詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    変形性股関節症について

    お気に入り追加
    レス25
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    りんりん
    ヘルス
    最近股関節が痛くて病院で検査をしてもらいました。
    結果が「変形性股関節症」という病名で、大学病院の先生は「手術した方がいい」とのことでした。
    「手術」と言う言葉に驚きと不安でいっぱいです。
    3月に結婚式が決まっていて、手術はその後で良いとのことですが、手術は絶対必要なのか・・・リハビリで何とか維持出来ないのかと思うようになりました。
    そこで、「変形性股関節症」の方いらっしゃいましたら教えて欲しいのですが、手術をしたかどうか・手術の時期・手術後の出産や育児・手術をしないで温存治療の方法など・・・
    これから長い付き合いの病気になりますので、参考にさせて頂けたらと思っております。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数25

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    なんとタイムリーな。2

    しおりをつける
    blank
    マシュー
    続きです。

    トピ主さんは医者から手術を勧められたそうなので、
    まだ軽いほうだと思います。
    だとすれば、手術なしでリハビリでの温存方法もないとはいえません。
    ですが、この病気は進行性のものです。
    もう治ることはないので、あくまで進行を遅らせるだけです。

    症状により、対処法も様々ですので、何とも言えませんが、私のように、出産後に歩けない状態になっては遅いです。子育てにも支障をきたします。
    先のことを読んで、じっくり良い方法を見つけてください。

    もっと色々お知らせしたいですが、
    スペースに限りがあるため中途半端ですみません。
    がんばりましょう!!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私もですよー

    しおりをつける
    blank
    私も
    私も変形性股関節症と言われ手術を勧められています。
    でも、突然言われると決心付かないですよね。
    手術したら、どの程度まで回復するのか
    運動が出来るかなど、不安が尽きないですよね。

    ただ、妊娠すると体重が増えること
    また出産する時のホルモンか何かの影響で
    間接がゆるくなりやすいらしく(?)
    悪化の可能性があるみたいです。

    それから、自骨を使っての手術可能時期を逃すと
    人工関節になってしまうらしいので
    この先の人生プランを考えて
    よい時期に手術できるようにしたいなあ。と
    考えています。

    って、あまりお答えになっていませんが
    私も体験談等聞いてみたいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の経験ではないですが

    しおりをつける
    blank
    主婦18年目
    夫の母親が同じ症状で手術をし、人工関節に取り替えました。その時その病気について、何故だか私も勉強させられました。
    不安ならセカンドオピニオンを受ける事をお勧めします。


    友達にも同じ症状の人がいますが、股関節に負担をかけない程度の運動で筋肉を付け、股関節を守るように指導され、手術を受けずに生活しています。但し生活にはかなり気を使っていて、脚をかばうあまり腰痛も併発したりしています。

    手術で関節を交換してしまえば、スポーツは無理だとしても、自由な生活が出来るようになります。
    一長一短なので、複数の医師と納得が行くまで話合った方がいいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    リハビリ的視点より

    しおりをつける
    blank
    PT
    股関節症経験者ではなく、リハビリの仕事をしているものです。
    お若くて股関節症ということは生まれつき関節の構造的にストレスがかかりやすかったのでしょうね。

    手術した方が良いかリハビリで維持できるかは今の関節症の進行具合にもよります。手術も早い時期なら自分の骨を使う手術ができるけど、我慢しすぎると関節症が進行して人工関節になる場合もあります。きちんと筋力訓練と体重コントロールをすれば数年は手術しなくても良い場合もあります。

    妊娠・出産後に急に症状悪化して歩行困難になる方も多いです。生まれたばかりの赤ちゃんを預けて、股関節の手術のために3ヶ月入院その後も通院リハビリをした方もいました。
    いくつか専門病院を受診してセカンドオピニオンを聞くのもいいかもしれませんよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    皆さんありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    トピ主
    お返事頂き心より感謝申し上げます。

