詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    スイミング

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ふくろう
    話題
    40才台後半の主婦です。
    私恥ずかしながら泳げないんです。クロ-ルで25メ-トル泳げるようになりたくて挑戦を始めたのですがなかなか難関なのです。中高年になってから泳ぎをマスタ-された方泳げるようになったコツのような物が有れば教えてください。泳げなかったから泳げるようになったその瞬間みたいなのが有れば是非お聞きしたいのです。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    お求めの事例ではありませんが

    しおりをつける
    blank
    ラサ自然システム
    中高年からでなくとも、泳げるようになる基本プロセスはみな同じではないか、という考えから、
    私の場合のプロセスを書きます。

    私は当初、背筋を伸ばして水に身を任せるような形になるのが怖くて(水が怖くて)、すくんでいました。

    少しましになるために、お風呂で目をつむって顔をつける練習をしました。
    それから、頭ごとつける練習をしました。
    それから、頭をもっと水面下にする練習をしました。
    それから、畳んだ足をひざごと胸に抱えるような格好をする(丸くなる)ことをしてみました。

    するとお風呂で、丸くなった状態で浮くことができました。
    毎日やっているうちに、水を信用できるようになっていきました。

    そのくらいのときにスイミングスクールにいったのですが、
    そうすると、浅いプールでけのびができるようになりました。
    けのびができれば、次はビーチ版をもってバタ足をつけておよぐことです。
    次は、手で水をかくようにしたり、横を向いて息をする仕方を練習するようにしたり、と少しずつステップアップしていけばよいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    母が水泳のインストラクターです

    しおりをつける
    blank
    ぴちぴち
    母は泳げないおじ様おば様方のお相手をしております。
    私もスイミングを習っていました。

    泳ぎが得意ではない夫に私が少し教えると。
    なんだ泳げるじゃん。
    その場に留まっていた平泳ぎが前に進むように。
    30分後には25メートルいけるようになりました。
    ちょっとしたコツなんですよね。

    ふくろうさんがどの程度からのスタートなのかが分からないので、なんとも言えませんが。

    まず、ビート板を両手で持って腕をまっすぐ伸ばし、足だけで25メートル進みましょう。
    苦しければ顔は出したままでもいいですが、出したままだと体勢が苦しいですし泳ぎにくいです。
    顔を水につけるなら、プールの床を見るように真下に向けてください。水の中で前方を向いてはいけません。
    水に浮いて背伸びをしているイメージで。

    バタ足で肩が左右に大きく揺れるようなら、安定するまで練習しましょう。
    膝はできるだけ曲げず足の付け根から動かします。足首は水の抵抗に合わせ魚の尾びれのようにしならせます。
    足を動かすスピードは、安定した動きを体で覚えるまではとにかくゆっくりと。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    残念ですが・・・

    しおりをつける
    blank
    スポクラ主婦
    30代半ばでスイミングスクールに通い、25メートル泳げるようになったものですが、泳げるようになった「その瞬間」というのは残念ながら、ないと思いますよ~

    トピ主さんもスクールに入って教えてもらっているんですよね?とするとわかると思うのですが、泳げるようになるには順をふんでいろいろなことを教えてもらいます。

    だるま浮き→け伸び→バタ足→息継ぎなしのクロール→息継ぎありのクロール、ここまできて初めて距離をだんだんにのばしていって、25メートルに挑戦となるわけで、何かのコツがあってその瞬間に泳げるようになるわけではないんです・・・でも、ただひとつ言えるのは、まだあまり泳げない方は体全体に余計な力が入っているので、力を抜くことは大切だと思いますが。

    どうかあせらずにインストラクターの言う事を聞いて、がんばって下さい!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    体力づくり

    しおりをつける
    blank
    人ふくろう
    逆のパターンなんですが、昔水泳を習っており、
    全競技、50mは泳げました。

    だけど、5年間、
    何もせずにいきなりプールに入ったら、
    25mも泳げずに息切れしちゃうんです。

    多分、体力の差じゃないかと思いますよ。
    結構、体使うんですよね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    母も・・・

    しおりをつける
    blank
    ドルフィン
    40代後半から腰痛改善の為にスイミングスクールに通い始めました。
    私は3歳からスイミングを習っていたので泳ぎには自信がありますが、一方の母は泳ぐどころか水に顔をつけることさえ嫌な程の大の水嫌いでした。

