を「自分と同じレベルのはず」まで落とすのか?意味不明です。

    確かに財力が違う人達の中での生活は、ちょっと居心地悪い時もありますが、地道に地味にやりましょうよ。似たような生活の駐在員家族は大勢いますって。ただ、地味なので目立ちませんけれどね・・・。

    トピ内ID:0938604232

    閉じる× 閉じる×

    いろいろでしょう

    しおりをつける
    blank
    ラヴェンナ
    お茶会って個人の家でやってるならそんなにお金はかからないと思いますが。アメリカはお菓子も安いし。私は現在在米ですが、アジアの日本人学校のある地域だと通いやすい所に日本人が固まって住んでいて、だいたい似たような高級アパート暮らしでしたね。子供がいないと学校にこだわる必要はないのでどこでも住めると思いますが。アメリカだと現地校に通って週末だけ補習校という所が多いのであまり一箇所に固まってない感じがしますね。

    駐在妻はだいたい専業主婦なので、子供が学校に行っている間にお茶やランチすることは確かによくありますね。でも毎日ってわけじゃないし、行ける時に行ける人だけ参加するという感じなので、そこまでの出費じゃないですよ。でも待遇は会社によって違って当然だし(昔と違って今は中小企業も海外進出してますが、大企業と待遇が違うのは当たり前)、同じ会社の社員でも地位によって給料や家賃だって違ってくるので比較しても仕方ないのでは? 欧州企業の駐在妻の友人はすごく待遇がよかったけど、それこそ国が違うので比較になりませんよね。会社が違えば対応もいろいろですよ。

    トピ内ID:2777758996

    閉じる× 閉じる×

    比べちゃダメ

    しおりをつける
    🐱
    にゃん
    トピ主さんの所は、住宅とサービス残業に関しては問題があると思いますが、それ以外「会社によって待遇が違う」の範囲内かな。

    うちは中の上の会社で、待遇も中の上。
    ・海外勤務手当は付きますが、国内給与は無し。
    ・日本人学校の費用は出るけど、インターは無し。
    ・車(ガソリン)と保険・税金は会社(でも日本国内勤務相当の諸税金相当額は給与天引き)。
    ・語学研修費は家族分も一定期間でます。
    ・帰国は年1回エコノミー

    日本に自宅のローンを抱えていない人なら、多少プラスが出るかな。駐在御殿は到底無理だけど!

    でもね、比べちゃダメなんですよ本当に。
    海外にいると、周りの日本人につい目が行きがちですが、待遇なんて元々違うのが当たり前です(国内外問わず)。身の丈に合った生活をして、現地を楽しむのが良いと思いますよ。

    ちなみに、住居は通常会社任せですが、会社の了承の元で自分たちで満足のいく場所を探しましたよ。
    会社の許す範囲内で出来ることは自分たちでするのも、満足できる駐在生活のポイントかと思います。
    最近はインターネットと少しの語学力でどうにでもなります。

    トピ内ID:1882398694

    閉じる× 閉じる×

    海外赴任の考え方

    しおりをつける
    😀
    鯨夢
    本給、派遣手当、危険手当、生活手当、当人の語学研修費等が総額として支給されませんか?

    本給は国内、海外で、派遣手当は国内給与の数%~十%、危険手当は派遣先により、生活手当も住居先の物価指数で設定され、社員の研修費用(語学など)は必要に応じて支給されるでしょう。

    危険手当などは調査機関の資料をベースとして企業がはじいているはずで定期的に見直しもされているでしょう。

    派遣先が欧米では日本企業は既に長い経験があるので諸手当で理由のない項目は減額や支給されていないことも多いようです。
    アジアの場合には地域的な危険度と、国情でメイドさん、あまさんが採用できる手当もあります。

    住宅が狭いと言うことは不便でしょうが、企業の決め方なのでしょう。

    親企業の目が届かないと言う記載がありますが、海外手当等の設定は時間外込みであることが普通です。

    ず~っと昔は5年も駐在すれば家が建つと言われた事もありましたが、これだけ海外勤務者が増えるとメリットはお金ではなく経験ではありませんか?
    ご主人がそれを将来に活かせるかどうかは判りませんが。笑

    トピ内ID:8872918464

    閉じる× 閉じる×

    他人と比べてもむなしいだけでは?嫌なら辞めて転職したら?

    しおりをつける
    blank
    ゆかり
    他社、他人と比べてもむなしいだけです。もしもっと待遇のよい会社が存在するならご主人思い切ってやめて転職すればいいのでは?

    それができないのはご主人の力量に限界があるからでは?

    いま逆に、待遇のいい会社を見極めるチャンスではないでしょうか?そこにめがけて転職活動なさっては?

    私の周りでも家賃補助の額に大きな差があったりします。お互いの家にいけばなんとなく補助に差があることはわかりますが、でもそれが自分の生活を極端に圧迫するようなものでなければ受け入れるしかないのでは?

