詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    高齢の祖父母の渡米と飛行機搭乗について

    お気に入り追加
    レス19
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    Taylor
    話題
    アメリカ西海岸在住です。来年こちらで結婚式を挙げるのですが、70代後半の祖父母の渡米と飛行機搭乗について質問があります。

    住んでる場所はロスで乗り換えて、さらに飛行機で1時間ほどの所です。一緒に家族も来ます。祖母は大きな病気はしないものの、体が細く弱い方で、祖父は体は大きく丈夫なのですが、最近膝が弱ってきて、目も耳も悪くなっています。10時間以上のフライト+乗り換え時の待ち時間等、無事過ごせるかが心配なのと、現地での移動や忙しいイベントをこなした後、再度日本へ戻るので、過度に疲れさせてしまわないかと心配しています。ちなみに祖父は海外旅行は慣れており、南米やアフリカの方まで60代まで旅行していました。

    本人達は来る方向で検討してるのですが(ビジネスクラスで来る、空港では車椅子サービスを利用するなど)、予期しないこともあると思います。見送った方がいいのか、最後の海外旅行となるであろう初孫の結婚式への参加、どちらが本人たちに一番なのか迷っています。

    アドバイスや注意事項、経験談などをお聞かせいただけたらと思います。よろしくお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数19

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    ぜひ列席してもらって

    しおりをつける
    blank
    花嫁人形
    ご婚約おめでとうございます。わたしも今年、北米で結婚式を挙げ、70代後半の両親(!!代々、晩婚の家系なもんで)を呼びました。肉体的にタフな人たちなので、エコノミー席で、4泊6日という過激スケジュールにもかかわらず、結婚式ばかりか現地観光までこなして、ニコニコと帰っていきました。

    この年代になると、元気な人とそうでない人との個人差が大きくなるので、上記の例は参考にならないかもしれませんが、大事な孫娘の晴れの式なのですから、ぜひお祖父様・お祖母様に列席してもらえるよう、万端の準備をされるのがよいと思います。

    まずは、お二人のかかりつけのお医者様に相談し、長旅が可能か、可能な場合は旅行中気をつけるべきこと、持病がある場合には英文の診断書などを用意されては? 時差や気候の差もお年寄りの身には負担となりますので、ショックの少ない日程やルートの選定が必要かと思います。現地滞在中は、花嫁であるトピ主さんが色々お世話を焼くのは無理だと思いますので、言葉ができる親類縁者にお世話係をお願いし(その分、ご祝儀は免除するなどの配慮が要るかも)、フル・サポート。

    こんな感じでいかがでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    安易に言ってはいけないのでしょうが。

    しおりをつける
    blank
    まくろ
    >現地での移動や忙しいイベントをこなし

    この点を、他の出席者とは別に配慮して差し上げれば、問題ないのでは有りませんか?。
    確かに10時間以上機内で過ごすことは、体力的に厳しいかもしれません。ただ、現在加療中で医師から止められているような状況に無いのなら、ましてビジネスクラスを利用されるのなら、何とか大丈夫なのでは有りませんか?。

    お孫さんの結婚式、出席したいとお考えになるのが自然です。周囲の皆さんが、後々何とか来て貰えば良かったと、後悔なさらない様に検討してくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    航空会社と事前に相談

    しおりをつける
    blank
    くう
    http://www.jal.co.jp/jalpri/

    プライオリティゲストサービスの内容と連絡先を記載します。
    時差の問題はどうしようもありませんが、その他の太平洋線の厳しい環境を緩和するアドバイスは、航空会社から得られたほうがよいでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です1

    しおりをつける
    blank
    Taylor
    アドバイスしてくださった皆さん、ありがとうございました。

    みなさんのアドバイスを聞いて、今朝日本にいる家族と電話で話したのですが、祖母が何ヶ月か前にメニエール病と診断されたこと、祖父が糖尿病で、最近一度倒れたと聞かされました。

