詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    膵臓がんステージ4bの先進医療

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😣
    gekka0445
    ヘルス
    父70歳のことです。知合いから聞いた日本で3か所でしかしていない粒子線医療という先進医療を、すっかり受ける気になっています。私が調べたところ、遠隔転移の膵癌には出来ないようで、でもあまりにもその治療に希望を抱いている父の様子を目の当たりにしていると、なかなか言い出せずにいます。近いうちにかかっている先生から知ることになるのは確実なのですが。
    膵癌ステージ4bの患者が、受けられる先進医療は他にないのでしょうか?
    ないとなるとやはり父の場合は、化学療法しか手はないのでしょうか?
    温熱療法の併用は考えています。食事も出来ることは実行しています。

    8月5日に、初めは肺がんの疑いだったのが、原発は膵臓かも?となり、さらに膵臓も含めて検査した結果、19日にこのような話になりました。
    進行が早い癌だけに、何も治療を始めていないことに焦りを感じています。

    先生が化学療法を始めるにあたり、最後の念押しに病理検査をしたいと言っていたのですが、その話の前に合併症などのリスキーな前置きをかなり聞かされ、こちらは尻込みしてしまいました。
    病理検査は、抗がん剤治療に必ず必要なものなのでしょうか?
    確かに、画像診断のみで病理検査で確証がなければ、抗がん剤治療をスタートするのはこちらも怖い気はしますが。

    先生は、抗がん剤を強く進めるわけでもなく、でも何もしなければ余命は月単位だと言われ、こちらはあまり膵臓がんの知識もない中、先生からは今後の明確な治療方針を示してもらえなかったので、家に帰って自分たちでネットで調べて知るという、後手後手になってしまっています。
    ですが、悠長にしている時間もないので、気ばかりが急きます。
    週明けに病院の予約は取ってあるのですが、それまでに少しでも情報が欲しくてこちらに質問しました。

    トピ内ID:6743200738

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 1 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 6 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    ご心配ですね

    しおりをつける
    さくら子
    主人の場合は根治手術が適用だったので(ステージ3)、あくまで再発予防でしたので参考になるかどうかはわかりませんが、抗がん剤以外に行った治療を下記いたします。

    ・免疫療法(WT1ペプチドワクチン)
    ・超高濃度ビタミンC療法
    ・漢方と気功
    ・ラジウム温泉で月一回の療養
    ・食事療法
    ・ラジオ体操、ランニング、ウォーキングなどの軽い運動(毎日)
    ・サプリメント(メラトニン、マルチビタミン、春ウコン、サプリではありませんがビオトーワ)

    免疫療法は治験なども行っているようですので、調べてみる価値はあると思います。
    行ったのは3年近く前なので、今ではもっと有効なワクチンが発見されているかもしれません。
    食事は朝のにんじんりんごジュースに始まり、野菜果物中心の玄米菜食に近いものです。
    四足動物の肉と白砂糖、白米、赤身の魚は食べません。白いパンも食べません。
    食事療法の本はいろいろ出ていますので参考にされたらよいと思います。
    上記は全て自費です。健康保険はききませんので経済的負担は膨大でした。
    そして注意すべきは上記全てエビデンスはありません。
    ご参考までに・・・

    トピ内ID:4408059693

    閉じる× 閉じる×

    自然のままに・・・

    しおりをつける
    blank
    M
    当方医師です。医師としての個人的見解を書きます。

    正直いって、膵癌のステージ4はもはや治療法はありません。化学療法は若干の延命は期待できるかもしれませんが、副作用を考えると、あまり勧められません。

    それよりは、ご本人にきちんと余命を理解してもらい、残りの人生を充実するようにしてもらった方が、あとから見れば、最善のことであると思います。

    最近、近藤誠先生が私と同じ考えを本で書かれていますので、読まれてみてはいかがですか。

    確かに、一縷の望みに期待するお気持ちはわかります。しかし、そうした期待によって、あたら苦しんでこの世を去ったガン患者の如何に多いことか。多くの家族は、「治らなかったのに、あんな苦しみを味あわせて気の毒だった」とあとから語っています。そうした塗炭の苦しみを味わう患者をひとりでも減らしたいと思い、投稿させていただきました。

    トピ内ID:5422388835

    閉じる× 閉じる×

    素人ですが

    しおりをつける
    blank
    小僧
    タイトル通り素人ですが、病理検査は絶対必要だろうと思います。なぜなら、(私の乏しい知識ではありますが)癌はどこが原発かで種類が異なるからです。同じ部位に現れたがんでも、そこが原発なのかそれとも他の部位からの転移か。つまりこの両者は異なる癌だということです。そして今はがん治療が進んでいるので、抗がん剤を使った治療の場合、どの薬がどの癌に効くのかがかなり分かってきていると聞きます。病理検査でがん細胞を取り出し、癌の種類を特定することは抗がん剤治療には欠かせないと思います。

    ただ、本当に言い難いのですが、膵癌でステージ4なら、本当に余命は長くないと思います。抗がん剤治療でどれだけの余命が望めるのか。その代わりに引き受けなくてはいけない肉体の苦痛はどの程度なのか。私なら主治医にそれを訊ねます。身体に負担のかかる治療を受けるより、そのステージならこれからやってくる痛みの緩和ケアを何処でどのように受けるか、緩和ケアのオプションについて主治医や専門医と話し合い、そして家族とどのような時間を過ごしたいのかを考えると思います。ごめんなさい。

    トピ内ID:0195599618

    閉じる× 閉じる×

    専門家ではないので…

    しおりをつける
    🐤
    marin
    重粒子線は遠隔転移がある場合は適応外の様ですが、病理診断されてないのでそちらでも適応外かも。

    次に、化学療法ですが…病理診断されてるのがベストかと思います。
    私の経験でですが、術前診断と術後の病理診断では病名が全く違いました。
    そうなると、使える薬も違ってきますし、今は病理診断である程度はどんな薬が効きやすいのか
    判断できる方法もあるかもしれません。(病気によって違うかも。)

    次に…先進医療ですが…
    高度活性化NK細胞療法と言うのがありますが…ハッキリ有効だとは言えません。
    調べてみるか、直接ご連絡の上ご相談されるのが良いかも…

    トピ内ID:0839052776

    閉じる× 閉じる×

    横浜

    しおりをつける
    🙂
    ニードル
    横浜にありますクリニカETという血管内治療を行ってくれるクリニックがあります。
    義父がやはり余命3ヶ月の膵臓癌でして、治療法がなかったので最後の望みで電話してみたのですが、運悪くテレビで取材を受けたあとで3ヶ月後と言われ受診できませんでした。
    最近テレビで見かけないので、もしかしたら予約とれるかもしれません。
    私の母も乳がんで今のところ転移はないのですが、もし転移が見つかったら速攻受診予定です。

    トピ内ID:7839786562

    閉じる× 閉じる×

    難しいですね

    しおりをつける
    blank
    えぞしか
    父の場合、肝転移で発見され、ジェムシタビン等の化学療法をしましたが、効果なく10か月でした。

    自分なりに調べましたが、癌についてはまだまだよくわかっていません。
    癌細胞は正常細胞より増殖速度が速いようですが、身体全部を占領されるわけでありません。
    最終的には体積にしたらわずかな癌組織がこの悪液質によってヒトを死に至らしめます。

    残された時間はわずかです。医療も必要ですが、魂=精神を救済する
    サポートも検討された方がいいと思います。

    トピ内ID:0181280209

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]