    私の場合まだ自骨で手術できるとのことですが、皆さんと言う通り手遅れになると、人口骨董になると言われてます。

    出来るだけ股関節に負担をかけないように、ダイエットをしたら少しですが痛みが軽減されてるようです。

    出産・育児についての不安が大部分を占めてます。
    この身体で子供を支えれるのか・・・「私も」さんも現在進行形とのことで、不安は同じですね。

    今は右足の痛みだけなのですが、左足もレントゲンでは症状があり、そちらもいつかは悪くなると言われました。

    皆さんの貴重なご意見を参考に、セカンドオピニオンを受けるなどもう少し動いてみて、式の後手術の準備をしようかと思えるようになりました。

    告知された時は凄く落ち込んで、相手に結婚を白紙に戻したほうが・・・とも言いましたが、理解ある相手の返答に嬉しく思ってるところです。そのためにもきちんと自分の身体と向き合っていかなければと思います。
    同じ病気の方、周りにいらっしゃる方、一緒にがんばりましょう。まだまだお返事お待ちしております。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    セカンドオピニオンをお勧めします(その1)

    しおりをつける
    blank
    にゃん
    納得できるまで、先生を変えることをお勧めします。
    私は先天性股関節形成不全が進行して、両脚の変形性股関節症を持つ33歳です。子供の頃から、総合病院で「通常の生活が苦しくなる程の痛みが出た時には、人工股関節を使用することになる」と言われていました。
    8年前に膝の怪我で通院した大学病院で、何故か股関節のX腺写真を写され、「手術しないと数年で歩けなくなる。すぐに入院を。」と言われましたが、子供の頃からの心得があったので無視しました。
    今から2年前に、少し股関節の痛みが増したので、町医者に行きました。町医者曰く「最終的には手術になるとしても、手術推進派と温存療法派の先生がいる。納得して選択したほうが良い」とコメントをもらいました。
    人工股間節の賞味期限は20年程度と言われていますので、若い時に手術すると、2回目の手術が必要です。温存派というのは、賞味期限を考慮し、60歳を過ぎるまで様子を見るという事です。病気の進行次第では、一生手術無しの可能性もあります。
    もちろん、重度の場合は人工股間節の使用前に別な手術方法を必要としたり、既に人工股間節が必要な場合もあるので、素人判断は危険ですが。(続く)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    セカンドオピニオンをお勧めします(その2)

    しおりをつける
    blank
    にゃん
    私は温存派の先生に「体重増加や疲労が原因で、神経が一時的に触れて、痛みが増すケースがある。内視鏡で確認することも可能だが、歩ける程度の痛みなら、半年から1年程度、様子を見ましょう。」ということになりました。現在、痛みもなく、通常の生活をしています。今後は1年毎に病気の進行を確認することになりました。
    (温存派の先生ですが、股間節手術の経験は豊富です)

    この病気を温存するには「激しい運動はしない」「重いものは持たない」「太らない」「長時間歩かない」「痛いと感じたら休む」等、日ごろの心がけが必要です。
    妊娠については、私は膝を立てた状態から握り拳2個分程度の開脚が限界なのですが、この程度なら普通分娩が可能だそうです(私、妊婦です)。但し、この病気の人は骨盤?が狭い傾向があるらしく、そのために帝王切開となる場合もあるとこのと。
    体重増加で、脚への負担が大きくなった時には杖をつくことにしています。
    なお、「我が子でも、10kg超えた時からは抱き上げるな」と言われてます・・・。

    状況次第ですが、情報を集めて、納得した方法を選択できるといいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    手術しました1

    しおりをつける
    blank
    10年前の知識ですが
    >手術は絶対必要なのか

    絶対とは言いませんが、痛みが悪化する=軟骨が削れるとお考えになると良いと思います。

    私は回転骨切術を受けましたが、これは軟骨にさほどの損傷がなく、骨も正常な方が受ける関節温存手術なのだそうです。
    術後特に制限はなく、エアロビの先生をしている方もいるとのことで、将来人工関節を入れる可能性は健康な人と同じくらいの割合だそうです。(ほぼ不要?)
    他に大腿骨骨切術をした方がいましたが、これについての詳細は分かりません。

    軟骨が著しく磨り減ったり年配の方は、人工関節を使った手術になります。
    これを入れると、正座できなくなったり日常生活で制限がある為、障害者の認定がおりるようです。

    何かの拍子に脱臼したという話を入院中は結構聞きましたし、20年くらいで劣化するとのことなので再手術の必要がありそうです。
    また、退院後も日常的に杖を使った方が良いそうで、皆さん自分の杖を持っていました。

