詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • どうにもとまらない/山本リンダは、サンバなのですか?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    どうにもとまらない/山本リンダは、サンバなのですか?

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    沈没しそうな笠戸丸
    話題
    タイトルのとおりです。サンバのリズム、だといいはる人がいるのですが、得心がいきません。
    どなたか、ご教示いただけませんか。お願いいたします。

    トピ内ID:3534616715

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    私もサンバ(風)だと思います

    しおりをつける
    blank
    レスポール
    「どうにもとまらない」はサンバ「風」のアレンジがされていると思いますよ。
    よく聞いてみてください、踊れます(笑)

    トピ内ID:8530954079

    ...本文を表示

    サンバでしょう

    しおりをつける
    サンバ
    いや、だってあの前奏。
    タンタンタタン、タンタンタタンタン…サンバ以外の何だと?
    ラテンのリズムの中でもサンバではなく似ている何とかだ、
    といわれれば論破はできませんが、一般的にはサンバという認識でいいかと…
    確か間奏ではタンバリン持って踊ってましたが、
    あのステップはサンバだと思ってましたが。

    あと、八神純子の「みずいろの雨」なんかも、実はサンバだったりします。

    トピ内ID:8069366186

    ...本文を表示

    恋のカーニバル

    しおりをつける
    blank
    カエル
    トピ主様初めまして。43歳の男性です。

    『どうにもとまらない』を作曲された都倉俊一さん自身が、『サンバのリズムで~』とおっしゃっているので、サンバで間違いないですよ。
    まああのリズムはサンバですよね。

    詳しくは『都倉俊一 うたまっぷ ロングインタビュー』で検索して下さい。

    ちなみに最初のタイトルは『恋のカーニバル』だったそうです。

    トピ内ID:4752522205

    ...本文を表示

    そうだと思います

    しおりをつける
    blank
    元エレクトーン講師
    どこからそんな話題になったのか、興味があります(笑)
    元エレクトーン講師ですが、「どうにもとまらない」を弾くなら
    サンバのリズムを選びます。
    リズム的にはドンピシャ。
    サンバは明るいメジャーコードの曲が多いので、なんとなく
    ピンときませんねっ

    トピ内ID:5265975910

    ...本文を表示

    サンバなんじゃないですか?

    しおりをつける
    blank
    latin
    「どうにもとまらない」で、サンバを踊ってみたら、踊れましたもの。
    次のデモ曲は、これにしようかな。(爆)

    トピ内ID:7178640503

    ...本文を表示

    サンバでなければ、何と表現するのでしょう?

    しおりをつける
    😀
    おじサンバ
    厳密に言えば、サンバ風とかサンバ調になると思います。
    Bメロだけは違うビートですが、間奏とかもサンバのリズムですね。
    逆にトピ主さんでしたら、何のリズムだったら納得されるのですか?
    他に表現するなら、ラテン調とかになるのでしょうか?
    こういう飲み屋ネタ大好きです(笑)

    ちなみに、吉幾三さんが「おじさんサンバ」というのを唄ってます☆

    トピ内ID:6886750540

    ...本文を表示

    演歌ではないでしょう

    しおりをつける
    blank
    Samba PaTi
    Sympathy for the devil が クレイジー・サンバ と呼ばれるように、どうにもとまらない もサンバのリズムです。

    トピ内ID:5164793378

    ...本文を表示

    作曲者の心の中ではサンバですが

    しおりをつける
    blank
    サントス港第14埠頭
    てんとう虫のサンバやマツケンサンバがブラジル音楽のサンバでないように、日本ではラテンっぽければ「サンバ」で通ってしまいます。
    カエルさんがおっしゃっている通り、作曲者の都倉さんはサンバだとインタビューで語っていますが、上記のことや作曲当時の時代に地球の裏側の音楽情報を得ることの難しさを考えると、都倉さんの言う「サンバ」は実際の所「ラテン系の音楽」くらいの意味しか持たないでしょう。

    サンバのリズムだといいはる方とトピ主さまで「サンバ」の定義が違っているので違和感が生じているのではないでしょうか。

    トピ内ID:9192058965

    ...本文を表示

    トピ主です1

    しおりをつける
    blank
    沈没しそうな笠戸丸
    元エレクトーン講師様

    友人(女性)は、青葉城界隈から江戸横浜山県越後など主に東日本各地のコンサートに月に何度も出撃するクラシック好きなのですが、同様かそれ以上に歌謡曲好きで誰々のあの曲、について熱く語ります。

    何故か、ですが(笑)
    enredoのsambaを好む私に話題を振ってきたのだと思います。

    全くモノになりませんでしたが、私は二年エレクトーンを習っていたことがありまして。

    弟は発表会などに出ていましたが、私は辛うじて音譜をたどれるようになっただけにとどまりました。

    '1986 MANGUEIRAの曲を最も愛しています。

    トピ内ID:3534616715

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    トピ主です2

    しおりをつける
    blank
    沈没しそうな笠戸丸
    レスポール様
    latin様

    30代までは、青山の某所のイベントで最長6h、sambaを踊っていたりしたこともあり。

    踊れるから、samba!!は 甚だ明解です。

    脚を傷めてから、"踊る/踊れる"は全く頭にありませんでした。

    かえる様

    曲の来歴を説明いただきありがとうございます。
    丸山圭子の"どうぞこのまま"は、bossa novaだ!!には、なるほど♪でしたが。

    チンドン屋が転調した陽気な"カチューシャ""黒い瞳"を明るく奏でるようなのを聴いたような受け取りでした。

    トピ内ID:3534616715

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    そういえば、マツケンサンバは・・・

    しおりをつける
    blank
    latin
    …何度聞いても、サンバではなく、チャチャチャのリズムですよ。

    まあ、日本ではこのあたりの分類は、大雑把のではありませんか?
    というより、ラテン音楽自体が明確に分類できないのでは?

    上記のように、サンバとチャチャは分類できない時があるし、
    サンバでチャチャを、チャチャでサンバを踊れてしまう時もある。
    競技会ではよく「サンバとチャチャ」が指定される場合がよくあります。
    それぞれの曲の「らしさ」を区別して踊れているかを見るために。

    その他のラテン音楽も、
    編曲の仕方次第で、どうにでもなってしまうこともあります。

    トピ内ID:7178640503

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0