詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    乾飯(かれいい)が登場する児童文学

    お気に入り追加
    レス1
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    いよのすけ
    話題
    30年以上前、私が小学生の時に読んだ本です。
    課題図書か何かで、授業の一環の「読書の時間」にクラス全員が同じ本を読まされたように思います。能動的に選んだ本ではないせいか、タイトル等覚えていません。ストーリーもほぼ覚えてないのですが、主人公が乾飯(かれいい)を食べていたことだけ覚えているのです。
    確か、主人公はとても乱暴な少年だったかなにかで、とにかくもと居たコミュニティを追放され、旅仕度として持たされた乾飯(主人公の爺やが持たせたような…)を道中で口にします。子供だった私は「カレイイ」?カレイ(魚)じゃなくて???それはナニ???と、印象深かったんですね。(子供向けの本ですから、漢字でなく「カレイイ」とカナ表記だったように思います)
    少し大きくなって、古典の授業の『伊勢物語』東下りの段で、昔男の詠ずる歌に皆が涙し「乾飯」が「ほとぶ」シーンに出会いました。そこでやっと、「乾飯」なるもののイメージが具体化しました。
    長じて後、フと、あの児童書は東下りを意識して書かれたものではないか、と思うことがあります。となると、やはり物語の骨子として「貴種流離」を踏まえたものだったのではないか…と。
    前述のように、残念ながら物語の詳細を覚えていません。そこで、その本をもう一度手にして読み返し、確かめてみたいのです。
    甚だ情報が少なくて申し訳ないのですが、「乾飯」「児童文学」でピンと来る方、よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:9621200603

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数1

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    炎のように鳥のように

    しおりをつける
    blank
    クローバー
    「児童文学」「乾飯」と並べてぴんときたのは皆川博子の『炎のように鳥のように』です。天武天皇の息子の草壁王子と平民から奴の身分に落とされた少年、小鹿が交互に語り手になるという、児童文学にしては凝った構成のファンタジーです。小学生から中学生の頃に読みました。(私は現在40代前半)

    よく覚えてないけど、主人公の1人が旅の途中で「乾飯」を食べていた場面が妙に印象に残っています。奈良時代ならではの「防人」などの言葉もたくさん出てきたなあ。

    トピ内ID:0705603393

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0