    (横ですが、病院によって雲泥の差がありますので、お住まいから遠くても評判の良い病院を探すことをお勧めします)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    手術しました2

    しおりをつける
    blank
    10年前の知識ですが
    >手術の時期

    2~3ヶ月程度の入院になりますので、家庭の事情によって変わってきますね。
    ちなみに私は結婚前と子供が幼稚園の頃片足ずつ受けました。

    >出産・育児

    回転骨切術ならば、自然出産も出来ますし特に制約はないと思われます。

    手術前の出産・育児ならば、体重の増加に注意しどんなに短い距離でもベビーカーを使用、子供を抱くときは必ず座るなど工夫が必要かと思われます。
    これを実践したところ、「もう歩けない、抱っこーーー」的なぐずり方をしない子供に育ちましたよ。(抱っこして欲しい時は「椅子に座って~」とおねだりしてきます)
    ただ、それでも育児中に痛みが出てきましたが・・・

    >温存治療の方法

    ↑は分かりませんが、「標準体重(私の場合は52?)±5?の範囲内」と指導されたので、47?を維持し荷物を持つ時は10?までにしました。
    運動は水泳、自転車、ゴム輪体操を勧められました。
    住居は2階まで、できれば1階にした方が良いと言われました。

    とにかく足に負担がかかることをしないよう、お気をつけ下さいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    母が

    しおりをつける
    blank
    ひっぴー
    生まれたときに逆子で、産婆さんに引っ張られ、脚が抜けたまま歩き始めたことが原因で、変形性股関節性でした。

    40過ぎぐらいから痛みが出始め、接骨院や整形に通っていました。悪い方の脚をかばって動いているうちにもう一方の股関節のほうが悪くなってしまい、結局両足を人工関節に置換する手術を受けました。母の股関節はチタンです。15年ぐらいで入れ替えをしなければならないようです。

    股関節置換手術は片方ずつしか出来ず、大手術ですし、術後もかなり時間がかかりますので、両足を使えるようになるまで一年かかりました。術後は痛みは無くなりますが、可動範囲は狭くなります。例えば正座はできません。

    トピ主さんはこれからご結婚とのこと、出産もされたいでしょうから、そのあたりも含めて、どなたかも書いてらっしゃいましたがセカンドオピニオン、サードオピニオンを受けられたらよいと思います。できるだけ温存できるとよいですね。

    ちなみにリハビリでエアロバイクで筋肉つけてました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    手術しました。

    しおりをつける
    blank
    ぴよぴよ
    昨年、左股関節の「回転骨切り」を受けました。
    約7週間ちょっとの入院と4週間ちょっとの自宅療養を経て仕事に復帰しました。
    (職場・事務の理解があったのは幸運でした)
    痛みのあった左を手術したのですが、右もおそらく時間の問題でしょう。

    手術は絶対必要なわけではありませんが(命に関わる訳じゃないからね)、やっぱり歩けないのは辛いですよ。
    手術をして10ヶ月ほどですが歩くたびの激痛から開放はされましたが杖が無くてはまだ普通には歩けません。(筋トレをサボり気味だからかも)右足のこともあるので杖でカバーするのも必要ですし。

    進行させないためには筋トレ、杖の利用、減量(コレが難しい)が有効だそうです。
    重いものを持たないとか、長時間立ったままでいないとか生活面でも色々。
    それで維持できるだけしてからの手術が良いのではないでしょうか?確かに骨が崩れてからでは遅いですが主治医とよく相談なさって時期を延ばせるだけ延ばしてみては?

    続きます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    手術しました-2

    しおりをつける
    blank
    ぴよぴよ
    私が入院したとき40-50代でも自骨の手術を受けてらっしゃった方もいましたよ。
    ちなみに人工関節は手術・入院自体は自骨より楽ですが通常の生活での規制はかなり厳しいものになるようです。回復に時間はかかりますが自骨でした方がいいでしょうね。

    私は30ですが、やはり気になるのは妊娠出産。年齢のこともあるので看護師さんにそれとなく聞いたところ、「確かに両足を手術してから、と言う考え方も良いとは思うのだけど妊娠出産は年齢もあるからね。先生と相談して出来るようなら右の手術は延ばして先に産んで(私の)お母さんが元気な内に助けてもらいなさいよ♪手術方法もどんどん進歩してるから患者さんにとって負担の少ないかたちに進むはずだから」って。
    手術して1年は妊娠することは許可されないでしょう。
    私は出来れば出産してから右足の手術に望みたいと思っています。周りの協力が重要!

