詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    夫を支える妻ー日本の美徳?現実?

    お気に入り追加
    レス81
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    ponpelmo
    話題
    私は生まれてから17歳までと24歳から37歳までヨーロッパ某国に住み、昨年転職のため日本に引っ越して来た日本人女性です。パートナーは日本人ではありません。

    疑問に思うことがあります。会社の秘書さんが退職する時と芸能人の結婚の話題をテレビで見たときに「これからは家庭で夫を支えてゆきたい」と言っていました。私にとってはほぼ意味不明の台詞です。大人の男がなぜ妻の支えがなくては一人前でいられないのか?家族として支え合って生きるのは当然だと思いますが、夫を支えるだけのために仕事をしないで家のことに専念するなんて、人生を捧げるほどやることあるのか?と思います。

    これは単に古い日本の美徳を表す固定表現で、仕事を辞めたい時の便利な言葉なのでしょうか?または、このような言葉は今の日本でも美徳ですか(美しいと感じるべき)?現実に”夫を支える役目だけを全うする妻”なんて必要だと思いますか?私が真の日本人ではないことは理解しています。皆さんの意見を聞きたいです。

    トピ内ID:0748533036

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数81

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    それでは

    しおりをつける
    blank
    たろすけ
    内助の功、で検索してみてください。

    専業主婦、も、検索してみてください。

    三歩下がって影も踏まない、もどうぞ。

    家事も育児も男女で同じように、という感覚とは、まだほど遠いのが日本の現実でしょうね。

    あと、男性と同じだけ報酬を得られるシステムでもないかな。
    奥様が出過ぎるのも、嫌がられます。

    あなたには、理解できないかもしれませんが(笑)
    「部長の奥さん」と呼ばれることはあっても(奥さん更に上長であっても)「部長の旦那さん」と呼ぶことはない(○○さんの旦那さんですね)、っていう感じです。わからないだろうな~。

    トピ内ID:9551581158

    ...本文を表示

    武士道という本をオススメします

    しおりをつける
    足軽
    遥か昔、サムライがいた時代、確かに妻は夫を支えていたんだろうな・・と思わせる本があります。タイトルの通り「武士道」です。
    これを読めば、決して妻は夫のメイドではなく、夫も単なるオレサマではなかった事がわかります。

    今は仕事を辞める口実に使われているに過ぎません。
    今の日本人男性はサムライではないから、支える必要が無いのです。

    トピ内ID:3166077517

    ...本文を表示

    同意見です

    しおりをつける
    Yulia
    ただし私は10年ほどの海外在住経験があるだけで、日本生まれ、日本育ち、日本在住、どこから見ても正真正銘の日本人なので、30歳後半の今、独身になってしまいました。。。。

    愚痴はさておき、まあ、この手の発言で理屈は分からずとも「ホノボノ」する人が、日本にはたくさんいます。特に60代、70代くらいの私の両親の年代の方の多くは、この手の発言を聞くと理由なく安心するようです。また、男女問わず、配偶者、子供、親を大切にすること、そのための自己犠牲というのは日本では大変好かれる考え方です。
    特に大人になってからは、何でも言い訳に家族を使うと間違いありません。これは独身者も同じで私も「親の病院に付き添う」というと感心されこそすれ批判を受けたことは一度もありません。誰も傷つけず、自分も嫉妬を受けない大変便利な言い回しです。人を妬ませるのも罪という優しい考え方の名残かなと思います。

    会社の秘書が「別の仕事のチャンスがあるから挑戦したい」とか「長い間の夢だった海外留学をする」と言って退職すると、「いい年して」とか「わがままだ」とか変な批判がくるのです。でも、これからは変わっていくと思います。

    トピ内ID:5228620137

    ...本文を表示

    世界共通の現実でもある

    しおりをつける
    🐤
    yuka
    日本独自でもないと思います。
    私の父は国際的な仕事をしていたので、様々な国を転々として暮らしてきました。母は専業主婦でしたが、父の仕事上、外国の大使館に呼ばれてパーティーに出席したり、自宅に招いて手料理(外国で日本食)を振る舞ったり、毎日父を支えるために本当に大変でした。
    他の外国人の奥様方も、外で働いている人は一人もいませんでしたね。みんな専業主婦で、夫を支えていました。

    現在私は共働きですが、夫は、当時の父同様、本当は私が専業主婦になって夫を支えなければならないくらい激務で付き合いの多い仕事です。
    私は社交界のような場所が苦手なので、あえて仕事をさせてもらっています。

    日本も外国も関係なく、夫を支える妻、必要とされている場合もありますよ。

    トピ内ID:3191359264

    ...本文を表示

    分業です

    しおりをつける
    blank
    美徳とは思いませんが。

    秘書の方の場合も含め

    ○会社を辞める口実
    ○育児向きな勤務体系に転職する口実
    ○一旦無職となり、キャリアアップのため勉強したい
    ○もう働きたくない
    ○家庭にいて趣味に没頭したい

    なども考えられます。

    ですが一般的に「夫を支える」で想像するのは、
    夫が23時に帰宅しても、暖かいお風呂や食事を準備しておく。
    家事から夫を解放し仕事に専念できるようにする。
    子供それぞれの習い事、お受験準備、
    スポ少の当番や車出し、塾の送迎などなどを想定。

    …というイメージですね。子供に手をかけるのです。
    大人である夫を支えるだけというのは微妙ですが、
    私は育児は、人生を捧げるほどのやることだと思っています。
    家事はやるほど楽しいくらいにしか思っていませんが、
    子の教育、家族の健康管理と料理は大切だと思っています。

    家事は、湿気が多いことで外国より手間が多いと思います。
    お布団を毎日干すことも含め、
    週末にまとめて、が耐えられない人もいるかと。

    もちろん子供は、家事ができ自立した子に育てるつもりです。

    トピ内ID:9052931026

    ...本文を表示

    家庭による

    しおりをつける
    blank
    主婦
    女性が家庭を支えるためだけの生き方(いわゆる専業主婦)を選ぶのが美徳なのか、大人の男に支えが必要か。家庭によるとしか言えません。

    >夫を支えるだけのために仕事をしないで家のことに専念するなんて、人生を捧げるほどやることあるのか?と思います。
    主婦業は自由裁量性の秘書のようなものです。
    仕事は探せばいくらでもあるし掘り下げて研究できるし工夫できるしとても創造的。探さなければご飯作って洗濯して掃除して皿洗って終わりの退屈な作業です。

    専業主婦の仕事とは、夫が仕事だけしていられるようにサポートすることです。
    掃除洗濯料理買物程度しかしないのは主婦業ではなく家事代行業です。
    専業主婦は家庭の全てを取り仕切ることができるのに対し、お手伝いさんは任された家事作業だけをこなします。
    優秀な主婦は金食い虫ではありません。夫の稼いできたお金を運用して増やすこともしますから。しかしそんなことができている主婦が一般的かというとそうでもないと思います。

    美徳とも言える主婦は優秀な秘書又は執事。トピ主の思い描いている主婦はお手伝いさん。そういうことです。

    トピ内ID:0166574746

    ...本文を表示

    勘違いも甚だしい

    しおりをつける
    blank
    せいうち
    >夫を支えるだけのために仕事をしないで家のことに専念する

    それは西洋において20世紀半ばまで支配的だったキリスト教の美徳です。
    日本が明治時代以降に近代化する過程で、列強欧米に追いつくために女子教育の一環として取り入れ、第二次世界大戦後広まった思想です。

    日本は古来より女性労働が要なので、元々は嫁は仕事をしないで家事に専念することは許されませんでした。田んぼの農作業はもちろん、重労働も女性の役割でした。一方、男性は田んぼに入ると神様がやきもちを焼くので神事中心の生活でした。家事は男女でしっかり分担が決まっていて、例えば風呂については掃除は女性、薪割りは男、トイレは掃除は女性、糞壷の運搬は男でした。
    このような形態は戦後都市部では西欧的な専業主婦が増えたことから、一部をのぞき見られなくなりました。

    長々と書き連ねましたが、要すれば日本の本来の姿は女性労働なのです。ちなみにアジアの稲作地帯は皆そうですね。

    トピ内ID:0229227385

    ...本文を表示

    日本は男性社会だったからなかなか難しい

    しおりをつける
    blank
    kirin
    日本はまだ女性が仕事も家庭も両立するには難しい環境だと思います。
    なので他人の人生をどうこう言うのも狭いと思います。

    あと、トピ主さまのお母様はもともと日本に住んでいた女性ですか?
    結婚して海外で働くお父様に同行したのでしょうか?
    なぜトピ主さんが海外育ちかはわかりませんが、もしお母様がお父様の仕事を中心に考えて家庭を築いていったのならそれは『夫を支える妻』だと思うのですがどうでしょう?

    トピ内ID:9671380151

    ...本文を表示

    色んな人がいるのよ~

    しおりをつける
    blank
    セレブ系
    あなたの周りで「夫を支えていきたい」と言って、仕事を辞め専業主婦になる方が多いのね。
    芸能人でも見聞きした。

    でもね。当然ながらそれらが全てじゃないのよ。

    それから結婚したてはね、子供が出来て結婚するんでなければ、
    家族=夫でしょ?
    あなたの言う、家族支え合ってとなんの違いはないわ。
    夫側も妻のために一生懸命働きます。
    とか言うのよ。

    美徳?違うわね~、因習かしらね。

    仕事をバリバリする女性もありだし、
    夫(家庭)を支える役目を全うする妻、これもありだと思うけれど…。

    ダメなのかしら?ダメならば何故ダメなのか教えて下さらないかしら。

    トピ内ID:8156785325

    ...本文を表示

    別にヨーロッパの価値観がすべてではない

    しおりをつける
    blank
    omotenasi
    欧州と言っても、国の数だけ価値観も違いますけど。
    欧州では個人主義が浸透しているのは知っていますが、時に冷たいと感じることもあります。
    夫婦ですらお互いの食事も別々で、人の領域には入らないようですね。

    >大人の男がなぜ妻の支えがなくては一人前でいられないのか?

