詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    アガサ・クリスティ作品のオススメは?

    お気に入り追加
    レス79
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ひらり
    話題
    いまさらながらアガサ・クリスティにはまりました。
    今はポワロとミス・マープルのシリーズを少しずつ
    読んでいます。
    普通ミステリーを読むときは、犯人やトリックを予想しながら
    読むのですが、クリスティ作品は当たったためしがありません。
    「オリエント急行殺人事件」「そして誰もいなくなった」など、
    そんな真相アリ?!と度肝を抜かれる作品も多いですよね。

    皆さんはアガサ・クリスティ作品の中で何がお好きですか?
    私はまだ読んでいない作品も多いので、オススメがあったら教えてください。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数79

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  79
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    火曜倶楽部がいいです。

    しおりをつける
    blank
    ななし
    「そして誰もいなくなった」はミステリ界に輝く傑作ですね。
    あのサスペンス性はドキドキしました。
    ただ私は小学生の頃、勝手に怪奇小説だと思いこんで
    読んでたので真相を読んでガッカリした体験はあります。

    さてオススメは短編です。
    火曜倶楽部なんて面白いですよ。
    他にヘラクレスの冒険も。
    長編なら「ねじれた家」がいいです。
    この作品を読んでて驚いたのは
    最近、起こったある事件に似てるなあと
    思った事です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    アクロイド殺人事件

    しおりをつける
    blank
    RIRI
    アガサ・クリスティの本で最初に読んだ本ですが、あまりの結末のすごさに、衝撃を受けました。後から聞いた話では、この結末はフェアか否かと本が発売された当時、話題になったそうです。
    是非、お薦めします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    『なぜ、エヴァンスに頼まなかったのか?』

    しおりをつける
    blank
    リトル・マープル
    上記作品はどうでしょう。

    最後に分かるエヴァンスの正体には、
    普通のミステリーとは一味違った驚きがあります。

    ミステリー作品の場合は、
    なぜ面白いかや、どこが面白いかを言ってしまうと、
    ネタばれになってしまいますから、
    あまり説明できないのですが、
    ミステリー作品としての魅力だけではなく、
    謎解きをする主人公たちの性格にも好感が持てます。
    読後もあたたかい気持ちになれる作品です。

    ハヤカワ文庫から出てますよ。
    すでにお読みでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ヨコですが

    しおりをつける
    blank
    ハッサン
    NHKのポワロシリーズ大好きでした。
    ポワロといったらデビット・スーシェとあの謎めいた音楽がすぐに思い出されます。
    舞台背景も古い時代が再現されていて美しいなと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    どちらかというと

    しおりをつける
    blank
    べるぴん
    私はポアロよりミス・マープルのシリーズの方が好きなんです。
    中でも「予告殺人」は、ダントツで私のお気に入りです。
    あとは「ポケットにライ麦を」「鏡は横にひび割れて」かな?
    この2つは結末がとってもせつなくて、心にズシッときます。

    他には・・・そうですねえ、ポアロのシリーズなら
    「ABC殺人事件」「愛国殺人」「オリエント急行の殺人」、
    トミーとタペンスなら「NかMか」あたりが好きです。

    クリスティは短編集もたくさん出ていますので、
    長編に疲れたらこっちを気軽に楽しむのもいいですよね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    謎のクィン氏

    しおりをつける
    blank
    MMQ
    アガサ・クリスティの作品はほぼ全作読みました。
    どれも大好きで順位は付けられませんが、今でもよく読み返すのは「謎のクィン氏」(ハヤカワ文庫)です。
    ポワロやマープルは本格的ミステリー、トミー&タッペンスやパーカー・パインは気軽な短編ものですが、クィンは少しオカルト的要素も含んでいます。
    短編集なので、他のクリスティ作品の合間にどうぞ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大好きです~

    しおりをつける
    blank
    ポアロ大好き
    すごく好きです。ほとんど毎日読んでます。(ちょっと依存かも)
    何度読んでも飽きません。

    40冊くらい持っています。
    ミスマープルもいいのですが、ポアロも大好きです。

    ミスマープルに関わらずということでしたら杉の柩、五匹の子豚、ABC殺人事件、青列車の秘密、無実はさいなむ、葬儀を終えて、ナイルに死す、マープルのカリブ海の秘密、そしてその続編の復讐の女神、パディントン4時50分発などなど、ほとんどお勧めです。

