詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    重い&深い漫画を教えてください

    お気に入り追加
    レス203
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    さえっぽ
    話題
    普段読むのは活字の本ばかりであまりコミック等は読まないのですが、最近何か読んでみたいなーと思っています。恋愛ものは苦手で、どちらかというと生きることの意味、人間の孤独…などちょっと重くて深みのあるテーマが描かれている漫画を読んでみたいんです。
    少年・少女漫画どちらでもいいので、教えてもらえると嬉しいです!私は31歳女性で、普段は村上春樹を愛読してます。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数203

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    はみだしっ子

    しおりをつける
    blank
    かずほ
    古い作品ですが(1975年~1981年にかけて雑誌連載)
    三原順さんの「はみだしっ子」を強く強くお薦めいたします!
    人生とは何かとか、親とは?子とは?人間の生きる意味ってなんだろう。
    読後にそんなことを考えさせられる作品です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    三原順 「SONS」

    しおりをつける
    blank
    いちねこ
     「サンズ」と読みます。もともと少女漫画畑の方で初期の頃はお目目きらきらの派手な画風でしたが、それを裏切るかのように人の心理を深くえぐりこむようなシビアな作品を描く作家でした。「サンズ」の頃には画風は随分変わり、骨太・緻密な絵になっています。

     舞台はアメリカの片田舎の町だったと思います。複雑な出生の秘密を抱えて生まれた少年が、やはりちょっと珍妙?な秘密を抱えた転校生と友人になり、一癖も二癖もある周りの大人たちと関わりながら自分を模索していく、思春期の物語です。文字も台詞も漢字も盛りだくさんで、かなりヘビーな小説のような漫画なので誰彼かまわずはお勧めしにくいのですが、トピ主さんのようなご要望ならば迷わず一押しの本です。白泉社文庫から4巻で出てます。

     もう少しライトなものをというならば、同じ方の「はみ出しっ子」もいいです。親に捨てられた4人の子供の放浪の物語です。

     秋の夜長、覚悟してじっくりどうぞ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    銀河鉄道999

    しおりをつける
    blank
    OK牧場
    「親鸞」
    まだたくさんあるでしょうけど、とりあえず。
    手塚治虫さんのはそうでしょう。
    「火の鳥」
    新しいのは他にもっと私も知りたいです。
    皆さんよろしく。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    深いです

    しおりをつける
    blank
    そら
    村上春樹さんの作品は読んだことがないので
    ちょっとはずれているかもしれませんが
    内田善美さんの「星の時計のLiddell」はいかがでしょうか?
    他の漫画とは、ちょっと違うと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    萩尾モト&竹宮恵子、かな

    しおりをつける
    blank
    古くてごめん
    古くてすみません。

    萩尾モト
    ・ポーの一族
    ・11人いる!

    竹宮恵子
    ・ファラオの墓

    あとは、なんと言っても手塚治『火の鳥』でしょう。
    絵は軽めですけど、重くて内容は深いですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    クロノクルセイド

    しおりをつける
    blank
    五月雨
    初めまして、五月雨と申します。
    私がお勧めする愛漫画は、森山大輔先生の「クロノクルセイド」(全8巻・ドラゴンコミックス)です。

    主人公のシスターでエクソシストの明るく前向きな少女ロゼットと、悪魔なのに心優しい少年クロノのお話です。

    最後につれて最初の話からは想像もつかない展開を見せる物語も魅力ですが、何よりキャラクターの生き様が私にとっては非常に深くて、今読んでも涙が出てしまいます。

    中でもぜひ見て頂きたいのは、全編を通して窺い知れる主人公ロゼットの明るく前向きに人生を捉える姿勢や、そう至った経緯。挫折。それを常に支えるクロノの優しさ。です。また、絵柄も話にあっており、キャラクターが活き活きしていて、表情など見ただけでも涙を誘います。

    色々な要素が詰め込まれ、ひとりの少女の成長を物語を通して見る事が出来ます。
    また、その少女に感化されて行く周りの人間の変化も素晴らしいものです。
    生きる事の意味や孤独、まさにそれらを埋め込みつつしっかりとキャラクターがそれに立ち向かっている姿勢は、今まで読んだ漫画の中で一番だと思いました。

    ぜひ、機会がありましたら手にとって頂きたい漫画です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    つげ義春さん

    しおりをつける
    blank
    tomato-onion
    つげ義春さん?

    ごめんなさい、実はよく知らない、と言うか、強烈過ぎて、パラパラっと見た数ページが本当に怖くて(ホラーの怖さではない、人間の心にぐっと来る恐ろしさ)忘れられず、その後読めず、読破したことは一度もありません。

    でも、そういうのをお望みのようなので、名前を挙げさせていただきました。読むのに覚悟がいると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「リアル」

    しおりをつける
    blank
    くこちん
    以前、「スラムダンク」を描いていた井上雄彦先生の漫画で、車椅子バスケの漫画です。
    単行本は年1冊しか出ませんが、ただいま4巻まで。
    もうそろそろ新刊が出るのではないかと思います。
    よかったらどうぞ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    草野誼

    しおりをつける
    blank
    じんじん
    草野誼さんいかがでしょう。ただし、過去の作品集入手困難かも・・・。
    とにかく泣かされます。
    そして折りに触れ思い出してしまう作品が多いです。

    ただし、今「YOU」に連載中のものはちょっと毛色が違うかも(爆)。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ちょっと昔の漫画になりますが・・

    しおりをつける
    blank
    山の手
    「天を見つめて地の底で」
    ちょっとだけボーイズラブっぽい要素が無きにしも非ずですが、
    タイタニックの話のところでは本当に泣きました。
    登場人物がみんな何かしらの影を抱えていて、考えさせられます。

    「寄生獣」
    環境問題、弱肉強食とか様々な問題を投げかけてくれる漫画です。

    「やさしい悪魔」
    人間の願いをお金さえ払えばなんでもかなえてくれる悪魔の話です。
    一話読みきりですし、戦争・貧困・心のきれいさ・人間の欲望いろいろな
    問題を提起してくれます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私個人の好みですが・・。

    しおりをつける
    blank
    ひかり
    萩尾望都、大島弓子、佐藤史生のマンガをお勧めします。著者名で検索すれば、作品が出てくると思います。
    得に、SFがお嫌いでなければ、萩尾望都のSF系のマンガは奥が深いです。‘百億の昼と千億の夜(光瀬龍原作)’‘スターレッド’などなど。そしてSFではないけど、バンパネラが主人公の‘ポーの一族’などはお勧めです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    近藤ようこ

    しおりをつける
    blank
    じょん
    夫が買ってくる漫画雑誌に、
    この人の漫画が載ってると読みます。
    重くはないけど深い気がします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ・・・

    しおりをつける
    blank
    ももこ
    寄生獣。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    御参考までに…

    しおりをつける
    blank
    らん
    新書館から出版されている
    「コインロッカーのネジ。」こなみ詔子 全5巻

    祥伝社から出版されている
    「DOLL」三原ミツカズ 全6巻

    どちらも人間とは何なのかと考えさせられる話で私は大好きです。
    「DOLL」の方は特に重過ぎる問題が沢山なので大人の方向きだと思います。性的な場面もありますし…
    どちらも、暗く重く、ドンヨリする内容を最後までは引っ張りませんので、もしよろしければ読んでみてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「はみだしっ子」シリーズ

    しおりをつける
    blank
    しあん
    少女漫画の金字塔、三原順さんの「はみだしっ子」シリーズをお薦めします。
    白泉文庫から発売されています。

    絵は少女漫画~~~という感じなのですが、大変重い作品です。
    あらすじを書けば陳腐な感動もののようになるのですが、主人公やそれを取り巻く大人たちの言動一つ一つが重く、そして心に響きます。

    三原順さんの作品はデビュー作から未完の遺作となる「ビリーの森ジュディの樹」まで、「考えずに読める」作品はほとんどありません。

    重い作品が読みたい、というのなら彼女の作品です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      そうですねぇ

      しおりをつける
      blank
      T2
      「夕凪の街桜の国」はどうでしょうか?
      ヒロシマを描いた漫画で、
      原爆で被爆者となったある一家の
      人生を追っていく話です。(凄く大雑把に言うと)

      簡単に分けると、
      前半がヒロシマに住んでいたお姉さんの話。
      後半が東京へ移り住んで、被爆者と結婚した
      弟とその家族のお話です。

      あと「MONSTER」も面白いですよ。
      アニメにもなっていましたが、
      ある医者が事件に巻き込まれた男女の双子を
      救いますが、実はその少年は・・・
      といった感じのお話です。

      後はMONSTERと同じ作者ですが、
      「二十世紀少年」とかも面白いかも。
      暗さでいうなら、こちらの方が暗いかな?

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      つげ義春の漫画

      しおりをつける
      blank
      エンタメ主義
      「ねじ式」で有名なつげ義春氏の漫画はいかがでしょう。

      この方の描かれる漫画には「答え」がありません。

      「孤独とはこういうことだ!」とか、「この物語のここに感動しろ!」とか、「主人公の生き様に涙せよ!」といった、読者に対する押し付けがまったくありません。
      読者が考える余地が残されている貴重な漫画です。

      読み進めると、どこかのページが、自分の過去や経験と共鳴し、ねばっこく記憶に残ります。「この漫画、わけわかんないんだけど、このページだけが妙に記憶に残る」「このページを見ると、なぜか昔の思い出したくないことが脳裏に蘇ってくる」そんな思いをするかもしれません。

      自分の心の奥底の深い深い穴をを覗き込むような…
      ふだん目を向けなかったトラウマを引きずり出すような、奇妙なカタルシス(?)を味わえること請け合いです。

      小学館文庫から出ている「ねじ式」「紅い花」が、現在もAmazonで入手可能です。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      ナウシカ

      しおりをつける
      blank
      ヒスヰ
      こんにちは。
      私のオススメは『風の谷のナウシカ』の原作コミックです。

      映画を観た人は多いと思いますが、私はコミックのほうが断然面白いです。深みが違います。終盤は人間の世界を超越してます。重たさに打ちのめされます。それでも読み出すと止まりません。のめりこみすぎて息切れします。スゴすぎ。

      私は全七巻のセットを買いました。
      すべて読み終わってもしばらくすると急にまた読み返したくなるので、きっと何年たっても古本屋に売ることはできないだろうと思っています。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      萩尾都望さん!

      しおりをつける
      blank
      はるっち
      彼女の作品はかなりお勧めです。重いテーマが多いですし、漫画なのに安易な展開にはなりません。有名どころだと「ポーの一族」や「残酷な神が支配する」などがあります。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      萩尾望都さん

      しおりをつける
      blank
      オーロラ
      私の知っている狭い範囲の中では萩尾望都さんのマンガが重い&深いものが多いと思います。

      ●百億の昼と千億の夜
      人間とは?神とは?生とは?死とは?というようなスケールの大きい作品です。

      他にも
      ●銀の三角
      ●Marginal(マージナル)
      などが、難しいテーマを描いていたと思います。

      あと、手塚治虫さんの「ブラック・ジャック」も命について考えさせられる話が多いです。
      手塚さんなら「火の鳥」や「アドルフに告ぐ」などがもっと重くて深そうですが、未読なのですみません。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      そうだなぁ

      しおりをつける
      blank
      かあちゃん
      「Monster」主にヨーロッパを舞台にした、ミステリー(と言っていいかな)。
      「寄生獣」SFもの。
      どちらもかなりグロテスクですが、ずっしり重いテーマのコミックです。

      「ゆんぼくん」ギャグマンガですが、読みようによっては切なく重く、深いテーマを持っています。

      「AKIRA」SFもの。

      「風の谷のナウシカ」映画が有名ですが、その原作というよりも、さらに物語を発展させたコミックです。

      村上春樹がお好きな方がお好きかどうかはかなり疑問ですが。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      寄生獣

      しおりをつける
      blank
      五頭
      岩明均の「寄生獣」いいですよ。

      ちとグロいけど、そんな理由で読まないのは勿体ないほどいい漫画です。必要以上に長くも短くもないし。

      この人の漫画って、メッセージ色が強いけど押し付けがましくなくて好きですね。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      冨樫義博!

      しおりをつける
      blank
      赤毛のケリー
      漫画・小説とも好きですが、どちらもテーマの重いものが好みです。
      そんな私が1番好きな漫画家は冨樫義博氏。
      『幽遊白書』は超有名ですね。
      現在は『HUNTER×HUNTER』を好評連載中。

      作風は毒気とブラックユーモアに富み、
      人間の暗部を鋭く抉り出しています。
      でも主題はその中に希望を見出すことだと思う。
      また読者との知恵比べ的展開も秀逸で魅力的。
      例えば『幽白』で私が1番好きな話↓

      ある妖怪の少女が、奴隷商(実父?)に玩具奴隷として飼われていた。
      やがて彼女は酸で自らの美貌を焼くことで放逐され、自由を得る。
      男への憎悪と、たった一度優しくされた記憶との間で苦悩しながら、
      彼女は魔界の王にまで登りつめた。
      準主役の少年は、その記憶が復讐防止用の細工であったことを探り当て、
      彼女の誕生日に真実とともに男をプレゼントとして贈る。
      「好きなだけ切り刻め、飽きたら殺せばいい。ハッピーバースデイ」。
      憑き物が落ちたような顔で微笑む彼女。

      この内容が少年誌で許されたのは、
      氏の類稀な才能・実力・人気ゆえです。
      作品で言えば1番好きなのは『レベルE』。
      3巻という短い中に冨樫氏らしさが凝縮されててオススメです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      こんなのは?

