詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    前川清さんの「ひまわり」。

    お気に入り追加
    レス15
    (トピ主8
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ひまわり
    話題
    確か福山雅治さんが同郷の前川清さんに贈った楽曲だったと思うんですけど、
    私は福山雅治さんのファンで、
    彼の歌バージョンで聴いたのですが、
    この曲良いんですね。

    若い頃の青い恋愛をうたったものなんですが、
    私にはむしろ、
    母と子のうたに感じてしまうんですよね。
    どこか郷愁を感じるメロディと歌詞が
    若かった頃の母と、幼い頃の自分を回顧したものに思えて、
    非常に胸を打ちます。

    更年期を迎え、
    年食ったせいで、
    恋愛の歌に感情移入できない部分もあるのですが、
    恋愛の歌に散りばめられる「愛」という言葉を
    人生や仕事、または人間関係に置き換えると、
    案外、ぴたっとハマることがありますね(苦笑)。

    皆さんは、
    恋愛の歌が、
    別の歌に感じることはありますか?

    トピ内ID:7569540761

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 11 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数15

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (8)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  15
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    おっしゃるとおり

    しおりをつける
    blank
    「母と子のうた」に聞こえる、愛は恋愛に限らない、というところにとても共感しました。
    私の場合なんとこの歌で父を思い出すからです。
    テレビで初めて聞いたのが
    優しかった父が亡くなって間もないころ。
    また歌っていたのが年齢を重ねた前川さんだったということで
    幼い私と縁側でままごと遊びをしてくれた若い父の姿が思い浮かび
    心温まるけれど切ない気持になりました。
    歌って不思議ですね。

    トピ内ID:6928865109

    ...本文を表示

    わあ!レスがついて嬉しいです。

    しおりをつける
    😀
    ひまわり
    何か文章を付け足して、
    トピを上げようかと思っていました。
    「梅」様。ありがとうございます。
    トピの理解嬉しい。
    そうなんです!
    「梅」様にとってのこの楽曲はお父様なのですね。
    それもわかります。
    歌詞を読むとただ切なさが湧き上がりますね、メロディにも合っていて。
    この曲、ただの恋愛歌と思えないですもの。

    前川清さんが歌う姿も拝見しましたが、
    「いろんな感情を含んだ」しっとりした大人の歌い方で、
    さすがでしたね。
    大ヒットはしなかったけど、むしろそれがいい。
    折々に大事に聴きたい本当にいい歌ですね。

    歌って不思議ですね。
    ドリカムの「やさしいキスをして」も、
    普通の男女の恋愛じゃないし、
    ちょっと「お二人、事情ありますか?」って歌ですものね。

    何かで読んだのですが、
    「木綿のハンカチーフ」も、
    今、太田裕美さんはこの楽曲を、
    「親の元から巣立つ自身のご子息を想って歌っている」とコメントされてます。
    「恋人」は親であり子であり友人であり、
    かけがえのない大事なものとしても通じますね。

    トピ内ID:7569540761

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(8件)全て見る

    前川さんバージョンで聴きました

    しおりをつける
    blank
    ゆい
    私は、前川清さんバージョンを随分前の紅白歌合戦で聴きました。

    失礼ながらそれまで前川さんの歌について何とも思ったことなかったので、あまり期待せずに聴いたのですが、トピ主さんも書いておられるように「郷愁を感じるメロディと歌詞」が胸にしみました。
    今でも、大ヒットした「桜坂」より「ひまわり」の方が私は好きです。

    今、久々に歌詞を探して読んでみたら、またじーんとしてしまって、うるうるしてきました。
    今は亡き母と過ごした夏が蘇ってきそうです。

    本当に恋愛の歌というより母を感じる歌ですよね。
    福山さんにとっては不本意かもしれませんが…。

    トピ内ID:9349119011

    ...本文を表示

    私も・・・

    しおりをつける
    blank
    沙夜
    恋愛の歌が子を想う歌に聞こえること、あります。
    私も福山さんのファンなので福山さんの歌ばかりなのですが・・・

    「泣いたりしないで」
    初めての出産の時、好きな曲を流しても良いと言われたので、ずっとこの歌を聴いていました。今でもこの歌を聴くと陣痛の辛さを思い出します。

    「幸福論」
    ファン以外は知らないと思われるアルバム曲ですが、個人的には「家族になろうよ」より結婚披露宴に使いたい歌だと思います。でも、さらに子どもに対する気持ちにも重なります。


    まだ子どもが小さいからか、私は「ひまわり」が親子の歌に聴こえたことはありませんでした。
    独身の頃は「泣いたりしないで」が恋愛の歌にしか聴こえなかったので、きっと年齢や経験をを重ねるごとに感じ方が変わっていくのでしょうね。

