詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    家が狭いことがストレス

    お気に入り追加
    レス2
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    小豆
    話題
    家族四人六畳二間の田舎暮らしです。周りは広い土地に大きな屋敷に住んでいる人が多く、大きな持ち家に憧れを抱いていていずれかはマイホームを購入出来たら…と夢見ています。
    現在家族四人、両親・姉妹(成人済)で一部屋ずつ分けていて姉妹で共同で一部屋を使っているのですが、狭い家(特に共同部屋)にストレスを感じています。

    ・生活リズムが違うため夜中でも電気・テレビがつけっぱなし
    ・片付けが出来ないためモノが散らかりっぱなし(本やCDが多く散乱している)
    ・プライバシーがないためやりたいことが出来ない
    ・共同部屋のため自分の空間が少ない(布団一枚分くらい)

    など・・・
    長年我慢していますが数ヶ月に一度、「こんな家出て行きたい!」と何度も爆発し、賃貸情報を見ては諦めて・・・の繰り返し。
    なら家を出て一人暮らしすれば?と言われてしまいそうですが、両親共に高齢であり母が障害者なため、家族全員でサポートしている状態です。(今から新たに家族揃って引っ越すのもむずかしい状態)
    幼い頃から貧乏だった為、一人暮らしにお金をかけるなら貯金を優先したい気持ちが強いです。
    しかし今時六畳二間に住んでる人もいないため、こんな貧乏な家に育った自分も恥ずかしい気持ちでいっぱいです。恥ずかしくて家を教えられません。
    結婚する予定も全くありません。

    同じような状況の方がいなかったので書き込ませて頂きました。
    似たような状況だった方、今同じ状況の方などいましたら快適に過ごせるアドバイス、お叱りなど頂けたらと思います。

    トピ内ID:2890450367

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数2

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    カーテンで仕切ってイアフォン使用

    しおりをつける
    blank
    アボガド緑
    1)とりあえず不要なものを徹底的に捨てる
    2)6畳をパーテイションかカーテンで仕切って個人のスペースを確保する
    3)TVなどはイアフォン使用を徹底する
    4)家族の甘えを捨て、共同生活を意識する←これが一番難しい

    真先にするべきことは雑誌CD洋服をリサイクルショップに売りに行って換金、その足でパーテイションとイアフォンを購入。
    カーテンで仕切っただけだは息の気配さえ伝わってくるけれど、視界に常時姉妹が入るより随分ましだよ。

    このままだと気が滅入って悪循環だから、とにかく思いついたことはなんでも行動してみて。
    カーテン以外に新しく購入するのはNGだよ。
    台所や風呂場にも結構ものがあふれていると思うんだけど、シャンプーなども家族共有にしたりしてモノを減らしてね。ティッシュ等安いからって買いだめは厳禁。いるときにいる分だけ買う。ストック置き場のために居住空間が狭くなっては結局高くつくからね。
    モノの色を3つほどに抑えること、狭い家だと原色は避けること。
    親はいうこと聞かないと思うので、とりあえず自分たちの空間だけでも整頓してリラックスしてください。応援してます。

    トピ内ID:5272175177

    閉じる× 閉じる×

    二世帯に出来ないのですか

    しおりをつける
    🙂
    おっちゃん
    すぐ近くで二世帯(例えば、あなたとお父様かお母様どちらかで一世帯。もう一世帯に妹さんとお母様かお父様)に分かれて住むことは出来ないのですか。六畳二間で大人四人は極限の息苦しさだと思います。

    トピ内ID:2203780515

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]