      しおりをつける
      blank
      みかん
      「うしおととら」なんてどうでしょう?
      とても長くて確か40巻近くあるんですが、本当に面白いし、深いです。
      妖怪退治のよう漫画なので、最初はあんまり深そうに感じないんですが、本当に深いし感動します。
      絶対読んでもらいたいな~!!
      ちなみに、少年漫画です。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      萩尾望都の

      しおりをつける
      blank
      はりほー
      マージナルをお勧めします。私も漫画はあまり読まず、恋愛物も苦手ですが、これは高校生の時に友達から借りてツボにはまりました。ちょっと絵がくどい感じはありますが。人類の遺伝子に異変が起きて、男しか生まれなくなってしまった未来の話です。全5巻ですが、読み応えありますよ。
      あとは「竜の眠る星」だったかな。作者の名前は覚えていません。これも深くて面白かったです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        黒田硫黄

        しおりをつける
        blank
        p
        黒田硫黄の「大日本天狗党絵詞」というマンガはいかがでしょうか?
        他には、「ゼノンの立つ日」という短篇をお薦めします。「ネオデビルマン」という作品集の中に収録されています。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        寄生獣(きせいじゅう)

        しおりをつける
        blank
        サラダガール
        おすすめは「寄生獣(きせいじゅう)」です。
        描写がグロいので、そういうのが苦手だったら
        やめておいた方がいいかもしれません。

        今は人間中心の地球だけど、
        地球から見たら、人間の方がむしろ毒じゃん!
        というような内容です。
        ちょっと、説明が下手で申し訳ないのですが・・・
        けっこう考えさせられました。

        1~10巻まであったと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        作風は色々ですが

        しおりをつける
        blank
        大人漫画が好き
        深めのテーマを描いたと思われる、心当たりを紹介させていただきますね。
        (いずれも、”雰囲気”自体はそこまで重くないです)

        『マスターキートン』勝鹿北星・作/浦沢直樹・画(ビッグコミックス)
        変わった経歴を持つ男の、何だろう、サスペンス・・?
        深いです。内容は、基本的に一話ごとに分かれてますが
        全体として長く、読みごたえあり。

        『蟲師』漆原友紀(アフタヌーンKC)
        虫ではない蟲と、それをめぐる人間のお話。
        雰囲気のある、大人向けの漫画、と言えそう。
        今月から深夜にアニメ化です。難しそ~

        『花田少年史』一色まこと(講談社 アッパーズKCDX)
        これもアニメ化(深夜)されました。
        幽霊が見えるようになった男の子のお話です。
        絵柄は暖かい感じで、笑いもあるけど泣きまくりました。

        『もっけ(勿怪) 』熊倉隆敏(アフタヌーンKC)
        二人姉妹と物の怪の、ちょっとほんわかしたお話。
        単純なホラーではないです。民俗学の要素あり。

        ちなみに全部、三十歳前後の方から教えていただきました。
        あと、ここのサイトの傑作マンガTOP100のとこも、参考になるかもです。

        http://kajipon.sakura.ne.jp/

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        古本屋かなぁ・・・

        しおりをつける
        blank
        ふつえ
        全2巻ですが、ひらまつつとむさんの「飛ぶ教室」は如何でしょうか?
        しかし、古い本なので(20年位前?)古本屋さんにあるかなぁ~
        ジャンプコミックスです。
        確か・・・・・

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        人魚の森

        しおりをつける
        blank
        こてつ
        高橋留美子先生の人魚シリーズはちょっとホラーが入ってはいますが、考えさせられます。
        あと、不朽の名作と思うのは手塚治虫先生の「火の鳥」です。永遠に生き続けられるという火の鳥をめぐる様々な人間達の話です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        とりあえず・・・3つ。

        しおりをつける
        blank
        ゆずかわ
        萩尾望都さん「トーマの心臓」
        竹宮惠子さん「風と木の詩」
        超有名どころですけど。
        私が初めて読んだのは20年程前ですが、
        読めば読むほど、理解が深まっていくのがわかります。
        魂の孤独、真の無垢、善と悪、そして救済について、
        考えさせられます。

        そして獣木野生(旧・伸たまき)さんの「パーム」
        最初はなかなか入り込めないかもしれませんが、
        読み出すとがっちり捕まえられる感じです。

        人間の業とか、宿命とか、生きる意味とか、
        環境問題も深く切り込んで描かれています。

        とは言え、結構小気味いい笑いもちりばめられて
        いるので、おもしろいですよ。おすすめです!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        読んだ本は全部漫画ばかり

        しおりをつける
        blank
        たぬき
        重い、と言えば、カムイ伝(By 白土三平)。
        全然救いが無いです。

        深い、と言われると、少し迷いますが、孤独感と言う意味では、
        短編集「悪魔が夜来る(By ひさうちみちお)」の「ヨセフ」は、かなりきてます。
        が、表題作の「悪魔が夜来る」と「ヨセフ」以外の作品
        (「ベルサイユの薔薇族」とか)が駄作過ぎて、あまり信じてもらえないです。

        短編集(全3巻)「茄子」(By 黒田硫黄)も深いです。

        長編もお読みになる気がおありなら、
        「風の谷のナウシカ」(By 宮崎駿)
        「はみだしっこ」(By 三原順)
        もお薦めします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        重い漫画

        しおりをつける
        blank
        たまみ
        少し古めですが「寄生獣」(岩明均)とか、「犬神」(外薗昌也)など、人間と生物、地球の存在を問う力作だと思います。一度読んでみてください。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        こんなのはどう?

        しおりをつける
        blank
        Jean Paul
        「家裁の人」とか、ちょっと話の設定が大袈裟かもしれないけど「ブラックジャックによろしく」とか?他に重いのと言ったら「オルフェウスの窓」などでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        もう読んでいたらごめんなさい

        しおりをつける
        blank
        ぴのこ
        ずばり、手塚治虫さんの「ブッダ」です!わたしはこれで人生観変わりました。

        あと、今さらと思われるかもしれませんが、宮崎駿さんの「風の谷のナウシカ」。原作の漫画のほうは映画以上にスケールが大きく、テーマが深すぎ。読んだ後に、まさかこんな話だったなんて・・・!としばらく放心状態になったほどです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        手塚治虫さんしかない。。。

        しおりをつける
        blank
        TAKAKO元勘太郎
        重い、深い漫画というと、手塚治虫さんの作品に尽きると思います。

        『火の鳥』『ブラックジャック』『アドルフに告ぐ』なんかがお奨めですが、究極的には、釈迦の生涯を描いた『ブッダ』が一番のお奨めです。仏典などと比較すると、手塚さんの脚色した部分もありますが、人間臭さのある『手塚ブッダ』は、読みごたえがあります。これを読んで改めて仏典を読んだりするのも良いですし、元々仏教を学んでいた人が読んでも楽しいです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私はこれがおすすめ

        しおりをつける
        blank
        くんくん
        高橋留美子の「人魚の森」。

        共食いをしてしか生きていけない人魚の物語です。
        重いですよ~。切ないですよ~。

        書店になければ漫画喫茶などで読めると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        T・E・ロレンス

        しおりをつける
        blank
        まるねこ
        神坂智子さんの「T・E・ロレンス」をお勧めします。映画で有名なアラビアのロレンスの生涯を神坂さんの史観で描いた大河ドラマです。

        アラブへの愛情(憎?)と故国イギリスの思惑との狭間で苦悩するロレンスの切ないまでの孤独、何度読んでも心を打たれます。

        イスラム文化についても教えられることが多く、興味深いです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        手塚作品

        しおりをつける
        blank
        是非どうぞ
        32歳女性です。
        私は活字が苦手なのでコミックばかり読みますが。(イラストが付いていないと誰が誰だったか分からなくなってしまうので小説などは読むのが大変で。。)

        「きりひと賛歌」
        「ブラックジャック」
        「火の鳥」

        個人的にはきりひと賛歌が好きです。人間同士の欲や差別、孤独、偏見、エゴ。
        手塚作品は大人になってから更に好きになりました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        こんなので、いいのかな?

        しおりをつける
        blank
        小太郎
        YAWARA!を書いた浦沢直樹さんの「モンスター」はお勧めです。この漫画は直木賞にも受賞され、深夜にアニメ放送されました。

        一人の日本人外科医が病院である男の子の命を救った為に、色んな事件に巻き込まれると言う物語で、とてもリアルです。

        かなり重いです(笑)。確か、17巻まで続いたと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ブッダ

        しおりをつける
        blank
        みる
        やっぱ手塚治虫の「ブッダ」かな。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        恋愛色もありますが・・・

        しおりをつける
        blank
        おたく主婦
        相当昔のものですが、、、

        「サイファ」がお勧めです。

        どこから出ているかとかイマイチ記憶が曖昧ですが、重く、深かった記憶があります。
        「花ゆめ」から出たのだったかな。。。??

        舞台はアメリカ。ハイスクールに通う双子の俳優サイファとシヴァ(本名ロイとジェイだったかな?)を取り巻く人間模様を描いてます。

        昔、かなりはまりました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        家裁の人

        しおりをつける
        blank
        nakamura
         昔、片岡鶴太郎・主演でドラマ化されたマンガです。「家裁」とは家庭裁判所のことで、主人公はそこの判事です。現代の社会の歪を裁判官を通して描かれています。

         ご一読あれ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        モンスター

        しおりをつける
        blank
        直子
        浦沢直樹さんの「モンスター」少年マンガですが、ハマりました。最近まで深夜アニメで放映されていましたが(今は終了しました)マンガの内容から言って「子どもには見せられないよなあ。深夜放送しかないよね」と納得でした。えっちな内容ではないですよ、念のため。子どもには意味が分からないストーリーだろうという意味です。

        とにかく重く、深く、人間とは生きるとは何か?を考えさせられます。

        あとはポピュラーですが弘兼憲史さんの「課長島耕作」これも子供向けではなく逆に大人が読んでこそ楽しめますよね。

        どちらもマンガというイメージを覆す傑作です。素晴らしい小説が絵になったような感じです。

        実は私も活字中毒。マンガなんてとバカにしていましたが夫からこの2作を勧められて「騙されたと思って読んでみて」と言われて・・見事にハマったのです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        簡単に紹介します

        しおりをつける
        blank
        あゆむ
        ちょっとだけ感想を。

        ・浦沢直樹
        『MONSTER』
        電車で読んでて乗り過ごしちゃいました(私だけ?
        目が離せない。

        ・山下 和美
        『天才柳沢教授の生活』
        人間のいろんな部分がみえてくる。
        広い意味での愛を感じます。

        ・吉野朔実
        『少年は荒野をめざす』
        『ぼくだけが知っている』
        作者の世界観がスゴイ。

        ・荒川弘
        『鋼の錬金術師』
        兄弟の生き様に惚れました。
        アニメ版より原作おすすめ。

        ・萩尾 望都
        『ポーの一族』
        友人のお母様に借りたのがきっかけ。

        ・幸村誠
        『プラネテス』

        その他いろいろあった気が。でも思い出せない。

        とりあえず、評判のいいものだけを挙げてみました。
        好みに合うといいのですが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        さくらの唄

        しおりをつける
        blank
        ずー
        漫画家さんの名前は忘れました・・。
        青年漫画、だと思います。
        私には重かったです。読後は彼氏とセックスできなくなりました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        少年・青年まんが

        しおりをつける
        blank
        少年の心を持つ女
        こちらは女性が多いでしょうから私は少年・青年系で。
        【ARMS】小学館:少年サンデー皆川亮二
        アニメ化にもなった作品です。
        日本で平和に過ごしていた少年に、ある日突然襲い掛かる敵…
        と、書くとよくありそうですが、生きる意味、人と言う種は生きる価値があるのかとかを問う作品です。

        【F】小学館:ビックコミックスピリッツ 六田昇
        こちらもアニメ化になった作品です。
        アニメでは走るしか能のない負けず嫌いの少年の部分がピックアップされてますが
        原作は大人になるまでを描いています。
        親子関係がテーマかな。

        【デビルマン】
        言わずと知れた永井豪の名作中の名作。
        テレビシリーズが有名ですが、漫画とは全く違うお話。
        人間の醜さ心の弱さ愛の罪深さなどなど。

        最後に全然雰囲気は重くないんですがお気に入りのマンガ
        浦沢直樹の「マスターキートン」(小学館)
        こちらもアニメになりましたが
        元SAS(英空挺部隊)のオプ(保険の調査員)のお話です。
        感動系です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        パームシリーズ

        しおりをつける
        blank
        とここ
        獣木野生さんの作品です。

        「お豆の半分」から始まり、現在も連載中です。
        多少の恋愛はありますが、生き方や環境問題など、考えさせられることが多々あります。

        絵が独特なので、好き嫌いがあるかと思いますが・・・

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        現在連載中

        しおりをつける
        blank
        ざわわ♪
        月刊ガンガンコミックス
        『鋼の錬金術師』なんてどうでしょう?
        現在も連載されており、年齢層はかなり広いです。

        アクションシーンが豊富にありかなり少年漫画の色が濃い作品ですが、<生と死> <命の重さ> 
        <世界>とはどういうものか、を常に問い続けております。
        少々グロい表現(四肢切断など)がありますが、平気であればどうぞ。
        絵もシンプルで読みやすく、コマ割りもしっかりしており、読みやすい作品です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        それなら・・・

        しおりをつける
        blank
        りぼん
        『Dr.コトー診療所』がいいと思います。

        既にドラマで放送されましたので、ご存知かも
        しれませんが、本ッ当に深い漫画です!
        私はこれをキッカケにコトー先生を演じた
        吉岡秀隆さんも大好きになったくらいです。
        是非、ためしに一度は読んでもらいたい・・・
        人間というもの、命というものを考えさせられます。

        ドラマから入るのもおすすめ☆です♪

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        空の色に似ている

        しおりをつける
        blank
        さよこ
        三原さんの「はみだしっ子」をおすすめしようと
        おもっていたら、
        すでに、何人かの方があげていらっしゃるよう。
        そこで、内田善美さんの「空の色に似ている」は
        いかがでしょうか?
        もう処分してしまって、コミックスが私の手元にないのですが・・。
        一見恋愛もののようでいて、深いお話でした。
        (私は、このお話を読んで、
        絵本の「ぼくを探しに」(シルヴァスタイン作)の存在を知りました。これは今も手元にあります)
        あ~、「空の色に似ている」もう一度、読みたくなってきた。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        「家族の食卓」

        しおりをつける
        blank
        スタンシアラ
        私が自分では深いと思っている好きな漫画は、柴門ふみさんの「家族の食卓」です。ひとりぼっちの時に読んでると妙に泣けてきちゃいます。ほのぼの系なのでほんとに深いのがいい人には物足りないかも。あと弘兼憲史さんの「人間交差点」も深いと思います。一話完結で読みやすいし、いろんなテーマがあって良かったです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        グロいですが

        しおりをつける
        blank
        ぼのぼの
        寄生獣。

        他の方も薦められるように、とにかくスケールが大きく、人間とは何のために生まれてきたのか深く考えさせられます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        おすすめは・・・

        しおりをつける
        blank
        ナッキー
        「生徒諸君」です!!!

