詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • 母が亡くなった責任をどうとればいいのでしょうか。
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    母が亡くなった責任をどうとればいいのでしょうか。

    お気に入り追加
    レス153
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    ミカ
    ひと
    今年の初め、母を亡くしました。
    まだ60代でした。
    脳梗塞からの失語症に半身麻痺で2年以上も病院と施設を
    往復し、やっと家に帰れた矢先の出来事でした。

    真夜中の介護中、母をベッドに腰かけさせて目を離した時でした。
    ものすごい音がして、駆けつけると床に倒れている母がいました。

    それから2日後の朝に意識がなくなりました。
    それから2週間後に息を引き取りました。

    死因は頭部強打による脳内出血です。
    家族はだれも私を責めません。

    けれど、母を殺したのは私です。
    この責任はどうとればいいのでしょうか。
    寂しそうな父の姿を見るたびに申し訳なく、
    母が倒れた時どんなに怖かったかと思うと辛くて

    いっそどんな罪状でもいいから、捕まって罪を償えるならばと思う日々です。

    トピ内ID:2556704921

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 19 面白い
    • 21 びっくり
    • 552 涙ぽろり
    • 1072 エール
    • 24 なるほど

    レス

    レス数153

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  153
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    もう十分責任取っています

    しおりをつける
    🐱
    みよ
    トピ主さんはもう十分に責任を取っています。
    ご自分を責め続けているでしょう、ずっとずっと、四六時中。
    もう十分です。
    お母様は寿命です。
    失語症で半身麻痺、その状態で生きているのはとても辛いと思います。
    大事な家族に迷惑をかけて、元気だった自分に戻れる見込みのないまま、
    生きているのは辛いです。
    お母様はあなたを責めてはいないと思いますよ。
    仕方がなかった、としかいいようがありません。
    それではトピ主さんのお心は納得しないかもしれませんが。

    私は母を自死で亡くしました。
    母を助けれられなかった、その想いを20年近く抱えて生きてきました。
    トピ主さんの心の痛みはよくわかります。

    トピ内ID:6988290181

    ...本文を表示

    我子の幸せを願う

    しおりをつける
    トラジャ
    お母さまの事お悔やみ申し上げます。

    早い遅いの違いはあっても
    人はだれでも、死んでいきます。

    お母さまは
    そう言う運命で
    貴女が悪い訳ではないでしょう

    だから誰も貴女を責めないし
    責めたってお母様が戻る訳でもないし

    二年もの闘病の後
    自宅に戻れてお幸せだったと思いますよ
    娘さんに介護してもらって・・・
    きっと、お母様は我子に介護させることを心苦しく感じていたでしょうね。
    親心はそんなものだと思います。
    でも、介護してもらえることは、ありがたく嬉しいことだったとも思います。

    自分を責めても何にもなりません

    貴女が幸せになることが
    お母さまの一番の願いだと思います。
    私にも娘が居ますから、これだけは間違いありません。

    貴女に笑顔が戻り、幸せに感じられる日が来ることが
    お母さまへの一番の供養だと思います。

    これ以上、ご自分を責めることは
    お母さまも誰も望んでいませんよ。

    しっかりなさい!!

    トピ内ID:2547687302

    ...本文を表示

    お母さんはありがとうと言っています

    しおりをつける
    🙂
    ゆかりん
    読んでいて、情景が浮かんで涙が出そうでした。責任を感じてしまいますよね。お気持ち分かります。
    でも、もう十分悩んで苦しんだ自分を解放させていいと思います。
    人間は誰もが永遠の命は持てません。以前老人ホームに勤めていましたが、職員でさえ、全員を24時間そばにいるのは不可能です。夜、ひっそり亡くなっていく人がほとんどです。お母さんの気持ちを推測すれば、亡くなる瞬間まで、娘がそばにいてくれて心強かったし、ありがとうと感謝していたと思います。2年間の闘病生活から解放されて、お母さん自身が天国でホッとしていると思います。あぁ、これでもう病と闘わなくていいのだと。あの世で安らかにいてくださいと祈りませんか?祈ることできっと、あなたもお父様も救われると思います。

    この世に残った人間ができることは、お母さんが心配で成仏できないようにするのではなく、穏やかに成仏できるように、人生を謳歌することだと思います。お父様と旅行にでも行かれたらいかがでしょうか?
    心が穏やかになられることを祈っています。