    支えがなくったて一人前ですよ。
    日本には人の為に何かしようという精神が強いです。
    外国では大地震とかあると強奪とか起きますが、日本では食料品の配布や炊き出しをする人が現れます。

    夫を支えますという言葉はすべてそうするという意味ではなく、仕事持ちの女性でも夫を支えたいとは言うと思いますけど。

    トピ内ID:3643387100

    ...本文を表示

    ヨーロッパと違って仕事は長時間拘束です

    しおりをつける
    blank
    htst
    日本でバリバリ正社員をやろうとしたら、もれなく長時間拘束と少ない休暇という過酷な現実が待っています。
    残業文化はヨーロッパにはないのでは?
    ディナーは家族そろって?長期のバカンス?・・・ないない(笑)


    私も以前は激務で寿退社こそしなかったものの、同じく、いやもっと激務の夫とケンカが絶えず、給料の安い方が辞めようではないかという話し合いの末出産を機に私が退社することになりました。

    出産後も正社員をやろうと思ったら、親の協力か自分自身の超人的な体力気力が必要なのが日本の現状ではないでしょうか?

    先が思いやられるので安定して稼ぐ男性と結婚した女性は辞めていく方が多いのではないでしょうか。
    家庭のバランスをはかろうとしたらどちらかが仕事の比率を軽くした方がやりやすいのですよ。
    夫を支えるってそういうことです。そのくらい激務なのです。

    トピ内ID:1952537525

    ...本文を表示

    はて?

    しおりをつける
    blank
    ピコピコ
    トピ主さんはどちらの国にいた人なんでしょうか?
    欧米でも専業主婦は結構いますよ。

    フランスなどは事実婚、共働きが一般的ですが、
    それでも専業主婦はいるし、理解できないって事も無いと思うんですが。
    それに欧米の人は、専業主婦の人がいても
    いちいち理解できないなんて言わないですよね。
    自分が仕事をしたくても、専業主婦でも、
    他人の生き方や選択は尊重するのが一般的な考え方のはず。
    トピ主さんは何だかどっちつかずの価値観になってしまっているような気がします。

    トピ内ID:0106430117

    ...本文を表示

    日本育ちですが

    しおりをつける
    blank
    nomu
    私も「夫を支えて・・・」云々の台詞は一生口にすることがない部類の人間です。
    こういう考え方だから外国人と結婚したのだと思います。

    仕事を辞めたいときの便利な言葉なのか?→そう言っておけば皆納得してくれるというのはありますね。言っている女性もそれを普通に受け入れるくらい、ジェンダーに対する関心が低いのだと思います。
    日本人男性は尽くしてもらうのが大好きです。妻が自分のために仕事を辞める、着替えの仕度からお酌まで世話を焼いてくれる。そうやって男をたててもらいたいのです。
    女性に対してもそういう役割を心得ておくように、という圧力は(男女ともから)あります。
    そして日本人はでしゃばる女性が嫌い、という人多いと思います。外からはその努力がわからなくとも、影で夫を支える妻の慎み深さと健気さが良しとされます。
    若い世代は封建的な考え方を嫌う人がいる一方、そういう親に育てられた人は普通に古い考え方を受け入れる人もいます。逆に母親が仕事人間だったから(一昔の女性が男性社会で働くにはそうならざるを得ませんでした)自分は夫や家族を支える専業主婦になりたいと思う人もいます。

    トピ内ID:8328309536

    ...本文を表示

    夫を支えています

    しおりをつける
    blank
    さき
    日本は、家庭と子供を持つ女性が社会で活躍するには難しい社会です。
    とくに乳幼児~小学校低学年の子供を育てる女が外で働くには誰かの支え=手助けがないことには不可能に近いです。お金でベビーシッターなどを雇えるのは恵まれたごく一部の人たちでしょう。子育て中、実家の親の助けがなければ夫婦二人で子育てをすることになります。が、男性が子供のために仕事を休むことは法律では認められていても社会的・心理的ハードルが高く難しいのが現実です。
    子育てのために仕事を休むような男性は出世が難しくなるのでは…という懸念もあります。

    だから、夫を支える=家のことは妻がすべてする と言うことになるのではないでしょうか(↑の善しあしは別として)

    私の夫は激務です。子育てなど家のことをすべて私が引き受けているから夫はこころおきなく仕事に専念できると感謝してくれます。

    ”夫を支える役目だけを全うする妻”だけでは女性として正直さびしいですが、私が仕事をすると夫の仕事にも差し支えるような現実です。
    日本で女性が働くことの大変さは国連の統計でも明らかになってますよ。

    トピ内ID:3993100820

    ...本文を表示

    日本だけではないです

    しおりをつける
    blank
    みっしぇる
    在米ですが

    こちらの、所謂エリート大学、ハーバードやイエール、プリンストンなどを卒業した富裕層の娘さん達は、結婚しても仕事に就かない女性が結構いらっしゃいますよ。

    エリート大学でパートナーを見つけるわけですから、そこそこの就職先に進む男性が多く、結構給料もいいですから、奥様は働かなくてもいいそうですし、子育てにやはり高学歴の母親は子供によい教育を施すそうです。

    まあ、アメリカの事ですから、仕事をしなくとも、上流社会ではそれなりのボランティアや○○Societyなど、奥様が活躍なされる場所が他にも沢山あるそうで、『御主人を支えながら』専業主婦の待遇を所望(?)される若い女性が多いと、どこぞの新聞に載ってました。

    普通の女性は、結婚しても、今は御主人の稼ぎだけでは喰っていけませんから、必要に迫られて共稼ぎをしていますが

    トピ内ID:3904150450

    ...本文を表示

    多様化

    しおりをつける
    blank
    空子
    日本の考え方は、多様化しています。
    男女を入れ替えた「専業主夫」も、ごく稀ですがいます。
    私は、美徳などではなく、単に選択肢の一つと考えています。
    人それぞれ、考え方が違うと思います。

    夫婦で話し合って決めることなので、「仕事を辞めたい時の便利な言葉」とは言い切れません。
    女性の我儘で専業主婦ならば、そう言えますね。

    女性の社会進出に反し、日本の男性は
    まだまだ、海外の男性のように、家事や育児をしません。
    その前提で、社会も、女性の働く環境が整ってはいません。
    働きたくても、家事育児との両立が、難しい現状があります。
    今は過渡期で、「夫婦で行う」という風潮になってきていると思います。

    私は以前は仕事をしていましたが、今は専業主婦です。
    家庭で夫を支えたいから、ではありません。
    夫も、自分を支えろと要求しませんし、家庭を運営する能力は高いです。
    専業主婦を希望したのは夫で、それはある事情からくる、思いやりでした。
    押し付けではなく、私も素直に了承できました(事情は伏せます)
    個人的に、選択肢が多いのは、悪いことではないと思っています。

    トピ内ID:3367519863

    ...本文を表示

    差別の仕方が違うだけ

    しおりをつける
    blank
    在米
    トピ主さんは外国で育ったためか、典型的な欧米人の見方をされているようです。どの国でも、男性と女性の立場・扱いは異なりますが、男性から見るといずれの国でも女性は差別されているということに変わりません。トピ主は日本が古い、差別されていると言いたいのかもしれませんが、差別されている部分が違うだけで、根本は同じです。例えば、アメリカでは偉くなると家でパーティーを開いたりしますが、その際、妻が一生懸命旦那の為に準備します。給与ももらえないのに、旦那の会社の人間を招待して接待するなんて、日本人からすると何て可哀相な奥さんだろうと思います。スポーツの世界を見ても、レースクイーンがいたり、ツールドフランスの勝者に、どうして女性がトロフィーを渡して、頬にキスをするのか?いずれも女性が飾りとしてしか扱われていない証拠です。相撲なんて、女性は土俵にすら上がることが出来ません。美人コンテストも西洋人が始めたもので、日本には元々ありませんでした。

    トピ内ID:1884295124

    ...本文を表示

    多様な価値観を持ちましょう

    しおりをつける
    🙂
    おっちゃん
    >大人の男がなぜ妻の支えがなくては一人前でいられないのか?

    その方々は「これからは家庭で夫を支えてゆきたい」と言っているだけで、ご主人が「妻の支えがなくては一人前でいられない」かどうかは分からないのではないですか。

    >夫を支えるだけのために仕事をしないで家のことに専念するなんて、人生を捧げるほどやることあるのか?