        二十何巻かまであるのですが、本当に読み応えがあります。
        学生時代の仲間たちがいろいろな経験(結構つらい経験も)をしながら大人になっていく物語です。

        昔小泉今日子さんがドラマでやってました。
        主人公のナッキーが本当にひたむきでがんばりやさんで。
        本当に感動しました。

        単なる学園物ではなくてとっても濃いです!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        やっぱり手塚治虫

        しおりをつける
        blank
        smoke
        「ブッダ」深いです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        三丁目の夕日 夕焼けの詩

        しおりをつける
        blank
        masa
        深いといったらこれでしょう!
        西岸良平さんの
         「三丁目の夕日 夕焼けの詩」
        これは実に深いですよぉ~!
        はまりますよぉ~!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        槇村さとるさん

        しおりをつける
        blank
        ひでこ
        恋愛がらみでもありますが(その分、読みやすいと思います)…人生結構考えさせられます。

        絵もきれいでクセがないのでおすすめ。
        中でも私が好きなのは「イマジン」と「おいしい関係」です。男性にも読んでほしいなぁと思います。なんか読んだ後に元気に前向きになれる作品が多いのでおすすめです。いずれも集英社から出版されてます。

        「はみだしっこ」のおすすめが多いですね!私が読んだのはずいぶん前なのですが、少し抽象的で哲学的なので多少好き嫌いがあるかも…?!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        パームシリーズは如何でしょうか?

        しおりをつける
        blank
        伸たまき著、コミカルな作品に見えて、奥が深いですよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ダークグリーン

        しおりをつける
        blank
        うなり
        かなり古い漫画ですが、
        「ダークグリーン」 佐々木淳子先生の作品です。
        単行本で10巻ぐらいかな。
        環境問題に関するSFなんですが、
        私は読んだ時、かなりショックを受け、
        いったいどうしたらいいのかという気持ちで
        そして一回以上読むことができませんでした。
        静かなところでゆっくり集中して読むことをお勧めします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        わたしは好きなんですが【悪魔の花嫁】

        しおりをつける
        blank
        かんだた
        人間の孤独や残酷・嫉妬・憎悪・虚栄などなど

        美しい悪魔(デイモス)が誘うファンタジーホラーです

        題名は悪魔の花嫁でデイモスの花嫁となっています

        古い作品ですが何度読み返しても

        いろいろな意味で深く考えてしまう事が多くあります

        人間の本質に迫った哀しい部分も秘めてオススメの

        作品です

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        リアル

        しおりをつける
        blank
        ぱんだまん
        井上雄彦先生のリアルです。
        スラムダンクも良かったけど、リアルは重くて切なくて・・・でもずっと見届けたいと思う作品です。
        早く新刊が読みたい!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        白土三平

        しおりをつける
        blank
        hi-ko
        『カムイ伝』に一票!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        自分が読んで面白くなかったものもあり

        しおりをつける
        blank
        じゅーん
        重い というとちょっと宗教がかったものですかね。
        読後、ずっしりと気分が重くなるような
        それと幼少時のトラウマに支配された人生ですか

        ★MONSTER         浦沢直樹
        ★残酷な神が支配する       萩尾望都
        ★イティーハーサ 水樹和佳子
        ★T・E・ロレンス        神坂智子
        ★夢見る惑星           佐藤史生

        恋愛物は苦手と言う事ですが、
        ★薔薇のために          吉村明美
        は、バリバリの恋愛物ですが、脇役の台詞が重く深く人生のエッセンスが凝縮されていて考えさせられます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        風の谷のナウシカ

        しおりをつける
        blank
        30歳土民
        は読まれましたか?アニメ映画の方とはかなり内容が違います。数倍の深さとボリューム、展開も若干違うって感じ。感動というより、ショックと悟りに似た冷静さが残ります。

        決してハッピーエンドではなく、はっきりいって難しいです。アニメのほうは綺麗なところだけ切り取って万人受けするように纏められたんだなぁと感じてしまいました。まぁ2時間に纏めるには仕方ないでしょうし、あれはあれで大好きですが。のめりこめる内容と思いますが、集中しないとわからなくなってきたりして、何度も読み返すようなこともありす。購入はだいぶ前ですが、歳を重ねて気が向いたときに読み直す度、新しい解釈ができるような・・。私の未熟さゆえかもしれません。

        とても深いと思います。深さを求めて読むと、どんどん深くなって行きます・・うまく言えませんが、私がまだどのくらい深いのか測りきれていないという感じでしょうか。
        是非読んでみていただきたいです。

        私が持っているのは徳間書店のA4サイズ×7巻のものです。ちょっと大きさ的に通勤用というよりは、休みの日に集中して読むって感じでしょうか。秋雨の休日にお家にこもって・・なんていいと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        風の谷のナウシカ

        しおりをつける
        blank
        きりん
        原作がおすすめです。

        大型版で全7巻、 愛蔵版も出ています。
        アマゾンで購入できます。
        私が語るより、アマゾンの評価を見ていただいたほうがより参考になるかと思います。

        原作はとてもとても深く、考えさせられる物語です。
        映画で取り上げられていた部分は2巻くらいまで。
        その先がものすごく壮大な展開です。
        初めて読んだのは高校生の時でしたが、難しくて何回も読み直したのを覚えています。

        地球とは、生物とは、人間とは…。なぜ生きていくのか…。
        今読んでも心揺さぶられます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        自虐の詩

        しおりをつける
        blank
        ss
        既出ですが、萩尾望都、三原順の作品に尽きます。どれも深いですよ。三原順は故人なので新作はでませんが、「はみだしっ子」シリーズと、「ムーンライティング」「SONS」が代表作です。「ムーンライティング」と「SONS」は同じシリーズですので是非いっぺんにどうぞ。遺作となった「ビリーの森ジョディの樹」まで、重いという意味では三原順がピカ1だと思います。
        萩尾望都は以前の作品も大変良いですが、最近の「残酷な神が支配する」や「バルバラ異界」でも深いテーマが扱われています。特に完成度の高い作品としては、「トーマの心臓」「銀の三角」「ポーの一族」あたりでしょうか。「メッシュ」シリーズは、80年代の病理がすべて描かれているといわれています。

        それ以外では、最近吉野朔実の「period」がいいです。まだ完結していませんが、テーマは暴力性、かな。
        この方、美しく容赦のない漫画を描く方です。

        それから、さりげなく深いのが業田義家の「自虐の詩」。なんと4コマ漫画なのにすごい大河ドラマです。泣けます。後味も最高です。オススメ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        悪魔の花嫁

        しおりをつける
        blank
        pyontaro
        あしべゆうほさんの「悪魔の花嫁」です。
        人間の心の中を描いています。生き方を考えさせられる、重く深い漫画です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        やっぱり「火の鳥」

        しおりをつける
        blank
        えんでぃ
        村上春樹さんだいすきです!
        わたしのおすすめ重い&深い漫画です。
        「火の鳥」手塚治虫
        「漂流教室」楳図かずお
        「孔子暗黒伝」諸星大二郎
        「AKIRA」大友克洋
        これらは読まないで死んでたら後悔したろうなー、と思うものです。

        あとは、春樹さんがお好きなら安西水丸さんの漫画はいかがですか?
        何か事件が巻き起こるというわけでもなく、わりと日常のなかの風景を
        ぽつっと取り上げたような話しが多いですがこころがしーんとしてきて
        そのあとじわっとみずみずしさを感じるようなすてきな漫画です。
        ある意味でとても深く、重いように思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        成田美奈子

        しおりをつける
        blank
        さくら
        『CIPHER』とその続編の『ALEXANDRITE』をお勧めします。
        白泉社から、文庫化されています。
        自己の存在意義を追い求めるハイティーン達の成長物語です。
        中学生だった当時、泣きながら読みふけりました。
        大人になった今でも、好きな作品のひとつです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        不思議な少年

        しおりをつける
        blank
        TTT
        山下和美さんの「不思議な少年」
        これは滅茶苦茶テーマが重いです。
        現在4巻まで出ています。

        永遠の命を持つ少年が時代を超え
        「人間」を見つめるお話です。
        少年はあくまでも傍観者として
        描かれています。
        その時代に生きた人間達の喜びや
        悲しみ、運命の皮肉などがテーマ
        となり、オムニバス形式でお話は
        続いていきます。

        因みに、「天才柳沢教授の生活」
        を描いたのもこの人です。
        柳沢教授もなかなか良いですよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        不思議な少年の4巻は・・・

        しおりをつける
        blank
        TTT
        すみません、4巻は近日発売でした!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        デビルマン

        しおりをつける
        blank
        大二郎子
        永井豪さんの「デビルマン」
        アニメの方はある程度子供向けでソフトですが、コミックの方は考えさせられます。

        手塚治虫さんの「ザ・クレーター」「三つ目が通る」
        石ノ森章太郎さんの「サイボーグ009」(特にベトナム戦争の辺り)
        藤子・F・不二雄の「カンビュセスの籤」「ミノタウロスの皿」
        諸星大二郎「砂の巨人」
        楳図かずお「黒い猫面」

        すでに推薦されている、三原順さん、萩尾望都さん、竹宮恵子さん、大島弓子さんもよいと思います。

        諸星大二郎さんの作品は雑誌で読んでいたのですが、今は入手しにくいものがあるようです。どれも面白かったので、非常に残念です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        古いところで・・・

        しおりをつける
        blank
        ぷりん
        「はだしのゲン」という漫画が昔ありました。
        初めは楽しいんだけど、だんだん重い内容に…戦争もからんでいたような。
        幼かった私は途中で読むのやめました。

        最近なら「リアル」かな。
        重過ぎないけれど、本当、リアルです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        どんぐりの家

        しおりをつける
        blank
        sousou
        どんぐりの家です。

        しんどすぎて、何度も途中でやめようかと思いましたが・・・読んでよかったです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        吉田秋生

        しおりをつける
        blank
        冷奴
        吉田秋生さんの「BANANA FISH」おすすめします。
        ニューヨークを舞台にしたバナナフィッシュという薬を巡るハードボイルド?作品です。
        コミックス自体は全19巻で長いですが、友情あり感動あり…読み応えある作品だと思います。
        吉田さんの作品では「吉祥天女」(全2巻)もいいですよー。
        私の叔母に薦めたらハマっておりました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        嵐が原

        しおりをつける
        blank
        ぽわぽわ
        那州雪絵の「嵐が原」。
        「エメラルド・ケイブ」も。
        他にもいろいろあるけど、この人の漫画は明るい話(コメディ)とかでも根底は重いテーマが多いよね。

        岩館真理子「街も星も君も」
        「ヴィヴィアンの赤い爪」。
        他にもいろいろ腐るほど名作があるけど、この人の漫画も、コメディからシリアスまで、辛らつな内容で重かったりしますよね。

        少年漫画から出している方が多いので、少女漫画系から推薦させていただきました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        重いのか・・・

        しおりをつける
        blank
        ぽんぽん
        深いのか・・・でも心に残っているのは
        吉野朔美「少年は荒野をめざす」
        日渡早紀「僕の地球を守って」
        あたりですかね・・・思春期にはまっていたのは、きっとその頃の「妙な孤独感」「疎外感」のせいかもしれません。
        大島弓子の「ダリアの帯」(文庫で出ています)も面白いと思いますよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主さんの条件からいくと……

        しおりをつける
        blank
        まんがっこ
        すでに紹介されているものとかなりかぶりますが……

        ・萩尾望都「残酷な神が支配する」←イチオシ!
             「半神」

        ・岩明均「寄生獣」(条件からはズレるかも)

        ・西炯子「水が氷になるとき」「僕は鳥になりたい」

        ・TONO「チキタGUGU」

        いかがでしょう?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        空の色に似ている

        しおりをつける
        blank
        チャコ
        というタイトルだったと思いますが、内田善美さんの作品です。
        (他の方も内田さんの作品おすすめしてますね)
        もう20年ぐらい前の作品かと思いますので、手に入るかどうかわかりませんが、「ぶ~け」に連載されていました。
        高校生の男の子が主人公で、高校生活や淡い恋を描いた、絵もストーリーも美しくて切ない、わたしには芸術作品と言えるくらいの作品です。
        トピ主さんに読んでいただける機会があるとよいのですが・・・。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        考えさせられる話

        しおりをつける
        blank
        竹宮恵子ファン
        萩尾望都の「半神」は短い(30pくらいだったかな?)けど深いです。

        竹宮恵子の「風と木の詩」は深いけど長すぎるかも。17巻くらいあります。

        手塚治虫の「火の鳥」は、子供のころSFだと思って読んでいましたが、今考えるとすごく深い話でした。さすがライフワーク、不朽の名作です。

        最近の作品だと、「蟲師」は深くて良い味が出ています。1話読み切りスタイルです。

        獣木野生の「ワールド」もおすすめです。これも読み切りスタイルですが、マイナーな出版社で本屋さんにあまり置いていないのが難ですね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        吉田秋生の

        しおりをつける
        blank
        課長代理
        BANANAFISH
        はどうでしょうね?
        幼少時に性的虐待を受けて人間不信の、男娼だった天才美少年がストリートキッズの頭になるんだけど、親友が殺されたり、心のつながりを初めて感じられる友人を見つけたり…
        ちょっと路線がちがうかしら?
        私はいろいろ考えちゃったけど…

        恋愛ものが苦手とのことですが、重い、ということで一番最初に頭に浮かんだのは一条ゆかりの砂の城でした。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私のお気に入りです

        しおりをつける
        blank
        らび
        ・西原理恵子「ぼくんち」

        貧困のるつぼのような島。
        その島の住人のいろんな人間模様、生き方が描かれてます。
        主人公は腹違いの小さな兄弟と、さらに腹違いのお姉ちゃん。
        一見ギャグ漫画のようですが、見開きの2ページが
        ちょうど一話分になっていて、その短い中にいろんな
        ものがぎゅっとつまっています。
        切なくて優しい、とても深い漫画です。
        でも絵や内容は苦手な人もいるかもしれません。
        全3巻。

        もうひとつ、
        ・棒野なな恵「Papa Told Me」

        主人公は小学生の女の子、お父さんと二人暮らし。
        その生活やとりまく人たちのエピソードです。
        とくに主人公の女の子やその考え方が魅力です。
        こちらは大人向け少女漫画といった感じで、
        ちょっとおしゃれな雰囲気もあります。
        でも内容は深いです。ちょっと抽象的ですが、
        さらっと読ませるのではなく、立ち止まって一緒に
        考えてしまうような雰囲気です。
        まだ続いていて、今は27巻くらいまで出ていたと
        思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私もつげ義春さんに一票!