    トピ内ID:5314030267

    ...本文を表示

    お母様の天命1

    しおりをつける
    blank
    うさひよ
    トピ主さんのお気持ちを考えると
    私も辛く切なく思います。
    いくら誰が慰めてくれたところで
    ご自分の気持ちは済まないことでしょう。

    でも、
    子育て中でも、介護中でも
    一瞬の隙なくできるはずもなく
    ましてや、慣れない中、疲れきった真夜中の出来事です。

    あなたのせいではありません。
    それがお母様の天命だったのです。
    お母様がベッドから落ちたのは
    事故です。

    私の父は
    ダンディで背も高く、プライドの高い人でした。

    でも、脳梗塞で半身不随。
    途中、気管切開をしたので声は出ず。
    脚は両足壊死をして
    3年間の寝たきりの末
    病院で亡くなりました。

    私はその時若く、会社に勤め始めたばかりでした。

    父は倒れてすぐ
    「お前が会社を辞めて、お父さんの面倒を見てもいいんだよ?」
    私はぞっとしました。

    「無理だよ」
    自分の先の人生を考える振りをしながら
    私は、父を捨てたのです。

    ひどいことをしたと思っています。

    でも、トピ主様は一生懸命されたのです。
    できる限りのことを。

    お母様はお幸せだったと思います。

    トピ内ID:3048410944

    ...本文を表示

    どんなにおつらいことか

    しおりをつける
    blank
    木の実
    お母様のことお悔やみ申し上げます。

    トピ主さんと同じ立場になったら、私も自分を責めてしまうでしょう。母を愛していればいるほど、どうしてあの時、、、と思わずにいられに気持ちは分かります。

    しかし、それでもトピ主さん、どうかご自分を責めないでください。トピ主さんのせいではないのです。どうしようもなかったのです。

    お母様もトピ主さんを責めてなどいらっしゃらないと思います。トピ主さんが悲しんでいたら、お母様はつらいと思います。

    つらいお気持ちを、お母様のご供養に向け、そしてどうかもうこれ以上ご自分を責めないでください。

    静かな場所で、心の落ち着く本を読んだり、心の静まる音楽を聴いたり、無理しないでお過ごしください。

    もしも何かせずにいられないなら、在宅介護の過酷さの実態を学び、改善のために行動しているグループなどのHPを見てみるのもいいかもしれません。

    今後、日本でますます深刻化していく問題です。トピ主さんが介護に関する悲しい事故の当事者として、分かる事やできる事があるかもしれません。でも、くれぐれも無理しないでください。今、トピ主さんに一番必要なのは休養です。ご自愛ください。

    トピ内ID:2100451684

    ...本文を表示

    ああ可哀想に

    しおりをつける
    🛳
    太ったおばさん
    あなたにレスがしたくてこのページは開けましたが、
    あなたのためになるような言葉が何も見つからずただ泣いています。

    実は、私の母も私のせいで数時間も悶え苦しんで死にました。
    入院先から私の家に連れ帰り、モルヒネの調整が上手く出来ずに。去年の事です。
    3ヶ月と言われた余命も、私のせいで1か月になりました。
    今も時折取り返しのつかないあの時の苦しそうな母の激しい息が険しい顔がフラッシュバックします。

    トピ主様
    母は病院から私の家に帰った時、最期を病院で迎えなくて済む有難うと何度も言っていました。
    あなたのお母様もきっと、病院から帰られた時はどんなにかホッとされた事でしょう。
    お母様があなたにどんなに感謝なさっておられたか、あなたはきっとご存知のはずです。
    そして今お母様があなたにどんな言葉をかけたいのかも。
    どうかどうかそのお母様の声に耳を傾けて下さい。
    自分を責めてばかりいると、どうしても聞こえない声です。お母様があなたに伝えたい言葉です。
    私にも聞こえてきそうです。
    あなたのせいじゃない、お願い自分を責めないで。むしろどんなに感謝しているかと。

