詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    人生で一番辛い時期??

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐴
    はち
    ヘルス
    お世話になります。27歳共働き会社員、夫は43歳、第一子1歳4ヶ月、現在妊娠4ヶ月です。
    毎日辛いのですが、もし今が一番大変であとは上がるのみなら、なんとか頑張れるかな…と思い皆さんのご意見を伺いたくトピックを立てました。

    子供が小さい頃が一番大変って本当ですか?
    今をとにかく頑張って乗り切れば、後は楽になりますか??

    辛いのは、
    -お金のこと(長時間労働の割に低収入、家計が回らないので産前産後ギリギリまで働かなければいけない、夫の親の住宅ローン、休日や夜間高い保育料、第二子が生まれたらなおさら)
    -仕事(危険な肉体労働もあり、夜まで残業、休出、でも好きな仕事で辞めたくない、前の会社は妊娠判明で辞めさせられたので、できるだけ妊娠を伝えたくない)
    -育児 (子供は可愛いですが、長い労働時間の合間に家事育児は楽ではないです)
    -体調(つわりなので仕方ない)

    仕事を辞めたら/休んだら楽になる部分もあるでしょうが、前の会社を辞めさせられ、無職の期間(妊娠~産後)同じ仕事で充実している夫を見るのが辛くて仕方ありませんでした。毎日話し相手がいる夫が羨ましく、稼ぎのない自分がみじめに思え、無収入の日々は息ができない様な苦しさで多分働いている方が向いているのだと思います。
    家計も心配です。

    逆に幸せだと思うのは
    -子供がかわいい
    -夫が家事育児の苦労を共にしてくれ、誠実に愛してくれる。
    -(それでも)好きな仕事をしている
    -毎日美味しい食事を囲める

    夫・子供・家での暮らしに関しては無条件で「大好き、大切。」と言い切れますが、こと仕事に関しては「嫌い逃げたい…だけど大好き」みたいに自分でも整理しきれません。
    その辺りもご意見、アドバイスいただければ嬉しいです。

    トピ内ID:9889573421

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  11
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    うーん

    しおりをつける
    blank
    ボーン
    ハッキリ言うと、別に特段楽にはなりませんよ。
    私も子供二人の完全共働きです。

    子供が小さい頃は、自分の体力や時間を多く奪われますよね。
    仕事しながら子育てしていると、時間もお金もジュッと消えてしまう。
    今、我が子は中学校と高校です。
    自分の時間や体力は温存できるようになりました。
    自分の事は自分でして、家事も手伝ってくれますから。
    しかし、今度はお金が掛るんです。
    働けど、切り詰めど、子供の教育費や生活費でお金がジュッと消えます。
    働くだけ働いてますが、年齢も重ねてしんどくなるし、
    老眼は入るし(笑)、子供とのやり取りは精神力が必要とされます。
    思春期の子供達とまともにやり合う訳にはいきませんから、
    冷静に勤めますが、でもたまには精神力が無くなってブチ切れちゃったり。
    お金が無いと毎月通帳を見て、今月も私の化粧品は買えないな~と。

    と言う訳です。
    しかし、子供自身のお世話が必要で無い、と言う要素は大きいです。
    そう言う意味では子供が小さい時は本当に大変でした。
    別に、感情を整理する必要はないです。
    皆、やれる事を日々精一杯しているだけですよ。

    トピ内ID:7591984450

    ...本文を表示

    当時は辛いと思ったけど

    しおりをつける
    あっこ
    子育ての時期、体力的にも精神的にも経済的にも大変でした。
    当時は自由な時間がなによりも欲しかったですね~。
    「辛いな~」なんて思いながら。

    しかしですね、子育てが終わると、なぜかしら大変だったはずの当時がキラキラ輝いているんですね。

    子育てが終わると次は更年期障害で苦しみ、その後は老化へ急速に進んでいるという感じです。
    親の介護にも苦労しました。
    その後、経済的にも楽になり、自分の時間もできましたが、健康面などで大きな不安に直面します。

    人生って、常に不安や辛いことが多いのではないでしょうかね?

    がんばってくださいね!