        しおりをつける
        blank
        Minami
        他の方も挙げていらっしゃいますが 私もつげ義春さんの漫画に一票です!
         なんというか・・・ もう独特の世界ではっきり言って暗い、怖い、です;;
        でも一度読んだら忘れられず 怖いもの見たさで一時
        ハマりました。(私自身は超明るい性格なんですけどね・・・笑 )

        人生観はどうか分かりませんが”ねじ式”が有名です。 でも なぜか懐かしい気持ちになるのが不思議です。 興味があれば 一度ハマって?見て下さいね。面白いです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        萩尾望都さん

        しおりをつける
        blank
        ジェミ
        今までの書き込みと重複するものばかりですが、
        本をよく読まれる方に絶対お勧めなものをわたしからも。

        萩尾望都さんはとりあえず一押しです! ずっしりと読み応え
        あります。長編を得意とする作家さんですが、とりあえず
        さっと読める短編から入るならば「訪問者」「AーA’」
        「半神」「イグアナの娘」「銀の三角」をお勧めします。
        個人的には「ローマへの道」もお勧め。自分がアダルト
        チルドレンの傾向があるなあと思われる方は身につまされる
        とともにカタルシスと浄化を得られると思います。

        既に他界されている作家の三原順さん。重さで言ったら
        この方の右に出る方はいないと思われます。わたしの一押しは
        「SONS」です。「はみだしっ子」は思春期の方なら共感出来る
        と思いますが、31才に相応しい成熟に至っている方には
        青臭すぎるように思います。

        繰り返しになりますが、萩尾望都さんはマンガ作家の中でも
        素晴らしい水準の作品を産み出されてきた方です。好き嫌いは
        あるかと思いますが、とりあえずあまり古くない作品をまず
        読んでみて、それから過去の「ポーの一族」などに進まれた方が
        読みやすいと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        坂口尚「石の花」

        しおりをつける
        blank
        サジ
        私なら、坂口尚の「石の花」をお薦めします。
        第二次世界大戦下のユーゴスラビアを舞台にした物語ですが、戦争を題材にしている漫画にありがちな単純な反戦ストーリーではありません。人と人との対立軸のほとんどが示され、そしてそれを乗り越えて生きる姿勢が示されます。

        この作品を読むたびに、なぜこんなに坂口尚氏が世に知られていないのか不思議に思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        本物は違う

        しおりをつける
        blank
        貞治
        「寄生獣」いいですよ。不覚にも泣きましたから。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        鋼の錬金術師

        しおりをつける
        blank
        かかし
        最近の漫画です・・・映画にもなりました。でも、深いですよ。読めば読むほど深い・・・と私は思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        『風の谷のナウシカ』『藤子不二夫短編集』

        しおりをつける
        blank
        しずかちゃん
        既にオススメされている方がいらっしゃいますが、『風の谷のナウシカ』は私も大好きです。一度読んだら忘れられないです。

        あと、小学館から出版されている『藤子不二夫短編集』(全四巻)もオススメです。
        短編ではありますが、読後感は長編にも勝るとも劣らず、と言う感じです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        カリフォルニア物語

        しおりをつける
        blank
        読書の秋
        吉田秋生の「カリフォルニア物語」いかがでしょうか
        「BANANA FISH」もおすすめです。どちらも人の孤独について描かれた作品だと私は思ってます

        村上春樹読んだことないのであれなんですが(汗)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        案外重いのが…

        しおりをつける
        blank
        オノデラ
        ヤンマガなどでお馴染みの古谷実氏の作品です。

        古谷氏といえばギャグ漫画の「行け!稲中卓球部」が有名ですが、
        それ以外の作品(割と最近の作品)は重いです。
        オススメは、

        ・「ヒミズ」
        不公平な世の中に生まれ落ちた負け犬中学生を笑えないほど真正面から描いた作品です。

        ・「シガテラ」
        こちらも「ヒミズ」同様、なんともいえない独特の暗さ・張り詰めた空気のようなものが感じられます。青少年の心の葛藤や生き様。結構胃の痛くなるよな展開。でも随所に笑える部分もあって(ブラックユーモア?)面白いです。

        古谷氏の作品は絵も見やすいですし、話の展開もユニークで、飽きずに読み進められると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        20世紀少年

        しおりをつける
        blank
        カンナ
        イチオシです。人間の怖さがあります。

        とちゅうの巻にしかけがあってあまりにもびっくりして、本を投げてしまったほどです。
        決してホラーではないのですが、人間の内側に秘めたモノに恐怖を感じます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        村上春樹とはかぶりませんが

        しおりをつける
        blank
        めー
        「親なるもの 断崖」 曽根富美子
        レディスコミックですが、当時の暗い歴史と共に、女性の哀しみや強さを深く考えさせられます。
        曽根さんのお話しはどれも心に突き刺さる、考えさせられる作品ばかりです。

        「花男」 松本大洋
        長島茂雄命の野球しか能が無いダメ父と、離婚した嫁に引き取られたお勉強は出来るし大人びて
        いるけれど人としてダメダメな小学生の息子が繰り広げる成長+青春?マンガです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        これは違うかな?

        しおりをつける
        blank
        ははは
        手塚治虫さんの「火の鳥」「きりひと賛歌」(字がちがうかな?)がいいかな。
        絵が怖いけれど、楳図かずおさんの「漂流教室」も考えさせられます。親になって読むと、余計に、主人公の母親に気持ちが分かって、最後は感動で(怖くてではない)涙が出ます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ちょっと外れますか?

        しおりをつける
        blank
        まんまるじゅごん
        ちょっとリクエストとは分野が違いますが、「ブラックジャックによろしく」など如何でしょうか。
        少々前に、妻夫木聡の主演でドラマになったコミックです。

        妊娠中にベビーER編とがん医療編を読みました。
        特にがん医療編は秀逸です。投げかけられる「未承認薬による保険外診療とそれによる高額医療費」という問題はもとより、愛する者を残して逝かなければならない母の悲しみ、残される家族の悲しみが胸を打ちます。

        最新刊が先月発売されたようですが、精神科編はこれで完結したのかな?

        主人公の青臭い書生論が鼻につく場面も多々ありますが、一読する価値はあると思います。

        他、同作者では、つい先日ドラマ放送が終わったばかりの「海猿」もいいですよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        石の花

        しおりをつける
        blank
        クリオ
        みなさんが既にレスされているので
        手塚治虫先生以外の作品を。

        作者の坂口尚さんは手塚治虫さんのお弟子さんだそうです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        地味な作風なのですが

        しおりをつける
        blank
        さんまのひらき
        樹村みのりさんの一連の作品をお勧めします。

        デビュー時から一貫していわゆる少女マンガとは一線を隔した内容の作品を発表し続けていらっしゃいます。

        楽しい作品も少なくないのですが、それ以上に考えさせられる作品が多いです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        曽根冨美子さんの

        しおりをつける
        blank
        mamezo
        「親なるもの 断崖」はいかがでしょうか。
        貧しい農村から、遊郭に売られてきた少女たちの話です。
        怒りも、悲しみも、喜びも味わえる作品です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        人間交差点

        しおりをつける
        blank
        OB
        ですね。人間の汚い部分を隠さず描いています。
        子供の頃に読んでましたが、いい人生勉強になりました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        知ってたらすいません

        しおりをつける
        blank
        しの
        ざっと目を通したところ、他の方になかったので・・・

        庄司陽子さんの「生徒諸君」

        何度となく読み返した本です。
        古い漫画ですが、最近教師編が出ています。
        合わせて読んでみて下さい。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        戸田誠二

        しおりをつける
        blank
        はなび
        「生きるススメ」「唄う骨」「化けの皮」「ストーリー」「しあわせ」。
        重いというか、いろいろ考えさせられます。オススメ。

        結構前から好きな作家さんだったのですが、最近単行本化されました(嬉)。
        もともとホームページでWebコミックとして公開されてるものなので、一度サイトの方も見てみるとよいかと思います。
        「コンプレックスプール」で検索してみて下さい。
        本当にオススメします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        さいばら

        しおりをつける
        blank
        ああ
        西原理恵子
        一見ギャグのようで実は大人だからこそ号泣する重くて深い世界を描いてくれる作品多いと思う。
        ここのところは「毎日かあさん」とうつくしいのはら収録の「営業ものがたり」が楽しみです。

        ところで皆様もあげておられるマスターキートン・・・
        いろいろあって絶版になってたなんて最近気づきました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        最終兵器彼女

        しおりをつける
        blank
        にな
        ひさしぶりに心がちりちりと切なくなる漫画に出合いました。世界が戦争ばかりになり、もう終焉を迎える地球で国の勝手な決断にまきこまれる少女とごく普通のシャイな少年の哀しいラブストーリーです。
        ドラマにもなった「いいひと」を書いた人と同じ漫画家さんとは思えないようなすごい内容でした。

        すでにTVアニメ化OVA、こんどは実写映画と展開していますが漫画がやっぱり心に迫ってくるのではと考えます。理不尽に死んでゆく人々の個々の描写はかなり怖いとさえ感じるものがありました。

        その中でも「恋している」その気持ちだけはかわらない幼い生命のたどり着く先は・・・。

        読み終わった後もしばらく放心してしまった作品です。

        また何度も読み返してしまうんだろうなぁ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        藤子不二雄

        しおりをつける
        blank
        ななこ
        [藤子不二雄] カンビュセスの籤
        はいかがでしょうか。
        かなり、思いですよ。

        うーん、って考えてしまいます。
        人って・・・・。
        とも思ってしまうし。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        重いといえば

        しおりをつける
        blank
        漫画好き
        荒川弘さん
        『鋼の錬金術師』

        三原ミツカズさん
        『DOLL』

        をオススメします。
        双方いろんな意味でアクが強いですが、
        グロいのが苦手でなければ是非。
        特に三原さんのは涙なしには読めません。
        ですが不思議と読後感はスッキリします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        はりほーさんの言う「竜の眠る星」は…

        しおりをつける
        blank
        ぱっと読んだ感じだと、どなたも横レスつけていないようなので…。

        「竜の眠る星」は白泉社の清水玲子作品です。
        普通のコミックスのシリーズだとで5巻完結だったと思います。
        ジャックとエレナという二人のロボットが主人公の話で、
        「竜の眠る星」以外にも何作品か書いていたはず…。

        個人的には、エレナが出てこないけど、同シリーズの
        「22XX」もお薦めです(1冊で完結)。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        最近の漫画は・・・?

        しおりをつける
        blank
        不死鳥
        楳図かずお「14歳」「漂流教室」
        中沢 啓治「はだしのゲン」などの古い作品ほど、重い
        テーマがあるのではないでしょうか?
        最近の時代背景,設定からどうかなぁ・・・?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        重いまんが大好きです。1

        しおりをつける
        blank
        まんが歴30年
        お勧めしたいなと思うものが沢山挙がっていてちょっと嬉しいです。

        一押しはやはり、「はみだしっ子」です。

        三原順さんの作品の魅力は、あっと思わせる展開のトリックと思わぬ所にある伏線、そして人間関係の深い描写です。

        最初の1巻は絵柄からしても少々子供っぽいという印象があるかもしれませんが、後半はどんどん深くなりますし、絵もとてもきれいになっていきます。
        6巻など、構成が素晴らしく、読み応えがあります。

        同じ三原さんで「SONS」はさらに深く、
        シビアな内容になっています。

        この前作となる、同じ主人公の「Moonlighting」も合わせて読まれるとすごく面白いと思います。
        これは笑えます。でもちゃんと深く、推理小説のような味まであって、一粒でいくつも美味しいマンガです。

        さらにこれまた同じ主人公の「X-day」も合わせてもいいと思います。

        そして、もし見つかれば、ですが、
        「夕暮れの旅」という単行本もどうぞ。

        この中の「Die Energy 5.2 11.8」は秀逸です。
        そして、最後の「踊りたいのに・・・」で、
        ここでも「Sons」の主人公が登場します。

        (続きます)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        重いまんが大好きです。2

        しおりをつける
        blank
        まんが歴30年
        (続きです)

        「ビリーの森ジュディの樹」は三原さんの後期の作品が好きになれたらどうぞ。
        作者の死後に出版され、加筆はあまりされないままの頁も印刷されていますので、いきなりだと違和感があるかもしれません。

        まだ挙がっていないのでは、
        市川ジュンさんの「陽の末裔」も良いです。

        大正から昭和の女性の生き方がよく描かれています。
        大和和紀さんの「はいからさんが通る」のシビア版といいましょうか。

        内田善美さんなら「星の時計のLiddell」。
        「空の色に似ている」も非常にいいですね。
        純文学のような味があります。
        「ひぐらしの森」もよいです。

        萩尾望都さんなら
        「ポーの一族」
        「11人いる!」
        「百億の昼と千億の夜」
        「マージナル」
        「銀の三角」