    私はクリスティーのスパイものが苦手なので、それ以外で書いてみました。

    余りに意外なトリックもいいのですが、余韻が残る作品もあり、殺人といってもおどろおどろしていないので好きです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    一番は・・・

    しおりをつける
    blank
    しっぽな
    やっぱり、「ナイルに死す」かなぁ・・・。
    殺人の動機が切ないし、意外性の点でもミステリーの王道といえると思います。

    同じく有名ですが「検察側の証人」も面白いです。
    結末を読んで犯人を知ってから、もう一度読み返すと、
    作品の印象がまるで違って、とても面白いです。

    後は、「邪悪の家」という作品も好きです。
    犯人が本当に意外で、「うー、騙された…」と最後に声に出してしまいました。

    後、ちょっと変わったところで「ビック4」という作品も面白かったですね。
    ポアロとヘイスティングスのコンビが大好きで、気に入ってる作品は何度も読んでしまいます。
    食事の描写なども美味しそうで読んでいて楽しいですよね。

    すべての作品を読破してしまうのが惜しくて、
    少しずつ、繰り返し読んだりしがら読んでいっています。
    ほかの方のレスも、一緒に楽しませてもらいますね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    鏡は横にひび割れて

    しおりをつける
    blank
    めい
    アガサ・クリスティ大好きです!
    最近はあまり読んでいませんが、学生のころ片っ端から読みました。
    私はどちらかというと、ミスマープル派!!
    ポアロも好きですが、あの毒舌(?)のかわいらしいおばあさんが大好きです。

    一番最初に読んだのは、中学生のときかなぁ?
    「オリエント急行殺人事件」という映画をみて原作を読みたいと思っていたら
    父が2冊買ってきてくれました。

    そのとき一緒に買ってきたのが、「鏡は横にひび割れて」です。
    (こちらも、「クリスタル殺人事件」というタイトルで映画化されてますよね。)
    この文学的なタイトルに、ハートをグッとわしづかみにされてしまい、
    夢中になって読んだ記憶があります。
    クリスティの作品はどれもすごくおもしろいけど、これが私のNo.1かな。

    余談ですが、エジプト旅行行った時には「ナイルに死す」をもっていきました。
    ファルーカにのってナイル川からオールドカタラクトを見たときは感動しました!!
    (泊まりたかったなぁ・・・)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    たくさんありますよ!

    しおりをつける
    blank
    桃子
    私はほとんどのクリスティ作品を読みました!

    一番印象に残っているのは「アクロイド殺し」。最後にポアロが犯人を言い当てた場面では、鳥肌が立ちました。

    「ポケットにライ麦を」「鏡は横にひび割れて」「三幕の悲劇」「ひらいたトランプ」「無実はさいなむ」などもよかったです!

    他にも「葬儀を終えて」「パディントン発4時50分」「ねじれた家」などなど。
    クリスティは短編や中篇も書いていますが、やはり長編が面白いですね。
    トピ主さんもぜひクリスティワールドを楽しんでください!!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    鏡は横にひび割れて

    しおりをつける
    blank
    一行解答
    昔はわからなかったのに、子どもを持ってわかる様になりました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    有名だけど

    しおりをつける
    blank
    はつ
    トリックに関しては「アクロイド殺人事件」かな・・・

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ポワロシリーズの「ビッグ4」

    しおりをつける
    blank
    姫花車
    懐かしいですね。
    もう12年以上前に夢中で読んでいました。

    NHKで時々「デビット・スーシェ」さんが扮するポワロが大好きで、文庫を読み始めました。
    ミスマープルも今はアニメで放映していますね。

    私はポワロシリーズしか文庫は読んでいません。
    30作以上もあってほぼ20作は読みましたが、ポワロ最期の「カーテン」は読むことが出来ず、そのまま読まずに現在に至っています。
    最期なんて知りたくないので・・。

    このポワロシリーズでも繰り返し何度も読みふけったのが「ビッグ4」でした。
    読者をワクワクドキドキさせてくれる軽快なストーリー展開が好きなんです。

    学生時代に角川文庫を購入していました。
    翻訳者の田村?!さんのものが大好きで、この方が翻訳したポワロものはすべて読んだ
    と思います。

    翻訳によっては同じ話でも面白い語りになったり、とおりいっぺんの真面目な話になったりと翻訳者のクセがあります。

    その他も面白いストーリーがあったんですが、今思い出せるのがこのタイトルだけでした。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私もです。