    どこにお住まいだったか知りませんが、世界中どこにでも専業主婦はいるのではありませんか。あなたに取って家事は「人生を捧げる」ことではなくても、世の中にはそういう人もいるのです。

    あなたは折角、海外生活を経験されて来たのに凝り固まった価値観をお持ちのようです。多様な価値観を持った方が楽しく生きられますよ。

    トピ内ID:8365767496

    ...本文を表示

    同意します

    しおりをつける
    りんご
    わたしも、なぜ女性がサポート役に徹さないと行けないのか、疑問です。
    男性が「妻を支えて行きたい」って行ったら、
    情けない男だ、というように言われますし、
    女性にとってだけではなく、男性にとっても不幸なことだと思います。

    トピ内ID:8187098356

    ...本文を表示

    合ってると思います

    しおりをつける
    blank
    るるる
    「古い日本の美徳を表す固定表現」
    それはその通りだと思います。
    家庭のために働く男性が、仕事のことしか考えなくても良い環境を作るのが女性の役目。ということです。
    そういう考えを持った男女は今の日本にも居ると思います。

    私の思う現代の日本の一般的な夫婦というのは、結婚してもお互い働き続け、妊娠したら女性は仕事を辞めて、子供を産み、育て、家事をし、子供がある程度大きくなったら(←この基準は人それぞれ。「乳離れしたら」「幼稚園になったら」「小学生になったら」など)家事をしながらパートなどで収入を得て、貯金や、習い事、旅行などのために使う。

    というのが多いのではないかと思います。

    ただ、まだ古い考えは残っていて、例えば妻が働くということは、夫の収入だけでやっていけないと世間に恥をさらすこと、だと感じて嫌がる男性(または親族)もいます。

    「仕事を辞めたい時の便利な言葉」
    そういう人も居ると思います。
    結婚したら専業主婦になるのが夢だという人も多いです。
    家事をして、趣味をして、夕食を作って大好きな夫の帰りを待つ。
    そういう考えが、頭の中薔薇色の結婚願望だらけの女性に多いですね。

    トピ内ID:3782079446

    ...本文を表示

    男は見栄っ張りが多いからね。

    しおりをつける
    blank
    まるこ
    男性は、見栄を張って生きる部分を持ち合わせているからね。
    そうでない人もいるけれど、見栄っ張りの人の方が声が大きい分目立ちますね。
    とりあえず、そうやっておだての台詞を言って置けば、自分の夫だけでなくそれを耳にした男性にもアピールになるという、便利な方便です。
    外野からガーガー言われないためにも。

    男性上位なご家庭もあるでしょうが、逆に女性上位なご家庭もある。
    それは外面だけであって、家の中では逆転する家族もあるでしょう。
    また、出産という行事を挟まないだけ、男性の方が社会的地位を築きやすいので、妻が仕事量を調整し下がる家庭も実際に多いでしょうね。

    大切なのは、結婚の宣誓通りお互いに支えあい協力し合うことであって、夫婦が納得していればいいのではないでしょうか。

    40歳に近いトピ主も、こんなのは半ば外向けの台詞とお判りなんでしょう?

    トピ内ID:3429139724

    ...本文を表示

    貴女は、歴史や社会学を学んだことが無いのですか?

    しおりをつける
    blank
    きり子
    欧州でも日本でも、女性の経済的自立が適うようになったのは、
    ごく最近のことじゃないですか。新興国やイスラムの国では、
    まだまだ女性の権利は確立してませんよ。

    男性の稼ぎで家族の生計を立てる、という生活スタイルがある
    限り、それを認める形で、女性の内助の功を肯定する保守的な
    考え方は、当然、残りますよ。それが女性の倫理観や美学に結び
    つくのも、社会学的には十分ありえることです。日本だけのこと
    じゃないですよ!

    自分の見識不足を棚に上げて、何が「意味不明の台詞」なんですか!

    トピ内ID:0262036938

    ...本文を表示

    お分かりだとは思いますが

    しおりをつける
    blank
    レモンパイ
    専業主婦になるからそう言ったのでしょうね、夫を支えるって。
    私は英語を仕事にしているので、主に英語圏の方たちと接する機会も多くあります。
    人さまざまですが
    個人主義の欧米においては、専業主婦でも仕事を持っている女性でも個人をしっかり主張しますよね。それが日本女性ではあまりないとは思います。

    支えかたも色々ありますしね。
    まあ、「これからは夫を支えます」は専業主婦として退職する時の決まり文句だと思ってはどうですか?そのままその通りになるかどうかは別として。

    トピ内ID:0416041485

    ...本文を表示

    たぶん

    しおりをつける
    blank
    ニキビっこ
    最初に書きますが、私は生まれ育ちが日本で、実際の海外の事情は知りません。

    恐らくですが、日本と欧州では伝統的に働き方が違うから妻の生き方にも違いが出てくるのではないでしょうか。

    日本では終身雇用制が伝統的です。最近ではこれも随分と変化しつつありますが、日本人の感覚ではまだまだ「一つの会社に一生在籍する」というのが安定した働き方だと思われていると思います。その代わり、会社の命令であればどんな仕事でもやらざるを得ず、転勤も拒否できず、残業があるのも当たり前です。その結果、長時間労働になりますし転勤があれば2世帯に分かれることもあり得ます。
    謂わば夫は起きている時間はほぼ全て仕事になってしまうので、家事や育児などの生活面を引き受けるパートナーが必要になります。それが妻だと思います。
    子供が出来るまではともかく、子供が出来たら妻は夫を当てにせず一人で家事育児をこなすことが求められるので、フルタイムの仕事を続けることが難しくなると思います。

    トピ内ID:8178165190

    ...本文を表示

    ごちゃごちゃですよ

    しおりをつける
    blank
    garako
    多くの日本の男性はネットの意見によると
    きちんと正社員で働き経済的に夫に頼らずそのくせ
    家事も育児も100%やってほしい
    と思っています
    そしてそれを、仕方がないと思う女性が多いのも確かです
    男性が育児休暇をとることさえままならないのが日本です
    ただ、それを当然と思わない人も増えていますので今はひずみのある状況です
    ただのあいさつ文だとおもって流すほうが賢明です

    トピ内ID:0984880499

    ...本文を表示

    はい、美徳です。

    しおりをつける
    🐤
    木曜日
    トピ主さんに賛同しますが、日本では妻が夫を支えるのは美徳なんです。内助の功という価値観がありますし、何しろゲイシャの国ですからね。。女性が男性に尽くす国なんですよ。

    また、日本は家事レベルが欧州より高いので、家事を本気でやったら人生捧げることになります。プラス育児があったらなおさら。食事はくせもので、朝から味噌汁ご飯焼き魚、弁当は手作り彩を考え、夜は一汁三菜をバランスよく、毎日違うメニューで。出汁はていねいに毎回取る。洗濯掃除は毎日丁寧に。日本女性って家事が好きなんですね。。そして、ニッポンの美徳である長時間労働も一因。ですので、男性は長時間労働に奉仕し、そんな夫の身の回りを全部妻がやる、という図式がまだまだ存在するんです。高視聴率だったドラマ半沢直樹なんかそうですよ。帰宅の遅い夫を何種類ものおかずを作って待っている妻。日本に沢山いるんでしょうねえ。。

    そして何よりも、まだまだ専業主婦が憧れの仕事ですからねえ、、、。大学出ても専業主婦になりたい女性がわんさかといるらしいし。逆に欧州では、専業主婦ってどういう立ち位置なんでしょうか?

    トピ内ID:8781304710

    ...本文を表示

    変なの…

    しおりをつける
    blank
    たいやき
    妻の支えが要らないのなら、結婚する必要ないと思います。
    そういう人が結婚するとかえって妻が足手まどいになるでしょう。

    >家族として支え合って生きるのは当然だと思いますが、

    私にはこっちの方が意味不明です。
    大人の男が妻の支えがなくても大丈夫というのなら、
    家族も男の支えがなくても大丈夫なはずです。
    あなたの理論で支え合うなんて意味不明。

    専業主婦として夫を支えたいと言うのは、
    単純に家事炊事だけじゃないですよ。
    妻に支えてもらいたいと思ってる男性は、
    妻の力を対等にみて、自分が精神的に弱っている時に
    妻の冷静な意見や的確なアドバイスが欲しい
    という意味だと思います。
    そういう夫のため力になりたい、
    これが不必要と言い切れるんでしょうか。

    人間万能じゃないですからね。
    どんなに有能でも浮き沈みがあるのは当たり前です。
    そして1日は誰しも24時間であり、
    仕事を持てば仕事に束縛され、
    家族のために使う時間は確実に減ります。
    専業主婦がそのために時間を割くというのは
    それはそれで必要だと私は思います。

    トピ内ID:8818086188

    ...本文を表示

    そう、便利な言葉です

    しおりをつける
    blank
    ミシュラン
    いずれは子育てに専念したいと考えている時に、よく使われる言葉です。

    また、

    1. 転職する予定だけど、周りに嫌われることなく会社を辞めたい。

    2. 本当は仕事を辞めたくないけれど、夫の転勤などで専業主婦にならざるを得ないから、せめて夫のサポートを頑張りたい。

    3. 貞淑な妻のフリをしているけど、お金を稼ぐのは夫にまかせておいて、自分は優雅な生活を送ろうと考えていることをカモフラージュしたい。

    4. 夫が異常に潔癖症で料理にもうるさいので、朝から晩まで家事に専念しないと体が持たない。

    などの理由もあるでしょう。


    普通の男性で妻のサポート(子育て以外)を本当に必要とする人はいないと思いますが、
    日本人男性は甘えん坊で、きちんと整えられた部屋と温かい食事が待っている家に帰りたいという願望が強いですから、
    その願いを叶えるために専業主婦になるという女性は少数派ながらいらっしゃいます。

    トピ内ID:1850255398

    ...本文を表示

    なんで?

    しおりをつける
    blank
    ひるあんどん
    男性です。

    欧米で暮らしてこられたのなら、故人の価値観は様々だということも判っていますよね?だとしたら、トピ主にとっては意味不明でも、「これからは家庭で夫を支えてゆきたい」と思う女性については、相応の価値があることだと思いませんか?

    世の中のこと全てが、トピ主の理解を得られるものとは限りませんよ。

    >>大人の男がなぜ妻の支えがなくては一人前でいられないのか?

    一人前云々ではなく、単に選択と集中の問題でしょう。役割分担を明確にすることで、分担分野の効率性と収益力をあげることを目的するのだと考えればよいのではないでしょうか。

    企業における総務や経理部門を家庭の中に持ち込めば、「これからは家庭で夫を支えてゆきたい」と言う言葉も、あながち日本特有の考えや美徳だと考える必要はなくなってくるのではないでしょうか?

    まぁ大抵の場合は、離職・退職する場合の体の良い断り文句程度だと思えばよいですよ。

    トピ内ID:0120688277

    ...本文を表示

    お互い支え合う精神は外国から学んだ

    しおりをつける
    blank
    アーメン
    日本では教会で結婚式を挙げる方が圧倒的に多くなっています。

    「病めるときも 健やかなるときも 愛を持って 生涯支えあう事を誓いますか?」

    夫を支えたいという表現は、「夫だけに人生を捧げる訳ではありません」

    経済が困窮し男性の稼ぎが芳しくない場合に

    「大人の男がなぜ一人前でいられないの?」と一刀両断するのでしょうか?