        手塚治虫さんなら
        「ブラックジャック」
        「ブッダ」
        「アドルフに告ぐ」
        「火の鳥」

        佐藤史生さんは「ワン・ゼロ」

        吉野朔実さんなら
        「月下の一群」
        「少年は荒野をめざす」

        荒川弘さんの
        「鋼の錬金術師」もよいですね。

        槇村さとるさんはどれも好きですが、
        深いというなら
        「イマジン」「おいしい関係」あたりですね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ジェッツ・コミック

        しおりをつける
        blank
        AF
        白泉社のジェッツ・コミックは、程よくマイナーで少々冒険的な重かったり深かったりする作品が多いです。
        その中でも一押しは、

        清水玲子『秘密~トップ・シークレット~』

        清水氏の作品は近未来SFが多く、そのどれもがユーモアがありつつも深いです。『竜の眠る星』や『輝夜姫』が秀逸。


        川原泉『ブレーメン2』

        川原マンガはそのどれもが楽しく哲学的です。ベースはコメディ漫画ですが、深いものがそこかしこにちりばめられてます。私は『中国の壷』という作品の、最後の言葉、「天壌無窮」の解釈に涙しました。


        ジェッツ・コミック以外でお奨めは、一見ほのぼのな、榛野なな恵の『Papa told me・・・』。父子家庭の小学生の女の子が主人公ですが、大人・子ども関係なく、自分自身を偽りなく生きるにはどうしたらいいか、ということが普遍的なテーマです。

        とりあえずこの辺を秋の夜長にお奨めします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        絵だけ見ると深くないけれど

        しおりをつける
        blank
        最近のは知りません
        山岸涼子「日出処の天子」。
        聖徳太子の話です。すごおく深い重い作品ではないかもしれないけど、人間の哀しさみたいなものを描ききって、歴史物の、きれいごとだけではすまないって意味での大河性?もあり、面白いです。

        この方は画力も確かで安心して見ていられるし、「天人唐草」を筆頭に人間の本性を鋭くえぐったような作品は、かなりインパクトあると思います。中間小説的というか、淡々とした短編にも佳作があります。少女マンガになんとなく偏見があった方にお勧めしてみたい作家です。

        深く重いといって筆頭だと思うのは、私も「カムイ伝」。

        三原順さんも大好きですが、「はみだしっ子」の特に最初の頃の絵は、いわゆる顔の1/3がキラキラお目め、みたいな絵に細かいコマ割りで、マンガを見慣れてない方には辛いかもしれません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        昔の少女漫画だけど

        しおりをつける
        blank
        春樹マニア
        村上春樹好きなトピ主さんには
        ちょっとジャンル違いすぎ
        なのが多くないですか?(笑)

        私はベルばらで有名な池田理代子さんの
        「オルフェウスの窓」(文庫本全9巻)
        が良いと思います。
        恋愛漫画ともとれるけど、
        その恋愛も、なんだかシビアで複雑。
        絶対必見ですよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ぼくの地球を守って

        しおりをつける
        blank
        まりも
        「ぼくの地球を守って」日渡早紀
        「イティハーサ」水樹なんとかさん??
        この二つ、好きです。

        上は若干恋愛絡みなのですが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        藤村真理さん、ラガワマリモさん・・・

        しおりをつける
        blank
        40代です
        槇村さとるさんを推しておられる方もいたので、つられて、少女漫画を推します。

        藤村真理さん「降っても晴れても」
        親からの愛に飢えていたピアノ弾きの少女と、その同級生の少女の織り成す、恋愛漫画です。(同性愛ではないですよ)
        読んでいて、どちらの気持ちも解る・・・と思いました。

        羅川磨里茂(漢字が違うかも?ラガワマリモさんです)「赤ちゃんと僕」
        人間関係の難しさとそれを乗り越えるすばらしさを、小学生の拓也くんと保育園児の実クンを通して学べると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        不思議

        しおりをつける
        blank
        ドビアンヌ
        出てない作品をいくつか

        「強殖装甲ガイバー」と「銃夢(ガンム)」をお薦めします。(SFモノ)

        「バカボンド」はあったかな?
        「ベルセルク」が未だなようなので出しておきます。(剣士モノ)

        上記より少し軽くなりますが、「修羅の門」「修羅の刻」も割とシリアスな内容でお薦め。(格闘モノ)

        番外として「ファイブスター物語」を出して置きます。
        超難解な小説がお好みでしたらどうぞ。

        それはそうと
        どうして同じ作品ばかり出るんだろう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        業田良家

        しおりをつける
        blank
        ぷき
        業田良家の「自虐の詩」なんかいかがでしょう?
        4コマが基本で、なかには数ページの話もあります。

        身近にはいないけど、現代の日本でもこういう暮らしを
        してる人っているのかな~。。ある意味孤独で、
        ある意味幸せで・・・とか、柄にもなく考えて泣けました。

        文庫のダイジェスト版?じゃなくて全部読みたい漫画です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        山岸凉子の作品

        しおりをつける
        blank
        花橘
        聖徳太子=厩戸王子を描いた「日出処天子」をおすすめします。
        数年前のある雑誌企画「漫画に芥川賞があるとすれば」で、受賞作にふさわしいと選ばれた作品です。

        天才厩戸王子の野望と孤独を描いた名作だと思います。王子が女性のように美しく、超常能力を持っているのです。おもしろいですよ。

        他にも山岸凉子さんの作品は、精神世界を描いて凄いです。「スピンクス」「天人唐草」「汐の声」「悪夢」などは人間の暗黒部分を描いてぞっとしますよ~。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        風と木の詩

        しおりをつける
        blank
        kk
        詩とかいて「うた」と読みます。
        深い・・・。深すぎます。
        そして切なすぎます。
        読み終わった後もかなり引きずります。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        まだ出ていないところで

        しおりをつける
        blank
        復刊希望
        小町特有のタイムラグのおかげで、掲載される頃には他の方がすでに出してしまうかもしれませんが(笑)

        1.曽根富美子「親なるもの 断崖」
        2.秋里和国「TOMOI」
        3.山岸凉子「鬼」

        1は残念ながら絶版です。インターネットの古書取引では、かなりの高値がついています。図書館等には置いてあるかもしれません。

        2は主人公が同性愛者(男性)なので、そういった描写が嫌いな人にはお勧めいたしかねますが、前半2/3を我慢してもらえれば、ラストの感動は保証します。

        3はホラーな描写が多々ありますので、やはりそういった雰囲気が苦手という人にはお勧めできません。実際、私の周囲では「泣けて仕方なかったけど、二度と読みたくない」という意見が圧倒的です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        医者物

        しおりをつける
        blank
        龍ちゃん
        医者物はお好きですか?

        言わずと知れた手塚治の名作ブラックジャックもオススメですが
        ドラマにもなった「ブラックジャックによろしく」もいいです。
        同じ漫画家さんの「海猿」も最近映画・ドラマ化されて面白かったですが
        今一番のオススメは「医龍」です!

        ビックコミックスペリオールといまいちマイナー誌で連載しているせいか
        知名度はもうひとつですが面白さは最高レベル。

        作者の乃木坂先生は、この作品以前は短期連載をしたことがあるだけで
        ちゃんとした連載はこの作品が初めてというが上手さはトップクラス。原案は永井 明。
        医学部を改革しようとする女助教授と、その人が連れてきた天才外科医のお話です。
        最近はオススメコーナーにも置いてあることも多くなり、ブレイク間違いなし!?

        あとはDEATH-NOTE(週間少年ジャンプ)も面白い。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ヘルタースケルター

        しおりをつける
        blank
        ひっく
        岡崎京子作 ヘルタースケルター
        主人公 りりこ 全身整形のうれっこタレント
        若さ・美貌が無くなった時に人は・・・・

        内容はかなりグロい場面も多々あるけど 凄く考え深い作品だと思います

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        今は「ベルセルク」。以前なら「アキラ」。そして「火の鳥」

        しおりをつける
        blank
        クライド
        「ベルセルク」
        二十何巻まで刊行。白泉社、ヤングアニマルにて未だ連載中。
        重厚、圧倒的なスケール、世界観、描写力、清濁、孤独と共鳴、恐怖と夢、青春と死、希望と絶望と。
        未だ未完である為に無冠な漫画なのかもしれない。
        とても大きなまんがだと思います。

        「アキラ」
        言わずもがなの大友克ちゃんのまんが。金字塔。
        連載開始の1P目から衝撃を受け連載の数年間は「アキラ」と共に青春を過ごしたような気がする。「アキラ」以後、大友さん以後のマンガを超えるものは無いと、当時は思いました。

        「火の鳥」
        済みません。終わりません。朝日ソノラマでの綺麗カバー刊行物を発刊を待ち焦がれて、繰り返し、読みました。刊行の度に超々未来と超々過去からと次第に現代に近づいてくる構成に気づき、そのスケールの大きさと結末を夢想する幸せな時期を過ごしました。
        かの本を思い出すと今でも居残りさせられた少年のような気持ちになる。
        手塚治虫よ...。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        まだ出てないのが不思議なぐらいです

        しおりをつける
        blank
        ぷくりん
        「光とともに・・・」現在8巻まであります。
        自閉症の男の子のお話です。

        お母さんが色々と勉強して、自閉症とは何か?
        周囲の偏見や皆への理解を深めようとする
        努力していて、初めてこういう病気もあると知りました。
        読んでいてリアルだし、自分の子が成長しているような気がします。

        「ブラックジャックによろしく」現在11巻まであります。
        研修医のお話ですが、病院とはこんな所か、こうやって
        治ったり、亡くなったりするんだ・・・と重いテーマがどっさり詰まっています。

        秋の夜長にいかがでしょうか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        山岸涼子

        しおりをつける
        blank
        ppon
        人間の孤独。。という点で「山岸涼子」さんの本はいろいろ考えさせられる短編なんかもあると思います。

        昭和の時代の作品でも、当時私は小学生で「変な漫画」って思ってたけど、今読むとまた違う意味で面白い。
        「日出ずる処の天子」も母と子の関係の視点みると切ない物語です。
        子供の頃はゲイの漫画と笑っていましたが、今よむと辛い、本来無条件に与えられるべき愛を受取れなかった人の心を考えさせる作品かなと思います。

        皆さんのレスになかったので、ちょっと意外でした。
        トピ主さんの意向を私がよみきれてないのかな?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        チキタ☆GUGU

        しおりをつける
        blank
        アリア
        TONOさんの作品です。

        とっても可愛い絵をかかれる方なのに、作品はシビアなのが多いです。
        チキタは家族全員妖怪のラーに食べられちゃうんですが、チキタはとっても不味くって、以来ラーに飼育される妖しげ屋となります。

        というのはとっても不味い人間は100年飼育すると、すごく美味しい餌になるからなのです。

        物心ついてくるとチキタはラーを憎めない自分と自分を守って死んだ家族を思って苦悩します。

        ライバルの妖しげ屋のニッケルの運命も実に過酷です。
        ラーの正体は一体?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        山岸涼子「天人唐草」

        しおりをつける
        blank
        麗しの聖母ひょう
        山岸涼子さんの「天人唐草」をお勧めします。
        短編なのですが、女性の生き方という点で
        すっごく重いです。

        厳格な父親に育てられた女性の
        悲劇的な物語です。

        20年くらい前に読んだのですが、
        将来、こんな風になってしまったらどうしようと
        恐かったです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ヒミズに一票!

        しおりをつける
        blank
        おさる
        一人の少年が自分の人生と向き合い、葛藤し、世の中の不条理に憤りを感じながら生きていく話です。

        「普通」とは何か。
        「普通」の素晴らしさを深く考えさせられます。

        読んだ後、私はかなりヘコミましたけど・・


        あと、「寄生獣」はメッセージ性が強く、ストーリーがよいですね。

        もう少し、絵が旨いといいのですが・・

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ダークグリーンにもう一票!

        しおりをつける
        blank
        是非どうぞ
        大好きな漫画の名前が挙がっているので2度目のレスをお許しください。

        絵が少女漫画ちっくなので読者が限定されているような印象を持っているのですが、もっと世の中に広まってもいいのに、と昔から思っています。

        少女だった私には話が難しく、大人になっても何度も読み返している漫画です。
        古いから大きな漫画喫茶でないと無いかな。

        ぜひ、じっくりと読んで頂きたい。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        イチオシ

        しおりをつける
        blank
        ナッツ
        めぞん一刻でお馴染みの高橋留美子さんの『人魚の森』『人魚の傷』なんかは短編集なので読みやすいかと思います。

        そうそう『ブラックジャックによろしく』もいいですね。一時期ドラマでもやってましたが漫画の方がかなりオススメです。大学病院の研修医の話しなのですが,
        病院をテーマにしているので内容が重いです。現実的な話しなので文系から入る方でも抵抗なく読めると思います。現在11巻まで出ています。これイチオシです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        カンナさまへ。

        しおりをつける
        blank
        ユキジ
        私も「20世紀少年」大好きです!!!

        新しい巻が出るのを、毎回楽しみにしています。
        ところで、途中でしかけがある・・というのは、どういう事でしょうか?

        何か、飛び出す絵のような事ですか?
        それとも内容でのしかけ???