    式は半年ほど先だし、遠くにいる私には心配をかけたくなくて話していなかったと言われ、祖母は体に自信がないので行けるかわからないと言ってるけれど、祖父は行く気満々でいるそうです。
    家族としては連れて行ってあげたい気持ちもあるけれど、やはりなにかあったら・・・と思ってるようです。

    エアラインはシンガポールです。
    ウェブページで糖尿病用の特別食を用意して頂けること、車椅子のアシストも問題ないことを確認しました。
    まずは主治医に話を聞いて、OKが出れば日本語と英語で診断書と薬を用意してもらいたいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です2

    しおりをつける
    blank
    Taylor
    私の住んでる州には有名な観光地があり、式の前にゲスト(家族友人15名ほど)で1泊旅行と、ショッピングや野球観戦を計画しています。
    友人達はせっかく休みを取ってアメリカに行くのだから、観光名所にはしっかり行き、買い物も時間を大きくとって楽しみたいようです。

    私も遠くからわざわざ来てくれたみんなの要望に答えたいと思いますが、私とフィアンセは運転手役と通訳ガイド役で忙しくなりそうです。

    同じ州内でも広いのでどこへ行くのも移動距離が長いですし、祖父を家族の誰かと家で留守番も可能ですが、家族のどの者にとってもはじめての場所、きっとみんなと行動を一緒にしたいはずだし、祖父も同じ気持ちのはずです。
    このへんでどうバランスを取ったらいいのか悩んでいます。

    家族を重視すれば友人に迷惑をかけてしまう、友人を重視すれば家族をおろそかにしてしまわないか、以前同じ国際結婚の幼なじみの結婚式+観光旅行に参加、同行したことがあるのですが、彼女もこれで大変な思いをしていました。

    悩みが祖父母の渡米と飛行機搭乗から広がってしまいましたが、引き続き、経験談やアドバイスを頂けたらと思います。よろしくお願いします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    リコンファームして

    しおりをつける
    blank
    まだまだ
    以前旅行代理店で働いていた者です。

    食事や車椅子のリクエストをしても、当日手配されていない話もあります。ご本人でも、代理の方でも、まずお祖父様お祖母様のご出発前(3日前から前日の間くらい)、そして当日にも、必ず航空会社にお電話でリクエストの内容を再確認することをお勧めします。その際、話をした職員の名前を必ず覚えておいて下さい。旅行代理店を通して手配されたのであってもです。これでトラブルはかなり回避されると思います。

    皆さんの心に残る、よい結婚式になるといいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    重ねて安易に言うのは何ですが

    しおりをつける
    blank
    まくろ
    親しい友人、家族どちらも大切にしたい。
    お気持ちお察しいたします。
    そこをあえて言うなら、お祖父さんの体調面を気遣いつつ、同行して差し上げられませんか?。

    私達は海外で式を挙げました。親しい友人、家族親族。杖をついてゆっくりと歩く祖母も一緒でした。年齢はもっと上です。親族の多くははじめての海外。大はしゃぎでした。でも、家族や親族はごく当たり前に交代で付き添っていましたよ。時には友人も。
    外国と日本では家族や親族の関係は、違うのかもしれませんが、心配要らないのでは有りませんか?。

    失礼な言い方になったらごめんなさい。もし断る理由をお求めなら、シンプルに考えるべきです。
    強行軍になる可能性が大で、若い世代でも体力的にきつい旅程であり、ご老人に配慮できない状況なら、それはそれで仕方が無いことです。この二つ、どちらも有りだと思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    少々トピずれかな?