    しおりをつける
    blank
    秋絵
    こんにちは。
    私も本当に今更なんですがクリスティーの作品にはまっています。

    いまのところ、私のお気に入りはマープルシリーズの「スリーピングマーダー」「動く指」「復讐の女神」です。
    ポアロファンには申し訳ないですが、ポアロのキャラクターはあまり好きではないです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ポワロものが好きなら

    しおりをつける
    blank
    はなび
    いっそのこと、ポワロの事件発生順(つまりクリスティの書いた順)に、読んでみるのもいいですよ。

    というのも、ポワロは、結構以前起こった事件のことを話すからです。あのときの事件の誰々が・・・とか、あのときの凶器がこれで・・・とか。なので、それを知って読んでいると、何だかよりポワロが身近に感じられますよ。(笑)

    ちなみに私は、小学6年生のときに「そして誰もいなくなった」を初めて読み、それからクリスティにはまってランダムに図書館の本を読みあさっていたのですが、ポワロものが一番好きかもと思っていた矢先に、何も知らずに「カーテン」を読んでしまい、結構ショックを受けてしまいました。それだけポワロに親しみを感じていたのかもしれません。どうしてショックを受けたかは、ネタばらしになっちゃうので書きませんが、事件発生順に読んでいたら、少しはショックが小さかったかなあと思いました。。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    女性の方なら・・

    しおりをつける
    blank
    アガサ大好き
    “鏡は横にひび割れて”
    をお勧めします。
    アガサ作品の中で、動機の点では
    ピカイチだと思います。

    でも、どの作品もいいですので
    ぜひ全作品読破を目指してください!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    アクロイド殺人事件

    しおりをつける
    blank
    てん
    ポアロシリーズの傑作です。是非、何の予備知識なしで読んでくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そして誰もいなくなった

    しおりをつける
    blank
    90
    中学生の頃、なにげなく図書館で借りたのですが、読み始めたら止まらなくなり、次の日学校をズル休みして読みました。

    ドキドキ、ハラハラ、ちょっとした物音にも飛び上がりながら読んだのを思い出しました~。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    決められません!

    しおりをつける
    blank
    あぷさら
    私は10年ほど前にポアロ物にはまりました。
    文庫を買い捲りましたよ!他のシリーズも
    ありますが、やはりポアロ物が好きです。

    どれが一番・・・というのは決められません!
    「白昼の悪魔」「杉の柩」「5匹の子豚」・・・
    「青列車」も良いですね。

    それにしても主要登場人物の女性の素敵なこと!
    それも20代後半~の女性は本当にかっこよく
    描かれています。「ホロー荘」のエンディングは
    本当にかっこよかった!

    全てハヤカワ文庫刊のタイトルです。
    是非読破してください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も好きです

    しおりをつける
    blank
    アリアドニ・オリバー
    私も一時期はまってほとんどの作品を読みました。
    好きなのはミス・マープルのシリーズです。
    古き良き時代のイギリスの田舎の雰囲気も好きですが、おっとりした老嬢が人間をするどく観察する様が良いですねぇ。
    短編集の「火曜クラブ」が特にお気に入りです。ポアロのシリーズでは「アクロイド殺し」にはびっくりさせられましたが、「魔術(師?)の殺人」は読み始めてすぐにネタも犯人も判ってしまって残念でした。

    横ですが、私がクリスティを読むようになったきっかけはキャロリン・G・ハートの「×××の殺人」と言う主人公がミステリ専門書店主アニーのシリーズを読んでからです。作者がクリスティを崇拝しているようでクリスティや他のミステリに関する豆知識が満載です。まだ読んでなければ是非読んでみていただきたいです!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も大好きです!

    しおりをつける
    blank
    くれあ
    「そんな真相アリ?!」なお話がお好きとのことですので,「アクロイド殺人事件」(「アクロイド殺し」というタイトルの場合もあるかな?)をお勧めします。ぜひ上記のセリフを叫んで下さい(笑)。
    短編では,パーカー・パイン物などはいかがでしょう?劇的ではないですが,くすっと笑ってしまうような気の利いたお話がたくさんあります。殺人が起こらなくても十分に面白い,というのがクリスティのすごいところだと思います。
    それと,他の人に自信を持ってお勧め,というわけではないのですが,短編集に入っている,「検察側の証人」がドラマティックで気に入っています。
    いろいろ偉そうに書きましたが,私もまだまだほんの一部しか読んでいません。ハヤカワ文庫のの100冊をそろえようか,本棚の空き容量を考えて本気で悩んでいます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    懐かしいです