        とても知りたいので、ご面倒とは思いますがぜひ教えてください。
        トピ主さま、横で申し訳ございませんでした。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        「さん」づけし忘れしました。すみません。

        しおりをつける
        blank
        大二郎子
        2度目の投稿です。投稿がアップされてみて、冷や汗がでました。「さん」づけをした作家と、しなかった作家があります。どちらかに統一して表記するべきでした。大変申し訳ございません。

        樹村みのりさん、高橋葉介さん、あすなひろしさん、倉田江美さんもいいですね。
        個人的には、ますむらひろしさんも深いと思えるし、少し甘いムードが入ってもよければ、河あきらさんも好きです。しかし、河あきらさんの作品もなかなか手に入らないようです。(興味があれば、復刊ドットコムをご参照ください)

        あまりにたくさんの作家の名前が出てきて、トピ主さんもびっくりされたと思いますが、たくさん漫画を読んできたと自負している私も知らない作家の名前があって、びっくりしています。
        これまで漫画をあまり読まなかった方には、絵柄の第一印象がよい作家の作品から読むことをお勧めします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私の場合

        しおりをつける
        blank
        はるる
        読み捨てるにはもったいない、と思った作品です。ここに挙がっている作者のほかの著作もすべて読んだ上で選んでみました。


        ますむらひろし の 宮沢賢治銀河鉄道の夜初期形

        宮崎駿 の 風の谷のナウシカ

        吉田秋生 の 短編集きつねのよめいり

        手塚治虫 の ブラックジャック

        関川 夏央 (著), 谷口 ジロー (イラスト) の 坊ちゃんの時代 他 全5集 

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        沈黙の艦隊

        しおりをつける
        blank
        カイエダ
        かわぐちかいじさんの「沈黙の艦隊」です。
        海軍とかの戦争モノなので、女性に受け入れられるかはわかりませんが、「地球を一つの国家とする」とか「核を廃絶する」等など、なかなか深い内容です。
        きっと読み出せばとまらないはず!
        (昔彼女に貸してたら、彼女のお父さんがめちゃくちゃはまったみたいです(苦笑))

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        漫画大好き

        しおりをつける
        blank
        uko
        丸尾末広さん「少女椿」
        昭和初期のレトロな感じです

        松本太洋「鉄コン筋クリート」など
        深すぎ!

        松本零次「銀河鉄道999」
        いい言葉、いい話がたくさん

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        秋里和國

        しおりをつける
        blank
        ブタ
        TOMOIシリーズです。
        随分前のものになると思いますが、読了後は重ーい感情がわいてきます。いつまでも忘れないストーリーです。
        ショッキングな設定(ゲイ、エイズなど)です。お気楽な生活を送っていた主人公が守るべき人の出現により「生きる」という意味を見出していくという内容です。
        私が読んだのは高校生位のときですが、徐々に深まっていくストーリーに、設定のエロさを感じる余裕はありませんでした。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        テッコンキン

        しおりをつける
        blank
        かくれんぼ
        松本大洋の『鉄コン筋クリート』おすすめです。
        全3巻だったかな。深層心理に入り込む話(のように私には思えた)で、
        読後、春樹サンの『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』
        を何故か思い浮かべました。
        どっちもまた読みたい!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        はだしのゲン

        しおりをつける
        blank
        こも
         有名ですが一度は目を通してほしい作品です。

        思想に偏りがある、とか誇張されすぎている、なんて意見がありますけど、それを差し引いても「生き地獄を見た作者」のゲンを通した広島での壮絶な描き方は衝撃を受けます。しかも、これが実話を元にした作品ですから重いです。深いです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        『からくりサーカス』と『トガリ』あたりがいいかと。

        しおりをつける
        blank
        トマト
        手塚作品や浦沢作品なんかはもうでまくってるので
        出たこと無い奴をお勧めします。

        共に少年サンデーコミックス。
        『からくりサーカス』藤田和日郎
        人間を襲う自動人形と、ソレを破壊する人形使いの話です。
        読んでいると週刊とは思えないほどの恐ろしいほどの練りこみ具合にびっくりします。
        現在連載中で、単行本が既に40冊近いのがネックでしょうか。

        『トガリ』夏目義徳
        江戸時代に地獄に落ちた殺人鬼が現代の日本によみがえり
        人間の心を手に入れていく話です。
        非常に深みのある話なのですが、残念ながらこの作品は打ち切りなのですけどね。
        とはいえそれでも読んでみる価値は十分あります。

        二つとも絵柄が特殊なため、絵を見ただけで拒絶されることが少なくないですが
        読んでみればその面白さにはまるのではないかと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        山岸凉子さん

        しおりをつける
        blank
        キトリ
        なぜ山岸さんの名が出ていないのかちょっと謎ですが、『日出処の天子』は「重い」&「深い」にピタリ合致です。彼女の他の作品でも、『汐の声』や『天人唐草』、近年の『鬼』などは辛くなるほど重く、読んでいて恐ろしくなりますが考えさせられるという点ではピカイチです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ひかりのまち

        しおりをつける
        blank
        sky
        自分が推すのは浅野いにおの『ひかりのまち』
        重くて深いし、世界観がすばらしいです

        これは実際に読まないと良さがわからないと思います
        口で伝えるのは難しい
        是非読んでみてください

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私もつげ義春を推します

        しおりをつける
        blank
        tokuda
        既出ですが、やっぱりつげ義春。

        小学館文庫でも出ていますが、加えて新潮社文庫からも
        出ています。
        特にお勧めは、「やもり」と「ヨシボーの犯罪」です。

        やもりは、早くに父を亡くした少年(つげ自身?)と
        必死で子供を育てる母の姿が描かれています。
        子供をいじめる義父としかしその義父をたよらなければ
        いけない母の苦悩が描かれています。

        ヨシボーの犯罪は、夢モノです。
        わけのわからん罪悪感と
        わけのわからん家(家が切れていて中が丸見え。遺影がならんでいる)と
        わけのわからん展開。
        まさに夢。それが凄く上手いのです。

        他にも秀作がたくさんありますので、ぜひ読んでハマってください。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        村上春樹さん大好き!2

        しおりをつける
        blank
        めそめそ
        少年漫画でよかったのは『うしおととら』『ARMS』アームズだけど、これは女性は勇気出さないと買えないタイプの漫画。人を殺すシーンもあるので、夫がいなければ恐くて読めなかった~。

        ○●トピ主さんは女性とのことなので、少年誌・男性誌のものは古本屋やマンガ喫茶で一読してから買うことをお勧めします…。私は、女性向けマンガにはない独特の【暴力・死体・血】の描写にド肝を抜かれることが度々あり。「考えさせられる」というより「気が滅入る」「落ちる」感じになりました。トラウマにならぬようご注意を…。●○

        (余:全然重くないですが、初期のホンワカ村上春樹ワールドがお好きでしたら、佐々木倫子さんの『動物のお医者さん』お勧めです。獣医学生の淡々としたかわいい毎日が描かれています。『はちみつとクローバー』も恋愛系ですが考えさせられます。)素敵なマンガに出会えるとよいですね~

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        マイナーかも

        しおりをつける
        blank
        スマイル
        ひぐちアサさんの「ヤサシイワタシ」なんかどうでしょうか?若さとそれゆえの苦悩、葛藤がしっかり描かれている秀作だと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        コレはいかがですか?

        しおりをつける
        blank
        旦那の趣味でハマッタ漫画なんですけど。

        「ブラックジャックによろしく」作者は佐藤秀峰さんで少年漫画です。ドラマにもなったので名前はお聞きになった事はあるかもですが、ドラマは正直ヌルイ感じでしたけど、漫画は結構リアルです。主人公の研修医が相変わらず「熱い」のですが(笑)病院・病気・医療の裏側をリアルに描いてて時々後味が悪い時もありますが「生きる」という意味では私は好きな漫画です。
        「カバチタレ!」作者は東風孝広さん(他にも監修・原作者別にいますが)コレもドラマになりましたね。ドラマは今風お洒落ドラマ風味に仕上がってましたけど(笑)漫画は違います。「生きる」といった意味ではチョット違うかもですが、司法書士に就いた新人さんが依頼者に関わって人の人生の裏側まで見るという話しです。大抵は借金に苦しむ依頼者を救う話しなんですが、人間の土壇場になった心の汚さをリアルに描いてて、法律の事も少し勉強になるし(笑)

        あとは「岡崎京子さん」の描く漫画も結構お薦めです。御本人は事故後のリハビリで現在執筆されてませんが。お薦めは「ヘルタースケルター」です。その他もヘビィーだけどお薦めの本を描かれてますよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        生きることの意味、人間の孤独ならば

        しおりをつける
        blank
        いろは
        鬼頭莫宏の「なるたる」(アフタヌーンKC全12巻)などいかがでしょう。
        絵は癖があり、少々グロいお話ですが読後は孤独や人間について中々に考えさせられるものがあります。

        あと既出ではありますが「デビルマン」は基本かと。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        深い漫画

        しおりをつける
        blank
        west hill
        他の方があまり挙げていない作品で
        ■森恒二「ホーリーランド」
        家にも学校にも居場所の無い少年が暴力を否定しながらも喧嘩の世界に自分の居場所を見つけ葛藤しながら喧嘩を通して他人と交流していく様を描く。少年犯罪の心理に近い物が見れます。

        ■佐藤マコト「サトラレ」
        特定の分野で天才的な才能を発揮する代わりに考えている事がテレパシーとなって周囲に聞こえてしまう特異体質者・サトラレ。国はサトラレの才能を守るため本人にサトラレである事を隠す法律を制定。サトラレ保護委員会の行為は正当な物なのかただの欺瞞か。様々な人間ドラマが深く描かれてます。

        ■堤抄子「聖戦記エルナサーガ」「聖戦記エルナサーガ2」「アダ戦記」
        ファンタジー世界を舞台に人の生きる道、命の尊さを訴えます。シンプルですが力強い台詞が魅力的です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        【狂四郎2030】徳弘正也

        しおりをつける
        blank
        坊主
        恋愛を軸で、エログロもギャグもあります。
        絵柄とか雰囲気は、ダメな人にはダメかな。

        ただ、根幹部はとても深い作品です。
        現在、コンビニで廉価版が出ておりますので
        立ち読みなどで確認してみて下さい。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        まだ出てないかな?

        しおりをつける
        blank
        anw1092
        G戦場ヘヴンズドア 日本橋ヨヲコ著 全3巻

        筆者の漫画に対する想いをキャラクターに乗せ、
        これでもかと言わんばかりに描きだした快作。
        漫画に関わる人々の人間ドラマは魂がふるえます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        弘兼憲史著『人間交差点』です。

        しおりをつける
        blank
        ずばり!
        お薦めします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ブラックジャック

        しおりをつける
        blank
        どーみん
        ブラックジャックです。
        幼稚園の頃に病院の待合所に少年漫画があって
        それに載ってました。

        中学生になっても連載は続いていて驚きました。
        そのころはあまりわからなかったけど
        年を重ねるにつれ、
        深い漫画だと思うようになりました。
        今は全巻揃えて時々読んでます。
        いまアニメがやってますけど、時間帯だから仕方ないのか、ストーリーが変わってたりで残念ですね。
        深夜に大人向けとしてやってほしかった。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ジョージ秋山全部

        しおりをつける
        blank
        G
        「所詮この世は銭ズラ」の銭ゲバ
        「オロカモノ」のデロリンマン
        「生きてんのに飽きちゃった」狸穴勇輔

        人の業をここまで書けるのかと思わさせる作家さんです

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        同じ

        しおりをつける
        blank
        tomato
        31歳女性、村上春樹さんの本大好きです。

        ■「風の谷のナウシカ」の原作(1~7巻)
        沢山の方が上げてましたが、深いです。重いです。
        1度読んだだけでは解りません。
        何度も読み返したい作品です。
        かなり考えさせられます。

        ■「リアル」「バガボンド」
        井上さんの作品は、単なる少年漫画ではなく、大きい世界観みたいなものを感じます。でも「バガボンド」、台詞が少なくてあっという間に読めてしまっちゃうかも。
        新刊が出るのが待ち遠しすぎます・・・。

        ■「ピンポン」「花男」「鉄コン筋クリート」「GOGOモンスター」etc・・・
        あら、偏ってしまったかしら。
        松本大洋さん、大好きなんですよ~。
        絵から台詞からアングルから、じわぁーっときます。
        表現が下手ですみません(笑)。一番有名な「ピンポン」の原作から読んでみてはいかがでしょう。

        ■「火の鳥」「ブッダ」
        言わずと知れた・・・。子供の時にあまり漫画を読ませてもらえなかったんですけど、「火の鳥」と「ブッダ」となぜか「三国志」(笑)はOKでした。

        このトピいいですね。
        私も久しぶりに漫画を読みたくなっちゃいました。
        他の方のお勧めの漫画を読んでみようっと!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        聖(さとし)の青春

        しおりをつける
        blank
        ナユパパ
        は重いと思います。
         罪の無い子供の病気、死
         本人(村山聖)の思い、将棋の奥深さ、また将棋会の予言、どれを見ても考えさせられます。
         最後の巻は(9巻)どの本屋さんでも売ってないので出なかったのかなと思っています。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        えっと

        しおりをつける
        blank
        クロちゃん
        手塚治虫の全作品。

        山岸涼子の「日出づる処の天子」。

        岡崎京子の「ヘルタースケルタ」。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        生きる

        しおりをつける
        blank
        ほんま
        根本敬という、やや特殊な漫画家がいますが、わたしはどんなメジャーな漫画家よりも、根本敬の漫画で、人間の本質に触れられたような気がします。『生きる』『タケオの世界』など、わたしに人間と生きることの素晴らしさを教えてくれた作品です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        横ぎみ

        しおりをつける
        blank
        アナンダ
        >ドビアンヌさん

        同じ作品が出るのはそれだけ名作だというだけの事でしょう。 多くの人が薦めればトピ主さんも気になるだろうし。 「ファイブスター」は面白いですよね。僕も薦めておきます。
        ちなみに「バカボンド」ではなく「バガボンド」ですね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私も弘兼さん

        しおりをつける
        blank
        かん
        OBさんも書いていらっしゃいますが、私も人間交差点(ヒューマンスクランブル)です。
        今でもたまに取り出しては読んでいます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        玄奘西域記

        しおりをつける
        blank
        せいら
        まだ出てないのを紹介します。

        小学館から出ている諏訪緑さん作の「玄奘西域記」です。
        これは、「西遊記」の三蔵法師のモデルになった玄奘という
        僧侶が唐(中国)から天竺(インド)まで経典を取りに行き、
        持ち帰るまでの話です。

        旅の途中玄奘が見たもの。それは仏教内での派閥争い、イスラム教や
        その他の新興宗教の台頭による仏教の衰退。
        そして貧困や身分制度、戦争の犠牲等なった人々の苦しみに
        宗教はどうかかわれば救いになるのか?

