詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子供のわがまま…どこまで受け入れる?

    お気に入り追加
    レス19
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    鼻づまり
    子供
    初めて投稿させていただきます。よろしくお願いします。

    中学生の娘の事です。
    今年地元の公立中学に入学しました。もともと大人しい性格で我慢強いタイプですが、幼いタイプで友人トラブルがあると私に話してきます。
    今までも大人しい故に言い返せず、イヤな思いも時々してしましたがそれでも楽しい小学校生活を送ることができました。
    そして中学。学校からも部活は仲良しクラブではないので友達と一緒にと言うのではなく、自分の興味のあるクラブに入りなさいと忠告が。
    そして忠実に言われたとおり入部した結果、タイプの全く違う子ばかりという結果でした。(極少人数)
    他の部員の子も決してイヤな子ではなく、ただ単にタイプが合わず趣味などの共通点もなく、物怖じせずに先輩にも馴染んでいくタイプ。
    娘は相手から話しかけられないと、黙ってしまうタイプ…今までは黙ってしまう方を自ら選択しているのだから仕方ないと静観して来ました。
    しかし中学生になり馴染めない自分を周りに知られるのも恥ずかしくなったのか、「部活、変わろうかな」とまで言い出しています。
    続きます

    トピ内ID:7911038191

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 3 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数19

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  19
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    トピ主 続きです

    しおりをつける
    blank
    鼻づまり
    続きです

    ここで皆さんにお聞きしたいのは、「嫌だったら環境を変える」(許される場合)と言うことがどの程度許されると思いますか?

    私は真面目というか融通のきかないタイプで、辛いときほど逃げるべきではないという価値観で生きてきました。その為幼児期や児童期も周りの家族よりもかなり子供に自分の価値観を植え付けてしまったと反省している部分もあります。

    それ故、子供は周りの空気を読み過ぎてしまうのかもしれません。現に同じような状況になっても、他のお子さんムリムリ話題に入ったり、「なになに?その話教えて~」と入ってくるそう。

    ちなみに、人数が多ければ気の合う友人に出会える確率も高くなり、同じクラスには仲良しな友人達もおり学校には楽しく通学しています。
    どうしても少人数の中では同じタイプがおらず幼い娘は弾かれがちです。
    ちなみに中学生なのにアイドル、男の子(周りの)にも興味なしで、テレビもお笑いばかりです。
    大事なこの時期、環境変えて違いクラブに入り直すか(割とそういう人います)、違うタイプの中、本人に努力させ我慢させるべきか…悩んでいます。今までだったら間違いなく後者を選んでいました。

    トピ内ID:7911038191

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    イヤイヤ

    しおりをつける
    blank
    hama
    中学にもなったなら本人に決断させようよ。

    トピ内ID:4233535082

    ...本文を表示

    何部ですか?

    しおりをつける
    🐱
    ヒロコ
    まず「同じ部に属している」という点で、彼女たちとはタイプは違っても興味の対象は一緒である、ということだと思うのですが、お嬢さんはその点に気付いていますか?
    そこであえてアイドルや男子の話をしなくても、部活の話で盛り上がれば良いのでは・・?と思いますけど。

    同じく中学生の娘がいます。
    部活ですが、やはり皆自分の好きな物を選択しました。
    自分以外は全員別のクラスという部もありますし、同じ学年の子が誰もいない(自分1人)という部もあります。
    「タイプが合わない」のがどの程度のものかわかりませんが、単に「他の部に仲良しの子がいるからそちらに移りたい」という理由なら、「自分の世界を狭めるだけなのでやめなさい」と私なら言うかも。

    とは言っても、部活の内容によっては、うまくなじめない事で活動に支障がでる場合もありますよね。
    バレー、バスケや吹奏楽部のように、団体で活動する上で疎外感を感じるのならそれほど辛いことはありません。
    そのあたり、お嬢さんはいかがですか?

    トピ内ID:7006412742

    ...本文を表示

    難しいですね

    しおりをつける
    blank
    キリンの母
    具体的にいじめがあるなど、大きな原因があれば、転部も考えていいと思います。
    ただ、自分とそりが合わない、タイプが違うということでの転部は私も悩みますね。

    他の部活に変わろうかな?という原因はその居心地の悪さだけですか?もしかしたら、もっと深い
    理由があるかもしれないので、トピ主さんが納得できる理由であれば、転部をすることを賛成されても
    いいのではないでしょうか。

    うちの娘が中学生の頃、その学年は9人ほどの運動部でしたが、一人の子がすごくおとなしくて、
    とても壁を作ってるので、どんなに話しかけたり、誘っても乗ってこず、かえって誘ったら彼女が苦痛なのかと
    娘やその他の子も悩んでいた時期がありました。決して仲間外れにしてるわけでないし、他の8人も個性的で
    いろんなタイプがいましたが、卒業してからも定期的に集まるくらい仲間として楽しんでますが、一人だけ
    連絡先もわからず、寂しいと娘は言ってます。


    結局は娘さんの気持ち次第。将来このままでいいのか、、自分を変えたい気持ちが少しでもあるなら、転部じゃなく
    他の方法を考えたら?と私ならアドバイスしますね。

