詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 住民票をどうしても移したくないのですが・・・
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    住民票をどうしても移したくないのですが・・・

    お気に入り追加
    レス28
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😑
    はなまる
    話題
    25歳女性です。
    今度、滋賀から京都に引っ越しをしますが、住民票をどうしても移したくありません。

    今、滋賀にある実家には2年前から私・母、そして母の恋人(母とは籍はいれていません)が住民として登録されています。
    父が亡くなって1年後、母は恋人を作り、その恋人と同棲を始めてしまいました。
    その同棲が始まって3ヵ月後に私は赤の他人とそれほど広くもない家で住むことに耐えられなくなり、滋賀県の同じ市のマンションに引っ越しをしました。
    その時には同県同市内ですので、どうせ住民税も変わらないだろうと住民票を移すことをしなかったのです。しかし、今回は県を跨いでの引っ越しとなり支払う県が変わってきますからいよいよと感じました。

    住民票を移すにあたって一番不安なのは相続の問題です。
    一人娘ですので、母が亡くなれば当然、母と母の恋人が住む実家を私が相続することになります。私としては父が建てた家に母の恋人という立場の人が1人で住む事に抵抗感があるため、すぐに出て行ってもらいたいと思うと思います。しかし住民票で登録されている母の恋人がそこに「住む権利」を主張した場合、住民票が別の場所に移っている私とでは不利な部分が出てこないか、ということが不安で仕方ありません。
    どうかご意見を下さい。

    トピ内ID:9432460118

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 7 面白い
    • 15 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 8 なるほど

    レス

    レス数28

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  28
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    お母様のお相手は単なる恋人」ですよね?

    しおりをつける
    🐴
    yk
     法律の細かいことは自信ありませんが、法的に「夫」でないなら相続権はないのでは?
    お母様が「恋人に遺産を残す」旨の遺言でも書いているなら別ですが。
    別居していても親子関係は切れませんので、普通はあなたが全てを相続するのが一般的と思われます。
     
     いたずらに不安がっているよりも、法律上のルールをきちんとお調べになることをお勧めします。

    トピ内ID:7602740575

    ...本文を表示

    住民票がどうのこうのより…

    しおりをつける
    blank
    ミィ
    お母様と恋人が入籍していなくても同居するほどの関係なら、お母様に万が一があった時には、恋人にも相続権が発生する…のではなかったかな?

    トピ内ID:4048107928

    ...本文を表示

    聞いてみたら良い

    しおりをつける
    blank
    ぽんぽこたぬき
    お母さんが死んだらすぐに出ていってくれますか?

    籍を入れないのはそのためじゃあ無いのかな
    娘に気を遣って、あれこれ文句言われない為に
    内縁の関係だけで済ましているとか

    聞いてみたらトピ主さんの心配は杞憂になるかも

    それとも籍を入れる心づもりがあるのでしょうか

    トピ内ID:5928706741

    ...本文を表示

    相続と住民票と内縁関係

    しおりをつける
    blank
    白い犬
    相続と住民票とはまったく関わりがありません。
    簡単に書くと、
    下宿を経営する大家さんが亡くなって、下宿している学生がその家を相続することはできない。
    ということです。
    また内縁の関係では相続権はありません。
    ただし、相続に関する遺言がある場合は別の話になります。

    もう一つ、
    住民票と居住実態が違うことが発覚したとき、
    健康保険の費用の返還、住民税の追徴課税などの対象となります。

    トピ内ID:4044099954

    ...本文を表示

    相続と住民票は無関係です

    しおりをつける
    🐶
    桃太郎
    お父様が立てられた家ですが、名義はお父様だったのですか?また、お父様が亡くなられた際、相続はどのように処理されていたのでしょうか。

    お父様名義の財産の相続権は、お母様と貴女がそれぞれ2分の1となります。
    具体的に、どのような形で相続したのかは、土地建物の登記で確認できると思います。
    お母様が亡くなられたときには、貴女1人がお母さんの相続人です。
    この場合、貴女の住民票がどこにあろうと、相続の権利は変わりません。
    相続に関しては、住民票の移動にこだわるのは意味がありません。