    まだ続きます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    手術しました-3

    しおりをつける
    blank
    ぴよぴよ
    ちなみに、入院時同じ病気で同じような手術をした方たちと(股関節で有名な先生がいる病院だったので6人部屋で5人股関節だったりして)お話ししたときに私のレントゲンを見た方が「あら、まだ骨頭も臼蓋もきれいなのにもったいない(もっと手術を延ばせば良いのに)」と言ってました。
    ・・・でも足が動かなくなるほど痛かったのです。
    その方は先生にも「良く歩けてるね」と感心されるほどのありえない股関節だったそうで。
    いろんな意味で人生観変わります。

    ただ非常に体力が必要な手術-回復ですので若い方が良いのは良いです。

    がんばりましょうね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も便乗させて下さい!

    しおりをつける
    blank
    おーまいがー
    すみません、トピ主さん。タイトルの通りなんですが・・・。
    7年ほど前から股関節が痛かったので3年ほど前に別件で整形にかかった時股関節も診てもらいました。
    その際両股関節とも「臼蓋形成不全」で、その段階ではまだ様子をみていていいと言われました。
    それだけで他には何も言われず、後日、本やらネットやらで調べて、
    私の症状が進めば「変形性股関節症」になるんだな、と認識しています。
    両足とも手術をなさった方、いますか?両足いっぺんにやるんでしょうか。きちんと説明してくれる先生を見つけた方がいいんでしょうけど、
    経験した方のお話を伺いたいです。
    30代前半、独身女で結婚の予定もない一人暮らしですので金銭面、生活面でも不安です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も手術しました

    しおりをつける
    blank
    もにもに
    私も6年前に手術しました。病名を聞いたときにはたしかにショックでしたが、進行性のものなのと、年齢的にも早いほうがいいことを納得して臨みました。

    入院期間は2ヶ月、2週間ベッド、2週間車椅子、1ヶ月は松葉杖でのリハビリでしたが、退院した翌日から片松葉で会社にも行き、さらに1ヶ月で杖なしで歩くようになりました。2年も経つと手術したことすら忘れるほどです。

    妊娠・出産についてもご心配のようですが、私の経験ではありませんが同時期に入院していた人に3人のお子さんのお母さんがいて、3人目を産むときには整形外科の主治医の先生に相談しながら無事産まれたそうです。

    気をつけなくてはいけないのは、痛みの度合いは症状の進行とはリンクしません。私も手術前に一時不思議なほど痛みがなくなったのですが、症状が治まったと誤解する人もいるそうですが再度痛み出したときには相当に進行しているそうです。また整体やマッサージなどで痛みを抑えるのも危険だそうです。

    私は早く手術して本当によかったと思っていますが私の経験が誰にでも有効とは思いませんので、どうぞご自分の納得のいく方法で。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    トピ主
    沢山のご意見ありがとうございます。

    ぴよぴよさんから戴きました「1年は妊娠することは許可されないでしょう」ということを受け止めております。
    あと何件か病院を回ってみてからですが、結婚式の後からのオペの覚悟をしているところです。

    当方、30歳で出来れば式が終わって直ぐにでも授かれたら・・・と思っていました。
    しかし、オペとなると入退院・リハビリなどを含め最低1年は出産できないということなんですね。
    自然分娩も難しいのでしょうか。
    医師とも相談して進めて参りたいと思います。

    この病気は年配の方が多いと伺ったのですが、あんまり関係ないみたいですね。
    きっと私と同じ気持ちでいらっしゃると思うと切なくなります。生まれ持っての方もいらっしゃることでしょう。
    周りに言っても理解し難い病気ですが、悲観的にならずに、これからどう付き合っていこうかと模索中です。

    皆様、貴重な体験談・ご意見を本当にありがとうございます。闘病中の方、同じ気持ちで闘っていけたらいいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    手術の3年後、出産しました。

    しおりをつける
    blank
    ヒナコ
    幼い頃から手術を何回か繰り返し、4年前に回転骨切手術を受け、4ヶ月入院しました。手術を受けるきっかけは子供を生む前に手術を受けた方がいいと思ったからです。