    トピ内ID:6426678034

    ...本文を表示

    責めちゃダメ。

    しおりをつける
    blank
    あや
    まずは、お母さまのお悔やみ申し上げます。

    ご自分を責めちゃダメですよ。
    うちは夫が内科医だったので、私の祖父を
    「病院ではなく家で介護しよう、家に連れて帰ろう」
    そう言って連れて帰りました。
    祖父はうれしそうでした。
    ですが、たった1日。
    突然、急変して亡くなりました。
    夫は自分を責めました。
    自宅でなくなったため司法解剖になったり
    警察が事情聴取に来たのですが
    「自分の判断が間違いだった。病院にいたら
    もっと長生きできたはず。自分の医療ミスだから
    逮捕してくれ」と。

    でもね、たった1日でしたが家に帰ってひ孫と
    一緒に過ごして幸せだったんです。
    きっとお母さまも病院ではなく自宅が良かったのかも
    しれませんよ。2年も病院にいたら帰りたかったと思います。

    自分を責めずに、天国のお母さまが安心するくらい
    幸せになってください。

    トピ内ID:2610884036

    ...本文を表示

    滅多なことは言えませんが

    しおりをつける
    🙂
    おっちゃん
    辛いですね。

    義祖父は、農家の生まれでありながら、農作業を嫌って、働くことなく、博労で一生を過ごしました。時には大儲けしましたが、時には大きな借金を作り、若くして農家を継いだ義父が返済しました。

    義父は、脱穀機に指を挟まれ、右手はほとんど指がありません。一方、義祖父は農作業をしたこともないので、女性の手入れされた手のようにアカギレ一つないきれいな手でした。

    義祖父は、老齢で足腰が立たなくなっても、からだは元気で、百歳近くまで長生きしました。

    働かず、人に迷惑を掛け続けた一生だったので、因果応報と言ってしまえば、そこまでですが、足腰が立たなくなってからは、ほとんど外にも出られないし、訪ねて来る人がある訳でなし、その姿で長く生き続けたのは辛かったと思います。

    滅多なことは言えませんが、お母様は脳梗塞の後遺症で長い間、入院され、辛かったことでしょう。やっと退院出来たとのことですが、楽になられたのではないでしょうか。

    トピ内ID:2310637203

    ...本文を表示

    トピ主さん、どんなに苦しいことでしょうね

    しおりをつける
    blank
    シアワセニナッテ
    介護経験者です。

    お母様の長い闘病と介護、大変だったでしょうね。よく頑張られましたね。

    トピ主さんのような娘さんを持ったお母さんは、本当にお幸せだったでしょうね。

    トピ主さんを決して責めないご家族も、それを十分にわかっているのだと思います。

    誰がそばにいても起こり得た事故です。殺したなんて言ってはいけませんよ。

    「母が倒れた時どんなに怖かったかと思うと辛くて」という言葉が本当にせつなく響きました。トピ主さんの思いやりが伝わってきます。

    トピ主さんに罪などありません。トピ主さんのお母様もご家族も、それを願っているはずです。

    私は娘の母です。私があなたの母なら、天国から、愛する娘の背中をさすりながら言うでしょう。

    「ありがとう。本当に良くしてくれて。私は感謝してるよ。あれはねえ、自分で動こうとしてコケちゃったんだよね。ドジでごめんね。だから、あなたはもう苦しんじゃいけないよ。私が願うのはあなたの幸せだからね。愛してる」

    いまのトピ主さんの仕事は、自分を許すことです。

    そして、自責の念で苦しむのではなく、お母様とのお別れをきちんと悲しみましょう。そこから先へ進むのです。

    トピ内ID:2468988491

    ...本文を表示

    自分を大切に

    しおりをつける
    blank
    紺碧
    そんなにご自分を責めないでください。不慮の事故だったのです。

    介護中、目が離せないことは多いかもしれませんが、24時間、1秒たりとも目を離すなと言う方がムリです。

    トピ主さんは、ずっと一人で介護をされていたのですか?周りで手伝ってくれる人は皆無だったのでしょうか?

    1人で、いろいろ体に不自由があったお母さまを見ること自体、ムリも多々あったのだと思います。

    目を離さなければこんなことには…と思う気持ちはよく分かります。お母さまが体のバランスを崩されて、痛い想いをしたことを想像すると、やり切れない想いになるのも分かります。でも、「あの時、こうしていれば…」ということは、大小の差があれど、今後もあり得ることでしょう。

    周囲が責めてこないのは、トピ主さんが一生懸命お世話されていたことを知っているからでしょう。

    そんなに自分を責めないでください。

    トピ内ID:6199942382

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  153
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0