    しおりをつける
    blank
    スクリプス
    まずはご結婚おめでとうございます!
    私も去年アメリカ人と日本で結婚し、今年に入り夫の故郷で私と夫の双方の親族、友人も交えてパーティをしたのですが、

    >家族を重視すれば友人に迷惑をかけてしまう、友人を重視すれば家族をおろそかにしてしまわないか、

    私もトピ主様とまったく同じことを心配しました。でも結局パーティをはさんで親族には前半、友人には後半に来てもらうようにして、それぞれ別々に楽しい時間を過ごすことができました。その代わり夫と私は同じ所を2度案内することになりましたが・・・。

    お祖父様、お祖母様のご旅行に関しては、他の方もおっしゃっているようにお医者様の指示に従うのが一番かと思います。そして何よりもご本人様のお気持ち次第でしょうか・・・。でもせっかくの機会ですので、お二人とも揃ってアメリカに行くことができるといいですよね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    里帰りしてお披露目を。

    しおりをつける
    blank
    aoi
    2年前まで北米に4年ほど住んでいました。

    その間に友人たちの近親者たちが遊びに来るのをよく見聞きしておりました。
    結論から申しますと、年寄りを動かすと病気になります、ということです。
    いくらJALでビジネスクラスで呼び寄せをしてもです。しかもそれが致命傷になりかねません。

    できれば、日本に里帰りをし、祖父母やお招きできなかった人に、簡単な披露を兼ねたご挨拶をしたらどうでしょう?日本への里帰り航空券が安価なのはご存知かと思います。その後、体調の良いときに観光にお呼びすれば良いと思います。

    結婚式は人生の一大イベントですが、結婚して所帯を持つということは、もう少し地に足を付け、安全にも気を配る必要があると思います。

    もちろん配慮しておられるからこそ、悩んでいるのだと思われます。
    どうぞ思い出に残る結婚式をお挙げください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピずれかもしれませんが

    しおりをつける
    blank
    とも
    悩ましいところですが、やはり家族を優先してほしいと思います。家族が揃う機会は、なかなか難しくなる年代です。一方お友達は、おそらく自分たちだけでも何とかできるぐらいの年齢だと思います。
    観光などは手配だけしておいて、ご友人たちのほうは”万が一”の場合は友人だけでいけるようにしておいてはどうでしょうか。例えば念のため国際免許をとってきておいてもらうとか。

    ビジネスクラスでしたら、直前(3日前など)までキャンセル可能だと思います。どうしても無理だと思ったらやめていいからね、と本人の気持ちを楽にしてあげてください。きっと「もしこれでいって、迷惑をかけたら。もし行くといって直前にだめになったら」と悩んでいらっしゃるかも。

    できればゆったりとした日程で、1週間以上たって時差ぼけがなくなりつつあるときに式があるといいですね。式の後は少し短めでも前のほうを長めの滞在にして。そして日本食をなるべく用意しておいて、食べ物で「早く帰りたい」と思うことがないようにしてあげてください。高齢者は食べ物がもっとも心配なことの一つです。あとはトイレ、お風呂、ベッドについて説明して不安が取り除けるといいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です3

    しおりをつける
    blank
    Taylor
    みなさん、アドバイスありがとうございます。みなさんの意見を聞いて、私としてはぜひ祖父母には来てほしいという気持ちが固まりました。その方向でいろいろ計画を変更したり、進めたりしています。車での移動を半分にして、古い蒸気機関車に乗ってのんびり景色を楽しみながら観光地まで行くツアーに変更したり、自宅では祖父母が大好きなNHKを見れるようにして、本人達の希望によっては、若い人たちの買い物につき合わず、家でのんびりお茶を飲んでお留守番できるようにしたいと思います。

    続きます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    AZ在です

    しおりをつける
    blank
    なつかしや~
    アドバイスはできないのですが、私が結婚したときは来てもらって結果的に良かったという方向に行きました。当時祖母は75歳で、高血圧のために薬が手放せず、医者には10時間のフライトは長すぎるので駄目だと言われたらしいのですが、(私は後で知った)、どうしても出席したいという祖母の一存で来てしまいました。

    家族も友人など海外が初めての人ばかりを9人集め、団体行動してもらいました。初めてということなので、乗り換えのロスまで夫と迎えに行きました。祖母は幸い体調に問題がなく、私自身も祖母が出席出来たことを心から喜んでいます。というのも、祖母が私たちを訪れる事ができたのはあの時が最初で最後だったからです。やはり血圧の事が心配なのでもう長時間の飛行機は乗せたくないし、結婚から数年したら足も悪くなってきたりして国内旅行もしなくなったほどです。