    私は自分の車は自費で購入しましたし、毎年保険も自費で払っています。光熱費も電話代も自分で払っています。こういうのも会社負担というところもあるみたいですね。でもそれはそれ、これはこれです。

    当地の語学研修については、主人の会社ではありませんが、潤沢に支給される会社もあるみたいです。

    毎日お茶して優雅に暮らしている奥さまは実は、日本で株や不動産の収入なんかがあるかもしれないですし、実家からの援助があるかもしれないですし。ぱっと見た目だけではわかりませんし、わかってもしょうがないです。

    トピ内ID:2382495950

    閉じる× 閉じる×

    お疲れさま

    しおりをつける
    blank
    ちいこ
    海外駐在ってそんなものじゃ無いですよ。
    他所の待遇は聞いてしまうとガックリ来ると思います。

    日本にいた時よりマイナスになる駐在って、そのうち誰も行かなくなるでしょうに。
    駐在に出る前に収入や保険の確認って無かったのですか?
    しかし、そこまで個人負担の給料天引きって、幾らの収入で納得されたのでしょうか?

    ただ、うちの会社も残業手当も休日出勤手当もありませんでしたが、十分な駐在手当が出ていましたし、
    単身者と夫婦二人は同じ括りで2LDKのマンションだったかも。役職によりますが。
    前任者の部屋をそのままスライドしていた人もいたんじゃないかな。案外すぐに生活ができるので良しとする人もいるみたいですよ。新築マンションで不具合続出よりストレス無しです。

    トピ内ID:0904443898

    閉じる× 閉じる×

    皆さんのご意見が常識的で安心しました

    しおりをつける
    blank
    元駐在
    海外は4ヶ国5回、通算20年以上になります。但し、定年後の第二就職で、アジアに赴任し零細企業3社で勤務しました。

    その経験から言えば、皆さんが仰る通りです。 国内で、同じ業種、職種でも、企業規模業績が違えば、40才以降では収入が倍近く違って来ませんか?
    其れと、残念乍、零細企業でさえ米国に進出せざるを得無い時代です。人的資源もないのに莫大な投資をして進出、結果は無残な撤退と言う処が多くあります(メデイアには絶対出ませんが)。
    現地社長職として他社の給与など駐在条件を見てきましたが、鯨夢さんの仰る様な給与体系を採っている会社は大手だけです。ザックと言えば、そんな厚遇が受けられるのは、進出企業の10%以下でしょう。

    多くの中小零細では、国内に家族を残さざるを得ない給与体系で、単身赴任者はぎりぎりの給与で飲まず食わずの状態が普通です。要は、国内給与+単身赴任手当だけです。それをドル貨に換算して支払うのですが$=\100などです。 現地では家賃負担はありませんが、2ベッドを二人で使用、車は社有車で、これも二人で使用。残業はもちろん就きません(名目課長です)。

    続く

    トピ内ID:9066741063

    閉じる× 閉じる×

    続きです

    しおりをつける
    blank
    元駐在
    もともと国内でも生活が大変で夫婦共稼ぎなのですから、赴任手当5万円が追加となっても、現地生活費がそれだけで足りる訳はありませんよね!。税金は会社負担ですが、現地保険は無く本社の健康保険組合を使用(米国の医師が加療内容証明をなかなか書いてくれません)するなど、厚生面でも何ら国内と変わりがありません。日本人会も会費が払えず、もちろん不参加。

    此れでは、若手が海外になぞ手を挙げる訳なく、中高年も士気が上がる訳ありませんよね! アメリカ人が「お金持ち日本人」と理解するのは、大手の駐在だけで、実際の多くの駐在は地獄を生きていると言っても良いでしょう。
    こんな格差社会になったのは、結局付加価値の創造を怠った結果です。失われた20年で日本企業はますます体力を失い、大手でさえ自動車だけがやっと息絶えずに何とか生き延びているだけです。製鉄、造船しかり、家電業界は既に韓国に負けて終末期にあり、過っての栄光ばかり夢見て、将来を見据えた戦略なく、今や、車も絶対的な優位性ももはや数年もつかどうか・・・。
    ともかく、安売で利益が出せない日本企業が、そんなに簡単に海外で利益が出るわけないのにね。

    トピ内ID:2365885637

    閉じる× 閉じる×

    たとえ収入が増えても、海外にいることで出費も増えます

    しおりをつける
    blank
    たかし
    残業については、うちの夫の会社でもついてませんでしたが、その分「みなし残業代」として一定額が支給されているみたいです(夫は管理職なのでいずれにしても関係なし)。

    子供がいる家庭には戸建物件を会社が購入するんですか?そんなの聞いたことありません。駐在員家族の家族人数によって、会社が借り上げる物件の部屋数が変わったり上限金額が変わることはありますが、周りをみているとすべて賃貸です。

    外資系大手の経営陣の中には駐在先でぽんと物件を買うこともあるみたいですが、一般的な企業の駐在員家庭で、米国で物件を買って、駐在を終えれば売って、など、というのは聞いたことがありません。

    駐在したことでもろもろの手当てがつき手取りの金額は上がっても、結局日本からなんやかんやと物品をとりよせたり、子供のためにと書籍(日本語)を買い揃えたり、また、行ったり帰ったりするたびに(行き返りの航空券代は会社負担であっても)あれもこれも欲しくなって買い物が増え、大幅に貯蓄アップできるほどにはなってません。

