詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    罪悪感で苦しんでます。

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😭
    ホラー好き
    話題
    特定を避けるため、多少のフェイクをお許し下さい。
    心霊話や怖い話が好きなので、動画でそれらを漁っていたところ、心霊写真のコーナーに見覚えのある学校が映りました。私の高校母校でした。
    在校生だという心霊写真の相談者の彼は、少女に見える影をさししめして「この学校にはこういう話があって、本当の事で先輩がそれを実際に見ていたんだというのが伝わっている」と説明していました。写真のアップを見ると、確かにその話の少女に見える…かな?という感じに写っていました。この写真を撮ってから、同級生の女の子は恐怖で泣き出したり、学校を休んだりしているとのことでした。

    ですが、その怪談、嘘っぱちなんです。
    当時、運動部合宿中の後輩の元へ卒業生が差し入れをするのが慣わしで、その際に怖い話大会になり、私が後輩を怖がらせてやろうと、その場ででっち上げた全くの架空の心霊話なんです。
    後輩もその時のノリで「キャー怖いー」などといって遊んでいたのですが、多少尾ひれ背びれが加わったものの、よもや20年経過してまだ伝わっていたとは思いませんでした。まして、現学生を恐怖に突き落とす結果になろうとは、想像もしていませんでした。大体、私が入学した際にまだ創立一桁前半の学校だったのに「昔ね…」なんてあり得ないと判りそうなものなのですが、今の学生にとっての20年前は十分「昔」なのかもしれません。ですが…時代背景が合わないだろうと突っ込みたくなりました。

    私は学校へ「自首」すべきなのでしょうか。でも作った証拠も何もありません。その心霊動画も、いつのものなのかもタイトルになかったので、良くわかりません。
    子供達が私がうかつにした作り話で恐怖しているとしたら大変申し訳ない気持ちなのですが、突然「あれ、私が作りました、嘘です、怖がらないで下さい」って言っても、変な人扱いになるだけのような気がしています。

    トピ内ID:6837408009

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 7 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    それも本当かわからない

    しおりをつける
    blank
    乾電池
    同級生の女の子が恐怖で休んでる、
    とかいう話しも本当かわからないし
    写真も本物かわからない。

    学校の七不思議的な話は
    どれだって最初に創作した人がいるわけで。
    ないよりはあったほうが面白いものです。

    気にしなくてよいと思いますが
    気になるならコメントしてコンタクトとってみたら?

    トピ内ID:8734249975

    閉じる× 閉じる×

    ごめんなさい

    しおりをつける
    blank
    女子高育ち
    笑ってしまいました。
    不朽の名作になってるじゃないですか!

    罪悪感を覚えるのも、わからなくもないですが、
    トピ主さんもそうだったように
    大抵は「娯楽」としてその手の話を求めているわけですよね。
    小学生ならともかく、高校生が
    学校の怪談を真に受けて不登校になるなんて、まずないと思いますよ。
    それ自体が「尾ひれ」な気がします。

    それに、元ネタは主さんだったとしても、
    いろいろ脚色されて変わってますよ。大丈夫!

    トピ内ID:1756434972

    閉じる× 閉じる×

    匿名の手紙でもいいのでは?

    しおりをつける
    blank
    長い伝言ゲームですね
    自首することは気が進まないでしょうし、真相を書いた手紙を匿名で学校に出されたらいかがでしょうか。
    「こういうことですので、生徒さんに説明して下さい」と…。
    トピ主さんに悪気があったわけではない事はよくわかりますが、大人としてケジメはつけられた方がいいと思います。

    トピ内ID:3160393394

    閉じる× 閉じる×

    このまま放っておく

    しおりをつける
    blank
    さんだる
    作り話でも良いじゃないですか。
    誰にも迷惑掛けてないんなら。
    そもそも世に広まってる怪談の出どころはこんなもんでしょ。

    トピ内ID:9361174904

    閉じる× 閉じる×

    そのファンタージーを大切に・・・

    しおりをつける
    無常の風
    心霊とか幽霊とか言われますが、これは元々人の心の中で作りだした妄想のことです。ファンタージには、恐怖を与えるものと、喜び(夢)を与えるものとがありますが、心霊とか幽霊とか前者の部類に入るのでしょう。ファンタージーを別言すれば、空想、作り話、妄想、妄念、妄語などとも言えましょう。広い意味では、昔話、妖怪話、民話などもそうでしょう。

    人の心は喜びと恐怖の両方を感じることでバランスが取れて、心が豊かになるのだと思います。現在は、喜びばかりを追求し、恐怖が少なくなりました。このことの意味は、心に恐怖を感じるとすぐに折れてしまうような弱い人間ばかりになってしまいかねません。恐怖の感情を覚えることで、打たれ強さ、ハラスメントに耐える強さを、人にもたらす原動力になると思います。

    そういう意味で、あなたが高校時代に作ったファンタージーは時代の要求に合致したものであり、しかも高校の伝統として脈々と続いている現状を見るにつけ、その功績は大きいと思われます。そして、あなたもまた打たれ強い人であり、ハラスメントに耐える力があるのではないでしょうか。今は、そっと見守っていくのが宜しいような気がします。

    トピ内ID:1378439232

    閉じる× 閉じる×

    たとえ元が作り話でも

    しおりをつける
    blank
    毒男アラフォ
    今本当に起こっているならそれは真実。
    嘘から出た真。
    気にせず、もう二度と気軽な気持ちでそういう作り話をしないよう気をつければいいだけの話。

    トピ内ID:8459244659

    閉じる× 閉じる×

    悪いのは写真や動画撮った人でしょう

    しおりをつける
    blank
    クィール
    そもそも怪談なんて、元ネタはあっても作り話と思っています。最初に話した事も、しばらくは冗談半分の話として伝わっていたかもしれませんよ。

    もし、告発して名乗り出たところで、怖がった子達が安心するどころか「しらける」って怒られるかもしれません。

    トピ内ID:0772120194

    閉じる× 閉じる×

    迷いましたが

    しおりをつける
    blank
    ホラー好き
    レスありがとうございました。

    そうですね、どんな物語も「創作」なのですよね。小説も、漫画も、御伽噺も怪談も。
    私が「創作」した物語がイワシだとすると、尾ひれと背びれを装着して、シーラカンスになっておりましたが、元はイワシレベルなので時代考証がおかしなままでした(苦笑)。
    もともとは後輩達と遊びでしていた怪談です。彼女達も創作だとわかっていたはずです。時間とともに、創作者が消えて、話だけが残ってゆくのは民話や怪談などの出来かたそのものなのかもしれません。

    そして今まで伝わってきたということは、怪談を楽しんで話題にしてくれていた学生達がいるからこそなのだと気づきました。私がそうしたように、合宿の夜のヒトコマなのかもしれません。彼らにとって創作者なんてむしろ邪魔な者でしかないでしょう。
    また、女子高生が登校できないくらい怖がっているというのも、本当のことなのか確かにわかりません。それこそ、「テレビ局のでっち上げ」の可能性があるということですね。申し訳ない気持ちでいたので、気づきませんでした。

    このまま、楽しんでもらえるよう祈ることにします。
    ありがとうございました。

    トピ内ID:0233530315

    閉じる× 閉じる×

    いいって

    しおりをつける
    🐶
    ジェミー
    怪談や心霊話なんてテレビでも殆ど作り話でしょ。本気で信じる方も難ありだからほうっておいていいって。
    罪悪感なんて持たないでいいって。
    楽しみ、ワクワク半分だから。

    トピ内ID:7284368047

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る