詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    高齢者のおもしろ話(駄トピ)

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    介護も楽しい
    話題
    皆様こんにちは!
    いつも楽しく拝見しております。
    最近、過去トピを検索していろんな話を読むのにハマっております。
    その中でも子供の面白いエピソードが詰まったトピは最高に楽しかったです!

    そこで、今度は高齢者の方のおもしろエピソードはないものかと思い、トピを建ててみました。
    皆様のお話も聞かせて下さい!

    まずは私から!
    以前施設にいる祖母に母、私、弟で会いに行った時のこと。みんなが来てくれて嬉しかったのか、泣きながらありがとう、ありがとうと言う祖母。
    昔話やいろんな話に花が咲き、そろそろ帰る時間がきた頃、祖母が弟にむかって一言。「ところでお宅様はどちら様で?」
    私は大爆笑!母は苦笑い。弟は「俺はいったい誰なんだ…」と。
    確かに認知症が進んできたとはいえ、さっきまで弟の名前も自分で出してたのに…
    ばあちゃん、そりゃないぜ~(泣)

    知人が亡くなり、葬儀に参列した時のこと。
    高齢の祖父は父に付き添われてご焼香。そして親族にむかってお辞儀をした瞬間、
    「ぷぅ~」と一発。親族は肩をプルプル震わせ、父は顔を赤らめ、祖父は全く動じず。
    恥ずかしかったと嘆く父に祖父は「屁ぐらいでなにを言っとる。これぞ屁の河童じゃ!」
    と高笑い。 さすが人生の先輩。勉強になりました!

    トピ内ID:1106906026

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 15 面白い
    • 2 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    宝くじが好きな父親

    しおりをつける
    blank
    いいですか
    老健にいて特養待ちな父親に毎週会いにいってます。何をいってるか聞き取れないし、書く字もミミズですが、はっきりわかるのが自分の名前と宝くじ。どんだけ好きなんだか。サマージャンボが終わったらもう年末ジャンボです。とうとう、宝くじが八億!!になってました。八億じゃないよ、五億だよと話しても、八億だそうです。
    帰りに必ず、いつくる?と聞かれます。来週もまた宝くじ!!と言われるだろうな。年末ジャンボはまだ発売してないのに。八億のままにしておきます(笑)

    トピ内ID:2882422626

    閉じる× 閉じる×

    うちのおばあちゃん

    しおりをつける
    blank
    さら
    今はホームに入っている祖母、時々家の電話にかけてくるのですが、出ると「今どこにいるん?」ときいてきます。

    いやいや、これ家電なんですけど。(笑)

    トピ内ID:7828791534

    閉じる× 閉じる×

    亡き祖母の話

    しおりをつける
    😑
    恋次郎
    61歳のジジィ。五人兄弟の真ん中に生まれました。兄や姉や二人の弟達と異なり、ジイさんとバアさんに育てられました。夜一緒に寝すむ時に、難しい諺や地方の伝承や面白い話など、もう50年以上経ちますが、いまだに忘れ難く鮮明に覚えています。

    当時の田舎では、子供用自転車なんて無くて、有っても買って貰えませんでした。ですから、重くて大きな大人用自転車の車体フレーム(三角形)の中に、片足を突っ込んで、自転車を斜めに傾けながら、立ち漕ぎして動かしていました。『三角乗り』と言っていました。

    そんな環境の中で、私が小4まで『本気で信じていた話』

    バアちゃんが、寝しなに話してくれたのです。『虹の足元には、宝物が埋まっている』と。虹を見かけると、三角乗りで重たいペダルを踏んで、一心に追いかけました。追いかけても、追いかけても、虹に追いつかないのです。

    後から振り返れば、何故あんな事を言ったのか?不思議に思うのですが、追いかけても届かない何かが有ることを、漠然と知らされたのですが、不思議と『騙された』という気分には、成りませんでした。今でも可笑しく懐かしいです。

    トピ内ID:8070912848

    閉じる× 閉じる×

    供物

    しおりをつける
    blank
    夏草
    伯父が82歳で亡くなりました。息子たちは働き盛りで役職もそれなりにありました。伯母にすれば思ったより供物も多かったようです。「あんなに花輪やらなんやらあげてもらって、お爺さんにも見せたかった」
    まあ 気持ちもわかるような気もしますが返事ができませんでした。

    トピ内ID:7751543685

    閉じる× 閉じる×

    車も私と一緒に帰りました。

    しおりをつける
    blank
    夏草
    もうひとつ思いだしました。
    車で出かけて帰宅途中、80歳の斜め前の家の奥様が門の前にいたので車を止めてあいさつをしました。数分 話をして車に乗り込む私を見て、「あら、こんな近いのに車で帰るの?」この車、どうしろって????にっこりして帰ってきました。

    トピ内ID:7751543685

    閉じる× 閉じる×

    「うん、行ってきた。」ーーー何にぃ?

    しおりをつける
    🐤
    まだら
    娘「お母さん、一郎さんちの一周忌に行ってきたんだってね?」

    母「うん、行ってきた。でも、一郎さん居なかったんだわ、出かけてたみたいだな。」

    娘「何、言ってんの、お母さん?一郎さん去年亡くなったんだんだよ。去年お母さんお葬式に行ったんだよ。」

    母「え!?一郎さん亡くなったのか!?そうかあ、一郎さん亡くなったのかぁ?見えないから、てっきりどこかへ出かけてると思ったよ。」

    まだら認知症の母との会話でした。

    トピ内ID:5297323791

    閉じる× 閉じる×

    ありました

    しおりをつける
    blank
    やや
    私の父の葬儀のあと
    …今日は楽しかったね~と叔母が無邪気な笑顔で言いました。
    優しい叔母の認知症の始まりの頃でした。
    久しぶりに兄弟姉妹が集まった事が嬉しかったみたいです。
    他の叔母に叱られていましたが
    父の死に悲しみにくれていた母も私もつい笑ってしまいました。
    父も苦笑いしていたのでは無いでしょうか…

    トピ内ID:8376697742

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]