    トピ内ID:9246916987

    閉じる× 閉じる×

    上手くできている

    しおりをつける
    blank
    曇りがち
    「駐在手当」の中から、食費や光熱費、ガソリン代などを支払いますが、会社からいただいている金額と実際の支出が同じくらいです。
    つまり、ちょっと贅沢しようものなら(外食、週末小旅行、衣服など)「駐在手当」では補えないので、自腹です。
    上手くできているなーと思います。

    トピずれかもしれませんが、鯨夢さんのレスされている「メリットはお金ではなく経験ではありませんか?」に納得です。
    海外で勤務する人が増えたとは言え、誰にでもあるチャンスではないので。

    トピ内ID:0928360428

    閉じる× 閉じる×

    米国東海岸です

    しおりをつける
    blank
    すてきな奥様
    駐在員が百人単位で派遣されてる会社だと、比較的給与や家賃補助が現在の物価にあわせてきちんと見直ししてくれる所が多いと思います。

    逆に、駐在員が10人未満位だと社内で定められている物価テーブルが10年前のままだったり、人事が現地の状況を知らないのであり得ない補助金額になったりしています。
    また、会社によって「海外駐在=ご褒美」という雰囲気だと駐在員があまり強く希望を言えない事も。

    我が家は駐在手当はついているけど交通費や昼食費や残業代は一切でないし、日本の時間にあわせて現地時間の夜12時から会議なんて事もやってます(日本の人こっちの時間分かってるのかな?と思う)。
    本社の労務の目が届かないので、毎日15時間労働ですね。
    給料低くても良いからせめて夜10時には帰宅して欲しいです。
    毎年2,3人は体壊してこっちで入院します。

    家賃補助があるから暮らして行けます。
    生活費は日本にいた頃の4倍かかっています。
    しかし子供がいないので暮しは比較的余裕有りです。

    トピ内ID:0940278104

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    blank
    さよ
    皆様、ご意見ありがとうございます!
    やはり上手い話なわけがないと思う事ができました。
    離日する前、周りの知り合いから散々、
    手当てが良い、お金持ちになれる、メイドがつく、
    家が庭付きでかなり広い、セレブになれると
    半分僻みかと思うくらい言われました。
    そんな上手い話はあるわけないと思ったのですが、
    来てみれば奥様方は毎日お茶会や習い事をしており、
    ふと自分の考えや自分だけおかしいのかと疑問に感じました。
    それでトピを立てた次第です。

    でも皆様からご意見を伺った事で
    上手い話はないんだと改めて思う事ができました!
    これからも節約し、
    海外に来れた事を良い経験と思って過ごします!

    トピ内ID:0879105467

    閉じる× 閉じる×

    納得されたようでよかったですが、

    しおりをつける
    blank
    どんちゃん
    「うまい話があるわけがない」という解釈のされ方に若干モヤモヤ感があるのですが・・・。

    とぴ主さんのご主人のお勤めの会社がそういう待遇で、他の会社の方と比べるべきではない、私自身もそう思います。夫の駐在歴2回15年。

    駐在妻同士で集まると、企業間格差はどうしてもあります。だって違う会社ですもの、方針待遇が違って当たり前。中には「うまい話」待遇を受けている駐在家族もいます。ないわけじゃない。だけど、とぴ主さんの会社はそうじゃないだけ。

    今のとぴ主さんの納得のされ方だと、この先また格差にぶち当たってモヤモヤすることがでてきそうです。ご主人の会社の問題、と割り切って考えて、他と比べる無意味さを納得出来なければ。

    トピ内ID:9945287963

    閉じる× 閉じる×

    そんなもん、会社によりけりだね

    しおりをつける
    blank
    mitto
    米国に本社のある10万人のグローバル企業の3000人の日本法人から派遣されて、1年間研修目的で本社近くで働いていました。常に10人ぐらいは日本からの出向者のいるような環境でした。

    派遣手当だ
    危険手当だ
    生活手当だ
    語学研修費だ
    と、自慢げにいろいろ並べている書込みもありますが、よっぽど組合の強い昔の大企業か官公庁ぐらいでしょう。

    私の場合は、現地の同程度の経歴の従業員と同等の現地通貨の給料を滞在期間中支給されたのと、日本の会社の夏冬の賞与を日本で支給されただけで、自分で勝手にアパートを契約して電話も引いて…、毎月購読していた雑誌を人事の好意で日本から送ってもらえたことぐらい以外は特別扱いはほとんどなしでした(往復の航空券は会社手配でしたが)。

    皆さんの書込みにある通り、他人と比べないことです。

    「比べる」ということは「他人と自分は同等であるべきだ」という意識が根底にあると思いますが、そんなもの、日本の国の中だけで通用する「蛙の常識」です。一歩国外に出れば、人は皆違うんだということ、しかも大幅に違うんだということを学ばねばなりません。駐在員でも同じことです。

    トピ内ID:7089730951

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]