    トピ内ID:1891266761

    ...本文を表示

    家父長制的なもの

    しおりをつける
    通りすがり
    家族のあり方については、ヨーロッパ諸国は日本よりはるかに先進的で、ある面でむしろ前衛的なようですよね。女性の立場は、日本におけるよりもずっと男性と近いですね。

    日本では、前近代的な家父長制的発想が根強く残っています。
    つまり、父親が家族で一番偉く、女性はそれに従うべきだという考え方です。

    まあ、実際には父親の権威なんてものはとっくの昔に風化していて、多くの女性は、本気で夫に付き従おうなどとはこれっぽっちも思っちゃいないですが。

    けれど、長年社会で培われた考え方というのはそう簡単に消え去るものではないようですね。
    「女性は夫を支えるべき」「良妻賢母(よき妻、賢き母であれ)」という、女性を家庭に押し込もうとする考え方は、21世紀になっても廃れませんね。

    特に芸能人などメディアに出る人達は、本心は違っても人前では模範的な回答をした方が無難なのです。どんな失言で保守的なメディアからバッシングを受けるか分からないですから。

    本音(家で楽したい)と建て前(家庭で夫を支える)をTPOで使い分けるのも、日本人の流儀です。

    トピ内ID:3239240837

    ...本文を表示

    ん~

    しおりをつける
    blank
    職業A
    一言では書ききれないほどの要因があります。

    日本では結婚した後の女性が働きにくい社会構造なのが一番。
    あとは、女性の美徳として「そう言う」事を躾けられているだけです。
    それが本心かどうかは、絶対分りません。
    「本音と建前」って奴ですね。

    ただ・・・・
    トピ主さん意味不明っていいますが、別に他の諸外国でもある事ですよ?
    日本ではそれが美徳っていう風潮があるので、口にするだけでしょ。
    口にしなくても、ヨーロッパでもアメリカでもある事だと思います。
    クリントン夫妻なんて良い例ですね。

    別に真の日本人とかそんな事では無いです。
    単に多種多様な生き方があって、その一部です。
    トピ主さんが多種多様な生き方を知らないだけの気がする。
    ある種の固定概念があるようですね。
    実は、日本人ってとても柔軟な生き物なんですけどね。

    別に人生を夫に捧げると言う意味じゃないよ。
    夫も含め、これから家族になる人も対象にしてます。
    仕事や自分に人生を捧げるのも、それほど価値があるのか、
    実際に問われたら答えられませんよ。
    夫に捧げようが仕事に捧げようが勝手です。

    トピ内ID:2718784465

    ...本文を表示

    便利な言葉ですよね

    しおりをつける
    blank
    さわこ
    日本では、昔からよく使われてきた表現ですね。
    結婚して婚家に入り、仕事が忙しい主人に代わり家事、育児、姑や舅の介護を一手に引き受ける、というのが古くからの日本の良妻像でした。
    しかしそれも、核家族化、少子化、家電の充実に従って違和感を伴う言葉になってきてしまっていますね。
    今では、退職の口実にするための便利な慣用句に成り下がっている、と私は感じます。
    とはいえ、私も寿退職する際にこの言葉を口にした1人です。
    まともな食事をとることすらままならなかった主人に、毎日栄養バランスのとれた弁当を作り、帰宅に合わせて温かい風呂をわかし、毎回の食事は1汁3菜以上を用意しており、自分では十分に主人の支えになっていると自負しております。
    個人的には、日本で欧米ほど女性の社会進出が進まないのは、男性も含めた労働環境の悪さが大きいのだと思っております。
    もし主人が週2で休みをとれていて、定時で上がれる仕事についていたら、私は今も、主人と協力して子育てしながら楽しく仕事をしていたでしょうから。

    トピ内ID:1423357401

    ...本文を表示

    日本企業に勤めるサラリーマンには、支えが必要。

    しおりをつける
    🎁
    キョーリューピンク
    日本も随分有り方が変わり、個別の家庭ごとの価値観も多様化し、
    今は主夫も存在しますし、夫婦で仕事し、子育てしながら、家事分担する家も増えました。

    しかし、まだ日本では会社にいる時間が長くて男性で家事や家の雑事、ちょっとしたリラックスなどの癒しをゆっくり楽しめる時間を持てる人が少ないのが実情です。

    朝8時半(9時)からの出勤の為に6時台に起きて7時には会社に行き、夜の帰宅が定時なんてことはあるわけもなく、
    夜8時~11時とかの帰宅が多かったりするサラリーマンも多いわけです。

    そうするとね、帰宅して温かい食事が用意すみ、お洗濯物が洗ってたたんで箪笥にあり、お布団は太陽のにおいでふかふか。家事してニコニコ話を聞いてくれる奥さんがいると救われるわけです。

    子供が生まれると尚更で、子育てなんか奥さんに丸投げです。平日起きてる時に顔見れないから、週末にようやく起きてる子供に会える。

    私も欧州に居ましたが、日本の会社に勤めていた経験のある人は、押しなべて労働時間の長さ嘆きました。家族と過ごす時間なんてない!!とね。

    夫が日本人で日本の企業に勤めていると分かりますよ。

    トピ内ID:6453648143

    ...本文を表示

    完璧な日本人ですよ!

    しおりをつける
    💡
    TIKITIKI
    完璧で立派な日本人ですよ

    日本の美徳として理解しようとするその姿勢が立派な日本人なのです。
    海外の生活が長いと自己の存在意義を振り返る事が多くなります。
    日本人とは何だ?日本の文化とは?ってね。
    これこそが、貴女のDNAに深く染み込んだ日本人的な感性なのですよ。

    ちなみに、妻が夫を支えるのは、日本固有の文化ではありません。
    ゲルマンもラテンも、そこから派生した数々の文化でも、妻は夫を支え、家庭を守る役割でした。
    神話に学び、歴史に学びましょう。

    womanの語源はwife(妻) + man(ヒト)です。
    でもwifeには妻だけでなく、女性との意味もあります。
    独語のfrauも、仏語のfemmeも、西語のmujerも同様です。

    貴女にはこの言葉を送りましょう。
    My wife made my life wonderful, interesting, fascinating, and extraordinary.
    これがwifeの語源で良いのではありませんか?

    トピ内ID:4069817621

    ...本文を表示

    もっと説明を

    しおりをつける
    猫だるま
     夫を支える妻について、年齢が高いほど納得される方が多い傾向があると感じています。ただ、レスの前に、トピ主さんの経験した、海外での専業主婦事情を是非お聞かせ頂きたいと思いました。

     トピ主さんが経験した範囲内での限定情報で十分です。専業主婦の方はどういった意識でいらっしゃるのでしょうか。家事や家計費の分担、社会的位置づけ、トピ主さんが思うあるべき女性像など教えて頂けると参考になります。

    トピ内ID:7350947925

    ...本文を表示

    かつては必要でした。

    しおりをつける
    blank
    くるみ
    サラリーマンたるもの
    深夜までの残業でもいとわず
    会社が言うがままに全国全世界を転勤すべき。

    どんな国でもエリートと呼ばれる人達は
    プライベートを犠牲にしますが
    日本では末端の従業員にまで滅私奉公が求められてきました。

    その代り会社の言うとおりにしていれば
    「終身雇用・年功序列」の慣習により
    終身、従業員が家族ぐるみで面倒を見て貰えたんですね。

    「身の回りの事や育児・介護等でわずらわされない男性」
    が高度経済成長時には使い勝手がよかったので
    企業は男性と、その男性と家族の世話をする専業主婦の妻を
    セットで雇ってきたようなものなのです。


    >人生を捧げるほどやることあるのか
    やり甲斐とか関係ありません。企業側の理屈ですから。


    個人的には、幼少時より
    自己紹介で夫の職業を名乗る主婦達が気持ち悪くて仕方なかったですし
    主婦に「職業」が限定されるのはとても嫌でしたので
    自ら働く道を選びましたが、未だ偏見の目は凄まじく

    この状況を素朴に「疑問」に思えるパートナーと環境を
    手に入れているトピ主さんがとてもうらやましいです。

    トピ内ID:9618603968

    ...本文を表示

    多様性を学んでくださいね。

    しおりをつける
    😨
    きゅうり
    ヨーロッパ某国で人生の大部分を過ごされた、そして専業主婦になる選択をする女性の存在を理解できぬまま大人になった、ということですか?

    トピ主さんのお母様は日本育ちの日本人ですか?そしてお父様も日本人ですか?もし駐在ファミリーだったならお母様は専業主婦だったのではないのですか?

    あとヨーロッパにも色々ありますよね。北欧などは兼業主婦になりやすい環境だと聞きます。でもフランス、イタリア、スペインなどは伝統的に母親は家事、子育てを担当する役割だったと思います。ここ20年くらいは違うと思いますが。

    私自身はロンドンの中心地在住、近所、学校関係、ボランティア仲間、専業主婦だらけですよ。

    あえて夫を支えてる、と豪語しませんが結果的にそういう役割になってます。

    トピ主さん、世界には色々あるんですよ。

    トピ内ID:8106631036

    ...本文を表示

    結婚するからじゃない?