    トピ内ID:2862925851

    ...本文を表示

    「夢をみていました」・・という出だしが効きますね。

    しおりをつける
    😀
    ひまわり
    「ゆい」さん、
    ウルウルさせてしまって、
    ごめんなさい(涙)。

    でもジ~ンとして、
    効きますよねえ(涙)・・この歌詞。
    そしてメロディが良い。

    よく「お母さんは太陽」とたとえたりもしますけど、
    「ひまわり」も言い得てるなあと思います。

    そして、
    前にレスいただいた「梅」さんにとっては、
    お父様を思い出す「永遠の夏」でもあって。

    「ゆい」さんには、
    お母様と過ごした子供の頃の「永遠の夏」。

    歌の解釈は自由ですけど、
    福山さん、さすが。

    トピ内ID:7569540761

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(8件)全て見る

    「泣いたりしないで」。

    しおりをつける
    😀
    ひまわり
    いい曲ですよね。
    某国営放送の朝ドラ主題歌にもなりましたね。
    「沙夜」さんは、
    この曲に励まされてご出産!だったのですね。
    一生忘れられない感動的な楽曲となりましたね。
    エピソードを披露してくださってありがとうございました。

    「沙夜」さんが仰る様に、
    「月日を超えて印象が変わる曲」もありますよね、きっと。

    それは年齢や経験を重ねるごとに、
    聴いたその日やその時代の経験も含めて、
    感じ方も変わるということなんですね。

    「幸福論」も、
    男女愛に収まらないというのに賛同します。
    愛犬や愛猫にも合うような。

    愛することができるというのは人生において幸福なことという、
    大局的な視点ですね。

    トピ内ID:7569540761

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(8件)全て見る

    人を愛すること

    しおりをつける
    🎶
    クチュリエ
    「ひまわり」大好きです。
    前川清さんは歌唱力があります。
    福山雅治さん、文句なしのイケメン、声もカッコいい、
    本当の男前です。笑
    「最愛」も親子愛を感じていました。

    人を愛することが、人間(人類)全体を愛すること、人に対する愛情なのではないでしょうか?
    愛されることより愛することを大切にしたいです。

    トピ内ID:8770860803

    ...本文を表示

    前川清さんの歌唱力、ですね。

    しおりをつける
    😀
    ひまわり
    それにベテランの域からくる「表現力」も加えて良いでしょうか。

    「クチュリエ」さん曰く、
    「人を愛することは=人類を愛すること」ですね。
    素晴らしい!

    また、前川さん特有の抑えた歌い方が、
    この楽曲を、
    より普遍的な慕情を歌っているように感じますね。

    イケメンだし、
    俳優福山雅治さんもいいけど、
    ミュージシャン一本に戻ってきても、
    全然良いですネ。

    トピ内ID:7569540761

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(8件)全て見る

    トピ主です。・・そして最後「喝采」です。

    しおりをつける
    🙂
    ひまわり
    ちあきなおみさんの「喝采」ですが、
    最初聴いたのは、子供のころで、
    ずっと、
    「恋人の死を乗り越えて歌う」楽曲だと思っていて、
    歌詞にドラマを感じながら、
    ちあきなおみさんのスケールも相まって、
    とても好きでした。
    後年、
    この楽曲も恋愛だけでなく、
    「歌手になりたい夢を引き止める親や家族、身内、友人」
    のような人の死だろうか、
    それを乗り越えて・・とそういう感じもあるかな、
    と思ったりもして。

    でも。
    この歌詞の最後の最後、
    「それでも私は今日も恋の歌を、歌っています」
    と、改めて耳にしたとき、
    この楽曲だけは「恋人の死」以外にないだろうと思いました。

    勿論、私の解釈です。

    振り切った恋人を捨ててライトを浴び、
    恋人が死んでもなお、
    (本当に孤独になってもなお)、
    それでも私は今日もまた、
    (幸福な)恋の歌を歌っています。

    と思いながら聴いたら、ちあきさんご自身の人生とも重なり、
    もう本当に鳥肌もので、
    しばらく次の曲聴けなくなりましたね。

    歌って、
    聴く側のその時々で解釈もきっと変っていく。

    歌謡曲万歳、かな(笑)。

    ありがとうございました。

    トピ内ID:7569540761

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(8件)全て見る

    喝采・・忘れられないですね

    しおりをつける
    💄
    アジサイが好き
    トピ主さん、こんにちは(笑)

    「ひまわり」・・前川清さんの歌聴きました。
    トピ主様の思いも解りました。

    「ひまわり」・・忘れられない映画があります。

    「ソフィア・ローレン」主演『ひまわり』・・戦争によって引き裂かれた夫婦の行く末を悲哀たっぷりに描いており、地平線にまで及ぶひまわり畑の美しさと、もの悲しさが見るものの胸に迫る名作でした。

    ひまわりの花を見るたび、ひまわりという文字を目にするたびに、この映画が蘇ります。そして、もう一つ忘れられない事・・闘病中の母の病室に置かれたひまわりの造花・・

    「喝采」をトピ主様が胸深く締めていたとは驚かされます。まだ本当に幼いころでしょうに・・改めて良きものは年齢、時代、性別、国を超えて良いものという事を実感しました。モノクロシーンが似合う曲で情景が目の前に広がり、さながら映画のワンシーンを見ているようで、曲、詩、歌手すべてが見事にマッチした曲でした。

    「歌されど歌」生きて行く中で良き音楽、良き本、良き友があれば、これに勝る財産はありませんね。トピ主様の、他の曲に寄せる想いも書いてくださいませんか。

    トピ内ID:2544541469

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  15
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (8)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0