    習い始めの頃、それはもうヒドイものでした。ビート板キックさえろくに出来ず、泳ぐというより溺れているようにしか見えませんでした。
    やっぱり大人になってからじゃ無理なのか・・・と思っていましたが、週3日のレッスンに欠かさず通い、家では私にアドバイスを聞いてきたり、空中で手を動かしてイメージトレーニングをしていました。
    あれから今年で8年目、母はメドレーから潜水まで泳げるようになりました。

    多分、泳ぐスピード、泳ぎ方はすでに私以上に上手だと思います。
    母いわく「最初は嫌になって辞めたくなるけど、とにかく地道に続けること。コーチの説明を良く聞いて実践すること。」だそうです。

    泳ぎの上手な人を見て、泳ぐイメージトレーニングをしたり、家でも手かきや呼吸のタイミングを練習したりするのも効果的だと思います。
    継続は力なり!ふくろうさんもきっと泳げるようになりますよ。頑張ってくださいね!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「泳げるようになった」瞬間

    しおりをつける
    blank
    ユーパン
    ふくろうさん、こんにちは。私は、水泳は苦手で万年補習組でしたが、25mはぎりぎり泳げていました。ですが、つい最近、「泳げるようになった」瞬間を感じたものです。

    先日、運動不足解消のために10数年ぶりに近所の50mプールでマイペースで泳ぎはじめ、数回通い、数回、なんとか足をつかずにぎりぎりでハ~ハ~ゼイゼイ泳いでいましたが、突然、水泳は
    「体の動き、息継ぎ、水にのる」の3つのコンビネーションなんだ!
    「動き、絵、音にのる」のアニメーション制作と似てる!
    と感じた瞬間に、すうっと楽になりました。以来、泳ぐのが楽で、楽しくてたまらなくなりました。ふくろうさんも、ご自分の専門分野、得意な、身近なものにたとえて考えてみるとうまくいくかもしれません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    何故泳げないかが解らないと・・・

    しおりをつける
    blank
    主婦18年目
    子どもの頃自己流で泳ぎを覚えて、40代半ば、25mならなんとか泳ぎきれます。
    でも、子どもの頃は1kmは平気で泳いでいたので、衰えを感じずにはいられません。
    子どもの頃から泳げなかったのなら、今25mに挑戦するにはかなりの努力を要します。
    まず、フォーム。それを可能にする身体の柔軟性。25m泳ぎきる為の体力=心肺機能の向上が必要になります。

    泳げない人は水を怖がって、フォームが乱れている事が考えられます。加えて、加齢による身体の柔軟性の低下により、教わったフォームを保てない場合が。
    更にはこれまた加齢に寄る、体力の低下。25m泳ぐ前に腕が疲れたり、呼吸が苦しくなるなど。
    とにかく、自分が何故泳げないかを知る、第三者に客観的に指摘して貰う事も重要です。
    その上で、泳ぐ前に毎日のストレッチと有酸素運動で柔軟性と心肺能力を上げる努力も必要ですね。

    体力と柔軟性を回復した所で、正しいフォームを身に付ければ、普通は泳げるはずなんですけれど。
    取り合えず10m泳げるようになれば、後は体力と根性だけで距離を伸ばします。

    取り合えず、綺麗に浮けますか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    8ヶ月かかりました

    しおりをつける
    blank
    スイマー
    全くのカナズチで、何とか泳ぎたいとスイミングに行きだしましたが、顔に手で水を持ってくるのは何ともないのに、顔から水に行くのが怖くてから始まり、息継ぎが出来るまで、8ヶ月かかりました。

    酸素不足で頭が痛くなったり、自分が嫌になったりしましたが、泳げる会員さんに、もっと楽にゆっくりと泳ぎなさいと言われた次の瞬間に息継ぎが楽に泳げるようになりました。
    それからは泳ぐ為に仕事を辞め、大会を目標に楽しんでいますが、大会で一緒になり、いつも優勝をされる方が、スイミングに入って、コーチの云われるままにやったら1時間で息継ぎはもちろんクロールを泳げるようになったと云われていましたので、その方には天性の素質があったのか?教えたコーチが凄い方だったのかもしれません。

