詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    不向きな簿記が得意になった方いますか?

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    仕事
    40代パート女性、経理事務をしています。
    私は最初から簿記が、数字のパズルを解くみたいで、楽しいと感じ働いています。

    20代の頃からですが、簿記には向き不向きがあると耳にすることが多いです。

    今勤めている会社の正社員が全員そろって、簿記を理解していません(全員3級は持っています)。
    直属の上司は、私に聞いてきてくれるので、私もきちんと説明しないとと思っています。

    よく仕訳や内訳書の内容などを聞かれて説明するのですが、その時は理解できているように感じます。
    ただ、同じようなパターンを同じように説明するの繰り返しなので、私の説明じゃ理解ができていないのだと思います。
    簿記が不向きな人のように感じます。

    不向きだったけど、得意になったよ。という方で、何がきっかけだったのかわかる方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんでしょうか?

    トピ内ID:0246854210

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    それは私です。

    しおりをつける
    blank
    ぺんちゃん
    商業高校に入り、一学期に赤点夏休み友人から、教えてもらい楽しくなり、二級に合格しました。今は忘れてしまいました。業務上差し支えなければ、特に気にする必要は無いのではと思います。

    トピ内ID:0259375067

    ...本文を表示

    娘を特訓中です

    しおりをつける
    🙂
    ママは経理担当
    主人と二人で会社を設立して三年目。
    既婚の娘は名目上アルバイト扱いで節税の為に給与を発生させているのですが、
    今度私がしている経理をさせようと説明するも『訳が分からない???。』
    ちなみに難関大学卒です。

    私は52歳から勉強をして簿記2級を取れたのに(高卒)
    なんで優秀な娘が…と。
    そこで色々考えてみてわかった事は…。
    『理論的に追及するから変にややこしくなる。考えない事が一番。』
    流れとパターンで、右か左か仕訳が瞬時に出来るまで何度でも繰り返す。
    これが一番の近道です。
    簿記3級を持っている方でも実務での経理の仕事は会社ごとの決まりや、
    経理処理があるでしょうし、そのやり方に慣れるまでは少し時間がかかると思います。
    知識としての簿記レベルと、実戦での経理の実践力は違いがあると、
    ウチの税理士の先生が以前お話しされていました。

    たぶんその違いに会社の方は戸惑われているのでは?
    個々は親切に、トピ主さんの会社の経理の特質に応じた説明が必要でしょうね。

    今は会計ソフトが何でもしてくれるので楽になりましたが、
    やはり基本は大事ですね。

    トピ内ID:1749116296

    ...本文を表示

    3級受験が境目でした

    しおりをつける
    blank
    どどんぱ
    40歳代、高校は商業科でした。

    最初は全然わかりませんでしたね~。
    仕分けも全く理解できなくて、簿記の授業が本当に苦痛でした。

    具体的な理由は思い浮かばないのですが(それじゃ答えになっていないですね…汗)、1年生の秋の全商3級受験が、簿記を理解し始めた契機だったように思います。
    私の母校では試験2週間前から毎日放課後に補修があったのですが、そのときかな?と。
    試験を目の前にしてお尻に火がついていたし(苦笑)、わからないながらも数をこなしながら理解していったのだと思います。

    職場の皆さんは3級を持っていらっしゃるなら基本的な部分は理解できると思うのですが…。
    資格は持っているけれど、実務経験がないということでしょうか?

    トピ内ID:1707094262

    ...本文を表示

    全員が分かる必要はない

    しおりをつける
    🐱
    元経理屋
    全員が分かれば、分かるに越したことはないとは思いますが、
    その必要性があるのでしょうか。

    人は、それぞれの得意分野で力を出せばよいと思います。
    トピ主さんが営業の分野で、簿記と同じような要求をされた
    らとお考えになれば、お分かりと思います。

    会計、経理、簿記、税務、資金は、職人分野の仕事なのです。
    何処の企業に行っても、直ぐに対応が出来る職種なのです。
    簿記が出来なくても、社内の人が困らないように処理、報告
    できることが、トピ主さんの腕の見せ所だと思います。
    序に言えば、その為の「システム」作りもお役目です。

    簿記の役割は、突き詰めて言えば、収支を明らかにする事で、
    その為の約束事が幾つかあると言うことなのだと思います。
    問い掛けの趣意がよく分かりませんが、全員が分かる必要は
    なく、結果を如何に易しく説明できるかだと思います。

