詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    源氏物語の現代語訳

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    もっち
    話題
    源氏物語の現代語訳でおすすめを教えていただきたいです。
    田辺聖子さんは読んでみましたがNGでした。
    瀬戸内寂聴さんの訳は読みやすいもののいろいろあって読みたくなくなってしまいました。
    至文堂さんの「源氏物語の鑑賞と基礎知識」というシリーズが好きなのですが
    現在絶版で買おうとすると法外な値段で売られていてしかも全巻そろいません。

    教えていただけると助かります。

    トピ内ID:3291982100

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  12
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    円地文子訳

    しおりをつける
    blank
    秋風
    どうでしょう?

    トピ内ID:2680449746

    ...本文を表示

    林望さんの源氏物語訳

    しおりをつける
    ららるー
    林望さんの謹訳源氏物語(全10巻)はいかがでしょうか?
    正確緻密で、しかも読みやすいとの評判です

    私は図書館で借りました

    トピ内ID:5650677521

    ...本文を表示

    円地文子版

    しおりをつける
    blank
    とおりすがり
    至文堂さんの絶版シリーズを手に入れたい、ということではないですよね。

    源氏の現代語訳で、田辺版、瀬戸内版が却下ならあとは表題どおり円地版ですね。集英社文庫にあります。

    トピ内ID:8334449692

    ...本文を表示

    今、与謝野晶子訳を読んでいます

    しおりをつける
    blank
    沙羅
    古文を習った高校時代に全体のストーリーを把握したくて、円地文子訳の源氏を読みました。この夏、叔父が与謝野晶子訳を持ってきてくれて、今ようやく第一巻を読み終えたところです。

    もうだいぶ昔のことなので円地源氏との比較はできませんが、与謝野源氏はとてもこなれた訳で楽しめます。専門家のご意見はいかがなのでしょうか。

    トピ内ID:7956840235

    ...本文を表示

    ちょっとふるいですが

    しおりをつける
    blank
    すい
    円地文子さんはいかがですか?源氏物語関連の図書も多く楽しめるとおもいます

    トピ内ID:2072728797

    ...本文を表示

    橋本治さん

    しおりをつける
    blank
    umi
    橋本治さんの『窯変源氏物語』(中公文庫)をおすすめします。

    10年くらい前、通勤電車の中で1年以上かけて夢中で読みました。
    現代口語訳なので読みやすく、本当に面白かったです。

    登場人物もカバー内側に書いてあって
    混乱せずに読み進められます。(同じ人物でもどんどん名前が変わっていきます)
    確か20巻以上ありましたので読み応え十分です。

    ほとんどの本は手元に残さず処分しますが、これは全巻残してあります。
    いつか再読したいと思っています。

    トピ内ID:7770945502

    ...本文を表示

    こちらはいかがでしょう

    しおりをつける
    blank
    ゆうがお
    橋本治「窯変 源氏物語」

    現代語訳、というよりも橋本美学に貫かれた世界。
    とうてい理解できないだろうと思っていた
    光源氏の思考回路やら心情に、
    橋本解釈によって触れられた気がします。

    好き嫌いがあるかとは思いますが。

    トピ内ID:5643532269

    ...本文を表示

    橋本治

    しおりをつける
    🐱
    うりこ
    窯変 源氏物語です。
    源氏視点で書かれていて、斬新でしたよ。

    トピ内ID:5041035045

    ...本文を表示

    与謝野晶子

    しおりをつける
    🙂
    とまと
    戦後の作家ではないのに、すらっと読めました。
    私のなかでは定番です。
    近年の作家は、「自分流」に訳すのを競っている感じがします。
    そこが面白いところなんですけどね。
    その点、与謝野源氏はスタンダードな印象。
    といっても、出版当時は「大胆な与謝野流の訳」だったみたいですけど。

    トピ内ID:0609533925

    ...本文を表示

    古典全集のようなものは?

    しおりをつける
    blank
    秋の夜長
    田辺訳や瀬戸内訳だと訳者のクセを強く感じてNGと思われたのでしょうか?

    訳者の創意豊かなものより、できるだけ原作に忠実に訳された方が主さんはお好みなのでしょうか。

    大手出版社の古典全集みたいなものがありますから、図書館でチェックされてみては?例えば、講談社学術文庫(今泉 忠義訳)などです。

    結局、何がいいかと言われたら、その人のお好みにより変わってきますね。

    ちなみに私は、皆さんのレスを読んで、橋本治さんのものが読みたくなりました。

    トピ内ID:0040467495

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  12
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0