詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    実母の外見至上主義で傷ついてきました。

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    アメ
    ひと
    妊娠9ヶ月34歳です。
    妊娠が判明した時、実母が『綺麗な妊婦さんになりなさい』と言いました。
    その言葉が毎朝化粧をする度、洋服を選ぶ度、思い出されて非常に心が重くなります。

    母はとても美意識が高く、洋服もメイクも肌の手入れも、誰もが一目置くようなレベルの人です。
    本人も非常に努力しています。
    そんな母が私に幼少の頃から『お前はどうしてそんなに太っているのか。そんな服ばかり着るのか。お小姓さんを連れてるみたいと言われるじゃないか』としょっちゅう言いました。

    小学校入学直後からの食事内容
    《朝》冷蔵庫にある前日の夕食の残り
    《昼》給食(中学校からは購買でパン)
    《夜》こってりした母の料理(野菜無し、ご飯は太るから食べず)
    食育という言葉もなかった時代です。

    自分の食事内容が非常に不適切なのも自覚無しに肥満の思春期をすごし、その間ずっと母に外見を罵倒されてきました。
    入る洋服もなく、目立たないシンプルで暗い色の洋服ばかり着ていました。
    母はスリムな娘が明るく華やかな洋服を着た状態で一緒に歩きたかったのでしょう。

    大人になって自分の食生活が非常にバランスの悪いものだと知り、食生活を見直して肥満を解消しました。
    バランスのとれた食事がこんなに飢餓感のない生活を送れるのだと知ったのも最近です。
    肥満を乗り越えた経験があるから今の自分になったとおもえるので母を恨んではいません。

    ただ、上記の発言が重くのしかかります。
    コップに最後の一滴が注がれて溢れたのかもしれません。
    今度はきっと『綺麗なママになりなさい』と言うでしょう。産まれて来る子供の顔立ちや外見も意見するでしょう。
    どうやっても受け入れられない気持ちです。

    こんな呪文からどうやって解放されればいいのか、皆様のご意見をお聞かせくだされば幸いです。

    トピ内ID:0824127744

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 5 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    何があったんでしょうね

    しおりをつける
    blank
    ぱん
    トピさんはトピさんの好きな服・落ち着ける格好していいんだよ。
    お母さんは、そういうことを「言いたい人」なんだよ。
    言うとどこか気持ち良いから、言いたいんだよ。


    お母さん、過去に何かあって そのこだわりが強いんだろうけど、その結果そんなふうに娘と接するとは、母としての強さ・器があんまりなかったのねぇ、と憐れんで見ては?

    生まれたお子さんの容姿にケチをつけだしたら、それは どうあがいても勝てない赤ちゃんのお肌への嫉妬や敗北感からでしょう。


    お母さんは結局、自分のほうが綺麗・若々しい と思いたいんだから、言うことを聞いてトピさんがより綺麗になっても、なったらなったで不満なんだろうな、
    たわ言で繰り言には、のらりくらりで返して、私は私の選んだ正解で行く、って決める気持ちを持つのはどうでしょうか。

    トピ内ID:6174764240

    ...本文を表示

    お気持ちわかります

    しおりをつける
    blank
    さなえ

    お気持ちわかります。

    私の母も外見に関してうるさいほうで、思春期のころから痩せろ、痩せろと言われてきました。
    私の場合は現在進行形で肥満ですが、主さんは肥満を克服されたのですよね?
    その精神力の強さ、尊敬します。

    綺麗な妊婦さんになりなさい、とお母様がおっしゃられたようですが
    主さんは妊婦さんは綺麗であるべきだと思いますか?
    お母様にはお母様の価値観があるように、主さんには主さんの価値観があると思います。
    自分が思うこと、自分の気持ちを最優先して考えたらどうでしょう?
    親だからって正しいことを言っているとは限らないし、自分の価値観と異なれば従う必要もないと思うのです。
    そもそも何が良くて悪いのか、と言うのも大人になれば、自分自身で決めるものですよね。

    私も偉そうなことは言えませんし、つい感情的になってしまいますが
    このことを念頭置くように、努力しています。

    親だと良くも悪くも縁は切れません。
    お母様はお母様、主様は主様。
    主様の気持ちを一番大切にしてください。

    トピ内ID:1656204085

    ...本文を表示

    距離を置くしかない

    しおりをつける
    🙂
    うちも同じです
    わたしは実家からだいぶ遠いところに住んでいるので実害は少ないのですが、やはり外見至上主義、自分のセンスが一番という実母のもとで育ってきて、ささいな一言からなにからずいぶん傷ついてきました。

    いまは11歳になる息子が味方です。あ、夫も(笑)。

    自分が正しいと思い込んでいるひとってほんと始末におえないですよね。
    なるべく距離をおくようにしましょう。
    里帰り出産などはもってのほかです(苦笑)。
    できるだけ会わないように頑張ってください。
    そのほうが絶対いいです。
    わたしも残りの人生ほとんど実母には会いたくない(爆

    トピ内ID:9353534409

    ...本文を表示

    同じでした

    しおりをつける
    blank
    メイ
    私も思春期ストレスから太りました。今思えば母にヒステリックに叱られてばかりで自分に自信がなく、食に逃避していた面がありました。

    母は食事は普通に作ってくれましたが、美容にしか興味がなく、本が好きで勉強はわりと得意だった私に「本なんか読まなくていいから痩せなさい」、一緒に服を買いに行けば醜い娘を罵りました。ダイエットして痩せてもリバウンドを繰り返し、母の嫌悪あふれる言葉に苦しみました。家を出て結婚して出産し、母から離れて自分の幸せを見つけたら、自然と痩せました。

    今思うのは、確かに、綺麗でいようと努力をすることは、自分の人生のために大事だということです。母の呪縛から解放されて、素直にそう思うことができました。「母親だから言うのよ。他人は内心で嘲笑うだけで誰も言ってくれないよ」昔受け入れられなかった言葉ですが、哀しいほどに真実だということも、今改めて実感しています。

    母は狭い価値観の中でしか生きられない人、でも、そこにも一面の真実はありました。私は子どものために努力できる母になりたい。主さんもご自分とお子様のためだけを考えれば、きっとお母様から自由になれると思います。

    トピ内ID:7563285437

    ...本文を表示

    付き合わなければいい

    しおりをつける
    blank
    lemon
    親子だって疎遠にできますよ。
    次に会うのは病院のベッドか葬儀の席だっていいじゃないですか。

    母親が家庭内で尊敬されるには、食を牛耳るしか方法がないんです。
    その点のスキルが劣っていて外見にばかり手を掛けている母親が家族に愛される筈がない。
    その母親の言葉にいちいち傷付いているのはおろかです。

    人に尽せば尽され愛される。
    そんな基本的な人生のセオリーを学んでこなかって人間は見捨てられるのは当然です。

    トピ内ID:6441893678

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0