    企業は存続しなければなりません。製品や商品を売り、代金
    回収のサイクルを継続することが大切であり、経理屋は、飽
    く迄後方支援役であって、前面に出る必要はないと思います。

    トピ内ID:0153609476

    ...本文を表示

    そんなのあるんだ…

    しおりをつける
    blank
    匿・名子。
    初めて聞きました。
    一応、簿記2級保持者ですが25年前に取得したので今は飾りです(苦笑

    2級取得後すぐにバブル期に突入し転職したんですが
    その時に覚えたのが「売掛金残高明細」
    前残・売上(借方)・入金(貸方)・当残の順番なのでこれをベースに考えると
    貸借がサクッと出てくるようになりました。

    ただ基本中の基本だけですけどね。

    トピ内ID:1746144351

    ...本文を表示

    貸借対照表と損益計算書の理解

    しおりをつける
    🐱
    くろねこ
    貸借と損益の違いを理解するのが一番早いのでは?

    決算書の科目から経費はこんなんなのねとか固定資産はこれなのね
    と資産と負債、損益の違いを覚えることが最初の一歩かと思いますよ。

    トピ内ID:0362340402

    ...本文を表示

    私は

    しおりをつける
    💰
    ボキ
    私は簿記が大嫌いでした。苦手だと思い込んでいました。

    借方、貸方ってなに?
    B/S、P/Lって!

    でも10年以上前、会社で経理を担当していた先輩が退職し、私がその業務を引き継ぎました。

    最初チンプンカンプンだったので、見かねた当時の上司が、会社の経費で、初級簿記講座に通わせてくれました。

    その講座に通い、日商3級に合格したら・・・。

    なんて面白いんだろう!と開眼して、日商1級まで取得しました。

    なんでしょう、向き不向きというか、興味持てるか持てないか?ですかね。

    かじっても、好きになれない人はなれないみたいだし。

    今は、経理業務を担当してないので、かなり忘れてしまい、残念です。

    それと、経理は簿記の知識があっても、実務経験には敵わないなー、と思います。

    資格は、業務こなすための、あくまで補完的な位置付けだと思います。

    トピ内ID:9395295066

    ...本文を表示

    何の因果か経理やってます。

    しおりをつける
    🐴
    ひこわん
    算数、数学が大の苦手なのに商業高校へ入って珠算、簿記の検定を取らされました(どちらも2級どまりですが)

    あまりにも苦労したので就職は経理を避けるように物流系の事務をやっていました。

    ところが前任の経理担当が退職する事になり
    なぜだか私が配置転換で経理部へ。

    ン十年離れていると本当に浦島太郎状態ですね。
    前任に罵倒され、イヤミを言われ泣きべそをかきながら
    引継ぎをしました。

    配置転換になり3年目。日頃の経理業務はほぼ問題なく、決算手続きも1人でやらせてもらっています。
    数字って怖いところがありますが、会社の状態が目に見えてわかるので
    なんだか面白いですよね。 
    得意ではないですが

    「悪くないじゃん」って思います。

    トピ内ID:8030212512

    ...本文を表示

    ゴールから入る

    しおりをつける
    blank
    ブックキーピング
    経理の実務担当ではないのでご参考にならないかもしれませんが。

    高校は普通科、大学は法学部で、簿記や会計とは全くの無縁で社会人になりました。
    30代前半で仕事上、会社の決算書を読みこなす技術が必要になり遅ればせながら
    簿記を学びました。

    とはいえ最初から簿記を勉強したのではなく、わかりやすく書かれた決算書の読み方
    などの市販本から入りました。まず決算というゴールから理解していったかんじでしょうか。

    その後、簿記の2級を受験しましたが最初に全体像をイメージできたぶん
    理解は早かったように思いますし、わりと面白く取り組めました。

    ただし理論は解っていても、途中の計算ミスとか書き間違いとかどうしようもない
    ミスで全てが狂うのは多大なるストレスで、こればかりはトレーニング量の問題だなと
    感じました。

    「ママは経理担当者」様が書かれていた、

    『理論的に追及するから変にややこしくなる。考えない事が一番。』
    流れとパターンで、右か左か仕訳が瞬時に出来るまで何度でも繰り返す。

    にも同感です。

    トピ内ID:1389151196

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0