        終盤で玄奘の夢に弥勒菩薩が現れるシーンなどは圧巻です!
        宗教色が強いと敬遠されがちかもしれませんが是非ご一読を。
        ただ私は村上春樹さんを呼んだことがないので、トピ主さまの
        好みに合っているかどうかはわかりません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        安彦良和の「わが名はネロ」

        しおりをつける
        blank
        マルドラ
        ローマ帝国の皇帝となったネロの物語です。

        初代「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインで有名な安彦良和の作品です。
        もともと安彦良和の描く柔らかいダイナミックな絵が好きだったのですが、この作品は、読み終えて、脳天をかち割られたような衝撃を受けました。

        人間について深く考えさせられる作品です。人間のエゴ、欲望など、どろどろとした悲しい中にも、まだどこかに救いが感じられるのが幸いでした。

        他にも、同じ著者の「虹のトロツキー」「ジャンヌ」「ナムジ」もお勧めです。彼の描く世界はダイナミックであると同時に深いと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        最終兵器彼女

        しおりをつける
        blank
        えびす
        体中の水分がなくなるかと思う程泣きました。
        ただただ 切なくて残酷で
        こんなに涙って出るんだという程泣きました。
        そして 重く暗い気持ちになりました。

        来年には実写版で映画化されます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ヒミズ シガテラ 自虐の詩

        しおりをつける
        blank
        カステラ
        私も、古谷実の
        「ヒミズ」「シガテラ」かな。

        深い、とはちょっと違うかもしれませんが、重いことはたしか。まー重い暗い(けなしてません)。
        あ、でもどなたかも書かれた通り、どんどん読ませる展開です。
        思春期の懊悩が丹念にリアルに描かれています。
        人の生きる意味について、その他色々と考えさせられます。

        それからこれも既出ですが
        業田良家さんの「自虐の詩」
        これは名作です!
        人生の哀歓を描き、無情な場面も哀しい場面もありますが、でも最終的におもしろきかな人生と。

        村上春樹好きのトピ主さんにそぐわない作品もあるとのどなたかのご意見、うなずけなくもないのですが(上記の作品は合わないかも笑)。
        でも、私も春樹読んでたしなあ。
        ま、自分では選ばないような作品に手をのばす機会もあっていいのではないでしょうか。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        神話?

        しおりをつける
        blank
        通りすがり3
        一見SFにしか見えませんが、
        永野 護氏の「ファイブスターストーリー」
        5000年の流れを描く壮大すぎるマンガです。

        角川から出てる大判で、今10巻くらいだったかな?
        コミカルではありますが、命の重さ、戦士達の生き様を書き綴った神話です。

        獣木野生の「パーム」シリーズは、絵がかなり
        濃いので、好き嫌いありますが、涙なくしては
        読めない話です。主人公がとってもコミカルかも・・

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ユキジさんへ。

        しおりをつける
        blank
        カンナ
        トピ主さん、横からで失礼します…。

        しかけは何巻にあるかは忘れてしまったのですが、後半の巻です。
        「ともだち」が小学生時代に残したメッセージが現れるんですよ~!!
        どのようにかは見てからのお楽しみがいいと思います。
        ドキドキの場面で現れるのでびっくりしますよ。

        読んでいない方にも本当にオススメしたいマンガですね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        楳図かずおさんの昔の作品

        しおりをつける
        blank
        さなめ
        重くて深いというと、30年以上も前の作品になりますが、
        楳図かずおさんの、「イアラ」「おろち」「洗礼」がお勧めです。
        題名は軽いホラーっぽいので、誤解されやすいですが、
        中身はとっても深くて重い作品です。
        「イアラ」や「おろち」は、短編集にもなっており、
        いろんな作品があるので、読みやすいですよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        重い作品に触れると

        しおりをつける
        blank
        30代半ば
        ヨコですが
        「キャラクターは私よりずっとずーっと年下なのに
        すごいなあ」と思います(時々)

        夫に薦められて?読み始めたベルセルクだって
        主人公まだ20代前半なんだよな。って思います。


        こんなこと言ってたらきりがないですが(笑)
        こんなこと時々思う私はヘン?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ファイブスター物語

        しおりをつける
        blank
        sawa
        正直、難解な内容・人物関係・・・ですが面白いです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        土曜日の絵本

        しおりをつける
        blank
        えんじぇる
        川崎苑子さんの「土曜日の絵本」という作品です。4人の子供達(幼稚園から小学生となります。)のお話ですが、1話が16ページ前後のショートストーリーです。子供達が大人達や友達との関わりを通して成長していく暖かくもあり、せつなさもあるストーリーです。私は読んでいるとよく涙が溢れてきました。子供達の話ですがストーリーは結構重い!と言っては言い過ぎかもしれませんが、ずっしりと心に響きます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        すごくおすすめ

        しおりをつける
        blank
        ちm
        冬目景 「羊のうた」

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ダークグリーンに更に1票

        しおりをつける
        blank
        みん
        私も『ダークグリーン』かなり好きです。
        今も全巻持っていて、時々読み返します。
        古いし、あまりメジャーな作品ではなかったので名前が出てるのは嬉しい!
        以前、なんかの雑誌で色々な人がお勧めの本の紹介をする特集があって、その時は西村知美さんが紹介していました。
        その時も嬉しかったです。

        他には、やはり出ていますが、『はみだしっ子』とか『CIPHER』。
        そしてまだ出ていないところで、浦沢直樹さんの『PLUTO』が最近はお奨め。まだ2卷しか出ていませんが。
        もともとは『鉄腕アトム』の中の話が原作ですが、アトムファンでなくても楽しめます。
        絵的には全く別の世界になってますし。
        1卷にあるノース2号のエピソードではかなり泣きました。
        2卷ではまだまだとっかかりですが、かなり重いテーマの内容になりそうです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        まだいいですか?

        しおりをつける
        blank
        シナモン
        重い、深いといえば手塚治虫さんの「火の鳥」が一押しですが、たくさんの方がおすすめされてるので私はこちらを。

        三原ミツカズさんの「死化粧師」
        私はこの漫画で初めて「エンバーミング」というものを知りました。遺体に防腐、殺菌、修復などの処置をし生前の姿に近く戻す技術だそうです。
        故人とのお別れの仕方など考えさせられるものがあります。

        祥伝社からコミックスがでています。
        ぜひ読んでほしいです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        坂口尚

        しおりをつける
        blank
        昔のアフタヲタ
        「石の花」
        第2次世界大戦、ナチスに侵攻されたユーゴスラビア
        を舞台とする人間ドラマ

        「あっかんべェ一休」
        「一休さん」一休宗純の本当の姿と生涯を描いた坂口氏最後の連載作。

        重いテーマですがどちらも感動できると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        凍りついた瞳

        しおりをつける
        blank
        まぐまぐ
        ささやななえ、椎名篤子著の「凍りついた瞳」はどうですか?
        児童虐待についての漫画です。
        漫画文庫で発売されていますのでアマゾン等で検索すると出てきます。
        「続、凍りついた瞳」と続編もあります。
        とても深い内容で考えさせられる内容です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        もしホラーがお嫌いでなければ

        しおりをつける
        blank
        アンジュ
        私の好きなのは三原順さん・成田美奈子さん・槇村さとるさん・佐々木淳子さん・清水玲子さん・萩尾望都さん…etc

        ほとんどどなたかが推薦されているので、もしホラーがお嫌いでなければ異色なところで、わたなべまさこさんの「聖ロザリンド」はいかがかと。

        幼い女の子が何も悪びれず殺人を繰り返していく話です。それもすごく残虐な方法で。でも彼女にしてみたら全て当然のこと。(お仕置きであったり、死にたいと言う人を助けただけだったり)わたなべさんの画風がきれいのでその残酷さがとても際立っていたように思います。天使の姿に悪魔の心。最後は魂が浄化されて天国へ召されたような…。

        最近文庫本で出ているのを見ましたが、なにしろ三十年くらい前のことなので、うろ覚えです。当時は怖いだけでしたが、最近思い出すと神と悪魔の心を描く深い内容に思えます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        アタックNO1

        しおりをつける
        blank
        こずえ
        古い漫画かもしれませんが、思春期にボーイフレンドの努君が身代わりになって亡くなったり、大阪の八木沢三姉妹の母が優勝と同時に亡くなったり、こずえ自身も原作では子供が産めない体だと宣告されますよね。思春期にこれだけ経験するってとてもシリアスだと思います。アニメではさすがにこの辺は考慮されて、別の設定になっていますが。深い漫画だと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ちょっと違うかな?

        しおりをつける
        blank
        ちよ
        「ホムンクルス」とかどうでしょう?
        現代社会の闇とか、トラウマとか精神世界とか人間に興味があれば面白いかも・・。
        そういうの特有のわかりづらさはちょっとあるかもだけど。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        成人コミック&少女マンガ

        しおりをつける
        blank
        とろろ
        成人コミック(既出ですが)
        ★弘兼憲史「人間交差点(ヒューマンスクランブル)」
        病院の待合室でも美容院(?)でも、どこでどんなシチュエーションで読んでいても涙が出ます。
        ハッピーエンドもあるし救いのない終わり方もあります。
        1回読みきりなので何巻から読んでも大丈夫。

        少女マンガ
        ★清原なつのの作品全部
        「りぼん」を中心に活躍していた漫画家です。
        当時小学生の私に「人はなぜ生きるか」に決まった答えはないという哲学を教えてくれました。
        歴史物(「飛鳥昔語り」大化の改新のころ)もあるしSF(「未来より愛をこめて」宇宙旅行物)もあります。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        「ぼくの地球を守って」

        しおりをつける
        blank
        すなほ
        なぜか誰もお薦めしていないようなので載せました。
        少女漫画です。まさにお望みどおりの作品だと思いますヨ。

        最近図書館に置いてあった文庫版を再読してみました。
        ぼく地球知ってもう10年以上経ちますが、当初は、起承転結がひじょーにわかりにくく
        書いてある文も不可解だったんで、ほとんど絵を鑑賞していただけでしたが、
        齢29にしてやっと話の全貌を理解し得てうれしかったですね。

        全体的に、頭のいい1人の男性がココロを開いていく様を描いているのですが
        いきさつからして彼の言っている事にうなずけるところがありますので
        大人になった今になって、この面白さを実感できたと思います。

        作品の設定や、話のリンクのさせ方の旨さなど、
        改めて作者の頭の良さが垣間見れました。

        最近出している彼女の作風は、マニアっぽくなって受け付けにくいんですが、
        これ書いていた時の方が普通だったので、彼女の作品の中で支持できるのは
        これのみかな。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        村上春樹の小説がお好きなら

        しおりをつける
        blank
        くまこ
        大島弓子さんの漫画をお勧めします。
        作品の世界観は似ているのではないかと思います。

        大島先生の漫画はいくつかドラマ化されてます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        なるしまゆりさん

        しおりをつける
        blank
        れい
        なるしまゆりさんの
        「少年魔法士」(新書館)
        がいいです。(今13巻まで出てるんだったか、続いてます)
        1巻あたりは流血ありでとっつきにくいのですが、2巻から先、特に、レヴィのエピソードなんかは、重く、孤独とか、人とのつながりとか、親子って何?組織って何?自分で考えるって何?傷が癒えるって何?とか、いろいろ考えずには読めません。1巻で人殺すのが平気だった少年が、殺せなくなるくだり、アイデンティティを獲得していくくだりなど、人とのつながりについて考えずにはいられません。

        「パーム」伸たまき(途中の巻から作者改名で「獸木野生」になってます)も、1巻はオムニバスなのでとっつきにくいかもしれないんですが、生きていくってなんだろうと考えずにはいられない作品です。途中で恋愛も入っては来ますが、むしろ、恋愛もひっくるめて、人生まるごと考えずにはいられないって感じです。

        あとはなんといっても、手塚治虫さんの「火の鳥」「ブッダ」ですね。山岸涼子さん、萩尾望都さんも、もれなくお勧めです。たくさんの方があげてらしたので、多くは書きませんが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        矢沢あいさんの作品!

        しおりをつける
        まぃちゅ
        NANAを読んでから矢沢あいさんワールドに引き込まれました!
        大人な女性が読んでも、深いなときっと感じられるのは”下弦の月”だと思います
        矢沢あいさんの作品わ少女漫画と少年漫画の間のような不思議な漫画なんです。
        私、今まで本で泣いた事なんてなかったのですが(今まで私の脳が子供すぎて本の良さが理解出来なかったかもしれませんが笑)
        これは読んでいる最中に胸が切なさでいっぱいになって、読み終わってから、無意識にホロ・・と泣いてしまいました。初めてです。あんな体験。
        私、伝える事があまり上手ではないので内容の良さは伝えれないのですが、読むと、「本当」に矢沢ワールドに吸い込まれます。
        しかも、3巻までしかないので買いやすいと思います。

        トピ内ID:6698519827

        閉じる× 閉じる×

        作者はぶきますが

        しおりをつける
        🐱
        まこりん
        「寄生獣」
        「プロジェクトアームス」
        「はだしのげん」
        「カムイ伝」

        トピ内ID:1463724803

        閉じる× 閉じる×

        ■初投稿です‥4つ程オススメいたします‥

        しおりをつける
        🐤
        ぴゅん
        篠原千絵
           ▼闇のパープルアイ(全12巻) S61第32回小学館漫画賞受賞
           ▼海の闇、月の影(全18巻)
           ▼天は赤い河のほとり(全28巻) H12第46回小学館漫画賞受賞
        田村由美
           ▼7SEEDS(セブンシーズ)(10巻まで出てます) H18第52回小学館漫画賞受賞



        はじめまして!いてもたってもいられず‥ついに出てきてしまいました y(^ヮ^)y
        日々、漫画を読みふけっている者です(28歳女)

        上の4作品・・未読でしたら、どうかどうか読んでください (p゜■゜)
        ・・泣いちゃうと思いますよ・・どれもとても重くて深いです
        何度読み返しても悲しくて‥ 。 ゜゜(´□`。)°゜。  (特に、闇パ・海闇・7SEEDS)

        ものすごい衝撃を受けました、未読でしたらもったいないですよぉぉ~! q(>0<)p

        トピ内ID:7778430475

        閉じる× 閉じる×

        ブラックジャックによろしく

        しおりをつける
        blank
        まゆか
        はどうでしょうか?
        私はドラマ化されたものを見ましたが。

        トピ内ID:4137458727

        閉じる× 閉じる×

        エ-スをねらえ!