    私は天性の素質はなかったようで、少しずつの練習で、何とか4泳が出来るようになりました。トピ主さんも楽しみながら頑張って下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    背泳から始めました~

    しおりをつける
    blank
    ぱふぱふ
    特にインストラクターに付いて習った訳ではありませんが、子どもがスイミング行ってたので、まず【浮く=水を怖がらない】背泳から始めました。

    ・・・っても上を向いて両手を肩の高さに広げて輪っかの浮きを持ってバタ足、これがクリアになると浮きを無しにして体に手を付けてバタ足・・・徐々にクリアにして行き背泳が出来た段階でクロールに移りました。

    クロールも顔を浸けて息の続く限りバタ足で進む、手を付ける、息継ぎの練習、手と足と息継ぎでレーンの半分の距離を制覇、ここまで来るのに通い出して半年くらい。
    半分が泳げると早かった記憶ありです。

    水が怖くないのなら最初からインストラクターに付いて教えて貰う方が早く上達すると思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんにちは~。

    しおりをつける
    blank
    きき

    泳げるようになりますよ。
    コツは水と仲良しになる事です。
    「ふざけた事を・・・」
    と、お思いでしょうが、本当です。
    これは泳ぎだけでなく何でもそうです。
    できるようになりたいって。って思うと力んじゃいますからね。
    だいたい、泳ぎなんて、水遊びの延長じゃないですか(言いすぎ?!)
    まず、最初に大きく息を吸ってから水の中に横たわりましょう。
    そうです。自分が浮き輪になるのです。
    そして、腕は空中から入水した際、右手だったら「くの字」を描くように描いてください。
    おへその辺りから「くっ」っと、ひとかきすばやく力強くかきます。
    左手の時は「くの字」は鏡文字にしてください。
    ゆった~り気分で気伸び気分で、おへその辺りのときだけ「よいっしょ、進みましょ~」みたいな感じでいかがでしょうか。
    脚の動きって、コントロールするのってなかなか難しいので、手の動きにあわせて動かして、その上で問題があれば修正していく形でいいのではないでしょうか?
    とにかく楽しんでくださいね~。
    出来たら小町にご報告お願いしま~す。
    応援しています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トビ主です

    しおりをつける
    blank
    ふくろう
    とりとめのないトピにレスをいただきありがとうございました。自分でたてたトビですがこんなトビにレスしてくれる人いないかも?と思っていたのに3人もの方からレスいただきよろこんでいます。
    実は若い頃にもスイミング教室に通った事があるにもかかわらず泳ぐ事が出来ないままで辞めてしまった経緯があるのでとにかく自信が無いのです。始めたばかりなのに焦り過ぎていたようです。やはり泳げるようになるにはそれなりのプロセスがありますよね。ごもっとです。25メートル泳ぐことは最終目標なので焦らずに楽しみながら少しずつスッテプアップしていけたらいいのだと思って頑張ります。ぴちぴちさんの御主人はすごいですね。ぴちぴちさんの指導がよかったのかもですね。私の場合は息継ぎが最大の難関です。体に余計な力が入り過ぎていると思うし手の掻き
    足の蹴りもパワー不足とじかくしています。
    励ましていただきありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    日本泳法術

    しおりをつける
    blank
    大田
    半端じゃないカナズチでしたが、日本泳法術で4回目の練習日には泳げていました。

    まず、浮く事から始めるので、怖くありません。
    浮き身を覚えると、手足を動かさず、なにもしないで水面に浮いていられるので、気持ちもいいです。

    ほとんど顔は水面に出して泳ぐので、楽です。
    通える範囲に教えてくれる所があればいいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    開眼?

    しおりをつける
    blank
    ぺたっき
    スイミングは習わないと身に付けることはできません。
    理論と理解と実践のスポーツです。
    スクールに通いましょう。

    その過程でなによりも必要なことは、「野生の感覚」です。
    手の指先から、脚の指先まで、全身で水と筋肉を感じてイメージすることです。

    ききさんの「水と仲良し」も、同じことでしょう。

    全ての人間性を捨て、
    息を吐き、
    息を吸い、
    ただ泳ぐだけ。
    野生の、水の生き物になりましょう。

    がんばって!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る