    しおりをつける
    blank
    まるこ
    例えば遠距離恋愛後結婚することになる。お互い仕事を続けるなら、別居婚ですよね?別に結婚という形をとらなくてもいいと思います。精神的な安定なら付き合ってても同じだし。

    芸能人等は特に仕事が不規則。日本人男性は世界に類をみない長時間労働者。深夜に家に帰って自分でご飯作って、洗濯してってするなら別に結婚しなくても…と思います。
    男性が結婚に求めるメリットって子供も当然ですが、家事の負担軽減なんじゃないかな。

    子供がいれば、当然手間がかかります。幼少時は送迎に加え、体調不良時は仕事を遅刻、早退、欠勤しなくてはいけない。参観日や運動会の行事にも参加。その度に仕事を休むことをよく思わないのが日本の職場の現状。

    男性が仕事に集中できるように、家事、育児、介護を担う女性、男性からしたら有り難い存在だと思いますよ?現在は家計の為に共働き世帯が多くなってきてるようです。

    トピ内ID:3292404456

    ...本文を表示

    へえ…

    しおりをつける
    blank
    典型的日本人
    海外で長く暮らしている日本人ってなぜかあなたと同じような事を言いますね。
    実はそういうあなたが一番固定観念にとらわれていて、カルチャーの違いや
    価値観の違いを受け入れない古い人間だと思いますがね。

    ヨーロッパの価値観や文化がどれだけ立派なのかわかりませんが、多種多様という
    言葉があるのですから、それぞれ国が違えば表現も考え方も違いますので。
    日本は表現もダイレクトに伝えるよりも少し遠まわしだったり、あいまいな方が
    良しとされていますからね。それを言葉尻だけとらえておかしいだの古い日本の美徳だのと
    言うのも了見の狭い田舎者と変わらないように思います。

    私は日本で生まれて日本で育って、1年だけ海外で暮らしただけで、あなたに比べると
    外国の事は何もわかってないかもしれません。でもカルチャーの違いや
    郷に入っては郷に従う事、日本の良さも普通に受け入れられましたし、どっちが
    良くてどっちが悪いなんて考えはまるで浮かびませんでした。
    その疑問は日本でどっぷり暮らせば答えはすぐに見つかりますよ。もう少し
    広い視野を持って物事をとらえることをおすすめします。

    トピ内ID:4209728844

    ...本文を表示

    欧州でも(東は知りませんが)

    しおりをつける
    blank
    ケロケロ
    4半世紀西欧におりますが、こちらでも『夫を支える妻』はしっかり健在です。大富豪以外では激務のエリート専門職(弁護士、医師、投資銀行関係など)、キャリア外交官などで、子供があって、離婚してない人達は大概奥さんが専業主婦ですね。

    激務の人達は残業手当は出ませんが、週60時間労働は普通です。家族が起きる前に出勤、家族が眠った後帰宅なんてあたりまえ。

    家のこと、子供のことはすべて一人で仕切り(自ら手を下すとは限らないけれど)、貯金、投資などの財産の運用、管理の日常的な手続きはすべて行う。仕事場以外における夫の秘書的役目(スケジュール調整やプレゼント、カードの用意)もはたしますし、夫のキャリアの為にパーティーやチャリティー、教会関係のイベントに参加ばかりではなく、その委員会的なものにも必然的に参加せねばなりません。

    まあ、それに見合うほどの収入があるから故の分業です。地方転勤はありえなくとも、海外転勤や転職もキャリア・アップの為には不可欠、というポストも多いですから、家族一緒に暮らそうと思うと、自由業的仕事以外は継続するのも難しい。

    欧州、といってもいろいろありますね。

    トピ内ID:8597312512

    ...本文を表示

    当たり前のように過ごしてきました

    しおりをつける
    🙂
    某妻
    まだ若かった頃から専業主婦としてひとりで育児、家事をこなし、夫に存分に仕事をさせるのが当たり前だと思ってました。
    夫の帰りは毎晩午前様、当時は土曜日も出勤でしたからやっとその日だけ8時前に帰宅出来ていました。出張出張の連続で家を留守にする夫と育児や家事を分担など想像もできませんでした。

    今とは社会が違いました。

    翻って今の社会にかなり近い米国で、

    私は専業主婦のアメリカ人達と親しくなりました。なかには弁護士をしていたママもいましたが彼女曰く「夫の収入だけでやりくりできれば仕事を辞めて自分の手で子供を育てることがベストと思えたから」とカラッと言ってました。
    彼女達は頻繁にホーム・パーティーを手作り料理でもてなして夫の人脈作りの手助けをしていました。

    20年前の米国東部の一郊外のそれも私の周りの小さな小さな例です。

    専業主婦として陰で夫を支える、何も日本だけの美徳ではありません。個人の価値観のひとつだと思います。

    トピ内ID:2587667520

    ...本文を表示

    日本だけですか?

    しおりをつける
    blank
    buffer
    アメリカの大統領選なんかでも奥さんの支えが良いイメージと捉えられている印象がありますが…。
    もちろん日本にも内助の功という言葉が昔からありますし、中国の故事で糟糠の妻とかあるので、妻が夫を支えるのはサボりの理由ってだけではないと思うんですけどね。

    欧州はわかりませんが、アメリカはエリート家庭(というか裕福な家庭)には専業主婦が多いとも聞きますが、それはやっぱり好ましくは受け入れられてないのでしょうか。

    まあ専業主婦だろうと兼業主婦だろうと、色んな家庭に色んな支え合い方があるってだけの話ではないでしょうか。現代風に言うと。

    トピ内ID:6259729733

    ...本文を表示

    分かる

    しおりをつける
    🐤
    亀ちゃん
    私は留学・海外勤務経験有り、病気でもして働けなくなったりしない限り専業主婦になる気がさらさらないタイプです。なので、トピ主さんみたいに考える方とお友達になりたいくらい。

    私が苦手なのが、「夫に家事育児をあまり負担させてはいけない」と考える女性。兼業主婦でもこう考える人が多くてげんなりします。今や共稼ぎが大半を占めるこの時代。それでもまだ「夫の世話を焼くのが妻の務め」だと考えている人、男性だけじゃなくて女性もとても多い。フルタイム共働きでも、夫は趣味や飲み会で出かけてもいいが、妻は控えなくてもいけない、みたいな。特に、父親は好き放題しても、母親が自分の時間を持とうとすると「母性が無い」とみなされる。女は家庭の為に生きるのが美徳なんですよね。

    つくづく、日本の女性って自己犠牲が好きなんだと思います。男性の意識より先に、女性が変わらないと男女平等になんかならないよ。私には理解出来ません。すみません、愚痴になっちゃいました。

    トピ内ID:7710907420

    ...本文を表示

    トピ主さんが主婦をやった事がないから

    しおりをつける
    blank
    私も主婦
    どなたかもレスされてた内容と重なりますが、主婦業と、生活する上での最低限の家事とはちがいますよ。主婦業の内容は、各家庭の状況や 夫婦の関係にもよる事だから、単純に比べられないです。
    私個人の考えですが、色んな角度からみて、活躍する夫のサポートをする妻 という形が崩れると上手く行かないと思います。
    トピ主さんご夫婦の普段の生活が分りませんが、日本の一般的なおうちの家事に真剣に取り組むと いくらでもする事はあります。
    当たり前の事ですが、疑問に思うのはやった事がないからです。

    トピ内ID:4560663857

    ...本文を表示

    夫が企業勤めで転居を伴う転勤ありです。

    しおりをつける
    blank
    転勤パート妻
    夫の転勤にともない数度引っ越しました。
    夫と同居するためには正社員の座を手放しました。
    特に国家資格などを持たないため、経理系・人事系の
    パート事務をゆく先々でなんとかみつけ働いています。
    家事優先のため、パート勤務です。

    トピ主さんの思う家事全般というのは、
    家のなかの家事のみのことでしょうか?
    我が家では、家事一切はすべて妻の私が行います。

    ほかに家事として含む事柄は、家計管理、
    夫の親族とのつきあい等、最近では、
    夫の実家の法事もまかされきりもりもします。
    帰省も年に3回以上(←愚痴です。ちなみに夫は次男です)

    家の中の家事もしますが、親族等の付き合いでは
    夫がすべきことも代行しています。
    特に美徳とは思いません。
    私のほうが時間にがあるからしています。
    夫は勤務時間が長いです。
    家庭内分業制と考えています。

    欧州ではいろんな価値観があるときいていたのですが、
    なぜそんなに理解に苦しむのでしょう?
    トピ主さんだってパートナーと支えあってるけど
    内容が私とは違うだけではないでしょうか?

    ちなみに夫は家が一番らしいです。

    トピ内ID:8426820194

    ...本文を表示

    ありますとも

    しおりをつける
    ひろ
    >>人生を捧げるほどやることあるのか?

    ありますよ~

    旦那の収入で豪華ランチをママ友と食べに行く
    旦那の収入でピアノなどのお稽古ごとに行く
    旦那の収入で美容のためにスポーツクラブに行く
    旦那の収入で趣味の○○を作る

    ほらね、たくさんありますよね。
    日本の女性はとりあえず怠けたい人が山ほどいます。
    テレビの視聴時間がダントツで世界一長いのも日本の
    女性ですからね。金があろうがなかろうが、とにかく
    怠けたいのです。

    昔は洗濯板で洗濯し、冷蔵庫も無いから毎日買い物、
    それもスーパーなんて無かったから何件もハシゴ、
    それは大変な家事でしたが、今は全て半自動か全自動。
    ネットスーパーなんて宅配までありますからね。
    そんな時代に”夫を支える役目だけを全うする妻”は
    あり得ません。”浪費だけするする妻”に他なりません。

    トピ内ID:0816724287

    ...本文を表示

    けっこう大変なのよ

    しおりをつける
    🐤
    ぴよこ
    夫を支えるだけの仕事って。

    一流ホテルに泊まったことはありますか? 常に清潔な部屋、清潔な服、欲しいものは一言で出てくるサービス、美味しい食事。細やかなサービスを毎日提供するのです。

    そして秘書的な役割。夫の仕事関係、交友関係の接待。時候の挨拶、夕食に招いたり、各状況に併せて気の利いたギフトを準備する。夫に代わって様々な雑務をこなすのです。

    欧米に15年ほどいて思ったことは、日本人と欧米人では感覚が違うこと。家の中を土足で歩ける欧米人にはない繊細さを日本人は持っていて、家事一つ心遣い一つをとっても、欧米人と日本人ではレベルが違います。
    欧米人にはこの繊細な感覚が好きで、日本人妻が欲しいという人も多いですし、逆に大雑把な性格の日本人は欧米人といた方がルーズで楽みたいですね。

    トピ内ID:0745752786

    ...本文を表示

    trophy wife

    しおりをつける
    blank
    在米
    このTrophy wifeという言葉、私はアメリカに来てからずっと気になってました。狩ってきた鹿を壁に飾るようなイメージでしょうか。如何にも女性が西洋では飾り物であることを示す言葉ではないでしょうか。言葉というのは概念がなくては発生しませんが、日本ではどんなに美人の妻をもらっても愚妻と謙遜することはあっても、Trophy wifeに相当する言葉は思い浮かびません。ドイツの会社に出張した際、あちらの若い女性はみなフラウなので、早婚だなと思っていたら、フロイラインは差別だから使わなくなったと言われました。日本では結婚しても、していなくても、皆「xxさん」だと言ったら、日本では女性差別はないのねと感心されました。それぞれの国で、形は違えど差別(区別)は存在します。でも、「これからは家でのんびり過ごします。」と言うのと、「夫を支えていきます。」と、聞いていてどっちが退職の言葉に相応しいですか?