        しおりをつける
        blank
        お蝶夫人
        宗方コ-チが亡くなって主人公のひろみが立ち直るまでの過程がリアルに描かれてます。この漫画は全巻通して名言が多いです

        トピ内ID:4137458727

        閉じる× 閉じる×

        投稿します

        しおりをつける
        🐤
        ひよ
        重いなら「ホーリーランド」
            「ベルセルク」
        深いのは「MASTERキートン」
            「寄生獣」

        マダマダ沢山ありますが、皆様も投稿されてますので
        上記を特にお勧めします。

        トピ内ID:5149771622

        閉じる× 閉じる×

        筒井百々子さん!!

        しおりをつける
        blank
        ジョイ
        まだ出ていないですよね?
        筒井百々子さんの
        「たんぽぽクレーター」
        「ものまね鳥シンフォニー」
        「小さき花や小さき花びら」

        残念ながら絶版なのです。どうして復刊してくれないの? 私史上、この上に位置するマンガはないというのに! ……という私情はさておき。
        オークションでときどき見かけますので、入手は可能です。
        擬似氷河期がきて地球がめちゃくちゃになったり。軍の秘密工場からもれた毒ガスで町が死に、ひとり生き残った女性のその後。
        やさしい、柔らかな線と絵からは意外なほど深刻な状況。その中にあって、必死で生きていこう、弱い子供たち(血縁に関係なく)をなんとか守ろうとする姿を、あたりまえのことのように、特に主張することなく描かれています。
        言葉の選び方、引用されている詩、すべてが素晴らしいです。
        私は小説もマンガ同様によく読みますが、映画やドラマと比べても、この作品が不動の一位です。

        トピ内ID:6131889850

        閉じる× 閉じる×

        また掘り起こしましたね。。

        しおりをつける
        blank
        くまくま
        2年近く前のトピのようなので、主が見ているとは思えません。。

        が、私も一応お勧めを。

        岩明均  「寄生獣」
        萩尾望都 「残酷な神が支配する」

        トピ内ID:2958621514

        閉じる× 閉じる×

        村上春樹がお好きなら…

        しおりをつける
        blank
        es
        大島弓子か、その系譜に連なる岩館真理子がおすすめです。
        (その次には岡崎京子が連なるわけです)

        岩館作品はどれもおすすめですが、特に「キララのキ」。
        深い深い森に出かけてください。

        他にも挙げていらっしゃる方がありますが古谷実さんも。
        「僕といっしょ」「ヒミズ」「シガテラ」どれもギャグでありながら(ヒミズのぞく)
        主人公の独特の倫理観が、村上作品の「僕」とそっくりです。

        トピ内ID:7003136148

        閉じる× 閉じる×

        三つ推薦させてください

        しおりをつける
        吉坊
        「家栽の人」 「人間交差点」 「黄昏流星群」 の三つが僕的には深くてジワーッと来ますね。

        トピ内ID:0440775969

        閉じる× 閉じる×

        文学好きの方なら…

        しおりをつける
        🙂
        ぽんた
        他の方もあげておられますが、萩尾望都さんの「残酷な神が支配する」あたりから、お読みになられては。ただしタイトルから想像できるとおり、刺激の強い描写も多いので、「半神」や「エッグスタンド」「訪問者」などから始められてもいいかと思います。ジャン・コクトーの原作を漫画化した「恐るべき子どもたち」も素晴らしいものでした。
        高野文子さんの作品も文学好きの方にはすべておすすめしたいですが、特に「黄色い本」は田舎の少女が「チボー家」を読破するお話で…作品世界と彼女の暮らしが交錯していく様子が独特のタッチで描かれています。
        三原順さんや、吉野朔実さんも、たいへんな読書家として知られている方ですから、どれをお読みになっても楽しめると思います。
        三原順さんならファンとしては「はみだしっこ」をおすすめしたいところですが、大人になってから入るのであれば「Xデイ」や遺作となった「ビリーの森ジョディの樹」から。
        吉野朔実さんは、読書エッセイ漫画もお描きになっておられますし、「いたいけな瞳」のシリーズは一話完結の短編集ですから、読み始めるのに適しています。
        山岸涼子さんの作品も…あ~書ききれません!

        トピ内ID:9134588014

        閉じる× 閉じる×

        重い&深いといえば

        しおりをつける
        blank
        みま
        萩尾望都
        「残酷な神が支配する」小学館
        もうヘビィです。
        最後にかすかな光が見えてくる辺り、まだ救われる思いもできる漫画。
        義父のグレッグの狂気っぷりが凄くて、読み込んでいると
        こっちまで狂気じみた気分になれます。
        家族関係、人間関係の描写が細やか。
        萩尾さんは、表現力がすばらしいので、お勧めです。

        三浦健太郎
        「ベルセルク」白泉社
        重い。
        人間は、斯くもこのような重い運命を背負って生きなければならないのか。
        前半部が運命の始まり、宿命を描き、今はそれを果たす経緯が描かれています。
        13巻読むと、気分がブルーになれますよ。
        ラストまで見逃せない作品です。

        他の方も描かれていますが、山岸凉子さんもすばらしい作品を描かれます。
        現在、第二部が待ち遠しい
        「テレプシコーラ-舞姫-」メディアファクトリー
        も大変お勧めです。
        バレエ漫画ですが、美しい舞台の裏側、その為の苦労苦悩。
        挙げ句の果ての姉の・・・・
        是非読んで見てください。

        トピ内ID:7449409099

        閉じる× 閉じる×

        沢山ありますよ。

        しおりをつける
        blank
        エクレア
        浦沢直樹さんの漫画はどれもお勧めです。
        MONSTERはその代表作ですね。
        他にもYAWARAやMASTERキートン等

        かわぐちかいじさん主に政治と戦争物です。
        沈黙の艦隊・ジパングですね。

        弘兼憲史さん
        島耕作は会社の中の政権争いや会社の経営に関する漫画です。

        窪之内英策さん
        ツルモク独身寮は基本的にギャク漫画なんですが
        一人の青年が大人になっていく漫画です。

        定番は
        三国志、おーい竜馬かな

        トピ内ID:9439948886

        閉じる× 閉じる×

        デビルマン

        しおりをつける
        blank
        まさちゃん
        数人の方がデビルマンを推奨されていますネ。
        私もお勧めです。
        尚、もしデビルマンを読まれるなら最後まで読んでください。
        最初の方は単なるアクションにすぎないので。
        最後の方で「サタン、君はやはり悪魔だ。人間を堕落させる伝説の怪物だ」のセリフを読む辺りが最も重く深い部分だと思います。

        永井豪なら「酒天童子」もお勧め。
        同じく最後の方が重く深くなります。

        永井豪の短編で題名は覚えていないのですが、
        1)イタズラ好きな集団がある男性を騙す
        2)全員が「君は宇宙人だ。さぁその人間の仮面を取りなさい」と言う
        3)同時に全員が自分の仮面を取ると、その下から宇宙人の顔が出る
        4)それを見た、騙された男性は…
        というのがあります。
        これを読んだ時、背筋がゾク~となりました。

        私はそれ以来、人をイタズラでも騙すことを止めました。

        トピ内ID:7226492487

        閉じる× 閉じる×

        近藤ようこ

        しおりをつける
        blank
        Hamutel
        たとえ2年前のトピでも!

        近藤ようこさんの非常にあっさりとしたオススメがひとつあったので補足!
        地味だけどいい話書くのに、オススメがこれだけとはやはりマイナーなのですか。(泣

        「アカシアの道」、「ホライゾン・ブルー」
        虐待というより、母に愛されなかった子どもとその母の話です。
        「ホライゾン・ブルー」は、
        虐待というのは、親の因果が子に巡る心の病だとあとがきにありました。そんな話。
        「アカシアの道」は映画にもなりました。
        母がアルツハイマーにかかってしまって、娘がその世話をする話です。
        本の帯びには、「母がしかたなくわたしを育てたように、わたしも母の世話をするのだろうか。ーいつまで。」とありました。(汗
        あとがきに、この2作を全能の神のようにうまくまとめられなかったのでまた同じテーマで書きたいとありました。

        最近(?)出た「兄帰る」という話もオススメです。涙でた。

        トピ内ID:6983362924

        閉じる× 閉じる×

        重いですよ?

        しおりをつける
        blank
        ぎま
        釈英勝さんの「ハッピーピープル」という作品です。

        タイトルとは全く裏腹に、人間の醜さ弱さを抉り出して、お前ならどうする?と突きつけるような内容です。

        トピ内ID:9659215516

        閉じる× 閉じる×

        重いのならヒミズ・深いのならブラックジャック

        しおりをつける
        😑
        ちょんまげキング
        “ヒミズ” 最後まで重い。

        “ブラックジャック”
        人間の醜さ、欲深さ、そして優しさまで短編でありながら1話づつ
        いろいろなストーリーでサラッと書いている様ですが、実は深い。

        トピ内ID:9874055642

        閉じる× 閉じる×

        横レスで恐縮ですが

        しおりをつける
        blank
        縞猫推進委員会
        >ジョイ様
         これはまた渋い選択ですね。

         ワタクシ、引越しに際して
        1000冊あまり持っていたコミックスの中から
        「たんぽぽクレーター」
        「ものまね鳥シンフォニー」
        「小さき花や小さき花びら」

         それから
         「T.E.ロレンス伝」 神坂智子
        (これも深い作品です。)

         「小さなお茶会」 猫十字社

         だけを残しました。

        トピ内ID:2760411116

        閉じる× 閉じる×

        出てないところで

        しおりをつける
        🐱
        南海の黒豹
        石ノ森章太郎 人造人間キカイダー

        TV特撮ドラマと平行して描かれたそうで、厳密には原作ではないですが、TVシリーズとは異なる重い展開を経て、悲劇的なラストを迎えます。・・・いや、人間にとってはハッピーエンドなんですがね・・・。

        ピノキオをモチーフとして、人間になりたい機械人形が主人公ですが、その目的が(少なくとも心理的には)果たされたとき・・・彼は大きなジレンマに直面します。

        人間に憧れた主人公が、絶望する姿が衝撃的です。

        トピ内ID:3160495570

        閉じる× 閉じる×

        メスよ輝け!

        しおりをつける
        blank
        雪風
        そうですね。

        「メスよ輝け!」 高山路爛/作 やまだ哲太/画
        はどうでしょうか?

        少し古い漫画ですが・・・色々と考えさせられる話が
        多かったと記憶しています。


        「サトラレ」「サトラレneo」 佐藤マコト作

        絵的に軽く見られがちですが、いろんなテーマを含んでいて
        常に考えさせられます。
        多少、楽観的展開も見られますが・・・。

        「ヨコハマ買い出し紀行」 芦奈野 ひとし作

        劇中は、のんびりした時間が流れています。
        台詞も多くありません。

        しかし、人類の終焉とはもしかしたらこんな物かもしれないと
        思わせる作品です。

        それぞれに重いというテーマからは、少し外れるかもしれませんが
        いろんなテーマを内包しながらストーリーが進んでいくので
        興味がありましたら手に取ってみてください。

        トピ内ID:3304693336

        閉じる× 閉じる×

        田村由美さん

        しおりをつける
        blank
        ゆみ
        既出ですが、田村由美さん泣けます。

        BASARA(バサラ)(全27巻)
        7SEEDS(セブンシーズ)

        是非!

        トピ内ID:5096101837

        閉じる× 閉じる×

        すごく重いです

        しおりをつける
        blank
        SUNU
        日本の漫画でフィクション限定でお探しでしたらごめんなさい。

        アメリカ人の漫画家が書いた、ピュリッツア賞受賞のノンフィクション漫画で日本語に翻訳されたものです。

        1つはアート・スピーゲルマンの「マウス―アウシュヴィッツを生きのびた父親の物語」全二巻です。
        作者のお父さんから聞く戦争の話を、作者とお父さんが暮らす現代のニューヨークでの暮らしをクロスさせて描いています。
        私は教育的な戦争体験本は正直好きではないのですが、これは生きる意味を考え直すような別の意味の漫画だと思います。
        よくある戦争やアウシュビッツ体験の本と異なる切り口で書かれており、例えアウシュヴィッツ(戦争)から生還できたから幸せというわけではなく、その子孫までずっと悪夢に苛まれるというのが淡々としかしとてもリアルに描かれています。

        もう1つはジョー・サッコの「パレスチナ」。やっと待望の日本語版が出版されました。
        本書の最後の「A Boy in The Rain」で、作者は読者に課題を残して終わります。
        それこそ感想を「村上(春樹)さんに聞いてみたい」です。

        トピ内ID:9324423309

        閉じる× 閉じる×

        わたしも「どんぐりの家」

        しおりをつける
        🎶
        イルカ
        MONSTER,
        BANANA FISH,等々よく出ているものも重い話ですが、
        やはり「どんぐりの家」です。


        昔、漫画喫茶で読み始めて涙と鼻水が止まらなくなり、
        持ち合わせのティッシュがなくなってお手洗いへ走りました。


        人間に対する価値観が変わります。

        トピ内ID:3795157446

        閉じる× 閉じる×

        プラネテス

        しおりをつける
        🐧
        かまちこたま
        NHKでアニメ化されたSFものです。
        SFものですが、テーマは愛とか夢とか孤独とか…、ありがちといえばそれまでですが。
        原作よりもアニメのほうがまとまってて分かりやすかったです。

        トピ内ID:1918218374

        閉じる× 閉じる×

        聖千秋さんの

        しおりをつける
        グリーン
        「いつも上天気」オススメです。
        一人の少女の成長物語ですが、何度読んでも泣けます。特に病室での母親とのやりとりは涙なしには読めません。

        トピ内ID:8137027994

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0