    しかし、お母様が現在の恋人と入籍をした場合は、状況が大きく変わります。
    正式の配偶者には、お母さんの財産の2分の1を相続する権利が生じます。

    相続のご心配でしたら、土地建物の登記内容と戸籍謄本によりお母様の婚姻関係の有無を確認しておきましょう。
    お母様と婚姻関係がなく同居しているだけであれば、法的に退去を求めるのはたやすいと思います。
    なお、貴女がお母様の婚姻を阻止することは出来ませんので、相続について予めお母様ときちんと話し合うことが大切です。

    トピ内ID:2567598860

    ...本文を表示

    お父様が他界された時。

    しおりをつける
    blank
    ちえ
    貴女とお母様はどのような相続をされたのですか? 今の土地と家屋はどなたの名義ですか?預貯金や株などはありましたか? お母様はまだ50代くらいでしょうか。この先の長い人生をどなたと生活をしようがそれはお母様の自由ですから、娘とは言え口はだせないけど、もし我慢できないなら、三人で話し合い、公証役場で男性の方が「籍は入れない」「あらゆる相続放棄」などの公正証書を作り保管するのもひとつの策ですが…。 まだ誰が先に亡くなるかなんて神のみぞ知る事ですし、80歳90歳まで共白髪で幸せに生きるかも知れないし(そうしたら事実婚としてまた法的に違ってくる可能性もある)、どちらかが献身的に介護をしてくれるかもしれないし、誰にとって何が一番良いかは判らないですよね。でも、貴女を愛し大切に育ててくれたお父様に対する貴女の気持ちを察すれば、今貴女がとろうとしている行動や考えも解ります。もう一度、お母様と良く話をしてみて下さい。

    トピ内ID:1538895920

    ...本文を表示

    あんまり関係ないと思います

    しおりをつける
    blank
    蓼科
    むしろ、デメリットの方が多いんじゃないかな。

    お母さんの存命中は結婚しないつもりなの?
    下宿の学生さんでもないのに居住地以外に住民票があるって、トラブルが示唆されます。
    トピ主さんのケースもそうですよね。
    そんなことに巻き込まれたい男性はいないと思うけど。

    トピ内ID:2588776870

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    😀
    ちぇるちぇ
    住民票、相続を左右しません。
    本籍を移動させても問題なしですの。


    感情に流されず、理性的な判断力を養おうね。

    トピ内ID:7798424658

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    blank
    Mr.ますりん
    住民票は住んでいるところへ異動すべしというのは置いておいて、トピ主さんにメリットはあまりないと思います。
    家の所有がどうなっているか不明ですが、100%母名義と仮定すると、母様が
    家を担保に借金する。
    家を売却してしまう。
    遺言書を書く。
    婚姻届を出す。
    ことに対して、トピ主の住民票がそこにあっても無力です。

    それに引き替え、
    銀行口座開設が実家住所でしかできない。
    重要書類が実家に送られる。(年金定期便、生命保険契約内容のお知らせ、銀行からの通知類、クレジットカードなど)

    実家以外に住んでいて、相続した実家に戻って家を使いたいので出て行ってくださいのほうが説得力があると思われるのですが、、、、。

    トピ内ID:9899503866

    ...本文を表示

    意味不明

    しおりをつける
    blank
    aaa32
    なぜそのような考えになったのか意味不明なのですが・・・・

    まず、転居した場合、14日以内に届け出をしないのは違法となります。
    住民登録上の住所に現実的に居住していないため、いわゆる「住所不定」となります。あらゆる不利益を被るものと思われます。

    何処に居住していようと、相続には関係ありません。
    最低でも法定遺留分の権利はありますので、相続は行われます。
    通常で考えれば、あなたにすべての資産(負債含む)が相続されます。
    家屋土地の所有権者はあなたになり、あなたが居住を拒否するのにそこに居座った場合は、不法占拠となります。
    しかし、(不動産を譲渡する旨の)遺言があった場合や結婚した場合は話は別です。法定遺留分を超えない範囲で、相続する権利があります。

    トピ内ID:8831530635

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  28
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0