    トピ内ID:1884295124

    ...本文を表示

    子供を育てるためじゃない?

    しおりをつける
    blank
    lala
     アメリカ在住です。地域柄周りには専業主婦が多いです。でも夫を支えるためじゃなくて子供を育てるために専業主婦なんだと思います。夫を支えるって、夫が政治家とか会社社長とか特殊な人でなければそういう発想はないんじゃないかな?でも日本でも専業主婦のほとんどは子供を育てるために専業主婦を選んだと思いますよ。

    トピ内ID:6830318708

    ...本文を表示

    支えたいというのは口実で本当は支えてもらいたいだけ

    しおりをつける
    😀
    着回し激情
    わかってないですね。
    「家庭で夫を支えてゆきたい」と言うのは働かない自分を夫は経済的に支えるべきってそのまま言うと顰蹙だから、さも自分は縁の下の力持ちなんだと一見卑下しているような自画自賛をしてついでに恩も着せようってだけなんですよ。
    しかも、支えるついでに男の通帳や印鑑も奪取したりして、小遣い制を布いたりしたい訳です。

    大人の男がなぜ妻の支えがなくては一人前でいられないのか?って、妻の支えなくて一人前でいられますし、そもそも独身時代にそういう支えがないと生活できないような男がいたらきっと大半の日本の女は「なにあれ、マザコン?」と思い、結婚以前に交際相手としても避ける筈です。
    少なくとも女が結婚相手として選ぶレベルの男がそういう支えなしに生活できない半人前ってことは殆どありませんのでご安心ください。

    因みに、日本は男社会っていうのも嘘です。
    腰かけ的でないキチンとした就労を継続し相応に成果を出せば男女問わず評価されます。
    男性手当みたいなものもありません。
    企業は儲けたいだけ。せっかくの儲けの機会を潰してまで何かの差別体制を敷きたい経営体制ではこの厳しい経済環境を乗り切れません。

    トピ内ID:5718528298

    ...本文を表示

    その通り

    しおりをつける
    blank
    怠け者
    はい。ただの便利な言葉です。

    専業主婦と言いながら、夫に家事分担を求める人も増えているそうです。

    要は、働きたくないだけです。夫を支えるんじゃなくて、夫を働かせ、夫に支えさせ、のんびり過ごしたいんです。

    本音は「これからは、三食昼寝付きの専業主婦生活、満喫しま~す。」ってとこですよ。

    昔ならともかく、家事の時間を短縮する便利な家電や道具が発達した現代では、専業主婦なんてたいしたことやってません。

    トピ内ID:1947452478

    ...本文を表示

    日本でしか暮らしたことないですが

    しおりをつける
    blank
    いか
    私は,その言葉に不快感を覚えます.
    古い美徳,かどうかはわからないですが,たぶん美徳,とはされていると思うし,一般的だとも思います.
    そういう言葉を聞いて,「妻の鑑だ」とか「素敵な女性」とか思う人がかなりの割合いるのでは.少なくとも,不快に感じる人のほうが少数派だと思います.

    ただ実際問題,時間的にきつい日本の労働状況では,どちらも仕事優先では家庭運営が成り立たないと思うので,どちらかが仕事をセーブすることにはなると思うんです.
    で,そうなると,給与や地位,これまでの慣習などから夫ではなく妻がパートになるとか専業主婦になるとか働き方をセーブするのが一般的です.

    うちは逆ですし,お互いフルで仕事をしながら支えあっている家庭もたくさんあります.

    「夫を支える」のは,合理的に夫の仕事を優先していく選択をしたのだとは思うのですが,でも,背景に「いい奥さんだ」「専業主婦に憧れる」という美徳?価値観?が見えることが不快です.
    日本にはまだまだ,そういうしょーもない価値観が根強いと感じます.

    トピ内ID:7842653068

    ...本文を表示

    私も、海外は長いですが・・・

    しおりをつける
    本当に、意味がわからないのですか?

    アメリカだと、裕福な家庭は奥さまが専業主婦の場合も多いです。夫のサポートをしたり、クラスマザーやフィットネス・慈善事業をしていますよ。ヨーロッパは違うのですか?

    夫のサポートをすることがそんなに変わっていますか?成功者の男性の話を聞くと、妻のサポートがあったからというではないですか?

    ヨーロッパは、もっと妻と夫が別々なんでしょうか?
    アメリカだと、夫婦で行動し、専業主婦だから無職みたいなイメージはないですよ。
    別に、日本の古い美徳と言う訳ではないと思います。

    勿論、働いている妻だって夫を支えていることに変わりは無いと思います。そして、夫も妻をささえているのでは・・。

    男性が妻の支えなしで、大丈夫と言うのは昔の日本男子的考えでは無いですか?アメリカ人だったら、嘘でも「妻の支え無しで僕は存在しない。」とか言っちゃいますよ。
    ヨーロッパ人は、一人でも大丈夫なんて昔の日本の男性みたいに思います。どこの国かわかりませんが。
    大人だからこそ、奥さま・だんな様の支えが必要なんじゃないですか?

    トピ内ID:2951622389

    ...本文を表示

    人それぞれの理由があると思いますが・・

    しおりをつける
    🐶
    rei
    私の場合は、夫の海外転勤に家族でついていくことを選択し、私の仕事は辞めざるをえませんでした。
    その後も転勤が続いたため、今も専業主婦です。

    夫は、激務です。
    残業が月に200時間ほどのこともあります。
    睡眠は、3,4時間。
    休みが一年にたったの3日だったこともあります。
    なのに、子どもか小さい頃は、私もフルタイムで働いていました。
    身内や民間のサポートもあまり受けられない田舎でしたから、ボロボロになって働いていました。
    当然、愛する子どもたちときちんと向き合う余裕などありません。
    「こんなんでいいのか?!」といつも悩んでいました。
    そんな時に夫の転勤が決まり、家族がバラバラに暮らすという選択はありませんでした。

    今は、夫が仕事、私は家庭で子どもたちをしっかり育て、暖かい家庭を作っている実感があります。
    家族で支え合っているという確かな実感です。
    経済的には豊かとは言えませんが、心に余裕があり豊かに暮らせているので幸せです。

    日本は、忙しすぎるのです。
    欧米のようなゆとりがあれば、共働きでも心豊かに暮らせると思います。

    トピ内ID:8542432958

    ...本文を表示

    いろいろな意見があるでしょうが・・・

    しおりをつける
    blank
    Bob
    自分(40代既婚・男・3人の子持ち)も、妻も、母親が専業主婦でした。
    そして、いま、妻は専業主婦です。
    子どもたちが、幼稚園、あるいは学校から、帰ってきたときに、母親がいる状態が望ましいと思っています。

    「夫を支えるだけ」ではなく「夫がいない間に、妻として母親として家にいる」というイメージでしょうか。

    「人生を捧げる」ということであれば、自分のシゴトもそんな大層なものではありません。
    家族の方が、何万倍も大切です。

    ただ、兼業主婦をされている方を批判する気もありません。
    人それぞれだと思います。

    ですから、わが家で妻が自分のことをいろいろな意味で支えてくれているのはとてもうれしいことですし、そんな必要があるのか?価値があることなのか?と言われるのなら、ほっといてくれ!と思いますね。
    それは主さんが人生を捧げる価値があると思ってなさっていることを「無価値」だとか「不要」だとか言われたときにどう感じるかを考えてみてください。

    でも「美徳」だとかそんなことは思っていないですよ。
    自分たちにはそれが合っていると思うからそうしているだけです。

    トピ内ID:1326998992

    ...本文を表示

    タテマエ、かと。

    しおりをつける
    blank
    ふみ
    トピ主さんの「大人の男がなぜ妻の支えがなくては一人前でいられないのか?」に本当にそうよね、と笑ってしまいました。芸能人やスポーツ選手の結婚の場合、あと激務の旦那さんの場合は、普通に働いていると会えない(すれ違う)というのもあるかな~と思います。
    「夫を支えたい」と言えば、それ以上は言わなくても済む(聞いた周囲もなんとなく納得できる)お約束フレーズでもあるのではないでしょうか。
    サラリーマンは長時間勤務とか、子育てや介護をしにくい環境もあるので、それに対応するために「夫(家族)のサポートに専念したい」となることもあるでしょうね。男性のほうが収入が多い&昇進が早い職場もまだ結構あるでしょうし、夫が稼ぐことに専念したほうが効率的。でもそれをイチイチ説明しなくても「お約束フレーズ」でOK。
    納得するほうも深く考えず「お約束」で納得するんですよ、きっと。
    この先、少子高齢化が進み女性の労働力を今よりもっとあてにしなくてはいけなくなってきたら、変わるんだろうと思います。
    「あぁそんな価値観もあったんだよね~昔は」って。

    トピ内ID:8406262282

    ...本文を表示

    「男女関係なく、パートナーを支える人」なら必要な場合もある

    しおりをつける
    🐧
    もずく
    日本育ち日本人です。別に美しいとは思いませんが、仕事が超激務で、夫婦のどちらかが家事や育児に専念した方が、収入・社会への貢献度的など総合的に考えて効率がいいという場合はあるんじゃないでしょうか。理想としては夫婦とも仕事で100%の成果を出し、家事もうまくできればいいですが、職種・家庭の状況によっては無理だと考えています。なので必ずしも「辞めたい時の便利な言葉」だとは思いません。

    ちなみに私は「夫(男)を支える妻(女)」という言葉には違和感を感じますが、「男女関係なくパートナーを支える」という言葉なら違和感を感じませんし、必要な場合もあると思ってます。

    トピ内ID:7744189941

    ...本文を表示

    必要かどうかは夫になる人が決める

    しおりをつける
    blank
    みか
    専業主婦になるのに、夫を支えることさえしなかったら、
    それこそなんもしないことになりますよね?
    共働きだろうが、事実婚だろうが、
    人間が二人いたら支え合うものだと思いますが、
    まあ決まり文句のようなものではないでしょうか?

