詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    妻の祖父の葬式後の帰国

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    さくらさくさく
    ひと
     当方海外(先進国の一角の大都市。世界で最も住みやすい都市ランキングで上位に入る)駐在中の会社員です。
     先日、妻の祖父が他界しました。その知らせを聞いたのち、すぐに帰国するように妻に言いました。しかし、妻の父や母とは連絡がつかず、連絡がついたころには通夜も終了し、葬式は明朝に行うといわれてしまいました。帰国には丸一日かかるので、葬式には間に合いそうもないので、その時には帰国することをあきらめました。しかし妻は危篤の知らせを受け取れなかったことでかなりくやしそうでした。
     それから2週間ほどして、こどもを連れて、一旦帰省したいといいだしました。ただ、帰国および日本国内移動には往復で自費で30万円以上かかります。しかも、3ヶ月後に会社の費用で一時帰国する予定です。そういった状況なので、妻には3か月後に会社の費用で帰れるのだから、待ったらといったら逆上してしまいました。
     そこまでこだわるのなら自分のお金で帰省すればよいのですが、自分のお金を使うのはいやなようです。妻の言い分は、海外駐在中でなければ、そんな費用は一切かからないはずだとのことです。毎月かなりの金額を渡しておりますので、かるくその費用はねん出できるのですが…。
     結局、私が自分で飛行機の日程を検索し、ホテルおよび航空券を手配してあげることになりそうです。
     個人的な感覚だと30万円は大金だと思います。それも通夜や葬式に出席するのであれば意味もあると思いますが、2ヶ月早く墓参りにいくだけにそれだけのお金を費やすのも、いかがなものかと思います。皆様ならどうしますか。30万円払ってすぐに帰省しますか、それとも2ヶ月待って帰省しますか?

    トピ内ID:8149480276

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    う~ん

    しおりをつける
    blank
    JF
    それは亡くなった祖父と奥さんの関係によると思いますよ。小さい頃から交流があったのなら身内なので直ぐにでも帰りたいと普通は思いませんかねえ。貴方も小さい頃から自分を可愛がってくれた祖父が亡くなったら一日でも早く帰国したいと思いませんか?それとも会社経費で帰国出来る三ヶ月後まで待ちますか。

    トピ内ID:6983616047

    ...本文を表示

    四十九日

    しおりをつける
    blank
    秋いろ
    亡くなった後、御霊は四十九日間、この世にとどまると言われています。仏教を信じるお家に育ったなら、無意識でも、御霊がまだお家にいると感じていると思います。
    四十九日のうちに帰ってあげたら、お祖父様も喜び、安心して旅立てるのではないでしょうか。
    どうか、奥様を快く送り出してあげてください。

    トピ内ID:5603804359

    ...本文を表示

    一ヶ月後に

    しおりをつける
    blank
    みそかの月
    私だったら49日の法要に合わせて帰ります。
    (地域によっては35日ですね)

    というわけで

    >30万円払ってすぐに帰省しますか、それとも2ヶ月待って帰省しますか?

    これは、どちらでもなく
    30万払って1ヶ月後に帰省です。


    トピ内ID:5795060525

    ...本文を表示

    実子である以上

    しおりをつける
    blank
    鶴亀松竹梅
     トピ主、海外駐在員としては人の機微への配慮に欠けるように感じました。30万円程度でガタガタ言わないことです。
     実子である以上、できるだけ早く、日本の家族の状況を確認しておく必要があります。また、相続などの話もあるはずです。ここでいち早く親族の中に入っていくか、顔を合わせないと、わからない話もありますよね。

    トピ内ID:7031495073

    ...本文を表示

    女性は執念深い

    しおりをつける
    blank
    秋風
    男性にしたら大昔のできごとでとっくに時効だろ、と思うようなことでも女性にしたらつい昨日の出来事のように思い出すのです。

    ここでトピ主さんが30万円をケチると一生「あなたは私のお爺さんが亡くなった時に帰国させてくれなかった」と事あるごとに言われるはめに陥ります。

    ホントに一生覚えているのです。
    言われたくないのなら帰国費用をだせばいいし、そんなこと言われても平気!と思うのなら抵抗してください。

    トピ内ID:9926265319

    ...本文を表示

    帰ることに関しては反対しない。費用は要相談。

    しおりをつける
    blank
    mimi
    多くの方がおっしゃっているように49日のうちに帰るのは意味があると思います。

    でも、誰もがスルーしているこの部分はどうなんでしょうね。
    >そこまでこだわるのなら自分のお金で帰省すればよいのですが、自分のお金を使うのはいやなようです。
    >毎月かなりの金額を渡しておりますので、かるくその費用はねん出できるのですが…。

    「毎月渡しているかなりの金額」から出せない理由は聞いてもいいと思いますよ。「毎月渡しているかなりの金額」の内訳もご存じないんですよね。
    今回快く行かせる代わりに、この内訳をトピ主さんが見たいと思った時にはいつでも見られるように管理していただくようにするのはどうでしょう?
    そうすれば、次回同じようなことがあった時にもっとスムーズに進められると思います。

    正社員は女性も含めて駐在率が高い会社に勤めていますが(私自身子供が生まれる前に駐在しています)、駐在家庭ってご主人が家計の大きな部分を管理しているご家庭が多いイメージでしたが、トピ主さんのお宅は違うんですね。

    トピ内ID:6116484549

    ...本文を表示

    葬祭関係の経験がまだ少ないのかな?

    しおりをつける
    blank
    お互いに増えてく
    奥様、49日にあわせて帰国、参列れた方がよろしいかと、御佛前の準備や塔婆をあげるか?など、寄り添って考えてあげて下さい。

    まだあなたの身内がピンピンお元気だと、身につまされないと思いますが、これからですよ、いろんな事ありますから、今回、奥様寄りにお考え下さい。

    トピ内ID:4191020977

    ...本文を表示

    よくわからない

    しおりをつける
    在英
    二度ほど親族の不幸のために帰国しています。
    危篤の知らせを聞いて直ちに帰国、臨終には間に合いませんでしたが
    葬儀には参列しました。
    もし「他界」の知らせが来たらやはりすぐ航空券の手配をしますね。
    葬儀の予定なんて聞いている暇はありません。

    父母と連絡がつかないというのには
    ちょっと首を傾げてしまいました。
    また、それを理由にすぐに駆けつけることもしなかった・・・

    奥様のご両親は「無理に帰ってこなくていい」という考えだったのでしょうから
    その気持ちを汲んで、今むきになって帰国することもないと
    私は思いますね。

    トピ内ID:2371173203

    ...本文を表示

    会社に相談してみる

    しおりをつける
    blank
    そぉねぇ
    3ヶ月後に一時帰国費用を会社が負担してくれるのであれば、それを今回の帰国に前倒ししてもらえないか聞いてみます。
    それでダメなら考えます。

    今すぐ帰って、三ヶ月後にも帰りたいっていうわけではないですよね。

    トピ内ID:5240912443

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0