    トピ内ID:3924833170

    ...本文を表示

    違う辛さや悩みができてくる

    しおりをつける
    😨
    匿名希望
    その当時は、辛かったように思ったことも、今になれば、自分自身も若く、子供は小さく可愛かったな~なんて、いい部分も悪い部分もあったように思います
    途中で、離婚もあったり、子供たちには苦労かけたし、手がかからないに反比例して、養育費は湯水みたいにかかるし、食費も増えるし、子供たちは思春期で反抗期もあり、更年期が出て、老いを感じる 遠くの大学へ行くとそうそう帰って来ないから、寂しくなるし、社会人になり、ほっとしたけど、自分の老後にも不安はあるってのが、今までの経過です 今後、嫁姑問題や色々なことが起きるでしょうね でも、子供たちが休みになり、初めてのボーナスで無理して箱入りメロン(私の好物で箱入りなんて初めて)を買ってきてくれたり、片方の子は、私の目を心配して、眼鏡を作りに連れていってくれたり…母親を大切にしてくれる子供をもっただけで、すべてが報われた幸福感を得ます

    多分、あとも楽になることってない貧乏生活だと思うけど、それでも何故か、やっぱり子供の喜ぶ顔を見ると世界一幸せだと思う母で一生いたいと思っています

    トピ内ID:4020017246

    ...本文を表示

    今が一番

    しおりをつける
    blank
    Hanako
    つらい時だけど若い年だし赤ちゃん生まれるし、こんな幸せな時代はこれからはないから楽しんで下さい。後は子供たちが育つ間の楽しみですね~年取ってからは若い時ほど楽しくないよ。

    トピ内ID:0235705260

    ...本文を表示

    いつが一番大変、はない

    しおりをつける
    blank
    今年還暦
    それは大変の種類が変わるからです。たとえば子供のことを言えば、小さいころはまとわりつかれて家事もままならず、もう少し大きくなってくれれば、と思います。でも、大きくなればまた違った種類の苦労があります。友達関係のこと、学業のこと、就職、結婚など、たくさんあります。結局「まとわりつかれていた時が花だった」と思うほどです。大きくなってからの子育ての苦労は、精神面にまで及んできますから。
    また、子どもが大きくなるにつれて、親も老齢になりますし、自分も更年期に入りますし、そのころに子供の受験と重なったりで大変といえば一生大変です。
    その上、仕事を続けていくのは今思い返して「よく出来たなあ」と思うほどです。でも、一番に切るのは仕事でしたね。母ががんになった時は、時短、退職を決意しました。でも、またその後仕事に出会えて現在も続けています。
    大変なことをどうかわしていくかという技術を身に着けることが楽しく人生を送ることができる秘訣だと思います。
    とりあえず今できることを精いっぱいして、せめて後悔の少ない人生を送るように努めることが一番じゃないかな。

    トピ内ID:4194586792

    ...本文を表示

    いつだって

    しおりをつける
    blank
    じょん
    辛い時はいつだって「今が一番苦しい」でも「きっとよくなる」って思う方がいいです。
    きっと 一つの問題が解決すればまた新たな問題が出てくるんです。
    でも、逆に言えば いつまでもいつまでも 同じ問題で苦しんでいる事って案外少ないんだと思います。

    たとえば私は長年 胃の不調で苦しんでいました。
    昔の日記を見ると「胃がなくなればいい」と毎日のように書いていました。
    でも、今の私、全く胃に問題はありません。(過敏性大腸炎はありますが…)
    逆に子ども達は手のかからない良い子で 楽チンだと笑っていましたが
    成人した今、心を病んでしまった娘がいます。

    私自身メンタルに通っている有様です。
    それこそ、今が私の人生の中で一番 辛い時期だと思っています。
    でも、今のこの状況さえ「まだマシだった」って思うもっとつらい事が起こるかもしれません。
    逆に「あの時は大変だったよね」って笑っていられるかもしれません。

    いずれにしても未来なんてわからないなら
    楽しく明るい希望を持った方がいいと思います。

    悩み苦しんでいるのはその時を精一杯生きている証。
    今の苦しみも今しかできないこととして楽しみましょう。

    トピ内ID:0486428389

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    blank
    そうねぇ
    トピ主さんはまだ27歳ですよね。
    家族を持って数年でしょう。家族を守って生きていくことって、どんな状況であっても「楽しくって、楽ちん」ってことにはならないと思います。

    トピ主さんが子供の頃は、ご両親がしっかりとトピ主さんを守ってくれていた。今度は自分でそれをする番になったのです。子供を守らなければならないし、家族を支えなければならない。それは決して楽ではない、と思います。

    子ども達がどんな状態でも、「楽」にはなりませんよ。それが生きて行くということじゃないかと。

    ご主人は「楽しく」仕事をしているとでも?