    "夫を支える役目だけを全うする妻”
    が必要かどうかは、夫になる人が決めるのであって、
    主さんには関係のないことです。
    生き方も夫婦のあり方も千差万別。

    トピ内ID:4151585035

    ...本文を表示

    一つの例

    しおりをつける
    🐴
    ダンガン
    どなたかも仰っていましたが、日本は欧州のような定時退社とかは本当に稀です。
    酷い時には有給休暇をとったことにして、出社しているぐらいですから。
    実際、私たち夫婦も共に終電帰宅が日常化していましたが、いくら便利な家電を使っても家事がまわりません。
    二人の時間外を足すと月250時間です。
    その時間を家事にさければ共働きも可能でしたでしょうが、結局、料理ができない夫に代わり、私が仕事を辞めました。
    以前の職場でも、定時退社が可能な部署の女性は結婚後も働いていましたが、長時間労働が常態化している部署の女性は結婚後ほどなくして辞めていく人が多かったです。
    残られるのは、旦那さんが定時退社可能な人ぐらいですね。

    トピ内ID:0183865017

    ...本文を表示

    美徳

    しおりをつける
    blank
    わかります
    某TV番組で海外の夫婦生活を紹介している番組を見てみると日本以上(色々な家庭がありますが)に亭主関白なご夫婦を見ます。
    番組でその国の方がコメントするのですがその亭主関白っぷりは普通だと。

    美徳とか日本の言葉にするといかにも日本的な夫婦のありかたを指している様に聞こえますが、日本以外にもそういう文化?があるので日本だけオカシイというのはいかがかと思います

    トピ内ID:7949813517

    ...本文を表示

    大いに疑問

    しおりをつける
    blank
    おいおい
    さて、ここに書かれているような、家事代行業ではない、完璧な主婦たちは、一体日本のどこにいるんでしょうね・・・。毎日布団はふかふか、ホテルのような整った部屋。栄養バランスの良い全て手作りの食事。いつもニコニコ、夫を立て、仕事のストレスを癒してくれる優しい貞淑な妻。何十年も前は存在したかも知れませんがね。

    トピ内ID:8813534636

    ...本文を表示

    支えたくないなら支えなくてもいいんですよ

    しおりをつける
    blank
    htst
    何人かの夫を支える妻たちがおっしゃっている様にそこには理由があります。夫が多忙で妻がサポートにまわらないと家庭がうまく維持できないのです。
    特に子供が生まれるとです。
    口汚く言おうとする人も存在しますが、これは夫婦が納得してやっている分業の形だと思って下さい。


    また何人かの方がおっしゃっている様に女性の生き方も多様化してますから、夫を支えるという人生がどうしても嫌ならば、結婚しても子供を産んでも働き続ける道をあなたが選べばいいだけの話ですよ。


    わかりましたか?

    トピ内ID:1952537525

    ...本文を表示

    深く考えすぎでは

    しおりをつける
    blank
    つぶつぶ
    「建て前」って聞いたことありませんか?
    日本ではそういう文化があって、誰もが正面切って本音を公表して生きているとは限らないんですよ。

    あなたが見聞きしたケースでも、表面的な要素とその内奥の現実とが結構な確率で一致しないはずです。
    ですから真に受けて考え込む必要はないかと思います。

    夫婦間(あるいは男女間)が色々な意味でフェアであることが一般的に是とされますが、
    それが実際に広く実現されているかというと今の日本では必ずしもそうでもないし、
    また誰もがそうなることを望んでいるわけでもないように思える時も個人的にあります。

    トピ内ID:3077766858

    ...本文を表示

    家庭で夫に支えてもらいたい

    しおりをつける
    blank
    妻です
    の間違いです


    間違いではなかったら「…ささえていきたい」は自分に都合のいい言い回しです


    ご存じないですか?
    最近の日本は専業主婦希望が三人に一人


    みんな働きたくなくて養ってもらいたくて結婚するのです
    おまけに日本の夫は優しくて妻に頭が上がらない

    ご主人の給料を自分の好きなように妻が扱うのは日本が典型だそうです


    日本の妻って世界的にみてもとても恵まれているのです
    でも妻たちにその自覚はありません
    あまりに当たり前の事だから

    でも言い訳をさせてもらうならそれは
    自分の母親が父親にしてきた通りの事をしているだけなのです

    トピ内ID:7285002984

    ...本文を表示

    お互い自立した人間であるかが大切。

    しおりをつける
    blank
    ジャスミン
    米夫持ち、元米在住者です。実家は日本文化継承する家族です。所謂日本的家族と呼ばれる家系です。祖母も母も夫を立派に支えながら、立派に自己の仕事を全うしておりました。祖父も父も私も家庭を支えながら社会に出て実証を示す祖母、母を尊敬しております。アメリカでも知る専業主婦の方はボランティア等で社会貢献されておりました。もちろん経済は大切ですが、男女ともにお仕事をするしないに関わらず、家族を根本に、社会に貢献する心こそ大切ではないでしょうか。私もそうありたいと思います。

    トピ内ID:3753067108

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    🐱
    コアラの国より
    私も元は海外住まいでしたが、貴方のような人こそ「意味不明」です。

    「家庭で夫を支える」と言う言葉が、何を表してるのか解らないなら
    その相手に聞いてみなさい。
    聞けない相手なら、想像してみなさい。
    想像できないなら、本でも読みなさい。日本語の勉強をする期間を設けなさい。

    一言に「支える」と言っても、その内容は千差万別であると
    少し考えれば解らないのでしょうか。

    「意味不明」などど発言している時点で、「私は日本語が不自由な上に想像力、読解力も欠如しているため、意味が理解できません」もしくは、
    「私は異なる価値観に対して全く理解を示しません」と言っているに過ぎないのですよ。

    トピを読んだ印象では
    あなたはご自身の中で「家庭で夫を支える妻」に関する極端なイメージがあり
    それを元に「意味不明」そんなの日本だけでしょ、と。
    それに対して賛否両論してほしい、反対意見は論破してやりたい。
    そんな風に思っていらっしゃるのでは?

    身近に日本人のお友達はいらっしゃらないのですか?
    お友達にもこのトピのような聞き方をするのでしょうか。

    トピ内ID:9502380976

    ...本文を表示

    人を呪わば穴二つ

    しおりをつける
    blank
    そうか貴女が大黒柱
    はたしてトピ主さんのお仕事は、その仕事に人生を捧げるほどやることがあるのでしょうか。

    夫を家庭に入って支えてゆきたい、という人と、トピ主さんとそれ程立場が違うとは思えません。大局的にはね。

    貴女が好きで命をかけている仕事を、外野から『パートナーを支える為に家に引っ込め!』と強要されているのなら同情いたしますが、日本がどうの、ヨーロッパがどうの,といったレベルの問題にしてまでご自分のお立場を正当化したい、その理由の中に案外と答えがみつかるのではありませんか。

    トピ内ID:8597312512

    ...本文を表示

    新妻が言うことが大事

    しおりをつける
    🙂
    通過中
    新婚ほやほやの女性が退職の際に言うと「幸せなのね~」と受け取ってもらいやすいでしょうが、結婚生活十数年の女性が退職の際に言うと「ご主人大丈夫?なにかあったの?」となるでしょう。
    なので誰にとっても便利な言葉ではないでしょうね。

    披露宴で新婦が両親への感謝の手紙を読み上げる時に、大体同じような言葉で締めくくります。
    また退職の挨拶も同じような言葉を使うので、新婚の秘書さんや芸能人がたまたま同じ言葉で挨拶しただけでしょう。

    美徳や現実とは違うと思います。





    美徳や現実ではないと思います。

    トピ内ID:8126303857

    ...本文を表示

    やりたいからやる

    しおりをつける
    つまこ
    結婚4年目、専業主婦です。
    私も結婚して間もなく、激務な夫を支える為に退職しました。
    因みに夫は専門職、年中無休、徹夜に深夜早朝の呼び出しもあり、普段も早朝に出勤して行っては深夜に帰宅。
    そんな生活を送る夫の健康面が心配でなりません。
    夫の為に何が最善か、何を出来るかを考え抜いて出した結論がサポートなのですが、正直働いていた頃のほうが数倍ラクです。
    事務仕事やあらゆる手続きは勿論、栄養面にも気を遣って夜は8品はならぶように手作りしますし、夕食時に食べられない時には差し入れで届けます。
    朝食もパンとコーヒーだけなんて事はなく、こちらもちゃんと栄養バランスを考えて作りますし、掃除も隅から隅まで毎日掃除機に雑巾掛けに。
    お布団も干せる日には必ず干します。
    一度着た物はすぐに洗濯。
    他にも細かく挙げるとキリがありませんが、ホテルとまでは行かなくとも、少しでも快適な生活を送ってもらえるように毎日朝から晩まで動き続けています。
    それもこれも、夫を愛しているからこそ。
    愛している相手には少しでもラクして欲しいし、健康でいて欲しいし、快適な生活をして欲しい、その考えっておかしいですか?