    手術を受けて良かった点は足の痛みがなくなった事ですが、マイナスな点はすぐそこまでという距離でも歩くのが困難になった事です。子供の頃は術後もスタスタ歩けていたんですけどね・・。

    杖は恥ずかしいので(30代前半です)使用していませんが、かなり体がガタガタ揺れてしまいます。たまにデパートで鏡を見て自分の歩き方に愕然とします。ものすごく意識して歩けばキチンと歩けるのですがものすごく疲れるので数分が限度です。

    出産は術後3年経ってからです。妊娠中は15キロも増えましたが、いつでも休憩をとれるのでなんとかなりました。産後は体重は元に戻ったものの、赤ちゃんの抱っこ(余り抱っこはしないのですがベビーカーへの移動、ベビーベットへの移動など何かと抱っこです)などで足の状態は少し悪化した様に思います。

    受けるのならやはり子供がいない(時間のたっぷり取れるうち)時期に受けた方がいいですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    今年の3月に手術しました

    しおりをつける
    blank
    真衣
    私は、今年の3月に手術しました。

    軟骨が残っている初期の段階だったので、
    自分の骨を使う「寛臼骨回転骨切り術」をしました。
    痛みを我慢して騙し騙しの生活か、手術をして痛みのない生活かを考えて
    手術の決心をしました。

    入院期間は、2ヶ月半で、
    寝たきり期間は1週間を経て、車椅子、
    リハビリ(松葉杖→平行棒→ロフストランドクラッチ杖)と進みました。
    退院時には、外出時は杖を持つように言われましたけど、
    家の中では、2本足で歩いてました。
    今は、仕事復帰もして、無理をしない程度に近所のプールで水中歩行をしてます。

    ちなみに、両足一度に手術するのか。。は、
    同室だった方は、症状のひどいほうを先に手術して
    筋力がついてから、もう片方の足の手術をすると言ったいましたよ。

    手術後も、もう片方の足も手術ということにならないように
    体重管理と運動は一生続くと思っています。
    どちらにしても、大きな手術なので
    納得のいく方法で。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    両方人工関節です

    しおりをつける
    blank
    みのりん
    原因不明の変形性関節症で
    5年前に立て続けに 両膝 両股関節を
    人工に換えました

    その後 ネットを始めて
    いろんな情報を得る事ができるようになりました
    但し 私の場合はすでに 手遅れでしたが・・・

    トピ主さんのように 若い時からの
    変股症 に悩む方 少なくないですよ

    まずは こちらのサイトをのぞいてみてください

    変形性股間節症に悩む 患者の会です
    http://www.npo-nozomikai.jp/

    読売新聞でも 紹介されていましたよ

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    おーまいがーさんへ

    しおりをつける
    blank
    弥勒
    >両足いっぺんにやるんでしょうか

    普通は片足ずつです。

    >金銭面

    5年前ですが、一日5000円の入院保険+手術給付金で入院費はなんとかなりました。
    他に生活用品などの費用が結構かかりました。

    >生活面

    洗濯はコインランドリー、買い物は看護助手さんに頼めますので、個人的な協力者がいなくても大丈夫です。

    >きちんと説明してくれる先生を見つけた方がいいんでしょうけど

    そうですね。
    良い病院を見つけることは、とても大事だと思います。

    地元の病院で「人工関節を入れるしかない」と診断されても、転院先の病院では自分の骨で手術出来たり、「○○病院で手術した知り合いは普通に歩けなくなった」などの話も(同じ病院名で)一度ならず聞いたことがあります。
    病院によって全く技術が違うということなのでしょうね。

    タイトルはうろ覚えですが「医師のお勧めの病院」みたいな、どこの病院がどんな手術が得意か載っている書籍もあるようですよ。

    他の方も書いていますが、悪化させない為には足に負担をかけないことです。
    お大事に。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私もそうです。

    しおりをつける
    blank
    nanoka
    27歳の時に診断を受けました。

    仕事柄腰痛持ちで(看護婦でした)医者からも「慢性的な腰痛」と診断され、数年間様子観察していましたが、痛みがひどくなり、違う医者の所に行くと「変形性股関節症」と診断されました。
    股関節専門の整形外科病棟勤務の経験もあったので、当時非常にショックを受けたのを覚えています。(すぐ手術、とは言われませんでした)