    これに関しては、祖父母様の意志を尊重してはどうでしょう?行きたいのに行けなかったとなると一生心残りになってしまうでしょうしね。私の祖母は具合が悪くならなくて本当に幸運だったのですが、私の結婚式はもちろん、アリゾナを見れて本当に良かったと言っています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です4

    しおりをつける
    blank
    Taylor
    友人もごく親しい人たちのみの参加で、時には祖父母のペースに合わせて、という事は理解してもらえると思っています。

    日程については1週間で、みんな一緒なので、グループに分けて日程をずらす、とういことはできないのですが、小さい子供を連れて参加の友人もいますし、その旨をあらかじめ説明をし、できるだけ家族と友人グループ、両方にとっていい旅行になるように今から万全を期すつもりです。

    ただ、家族の中で「なにかあったら責任が取れないし、外国で倒れたら大変」という意見と、「本人が行きたがってるのだから、なにがなんでも連れて行ってあげて面倒を見る」という意見に分かれていますが、お医者さまの意見を第一に判断します。
    高齢の人は動かさないで、体調がよくなってからまた観光を、というレスを頂きましたが、健康状態は悪くなる一方で、これを逃すと後は無理だろうと思います。

    高齢者ですし、あと何ヶ月かの体調の変化は予測できませんが、キャンセルも寸前までOKとのことなので、様子を見つつ、本人に精神的、体力的に負担がかからない最終決断を下したいと思います。
    ご意見くださった方々、ありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    少々ズレ気味ですが

    しおりをつける
    blank
    とおりすがり
    ご結婚おめでとうございます。

    少々ずれてますが、私の祖父母の話をさせて下さい。
    祖父が82歳、祖母が75歳の時、二人はハワイに遊びに行きました。

    「これが最後の海外旅行」、出かけた理由です。

    そして、パスポート用だと言って、なぜかモーニングと留袖で写真館に向った二人。
    どうも、葬儀用の写真も残しておきたかったみたいです。

    帰国後、「ハワイで若返った」と言う二人は、その後も最後の海外旅行を繰り返し、パスポートも更新しました。
    例に拠って、モーニングと留袖で。笑

    最初の「最後の旅行」から10年後に、天寿を全うしてこれまた二人で他界しました。

    晩年は、最後の旅行写真集を広げては微笑む二人が印象的でした。

    祖父は糖尿で祖母は腰骨骨折の過去ありでしたが、心は元気に旅した二人。
    用心は肝心だけど、行かれるウチに行かせてあげるのも、孝行ですよね。

    ステキな結婚式になる事をお祈りしております。
    そして、ひ孫も見に来て貰えるといいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    二度目です

    しおりをつける
    blank
    とも
    知人で空の上で意識を失った経験がある人がいます。家族は当然焦りました。その時から、海外旅行保険は(クレジットカード付帯のものと別に)必ず入るようにしているそうです。

    万が一のことがあっても海外から日本への搬送費用、付き添いの人の航空券代、内容によっては、医師や看護士まで付き添いそれらもカバーされるようです。今一度保険のことは確認なさってください。
    現地でも、すぐにかけこめるように、病院の場所等の確認、説明のための英文、処方されている薬などがわかっているといいと思います。
    縁起でもないと思われるかもしれませんが、万全を期して、念のためです。

    あとは時差で眠れないときのために、医師に睡眠導入薬を処方してもらったほうがいいのかどうか相談してみてください。
    医師の方針でださない人と、あったほうが精神衛生上もいいからと出す人がいますので。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんが経験談をというので。