    トピ内ID:1760086955

    ...本文を表示

    欧州に転勤族はいないのかな

    しおりをつける
    😡
    もうやだ
    全国転勤族の妻です。欧州に日本のような転勤ってありますか?

    日本企業の転勤ってすごいです。家族の事情なんて一切考慮せず、全国津々浦々いきなり辞令出されるんですよ。こういう勤務状況が当たり前の国では、女性も男性と平等に働いてたら、結婚なんか出来ませんよ。お互い転勤で飛ばされ続けて、一生別居婚になっちゃう。女性が仕事を辞めることが前提の世の中なのです。これはもう、何百年もしないと変わらないでしょうねえ。

    その代わり、日本は海外のようなレイオフが少ないです。失業率も欧州で日本より高い国沢山ありますよね。日本は、海外ほど首にならないし仕事もあるけど、定年まで飼い殺しで家族が犠牲になる、というかんじかな・・・・楽な人生ってないなーと思ってるところですが、欧州ではどうなんでしょうか?

    トピ内ID:0498269948

    ...本文を表示

    日本には、専業主婦が必要です

    しおりをつける
    blank
    専業主婦
    結婚後も仕事をやめずに働く女性が増えてから、少子化や介護の問題が出てきました。

    昔は、女性は結婚したら家庭に入り、子育て・介護をする、
    国のためにも役に立つので、専業主婦は年金を払わなくてももらえるなど、優遇されているのです。

    少子高齢化は、国もいろいろ対策を練っていますが、解決していません。

    しかも、不景気で、ただでさえ仕事が減っているのに、
    女性が社会に出ている→仕事につけない男性がでてくる
    →結婚できない・または、しても家族を養えない
    →子どもを作れない、または作っても少人数と、悪循環です。

    女性が、専業主婦になって子育てと介護をすれば、解決するのです。
    出産、介護を拒否する専業主婦は、論外です。

    トピ内ID:4171092444

    ...本文を表示

    海外でもありますよ

    しおりをつける
    blank
    まりり
    英国米国に住んでいたことがありますが、ホームパーティでホストとして取り仕切るのは奥様の腕の見せ所、という例は見たことがありますね。

    私は茶道や生け花をやっていて着物も持って行ったので、たまたま日本のそういった面に興味をお持ちの方と知り合い特になって、その縁で何度かお招きいただいたことがあるのですが、ハイクラスな御宅になればなるほど、職業は女主人、のような世界もありましたね。家の内装など、家や家庭のことは奥様が決めるのが当たり前、という世界でした。

    まあ、仕事を辞めるときの受け答えとしては、そう言っておけば角が立たないからではないでしょうか。仕事しろって責められないための方便かもしれませんよ。
    夫を支えることを全うする妻=専業主婦でしょうね、実際はどうでも立場的に。ちなみに英国にも米国にも専業主婦はいましたよ。

    トピ内ID:7815436547

    ...本文を表示

    いますよ

    しおりをつける
    🐱
    みー
    >家事代行業ではない、完璧な主婦たちは、一体日本のどこにいるんでしょうね・・・。

    はーい、ここにいますよ!(海外駐在中ですが。)
    私の周りの日本人の奥様方も、「毎日布団はふかふか、ホテルのような整った部屋。栄養バランスの良い全て手作りの食事。いつもニコニコ、夫を立て、仕事のストレスを癒してくれる優しい貞淑な妻」ですよ。
    そうでなければ日本人主婦失格ですから。

    トピ内ID:9803744777

    ...本文を表示

    自分の分だけ言った

    しおりをつける
    🙂
    そうね
    現実は、夫も妻を支えるが、妻も夫を支える、ということだと思いますが(家族として支え合うイメージ)

    退職時の挨拶では、二人で支え合っていきたい、とは言わず、
    自分の知り合いの前だから、私は夫を支える分、がんばります

    という意味合いではないでしょうか。

    支え合うことは、互いに自立していないことを意味していませんね。
    自立している人同士が助け合ったり、サポートすることも、ありますから。

    ただ、支えるという言葉に、自己犠牲のニュアンスを感じ取って
    ちょっと嫌だな、と感じるのは分かる気がします。
    誰にも犠牲になって欲しくないですから。
    自己犠牲ではなく、自然に互いに補い合うみたいなニュアンスで
    いいのに、と。
    日本は一般の社員でも転勤が多かったり、残業が慢性的で、男性社員が家庭を犠牲にし、
    その男性社員を支えるために女性が自分の仕事を犠牲にし、という構造が
    まだまだあるのだと思います。かなり不健康な事態なんだと思います。

    トピ内ID:2843049975

    ...本文を表示

    夫も同じ

    しおりをつける
    blank
    すい
    結婚するときの誓いの言葉のような物では?
    夫婦ってお互い支えあうものって前提があるように思います。

    神父さんだって言ってます
    病めるときも、健やかなるときも愛を持って生涯支えあうことを誓いますか?
    って。

    これって日本の文化ですか?

    トピ内ID:6744416948

    ...本文を表示

    日本人じゃないね

    しおりをつける
    サニー
    いかにも外国人が聞きそうな質問です。

    深く考える必要はありませんよ。「これからは家庭で夫を支えてゆきたい」は仕事を辞めて専業主婦になる人の決まり文句の一種だと思ってください。ついでにもう一つ:日本人は夫を「主人」と呼ぶのが一般的です。これも、夫がオーナーで妻がお手伝いさんというわけではないですよ。単なる言い回しです。
    がんばって日本語を覚えてくださいね。

    トピ内ID:9118844982

    ...本文を表示

    メジャーリーガー

    しおりをつける
    🐧
    野球好き
    以前、元プロ野球選手でメジャーリーグでもプレーした方の奥様がテレビで言ってましたが、アメリカにいた時、
    「自分(妻)が夫のために料理を作っている」というと、ほかの選手の奥さんに「なんであなたが作るの?」とびっくりされたそうです。
    日本とアメリカでは食事(とスポーツ)に対する考えの違い、なのかもしれませんが、少なくとも『妻が家のことを完ぺきにやる=夫を支えている』ではないのでしょう。

    どこの国だって、家族が互いを思いやるのは普通と思いますので、精神的に支えあうというのはわかるのですが、メイドさんを使うのが当たり前の国もありますから、日本の「夫を支える妻」像がすんなり入ってこない人もいるでしょうね。

    トピ内ID:9585835153

    ...本文を表示

    日本生まれ、日本育ちですが(その1)

    しおりをつける
    blank
    共働き
    とぴ主さんの意見に概ね賛同します。多数の方が「そんなことも分からないのか」という失礼な書き方のレスをしていることに大変びっくりします。

    厚労省のHPでは、女性の就業比率は育児世代であっても5割を超えています(シニアはもっと高い)。つまり専業主婦が多数派ではありません。しかし配偶者控除や年金の第3号の件がありますので既得権益があり、それが失われる話が出ると躍起になって反対する方々がいます。”専業”主婦という単語があることで、ひとつの立派なカテゴリーになっていますよね。小町でも専業主婦という方がある程度いますが、私の身近ではかなり少数です。いったい何処にいるのか、不思議です。

    また、日本の一部の方々は、自分の日常生活のことも自分で出来なくても恥じることが無いようです。時々小町でも夫が家にある自分の衣類すら分からない、という趣旨のトピがあります。成人した子が親に生活全般をしてもらっている例も珍しくありません。私の夫は自分のことは自分で出来ますし、自分の家事が出来る男女が結婚した場合、家事の量は2倍にはなりません。つまり私は結婚して家事が楽になりました。

    トピ内ID:4206202767

    ...本文を表示

    日本生まれ、日本育ちですが(その2)

    しおりをつける
    blank
    共働き
    続きです。

    結婚前まで家事もせず、結婚後に2人分する必要になるから「大変だ」と感じているのではと個人的には思っています。

    また、日本人の女性では、就労年齢において仕事を続けるか、仕事をしないか、みたいな選択肢があるようです。私は基本的に働くことが出来るのであれば(定年まで)ずっと働くものだという価値観ですので、そのような選択を考えたことがありません。私は仕事環境において大学生以上と話すことが多いですが、それでも上記の選択肢を持つ人がいます。中国人の知り合いがそれなりにいますが、同年代の中国人にはそういった発想は少ないと感じています。出産に関するやりくりは大変そうですが、親でも何でも使えるものは使って、という印象です(もちろん例外もあり海外で就労している夫について専業主婦をしている人もいます)。仕事をしない選択をした方々は公には「夫を支えるために」と説明するのかもしれません。しかし他方でランチをエンジョイする女性や(退職後と思われる)シニア層は本当に多いです。社食がオープンなのですが、社食に来て食べて長時間しゃべって帰る、という人の多さにとても驚きます。

    トピ内ID:4206202767

    ...本文を表示

    仕事に向いてない人もいる

    しおりをつける
    🐷
    ぶーちゃん
    世の中には男性女性問わず、仕事が向いていない人もいます。
    そういう人たちが就職すると、逆に会社に迷惑をかけたり、精神を患ったりすることになり、非生産的どころか、社会に負担をかけるのです。
    そういう人たちは無理して外で働くより、扶養者が養ってあげるのがベストです。

    心の狭い人たちからは、「自分があくせく働いている時に、ランチをエンジョイしていてムカつく」と妬まれるかもしれませんが。

    トピ内ID:5631483988

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0