詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ほんとにもうこの夫いらんわと思う瞬間

    お気に入り追加
    レス1
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😡
    キラキラ
    ひと
    世の中の「夫」とはどんなもんなのかと思い投稿させていただきました。


    長文になりそうなので、かいつまんで
    ・義母と義姉親子はわけあって同居
    ・義母は、ここんところ膝の具合が悪く、日常生活にも支障がでる
    ・義姉の子供は成人してるが同居
    ・義姉とその子供で義母の面倒みてる


    で、ある連休に我が家で義母を預かることになりました。
    とくになんの話し合いもないまま、私が迎えに行くことになりました。
    夫は仕事休めないと言うし、私は仕事おわってからでも、保育園のお迎えに間に合えばいいのでと思い引き受けました。

    我が家での食事、洗濯など、もちろん夫は手伝いませんでした。
    このくらいなら、まあふつうに世の中の「夫」なのかなと思います。

    許せなかったのは、週末の午後、保育園に迎えに行き、そのまま習い事に連れていって、
    帰りに買い物して、ちょっと遊ばせて帰ったトキ、夫に言われた言葉です。

    夫の言い分はこうです。
    ・いつもの帰ってくる時間に帰ってこないからずっと待っていた。
    ・普段出来ないから、義母を買い物に連れ出そうと思っていた。義姉にも頼まれていた。
    「それくらい気つかえ」とも言われました。

    はあ?

    私の言い分はこうです。
    ・まず、義母と買い物の予定なんか聞いてもないし、そもそも義姉からも今回の件で電話もなく、「お願いします」メールが一本きたのみ。
    ・そういう事なら、遅いなと思った時点で電話くれれば帰れた。

    しかし夫は
    「何でこっちから電話しなきゃいけないのか」
    「いつもの時間に帰れないお前が電話すべき」
    の一点張り。

    結果ケンカになり、義母を外出させることもできず、家庭内の雰囲気も最悪。

    この人アホなんかなと。
    あほみたいに待っていたんやろなと。
    で、帰ってきたら文句いってやろうと、思ってたんやろうなと。

    トピ内ID:0155705486

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数1

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    確認不足

    しおりをつける
    blank
    sawa
     主さんのお気持ちわかります。

     買いもの行くことも、エスパーじゃないんだから言ってくんなきゃ知らないよ。
     お義姉さんも、ひとこと主さんに頼んでおいたら良かったですね。

     いつもと帰宅時間が遅い!って、ロボットじゃあるまいし・・・

     お義母さまがいらっしゃる期間、険悪ムードだったようで残念でしたが、これを教訓に、わかっているだろう事柄もひとこと確認するようにしたら、嫌な思いせずにいられるのではないでしょうか。

    トピ内ID:9268577853

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0