    しおりをつける
    blank
    経験者
    数年前僕の兄弟が結婚しました。
    式場は北海道の札幌市内です。

    僕と母は関東在住なので羽田まで電車、羽田から札幌までは飛行機、ということになりました。

    家の母は耳が悪いので気圧変化には弱いことは予測していましたが、それ以前に

    「都市部の雑踏を歩いているだけで目がぐるぐる回って気分が悪くなる」という人なので、新幹線を降り山手線のホームへ歩くだけでかなりのストレスになっていたようです。

    そして生まれて初めて乗るモノレール。恐怖心を感じていたようです。
    さらに空港内の雑踏。ここですでに母の疲れは限界に近くなっていたようです。
    飛行機内では気圧の変化により、母は耳の痛さに会話ができなくなりました。
    飛行機を降り、結婚式場にたどり着いたときにはすでに母は耳がまったく聞こえなくなっていました。

    相手方のご両親と親族の部屋でご挨拶するときがあったのですが、まったく聞こえないようでただ無言でうなずいているだけ。

    ホテルのベッドが柔らかすぎ、普段畳の上で布団で寝ている母は次の日腰が痛いと苦しんでいました。

    自宅へ戻って1週間くらい寝込んでいました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大丈夫!!

    しおりをつける
    blank
    わに子
    欧米では飛行機が足がわりなのでかなりの高齢な人も日常的な乗り物として利用しています。

    もし持病などがあれば事前にエアライン会社に連絡をすれば機内でCAが気を配ってくれます。

    機内食もベジタリアン、宗教食、フルーツプレート、糖尿病食、様々な特別食が事前のリクエストでできますよ。(クラス関係なし)

    機内で具合の悪くなる人はお年寄りばかりとは限らない。健康そのもののビジネスマンが突然体調を悪くすることもありますから、一概に高齢者は危ないとは言えない。

    なのであまり神経質にならなくても大丈夫とは思います。

    ところで可能ならCクラスをおすすめします。
    日系は値段が張りますが、韓国系(韓国で乗り継ぎ)エアラインならものすごい安い値段でCクラスが利用できますよ。

    それかANAのエコノミープラスシート。ミールサービス等はエコといっしょですが、シート幅や前方シートとの幅が広く、リクライニングもエコより倒せます。

    エコシート+15万~20万円ぐらいかな。
    ビジネスよりは安いし、少なくともエコより身体はらくだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    とおりすがりさんへ。

    しおりをつける
    blank
    外資系すっち。
    笑いながら読ませていただきました。おちゃめなおじいちゃん、おばあちゃんだったんですね。

    私もそんな老後を楽しみたいです。
    私の祖父母は亡くなってしばらくたちますが、たったの一度父がスポンサーをしてあげたハワイ旅行(昭和45年の話です!)は時々思い出しては懐かしそうに話していました。

    行かないで後悔するなら、思い切って行ったほうがずっといいですよね。8ミリビデオに写っているハワイ出発当日の祖母はいかにも不安気で、「ったく行きたくないんだがなー」って感じでしたが、父はいい親孝行をしたと思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    Taylor
    ほのぼのとした、とおりすがりさんのお話感動しました~。思いきって海外旅行へ出かけたら、それが本当に元気の素、若返りの薬になって、きっともっと旅行を、楽しい思い出を、っていう気持ちがお二人の長生きの秘訣だったかもしれないですね。

    なつかしや~さん、実は私もアリゾナです!そして観光地はやっぱり定番グランドキャニヨン。3月末なのでちょうど過ごしやすい時期だですが、フェニックスと北の温度差が大きくて、ゲストには真夏と真冬の洋服の用意をしてもらわないと(笑)お近くの方のご経験が聞けてよかったです。

    家族の話し合いの結果、自分でも不安がっている祖母は今回は断念、行く気満々の祖父は来ることになりました。予算の関係上祖父と家族一人だけがビジネスで、他の家族と友人はエコノミークラスなのですが、祖父が「みんなと一緒じゃなきゃ嫌だ」と言い出しました。わがままを言うだけ元気な証拠かなと思ってますが(笑)身長も180あり、体もがっちり大きめなので、絶対に念のためビジネスでお願い!とみんなで説得してるところです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]