    トピ内ID:2679065987

    ...本文を表示

    正反対の私と母の価値観

    しおりをつける
    💍
    コアラのまま
    私、アラフォー。母、もう少しで70です。
    私の母は、トピ主さんの考え方にとても近いです。
    何事も我慢が大事。苦労も大事・・・。
    でも、私は、「しなくてもいい苦労はしなくてもいい。むしろしないほうがいい」という考え方です。
    私は、18歳ぐらいまでは、厳しい母のいいつけ通り、控えめに、常に我慢していましたが、高校を卒業したあたりで、とうとうはじけてしまいました(笑)

    私にも中学生の娘がいるので、いろいろ考えてしまいます。

    そして、私の中で、ある結論が。

    「女の幸せ」とは何か?
    ある程度、自由奔放に生きる事か。
    それとも、自分は我慢しても、人に評価され、堅実に生きる事か。

    トピ主さんや、私の母のような価値観だと、後者なのでしょうね。
    我慢強くて真面目なら、就職すれば上司には可愛がられるし、結婚したとしても、(お姑さんと同居などでも)頑張っていけそうですからね。

    でも、私は違います。自分は苦労したくないし、娘にもさせたくない。
    お姑さんとの同居は嫌なら断る女性であってもいい。
    上司に意見してもいい。

    トピ主さんは、どう思われますか?

    トピ内ID:4031633063

    ...本文を表示

    我慢させて実りがあるなら良いですけど

    しおりをつける
    🐤
    ひよこ
    どんな部活か分かりませんが、我慢して続ける事で意味はありますか?
    例えば運動部でなかなか結果が残せないから他の部活に変わりたい、とかなら「それならもっと努力して練習しなさい」と頑張らせるべきかなとも思いますが、
    人間関係で辛いということならそこを我慢させる必要ってあるのかな?と思います。
    学校生活は楽しいのが1番では無いでしょうか。
    主様はお子さんが毎日辛い思いをして学校へ通うのと、楽しそうに笑顔で学校に通うのと、どちらが見たいですか?
    学校生活が楽しい方が勉強や他の事で頑張れると思います。
    ここで我慢させる事でどんなメリットがあるのか、それは本当にメリットなのか考えてみられてはいかがでしょうか。

    トピ内ID:1809364038

    ...本文を表示

    好きなようにさせてあげたら?

    しおりをつける
    🐤
    千鳥
    娘さんの話を聞くことは大事だと思います。
    だけどその先は娘さんが自分の意思で決めたらいいのでは?

    部活を変わるか変わらないかなんて、娘さんに任せたらいいと思います。
    変わることで楽しくなればそれでよし、途中入部で気まずい経験をするのも勉強でしょう。
    逆に変わらないことを選んでも、もしかすると少しずつ楽しくなっていくかもしれないし、やっぱり辞めたいと答えを出すかもしれない。

    辛いことがあればいつでも話を聞くけれど、決めるのはあなたよというスタンスを取ってみてはどうですか?
    少し娘さんの学校生活に口を出しすぎなような気がします。
    女の子は特に友達関係が難しいので、友達を最優先にするのもアリだと思いますけどね。
    その場合、「こんなはずじゃなかったのに…」と、複雑な気持ちに陥ることもあるでしょうが、それもやっぱり学びだと思います。

    親として最良の道をまっすぐ歩かせてやりたい気持ちは分かりますが、
    でこぼこ道や回り道、袋小路にぶち当たらないと、本当の答えは得られないと思います。
    それが「人生経験」となるのでは?

    トピ内ID:5698437521

    ...本文を表示

    変わるのは悪くないと思いますよ

    しおりをつける
    blank
    中学生まま
    うちの子の学校は私立の進学校なのもあって
    メインは勉強よいうこともあり
    部活を変わることはさほど珍しいことはありませんよ。
    最初の部活でうまくいかなくても
    次の部活では一生の友達ができることはあります。

    お母さまはもう少し柔軟性を持って良いと思います。

    トピ内ID:6708450016

    ...本文を表示

    部活を変えて、自分も変えられるかどうか

    しおりをつける
    blank
    あき
    娘さんはわがままを言っているわけではなく悩んでいるのですね。

    娘さんが自分で選んで入った部活ですから
    続けるか変えるかも自分で選んでみるといいと思います。

    「部活を変えて次では輪に入れるように頑張る」ことが
    「今の部活で逃げずに頑張る」ことに劣るとは私は思いません。
    次の部活にタイプの合う子がいるとは限りませんし、
    更に同学年の子たちがここまでの期間になじんでいるところに
    飛び込んで頑張るというのは、今の部活を続けるよりも積極性が必要です。
    ちょっとおとなしい娘さんには難しかったり大変だったりするかもしれませんね。

    そういうことも考えて部活を変えると心を決めたなら、
    「私だったらこうしたから娘もこうするべき」と決めつけずに応援してあげてください。
    親と違う選択をすることは間違いではなく、子供の個性ですし、
    考えて悩んで自分で決める、ということは娘さんの大きな成長にもなりますよ。

    トピ内ID:3294585273

    ...本文を表示

    子どもさんに決めてもらえばいいこと

    しおりをつける
    blank
    ゆき
    もはや、あなたが決めることではないでしょう。
    ここであなたが口出しすると娘さんは一生自分で決められなくなりませんか?

    娘さんに、「お母さんはこう思うけど、でも、こうも思う。どちらがいいのか正直なところわからない。あなたはどう思う?・・・あなたのしたいようにしてみて、失敗したら違う方法を考えてみたらどうかしら。失敗したっていいじゃない。」

    こうおっしゃるときが来ているような気がします。

    逃げるんじゃなくて、実験と思えばどうでしょうか。

    トピ内ID:5810388747

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  19
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0