    私の場合は生まれつき股関節の臼蓋形成が未熟な上(女性には多いのですが)力仕事の多い仕事(脳外科で抱え仕事が多かった)がこの若さでの発症の原因でした。

    それからは病院勤務を諦め、看護師でも足に負担のかからない仕事に転職しました。
    日常生活でも色々な事に注意して生活していくと、痛みの方も楽にはなっていきましたが、結婚に対しては後ろ向きな姿勢でいましたね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私もそうです。(続き)

    しおりをつける
    blank
    nanoka
    それがひょんな事で縁があり、今年2月に34歳で結婚し今月12日に男の子を出産した所です。
    正直な所、妊娠中期に入ると足に負担がかかり始め、痛みが出てきて大変だったですが、夫の協力で何とか乗り越えられました。

    今は足の痛みは一旦楽にはなりましたが、この先育児等で悪化するだろうとは思います。

    私もセカンドオピニオンをオススメしますね。
    お医者さんによってアドバイスも様々です。
    私の場合はまだそこまで悪化していなかった為とは思うのですが(それでもレントゲン写真をみるからにはひどかった)手術しなくて良かったと思います。

    手術してももちろん出産、育児は可能ですよ。
    ただ、どちらにしても足に負担はかかります。
    ご主人の協力は必要不可欠ですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も30歳の時に受けました

    しおりをつける
    blank
    おまんじゅう
    臼蓋形成不全で小学校の時から当時は我慢できるほどの痛みがあり、25を過ぎて痛みが酷くなって来たので30歳でとうとう手術を受けました。

    学生時代や20代半ばまではまだ歩き過ぎたりした時に足がだるくなるような感じ~一瞬の鋭い痛み位で済んでいたので、トピ主さんのように「温存」を考えて手術なんて考えられなかったです。

    が、25を過ぎた辺りから肢の筋肉が若い頃に比べ落ちてきた(運動不足で)のか、一日に起こる痛みがもっと頻繁+長時間+激しくなって来て、終には寝てたり座っていても始終痛いようになって歩行もかなり困難になってしまいました。

    手術直前頃には足が痛くて夜も気になって眠れない様になったので、医師と相談して手術を決めました。この症状(病気?)はけしてよくはなりませんよね、ですから、将来的にいつかは手術をする事になるのは目に見えています。

    私の入院中も若い人ほど回復が早くその後の調子もいいようですから、妊娠に焦らずに自分の体をまず考えた方がいいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    続きです

    しおりをつける
    blank
    おまんじゅう
    私は27で出産、手術時には息子は2歳、リハビリも全て終えて歩ける頃にはもうすぐ3歳でした。25位からもう既に重い物を持ったり長時間歩く事がだんだん困難になってきていたので、妊娠中は重くなる体で足腰、膝と辛かったですし、産後にも子が重くなってきた3ヶ月頃には(成長が早く大きな子でした)もう抱っこもして歩けず、その場で持ち上げる事が精一杯でした。子供と公園に歩いていって遊ぶ事も(歩ける距離には公園無し)出来ず、痛みと上手く動けないせいで外出もうっとおしく、家でも始終痛みに唸っていたので、子供はさぞかし退屈だったのでしょう、そのせいかいまだに彼は外遊びが嫌いです。入院中にも働いている父や母、妹達が皆で忙しい合間を縫って小さい子の世話に大変でしたし、入院先が遠かったのもあり家族といったって凄く迷惑をかけてしまったと思います。

    おまけに術後回復も私よりも20代の方、40代の方より私、という感じで目に見えるように違いました。温存がいいというのは誰でも思う事ですが、進行をしているのなら近い内の手術を可能性の高い事として考えた方がいいと思いますよ。私もちなみに骨切り術を受けました。頑張って下さいね!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    弥勒さんへ

    しおりをつける
    blank
    おーまいがー
    ありがとうございます。
    他の方も書いてらっしゃるように、まずは他にも病院を当たってみて
    セカンドオピニオン、サードオピニオンを検討してみます。

    トピ主さん、便乗させて頂いてすいません。
    でもみなさんの話を伺えて良かったです。
    股関節証とうまくつきあいながら生活していけるようになりたいものです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    心や体の悩みランキング

      その他も見る その他も見る
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る