    しおりをつける
    blank
    ちか
    少女時代、怪人20面相、ホームズの後はまりました。30作ほどは読みましたが挙げられた2作の他、エリザベス・テイラー主演で映画にもなった”鏡は横にひびわれて”、掟やぶりともいわれる”アクロイド殺し”、それからシェークスピア絡みで多少読み疲れますが”カーテン”が印象に残っています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    殺人事件

    しおりをつける
    blank
    ナイル
    け っ し て 人 に は 教 え な い で く だ さ い

    でしたっけ?
    映画、ゴージャスでしたよね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    アクロイド殺し

    しおりをつける
    blank
    でこぽん
    アガサ・クリスティ、私も好きです。
    「オリエント急行殺人事件」は確かに意外な犯人で私も読んで驚きました。
    タイトルにした「アクロイド殺し」この作品はまさに犯人が意外な人物。その犯人がフェアかアンフェアかで物議をかもした作品でもあります。
    「パディトン発4時50分」や短編ですが「火曜クラブ」、他に「鏡は横にひび割れて」「ABC殺人事件」「ナイルに死す」「5匹の子豚」「白昼の悪魔」「ポケットにライ麦を」など未読でしたらぜひ読んでみてください。クリスティはたくさん作品を出していて、書ききれないほどです。私も読んでいない作品がまだまだあります。それを読むのが楽しみです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    アガサ本100冊以上持ってまーす!

    しおりをつける
    blank
    ミス レモン
    まず、有名なところで「アクロイド殺し」「ナイルに死す」「ポケットにライ麦を」「パディントン発4時50分」は読んだ後の満足感120%でしょう。
    あと、私個人的には「葬儀を終えて」「もの言えぬ証人」「五匹の子豚」「牧師館の殺人」「予告殺人」「カリブ海の秘密」「火曜クラブ」なども大好きです。

    意外な犯人やトリックに驚かされたり、古き良き時代のイギリス生活を回想したり、ドロドロした人間ドラマありだったり、もう本当にクリスティーの作品ってみんなすばらしいですよね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ゼロ時間へ

    しおりをつける
    blank
    ときこ
    20年まえ、かなり読みました。

    やっぱり、「アクロイド殺し」なんかがお勧めだけど、いっぱい読んでて変わったところというなら、「花の棺」とか「ポワロのクリスマス」とか「第三の女」です。特にお勧めなら、「ゼロ時間へ」と「カーテン」だけど、「カーテン」は、最後によんでほしいな。私も随分前に読んだきりなので忘れてて、タイトルが少し違ってたらごめんね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    どれも好きだけど

    しおりをつける
    blank
    ふるふる
    私が好きなのは
    「殺人は容易だ」
    「検察側の証人」
    「5匹の子豚」
    あたりです。

    あとはオーソドックスに「アクロイド殺し」ですかね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    オススメ

    しおりをつける
    blank
    ちえ
    ポワロシリーズはほぼ全巻読んでます。
    これから読めるトピ主さんが羨ましいです。

    私はポワロとヘイスティングスの掛け合いが大好きですね。

    オススメ、まずは「ビッグ4」です。
    はらはらドキドキ最後まで息がつけません。
    ポワロシリーズでは珍しく心理劇というより劇画チックで楽しめます。
    是非読んで頂きたい!!

    後は、「アクロイド殺し」、「スタイルズ荘の怪事件」
    もポアロらしい作品で読み応えあり。

    また何作かある短編集(「ポアロのクリスマス」など)も
    はずれありません。

    そして最後に「カーテン-ポアロ最後の事件」を読んでください。
    大のポアロファンとしては、その幕引きに涙しました。

    楽しんでくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    おすすめはこれしかない。

    しおりをつける
    blank
    ひらりー
    ポアロシリーズの「アクロイド殺し」は、もう読まれました?
    中盤~終盤にかけて、背筋がヒンヤリした小説はこれが始めてでした。後書きを読むと、タブーとされていた推理方法らしいですが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ビック4

    しおりをつける
    blank
    のーり
    評論家の間ではあまり評判がよく無いそうですが
    私は「ビック4」がお気に入りです。
    ポアロがブツブツ言いつつ活動的なのも他の作品にはない魅力です。
    彼とヘイスティング大佐との友情と絆にも
    いつになく強く感じられて読むたび胸が熱くなります。

    若いときはポアロ物が好きだったのですが
    最初に読んだ時から20年以上たった今では
    ミス・マープル物を手にする回数が増えました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  79
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]