    お金を稼ぐということは、どんな立場でも大変なこと。競争社会ですからね。誰かが守ってくれるという時代はもう過ぎたのです。

    私はいったん休憩を取ると、そこから立ち上がることの方が辛いと感じるので、出来る限り休まないようにしてます。子供の世話にしろ、仕事しにろ、家事にしろ、休憩してしまうと次にとりかかろうとすることがとても辛く感じます。動きっぱなしの方が疲れないし、辛さもありませんよ。

    休みたい、休みたいと思うと、どんどん辛くなりません?

    トピ内ID:8675589306

    ...本文を表示

    思春期

    しおりをつける
    blank
    バジリコ
    一番子育てしていて辛かった時期は、子供の思春期です。甘えん坊がちょっと自立をして友人一番、話をしない、無視、暴言ですから。
    あなたはお金がない、仕事もなくなるかもというリスクやこれだけ辛いと書いていて、なぜ2人目を作られたの?子供は授かり物ですが、ならばひたすら耐えるしかないのです。
    子供が小さい内はすべて仕方ない事ばかり。夫と同じようにはいきません。
    ずっと共働きしていますが、私は夜勤ありのシフト制です。子供の為に転職もしています。収入は少ない。あきらめが多いのです。今でも、夫が飲み会ハシゴでも私は子供と残り物ご飯だし。

    そんなこんなでもう20年。子供の学費と住宅ローンの為にまだまだ働かなくては…。ため息ばかりよ。
    家族が健康なのと、お笑い見て皆で笑って過ごす、それが幸せかな。

    トピ内ID:8064373554

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    blank
    匿名
    私の若い頃の生活に似ています。

    気になったのは主に3点です。

    ○夫の親の住宅ローン 
    ○同じ仕事で充実している夫
    ○トピ主の職業に対する拘り 

    私も夫の親の家のローンを払っていました、結婚前からの約束で理解していました。
    ・・そのつもりでしたが、違いました些細な事から「心の底では理解していなかった寧ろ腹を立てていた」のが判明しました。
    トピ主さんは、ローンを「ぜひとも私達に払わせて頂きたい、親に払わせるなんて出来ない」と思ってますか?
    極端な書き方ですが、自分が住んでいない家のローンを払い続けるのは辛い筈だと思います。

    私の経験では、この部分が「楽」「辛い」今後の変化に大きく関わっている気がします。


    仕事ですが、他人の生死や生活安全を預かり守る職種なら「大好きで充実」「嫌だ逃げたい勘弁して」の2つの繰り返しだと思います。
    係わった人から貰った言葉で、別次元に旅立ち仕事に燃える人もいますが。。。あれは特殊な例外です。
    御主人も同業なら内面では葛藤されてる筈ですよ。

    頓珍漢なレスをした気がしますが、書かないではいれませんでした。

    トピ内ID:2238094167

    ...本文を表示

    確かに、母親の体調が辛いときが一番辛いかも

    しおりをつける
    🙂
    二児の母になりました
    しれませんね。
    お金があっても、旦那さんが優しくても気遣ってくれても、自分の体調が思わしくないとき(風邪でも、妊娠でも)
    私はこの世の終わりまでは行きませんでしたが、「これ以上しんどいことはない」と思ってたので・・。

    しかし、これを過ぎると忘れるもので(笑)、いろいろ出てきます。
    子供が乳児の時、必死にやっていてこれ以上のバタ狂いはないと思っていましたが、子育てが全面にラクに
    なっているわけもない時期から、子供の教育、そのサポート、PTA、お金の算段などが追加されて今でも
    結構バタ狂いです(笑)
    子供が乳児だと迷惑をかける(かもしれない)相手が、母・父・散歩先の環境だけだという範囲の狭さに
    安心感がありましたが、育っていくについれて社会という環境にちゃんと適応した子供に育っているのか、
    育てていけるのかという緊張感を感じて、精神的に疲れるというか、悩むことは多々あります。

    確かにおっしゃる通り、この生活をしていかないといけない使命がありますし、よりよく生活していくために、
    手放すというか「やーめたっ」っていうことはありえないわけですしね。

    トピ内ID:8484594890

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  11
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0